« 2015年4月 | トップページ

2015年5月

2015年5月31日 (日)

ありがとうございました(2015年5月31日)

一週間前に「ブログを終了する」と宣言しまして、
その間、最後の旅行記事をアップしまして、
(実は今日、4時間で全ての日記を書き上げたのはナイショ。。。)
 
 
ちょうど10年前の2005年6月1日(厳密にはテストアップがあったのでさらに数日前ですが)。
この“日々綴文(ひびてつぶん)”は始まりました。
ちょうど、愛知万博が開催中だったころ。
 
タイトルを決めるとき、
「『徒然草』って言葉、意味ありそうであんまり意味ないよね」
「やっぱり四字熟語かな?」
「それも、オリジナルで、語感も気にしつつ、なんか後に残りそうなのがいいかな」
 
そんなことを考えながら、辞書を引いていたら、「綴文」という言葉が、目に入りました。
意味は『文章をつづること。作文。』って、それだけ?
でも、それだけ単純な意味の方が、わかりやすくて、いいな。
 
「てつぶん」「ていぶん」。ふた通りの読みがあるそうですが、
「日々文章をつづっていく・・・ひびていぶん・・・ひびてつぶん。。。あ、これいいんじゃね?」という安直な経緯で、このブログのタイトルは、決まりました。
 
 
それから10年間。
よくもまぁ、続いたものだ。
それも「読書しない点では誰よりも自慢できる!」人間が、逆にダラダラと長文書きっぱなしなんだから、人間の性格ってようわからん。
でも、それが、ごくごく一部の方には、ウケがよかったようで。
そのごく一部で、よろしいかと。
 
 
そして、このブログを続けていくうちに、もうひとつ生まれた言葉。
審微眼」。
昔からの読者はもう聞き飽きているので「またか!」と思うでしょうが、最後なので。
 
2009年の沖縄旅行から生まれた、この言葉。
ここからダラダラ綴っています)

審美眼とは違い、審“微”眼、とは。。。
美的センス、本物を判断する眼力とは違い、その一瞬でどういう判断をするのがいまのベストなのか。それは場所、時間、その他もろもろのシチュエーションがからみあい、そのバランス次第で小さくも大きくも影響するほんの微々たる差を瞬時に決める力。
 
特に旅行では、常にこれを働かせて行動してきました。
それが、ほぼ、うまく機能しているのが、自分でも素晴らしいと。
でも、反面、普段の生活や、仕事面ではまったく生かされないのが、ねぇ。。。
 
 
最後の半年はアップも途切れ途切れになり、そういう理由もあって終了を決めたのは先週の記事に書いたとおり。
でも、よく続きました。
数多くあるブログ、絶対に「自然放置」だけはしたくなかった。
終わるからには、いちおう、ごあいさつとけじめだけは、つけないと。
 
 
これを最後に、このブログは終了いたしますが、
しばらくはそのまま存置しておきますし(仮に閉鎖する場合は前もって知らせます・・・たぶん)、自身の10年間の記録。日記とはまた違う表現で、ネット上には足跡を残しておきたいので。
「あぁ、こういうどうでもいい人間がいたのか。」と。
 
 
いまはFacebookに軸足が移っています。
もちろんTwitterは気まぐれではありますが今後も続けますし、もしこのブログの読者でFacebookの中身を見たい方がいらっしゃれば、コメント欄にてその旨書いていただければ、こちらから直接メールしていろいろお伺いさせていただきます。
(ただし、決して無条件で承認するわけではありません。あしからず)
 
 
「10年間過ぎれば疾風の一区切り」
一度きり、常日頃関わらず、このブログをご覧いただいたすべての皆様に御礼申し上げます。
 
 

また、別のところでお会いできますことを。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月31日 (日)

最後の星を求めて(3日目ラスト)〜オマケ行動2:未来の美術の、可能性

3日目その2)からの、つづきです
 
 
寄席では思いっきり楽しませていただきました。
最後に行きたかったところへ。もう1ヶ所。
新宿へ。
 
 
これもこの期間(17日まででした)しか味わえない貴重な体験。
でも、その場所が、ぜったい自ら進んでは行かない、あの、GUCCI。。。
完全に、場違い!!

Img_1706
なんでそんなところへ行くのか?
しかもその目的に行くには、GUCCIの店内を通らないといけない。
完全に、自分、浮いてる。。。
 
 
でも、その先には、見たことのない神秘な世界が待ち受けていました。
 
11072827_918531628220693_3325912197
目的は現代美術家、「Sputniko!(スプツニ子!)」さんの最新作、『エイミの光るシルク』展。
来週までの展示にうまくハマったから。
『遺伝子組み換え→食品』しか浮かばない文系人間が驚いた、遺伝子組み換えによる「繭(シルク)」を使ったコラボレーション。
 
理系なことはよくわかりませんが、
入場時に特殊なメガネが支給され、
11137114_918531584887364_4140608459 11013402_918531614887361_8071959197
そのメガネを通すと、そのシルクが、様々な色に発光して見えるという、仕掛け。
すごく、神秘的!


1459199_918531671554022_29411583181
 
13487_918531644887358_4262078988422 10422028_918531658220690_7715002027
「光るシルク」による作品と、研究中である「香るシルク」「恋に落ちる(かもしれない)シルク」、科学による未来の可能性って、こういうところに現れるんだと、しばしうっとり。
 

・・・でも、これでは僕は落ちないかな。
それって、自分が文系人間だから?
それとも、美的感覚が足りないから??
 
 
感性による神秘と、理性による混乱。
ふたつの課題をいただいて、この場を後にしたわけです。
 
 
----------------------------------
 
以上をもちまして、3日間の、北斗星を中心とした、北斗星以外は旅行とは思えない行動、終了!
「気になった予定はこれでもかというほど詰め込む」貧乏性な自分ですが、その貧乏性がこの3日間、すべてがうまくハマったので、大満足!
 
帰りの新幹線はほとんどビジネス客でした。これが土日とも違う、ちょっとした優越感。
 
 
昨年の冬からスキー含め、今回はかなりの散財をしてしまったため、これからしばらくはつつましい生活を送らないといけませんが(笑)、また機会があればこういう「あさっての、審“微”眼を発揮した旅行というか、行動」は今後もやっていきたいですね。時間とお金の許す限り。
 
 
ここまでダラダラと読んでいただきました皆様、ありがとうございました。
 
 
(おわり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の星を求めて(3日目その2)〜オマケ行動1:半日3000円の、贅沢

・・・3日目その1)からのつづきです
 
 
5月11日(月)、朝9時半。
東京へ着いた。
もともとこの時間をフルに使って、帰りは夜の新幹線・・・まで、計画はしていました。
最初は美術館/博物館巡りをしたかったのですが、いかんせん今日は、月曜。
ほとんどが、休館。。。
 
 
「ならば」と別のイベントを探す。
最初は「大相撲(この日は夏場所2日目でした)」が浮かんだんだけど、もうちょっと時期的に「これしかない!」ってのがないかな?
 
と探していたら、
あった!!

11055730_918497821557407_1159874850
「寄席」がある!

11209688_918498168224039_2980849666
タイミングよくこの日からの10日間の、特別興行。
笑点はじめTVでしか見たことない大御所ばかりが、目の前(具体的に、3m先)に、いる(こういうところは意外にミーハー)!!
それだけで、興奮しています。
そのために、今回は浅草演芸ホールへ。


11245534_918497831557406_5676155464
この日の演者。
真打披露口上ということで、ふだんはありえない、(ミーハー的に)豪華な出演陣!
 
だって、
「小遊三」「東京ボーイズ」「ナイツ」と笑点の常連に、
「鶴光」は上方落語なのに浅草で、という珍しさ。
そして、中入り前の、「歌丸」!
 
落語はかじっている程度の経験ですが、色物は安定したネタだし、歌丸もTVを離れるとかなり反骨精神を持っているのが、新しい発見だった。
それも、あの年齢で、TVとまったくかわんない元気さ。
笑点では散々言われていますが、これからも、お元気でいてください。

 
東京って、こういうところにあこがれを感じます。
 
半日で3000円の、贅。
おもいっきり笑わせていただきましたっ!
 
 
3日目ラスト)につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の星を求めて(2日目その2から、3日目その1)〜最高の、一期一会

2日目その1)からのつづきです。
 
 
今回のほんとうの目的。
それは、「北斗星」に乗車すること。
そのために、新千歳まで行って、札幌発上野行きの下り北斗星で戻るのが、ほんとうのメインイベント。
 
 
Img_1681
その北斗星ですが、
3月に廃止され、8月までは週3本、臨時で運行している。
ちょうどパックツアーの広告を見つけ、それに乗じて申し込み。
「まだ安かった」時期、かなりお得に乗ることができました。
  
車内は昔ながらの、開放B寝台。
過去何度か乗っていますが、この雰囲気が、何物にも代えられない。
でも、8月を最後に、ほんとうに乗ることが、できなくなってしまう。
乗るなら、いま!!
 
今宵の「部屋」の相方は、どうも20代のカップルのよう。
最初は声かけをためらったけど、どうも寝台が初めてみたい。
我慢できず「つかいかた」を教えてあげたら、そこから壁が、取り払われる。
やっぱり乗りたくて、乗ってきた模様。
 
ただ、ちょっと違うぞ。
乗りたいと言ったのは彼女のほうで、彼氏が仕方なく?付いてきている様子
話していくと、彼女、かなりの「鉄子」だった!
「じゃあなんで知り合ったの?」と聞くと、『お互い仮面ライダーが好きで。』 はぁ??
 
 
Img_1678
北斗星の最大の楽しみ。食堂車。
ちょうどその2人も食事券を持っていたので、せっかくだからと食事もご一緒に。
フランス料理、最高の贅沢。
でもその贅沢は、料理以上に、流れる景色があって、一期一会の「仲間」との会話があるから。
 
今回の北海道の行程をどう行ったか、話が盛り上がる。
そして、鉄道や、仮面ライダーも。
おふたりとも、相当な、マニアらしい。
方向は違っても、そういう楽しみに自らを集中する姿勢が、すばらしい。
 
夜は更け、列車は津軽海峡へ。
来年は新幹線が通る線路を、夜行列車が走る。
それが体験できるのは、あとわずか。
トンネル内のわずかな揺れと、わずかな音が最高の子守唄。
ここで、翌朝まで、おやすみなさい。
 
 
Img_1695
気がついたら、本州の朝。
快晴と福島の山が、迎えてくれる。
そういえば、今日は月曜日。
普段ならもっと寝ていたいのに、こんなに目覚めがいいのは、なぜだろう。
 
朝食も、この中でいただける。
人気があるので、1時間近く待たされ、その間ロビーでくつろぐ。
不思議と、「待たされる」実感が、ない。
これも、寝台列車の、魔力なのだろうか。
 
朝食が、最高においしい。
時々止まるホームの向かいには、通勤客がちらほら。
その「現実」の世界でも、我々は「非現実」の中にいる。
その、「しあわせ」が、うまく表現できない。
 
9時、いよいよ東京都へ。
だんだんと「普段の生活」がみえてくる。
17時間の旅が、すごく短く感じられた。
今宵ともにしてくれたお二人にありがとう。最高の、一期一会。
 
 
・・・最後の「星」、乗ることができて、よかったです。
3月の広告を見つけなければ、乗りたくて乗りたくても、行動まではいかなかったと思う。
Hassyの「審“微”眼」。ここでも完璧に働かせました。
 
ここまでで、パックツアーとしての行程は、すべて終了!
しかし! 上野着は9時半。
せっかく東京に来た。時間はある。さらに、平日!!
 
このチャンスを活かさなくて、どーするんですか??
 
さっそく、メトロに潜り込む自分が。。。
 
 
3日目その2)へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の星を求めて(2日目その1)〜札幌、建物めぐり

1日目その3)からのつづきです
 
 
5月10日(日)。
正直、あまり眠れませんでした。
この先の行動の興奮が抑えられないのか、逆にここまでの行動がアレなのか。
 
今回、パックツアーの特典で、12時までのレイトチェックアウトが許されている。
9時過ぎに起き、10時までやっている大浴場に入り、カラダ冷まして11時にやっとホテルを出る。
 
朝食を逃してしまったので、朝昼兼ねてのごはん、どこでとろう。
でも、ラーメンは、なぁ。。。
 
Dscf5195 Dscf5199
しばらくは「狸小路」というアーケードを歩く。
アーケードはいいですね。小樽でもそうでしたが。
その街の「活気」がよくもわるくもすぐにわかってしまう。
けっこう横に長いので、端っこと端っこでかなり雰囲気も、違う。
 
Dscf5206
とくに「ふくろう」がいたりとか(え?)
 
 
あ、そうそう。お昼。
なんでも、地元御用達の喫茶店があるというので、行ってみよう。
その時点で、札幌にいること、完全無視。。。
 
某ビルの地下3階。すでに行列が!
ですが、「おひとりさま特権」が発動され、待たずに座れる。ラッキー!
 
で、いただいたのが、
Dscf5212 Dscf5216
サンドイッチ!
欲張って2皿頼んでしまいました。
「サーモン」「たらばがに」「パストラミビーフ(写真なし)」、デザート代わりに「フルーツ」
(ひと皿、2種類つきます。中身はかなり豊富で、基本組み合わせは自由)

たらばがにがいかにも北海道らしい。
どれも、メチャクチャうまい!
2皿、ペロリと平らげる♪
 
 
・・・建物、でしたね。
札幌の有名どころ2つと、個人的琴線がひとつ。
まずは、
Dscf5063
旧札幌控訴院(高等裁判所)。
旧控訴院で現在も残る建物はここ札幌と、名古屋のみ。

Dscf5064_2 Dscf5068 Dscf5072 Dscf5085 Dscf5077 Dscf5076
寒地の建物だけあって、本州とはまた違う建物のつくりに、しばし興奮。
 
さらに、ここは、裏側が、いい。
Dscf5079
「欧州の庭園に来ています」と行っても、騙せそうなシチュエーション。
ここでカフェとマカロンを・・・いただきませんでしたが。。。
 
  
次の有名どころは、
Dscf5224
説明不要。旧北海道庁。

ただ、旧控訴院も旧道庁も、改修や再建を得ているんだそうで。
控訴院側のガイドさんの話では、札幌では戦前から残っている建物はそんなにはない、とのこと。
そうなんだ。。。
 
Dscf5229 Dscf5231 Dscf5244 Dscf5248 Dscf5233 Dscf5239
旧控訴院と旧道庁。
どちらもいまは「資料館」として残っていますが、旧道庁では「樺太の歴史」にけっこうなスペースが割かれていました。
開拓、日本統治、戦争からソ連〜ロシア統治に至るまで、我々が知ることのない悲しい歴史が、ありました。
あれから70年。いろいろ問題が残されている中で、樺太はあまり話題に上らない。
ちゃんとした手続きを踏めば、観光でも樺太に渡れるそうですが。。。
 
 
そして、個人的琴線。

Dscf5276_2 Dscf5277
なにこのマンション!
反対側は私有地に囲まれ、写真の角度が限界でしたが。
不謹慎ですが、やっぱり倒れてしまうときは。。。
調べたら、40年くらい前の建物らしい。70年代アヴァンギャルドが垣間見える、貴重な一軒。
 
 
時計台、テレビ塔にはまったく興味持たず、
ラーメンやジンギスカンはひと口も食べなかった、あさっての札幌。
まぁこれはこれで、アリかな。
 
 
おっと!
そうこうしていたら、時間が!!
実はここからが、今回の行動の、ほんとうの目的。
 
慌てて札幌駅に、向かうので、ありました。。。
 
 
2日目その2・・・へつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の星を求めて(1日目その3)〜15年ぶりの、再会

1日目その2)からのつづきです。
 
 
無事、新千歳に到着。
Dscf5037
ツアーカウンターで、ここから先の行動のためのクーポンを受け取り(なんでも、昨今はテンバイヤーなるものがはびこっているから、その対策でしょう)、内容を確認。
 
「ちゃんとこちらの希望どおりに、なってる!」
ツアーデスク曰く『ご希望は伺っておきますが、結果は当日になりますので。』ということでしたが、ほぼ完璧な区画がとれた!
ほんと、ツアーデスクには感謝いたします。。。
 
 
Dscf5043 Dscf5056_2
さて、移動!
快速エアポートで札幌へ。

Dscf5060
すすきの。
今年の春まで話題をさらった「ヒゲ」にごあいさつして、
ここで泊まるホテルに、荷物を置いて、
 
さらに、小樽へ。
 
このツアー、「新千歳から札幌・小樽まではフリーきっぷ」が支給されていますので、気兼ねなく使わせていただきます。
でも、どこ行くかこの時点ではおぼろげだったので、とりあえずは小樽へいくか。
その程度の、意志です。。。
 
 
Dscf5114 Dscf5121
夕方、小樽着。
裕次郎が、お出迎え。
向こうに見える山が、綺麗。
 
小樽かぁ。まともに降り立つのは15年ぶり。
昔、フェリーを使って初めて北海道へ行ったことがあり、苫小牧から襟裳岬、そこから帯広〜札幌と移動し、最終日は小樽観光してそこからフェリーで帰ったことがあります。
 
でも、まず、やることが。
Img_1593
イオンで今回のお土産を丸ごと買って、配送手続き。
そして、薄暗くなっていく小樽の街中を散策。
変わっていないところもあるけど、かなり変わったところが、ひとつ。
 
Dscf5136 Dscf5129
手宮線。
昔は廃止後荒れるに任せる状態で、逆にそれが魅力・・・もとい、「魔力」に取り付かれ、半日間ずーっと線路の上を歩いていた記憶がある。
いまはほとんどが遊歩道で整備され、かつての面影が薄れてしまった。
まぁ、歩きやすいんだけどね。
 
今年はかなり早かった桜前線。
本来はこの時期ギリギリ見られるはずのソメイヨシノはすでに散ってしまいましたが、八重桜がギリギリの見頃。
 
Dscf5149
アヒルさんも、お花見ですか?
 
そして、ガイドブックには載っていないであろう、個人的琴線に触れた、建物。
 
Dscf5150
このモダニズムは、いったい?
1930年のバウハウスにも似ているぞと感じましたが、それは違って1950年代の建物。でもこの洗練されたデザインは郵便局系か?
 
いまは別の施設になっていますが(時間切れで中には入れなかった)、もと郵便局は正解。
もっとも、レンガ造りの多い小樽の街並みにあって、コンクリート製の建物はかなり浮いた存在。
「個人的に」、隠れた、いいものを、みせていただきました。
 
日も暮れ始めた。夕食、どうしよ。
小樽=寿司かなぁと安直に浮かんだ瞬間、「!!」と。
15年前に、行った店があった。まだやっているかな?
 
Dscf5157
やっていました!
アーケードや寿司屋街からはちょっと離れた、行灯がなければ絶対存在がわからないような店構え。
記憶にある限り、そのままだ。
 
店内も、そのままでした。
カウンター10席もない、失礼ながらお世辞にも綺麗とはいえないたたずまい。
でも、そんな家庭的が雰囲気が、いい。
15年の間があるから、親父さんは代替わりしているのかなぁ?
 
Dscf5158
これが、特上。
これで、2000円しない!
 
さらに単品でいくつか頼み、最後は15年前にもいただいた穴子でシメ。
うまかった〜♪
 
「15年ぶりに訪れた」ことを伝えたら、親父さん、朴訥な表情ながらも、うれしそうにしていました。
また、行きたいな。
 
 
最後は定番。小樽といえばの、あの場所ですが、

Dscf5162 Dscf5186
「なに、この、ガラガラ!」
さすがGW開けの週末。でも、ここまで少ないとは!
その少ない中、半分以上が中国人ってのも。。。
 
宿は札幌なので、その日のうちに、戻ります。
「あぁロングシートか」とガッカリしかけたとき、案内放送を聞いて「!」と。
 
本来指定席のUシート。新千歳ゆきの列車ですが、札幌までは料金なしで乗れるって。
Dscf5193
文句なく、こちらに移動。
札幌までの1時間、お世辞にも座り心地よくないロングシートはごめんだ。。。
 
 
札幌の宿について、すぐさま、バタン。。。
 
 
2日目その1)につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の星を求めて(1日目その2)〜ビバ!貧乏性!!

1日目その1)からのつづきです
 
 
羽田乗り継ぎの2時間弱。
さて、どうするか。
 
前回チラッと言った、「裏技」。早速使いましょうか。
と、いいますのは、
 
 
Dscf5004
プレミアムクラス!
「・・・えっと、パックツアーだよね?」
確かにそうですが、ちょっと違いまして、友人(飛行機旅大好き)から教わったのですが、ANAのHPの、重箱の隅をつついても見つけられないほどの隠れた場所に、こんなことが、書いてある。
 
『搭乗当日、出発空港にてプレミアムクラスに空席がある場合に限り、1区間9000円を上限として変更を承ります。』
 
計画時、さっそく計算。
今回のパックツアーの料金、正規で買った場合とか、最安の場合とかいろいろ比較。
結果、それでも正規より安い!ことが判明。よし、決定。
ツアーデスクへのメールへもこのことをちゃっかり質問。
そしたら、「今回のようなパックツアーでもOK!」
      「羽田発ですが、セントレアでも手続きできる」と。
ちゃんと空席あり。心の中でガッツポーズ。
 
プレミアムにしたということは、乗る前に行くところが、あるでしょう!
 
Dscf4995
ラウンジですよ!
アルコール含むドリンク飲み放題!新聞雑誌読み放題!電源もあるし、Wi-Fiもあるし。ソファーでゆったりくつろげる!

Dscf4994
まぁ、基本「太陽が昇っているうちはアルコール飲まない」人間ですので、ここではお酒を遠慮しましたが、ドリンクを置いて、くつろぐ。
強いていうなら、ガラスが加工されていなければ、向こうには発着する飛行機たちが見えたのですが。。。
 
一般客もラウンジは使えるそうです。ただし3100円かかります。
この値段、覚えておいてくださいね。
 
その前の手荷物検査もプレミアム専用ラインがある。へ〜!
 
時間になったので、いよいよ搭乗。
もちろん優先的に。なんかこの優越感がいい。
 
シートに腰掛け、貧乏性なのでいろいろ試す。
そこへアテンダントさんがいらっしゃって、「本日はANAのプレミアムクラスをご利用いただき、まことにありがとうございます。」と一人ひとり、ていねいにご挨拶。
これ、グリーン車にもないよな。。。
 
新幹線で例えると、名古屋〜東京まで、グリーン料金は4110円。
グランクラスは乗ったことないけど、東京〜新青森間は10280円だそう。
 
そして、
11時羽田発の便ということは??
 
Dscf5020
昼食!
これが、文句無しに、うまかった!!
飛行機そんなに乗ったことなく、かつ機内食付きなんて数えるほどしか経験がありませんが、ホカホカのごはんにアツアツの味噌汁。おかずもメチャうま♪
思わず、ビールを頼んでしまう。
 
ちなみに、普通席でも在庫があれば、昼食がいただけるそうです。
その場合、1800円。
でも、ぜったい周囲から「浮く」だろうな。。。
 
 
Dscf5015
いただいてからちょっとウトウトしていたら、あっという間に目的地へ。
90分ほどのフライトでしたが、すごく幸せでした。
 
オマケに、
預け荷物のコンベア、真っ先に出てきた!
これもプレミアムの特権。。。つか、セントレアで手続きして、ちゃんと乗り継ぎ便でも対応してくれた。
すばらしい!
 
 
・・・ここで、おさらいしておきますか。
当日アップグレード9000円の、内訳。
・ラウンジ使用料 3100円
・昼食 1800円
・シート代 4000円くらい(JRグリーン車比)
 
そして、何よりも、
・アテンダントのサービス priceless
 
「決して高くはない」、と、感じました。
区間や使い方によっては、旅割で最初っからプレミアム予約するよりも安い場合多数という、カラクリ。
これは今後も、使えそうだ!
 
 
羽田までは737-800、羽田から777-200。
後者は久々の大型機。緊張しました。。。
 
 
「で、どこへ、着いたの?」
Dscf5038
まさかの、ありきたりな、新千歳!
ですが、まだ、目的地に着いたわけでは、ありません。
もうちょっと、移動が、続きます。
 
 
1日目その3)へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の星を求めて(1日目その1)〜一直線に行かないワケ

5月9日(土)、早朝。
 
 
1891103_917389185001604_91202009207
そのとき、セントレアにいました。
今年のゴールデンウィーク。前半は単発休みだったので29日だけスキーして、後半はどこへも行かず休養ヤボ用に当てました。
 
その代わり!
この日から3日間を使って、「現実逃避」させていただきました。
ちなみに、11日(月)は有給〜♪♪
 
 
これも、いかにもHassyらしい計画に基づいて。
・「どこ行きたい」以上に「今しかできないこれ、やっておきたい!」
・それを元に、ルートなど計画していく
・その過程で、「あ、こんなイベントあるじゃん!」と後付けしていく
・・・結局、今回も、そんな感じです。
「どこ行きたい」が完全に二の次になっているのが、Hassyらしい!
 
 
今回ですが、Hassyとしては極めて珍しく。
10387696_917389138334942_6329373744
旅行会社のパックツアー。
もちろん単発でも取れることは取れるのですが、今回の「行動」は相当競争率が高いうえ、3月某日、ネットのバナー広告を偶然見つけてしまったのが運の尽き(笑)。
こちらの方が取れる確率が高いため、速攻で申し込み。有給申請はそのあと。
その間いろいろ事情があって、ツアーデスクとかなりの回数、メールの応酬をしていましたが、満点の対応をしていただいた。
非常に、助かりました。。。 
 
 
さて、
いよいよ出発なのですが、このツアー、ちょっとだけ難点が。
「羽田発しか、設定がない。」
 
羽田発は11時。まぁそこまでは新幹線で・・・と考えていました。
が、チョットマテ。
 
「中部〜羽田便」があったよな??

11233511_917389155001607_8228229104
中部740⇒羽田840。乗り継ぎ2時間。ちょうどいいのでは?
羽田だったら空港内でも充分に時間潰せそうだし。
 
調べたら、その時の値段で8000円(旅割45)。
新幹線より、格段に安いじゃん!
言うまでもなく、それに決定!
 
 
・・・そんなわけで、当日。
セントレアで羽田便も含めてチェックイン。荷物は目的地まで預かってくれるのがありがたい。
(新幹線にはできないワザ)
そして、計画中に友人から教えてもらった「飛行機の裏技」を使わせていただき、7時40分、デパーチャ!
 
Dscf4965
「非常口席」と足元広いエリアを確保して、わずか1時間で羽田。
ここでいったん、ゲートを出ますが、
 
11215070_917411801666009_1557377289
「広すぎて、わからん・・・。」
 
というわけで、ここから「裏技」を発動させていただきましょうか!
 
 
1日目その2)へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

満10年の決断

いつも、当ブログ「日々綴文」をご覧いただき、ありがとうございます。
 
 
『・・・久しぶりにアップしたと思ったら、いきななりなにカシコマッタこと言ってんだ?』
 
 
えっと、結論から申しますと、
「10年経った区切りとして、ブログ更新をやめることにしました。」
 
 
理由として
1)ここ半年のていたらくはご覧のとおり。更新を続ける意味が薄れてきた
2)その反面、日常の出来事はFacebookでのアップに重点が行ってしまった
3)このブログサイト「ココログ」。扱いやすいのではあるのですが、最大の欠点が露骨に出てきて、更新しづらくなった
 
 
詳しく掘り下げましょうか。
1)は言うまでもなく。
当初は「3日以上サボらない」をモットーにアップを続けていましたが、知らぬ間に更新サイクルが途絶え気味になり、なんとか復活を試みたけれど、それが果たせなかった。
どうしてこうなったかというと今もハッキリはできませんが、その原因のひとつとして、

2)が挙げられます。
本格的には2013年から適宜アップするようになっています。あっちは。
しばらくは同時並行で進めることができたのですが、あっちにアップすると、それで達成感が出てしまい、こちらのブログにまで気がまわらなくなってしまったのかなと。
 
それに、さらに追い討ちをかけたのが、3)。
今更「なんで?」の最大の弱点が、「画像/動画のアップが、最大のネック」。
いまだに、「1ファイルあたり1MBまで」なんですね。
昨今のデジカメや、スマートフォンでさえ、画像1枚あたり2MBくらいは平気である。
それを手修正なくアップするのが、非常にめんどくさくなって。。。
ましてや、動画なんかもう「アップお断り!」と言われているに等しい。
 
他のブログは存じませんが、mixiの日記やFBは適宜調整してくれるのに、こればかりはいただけない。
さらに、よく見ると気づくのですが、当ブログ、「バナー広告が一切、ない」。
つまり、わざわざ数百円/月を払ってまで、余計な広告なしで、頑張っていたんです。
それでいて、10年前だったらまだよかったのでしょうか・・・つか、当初は制限がなかった。
それが数年後に1MB制限が発動し、なぜかそれがいまだに続いている。
 
 
なんか、3)ばかりを理由に口実を作っているように思えますが、
すべての理由は、1)です。
3)はあくまで後付け。でも、niftyさんにはぜひこれだけは改善していただきたい。
 
 
だんだん思考がシフトしていくなか、5月末で満10年を迎えるわけですが、
せっかくこの際だから、ここで引き際とするか、それでも続けるか、考えていたわけです。
この状態なら、身を引いたほうが、まだいいのかなと。
 
 
なかなか続けていくことは、難しいことです。
それでも横着な自分が、10年同じことできたのも、それはそれで奇跡かも。
 
 
そういうわけです。
 
 
でも、これで最後にするのはもったいないので、
月末までに、「ぜひアップしておきたかった旅行記」をこれでもか!というほどダラダラアップして、それをもって終了!にしたいと計画しています。
 
 
また、ご挨拶はさせていただきますので、
今回は、取り急ぎ終了の報告まで。
 
 
 
『・・・って、それだけのためにまたダラダラ綴っているのかよっ!!』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

遅れて現実逃避

Img_1568
大型連休、とくにどこへも行かなかった変わりに、
今日から3日間の日程で、現実逃避をさせていただくことにいたしました。
 
最近サボり気味のこのブログ。
今回こそ、久しぶりに、ちゃんと上げようかと考えていますが、果たしてどうなることやら?
 
それにしても、
なんで最初は、羽田ゆき??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

連休だから

3日から今日までの連休。
  
ここ数年間は1日だけ、という日もあったし、連休フルに使ってスキーして終了!だったのですが、今年だけは違う。
 
何やっていたかというと、
「部屋の大掃除」
 
断捨離、家具の配置換え、そして、カーペットをウッドパネルに変えるかなり大掛かりなチェンジ!
昨日までの3日間、すべて「それら」に費やしました。
 
3日はとにかく、いらないと思われるものは処理!
4日は朝にバルサンを焚く。そのため半日動けないのでこの時間を使って買い出し!
ウッドパネル。ニトリ3店ハシゴして、部屋分のパネル(数は言えない)を買い占める。
おそらくニトリの売り上げ集計担当は「なにがおこった?」と気づいているかも(笑)
 
帰宅後、床の張り変え。
Img_1521
本来はロールものを一気にがよかったんだけど、最小限の労力で済むようニトリでウッドパネルを買い占めて、家具を移動しながら、古いカーペットをカットしたのち、徐々にウッドをはめていく(こうすればカーペットは可燃ゴミに出せるし!)。
 
5日は、夕方になってなんとかお部屋らしい形になった。
ただ、いまだ残る、ゆうに700枚を超えるCDの数々。これ、どうするべ?
とりあえずラックから外し、いまはダンボールが積み重なっている状態。
今後、少しずつ選別していくしかないか。。。
 
でも、GWの大掃除、年末にやるよりずっといいですな。
暑くもなく寒くもなくだし。
 
 
現在、部屋の3分の1ほど(!)が、ゴミ袋+ダンボール+古本古着であふれています。
いままでどんな状態だったんだ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

2015シーズン 備忘録

世の中、大型連休。
 
ですが、
今季2015シーズンは、4/29をもちましてスキーシーズン終了としました。
「え、後半はスキーしないの?」
・・・それは、まぁ、いろいろと。
 
 
例年ならダラダラ綴るスキー日記ですが、今季はサボってしまいました・・・日記。
でも、例年通り、スキーは行きました!
 
なんらかの形でアップはしたいのですが、たぶん過去にさかのぼってダラダラ綴るのもなんですので、とりあえずは今季、いつ、どこへ行ったか、備忘録代わりにあげておきます。
 
 
<2014年>
12/7 白鳥高原
12/14 開田高原マイア
12/21 開田高原マイア
12/30〜2015/1/3 志賀高原(奥志賀・焼額山など) ※レッスン

<2015年>
1/11 ほおのき
1/18 ニセコグランヒラフ ※BCあり
1/19 ニセコモイワ ※BCあり
1/31〜2/1 シャルマン火打
2/14 斑尾高原 ※BC
2/15 志賀高原(丸山・サンバレー・ジャイアント)
2/28〜3/1 志賀高原(奥志賀) ※テレマークレッスン
3/8 開田高原マイア ※テレマーク
3/14 志賀高原(東館山・寺子屋)
3/15 志賀高原(焼額山〜丸池まで)
3/22 開田高原マイア
4/12 シャルマン火打
4/19 開田高原マイア
4/26 おんたけ2240
4/29 乗鞍 ※BC
(BC・・・バックカントリー:ようは「あっち」へ行きましたということ) 
 
総滑走日数25日。
例年なら30日程度ですが、数年ぶりに「11月と5月に滑らなかった」ため、密度としては妥当なところか?
 
「大きいイベントベスト3」をあげるとすると、
1)やっぱりニセコ!
2年ぶりのかの地!ヒラフは「日本じゃない」と感じたし、モイワBCは最高によかった!
が、帰る日に猛吹雪で新千歳ほぼ閉鎖、帰れなくなり1日延泊のオマケがつきましたが。。。
 
2)テレマーク
奥志賀の1泊2日のテレマークレッスン。
例年、シーズン1、2日程度「たしなむ」程度にはやっていますが、そろそろ本格的に教わらないとと思って門を叩いたのですが、それがすごく充実したレッスンでした!
なかなか滑れないながらも講師からかなり褒められたし、2日目はなんと、林の中まで!
今後はちょっとずつテレの日を増やさないと。。。
 
2)乗鞍BC
最終滑走はここを選びました。
が、夏山含めて3000m級の山を登るのは初めて。すごくつらかった。。。
経験豊富な同行者には迷惑かけましたが、それでも登ったあとに見る景色や、たった1本に集中せざるをえないスキーはさいっこうでした!!
  
  
と、記録だけはしておいて、
今年の連休はおうち周辺で非常におとなしく。
次の冬のことを考えながら、いったん自分自身をリセットです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

世間に迎合は、しない

明日からゴールデンウィーク??
 
 
明日もみっちり仕事ですが、なにか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ