« ヨコトリ2014散策記(その2)〜第8話:夜のヨコハマでスライドショー | トップページ | ヨコトリ2014散策記(その3)〜第10話から、再び忘却の海へ »

2014年9月25日 (木)

イエローラインパニック

実は、「15時前に運転再開」したほうがびっくりしています。
今日中の復旧は絶対無理と思っていただけに・・・。

排水はできても、そのあとの「第三軌条」「ATC」「その他電気・信号関連」の復旧とチェックのほうに時間がかかると思っていたから。
 
この日、全国的に話題になってしまった、東山線(+名城線)通勤者です。
確かに夜中、かなりの雨音がしたのは覚えていたが、朝TVをつけたら、
「は!?」
 
ここでは語るまでもないですが、東山線大パニック。
昼休み中に見てみたTwitterが、すごいことになってましたね。
 
・・・なんですが、
こちらは幸い、自宅最寄りから栄まで1本のバスが存在し、雨の日迂回ルートとしてもこのバスはたまに使っているので、自分自身への通勤に対しては何ら影響なし。
(普段は最寄り駅まで自転車5〜6分、そこから栄までは地下鉄11分)
始業までは30分以上のマージンも取ってるし♪
 
ただ、
そのバス。やっぱり最初から1.5倍くらいの混み。
幸い座れましたが、その後がどんどん・・・。
案の定、途中で「積み残し」が発生。
必死に説明・案内する運転手、ご苦労様です。
ただ、コテコテの関西弁が、笑えた。。。
 
客さばきに時間がかかったのと、道路もいつも以上に混んでいたため、終点栄到着は15分遅れ。
その後の名城線は、いつも通りの混雑(つり革に余裕でつかまれる)でした。。。
 
帰路。
復旧した名古屋駅でしたが、ちょっと違う匂いに、復旧工事中のエレベーター+エスカレーター。
10455940_774198102654047_1185969150
そして、「新線か?」というほど、いままで真っ黒だった地面が、真っ白になっていた。。。
 
 
さすがにこの日、
あの「東海豪雨」の恐ろしさが横切りました。。。

|

« ヨコトリ2014散策記(その2)〜第8話:夜のヨコハマでスライドショー | トップページ | ヨコトリ2014散策記(その3)〜第10話から、再び忘却の海へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/60375044

この記事へのトラックバック一覧です: イエローラインパニック:

« ヨコトリ2014散策記(その2)〜第8話:夜のヨコハマでスライドショー | トップページ | ヨコトリ2014散策記(その3)〜第10話から、再び忘却の海へ »