綴文

2015年5月31日 (日)

ありがとうございました(2015年5月31日)

一週間前に「ブログを終了する」と宣言しまして、
その間、最後の旅行記事をアップしまして、
(実は今日、4時間で全ての日記を書き上げたのはナイショ。。。)
 
 
ちょうど10年前の2005年6月1日(厳密にはテストアップがあったのでさらに数日前ですが)。
この“日々綴文(ひびてつぶん)”は始まりました。
ちょうど、愛知万博が開催中だったころ。
 
タイトルを決めるとき、
「『徒然草』って言葉、意味ありそうであんまり意味ないよね」
「やっぱり四字熟語かな?」
「それも、オリジナルで、語感も気にしつつ、なんか後に残りそうなのがいいかな」
 
そんなことを考えながら、辞書を引いていたら、「綴文」という言葉が、目に入りました。
意味は『文章をつづること。作文。』って、それだけ?
でも、それだけ単純な意味の方が、わかりやすくて、いいな。
 
「てつぶん」「ていぶん」。ふた通りの読みがあるそうですが、
「日々文章をつづっていく・・・ひびていぶん・・・ひびてつぶん。。。あ、これいいんじゃね?」という安直な経緯で、このブログのタイトルは、決まりました。
 
 
それから10年間。
よくもまぁ、続いたものだ。
それも「読書しない点では誰よりも自慢できる!」人間が、逆にダラダラと長文書きっぱなしなんだから、人間の性格ってようわからん。
でも、それが、ごくごく一部の方には、ウケがよかったようで。
そのごく一部で、よろしいかと。
 
 
そして、このブログを続けていくうちに、もうひとつ生まれた言葉。
審微眼」。
昔からの読者はもう聞き飽きているので「またか!」と思うでしょうが、最後なので。
 
2009年の沖縄旅行から生まれた、この言葉。
ここからダラダラ綴っています)

審美眼とは違い、審“微”眼、とは。。。
美的センス、本物を判断する眼力とは違い、その一瞬でどういう判断をするのがいまのベストなのか。それは場所、時間、その他もろもろのシチュエーションがからみあい、そのバランス次第で小さくも大きくも影響するほんの微々たる差を瞬時に決める力。
 
特に旅行では、常にこれを働かせて行動してきました。
それが、ほぼ、うまく機能しているのが、自分でも素晴らしいと。
でも、反面、普段の生活や、仕事面ではまったく生かされないのが、ねぇ。。。
 
 
最後の半年はアップも途切れ途切れになり、そういう理由もあって終了を決めたのは先週の記事に書いたとおり。
でも、よく続きました。
数多くあるブログ、絶対に「自然放置」だけはしたくなかった。
終わるからには、いちおう、ごあいさつとけじめだけは、つけないと。
 
 
これを最後に、このブログは終了いたしますが、
しばらくはそのまま存置しておきますし(仮に閉鎖する場合は前もって知らせます・・・たぶん)、自身の10年間の記録。日記とはまた違う表現で、ネット上には足跡を残しておきたいので。
「あぁ、こういうどうでもいい人間がいたのか。」と。
 
 
いまはFacebookに軸足が移っています。
もちろんTwitterは気まぐれではありますが今後も続けますし、もしこのブログの読者でFacebookの中身を見たい方がいらっしゃれば、コメント欄にてその旨書いていただければ、こちらから直接メールしていろいろお伺いさせていただきます。
(ただし、決して無条件で承認するわけではありません。あしからず)
 
 
「10年間過ぎれば疾風の一区切り」
一度きり、常日頃関わらず、このブログをご覧いただいたすべての皆様に御礼申し上げます。
 
 

また、別のところでお会いできますことを。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

満10年の決断

いつも、当ブログ「日々綴文」をご覧いただき、ありがとうございます。
 
 
『・・・久しぶりにアップしたと思ったら、いきななりなにカシコマッタこと言ってんだ?』
 
 
えっと、結論から申しますと、
「10年経った区切りとして、ブログ更新をやめることにしました。」
 
 
理由として
1)ここ半年のていたらくはご覧のとおり。更新を続ける意味が薄れてきた
2)その反面、日常の出来事はFacebookでのアップに重点が行ってしまった
3)このブログサイト「ココログ」。扱いやすいのではあるのですが、最大の欠点が露骨に出てきて、更新しづらくなった
 
 
詳しく掘り下げましょうか。
1)は言うまでもなく。
当初は「3日以上サボらない」をモットーにアップを続けていましたが、知らぬ間に更新サイクルが途絶え気味になり、なんとか復活を試みたけれど、それが果たせなかった。
どうしてこうなったかというと今もハッキリはできませんが、その原因のひとつとして、

2)が挙げられます。
本格的には2013年から適宜アップするようになっています。あっちは。
しばらくは同時並行で進めることができたのですが、あっちにアップすると、それで達成感が出てしまい、こちらのブログにまで気がまわらなくなってしまったのかなと。
 
それに、さらに追い討ちをかけたのが、3)。
今更「なんで?」の最大の弱点が、「画像/動画のアップが、最大のネック」。
いまだに、「1ファイルあたり1MBまで」なんですね。
昨今のデジカメや、スマートフォンでさえ、画像1枚あたり2MBくらいは平気である。
それを手修正なくアップするのが、非常にめんどくさくなって。。。
ましてや、動画なんかもう「アップお断り!」と言われているに等しい。
 
他のブログは存じませんが、mixiの日記やFBは適宜調整してくれるのに、こればかりはいただけない。
さらに、よく見ると気づくのですが、当ブログ、「バナー広告が一切、ない」。
つまり、わざわざ数百円/月を払ってまで、余計な広告なしで、頑張っていたんです。
それでいて、10年前だったらまだよかったのでしょうか・・・つか、当初は制限がなかった。
それが数年後に1MB制限が発動し、なぜかそれがいまだに続いている。
 
 
なんか、3)ばかりを理由に口実を作っているように思えますが、
すべての理由は、1)です。
3)はあくまで後付け。でも、niftyさんにはぜひこれだけは改善していただきたい。
 
 
だんだん思考がシフトしていくなか、5月末で満10年を迎えるわけですが、
せっかくこの際だから、ここで引き際とするか、それでも続けるか、考えていたわけです。
この状態なら、身を引いたほうが、まだいいのかなと。
 
 
なかなか続けていくことは、難しいことです。
それでも横着な自分が、10年同じことできたのも、それはそれで奇跡かも。
 
 
そういうわけです。
 
 
でも、これで最後にするのはもったいないので、
月末までに、「ぜひアップしておきたかった旅行記」をこれでもか!というほどダラダラアップして、それをもって終了!にしたいと計画しています。
 
 
また、ご挨拶はさせていただきますので、
今回は、取り急ぎ終了の報告まで。
 
 
 
『・・・って、それだけのためにまたダラダラ綴っているのかよっ!!』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

遅れて現実逃避

Img_1568
大型連休、とくにどこへも行かなかった変わりに、
今日から3日間の日程で、現実逃避をさせていただくことにいたしました。
 
最近サボり気味のこのブログ。
今回こそ、久しぶりに、ちゃんと上げようかと考えていますが、果たしてどうなることやら?
 
それにしても、
なんで最初は、羽田ゆき??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

連休だから

3日から今日までの連休。
  
ここ数年間は1日だけ、という日もあったし、連休フルに使ってスキーして終了!だったのですが、今年だけは違う。
 
何やっていたかというと、
「部屋の大掃除」
 
断捨離、家具の配置換え、そして、カーペットをウッドパネルに変えるかなり大掛かりなチェンジ!
昨日までの3日間、すべて「それら」に費やしました。
 
3日はとにかく、いらないと思われるものは処理!
4日は朝にバルサンを焚く。そのため半日動けないのでこの時間を使って買い出し!
ウッドパネル。ニトリ3店ハシゴして、部屋分のパネル(数は言えない)を買い占める。
おそらくニトリの売り上げ集計担当は「なにがおこった?」と気づいているかも(笑)
 
帰宅後、床の張り変え。
Img_1521
本来はロールものを一気にがよかったんだけど、最小限の労力で済むようニトリでウッドパネルを買い占めて、家具を移動しながら、古いカーペットをカットしたのち、徐々にウッドをはめていく(こうすればカーペットは可燃ゴミに出せるし!)。
 
5日は、夕方になってなんとかお部屋らしい形になった。
ただ、いまだ残る、ゆうに700枚を超えるCDの数々。これ、どうするべ?
とりあえずラックから外し、いまはダンボールが積み重なっている状態。
今後、少しずつ選別していくしかないか。。。
 
でも、GWの大掃除、年末にやるよりずっといいですな。
暑くもなく寒くもなくだし。
 
 
現在、部屋の3分の1ほど(!)が、ゴミ袋+ダンボール+古本古着であふれています。
いままでどんな状態だったんだ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

世間に迎合は、しない

明日からゴールデンウィーク??
 
 
明日もみっちり仕事ですが、なにか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

急上昇!!

初めて、職場に冷房が出動!
 
 
これから、自分にとってイヤな季節が始まります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

春眠暁を忘れた

とにかく、「ねるい」です。
(註:ねるい=「眠い」+「だるい」の造語)
  
  
4月初めの日曜日、気が付いたら夕方でしたし、
昨晩は21時に落ちてそのまま朝へ。さらに出勤の電車で寝過ごす。。。
  
  
それくらい、春は心地よいってことなのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

働くという、意義

まぁ今更いうまでもないことですが、
自分、サラリーマンであり、労働者であり、給与所得者という立場に、います。
 
 
今月から本格的に、職場でとっても問題のある大改革が、おこった。
なにかといいますと、
 
Tayoreru
給与明細の、電子化。
 
ひょっとしたら、大手企業ではすでに当たり前のことなのかもしれませんが、「株式会社で資本金1000万円」という超ギリギリの零細企業にとっては、これはかなり、おおきいこと。
 
 
半ば一方的に「これやりますから!」と通知が来てしまったので、逆らうこともできなかったのですが、
これ、かなり、問題ありません??
 
 
労働者というのは、「労働」を売って、その対価で「給与」をいただく。
立場変えれば、経営者は被雇用者から労働を「買っている」ということ。
そういう中で、労使関係が、成り立っている。
 
だから、昔は給与は現金で直接渡され、各家庭の生活や潤いの足しになる実感が、ありました。
子供の頃、給料日には父上から「ドサっ!(と表現するほどのレベルではないですが)」と現金が入った給与袋が渡され、コドモごころに「働くって、こういうことなのかなぁ。」と感じていた。
 
 
それが、今は、
銀行振込が当たり前になり、薄っぺらい給与明細だけが渡されるように。
自身も入社以来、それです。
 
 
でも、約5年間務めた前職場での経験。
給与明細を部下やパートさんに渡す役目も持っていたので、自分のルールとして、これだけはかたくなに守り通した。
 
「相手に直接、正面を向いて、『お疲れ様です。』と言葉をそえて、両手で給与明細を渡す。』
給料日、渡そうとしたときに相手が不在のときは、戻ってくるまで待って、ちゃんと手渡しする。
せめてもの、部下やパートさんへの感謝のために。

他部署の上司・所属長は自分の知る限り、一切それをしなかった。
途中、幹部候補として中途採用で入社してきた人からは「いい心がけだね。」と褒められながらも、「それが当たり前なんだけどね。」と、会社の全体のその雰囲気を不思議がっていたのも思い出す。
 
 
ちなみに、現部署に移ってから、
上司は単に片手でホイ、です。
離席しているときは机上に置かれたまま。
 
今月の給与から、それすら、なくなってしまった。
15日(民間企業ですが、ウチは15日なんです)になると、誰にも気づかれずに、口座に振り込まれている。
 
 
やっぱり、おかしいですよね。
カタチだけでも社交辞令でもメールでもなんでもいいから、ここは社長から、なんらかのメッセージを送るべき。
でも、労働を提供する側にとっても、「単に効率が」とか「コストが」の理由だけで、ここまでさせてしまったことにも問題は、ある。
 
 
政治のアレじゃないですが、
どちらかが悪いの問題ではなく、国民が知らぬ間に徐々に「モノ言う」立場を奪われつつある中(ナントカキミツ法とか、最近のマスコミへの口出しなんか、いい例ですね)、会社組織の中でも、労働者は「働け!」と言われて終わらされそうな気が。
国と企業、レベルは違えどちょっと同じ方向を向いているような気がして、ならないんです。
このままでいくと、ほんとうにどうなってしまうのか。
酸いも甘いも知らず、ありがたみを忘れ、ただの無能なモルモットに成り下がってしまいそうで。。。 
 
 
それはともかく、別の問題も。
ウチの会社、高齢者パートを積極的に雇っているのもあるのですが、
この給与明細システム、PC/スマホ/ガラケーと対応はしていますが、
その高齢者の方々、パソコンはともかく、携帯電話すらちゃんと扱えるのかなぁ??
 
その方々の家庭、とくに奥様のことが、よけいに心配になってきます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

何が“権利”なのか

統一地方選(の、前半)が終わって。
 
 
ネット上でかなり話題になっていた、千葉市議会選挙の、あのニート候補。
これを知ったのは投票日の数日前だし、当然選挙区が違うから彼には投票できるはずもなくでしたが(註:自分はちゃんと投票へ行っています。義務として)、
 
一言でいえば「よくやった!」
落選はしたものの、彼よりも票が取れなかった「まともな」候補が下に数人いて、そして何より、供託金の没収を免れた得票数を得られたことに、かなり意義があると思います。
 
 
ネットによる選挙運動が「いちおう」解禁になって数回目。
やっと、その環境から、「出るべくして出てきた、最初の候補」だと思います。
 
「なにがニートだ」「おまえ世間のことわかっとんのか」という反論もあるでしょう。
でも、立候補するにあたっては彼はすべての条件を満たしていたから立候補できただけで、逆に世間のことわかってないのはそれをねたむ輩じゃないの?と勘ぐってしまいます。
そもそも、落選た候補者のほとんどがいわゆる「ニート」になるわけだし。。。
(まぁ、大半はなんらかの保険がかけてあるのでしょうけど)
 
事実、
彼は基本Twitterで選挙運動・・・というか、選挙運動の体験談的なことをツラツラつぶやいていましたが、ちゃんと現状の選挙における問題点について彼なりに疑問を呈していたし、彼のいう「費用は8000円」の選挙という点に関して、ひょっとしたら「選挙ってお金かかるんでしょ?」と躊躇していた人たちに対して、先鋒を切ったという点では非常に意義が大きい。
 
 
4月。
もう一回、選挙がある。政令市以外の自治体議会の選挙が。
自分は幸い?名古屋市の人間なのでこれで終わりですが(というか、4月に二度も投票に行かなければならない有権者のこと考えとんのか??)、ひょっとしたら彼の活動を見て、「それならオレも!」と名乗り出る若者がひとりやふたり、出てくるかもしれない。
それが現実になって、少しずつでもいまの選挙制度に風穴を開けてくれる人たちが増えてくれば、もしかすると、この先、かなりかわるのかな?と。
 
 
わずかな期待を胸に、ちょっとこれからが、楽しみです。
 
 
 
でも、
そんな中、気になったことがふたつ。
 
ひとつ:当然ネット上ですから、その世界のなかでぐだぐだ言うヤツが数多くいらっしゃったわけですが、先日の選挙が「軒並み過去最低の投票率」ってことをふまえると、単純計算でぐだぐだ言うヤツの半数くらいは、「言うのは自由でも、投票行ったのか?」とツッコミを入れざるをえない。
これはこのブログで何度も言ってるけど、「投票しない→棄権→全権委任」を意味することですからねぇ。
そういうヤツには、政治を語ったり批判する権利は、一切ない。
今回のニート立候補者のほうが、百倍マトモ。
その権利をうまくつかって、自分自身を発信している。
 
 
ふたつ:今日のニュースに出てたけど、
千葉市の市長が、彼に対して「得票数なら参院比例区なら当選できたかも。」だって。
・・・ちょっと、論点がずれていますね。
比例区はどこかしら政党に入らないと立候補すらできないし、既成政党だとその名簿に載せてもらうことすら至難の技。
20世紀の90年代に流行った「ミニ政党」とか、前回の衆院選で条件の盲点を突いて適当な新党を立ち上げてしまった猛者もいたけど、そうなると、供託金の金額がハンパじゃないレベルになってくる。
そこをわかった上で、言ってるのかなぁ?
少なくとも、政治と庶民ってのは、かなり隔たりがあるんだなぁと気づかされる発言だと思ったわけで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

あの時計

どうも、「使い道」が見えてこない。
 
時計なのに、バッテリー18時間ってのが、クセものなか?
それとも・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧