ニュース

2014年10月 7日 (火)

3人のうち、問題児がひとり?

この日発表されたノーベル物理学賞。
 
日本人の受賞はまことに嬉しいことですが、その受賞理由からあることを思い出した。

・・・約1名、かつて特許権うんぬんでひと悶着起こして、その結果、所属していた企業から多額の金をぶんどった人がいましたね。
いや、それ自体はものすごいことであり、かつ「今では一般的に普及した存在」であることは疑うことなく認めますけど。
 
 
外国ではそれが当然かもしれませんけど、
少なくとも日本では(その是非は別として)、そういうのは発明した個人ではなく、当時所属している企業に帰属権があると、今も考えています。
(なにせ最近、特許権とか知的財産権の勉強もさせられてるから、感覚的にそうなのかなと)
 
「いつ頃だったかなぁ」と、そのひと悶着について調べてみたら、
・・・干支ひとまわり以上、昔の話だったんですか!
まだ4、5年前のことだと、感じていたのですが。
 
それを考えると、化学賞を受賞した田中耕一氏って、すごく謙虚なんだなと、あらためて感心するほど。
 
 
文系人間ですので、ここからは勝手な想像でしか、ないのですが、
この「事件」を境に、日本の製造業やテクノロジーが、徐々に衰退していった(諸外国に遅れをとった)のも、決して無関係ではない・・・のかな、と。
 
この日本人の受賞をきっかけに、今後の日本のテクノロジーが見直されることを、願っています。
・・・ただし、約1名の“余計な行動”だけはおいといて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

とんだ茶番

昨日チクリと書いたつもりが、一夜経ってこれですか!
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140821/amr14082118210009-n1.htm
 
逆に言えば、こんな茶番、これで収束するのであればいいのかなと、ホッとしている身分です。
 
でも、誤解なきよう、補足しますと、
かつて流行した「ほっとけないナントカ」で何でもない白いリングを買わされた例を上げるまでもなく、このまま続いていたらマユツバものだと薄々気付き、いつかメディアは手のひら返すように攻撃するであろうことは予想できた。
難病支援自体は否定しない。でも、それがちょっと違う方向に走りすぎていただけだ、と。
 
 
あまり言いたくありませんが、
身内(自分から見て3親等)で、原因不明の難病に冒され、1歳半でその子を見送った体験があります。
こういう支援は誰からも理解され、かつ無理強いしないアプローチが大事だと、思うんです。
 
それだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

ブームか、それとも?

多くを語るつもりはさらさらありません。
 
でも、あえて、一言だけ言わせていただく! 
「これ、一種のマルチかネズミ講とちゃうか?」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140820-00010000-alterna-soci

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

安全構造?

この土日はスキーに行っていまして、それに関してはいつものことながら「時間差アップ」させていただくとして・・・。


久々のニュースネタ。
土日、ほとんど下界の情報を得ること無かったからか、帰宅して初めて知ったためか、余計に驚いたのですが、
「京浜東北線の事故」。あれすごいなぁと。


2週間前の豪雪、同じ都内で東急線の衝突事故がありましたよね。
その東急(+みなとみらい線)の車両と、今回のJRの車両、構造としてはほぼおんなじ、なんですよね。
(厳密に言えば、前者と後者で7〜8年の差、京浜東北線のほうが新しいので若干設計は違いますが)

事故の原因うんぬんはここでは省くとして、気になったのがその車両構造。
「こうも簡単につぶれちゃうのか。」と。

昔のJR西日本の「あの事故」を引き合いに出すまでもなく、最近の、特に通勤車両はステンレスか、アルミがメインで、今回の事故車は双方ともステンレス。
しかも電力消費を最大限に落とすため、極限まで「軽く」作られているんです。
今回、その「軽さ」が裏目に出てしまったのかなと。

人的被害が最小限に喰いとどまったのは不幸中の幸いではありますが、特に都心という常に人が多い世界、ラッシュ時だったらどうなっていたか、ちょっとゾッとするんです。

一方、乗用車のほうは衝突安全基準が年々厳しくなり、同じクラスのクルマで比較すると徐々に重量アップしてしまっているのが今の流れです。
(つか、“軽”自動車の一部が1トン超えだなんて考えられんし)
鉄道車両に関しては運転席まわり以外、「クラッシャブルゾーン」が存在しないので、東急の事故の場合、先頭よりも2両目のつぶれ方が大きかったのがそれを物語っています。
もしラッシュ時だったら・・・??

それでいて、京浜東北線の事故の場合、前面ガラスの運転席部分、ちょうど長方形に「きれいに」はがれていたのも意外な驚き。
おそらく、何かあった際に運転士が脱出しやすいガラス構造にしている・・・?

さまざまなレベル、年齢、車種が無条件に行き交う自動車と違い、鉄道の場合は時間通りに走らせる管理システムがあるので、そういうのを踏まえながら構造の強度を決定させているのかもしれませんが、今回はその管理システムの範囲を超えた部分で事故が起きてしまっているため、これらの事故を機会に、もうすこし「乗客の安全を守る」構造への見直しのきっかけとなるのを願っています。


つか、
地元ナゴヤでのあの“事件”もゾッとするよなぁと思った、月曜日まであと2時間の日曜日の夜・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

クレーマーって??

これはさすがに気になった。


「カエルが出ているから缶チューハイのCM、中止」って・・・。
幸いリアルタイムで見られたんだけど、全くもって意味わからない。

ネットニュースでは違うゆるキャラを引き合いに出していたけど、それも論点がズレてる。

「未成年者の飲酒を誘発させる」という理由だったら、
毎年正月の風物詩、箱根駅伝のメインスポンサーはあのサッポロビールだぞ!
大学1〜2年生の一部は未成年なのに、だ。

しかし、これに関してはクレームが来たなんてことは一切耳にしない。
長年の伝統だからか?

スポンサーが神経質になるのも同情するけど、
クレーマーだって本質わからずギャーギャー騒ぐ神経はようわからん。
ホント、CMをユーモアと感じない世間が狭くなっている。
天野祐吉や島森路子が生きてたらさぞかし落胆しているだろう。

他にもうひとつ、ある。
ANAのバカリズムが外国人に扮して、つけ鼻したあのCM。
(これはYouTubeで見られた・・・削除も時間の問題か?)
今度は「外国人差別を助長する」からだって。
・・・チャンチャラおかしいや!!

逆の立場で言えば、外国人が表現する日本人のちょんまげとかハラキリなんて、クレーマーにしてみれば差別の助長として格好の標的になるだろうし、
ずいぶん前だが、ミツカンのCMでとんねるずの二人がこれも金髪とつけ鼻で、西洋化する日本をおちょくったシーンがあった(残念ながら動画は見つからなかったが)。
当時、あれ見てて、爆笑モノだったし、だからといって今みたいに、差別の助長だなんて論調は皆無に等しかったような、気がする。

BPOなる組織ができてから(調べたら2003年設立らしい)、なんかこういうのが多くなったことと関連性はないとはいえないだろう。
よく似た機関に、ずいぶん前からある「JARO」がありますが、これは取り締まる目的と趣旨が違いますからね。
さらに昔流れていたJAROのCMは、当時小学生だった自分でもすごくわかりやすい内容だった。いま思えばこれぞ正統派CMとでも言えるのかな?


それでも、
CMではないが、「明日ママ」が最後まで放送する姿勢を見せただけ、マスメディアは死んでないのかな?
僕は見てないけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

ふたつの“寝耳に水”

ひとつ。
マー君、ヤンキース移籍ですか。

まぁ大リーグ移籍自体は驚きませんが、ポスティングシステムって、ここまで秘密裏に動くことができたの?というのが寝耳に水。

細かい言いたいことはここでははしょりますが、夕刊で見たやくみつるの発言「マー君にヤンキースは似合わない」。
普段の彼の発言はあまり好きではないが、これだけは妙に同感。

だって、あの弱小楽天を日本一に押し上げた最大の貢献者。
大リーグも弱小球団に入って、彼の力でワールドチャンピオンになったというなら、常勝ヤンキースよりも株が上がると思うんだけど。
仮に、彼がドラフトで巨人に入っていたら、ここまでの活躍をしていたかどうか、なんですよね。

そこが、ポスティングの弊害とも、言えますが・・・。


ふたつ。
東京都知事選、公示されました。
あくまで地方自治でありながら、その土地に原発のない東京都で「脱原発」を訴えるのは筋違いでしょ?というのは置いといて、あの「立候補が趣味」の、東京某所が苗字のあの方。前回で身を引いたんじゃなかったの?
それをひっくり返して都知事選に立候補していたのが寝耳に水。

昨年公開されたあの映画、すごくよかったのに(参照)、
これじゃあ二枚舌を使いこなす本物の大臣や議員さんと変わらないじゃん!
往生際悪いとは、このことだ。


なんか、後味悪い突然のできごとが立て続けに起こった、今日の出来事で、ありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

ニホンゴハムズカシイ

↑日本人ですらそう思う場面は多々あるのに、日本人以外ならなおさらですよね。

この出来事には笑ったなぁ。

例えば日本人が見たハングルやアラブ文字が単なる記号か、または模様?としか見えないのと同じように、他から見れば感じだってひらがなだってカタカナだって、記号か図形としか思えんだろうし。


やってること自体は「?」な部分も多いですが、
ある種ミスをちゃんと認める姿勢は、どこかの国の政治業者か、国策企業と比べればはるかにマトモかもよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

そのハナシ、ホントかも??

なんか、「トマトがメタボ予防に効果がある。その成分を発見した!」というニュースが載っていましたよね。


この手のネタって、「どーせマユツバモノでしょ?」とか「あー、いつぞやの納豆みたいにスーパーからトマトが消えるのか。」なんて冷めた目でみているのがいつもの自分ですが(ヤな人間だなぁ)、あることに気がついた。


Img_0621
家には“箱買い”の野菜ジュースが・・・。

実は大学のころから毎朝1杯飲む習慣ができている。
なんかかんだでかれこれ20年近く経つなぁ。
当初は190ml缶でしたが、コストを考えながら現在はこのデルモンテの900mlペットをカインズホームで箱買いするのがいちばんお徳と判断。
1本をだいたい1週間で消費するから、3ヶ月弱に1回箱買いしている計算ですね。


ここから先、書くと攻撃喰らうのを承知で書きますが、
「自分、やせ形・・・つか、なかなか太りたくても太れない」
実際に会っている方からも「なんで太らないの?」なんて言われる始末ですし・・・。


・・・ひょっとして、太っていないのは、この野菜ジュースのせい?
その記事を見ると、「人間の場合、毎食コップ1杯(約200ml)のトマトジュースを飲むことで同様の効果が得られる」とか。
毎食って1日に600mlってこと?かもしれませんが、この記事の内容が本当だとすると、自分がそれを証明しているかも?となんか妙な気分です。

まぁ、野菜ジュースだけ飲んでいればメタボを抑えられる、とは思っていませんけどね。
大事なのは普段の食生活や規則正しい・・・と決まり文句を言ってしまうのですが、他でちゃんとしているのかという自信、全くないですし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

1並びの虚構

今日はとにかく1並びで世間が盛り上がったらしいですが、
自分は気がついたらすでに正午回っていました・・・。


この日、ネタとして面白かったのが「虚構新聞」というパロディニュースのサイト。
記事そのものは完全に大ウソなんですが、記事の断片から社会の風刺をそこらのマスメディア以上に鋭く切り取っている姿勢が非常に好きで、今や他の新聞以上に愛読しております。

で、この日の記事が、
 「ポッキーの日やめて」 トッポ派が反対デモ』だって!

今回も笑わせていただきましたわ。
しかしまぁ、よく毎回思いつくよなぁ、こういうネタ。


しかし、PC版では記事本文以上に、もっと鋭い風刺が待っていた。
記事の後、「おすすめリンク(といっても、いわゆる単なるアフリエイト広告)」があるんですが、むしろそっちのほうが毒ありすぎ!!
つか、ここまで含めて計算してるでしょ!!

その広告が、
20111111_220954
これですからねぇ・・・。
こういうセンス、大好き!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

エイプリルフールですか?

今日の夜にネット配信された朝日新聞の記事。
思わず「あれ?」と思ってしまった。

20110401_214027
4月1日だからですか?

・・・いや、記事の内容じゃあないですよ。
文章の一部で「てにをは」がムチャクチャだし、親方って1700人以上もいたっけ??


おそらく誤字脱字のチェックもせぬままアップしちまったんだと思いますが、「てにをは」の異常についてはひとつの推測が浮上する。
朝日新聞社にはネットニュースという“速報性”を重視するため、キンダイチさん以上に高度な知能を持つ、専用に構築された予測変換機能をもったワープロがあって、そういうところは記者の入力したい意思を読み取って、勝手に変換してくれるんですかねぇ。
それなのに、今日が今日という日ですから、変換機能も「今日1日くらいは遊んでもいいでしょ?」と反応して、どうかなっちまったとか?


そういうどうでもいいことを考えてしまったのです。
とてもウソはつけない常に正直者であるHassyの、本日のブログでありました。
(ウソつけ!?)


【註】
この記事がアップされた2時間後には、ちゃんと誤字脱字は修正されておりました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)