経済・政治・国際

2015年4月14日 (火)

何が“権利”なのか

統一地方選(の、前半)が終わって。
 
 
ネット上でかなり話題になっていた、千葉市議会選挙の、あのニート候補。
これを知ったのは投票日の数日前だし、当然選挙区が違うから彼には投票できるはずもなくでしたが(註:自分はちゃんと投票へ行っています。義務として)、
 
一言でいえば「よくやった!」
落選はしたものの、彼よりも票が取れなかった「まともな」候補が下に数人いて、そして何より、供託金の没収を免れた得票数を得られたことに、かなり意義があると思います。
 
 
ネットによる選挙運動が「いちおう」解禁になって数回目。
やっと、その環境から、「出るべくして出てきた、最初の候補」だと思います。
 
「なにがニートだ」「おまえ世間のことわかっとんのか」という反論もあるでしょう。
でも、立候補するにあたっては彼はすべての条件を満たしていたから立候補できただけで、逆に世間のことわかってないのはそれをねたむ輩じゃないの?と勘ぐってしまいます。
そもそも、落選た候補者のほとんどがいわゆる「ニート」になるわけだし。。。
(まぁ、大半はなんらかの保険がかけてあるのでしょうけど)
 
事実、
彼は基本Twitterで選挙運動・・・というか、選挙運動の体験談的なことをツラツラつぶやいていましたが、ちゃんと現状の選挙における問題点について彼なりに疑問を呈していたし、彼のいう「費用は8000円」の選挙という点に関して、ひょっとしたら「選挙ってお金かかるんでしょ?」と躊躇していた人たちに対して、先鋒を切ったという点では非常に意義が大きい。
 
 
4月。
もう一回、選挙がある。政令市以外の自治体議会の選挙が。
自分は幸い?名古屋市の人間なのでこれで終わりですが(というか、4月に二度も投票に行かなければならない有権者のこと考えとんのか??)、ひょっとしたら彼の活動を見て、「それならオレも!」と名乗り出る若者がひとりやふたり、出てくるかもしれない。
それが現実になって、少しずつでもいまの選挙制度に風穴を開けてくれる人たちが増えてくれば、もしかすると、この先、かなりかわるのかな?と。
 
 
わずかな期待を胸に、ちょっとこれからが、楽しみです。
 
 
 
でも、
そんな中、気になったことがふたつ。
 
ひとつ:当然ネット上ですから、その世界のなかでぐだぐだ言うヤツが数多くいらっしゃったわけですが、先日の選挙が「軒並み過去最低の投票率」ってことをふまえると、単純計算でぐだぐだ言うヤツの半数くらいは、「言うのは自由でも、投票行ったのか?」とツッコミを入れざるをえない。
これはこのブログで何度も言ってるけど、「投票しない→棄権→全権委任」を意味することですからねぇ。
そういうヤツには、政治を語ったり批判する権利は、一切ない。
今回のニート立候補者のほうが、百倍マトモ。
その権利をうまくつかって、自分自身を発信している。
 
 
ふたつ:今日のニュースに出てたけど、
千葉市の市長が、彼に対して「得票数なら参院比例区なら当選できたかも。」だって。
・・・ちょっと、論点がずれていますね。
比例区はどこかしら政党に入らないと立候補すらできないし、既成政党だとその名簿に載せてもらうことすら至難の技。
20世紀の90年代に流行った「ミニ政党」とか、前回の衆院選で条件の盲点を突いて適当な新党を立ち上げてしまった猛者もいたけど、そうなると、供託金の金額がハンパじゃないレベルになってくる。
そこをわかった上で、言ってるのかなぁ?
少なくとも、政治と庶民ってのは、かなり隔たりがあるんだなぁと気づかされる発言だと思ったわけで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

叶わない基準

統一地方選、始まりましたね。
 
 
国政選挙と違うのは、「とにかく街中がうるさい!」ことと、自宅と会社は選挙区が違うため「選挙カーが回ってきたところで、アンタには投票できないですから。」というところか?
 
選挙権を得てから20年ちょっと。
前回までは、記憶にある限り、皆勤を守っています。
 
 
今までは大して基準がなく、時には白票もありましたけど、
「こういう人に議員になってほしいっ!」という基準が、今更ながらおぼろげに、出てきています。
 
 
その、基準ですか?
かなりハッキリしていますよ!
 
『立候補者の舌が、一枚しかない人』
そういう人であれば、迷わずその人に一票入れますっ!!!
 
 
・・・今回もそういう方がいるのかどうかは、別として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

届かないものは、届きません

先日行われた総選挙。
「投票率50%強。うち与党への得票率はその半分。
 すなわち、棄権も含めた有権者に対する与党への信任率は約25%」
 
  
まぁ、言いたいことは、わかりますよね。
与党にとって今後の政策を進めるにあたり、「25%が満足してくれれば、それでよし」なんです。
今後、25%のための政治をますます強めていく、ことでしょう。
投票率の低さなんて関係ない。結果が全て。
 
だから、
少なくとも、棄権した50%弱の方は、これから何が起こっても、何もいう資格は持ち合わせていないのです。
(もちろん、諸事情あって行けなかった方もいるかと思いますが、ここでは単純に数字だけで言わせていただきます)
 
 
ここから、文系人間がそれなりのこじつけで調査してみた数字のトリック。
完全に実情に合っていないのはご了承を。
でも、数字だけなら、これはけっこう興味あるのではと思い、あえて取り上げました。
 
  
今回の衆院選での有権者総数は1億300万人(総務省統計)。
超・単純計算で、有権者総数に対する与党への信任はざっと2500万人。
(投票率半分5000万人。うち、与党得票率50%から勝手にはじき出した単純な計算)
 
もうひとつ、面白いデータが。
勝手掲載失礼。野村総合研究所による世帯数と資産規模によるピラミッドグラフが。
このページから拝借
 
1
いちばん“底辺”であるマス層が、純金融資産保有額3000万円未満ってのが個人的に解せませんが、それ以外の上の層を合わせるとざっと1100万世帯。
 
1世帯がだいたい有権者2.5人(夫婦+成人したこどもひとり)と勝手に仮定すると、アッパーマス層以上は約2750万人。
 
 
・・・ということ、は?
今回の選挙の与党信任のざっと2500万人と、アッパーマス層の2750万人。ほぼ一致しませんか?
 
何度も重ねて言います。
超・勝手で、完全なるこじつけによる、付け焼き刃もいいところのつたない数字のトリックです。
 
でも、
これに気づいてしまうと、「なんとかミクス」の最終目標が、おぼろげながら見えてきませんか?
ビラミッドの底辺なんか、明らかに気にしていないんです。
 
そりゃあ、いくら大声あげても、庶民の声なんか、ハナっから届くはずも、ありません。
それが、いまの選挙であり、政治なんですから。

 
 
今回の選挙。
若い層に投票を!と同年代の春香クリスティーンが叫んでも、この結果なんです。
与党にとっちゃ、投票率が上がることは、逆に自らの食いぶちの問題にもなる。
だから、選管のポスターなんて何十年経ってもつまらないままだし、「投票しよう」という気にさせてくれる啓蒙活動なんか、一切しない。
 
でも、
沖縄県のような例もあるのだから、「やっぱり投票だけは行かないといけない。」と気づく方がどれだけいてくれるか。
それを機に、次(たぶん4月の統一地方選か?)に一票投じる意識が芽生えてくれるか。なんですけどね。
 
 
記憶に新しいところでは、香港。
「普通の権利を得たい」がためにあれだけ声を上げながらも夢破れた反面。日本の場合は特に何もしなくても、タナボタ的に自動的にその“権利”が与えられてる。
それを使わない手は、ないと思うんですけどね。
 
 
もったいないなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

いまだから、言える?

このご時世、限定。
 
右→のTwitterリンクに、「このご時世」ネタをつぶやいていますが、
こういうのに限って、誰も見てくれないんですよね。。。
 
 
やっぱ、自分って、あまのじゃく、なのかなぁ(実はけっこうへこんでいる)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

この日の午後8時

面白く、ないよなぁ。
 
選挙の結果・・・というか、この時刻に「わかってしまう」むなしさ。
「報道の自由」からは反するかもしれませんが、逆にこういう情報戦は一切禁止にして、選管公式の投票結果を正式に発表があるまでは一切報道をしてはならない!とか、考えてくれないかなぁ。
 
 
こういうのがあるから、投票率、低くなる一方じゃないか?と。
逆に、マスメディアによる誘導心理的な模索を禁止にする代わり、各個人でポスターでもビラでもネットでも、やりたいことをいくらでもやってもOKにするとか。
若い人へはネットで、高齢者にはまた別の選挙戦ってのを考えるでしょう。
選挙公報だって、どんだけの人が見ているかわかんないし、第一見ててつまんないし。
 
供託金も、金額低くする代わりに、各個人で考えられる予算で選挙戦をすればいいと思いますし、「すべての候補者から掛け捨てにする」くらいでないと、常連当選者に対して金銭意識がなくなってしまうのも、仕方ないと感じる。

無謀な考えですが、「選挙→受験」の考えなら、理解していただけるかと。
(大概の試験は合格したって、受験料返ってこないでしょ?)
立候補する「権利」だけなら、誰にだってあるんだから。
(でも、トンデモナイ泡沫候補の乱立が出てしまっても、困りますが)
 
 
たぶん、
今年もう1回、今度は全国民を巻き込む選挙が、あるでしょう。
 
 
さっそく、マスメディアはいろいろと推測をしていますが、
少なくとも、我々底辺の国民に与えられた「唯一の平等な権利であり、義務」であるのですから、せめて投票する機会だけは、それぞれで決めましょうよ。
 
自分ですか?
選挙権得てから20年あまり。記憶にある限り「皆勤」を続けています。
自分なりに見合った候補者や政党があればそこに入れますし、該当がなければあえて白票も入れています。
 
「投票しない」と「白票を投ずる」は、意思表示するか否かで全然違うことと捉えていますし。
 
 
・・・さて、「次の選挙」。
いつ区役所に行く(ようは期日前投票)段取りを立てるか。
まったく、この年の瀬に!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

日本だけじゃ、なかった

アメリカが、ねじれた。
この先が、ますます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

サラリーマン視点で考えてみた

今日、内閣改造。
 
その各省庁の国家公務員にとっては、
「数年に一度、ヘタすりゃ1年に二度以上、社長や取締役が変わるようなものかなぁ?」
 
 
そう考えると、公務員もタイヘンなんだなと、ヘンな同情してしまっています。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

うがった祝日

6月、祝日がありません。

昔、ドラえもんのハナシで、確かもしもボックスを使って「6月2日を“ぐうたら感謝の日”の祝日に」したら、公共機関まで休んでしまいライフラインも止まって大騒ぎ・・・なんてストーリーがあったのを思い出しました。


もうひと月。8月も祝日がありませんが、
先週、2016年から8月11日を「山の日」として祝日にすることが決まりました。

まぁ、「山や自然のありがたさに感謝して・・・」なんて能書き垂れていますが、
単に、お盆休みがない役所と金融機関に休みを与えたかっただけじゃないの?と、どーしても勘ぐってしまうんですよね。
さらに、それを決めたのは“役所”なんだから(←これ重要・・・だよね?)

それでいて、役所の中にも土日祝に稼働している「サービス業」が存在するんですから、事務方のワガママとしか思えないと考えるのは行き過ぎでしょうか??
あと、自営業(兄がそうです)や第一次産業に従事する方にとっては・・・?


そして、自分の立場に立った場合。
祝日を増やす事そのものに反対はしませんが、
極小零細企業に勤める身分。どういうわけか必ず「年間休日は105日」と決まっている。

なので、祝日の1日2日増えたところで、年間休日はまず増えないでしょうし、
お盆期間の祝日なので、そこに組み込まれて祝日感がなくなるであることは確か。


結局「なんのための祝日?」と思ってしまったのあります。
さらに、ハッピーマンデー、昔から何度も言ってますが、アレ、廃止できません?
(だって年間105日だから、年間の半分超は三連休にならないのも理由のひとつですが。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月31日 (月)

今さら遅いけど

8%とか10%・・・はこの際置いとくとしても、
それより先にやること、あるんじゃない?


「ガソリン税・自動車重量税など、いつまでたっても“暫定”税率」
「ガソリン税と消費税の二重課税(軽油はそうじゃないからなおさら)」
「宗教法人に対する法人税非課税」
「軽自動車と登録車の税制格差」
「非課税商品に対する仕入れ部材課税に対する還元措置」
「そもそも、自分の金を降ろす時の金融機関手数料って、“消費”なの?」などなど...


確かに税金ってのは、
取れるところから取るのが基本だけどさぁ、
まずはそういう「歪んだ」ところを直してから、のほうが先決では?

さらに時事ネタ的にいうと、
贈収賄の罰金って、明らかに低すぎるよね。。。


実は、ウチの会社、業種上、扱っている大半が「非課税商品」なんです。
上に書いた5番目が、まさにそうなんです。
いったい今後、どうなるか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

ほとんど意味無し

今年2013年の祝日の中で、この日ほどもっとも意味がない祝日があっただろうか?

第四土曜日。
土曜日は勤務だったり休業だったりするウチの職場も第四は基本休業日だから意味無し。
さらに、一部コンビニATMの手数料無料も、祝日だから無効。


それが、「勤労感謝の日」だったりするから、余計に腹が立ってきます。
(医療関係者だけですね。メリットになるのは)


さらに、
8月の11日か12日を「山の日」として祝日にしよう!と話題になっているようですが、お盆にかかるからこれも意味ないのでは?
(役所や金融関係者にとって、それがメリットになるかはわかりませんが)


そんな日に作るくらいなら、6月になにか祝日を作って欲しい。
もちろん、ハッピーマンデーとしてではなく!


でも、本音を言えば、もっと有休を取りやすくする制度を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)