グルメ・クッキング

2014年5月29日 (木)

まだもすどだったんだ

このコラボ、まだ続いていたのね。
忘れてたというより、終わってたと思ってた(失礼!)

一度だけ、記事にしたこと、ありました(参照・・・ってどえらい昔やん!)。
あれから、途絶えてしまったと、思っていたんですけど・・・。
まだしぶとく、続いていた!!


Img_6713 Img_6715
今回はこうきたか。
問題はミスド側の、ライスバーガー「あん&カスタード」か。
以前物議を醸し出したロッテリアのアレを引き合いに出すつもりはないですが、半分おはぎと思えば食える・・・?

超・個人的には、
ミスドで大好きなフレンチクルーラー。
ただ、必ず何らかの「味つけ」がされているため、味つけなしの「素」のクルーラーが食べてみたいんです。

このクルーラー、どうなっているのかな?
近いうちに、食べにいこ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

(14シーズン滑走・15日目)お山でグルメ三昧!?

(この日記は11日に作成いたしました)


Img_5679
久方ぶりに戻ってまいりました!!


じつにひと月半ぶりのホームゲレンデ、開田高原マイア。
昨年までならこの時期、滑走20日超えがふつうなのですが、いまだこの日数。
これから先もあまり伸ばせそうにない。だからこそ、1日1日の内容を充実させないと。

といいつつ、土日で行きたかったのですが、今後のこともあって予定を組み直した結果、今週は日曜だけに。

久しぶりに会う人、実は3月になって今季初の方と、ずいぶん浦島太郎状態の自分に成り下がっていますが・・・。


しかし、この日、天気もバーンも絶好調!!
Img_5680
第二リフトから眺めるこのシーンもいいですし、

Img_5682
いったん林を抜けてから、右後方に見える乗鞍も、今日はバッチリ!
二週前はあの山の向こうで滑っていたんだよな。そう思うと雪山の奥深さを実感します。


さて、久々に滑走開始。
慣らしなし、いきなり1丁目〜2丁目の急斜面コース!
2丁目脇のコブも見事潰され、幅めいっぱいの大回り!きもちいい!!

・・・なのですが、慣らしナシなのがたたったのか、1週空いた影響なのか、どうも感じがイマイチ。
ですので、下部ゲレンデに戻って、

Img_5684
フリーポール!
GSセットの先には、SLセットもあって、これ1本ノンストップで飛ばすにはそうとうの集中力と体力が必要。
もともとレース経験は全くないのですが、だれでもOKですし、フリーで滑るとどんどん自分の滑りが悪くなりそうな気もして、こうやって「規制」のかかった中で滑って、余計なことを考えさせないことも大事かな?

他に、マイア名物、マジックスラロームと呼ばれるミニポールや、ウェーブも堪能。
実はウェーブが大好きで、これが練習になるんです。
昔教わったのが、大抵のウェーブは波の間隔や大きさが不均等なので、その中で「常に一定のターン」をすること。
そうすると、ターンのどこでウェーブのトップが来るかわかんないから、そこでいかに自分のポジションを崩さずに安定して乗り続けるか?
自分なりの、ポジショントレーニング。

午前の最後、再び上に上がって、1丁目で小回り。
そしたら、自分なりには会心の滑りができたと自負。
実は「1丁目恐怖症」というのがいまだにあって、滑走後半で必ずと言っていいほど“暴走”するのがオチ。
それが今回、最後まですごく安定してた。
一緒に滑った人からも褒められた。うん。

午後は下半分のみ。
フリーポール、マジスラ、ウェーブを交互に滑りながら、ラスト2本は久しぶりにT氏からアドバイスレッスン。
2週前にちょっと崩れかけたのですが、だいぶいい感じが戻ってきた感触です。

やっぱり、ここは練習になります。
いろんな人から指摘を受けたり、そうでなくても「見られている」意識が自然と強くなるので、うかつな滑りはできない。

ただ、コブに入らなかったけど。
逆に午前の調子悪い?ときには無理は禁物ということで・・・。


【今日はここまでが「オマケ」】
ここからが、タイトルに沿った「本題」、いきますっ!!

この日マイアに行った本当の、目的。

・午前10時
Img_5683
スイーツ一発目!
桜あん入り、苺のケーキ!!
見た目ふつうのケーキに見えますが、いちごが挟まれているほんのりピンクが桜あん。

ケーキだと思って口にすると、ほんのり広がる和の風味。
意外性もさることながら、この味、スキやわぁ♪

・午後2時半
Img_5690 Img_5691
二発目は甘味!
おはぎセット!!

きなこ側は写真右のようになっています。
お彼岸に向けての、新メニューかな?
これも、なかなか。
ただひとつ言うなら、これは400円。ぜんざいセット350円のほうがトクに感じてしまうのが惜しい・・・。


そして、
・メインの昼食!これすごいよ!!
Img_5685
なんと、ゲレ食なのに、牛しゃぶ!
これで1200円と採算度外視としか思えない!!

さすが、今年行なわれたゲレ食バトルで、ここマイアの名物メニュー、チゲ鍋が堂々2位に輝いた(リンク)実力以上の一品。
ちなみに、知名度や集客力まで考えると、白馬を抑えて2位に入ったマイア、5位に入った同じ木曽エリアのやぶはらは、スゴイ!!

Img_5686
先に頂いた仲間から「下界では1200円じゃ済まされないよ。」との証言どおり、お肉、やわらか〜い!!
さらに、とんでもない裏メニューまでできることをもうひとりが発見し、ラスト1枚で試験調理。
・・・使える!

次週も1日はマイアが確定しているので、100%これでやってみるか?
(追記:食器を下げたとき、パティシエ☆氏には勝手に実行してしまったこと、ちゃんと断っておきました・・・)
なぜかオバちゃんから「やったね!」とまで言われるオマケつき。
・・・来週あたり、新メニュー追加か??


【さらに、オマケその2!】
夕食は久しぶりに愛知県まで入ってから。
最近店舗拡大中の某とんこつラーメンの店。ちょうど帰路、どこも曲がらずに入れる場所に新店ができた。
そこへ行ってみる。

Img_5694_2 Img_5695 Img_5696
頼むのは常にワンパターンの「とんこつ・なま」「半チャン」「替玉(かた・ネギ抜き)」!
10年以上愛好しているこの店。この日はスープがちょっと薄かった感は否めないが、これだけ店舗増やしててよく味が統一されているほうが立派なのか。

でも、個人的には日進の本店か、2号店の長久手のどちらかだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

「シュークリーム分」の不足における影響について

先週に続き、というか、先週以上の寒波、ものすごいですね。

そんな中、自分ですが、
この週末は里でおとなしく「せざるを」得ませんでした。


実はですねぇ。
Img_5495 Img_5498
日曜日に、能力試験が、あったから。
土曜日はウチにこもって勉強。日曜日が本番。

雪仲間から流れてくる「とんでもない」情報を片目に、行きたい気持ちも我慢して(おい)、普段勉強なんてなに?という自分が勉強してる。
試験前日に初めてテキスト開きました(こらっ!)

会社から受験を指定されていまして、来年末までに5種目合格が条件。
うちひとつは過去に取得済みですが、あと4つ残っているし、今回含めて試験は2月と10月の2回しかないからちょっと焦りも、感じている。
昨年、別の先約で受けられなかったが余計に・・・。

マークシート四択40問。正答率60%で合格ですから、なんとかなると信じて望んだものの、そうは問屋が卸さない。
試験分野そのものの理解度以上に、日本語の文法表現とか、カタカナ語の氾濫など、別の意味で苦労しました。
(まぁ、運転免許の筆記のような『コトバのアヤ』ってヤツですな)
回答は1週間以内にはHPで発表されるそうですので、どうせダメだと信じて。。。


そんな中。
普段とは違う脳味噌を使いまくったので、とにかく近年にない、疲労が・・・。

午前、1つめ。
試験時間は110分でしたが、そんな長時間集中していられるか!
60分強で切り上げて退出。次の試験まで2時間ちかくのインターバルができた。

会場から地下鉄ひと駅の飲食店でお昼を済ませたが、お腹は満たしてもなんかココロが満たされない。
さらに地下鉄3駅(すべて通勤定期のルート内がありがたい♪)、繁華街のカフェへ飛び込む。

Img_5501
スイーツタイムしてました♪

いや、マジメに「シュークリーム分」が不足していることを実感したから。
(シュークリーム分ってなに?と思われた方。ネットで調べればすぐ出ます。10年以上前に提唱されたコトバですが、今でも超・名言だと思っています)

とりあえず、糖分を満たして、午後の試験へ。

午前以上に、日本語の難しさを感じました・・・。
これも110分のところ、60分で退出。

この冬のスキーで消費する「シュークリーム分」とは違い、どうもこういう時は消費が早いようだ。
幸い、会場近くで喫茶店を見つけた。
先のアップルパイがイマイチだったから、とにかく濃厚な甘さを求めていたら・・・。

Img_5504
直球ストレートの存在が!
ナゴヤ以外では嫌われる、小倉トースト!

ナゴヤ人だからっていつも食べているわけではなく、人生数度目という程度ですが、ここの小倉は甘くて濃厚!ホンモノとみた!
試験で過剰消費した「なにか」を補充するには充分すぎる、満足度でした♪


でさぁ。
結局、試験の事なのか、スイーツのことなのか、どっちを書きたかったかメチャクチャな展開になっていますよね。

ま、それが“日々綴文”の本来の?スタイルでありまして。多めに見ていただければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

大阪、夏の陣?

(この日記は30日に作成いたしました)


2週間の間を経て・・・、
Photo
アーバンライナーでいざ、大阪!
(やっぱり金券ショップ購入でDXシートはおやくそく)

Photo_2
今度は大阪のカスタムフェア

スキーブーツ新調を検討しているものの、いまだ候補すら絞り込めていない自分。
今日で、決まるか??

今回はびとくさんと、おちさんらと現地合流。
会場では偶然U氏とも会いまして、またまたいろいろ回る。


あまり絞り込めないまま、午後に移動。
Photo_3
やっぱりココへ。
しかし、ここでアクシデント??

Photo_4
同じ履き物でも、買う物を間違えました(笑)。
だって半額、安かったんだもん!
(あとで調べたらネットよりも数千円安い!)
トレイルラン用ブーツのコンセプトを普段履き向けにデチューンしたモデルのようで、数歩歩いてみると「かかとから着地して、つま先で蹴り上げる理想の歩き方」が強制的にやらされているように勝手に感じたので、即決!!
まぁ、普段履きのスニーカーが替えどきでも、あったので・・・。


一方、肝心なスキーブーツのほうですが、
最終的に2つまで絞られた。

2
1)赤いブーツの、くるぶしから下のフィット感がいい!
1
2)黄色いブーツの、くるぶしから上、踏み込んだ時のブーツのしなりがいい!
できれば1)と2)の両方買って、上下組み合わせたいくらい!(そんなのできない)

ただ、1)は条件があって、オプションパーツをつけた上での話。
この店にはパーツが置いてなかったので、皆さんにワガママ言って、再びカスタムフェア会場へ。

昼食〜タナベ〜会場まで送迎してくれたU氏には大変感謝!
U氏とはここでお別れ。

再び、会場。
1)のオプションパーツをつけて試してみたら、やっぱり全然違った。
全体の包まれ感がどのブーツにも勝る。
カスタムでの係員の対応が一番よかったのも、あるのですが・・・。
2)のしなりがあれば100点超えなんだけど、ここは自分自身を信じて、これで決まりかな?

ただ、
フェアの主催は石井スポーツ。
名古屋にもあるはあるのですが、スキー関連はほぼ扱ってない。
ブーツだけにアフターメンテを考えて、次週、地元の店で決着つけることにしました。


これでようやく・・・だと思うけど、
一週間後、また迷っていたりして・・・。


Photo_5
残ったびとくさん、おちさんの3人で夕食をいただいて、21時のアーバンで帰宅。
毎回そうですが、アーバンの車内はほとんど意識がない。
まさに、昔のコピー、「2時間くらいが、ちょうどいい。」ですね。


【オマケ】
食の街、大阪。
今回もうまいもんにありつけました。

<昼食>
Img_3876 Img_3874
森ノ宮にある、びとくさん超オススメのラーメン屋。
メニューはこれまたオススメの黒パワー。
イカ墨入りスープにレタスどっさりと見た目訳わかりませんが、これがうまかった!

しかし!
Img_3875
閉店寸前のタイミング!
自分にとって最初で最後になってしまいました。うまかったのになぁ・・・。

<夕食>
自分のリクエストもあって、
Photo_6
ぜいたくに、ふぐ!

Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10
うまかった〜♪
特に右上の「焼きふぐ」がヒット!
今までその概念すら頭の中になかったので、すごく新鮮でした。
コース+焼きふぐ追加+アルコールひとり2〜3杯で、ひとり7000円かからず。
そんなに高くなく、それでいてサービス面が充実!
おしぼりなんか、最初→てっちり前→デザート時と3度も出てきたのに感動!

チェーン店で、このクオリティはスゴイ!
大阪のチェーン店かと思ったら、それ以上に、東京のほうが店舗が多いのね・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

(13シーズン滑走17日目)粉は食えなくても

(この日記は13日に作成いたしました)


Img_2646
このブログではあまりない、「記念撮影!」


三連休中日。
この日から二日間は同じゲレンデです。
今季、いよいよの・・・、
Img_2648
非圧雪のメッカ、シャルマン火打!

「基本、林間OK」ということで、ここ1、2年の間に人気が出てきて、特に今季、いい雪降るとどっと客が押し寄せる、いま話題のスキー場。
実は前日にここへ行った別の仲間がいまして「新潟らしからぬ軽い雪。サイコー!」と連絡が。
それを追う形で、我々も向かうのですが・・・、

Img_2642
パウダー、当てられず。

Img_2645
天気はいいのですが・・・。

今回、先生だけは滑走お休み。
お仕事が入ってしまったらしく、宿でPC広げて1日カンヅメ。
残り6人で、楽しんでしまうつもりが、逆にパウダーが外れ、よかったのかな?なんて。

1本目から林へ向かうけど、「あかん!」
とても滑れる雪では、ない。
思いのほか気温が高く、インナーを脱ぎにクルマへ戻る。
そのとき、またプチトラブルが発生し、JUNちゃんが一時離脱せざるを得ない事態に。
(註:ケガとか病気ではありませんので、ご安心を)

1本目で滑る気なくした自分。
ふと、口が滑ってしまう。

「・・・ぶり!」
『は? いまHassy、なんと言った?』
「・・・ぶり! 鰤食べたい!」

せっかく日本海側まで来たんだから、海の幸を食べずにどーする!
スキーは明日もできるから、ここは今しかできないこと、しよう!

・・・と、皆に声をかけてみたら、JUNちゃんとRさんが同調。
その後、整地だけはかなりいいバーンだったので、3本滑る。
たぶん史上最低、リフト4本乗っただけで、本日の滑走、終了〜♪


その時点で11時。
海の幸組の3人はゲレンデから一時離脱。

Img_2650
日本海へ出て、一路東へ。
「波ざっぱーん、どどーん!」を目の当たりに。
今日も日本海は、荒れている。

どの店がいいか知らないので、移動中に食べログで調べていて、まぁアンパイで直江津の人気店へ行くことに。
着いた途端、JUNちゃんが『わたしココ、来たことあるわ〜。』
なんだって!?

事実、かなり繁盛していました。
料理が出るまでけっこう待ちましたが、

Img_2653
かいせんど〜ん♪ しかも、上!
JUNちゃんが頼んだちらし寿司もそうでしたが、この店は具とご飯が別々になっている。
こういう心配りが、非常に嬉しい。

さらに、
Img_2652
この日のネタのメモ書きも。すごくありがたい♪♪
どのネタも最高においしかったです!

ですが、この店の一番の当たり!が、
『時間かかりますからこれもどうですか?』と薦められるままに頼んでしまった一品。
Img_2651
かに味噌クリームコロッケ!
口に含んだ瞬間、濃厚なかに味噌がからだじゅうに充満する。
これだけのためにこの店行ってもいいわ〜♪

この2品で1500円+500円の2000円(+税)。
意外にも値段は手頃。それゆえ味は値段以上!
充分に満足!!

粉は外れても、食(海の幸)で、当てました!!


その後、トラブル対処の手続きをとって、宿に戻る。
先生も無事仕事に目処がついたようで、明日は皆で滑走できそう。


ひとり旅ではよく“審微眼(何度も言いますが、審美眼ではない)”を効かせてそのときのベストな判断を下すのですが、
今回、グループ行動でもそれが活かせたかなと。


今回、二連泊した宿は、シャルマンから近い、ロハスなペンション。
二度目になりますが、相変わらずの雰囲気でした。
すこし合宿所みたいな雰囲気がありますが、それが逆にアットホームな心地よさを感じる。

Img_2634
このストーブ、久々に見るわ。
事実、マッチで火をつけて、細かい火加減が必要なのは昔ながら。

Img_2633
料理もおいしい。
見た目地味ですが、基本地産地消。
しかし、K君のリクエストが二泊目の夕食に反映されるとは、思わなかった・・・。

そして、
Img_2640
夕食後のUNOは定番!
今回、我々とは別に3人組の宿泊者がいたのですが、皆混じって「大人の駆け引き」を堪能。

この日、UNOに夢中になっていると、激しい雷の音が聞こえてくる。
オーナー曰く『これは“雪おこし”といって、大雪が降る前触れ。』なんだと。

明日こそ、パウダー、食えるかな?



【ふと思い出した】
「ぶりたべたい!」と言っていたのですが、
昼食の海鮮丼に、ぶり、なかった・・・。
ま、おいしかったから、いいか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

出張は楽しく!? 第三弾(ラスト!)

Img_0883
またまた木金出張。今回は広島県!
(バックに見えるのは福山城(の、櫓)。駅のとなりにあることにビックリ!)


2月下旬から隔週で続いた講習会のサポート出張。今回でラストです。
前の2回は千葉、盛岡と東でしたが、今回初めて西へ。
この降り立った福山からクルマで30分ほどの場所での講習です。

さすがに3回目にもなると、勝手はある程度わかっているもので、上司も時間を読むのが正確になった。
到着してテキパキ段取りし、昼は12時から休憩に入れて、予定の15時かっきりに終了!
今回かなりプラスだったのが、現地の営業がいろいろ動いてくれる。
その営業、「その手の資格を持っている」のがおおいに役立ち、受講側の取引先のメンバーも、前の2回以上に真剣に聞いたり、懸命にメモをとったり。

逆に、合間に会社に連絡とったらトラブル2件発生でそちらの電話指示のほうがタイヘンだった。
・・・あぁ、月曜日が、怖い・・・。

なんか、今回が、一番疲れた気がします。


部署的にあまり関係ない今回の講習サポートですが、
やっぱり現場職の「たまの出張」はいい気分転換になるし、同行の営業と1日じゅう一緒になることはないため、いろいろ情報交換だとか、お互いの立場がわかったりと、なかなかいい勉強になります。

上司からも『Hassyも、(その手の資格)取ってよ。』だと。
それくらい、部署内でのやりくりが、苦しい状態。
大手だったら、自分、いったい何人分の仕事、やってるんだろう・・・。


【で、今回も、主題とオマケが逆転する】
せっかくの出張だし、移動の手段は総務ではなく自分たちで手配するので、それだったらできるだけあさっての方向で楽しまないと面白くないでしょ? なんのための出張なのよ(なんか方向違ってるなぁ)。

今回も新幹線で移動。
目的地の福山までは1時間に1本は博多ゆきのぞみが止まるから乗り換えなしで移動できるはずなのだが、そんなことするわけがない!!

Img_0857
なぜか、きっぷが3枚。
何がしたかったのかというと、

Img_0860 Img_0868
新大阪から九州新幹線!!こうでもないとなかなか乗れないから。
指定席の2列シート。最高ですわ。
室内も本木目を使った内装ですごく落ちつく。さすが水戸岡コンセプトですね。
新大阪から1時間程度ではありましたが、すごくゆったりと移動。
最初「Hassyらしいね。」と呆れていた上司も、乗ったあとはすごく満足そうでした。


帰りは駅に到着してからきっぷを手配したため、いろいろ考えましたが、
(窓口での駅員とのやりとりに、上司が目を丸くしていた)
Img_0882
福山からふた駅先の、岡山乗り換えを選択。
岡山まではまたまた九州新幹線。指定席が取れなかったため自由席でしたが(そこは2+3列)、同じN700系でも内装が違うだけでずいぶん雰囲気が違いますね。
シートも16両のN700よりも柔らかくて座り心地よかったような。

Img_0887
岡山からはふつうにのぞみで帰還。
・・・つか、今や見慣れた内装だけど、やっぱりスーツが似合う車内だなぁ。


で、今回の収穫は、移動よりも、食べ物・・・。

前日の打ち合わせでは、
Img_0875
広島焼。
上司があらかじめ調べていた店。これ、マジでうまい!!
ずいぶん前の広島旅行で食べた本場広島のお好み焼きよりも、うまい!
値段も600円台/枚からと良心的で、大阪在住の現地営業(もちろんお好み焼きは大阪に限る!派)ですら、ウマイと言わしめた一品。
いったい、今回のメンバー4人でどんだけ平らげたことか・・・。


さらに、
取引先の担当からは「せっかくだからぜひ、尾道ラーメンを食べて下さい。」とのオススメで、講習が終わってからは、
Img_0877 Img_0876

Img_0879 Img_0878
福山駅前にある、尾道ラーメンの有名店を二軒ハシゴ!!
正直、どちらもうまいし、甲乙つけがたい。
麺の打ち方とか、スープの濃い薄いとか、食べ比べると明らかに違うんだけど、ここまでくると完全に「好み」のモンダイ。
これで500〜600円ですから、安いわ。

魚介類でとったスープになぜか背脂たっぷりと、見た目はくどそうですが、実際はかなりあっさり。
いままで尾道ラーメンなんて名前を聞いていただけで食べたことなかったので、こんなウマイラーメンがあったんだとすごく新鮮な体験でした。


・・・おかげで、さすがに帰りは胃袋、苦しかった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

(滑走12日目)軽い気持ちでもいい

Img_0549
今日の最大の目的はコレ。以上!


土曜日仕事のため今回は日帰り。でもいろいろ思う事があって、
Img_0557
おんたけへ浮気して・・・いや、“出稽古”と言っておきます。
元日にぺんさんがマイアに来てくれたので、その返礼ということにして、ちょっと・・・と思ったらけっこう遠回りして初の相乗り道中。

Img_0543
日本海側がドカ雪なのに対し、ここ木曽エリアの雪不足はかなり深刻。
それもここおんたけ。諸事情あって今年は最低二度は行ってあげなきゃと思ったのが事のはじめ。でないと本当に今季、なくなってしまうかも、しれない。
そういう事情であるにも関わらず、施設の改修があったり、雪不足の中バーンの整備もしっかりしている。
スタッフの涙ぐましい努力には頭が下がる、と今回来て感じました。
・・・マイアのズン券持っているので2000円で滑れるのですが、それも申し訳ない気持ち。

で、そんな中、救世主が現れた。
それが、冒頭の写真。
例年、ゲレンデ最下部のチャンピオンゲレンデ下で出張営業しているダイヤモンドダスト(元はエリアにあるペンション)。
今季はチャンピオンが営業しないのでもう食べられないと思っていたら、わざわざセンター部に来てやっていることがわかった。
それなら、ぜひ、行かないと!!


なので、今日のメインは、お昼ごはん。これに尽きる。
注文したのは、もちろん・・・、

Img_0548
ダブルステーキ定食!!
昨季はありつけなかったので、たぶん二年ぶり。誰もが「最高レベルのゲレ食」と口を揃えるくらい、ここの食事は、おいしい。
わかる人にはわかる、トレー右上に見慣れない小鉢がありますが、ぺんさんから情報を聞いて、店の人に聞いたらOKと。
・・・看板にない裏メニュー(ってほどでもないですが)。欲張りな自分には願ってもないことでした。


とてもおいしいので、
Img_0547
にく。アップで、どーん!!


これだけでも充分満足ですが、滑らなきゃ。
Img_0551
おんたけ名物、7Bのコブ。
ですが、雪不足がたたってカタすぎ。脇から様子を見ただけで今回は滑らず。
3月、またここへ来たい。そのときはぜひ打ちのめされます!

Img_0553
フリー系のアイテムもがんばっています。
画像は「なんちゃってクロス」。
最後に1本遊びで滑りましたが、コレ、全然ナンチャッテじゃない・・・。


ここ数年、3〜4月のコブ練のために来ているおんたけ。
1月はほんとかなり久しぶりでしたが、10年くらい前のレクリエーションスキーだったころはよくここへ来ていた。
マイアのズン券持ちが言うのもなんですが、やっぱりここ、いいスキー場だわ。
木曽エリアのズン券持ちの方。2000円で滑れますので、一度でもいいからぜひここへ来て欲しいです。
・・・ハッキリ言って、ステーキが目的でも、かまいません。
でないと、ここだけでなく、近い将来、木曽エリアのスキー場全体に影響が出てしまいます。


その証拠に、
Img_0561
行きの途中で、「景色がなにかおかしい」と気がつき、帰りに寄ってみる。
わかる人にはわかると思います。昨季まではあるものが、ありました。
・・・一部は既に、こういう状態なのです。


【オマケ】
今日ここへ来た目的は
1)ステーキが一番!・・・ではあるのですが、それ以外に、
2)来季もおんたけで滑りたいための少しばかりの協力
3)広い緩斜面で練習したかった

1)、2)は本文に書いたとおり。3)は事実そういうバーンが必要で、なぜなら、
Img_0546
テレ板出したから(踵壊した、ともいう)。
カリカリではないと判断し、午前中はこれで生まれたての子鹿を演じてました。

Img_0542
実は、朝の1時間ほど、最下部の4Aが貸切状態!!
思う存分、ひとりコッソリ練習。
もちろんテレもうまくなるに越したことはないのですが、現在は「アルペンでうまくなるため」のテレでもあるため、どうやったら悪弊を治せるかという意味合いのほうが大きいですね(テレは悪弊が露骨に出るし)。

テレ未経験のぺんさんからもいろいろ嫌がらせ助言を受けながら、午後、アルペンに戻す。

ひとつ、ヒントが出た。今後どうなるか?


(・・・つか、今回のブログ、本文とオマケが逆転してるぞ!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

ココロの贅沢平日(その2)〜ランチもぜいたくに?

基本、お盆休みでしか体験できない平日休み。
美術館ハシゴの間に、お昼ご飯をとらねば。
しかし、そこも、平日らしく。

目指すは、“夜は高そうなお店で、格安ランチ!”
名古屋辺境の地勤務で、そこは昼食事情に乏しいため(会社でとっている仕出し弁当か、コンビニくらい)、周辺においしい店がたくさんある繁華街のサラリーマンが時々うらやましく感じるのよ(金銭的なことは別)。
さらにそういうランチ、平日だけってのが大半だから、昔から年に一度はそういうことしておかないと、という超ひねくれた考えで、繁華街のサラリーマンに混じって名古屋の繁華街、いわゆる“錦三”をさまよう。

過去2回ほど訪れた最もお気に入り、夜は諭吉必須な料亭(ランチはなんと漱石ひとり!)は夏期休業中だったため、新たな場所を探さなきゃ。

ふと目についたのが、
Img_0104
ほぉ。
夜のメニューは最低一葉さん必須のよう。今回はここへ入ってみるか。

二種類あるランチのうち、頼んだのは、
Img_0103
メンチカツ定食880円。ごはんおかわり自由、食後のコーヒーつき。
これがうまかった!

箸で切れないメンチカツ。言い換えればそれだけお肉がギュッと詰まっていて、大きさは平均的だが一口ひとくちに食べごたえがある。
もちろんごはんおかわりして、カツ1枚=ごはん1膳のペースでじっくりと堪能させていただきました。
あ〜、んまかった〜♪♪
さらに、Wi-Fiも使えたのを付け加えておきます。

他にも、歩道上で弁当(それが安い)売っていたりと繁華街の昼食はバリエーションに富んでますね。
ヘタなファミレスより、よほどいいです。
自分としてはなかなか味わえない、平日の贅沢を堪能させていただきました。


また1年、がんばるか。
おいしいランチのために(何か間違っている気がしますが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

美濃関ちょっくら観光(その2)〜鮎づくし

その1)からのつづきです。


この日の観光の、真の目的。
オーバーさんの声かけで『鮎食べにいこう!』となって集まった7人。縁あって関にて昼食会ということになったんですね。

P1050816
それも、格調高く、このお店で。
1300年続くといわれる小瀬鵜飼の場所。“鵜匠の家”というだけあって本職の鵜匠が経営しているお店です。さらに長良川とこの小瀬鵜飼の鵜匠は宮内庁の職員ですから本当に格調高いです。
さらに、天然鮎しか出さないこのお店。本当に楽しみにしておりました。

P1050818
部屋に通されると、すでに突き出しと甘露煮が。
この時期の鮎は非常に小振りなのですが、そのぶん身は柔らかく、骨まで頂けるそうで。最初から満足なのですが、

P1050822 P1050821_2
おまちかねの塩焼き!
一般的な魚の置き方と違い背が手前へ向いていますが、これはこの地方の風習だと聞きました。
正直魚を食べる(身をはがす)のは苦手なのですが、そんな苦手な自分でもキレイに身がはがせる。そして美味。
でもそのあと「骨まで食べられる」と聞いて骨も。いや、骨も本当に柔らかいです。

P1050824
吸い物(これも鮎が入っている)とサラダで口直しのあと、

P1050825 P1050826
またですか!
よく見たら田楽でした、違う味付けで二度楽しめる演出がニクい。

P1050827 P1050828
さらに二品。
特に左の姿鮨しは身の柔らかい6月にしか味わえないそうです。なんでも大きいばかりがいいだけではないですね。この味わいは今までにない不思議な体験でした。右のフライもペロリと。

P1050830 P1050831
シメは雑炊。
いや、このダシがなんともいえないんです。あっさりしていて何杯もおかわりしちゃいまして(実は自分がいちばん多く頂いていた・・・というのはナイショ)。


長良川の流れをキャンバスに、非常に贅沢なひとときを堪能させていただきました。
実は、人生の中で昼食としては過去最高(額)だったのですが、そんなの全く気にならないほど過去最高(レベル)の昼食会でございました。

P1050815_2
鵜匠の家ですから、このようにたくさんの“鵜”も飼われていました。
初めて間近で見たのですが、意外と大きいし、不思議な鳴き声出すんですね。
次は夕食時に尋ねて、鵜飼いも鑑賞できればな、と。
ありがとうございました。


【オマケ】
このあと、岐阜ということもあり、
1227392_1190591739_178large_2
メンバーはスキーヤーばかりですから、“岐阜の総本山”へ。
実は昼食時でも会話はほとんどスキーのことばかり。自分はブーツはまだ大丈夫だし、ウェアはアウトレットで買っちゃったからサラっと流しただけのつもりでしたが、離れにある“アウトドア館”のほうが興味深かった。
あぁ、今後はついに間違った方向へ行ってしまうのか・・・。

P1050834
すべての行程終了後、新岐阜まで送ってもらい、素直に名鉄特急で帰りましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

ちょっとズレた野沢散策(その3)〜デブりツアー!

(この日記は11日に作成いたしました)


その2)からの続きです

せっかく来た野沢ですから、温泉も大事ですが、それよりも「グルメ」。
つか、食い倒れなきゃダメでしょう。
散策と平行して、デブりツアーも重要な行動。

土曜のお昼、お気に入りの“新屋(あたらしや)”からデブりツアーはスタート。
P1040627
タレは絶妙!、肉はジューシー!な定番の鳥丼ですが、僅か100円プラスで大盛にできるのを最近知った。
右が大盛。たった100円なのにボリュームありすぎ!と言いたいところですが、どういうわけか自分の胃袋は「これでも、なんか、もの足りない。」って、おい!
何か単品追加しようか迷ったけどここはガマンして、店を出たあと、

P1040638
これも定番。みゆきのバナナボート。
ハッキリいってボリュームありすぎ。他は宿で食べようと持ち帰ったのですが自分はいきなりその場でほおばる。これでようやく胃袋が数センチ下がった。

その後、(その2)の資料館散策をして、宿に戻って「ハラへった〜。」
ここからびとくさん合流。

P1040673 P1040674 P1040675
宿の夕食がうまいんだ〜♪ ボリュームもスゴイし。
右の写真の天ぷら。山菜や茸類もおいしかったのですが、「りんご」や「干し柿」といった変わり種も。
でもね、りんごの天ぷら、意外と合うんだ。思わぬ発見。
完食すべく、食事のお酒をガマン。あ〜、満足♪

P1040677
夕食後、温泉街を散策。
河原湯と熊の手洗い湯。ふたつの外湯に入る。
野沢の温泉は熱いので有名ですが、後者は意外や意外、ゆるめのお湯でゆっくりできました。

温泉に入ったあとは、
P1040688
晩酌&宴会。
ビールはやめてその場で買った地元の水尾(の、ワンカップ)と、JUNちゃんが持ってきた緑茶の梅酒。どちらもうまいです。つか、この梅酒、アルコール感がなくて思わず飲み過ぎるんですけど。
あ、画像右のロールケーキは深く突っ込まないでください。
これでだいぶデブったかも。翌日は滑るから、そこでがんばってカロリー消費しないと。


野沢の温泉街、グルメに関して今回は充分に回れなかったけど、一帯にはたくさんの飲食店があって、おいしい店も結構あるみたいです。
次回以降訪れたとき、少しずつ制覇していきたいですね。デブるために(おい)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧