スキー

2015年5月 3日 (日)

2015シーズン 備忘録

世の中、大型連休。
 
ですが、
今季2015シーズンは、4/29をもちましてスキーシーズン終了としました。
「え、後半はスキーしないの?」
・・・それは、まぁ、いろいろと。
 
 
例年ならダラダラ綴るスキー日記ですが、今季はサボってしまいました・・・日記。
でも、例年通り、スキーは行きました!
 
なんらかの形でアップはしたいのですが、たぶん過去にさかのぼってダラダラ綴るのもなんですので、とりあえずは今季、いつ、どこへ行ったか、備忘録代わりにあげておきます。
 
 
<2014年>
12/7 白鳥高原
12/14 開田高原マイア
12/21 開田高原マイア
12/30〜2015/1/3 志賀高原(奥志賀・焼額山など) ※レッスン

<2015年>
1/11 ほおのき
1/18 ニセコグランヒラフ ※BCあり
1/19 ニセコモイワ ※BCあり
1/31〜2/1 シャルマン火打
2/14 斑尾高原 ※BC
2/15 志賀高原(丸山・サンバレー・ジャイアント)
2/28〜3/1 志賀高原(奥志賀) ※テレマークレッスン
3/8 開田高原マイア ※テレマーク
3/14 志賀高原(東館山・寺子屋)
3/15 志賀高原(焼額山〜丸池まで)
3/22 開田高原マイア
4/12 シャルマン火打
4/19 開田高原マイア
4/26 おんたけ2240
4/29 乗鞍 ※BC
(BC・・・バックカントリー:ようは「あっち」へ行きましたということ) 
 
総滑走日数25日。
例年なら30日程度ですが、数年ぶりに「11月と5月に滑らなかった」ため、密度としては妥当なところか?
 
「大きいイベントベスト3」をあげるとすると、
1)やっぱりニセコ!
2年ぶりのかの地!ヒラフは「日本じゃない」と感じたし、モイワBCは最高によかった!
が、帰る日に猛吹雪で新千歳ほぼ閉鎖、帰れなくなり1日延泊のオマケがつきましたが。。。
 
2)テレマーク
奥志賀の1泊2日のテレマークレッスン。
例年、シーズン1、2日程度「たしなむ」程度にはやっていますが、そろそろ本格的に教わらないとと思って門を叩いたのですが、それがすごく充実したレッスンでした!
なかなか滑れないながらも講師からかなり褒められたし、2日目はなんと、林の中まで!
今後はちょっとずつテレの日を増やさないと。。。
 
2)乗鞍BC
最終滑走はここを選びました。
が、夏山含めて3000m級の山を登るのは初めて。すごくつらかった。。。
経験豊富な同行者には迷惑かけましたが、それでも登ったあとに見る景色や、たった1本に集中せざるをえないスキーはさいっこうでした!!
  
  
と、記録だけはしておいて、
今年の連休はおうち周辺で非常におとなしく。
次の冬のことを考えながら、いったん自分自身をリセットです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

(15シーズン・滑走9日目)リハビリのつもりだったんですけどね

(この日記は15日に作成いたしました)
 
Img_9806
こんなところ、だったんですね。
 
 
インフルエンザも無事完治しましたので、土曜日仕事で日月と休養日にあてようかともおもいましたが、やっぱりいてもたっても、いられない。
 
日曜日だけの、日帰りで決行!
 
今回、スキー同窓会のような集まりになりまして。
いつものメンバー、お初の方、そして数年ぶりという久しぶりな方々まで。
いやー、みんな。変わってない(いい意味で)。

選んだ場所は、飛騨はほおのき。
個人的には好きなスキー場のひとつなんですが、それも「整地が楽しい!」スキー場かと思っていました。
 
しかし、集まったメンツはパウダージャンキーばっかり。
 
ここ1、2年、ほおのきも「あっち」に関しては多少ルールが緩くなったようで、さらに数日間ゆき!な結果でしたから、行かないわけにはいかないでしょう!ということで。
 
Img_9801
まぁ、こういうことですよ。
いわゆる「自己責任」エリアが。
つか、昔はここもれっきとした「コース」だったんだけどね。

Img_9800
その、「ふっかふか♪」のコース。
出動が早ければもっとパウダー!が楽しめたかもしれませんが、いやいやどうして、残り物も充分にあったし、午前中ずーっと楽しんでおりました。
 
その昔、
まだ「コース」だったとき、誤ってここへ入ってしまい、完全にベソかきながら感覚的には日が暮れるかどうか心配するほど、時間をかけてようやく降りて行った、覚えがある。
滑りのポジションとかフォームとかはまだ全然下手くそなレベルですが、今はそんな斜面をある程度スイスイ楽しみながら降りることができるように、なった。
 
やっぱり、進歩は、しているみたい。
 
午後も滑りましたが、事実上午前で終了だったような、今日のゲレンデ。
自分自身は「リハビリ」ですから。
 
Img_9807 Img_9808
お昼と、おやつ。
右のおやつ。別のSNSでアップしたら、誰かから「津ぎょうざですか?」とツッコミが。
一応言っておきます。アップルパイです。
 
 
まだ滑る人。次の日のために移動する人。そして帰る人。
それぞれ分かれて、帰路についたのでした。
 
自身、正月の集中レッスン(すみません。まだアップできてません)が、少なからずいい方向に向いてきている気が、します。
次回のスキーは今季のいよいよメインイベント!!
そのために、思いがけないパウダーと、ちょうどいい練習が、できました。
 
 
【オマケ】
飛騨エリアのスキー場へ行くと、帰りは必ず、ここへ寄る。
Img_9811
にくっ!!
値段は張りますが、地理的に上呂のこの定食屋の和牛ステーキが、うましっ!
ちなみに若旦那、かつてスキー場でパトロール経験もあるそうで、いつもそういう話になるんですけど、それもスキーヤーの楽しみでありまして♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

(15シーズン・滑走3日目)そろそろスイッチオンを

(この日記は23日に作成いたしました)
 
 
Img_9397
もうちょっと、だったんですが。
(午後には曇り空になってしまいました)
 
 
今季、ややスロースタートのスキーシーズンです。
特に今月、休み前に忘年会がけっこうあったり気分的なものもあり、本来土日でいける週末だったのですがまた日曜日帰りに。
 
でも、そろそろエンジンかけとかないと。
というわけで、今日はレッスン。
今の自分をチェックしてもらうために。
 
 
あ、その前に。
この週末から上部ゲレンデもオープンしたマイア。
土曜日はどパウダー!だったそうですが、どういうわけか午後から雨!
特に夜中がひどかった模様。
それが固まったまま朝になっちまったものだから、とにかく道が怖い!
除雪も間に合っていない。スケートリンクとクラストわだちが交互に現れる難易度★★★★☆くらいの高さ!
 
そこで、
写真撮り忘れましたが、
フォレスターの秘密兵器、「X-MODE」を初めて本格的に使うことに。
 
停止時か20km/h以下でないとスイッチ入らないうえ、40km/h超えた時点で機能オフにされちゃうから、40km/hを超えないように慎重に。

「すげぇ!」
滑りそうになったとき、ちゃんとタイヤのトラクションをコントロールしているのがわかる!
硬いわだちも何のその! 半分疑っていたけどこの機能、ホンモノだ!!
 
贅沢いえば、作動範囲を50km/hまで引き上げてくれれば、完璧なんだけど。
(40km/hでは雪道クルージングとしては、遅い)
 
 
閑話休題。
今日のレッスン、今年からめでたくSIAデモになったY氏。
彼とのレッスン付き合いも10年になります。
「デモレッスンです!」と言葉にするとすごいですが、内容は毎年同じなんですけどね。
講釈とツッコミによる腹の探り合い(笑)。
 
・・・ですが、調子がでない。
 『Hassyさん、後傾!』と直球で言われ、さらに『乗れてませんねぇ。』と。
うーん。自分ではそう思わないんだけどなぁ。
まだニュー板に馴染んでいないのか、というのは言い訳。自分自身が馴染んでいない。
 
モヤモヤのまま、お昼と・・・、
(これは【オマケ】で書きます)
 
午後、まだ乗れていない状態が、続く。
Img_9405
今季初めて上部ゲレンデに上がったため、急斜面も感覚を思い出すので精一杯。
さらに、一気に降ったというもののまだ積雪不十分だから、地肌はないものの元の地形の上にそのまま雪が乗っかっている感じで、一番飛ばしやすいブルダイ下部のフラットなはずのバーン、かなり起伏が。
けっこう、難しい。
 
そんな中、
あるバリエーション練習を1本したあと、急に何かが変わった!
 
コーチからも「サムズアップ」をもらい、そこから調子が一気に上がる!
先の起伏あるバーンも、「いなし方」がわかってきた。
100回以上通っているゲレンデなのに、こんな面白いバーンが、あったんだ!
 
レッスン間の移動も、なんか楽しい。
それをコーチに告げたら『いやぁ、いいことです! 今日のHassyさん、途中から楽しそうに滑っているの、わかります!』だって。
 
さらに!
二季ぶりに再会できた方も。レッスン中に野次馬してくれる(笑)。
それも自分が1本滑ったあと、「ストックオベーション(註)」までいただく有様。
レッスン終了後、『まるで別人! 滑り変わったとは聞いていたけど、ここまで進化しているとは思わなかった!』と最大級の賛辞まで。
・・・いや、恐縮です。。。
(註:ストックオベーション・・・そんな言葉ないと思いますが、勝手に名付けました。
演奏会やフィギュアスケートでのスタンディングオベーションのように、スキー界ではいい滑りをしたときに、2本のストックを叩いて賛辞を送る仕草があるんです)
 
 
かなりいいイメージで今日のスキー、終了。
やっぱり褒められて伸びるタイプですから(笑)
 
 
ここ数年、スクール自体はマイアより、奥志賀にシフトが移っていますが、
自分は当たったことないですが、その奥志賀のあるコーチが、今日やったバリエーション練習に固執している理由。そして、お試しで一度だけ受けたことある野沢のスクールで、コーチが『ゲレンデで練習できない場所はない。誘導路だって林間コースだって私は練習させます!移動する場所ではありません。』という言葉が、この日のレッスンで一気に理解できた。
それを、ホームのマイアで実現させたことが、大きい。
 
1級合格まではほぼずーっとマイアで鍛えてもらい、その後他を渡り歩くシーズンが多いのですが、
再びマイアに戻って、ちょっとはその鍛えてもらった恩返しができたかなと。
 
 
次のスキーは、いよいよ遠征です。
ま、どうせこのイメージも、他へ行けばコテンパンにされるんですけどねっ!!
 
 
【オマケ】
今季のマイア、レストランのメニューがかなり入れ替わりました。
なので、しばらくはオマケネタが尽きることがありません(笑)
 
お昼ごはんは、
Img_9400 Img_9399
ネタですか?
でも、注文受けてから揚げる本格派。カリっとしていておいしい!
この日、一番人気のメニューだったようです。
 
そして、定番、☆スイーツ!
なのですが、レッスンなので、食べる時間をどこにするか。
実は午前レッスン終了時に、お目当てのスイーツがすでに売り切れ!
朝はあれだけたくさんあったのに! レッスン前に食べときゃよかった。
 
しかし、そこでめげないのがHassy。
ごはん食べたあと、間髪入れずにリフト登ってティーホルン(中間レストハウス)へ。
ここなら残っているかも?とわずかな望みを託したら、
 
Img_9402
ありましたっ!!
限定のモンブラン。
実はモンブランはあまり好んで食べない人間なのですが、嫌な甘さがないのがいい!!
満足して、午後のレッスンに臨みました。
(意識変わったのは、スイーツいただけたからか?)
 
 
ちなみに、
Img_9404
食べ終わった頃、すでに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

いつの間にか、守ってくれていた

次の週末に向けての、スキーの準備。
ですが、忘年会シーズンのため、この週末も日曜だけ日帰りです。
 
その準備をしていたら、ヘルメットに目が行って、
 
Img_9372
ひび割れてる!!
 
 
今まで全然気がつかなかった。。。
ですが、覚えは、一度だけ、ある。
 
初めてヘルメットを買ったシーズン(確か3年前)。野沢でパウダーをわーい!とはしゃいで滑っていたら、新雪に隠れていた起伏に気づかず、バランス崩して大転倒!
何回転したか覚えていませんが、少なくとも2回は頭部を強打した。
1、2時間はちょっとボーっとしたくらいで、特段問題なし。
もしメットがなかったら、今頃こんなブログ書いてないかもしれません(冗談抜き)。
 
このとき「ヘルメットしていてほんとうによかった!」と思っていたのですが、
このひびがこのときの転倒時なのかは今となっては定かではありませんが(単に目に見えない変形はあって、後々の劣化でひび割れが、ということもありうるので)、ちゃんと守ってくれて、いたんですね。
 
ちょうど自分もヘルメットを買った頃から、ゲレンデのスキーヤー、ボーダーの「ヘルメッター」が増えました。
自分だけでなく、雪仲間の一部も、ヘルメットなかったらどうなっていたか?という場面に出くわした話を聞いたり、直にこの目で見たこともありますので、やっぱり、「ヘルメット」は、大事!!
 
 
でも、ひび割れちゃっては、もう使えない。
 
・・・ですが!
前回まではこのヘルメットを使っていましたが、すでにニューモデルがスタンバっていますっ!
4月に早々と予約。早割だったため2割引♪
 
そしてその後、これに合うゴーグルも慎重に選び、次回からいよいよニューモデルでデビューですっ!!
 
 
最初フリーで滑っていて、センターハウスに戻ったとき、『あれ、Hassyだったの? ぜんぜん気づかなかった!』と言われたい。
 
でも、滑りで、バレるか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

(15シーズン・滑走2日目)再び、この地で、スタート

(この日記は16日に作成いたしました)
 
 
Img_9294
この日のために、前日。
ちゃんと「期日前投票」を済ませました。
 
 
Img_9338
また、この場所にやってまいりました!
 
開田高原マイア。
今季、ここのシーズン券スキーヤーになってから、10年目になります。
・・・もう、これだけ経ってしまったのかぁ。
年月の流れに逆らって、自分自身のスキーの脚前はなんら進歩しておりません!
 
でも、ここに出会ってから、自身のスキー履歴に大きく舵が切られたのも、事実。
今季も、お世話になります。
 
 
ただ、例年と違う、感慨がある。
それは、9月のあの、出来事。
幸いにも火山規制区域から外れるため無事オープンできたわけですが、単純に「オープンできて、よかった。」と素直に喜んでいられない事実も、ある。
 
となりのおんたけ2240は規制区域にかかってしまい今も目処がたっていないし、このスキー場や開田エリア、そして別の要因ですが地震のあった白馬エリアも、風評被害と戦わなければいけないシーズン。
 
ここ開田はもちろん、白馬も機会があれば訪れて、少しでもお金を落としてスキーヤーとしてお手伝いできることをしなければ。
自身のこと以外にも、課題を課して、満足できるシーズンにしたいです。
 
 
・・・いつものことながら、前置き長いですが。
 
例年どおり、いつもの時間、いつもの道、いつもの駐車場。
ただし、今年のシーズンインばかりは、違った!
愛知県から雪。中津川ではなんと、スリップして隣の車線までスライドさせられたし(周りにクルマいなくてよかった。。。さらにAWDじゃなかったらぜったいスピンしてた)、長野県境から雪。途中アイスバーンで何度滑ったことか。
例年12月は雪が少ない木曽界隈。ショッパナからここまでの雪に出会うとは(嬉)。
 
 
いくつかのスリルを乗り越え、無事到着。
スキー場のスタッフ、そして常連の皆さんと再び会うことができた喜びに感謝し、シーズン券を受け取る。
準備して、いざ!
 
Img_9319
いきなり、真っ白!
コース自体は人工雪エリアの幅・・・が建前ですが、左右も雪がかなり。
 
1、2本慣らしていたら、SNSからの情報が入る。
ちょうど、コース上にいた、あいみーさん。
 
彼、もともとやぶはらの人間ですが、まだオープン前なので、それまではマイアに来てくれる。
正直レベルは、かなり高い。会ってからはずーっと、ふたりでサーキットトレーニング。

しかし、あいみーさんいると安心するわ。
うまい上に、飛ばす(もちろん安全な範囲で)から、後ろからついていって「どこまで飛ばせるか」ちゃんと背中で教えてくれるから、ありがたい。
 
Img_9327
さらに、板が同じ。。。
色が反転していますが、左の自分はロング寄り、右のあいみーさんはショート寄りで、どちらもデモモデルとしてはトップレベルの板。
お互い、スワップして試したかったのですが、ブーツサイズが違いすぎて諦めました。
 
しかし、初日から、すごくいい雪。
先に書いたコース脇が、最大スネパウ!
 
・・・自制効かず、入っちゃいました。
先週の白鳥はやや重かったけど、ここは標高高いからさすがに、軽いっ!
しかも、基礎板なのに、けっこう浮く!
BCやツリーランさえしなきゃ、ゲレンデコース内のパウダーだったらこれで十分じゃ?
 
まだ自分のカラダ慣らし期間だったので、14時にはアップしましたが、それでもけっこう滑った。
途中、雪が荒れてきて、マイア名物、アイスバーンも顔を出す。
でも、それも懐かしくて・・・。
 
いつでもバーンは一緒じゃない。
リフト乗っている間の数分だけでも、状況は刻々と変わる。
その「同じコースなんだけど、常に違う状況を滑る楽しさ」が、今頃になってようやくわかってきた気がします。
 
今季、自分自身に、命じたこと。
「どんな天気」「どんな雪質」「どんな状況」でも、1本滑った後に「たのしい!」と口に出る場面が1本でも多く増やせるようにしたい。
 
ひとことでいえば「対応力」。
以前より旅行なんかで「審“微”眼」を提唱していますが、そのスキー版かな?
ただ、旅行と違い、その判断は極めて一瞬。場合によっては1秒未満の判断による勝負。
その一瞬が、うまく滑れたり滑れなかったりを左右する。
そして、滑ったあとは悪いところは次の課題とし、いいところは半分イメージに残し、あえて半分忘れる。
だって、次のリフトに乗ったら、ホントに忘れるから(笑)。
さらに、いいイメージを100%残したって、次滑るバーンは状況変わってるんだから、仮に全く同じ滑りができたとしても、うまくいかない方が多いから。
 
この日、それが少し、多く感じたかな?
今季始まったばかり。それに気づいたのが、今日の収穫。
付き合ってくれたあいみーさん、ありがとう!!
 
 
【オマケ】
もちろん、滑ってばかりではいけません。
ちゃんと滑った分は、ちゃんと食べる!!
 
今季もかなりメニューの入れ替えがありましたが、少しずつ紹介。
まずは昼食。
Img_9326
今季、パスタは1種類に集約。
この地域独特の漬物「すんき」を使ったパスタ。
すんき自体、好き嫌い分かれるのでアレなんですが、独特の酸味は意外にも感じなかった。
むしろ、ちょっとしたアクセントのようで、すんき好きにはいいんじゃないかな?
 
そして、
Img_9324 Img_9328
こればかりは、外せません。
マイアの誇るパティシエ☆氏のスイーツ!
右の赤いロールケーキ。実は「スイーツにはまず使わない」材料が使われています。
これも「それが嫌い」な方には積極的に薦めませんが(あいみーさんがそうだった)、ほんのりその味も、ちゃんとしている。
 
え、
なんで写真2枚なのかって?
決まっているじゃないですが、午前と午後でスイーツ♪したから!
 
ここでは「一食・おやつ二回」がデフォルトです♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

(15シーズン・滑走1日目)初滑り、すぎっ!

(この日記は9日に作成いたしました)
 
 
Img_9228
一気に、風情を感じる白い世界へ。
(この神社、かなり前ですが、かつて映画のロケで使われたこともあります)
 
 
なんとか、シーズンイン!
数年ぶりに「12月の初滑り」で、いろいろ諸事情あっておそらく今まででいちばんテンションが上がっていないシーズンイン。
しかし、この景色を見てしまった以上、もうテンション上がらずにはいられないっ!
 
もともとはこの日、ホームゲレンデの予定でした。
しかし一週延期になり、違う場所で滑ることに。
でも、初日だし、半日滑れれば十分だし、日帰りだし、近いほうがいいけど、混むのはイヤ!と、なんてゼイタクなヤツ・・・。
 
そしたら、一箇所、いいところが、浮かんだ。
昨季の初滑りにも選んだ場所。かき氷だったけど、事実、空いてた。
そしてこの日、寒波襲来でこの地も雪がよさげだし!
 
来てみたら、雪だらけ。
片道120kmの道中、半分くらいは雪道だったなぁ。
そして、冒頭の画像の「いい景色」にも出会えたり♪
 
高速なら2時間ですが、チェーン規制が思いのほか長距離だったので、大して差は出ないだろうと踏んで、オール下道3時間弱。
 
 
Img_9233
8時のリフト開始前に、すでに列に並んでいる自分がいた・・・。
 
でも、この時点で20人ほど。やっぱ空いてるわ♪
 
というわけで、
初滑りの場に選んだのは、白鳥高原。
別名、「奥美濃の隠れ家?」
 
11月から(人工雪だけど)スタートする奥美濃エリア。そのため週末はかなり混む。
しかし、ここだけは規模は小さいものの、混雑が許容範囲なのが、ありがたい。
しかも、この時期奇跡の「全面滑走可」!
さらに、夏場はゴルフ場。コースはあってないようなもので、「自己責任エリア」、多数!
 
Img_9234
さて、朝イチリフトに乗って、足慣らし。
最初数本は何も考えずに、ダラダラと。しばらくするとメインのフードクワッドが開くので、そちらに移動。

Img_9236
ん?
さっそくパフパフしている! いいなぁ。
 
初滑りだし、まずは勘を戻すことから始めないと。
パウダーは、我慢・・・、
 
Img_9241
できませんでした。。。
残り物ではありますが、いきなり、パウダー、いただきっ♡
でも、重かった。。。
 
「ひょっとしたら。」もあったので、どこでも滑れるセミファットで挑んで、正解!
初日からパウダーだなんて、何か持っているのかも?? 
 
しかし、
Img_9242
そのパウダーも、一気に食われてしまいましたので、我に返って練習です。

ひととおりコースを回って、ブッシュが出てないのを確認したので、

Img_9243 Img_9246
これもショッパナから、ニューウェポン!
 
久しぶりに基礎板のニューモデルを買いました。
先週届き、さっそくです。
基本、同一メーカーがないスキーマテリアル履歴ですが、今回も。
初アトミック!
 
最初の1本は慣らし、あとは少しずつバリエーションしながら、板と、なまっている自分の足を取り戻していく。
 
ただね、このゲレンデ。
ピステンエリアも、侮れない。

Img_9249
ここが唯一の「1枚バーン」かなぁ?
あとはかなり起伏が。ウェーブか?というくらいの斜度変化で、かなりテクニカル。
さらには、ボード初級者もそれなりにいるので、ウェーブのてっぺんから急斜面で降りたそこにボーダーが立ち往生している場面も想定しながらなので、滑っていて一切の油断が許されない。
まさに「対応力」が問われる。
 
個人的には、けっこう面白いぞ!と。
 
今日の雪質は、12月初めというのを抜きにしても、完璧すぎっ!
だから余計に、こういう油断できないバーンでノンストップで、かつミスなく滑走できれば、気持ちいいんだろうなぁ。
そう考えながら、板と自分の、練習・・・。
 
その、ニューモデルですか?
うーん、今日だけでは、その答えは出さないでおきます。
はっきり言えるのは、「今日のレベルでは、コブ・不整地は自分が弾かれる。」
評判では「かなりラクな板」と言われているようですが、かなり奥深く、うかつに操ったらとばっちり食らいそうです。
今日より次回、次回よりその次!の考えで、だんだん自分のものに、していこう。
 
Img_9247
結局、午前券4時間(12時まで)、ほとんど休憩なし。
リフトトータル20本近く乗ったけど、混雑は平均こんな程度。
奥美濃のほかのゲレンデだったら、こうはいきません♪
さらに、「おひとり様レーン」で優先乗車。そりゃ本数増えるわけだ。
 
おかげで、ショッパナから飛ばしすぎた。
クルマに戻ったら、疲労がどっと。
 
やっぱり、最初はほどほどにすべきだなぁ。
でもさぁ、いきなりの天然雪、それも所によってパウダー!ですよ?
 
そんな「白い粉」の中毒にならないなんて、おかしいじゃないですか!?
(言ってることが、アブナイ・・・)
 
 
と、これからが心配なことを伺わせて、初滑り、無事終了!
懲りずにこれから約半年、第三者からは頭おかしいと言われる季節が、始まります。
(だから言わなくてもいいって!!)
 
 
【オマケ】
例年、このスキー日記。
ほぼ毎回、書かなくてもいい「オマケコーナー」が存在する。
だって、昔『お笑いマンガ道場』でも、オマケコーナー、あったでしょ?
(全然関連ないしっ!)
 
 
あまり行かない奥美濃スキー。
午前券終了だったので、道中昼飯、おフロの予定で帰宅するのですが、数少ない奥美濃スキーの帰りはぜひここ!と定番になりつつある、トンカツ屋。

でも、あるメニューが気になっていた。
今回は、それを。

Img_9252
カツカレー・・・。

やられました。
自家製の情報は知ってたんですが、7割方ドライカレーっぽい。
ルーは別添えで、カツの衣が「しゃびしゃび」にならないよう配慮されていて、さらにキャベツの器も別。
トンカツ屋の必須メニュー「キャベツおかわり自由」を、ちゃんとカレーでも実現させてくれた(もちろんおかわりした)!
 
カレーはちょうどいい辛さ。甘みも感じる。
そしてカツは、もう言うまでもなく♪
 
Img_9257
その後、風呂入って少し寝て、早々と帰宅。
 
市街地渋滞を避けるため、美濃〜一宮だけは高速使ったけど、
家に着いたらなんと、16時半!

笑点に余裕すぎで間に合う、なんて健全な行動なんでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

ようやく、冬の準備

昨日、
数少ない休みの間を縫って・・・、
 
10346314_816870851720105_2941278673
フォレスター。やっとスタッドレスに交換。
ちょうど6ヶ月点検と重なっている(つか、春の交換時期と“重ねる”ためにわざわざ5月登録にした)のと、オイル+エレメント交換と合わせてディーラーに丸投げ。
 
数年ぶりに、11月の初滑りがないままシーズンインです。。。
朝イチに預けていったん帰宅。夕方に再び取りに行く方法としたため、昼間は「とりあえず、滑れる」までの準備はしておきました。
(↑この文言でちょっとでも期待された方。あの『代車でGo!』、今回はありません。。。
 最寄り駅から地下鉄で一時帰宅しました。あしからず)
 
 
さて、ハナシ変わりまして、
このための、ちょっとしたグッズを見つけました。
1622737_816870758386781_58588894522 1527022_816870795053444_17953976406
「タイヤマーキングタグ」。
スバリストなのに、おもいっきり他社のパーツ!!
日産の純正部品を買っちまったのは、なぜ?

じつはこれ、外したタイヤの位置を記録するための小道具。
これだけのパーツなのに、税込1132円なのに、その性能は侮れない。
 
10801637_816870885053435_6700719139
ナット部分の穴にぶっ差す。それだけで完了!
カーショップでもシールとか、ガムテープなんかの例がありますが、1回剥がすと再利用できないし、これつけたままでタイヤの丸洗いもできるし、春の再交換時はローテーションも兼ねてるから前後のマークを差し替えれば、終わり。
これはある意味一生モノ?かも。
 
 
ですが、
11月が「かなりの」暖かさ。
この日、Tシャツ1枚でスキーの準備してた自分って、なんなの??

その影響からか、6日にオープン予定だったホームゲレンデも一週間延期が決まる。
まぁ、天候だけは、逆らえないですね。
 
 
せっかくのテンション、下げたくはない。
来週、どこへ行こう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

ココロの準備、だけでも

Img_8205 Img_8212 Img_8217 Img_8225
今日。
朝9時に思い立って、御嶽山界隈を回ってきました。
 
 
「あの時」が発生してから、1ヶ月半ほど経過しました。
ここは登山の経験自体はないものの、特に冬場はそのふもとでお世話になっているだけに、あれから気が気でなく、12月のスキーシーズンが始まるまでに、いちどお邪魔したいとは思っていた。
明日は雨予報だし、この先予定が詰まっているから、行くなら今日しかない、と思った。
 
まず、
左上の写真は牧尾ダムの王滝湖から。
運が良ければここから「逆さ御嶽」が見られるのですが、これを見た瞬間、そんな余裕はまったくなかった。
かつて九州旅行したときに見た桜島や、数年前に噴火した浅間山だったら「いつもの光景」なはずなのに、御嶽山がこうも変わっているとは。
火山だとは知識でわかっていても、いまも信じがたい気持ち。
 
スキー場営業が延期(と、ここでは言っておきます)となったおんたけ。
年に何度か行っていますし、お世話になっているそのふもとの王滝村に少しでも、というわけで、お昼はここに。

Img_8208
役場の目の前。王滝食堂の、イノブタ定食。
あまりにも大きすぎて、iPhoneをいくら遠ざけても入りらない!
ここの食堂、スキー帰りに鍋をいただいたことが何度か。今回はひとりなので、初めてそれ以外のメニューを食べた気が。
豚肉以上にやわらかく、美味ですよ!
 
そして、会計時にチラシが目に行き、初めてその存在も、知った。
このあと、そこに行くことに。
 
 
右上の写真が、それ。
温泉があるんです。遠目には今も白く立ち上がっている御嶽が。
 
ただ、ここへ行くまで、
Img_8210 Img_8211
かなり長い、ダートが。
でも、ここはフォレスターが最も得意とする真骨頂!
鼻歌交じりで、かなり飛ばしました。。。
 
お湯もなかなかよかったし、時間内ほぼ貸切!
村内にこんないい湯があるなんて、知りませんでした。
・・・でも、真冬は行ける、というか、営業してるのかなぁ??
 
 
そして、本目的の左下の写真。
ホームゲレンデ(開田高原マイア)に立ち寄り。
ちょうど社長もいらしてて、『せっかくだから!』とお茶までいただきました。
 
このご時世に、突然お邪魔したにもかかわらず、丁寧に応対していただきとても恐縮&感謝です!
かなり長い時間、今回のこと、今後のことを話していたのですが、
「配信しなければならない内容」と、「配信してはいけない内容」を完全にすり違えているマスコミの姿勢に、ちょっと憤慨をも感じました。
 
その話、ここでは書きません(書けません)が、
スキー場も、あの日を境にいろいろ大変な目に遭っていることは、今までもメディアを通して知った内容+人伝いに聞いた内容以上に想像を超えるものでしたし、今後スキー場の存続のためにあらゆることを調査・計画し、いまそれをどのようにすべきか。おそらく自分や周りや、メディアの思っている予想をはるかに超える対策を考えていることを知らされました。
 
12月、再びこの地で会う約束をして、山を降りる。
そういえば今季、ここに「通う」ようになって、ちょうど10年になります。
スキーの上達度からすると、10年前とあまり変わっていないので、ありますが。。。
 
 
Img_8221
ほんの一瞬だけど、山を降りている間だけは、アクアの燃費を超えたぜ!!
 
 
途中、通りすがりに路地の販売所を見つけて、白菜と人参を購入。
ちょうど「すんき(この地域独特の蕪の漬物)」の仕込みをしていたおじいちゃん。ここでもいろいろ会話させていただきましたが、王滝も開田も、山の姿が変わったことを除けば、いたってなんら変わりのない、山のふもとの生活をされていました。

人参は都会人が見ることのない、立派な「葉つき」。根っこよりも面積が広いほど!
『細かく刻んでかき揚げにするとうまいよ!』と助言を受けて、ありがたくいただいておきました。
 
 
最後の右下の写真。
北側から遠回りして、濁河〜鈴蘭経由。
初めて濁河の県道を通ったけど、これもダートに近い、県道だけど“酷道”レベル。
写真は鈴蘭高原の展望台から。ここでも、白いものが、上がっている。
ただ、今までいつもよく見ている御嶽と違って、「右側」から上がっているのが、逆に新鮮に、感じてしまう。
 
 
その後はR41経由で帰宅。
ほんとうに思いつきだったので、駆け足の行動でしたが、特に社長の話が、身に染みました。
事実を述べているだけなんだけど、すごく丁寧で、
でも言葉を選びながら、一言ひとこと噛み締めるように。
 
  
12月は白い雪の上で、笑顔で会いましょう!!
・・・と、スキーシーズンに入るための、ココロの準備として。
でもね、特に王滝側の紅葉がものすごく、よかった!!
来週までは持つと思うので、ぜひ行ってほしいくらいです!
(だからその紅葉の写真は、なし・・・笑)
 
ただ、
チューンに預けている板たち、まだ戻る気配すらないんだよなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

夏の大散財

(この日記は22日に作成いたしました)

実をいいますと、
10438925_719991734741351_6926211848 10462475_719991751408016_4804595269
金曜日に無理ムリ有休とって、土曜日午後まで東京にいました。

石井スポーツのカスタムフェア。
日本最大級のスキー用品のお祭り!

あとは東日本におけるスキーの聖地、神田界隈をぶらぶらと。

神田では小物いろいろ。
カスタムフェアではついに、来季の板を予約!


冬の間まで、じっとすることにします。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

<不定期連載>フォレスターをインプレ(今更ですが、冬の間のこといろいろ)

ほんとうは、5月中に書きたかったのですが・・・。

11月〜5月の約半年は自分にとってのスキーシーズン。
スキー自体の総括はすでに書き上げていますが、そういや、「初の冬を迎えたフォレスター、ウインターインプレはどうだったんだろ?」

このブログ、どうも現行フォレスターについて検索して訪れる方が結構いらっしゃるようで(昨日、久しぶりにアクセス解析見てびっくりした)、そういや冬の間のことは、書いてなかったなぁ、と。

だいぶ経ってしまいましたから、日々綴文的にはアッサリかもしれませんが、今回はそのことについて綴ってみましょうか。


<まずは、冬装備!>
最初は冬の必需品。スタッドレスタイヤ。

1471397_605198362887356_323993021_n 1384169_597948900278969_1982286405_
父上の代から乗っていたレオーネからのミシュラン信者ですし、スタッドレスも最初はBSでしたが、その後ずーっとミシュランを通しているので、(但し今回のフォレスターの夏タイヤではミシュランにサイズがなく、久々にBSになりましたが)、選択したのはもちろんミシュラン、X-ICE!

前車アドちゃんからのXI2⇒XI3に変わり、さらに速度レンジが「T⇒H」と、「おまえ、スタッドレスか?」という馬鹿げたバージョンアップがされていた。

タイヤのインプレについては、後ほど。


そして、車泊もしますので、それをどうするか?
今回のフォレスター。最大の難点として、リアシートを倒した時に「数センチの段差」がハッキリと出てしまう。
購入検討時からそれはわかっていたのですが、いざ車泊仕様にする際、どうしたものか?

そんな中、モンベルのエアマットが役に立った。
昨年10月、長久手に新店ができ、当時名古屋では栄にしかなかった店舗でしたが、ロードサイド店という地の利を活用し、店員に頼み込んで展示品をクルマに持ち込んで、実際にそれで寝てみた。
1459871_605198422887350_1990226701_
で、それを購入。

そして、
1557622_626277957446063_688878012_n
車内はこうなりました。
今回から初めて、アタマがクルマの後方になった。

999168_605198619553997_380056600_n
写真のように、リアのシートバックが短い影響で足が遊んでしまうのが難点ですが、174cmの自分でも充分まっすぐ縦に寝られる。
心配していた“段差”ですが、ちょうどお尻の部分と合って、さほど気になるほどではなくホッとする。
前車アドちゃんマイナス100mmの全長ですが、ほぼ同じ寝心地を確保することができました♪

ルーフボックスはない(というか、車庫事情からつけられない)ため、板は中積み。荷物は比較的コンパクトに。
歴代愛車での車中泊はいつもそうですが、通常使用に際する諸事情があって、285系ではなく、583系にする必要が(わかる人だけわかれ!)


さらに、今回、初めてつけてみました。
1507677_626277934112732_347804557_n
ウインターブレード。
歴代愛車、すべて「ワイパーデアイサー」がついているのでいらないとも思いましたが、実際の効果を試してみたかったのと、感謝デー2割引で買えたので思い切って。

結論ですが、「う〜ん。いらないといえば、いらない。」
確かに積雪時の拭き取り性能はノーマルに比べりゃいいのですが、
デアイサー+デフロスターがあればなんとかなりますし、ウインドウが凍ったらスクレーパーで削ればいい。
さらに、3月以降はゴムの柔らかさが仇になって、雨が降ると拭くたびに「キュ、キュッ」とあまり聞きたくない高音域の周波数が・・・。

・・・このブログをご覧の方で欲しい方、いらっしゃいますか?
1シーズンのみ使用。今なら格安でお譲りいたしますよ(笑)


<さて、冬の走りはどうだったのか?>
まず初めに書いておかなければいけないのが、
「歴代愛車で、初めてVDCが、ついた」。
このVDCが雪道でどのように力を発揮するのか?も含めて、約半年のスキーシーズンを過ごしてきたのですが・・・。


まず、タイヤ。
やっぱりミシュラン。スタッドレスのクセしてオンロードの性能がアホみたいにいい!
ノイズも全く、気にならない!!
以前から「これだけは改良してくれ!」と指摘しているサスペンションの「ワダチや段差に対しての突き上げ(ハーシュネス)」に対しても、これに限って言えばだいぶマイルドになっている。
むしろ、これをベースにサマータイヤ作れば、ヒットするんじゃ?

その反面。雪道が・・・。
長年、X-ICEを愛用していますが、初代は横滑りに対する耐性が全くなかったのに対し、2代目(XI2)ではだいぶ改善されていた。
ただ、今回の3代目(XI3)については、また逆戻りしてしまったような・・・。

特に、ホームゲレンデである木曽エリア。
マイナス10℃以下は当たり前。圧雪であれば問題ないのですが、ちょっとでもアイスがむき出すと、対処しきれない場面が、先代に比べて多くなった気がする。
まぁ、クルマもタイヤサイズも変わっているため、単純比較はできませんが。

1507989_639430436130815_1897073759_
真ん中のディスプレイ、下のほう、ちょっとだけ黄色い帯が出ていますよね。
これ、ABSやVDCが作動すると、こういう履歴が出るようになっています。
が、ABSはブレーキペダルから感触がわかるからいいのですが、VDCについては作動したかどうかが全く、わからん!

作動時に音が出るわけじゃないし、メーターパネルやディスプレイには出るのですが、雪道だからいちいちそんなのに目を向けていられない。
逆に回復操作をしづらくしているような気が・・・。
VDC完全オフにしての走行はしていないので今季は比較ができなかったのですが、安全装置も「安全だから」じゃなく、特性や性能を正しく理解してこそだと、感じましたね。
あのEyeSightだって、ほったらかしではなく、こまめに速度スイッチを操作しながら極力ブレーキかけさせないぞ!的な運転をさせているHassyですから・・・。

初めて現行フォレスターに乗った時が「ニセコでのレンタカー」でしたが、そのときのスタッドレスがダンロップ。
当時、そんなこと全く感じなかったけどなぁ(参照)。
※このとき、まだ購入する前でした。


やっぱり、雪道アイスバーンに限って言えば、ジャパンブランドにはかなわないのかな?
(ミシュランも、日本発売分については日本で開発していますけど)

でも、自分のようにナゴヤ在住で、シーズン中も雪道は1割あれば、という条件だから、やっぱり次もミシュランを選ぶと思います。
やっぱり、オンロードのあの性能の良さには、かなわない。
でも、さすがにHレンジは、やりすぎです!!(先代のTか、Sでも充分でしょう!)


あと、フォレスター自慢のあのギミック、「X-MODE」。
残念ながら、今季はそれを使い切るほどの場面に出くわすことはありませんでした。
・・・だって、ふつうに走るんだもん。

ただ、長い下りで使うのは有用・・・ですが、20km/h以下に制限されるので使う場面あまりなし。

さらに、以前も書いていますが、2速でもエンブレが効かないのが致命傷ですね。
幸いというかなんというか、1速の範囲が広過ぎるため、最悪1速にすれば下りでも有用に降りられますが、やはりここは3速と2速でのギヤ比を低くして欲しい。
コンピューターでなんとかできるのなら、やってほしいくらい。


<そろそろ、総括するか>
・・・とまぁ、意外にも厳しいウインターインプレッションでしたが、時折一緒になる同乗者からすると『やっぱりスバルは安定しているね!』と。
そのあたり、スバルという信頼があるのか、自身のスバルに対する要求が厳しすぎるのか??

冬季におけるVDCやX-MODEについては今季「手なづける」ことはできませんでした。
そこは来季に、ぜひ!と思っています。


【スキーとは関係ない、オマケ】
4月下旬、スキーとは関係なく、日本海ドライブに出かけたとき、
10262244_688388241235034_6775457884
大きな声では言えませんが、ちょっと「遊んで」しまいました。

ここでの結論。
「X-MODEがなかったら、ここから脱出できなかったかも。」
・・・これだけは、まぎれもない、事実です。
・・・でもね〜、たぶん〜、きっと〜〜(by薬師丸ひろ子)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧