« サラリーマン視点で考えてみた | トップページ | 観月狂騒、審微眼 »

2014年9月 7日 (日)

日本がかえって遠くなる?

この夏、とある高校の後輩が「青春18きっぷ」を使って、日帰り×5日間でいろいろ回ったことをSNSに記録していました。
 
そのうち1日、「あ、そうか!」と気付かされたこと。
北陸本線と信越本線、来年の今頃は18きっぷが使えなくなるんだ・・・。
(北陸新幹線の開業で、平行在来線はJRから切り離されて、三セクに変わるため)
その「お名残乗車」も含めて、1日はその2線を選んだとのこと。
 
 
もうひとつ、新幹線の開業で名古屋的に不便になること。
特急「しらさぎ」、富山へ行くのに金沢で新幹線に乗り換える必要が。
(大阪方面からも、サンダーバード+つるぎで同じ条件になってしまいますね)
じゃあ「ひだ」を使えばいいじゃんという意見もあるでしょうが、富山直通は3本/日しかないし、だからといって本数増やす気配もないだろうし。
 
北陸新幹線開業後、金沢への観光客が増えることは間違いないでしょう。
逆に、富山へは関東からの増加と、中部/関西からの減少とどっちが勝るか?と予想しています。
 
 
で、18きっぷのハナシに戻しますと、
自分自身、まだバラ売りだったときに金券ショップで1日分買って、名古屋〜(東海道)〜豊橋〜(飯田)〜塩尻〜(中央)〜名古屋と明らかに無駄なルートを使った1回限りですが、来年はこれで北陸/信越へ行けないとなると、これはかなり大問題だなと。
 
すでに東北本線(→IGR+青い森)、信越本線(→しなの鉄道)、鹿児島本線(→肥薩おれんじ鉄道)が使えないし、JR線として孤立化された大湊線へは青い森と通し乗車すればOKという特例はあるものの、じゃあ和倉温泉へ行く場合はやっぱり三セクに変わる金沢〜七尾だけは同じような特例を作っておしまい・・・なのかな?
じゃあ富山方面から和倉温泉行く場合はどうするのよ?? 高速バスがあるって??

基本ルールはそのままにしておいて、新幹線との並行三セク使う場合は1日あたり千円くらいプラスして乗車可にでもすれば、まだこれからの18きっぷの意義があると思うんですけどね。
さらに先を考えるなら、北海道新幹線が開通したら、それでも青函間は18きっぷ使えるようにするのかな?
 
 
・・・それだけ、鉄道を使うという意義が、変わってきているんですね。
というか、めんどくさいことはしたくないのか?
かつて「周遊券」「周遊きっぷ」が存在した頃、学生時代はこれ使って東京へ安く行けたし(片道夜行、片道高速バスとかね)、いろんな観光地もルールの範囲内でいろいろ考えに考えて、旅の計画を立てる悩みがすごく楽しかった(実積としては群馬、広島、長崎、九州縦断、鳥取島根が)。
あと、あまり知られていませんが、JRのさまざまなフリーきっぷのたぐいが、廃止されたり年々条件が悪くなっているのも、事実。
 
正反対に、飛行機や夜行高速バスがあれやこれやで割引割引!ってやっているのにね。
(まぁその割引の条件も厳しいしややこしいから、それをどうやって論破!ために悩む楽しみもあるのでしょうが)
 
 
JRやる気あんのか?と思うでしょうが、
逆に、「ななつ星in九州」に代表されるように、高級路線にはやっきになっているようで。
でもさぁ、今は団塊リタイア世代がいますのでそれでもうかるからいいでしょうけど、この先控えているバブル崩壊組や、我々みたいな中途半端、さらにさその下の非正規世代にとって、長期的計画としてそれ意味あんの?と考えてしまう。

夜行高速バスがあれだけいろいろ手を打って繁盛しているように(ただ個人的に、旧来の電鉄系じゃなく新規参入組にはいまも安全とかその他ソフト面で懸念の考えが拭いえないのも事実)、値下げは無理としてももっと使いやすいきっぷや、ダイヤや、そして「列車に乗る楽しみを植え付ける」ことを考えるのが先決だと思うんだけどなぁ。
 
JR九州はそういう方面でかなり頑張っていますが、それに影響されて全国的に水戸岡デザインが広がってしまったのは個人的に、誤算。
「個性の演出」という点では後退してしまっているから。
 
 
やっぱり、ナゴヤで生まれ育った人間としては、
あのパノラマカーのように、誰が乗っても「列車を通じて、印象に残る」というのが、大事だと思うんです。
実際、ななつ星みたいに競争率もないし、ホームで待ってりゃふつうに来るし、そして「パノラマカーだ!」という幸運というオマケもついてくるし、観光客も通勤客も同居している、不思議で特別な、感覚。
そういう体験って、もうできないのかなぁ・・・。
 
 
実は来週の三連休、観光のため横浜へ行くのですが、
新幹線は定価。なんとかホテルはそこそこの値段のところを取れたのですが、
JR東海ツアーズや日本旅行が企画している「新幹線+宿泊プラン」って実は全然安くならないし、今回の場合、楽天トラベルでアシと寝床をバラバラに撮ったほうが結果安かったという皮肉・・・。
 
せめて「ひかり早得きっぷ」が廃止されていなければ・・・。

|

« サラリーマン視点で考えてみた | トップページ | 観月狂騒、審微眼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/60277702

この記事へのトラックバック一覧です: 日本がかえって遠くなる?:

« サラリーマン視点で考えてみた | トップページ | 観月狂騒、審微眼 »