« この年越しも、また | トップページ | 2015年 年賀 »

2014年12月31日 (水)

(この日記は29日に、あらかじめ、書いています)
 
 
このブログ、年の最後はやっぱりこのタイトルで終わらせないと。
 
 
「なんか、よくわからない1年だった」
これが、2014年の感想です。
 
仕事面も私生活も、そしてブログ上でも、変化を感じずにはいられなく、それでいてその「変化」に気づかず、それをつかむことができず、結局は単に漂流していただだけ、のような感じでした。
 
仕事面は、やっぱり「部署が変わった」こと。
今までやったことない、かつ、会社にとっても新規プロジェクトのため、戸惑っているだけの年だった。
3年計画とはいえ、最初の1年はほとんど思うように進まなかった。
それを挽回しなければならないのが、2015年かと。
 
私生活は、詳しく話しませんが「タイミングを、外した」こと。
このブログの読者ならお気づきですが、いろいろな行動に対しての「審“微”眼」はこれでもかというほど働かせ、それがいい方向に行っているのに、なぜか肝心なところが、ねぇ。
その間、いろいろ回りに変化が起きていて、暮れのドタバタで分岐点が増えてしまった場面も。
それを決断しなきゃいけないのが、2015年かと。
 
そして、ブログ。
「申し訳ありません。」の一言しか、ありません。
ほんとうに、サボってばかりで、尻切れトンボに終わってしまった記事もありで、弁明の余地まったくございません。
来年の6月にはついに「10周年!」を迎えるのですが、よくもまぁここまで綴っているものだ。
「10年日記」ってのがありますが、それだったらマトモなんだけど、結局このブログはそんなの一切書いてないし。
でも、人生はしっかりしなきゃいけなくても、ブログだけは2015年も「適当にダラダラ」を維持します!
 
 
冒頭のカッコ書きにあるように、
今回の年越しも、雪山で。
年賀状も印刷こそ間に合わなかったものの、29日にたった5分で仕上げました(こらっ!)
久しぶりに、元日アップもいたします。絶対期待しないことっ!
 
 
そんなこんなで、
本年もお世話になりました。
自身、本厄の年はなんとか大事なく乗り切りました。
後厄の来年ではありますが、もうしばらくの辛抱です。
 
 
2015年も、この適当な「日々綴文」を、適当に、よろしくお願いいたします。

|

« この年越しも、また | トップページ | 2015年 年賀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/60885072

この記事へのトラックバック一覧です: :

« この年越しも、また | トップページ | 2015年 年賀 »