« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

ちょっと反対の海まで(その4)〜F氏を訪ねて

(この日記は5月7日に作成いたしました)


富山で宿をとって、翌日朝。
今回の“行動”の本当の目的は、ここにありました。
富山市内でとある企画展があった上、それに関連した場所を訪ねたかったから。

それは、
10176102_688787667861758_7904189940
富山県出身、藤子・F・不二雄のそれ。
実は大好きな漫画家で、ドラえもんもそうですが、何よりも「すこし・ふしぎ」のSF短編が大好きでして。

10334276_688787691195089_5096483386
入口の「どこでもドア」が、その気にさせてくれます。

正直、スペース自体は小さかったものの、初期の貴重な作品群や、自身もいまだ知らなかった作品など、まだ謎のままの彼の才能に少しでも、近づきたいために。

10155876_688787717861753_1939368902 10277745_688787737861751_19470151_2
ライブラリーもありました。閲覧自由。
そして、なんといってもSF短編。
2010年あたりから数年かけて、彼の全集が新たに出ています(たぶんほぼ全作品だと思う)。

別の版でのSF短編集は持っていますが、そこに収録されなかった作品(4作品あった)をようやく読む。

・・・どの作品も、結末があまりも、「深い」。
それも、ラスト1コマ〜2コマだけで、主人公だったり、脇役だったり、そして読者を一気に現実の世界へ陥れる、あまりの急展開に愕然・・・。
「だから当時は収録できなかったのかな。」と思うほど。

彼の真髄は、ドラえもんのような子供向け作品ではなく、このSF短編に尽きると、思うんです。
これを知ってから、改めてドラえもんや、特にエスパー魔美なんかを読むと、けっこう奥が深いんですね。

10177409_688787771195081_4827429051
朝方は雨が降っていましたが、午前中には上がる。
そして、いつものメンバーが集結!


それだけでは、終わりません。
10289886_688818491192009_7926143675
高岡駅まで移動。

10170956_688818527858672_7568569614
ここにもドラえもんたちがいます。
F氏が生まれ育ったのがここ高岡。やはり寄らないわけにがいかないでしょう!

そして、ネットでチェックして、そこそこいい時間に。

10157408_688818604525331_3604959459
昼食を挟んで待ち構えていたのがこれ!

10329145_688818667858658_2641007088 10262112_688818701191988_7161813310
発車前、ちょっとだけ入らせていただきました。
ミラクルワールドいっぱい! できればこれで移動したかったけど・・・。


これで自己満足炸裂な日本海ツアーは終了。
あとは高岡から東海北陸道経由で一気に下って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

ちょっと反対の海まで(その3)〜きときと、うまいっちゃ!

(この日記は5月2日に作成いたしました)


無事富山到着。実は富山市内に足を踏み入れるのは20年ぶり。
来年にはここにも新幹線が通る。駅前見ても、20年前がどうだったのか思い出せないほど。


さて、この日の夕食!
10154552_688501064557085_7423199147
せっかく来たんだから、間髪言わせず海の幸!
(だから昼は焼うどんにした・・・という理由も)
めんどくさいという理由で、場所はホテルから徒歩30秒。

10152374_688500897890435_1671008976
まずは日本酒。地酒の飲み比べ。

1897835_688500894557102_77540017765 1382241_688501214557070_26943090375
時期的に外せない、ほたるいか!
まず頼んだのは左の刺身。もちろんおいしかったのですが、なにかが、物足りない。
「・・・わたが、抜かれている」

なので、右の沖漬けも頼んでしまう。
こちらはわたの味がしっかりと。日本酒が進むすすむ〜♪

10252093_688501464557045_2642367776
今まで「せんべい」くらいでしか食べたことのない白えびは、唐揚げで。
大きい!

10257963_688500981223760_4128362286
これは初めて。げんげの一夜干し。
不思議な食感でしたが、味はなかなか。

10325631_688500941223764_7962404577
山菜もぬかりありません。
たらの天ぷらと、写真ないですがこごみのごま和え。

1981977_688501011223757_14255866985
シメはにしんそば。
茶蕎麦になっていましたし、角が立ってて喉ごしがいい!


・・・非常に満足いたしました。
本当ならもう一軒!と行きたいところですが、これだけでたくさんの英世ちゃんとお別れしてしまったし、明日の行動もありますから今日はここまで。

あ〜、満足まんぞく♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと反対の海まで(その2)〜上越くまなく

(この日記は5月2日に作成いたしました)


小布施PAの桜を堪能したあとは、一路日本海へ。
途中、土曜〜月曜と3日間滑り倒した雪仲間と合流。
行くところは、もちろん!

Img_6163
直江津は、海産の超・人気店!
うまく時間を合わせられたため、一巡目になんとか間に合う。
これを逃すと、ヘタすると30分以上待ちは覚悟しないといけないほど。

で、頼んだのは、
Img_6167
焼うどん!?
実は昨年この店を知って、今回3回目。
どーせ今後も行くだろうから、あえて「外し技」で。
魚醤がかなり効いていました。ビールのみてぇ!

そして、これだけは外せない一品。
Img_6165
かに味噌クリームコロッケ!
実は海鮮以上に、これが目当てだったりして。
濃厚なかに味噌が、んまい♪

Img_6225
そして食べたら動かなきゃならぬ。
海岸で大人気もなくはしゃぎまくって・・・、

Img_6229 Img_6236
シャルマン近辺の山へ。この日はゲレンデまで、行かず。
年イチはお世話になっている、ペンションのオーナーへ、ごあいさつ。

1時間くらいだべっていましたが、それもまた楽し♪

オーナーに別れと今後の再開を約束して、この近場で温泉。
この日で帰る雪仲間とはここでお別れ。
あー、楽しかった!

さて、自分ですが、
Img_6238
一路、西へ。
この日は富山市内で泊ることに。
・・・しかし、けっこう距離、あるんだね。

ほぼナビの予想時間どおりに、到着。
今回のフォレスターですが、
Img_6239
500km走って、燃費はなんと18.5km/l!!
・・・いや、高速は「アイサイト90km/h縛り」ですが、それでもかなりの好燃費!

実はこの日の出発前に130kmほど走っていますが、これなら明日、無給油で帰れるかも。
目指すは「ワンタンク1000km」!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと反対の海まで(その1)〜早起きは八重の得

(この日記は5月1日に作成いたしました)


実は4月30日、有休奪取に成功! 1日仕事して連休ができてしまった。
その30日どうしようかな〜と調べていたら、なんか日本海側で自身の琴線に触れるとあるイベントがあるのを、知る。
それ自体は30日に実行するとして、1泊2日で日本海をぐるっとまわることにいたしました。
ちなみに今回、スキー自体はまったくなし。板すら積んでいません。

早朝4時に家を出て、4時間。
まずは行きたかった、小布施PA。
「なぜPAに行きたかった?」のか。

Img_3444
この写真はちょうど1年前の小布施PA。
桜が見事に満開!ですが、こちらは帰り(名古屋方面)からの写真。
行き(上越方面)沿いにこの桜が並んでいる。なんとしてでもそちらから、間近で、桜を眺めたかったのです。

3日前の野沢遠征時ではまだ咲き始めでした。
そして3日後の今日。近づいてみて「!!」。

Img_6161
満開じゃないですか!!
この3日間で一気に咲いたんですね!!


実はこの期間、PAから河川敷まで移動できる。わざわざ仮設の階段まで設ける気合いのいれよう!
もちろん、足を踏み入れます。

Img_6156 Img_6157
もう、見事としか言いようがありません!
さらに、4列に並んでいたんですね。まさに「桜の空に囲まれて」。

Img_6158
さらに「八重桜」だったんですね!
だからこの地域でもソメイより遅かったのか。これですべて納得。
さらに上の写真、iPhoneなのに、マクロが効いた奇跡の1枚!


この時点、朝8時過ぎ。
誰もいない。宴会禁止という点もあるけど、ひとりだけの、至福の空間。

行動ショッパナから、大満足♪

さて、次の行動に、移りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

(14シーズン滑走・23日目)滑り半分、そっち半分

(この日記は5月1日に作成いたしました)


Img_6132
朝の麻釜(おがま)、いいですねぇ。

野沢に泊ったときは、できるだけ朝の散歩をするようにしています。
まずはひとっ風呂浴びて目を覚まさせ、まださほどいない界隈を散策。なんともいえない、気分。

Img_6133
ここも桜が満開。スキーヤーの春は、長い・・・。

じつは散策中にちょっとカラダが冷えて、宿へ戻る前にもう一度入ったのはナイショ。


お散歩後だから、ただでさえうまい朝ご飯が、もっとうまい♪
Img_6135 Img_6136
しかし、宿も「粋な」こと、しますね(実は4名すべて違うコトバだった)。

非常に満足の宿でした!
さらに、この日は夕方まで荷物は置いといていいよ!ということで、おコトバに甘えさせていただき、スキーの準備をして宿のクルマでゲレンデまで送迎していただきました。
なんて太っ腹!


8時半、開始直前の長坂ゴンドラはかなりの列。
ですが、動き出してから10分少々で乗れました。
やっぱりこの日も野沢、すいてそう。

Img_6137
やまびこにドロップイン。今日はしっかり練習します。
もちろん、コブ・・・。

Img_6139
だけど、なんだか、今日はうまく滑れない。
しっかり春雪なのでコントロールもしやすいはず・・・なのだが、発射しまくりオンパレード。
嫌機が差して、リフト線下のコブを大回りしてしまうほど、気合いが入らない。
(つか、大回りするほうがおかしいって!)

この日は午前券(13時に下山のリフトへ乗車すれば間に合う)だったので、とにかく集中しないと・・・なんだけど、やっぱり・・・。

不完全燃焼のまま、混み合う前に11時過ぎにお昼ごはん。
Img_6141
これ、昨日から気になっていました。
味噌バターラーメンはよくありますが、これは「チーズ」味噌ラーメン。
昨日はゲレ食バトル1位の実力。これは・・・なんか・・・コトバでは形容しがたい味でした・・・。


食べ終わったら、残り1時間。
滑るしかないかと、スカイラインリフトへ。
そしたら、

Img_6143
溝コブが、できていました。
「さっきまで調子ダメだから・・・。」と恐る恐る入ってみたけど、いける!

前半はズラさないと飛ばされる形。2本目でなんとかクリア。
あとはタテ溝だからとにかくイケイケ!

1時間ここばかりフルに滑ってました。
とにかく、イメージだけでも立ち直ってよかった・・・。

ここで時間。
ゴンドラを降りて、宿に戻って、風呂入って、お土産買って・・・。

そしてこのあと、どうしても行きたい店があった。
この店を知っているのはこの時自分だけ。O氏Nさんは乗ってくれたがびとくさんが乗り気でない。
そこをなんとか説得して(午前券にしたのもそれが理由)。

Img_6147 Img_6148
飯山のパティスリー♡
この日、桜が満開だったせいもあるのか、今までで一番混んでいました。
でも、なんとか待ちは2組目で席に。
やっぱりいつ行っても美味♪ 東京だったらぜったい4ケタするであろう内容ですが、自分の場合ケーキ+プリン+ドリンクを足しても、じゅうぶん3ケタに納まる。
そしてやはり、さくらのロールケーキをチョイス!
昨季に地元の人から教えてもらったこの店。今や野沢遠征には欠かせない存在。
最終的にはびとくさんも納得していただき、今回紅一点のNさん(実はスキー、メチャクチャうまい!)も『たまに違う人と行くと新たな発見があって楽しい!』と喜んでくれた模様。
Nさんも我々のどうでもいい会話についていける器の広さ。ありがとうございました!

そして、明日は仕事のびとくさんと僕は帰路へ。
出るのが早かったこともあり、夕食込みで21時半には家に着きました♪


さぁ、あとは後半を残すのみ!


【オマケ】
前日に続き、クルマネタ。
びとくさんと一緒にスキーする時はたいていびとく号に載せていただくのですが、そのびとくさんも最近、クルマが変わりました。
今までのBP 3.0R(6MT)、8年でしたか?30万キロ近くのお努めを無事満願して・・・、

Img_6070 Img_6071
BR、なんとDIT!

Img_6072
メーターから「spec.B」なのがわかります。

行き帰りとも、ハンドルを握らせていただきました。
直噴ターボなので、加速に対してはなんらストレスなし。S#にすれば加速がハンパない・・・のではありますが、ターボという感触は全くと言っていいほど、ない。
3.5〜4.0lくらいの大排気量のNAのような。

そしてやっぱり、脚回り。
ビルサスであるのもそうなのですが、なんと言ったらいいのか、どこがどうとかという細かなところではなく、
レガシィを操っている、“安心感”」。
これが、今乗っているフォレスターと決定的に違う、大きな点。
フォレのXTと比べても、「あぁやっぱりレガシィって、こういう乗り味なんだな。」と感じていることでしょう。
レガシィから離れてもうすぐ1年。なんか“懐かしさ”も、感じた。

CVTもよくできている。
シフトダウンのショックは今のフォレスターよりも小さい。ただ2速のエンブレの効きはフォレよりちょっといいくらいかな?
ここはいずれ、びとくさんが教えてくれるでしょう。

で、自分がハンドル握ると、やってしまうのが「エコラン」。
帰り、ガスを入れた松代PAから恵那峡SAまで自分が担当。

Img_6153
90km/hキープじゃありませんよ!
100〜120あたりで流れに乗ってふつうに走って、13km/lを余裕で超えた!
(ただ、残り走行可能距離から計算すると、実質12ってところかな)
これだけ性能がよくて、これだけの燃費なら、充分です!


ところで、この遠征中。
現行レガシィの受注終了が公式にアナウンスされました。
ツーリングワゴンはレヴォーグが完全な後継となり、年内に出るであろう6代目はセダンとアウトバックのみ。

次のレガシィ、個人的にカムリとしか思えないスタイリングですが、走りはレガシィのそれを継承(=LEGACY)してくれるのか、そういう意味では今から興味深いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

(14シーズン滑走・22日目)たくさん乗ったど〜!

(この日記は28日に作成いたしました)


Img_6073
長野県飯山市、飯山城址の桜も満開でした。
(残念ながら今回は素通りしただけ。でもメチャキレイだった!!)


というわけで、大型連休!
といっても、そんな気分がまったく感じられない、ふつうの土日休みですね。
まだまだスキーシーズンは、つづきます!

今回は野沢遠征!
実は今季ほぼ最終の時期でありながら初めての野沢。
さらに言うなら今回ご一緒するびとくさん、レーサーO氏と滑るのも今季初!
そしてお初のNさんが加わって、4人でのスキーです。

自分とびとくさんはいつものように岐阜県某所で乗り合わせ。O氏とNさんは四連休でずっと滑り倒し(いいなぁ)ということもあって別行程で現地集合。
8時半には到着と、いたってスムーズ。


この日のメインは、
Img_6082
試乗会!
そろそろメイン板を替えたいと思っていて、今回はけっこう本気で、挑みます。
条件は「基礎・オールラウンド」で、175cmのR18くらい。

・・・ですが、ないんですよ。特に長さで。
最近さらに短くなっている傾向だそうで、さらにロッカーと、あまり板に詳しくない自分ですからけっこう浦島太郎状態になっています。

「試乗会、GWだから、さぞかし混んでるだろうなぁ。」と覚悟していたのですが、
Img_6086
メインのやまびこ。これがいちばん混んでる状態。
リフト待ち? この時期なら時に10分近くは覚悟なんですが、最大2分もあればすぐ乗れる。
むしろ、拍子抜け。
でも、ガラガラ、うれしい!!

午前午後と、数えきれないくらい乗りました。
それも、ごく一部の人気モデル以外は入れ食い状態。いつものように午後から参戦のC氏と、試乗中でもお互いの板を交換したりで(びとくさん、C氏、自分の3名はブーツサイズがほぼ同じだからできた!)、今まででいちばんたくさん乗りました。

Img_6083 Img_6085 Img_6111
そんな中、気になった3本。
一部は後半予定しているゲレンデでも試乗できるかな?なので、もうそちらが楽しみです。


ただ、
基礎板ばかりでは飽きるので、
Img_6097 Img_6096
合間に太板も。
春のザク雪。太板なのにフルカービングで滑ったほうが楽しいという皮肉・・・。

太板って、けっこうエグイデザインが多いんですよね。自分はあまり興味ないんですが。
ただ、ひとつだけ、面白い板があったので、

Img_6103 Img_6104 Img_6108
別の方向で、遊んでみました♪♪

16時のゴンドラ終了まで、めいっぱい。
楽しかった〜♪


下山後のお楽しみ。ここは野沢ですから!
Img_6122 Img_6121
今回の宿の夕食。メチャクチャおいしかった!!

そして、恒例の温泉街散策!・・・ですが、
Img_6124
へ??
・・・ガラガラ。

やっぱり今年のGW、並びが悪いせいか前半は回避のようで。
逆に言えば、覚悟していた中のこういう状態ですから、やっぱり行ってよかったと!!

Img_6129
そして、夜は更けていく・・・。

 
【オマケ】
この土日のスキー日記のオマケは久しぶりにクルマネタで。

今季も時折お会いしたC氏。最近クルマが変わりました。
中古ですが、これを探し当てた執念は突筆に値する!!

Img_6112 Img_6114
写真奥の、黒いクルマ。
詳しくは語りません。わかる人だけわかってください!
よく見つけたな〜。

幸運にも運転させていただくことに!
駐車場一週だけと非常に短い距離でしたが、クラッチつないで動き出しただけで「うぉ〜♪♪」
完全に本気なクルマです!

昔乗ってたS401も、納車されて最初に動かしたときはこんな感動があったんだな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

日本人って、単純か複雑か

↑本当は「単純か」だけでタイトル決めたいんだけど、やもすれば炎上しかねない内容だから、あえてこうした。
・・・つか、そこまでアクセスないブログですけど(笑)。


先日、「イースター(復活祭)」だったの、ご存知でした?
自分も今日になって「あ、そうなんだ。」という程度で、繁華街の外資系スイーツがそれらしいセットを売っていたなぁというくらい。

外来種での宗教的お祭りで、かつ日本でも普及したもの。
大きくふたつ、ありますよね。
ひとつは言うまでもなくクリスマス。なんでも戦前から定着していたらしい。
そしてもうひとつはハロウィン。ここ数年で一気に定着しました。


このクリスマスとハロウィンにあって、イースターにないもの。
自分が考えるに、このみっつ。

1)明確な「キャラクター」が存在する
⇒言うまでもなくクリスマスはサンタさん。ハロウィンはカボチャ。
コトバを聞いただけで、誰でもイメージ、できますよね?
でも、イースターは卵のなにかしらはあるけど、「じゃあ、描いてみて♪」と言われたところで、おそらくバラバラで情けない結末になってしまうだろう。

2)明確な「カラー」がある
⇒クリスマスは「赤と緑」、ハロウィンは「紫と橙」
色彩検定取るほどの知識はないですから勝手な見解ですが、たしかどちらも「彩度対比色」。
そのインパクトが、イベントがあるぞ!という効果ももたらしているような、そんな気が。
で、イースターって、なにかイメージカラー、あった??

3)「交換」というか「見返り」というか
⇒クリスマスパーティーでは「プレゼント交換」が実際にあったり、なくてもそういうイメージがありますよね?
ハロウィンは「Trick or Treat!」なんて叫んで、子供たちが見返りを求めたり、大人達はそれに応えたりという相関関係が成り立っている(たとえそれが実際になくても、だ)。
ところで、イースターの場合、なにするの・・・?


昔から宗教に寛容というか、無頓着な日本人「なのに」か、「だから」かは知りませんが、
その寛容か無頓着であったとしても、受け入れる体制がちゃっかりしているなぁと。

わかりやすいものは素直に受け入れる「単純さ」を持ちながらも、
いまだ理解できないものに対してはなかなか受け入れない「複雑さ」。


嫌が上でも隣国とのドンパチをあまり繰り返すことのなかった島国日本において、
その選択肢のしたたかさが、2000年あまり変わることなく、続いていると、思うんです。

受け入れるものは素直に受け入れ、さらにアレンジして自分のものにし、
合わないと思ったらごめんなさいと無礼を伝える。


そういうところが、日本という、外から見れば摩訶不思議な世界だと、思うんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

うぁ〜!!

あと1週間でGWだというのに、
先週の日曜日の日記すら、アップできてない。。。


ここ最近、なんか調子がおかしい。
今までの「とにかく動きまくる」部署から「デスクワークの頭脳ばかり」の部署に移って、カラダが何か求めているのか、家に帰ってもあまりうごきたがらないんですよね。

それなら寝ればいいんだけど、だからと言って寝るのはなにかともったいない気がするから、無駄な夜ふかしが。。。


マジメにどこかで、スイッチ切り替えないといけないんだけど。


ブログのネタ自体はたまりにたまっています。
どこかで、吐き出さないと!

|

2014年4月18日 (金)

出張でした・・・よね?

今日は大阪日帰り出張。
出張といっても、出張と言っていいのか疑われるほど、超お気楽。

Img_6040
なぜなら、業界の見本市を見てきたから。
・・・そんなこと言っていては、いけません。
『研修』ですっ!!(ということにしておきしょう)
ちゃんと、報告書も書かなきゃいけないし。


普段より1時間早い7時半に会社集合。
4名で乗り合い、大阪市内で渋滞にハマりながら往復とも各3時間半。
自分ですか。後席でゆっくりさせていただきました。。。


滞在時間、正味3時間半。
すごく久しぶりに見る機会を得たのですが、たまには「外の視点から自社を見る」必要もあるんだと、実感。
秋は東京で同じようなことありますから、また連れてかれるでしょう。
(ただ東京も社有車日帰りなのよ。
大阪だからできるけど、東京だったら1泊か、せめて新幹線に。。。)


18時にはナゴヤへ戻りました。
せっかくなので、ここで夕食。
「天ぷらがうまい店」ということで連れてってもらったはいいが、肝心な天ぷらが無期限休業・・・。

Img_6048
仕方なく、もうひとつのメイン「うなぎ」を大フンパツ!
やっぱり関西式の「焼くだけ」のほうが好みだな。

今回は期せずでしたが、もう二度と、店のうなぎは味わえないかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

久しぶりに

Img_6024
平日夜の、外食。

いつも懇意にしているものの、「ぜったい都会には来ない!」友達が珍しくナゴヤに来るというので、定時ダッシュして新名古屋(←やっぱり名鉄名古屋よりこっちのほうがしっくりくるよね)で待ち合わせ。
慣れない電車旅、おつかれ!

繁華街の隠れ家のような洋食屋を見つけたのはこちらもいい収穫になりました。
いつでも来れるような、すごく落ち着いた店。
もちろん料理も、酒も豊富。


週の真ん中、たまにはこういうのも、いいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

プレイスリザーブ

この土日の日記、なるべく早く、アップするようにします。

最近、こういうモラトリアム傾向が多い。
なんとかしなきゃ、自分の意志の弱さ。。。

|

2014年4月12日 (土)

(14シーズン滑走・21日目)すっかり、春

(この日記は15日に作成いたしました)


Img_5945
みょーこー!


2週間、空いてしまいました。
ひっさしぶりに、スキーです!

実はこの週、いくつかの方面からお誘いがあったのですが、昨年からあらかじめ決めてあった先約優先!ということで、はるばる新潟まで!

冒頭の妙高は素通りし、はるばる日本海まで。
行く先は、シャルマン!


夜発、某所で仮眠。
関東組と乗り合わせ、現地で関西組と待ち合わせ。

駐車場に着いたら、
10152996_10151967414982657_22080011 1496633_10151967415097657_469928697
つくしに、ふきのとう。
ここでもしっかり春が、訪れていました。

でも、我々はしぶとく、スキーします。
Img_5948
GWまで営業可能なこのスキー場。まだまだ雪は充分!
でも、やっぱり春。完全に春の雪。


いかんせん3週間ぶりだし、その前回は奇跡のパウダー!に絶品ピステで最高の雪だったから、その感覚しかアタマに残っていないので、春雪の操作にかなり苦労。。。
こういうときこそ、落ち着かなきゃいけないのに、落ち着けないんだよなぁ。
すぐに、回しちゃう。
中級者に、逆戻り状態の自分。。。

リフト4本で、お昼・・・なのだが、
Img_5955
シュークリーム1個で充分でした(理由は翌日の日記で)。
でもこのシュークリーム。確か糸魚川の人気店で、土日出張でここに来ているそうな。
今までのシュークリームとは概念を覆す「もっちもち♡」のシューが絶品!
次は実店舗へ、行きたいな。


そして、この雪ですから、午後は、
Img_5962
コブ、一本勝負!
・・・ですが、かなりコケまくりました。
17日目のほおのきで降りてきた「神」はふたたび降りることなく、前転倒やらバックフリップやら何度しまくったことか。

さらに、前転なんてなかなかしないから、それはそれで、いい経験。
春雪だから、痛くないし。
このあたり、自身にとっての「コブの師匠」と同じ道を、歩んでいるような。。。

Img_5965
・・・とにかく、転びました。
(写真は前転直後、同行者に『そのまま動かないで!』と言われ、撮影された・・・)

結局、ピッチ狭いのに、後半はバンク滑りで、しのぎました。
なんか、そっちのほうが、滑れたから。
ホントはもっと縦に落とさないといけないんですけどね。


でも、たのしかった!!
これからGWにかけてはこういう雪ばかりですから、その前哨戦として、ずいぶんとがんばった、つもりです。
次回は、もうすこし、コケるの控えたい。。。


【オマケ】
今回の同行者の中に、ボーダー2名。
普段から滑りもしゃべりもその他(ってなんだよ)も飛ばしまくるふたりですが、今回も飛ばしまくってました。
と、いいますのは・・・、

10258971_10151967415467657_42352216
こんなアトラクションが、あったから。
1回200円の有料ですが、ジャンプして、黄色のでっかいエアーマットに飛び込む、とてもじゃないが自分にはできん!(スキーだし)

10168058_391997384275760_2353399590 1014471_10151967416667657_900519149
その、ふたりの勇姿??
果敢に挑む(というか、どこか暴走してる)姿勢だけは、ある種見習う必要が、あるよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

60年前だ!

地元に愛され続けている、名鉄百貨店。
今年で60周年。

今日ちょっとそこへ買い物にいって、びっくりしたのが、渡された紙袋。
それが、これ!
Img_5939
なんでも、創業当時のものを再現したんだそうです。
60年前だからもちろん生まれていませんが、なにこの懐かしさ!!


懐かしい「名」マークもさることながら、この黄色っぽいのが1950年代だし、このデザインがいかにも名鉄らしい!
当時の名鉄路線図をデザイン化していたんですね!
ようは、「名鉄に乗って、名鉄百貨店へ!」という触れ込みだったのでしょう。

いまでは廃線になった路線も、しっかりと。
知っているところでは三河線海線、八百津線、岐阜600V。
自分の生誕前では岩倉線、一宮線、挙母線、岡崎市内線、平坂線、鏡島線・・・。

ただひとつ、疑問なのが、
常滑線の途中から左(西)に出ているのが、なんだろう?

そこから先をたどると、鏡島線(岐阜方面)につながりますが、単なるデザイン上の処理とは言い切れない。
どなたかご存知の方、いらっしゃいます?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

ていたらく

なんかですねぇ。

春だからか、ここ数日の寒暖差が激しいからか、ちょ・・・っと、気持ちがモヤモヤ気味。

「あれしなきゃ」「これしなきゃ」というのはたんまりとあるのですが、
正直いいますと、最近はFBに軸足が向いてしまっているから、こちらのブログ更新がおっくうになってしまっているのも、事実ではあったりします。
(そちらは当ブログのように“3日以上サボらない”というルールは設けず、勝手気ままにやっています)

今年6月で丸9年、10年目に突入する。
それ自体、続けていることが奇跡に近いのですが、世間社会情勢空気その他もろもろが変わっていく中、
「変わらぬものを変わらぬまま続けていくという苦しみ」も、
このブログを続けているうえで味わっている。

過去一度やりましたが、
「一ヶ月だけ、パタっとお休みする」ってのも、再開して結局休んだ意味ってなんだったんだろう?と感じたのも、事実。


なので、書こうか書こまいかあぐねているときは、やっぱりこうやってダラダラ綴ることによって自身の何かを落ち着かせようと、しているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

清明の候

1238888_674438155963376_67327379479
ナゴヤの桜、週末まで持ちました。

今日は清明。
ですが、こんなすがすがしい青空にも関わらず、山は寒の戻りで雪が降っているにも関わらず、こちらはふつうに出勤で、夜は会社飲み会。。。

ちっともすがすがしくないですが、あと半日、トラブル続きですががんばります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

嵐を先取り、嵐に勝った!

今日のブログ。
まずは、このCMをご覧いただきましょうか。

いま流れている、嵐(5人組のほうね)が出演しているJALのCMなのですが、
これ見てて、
「この風景、どこかで見たぞ?」

思い出すまでに数十秒・・・。
「実際に、行ったことある!!」

詳しくは、過去のこのブログにて。
この景色、間違いない!

もう5年近くも、前かぁ。
そんなに経つんだ。


でも!
この日出会った地元の方のオススメとわずかな情報だけを頼りに、偶然見つけたこの景色。
このCMより百倍も千倍も美しく(←これ重要!)、
何より、確か9月のまだ海水浴ができる時期にもかかわらず、午前11時ごろに踏み入れたのに、他に足跡がなにひとつ、なかった幸せ。
そしてこの海をあとにした1時間後、夜まで雨に包まれた日。
それはものすごく一瞬の、ものすごくラッキーな時間。

今になって、思う。
「嵐に勝った!」と。

しかし、この時点でも徒歩1〜2分手前で何かしらの施設が作られていたことと、
このCMができてしまったおかげで、もう「観光地」と化してしまったんでしょうね・・・。


この頃から自分の中に、
審美眼ではなく、「審“微”眼」というコトバが、生まれました。
ひとり旅に出ると、たいていこういう、いいタイミングでいい場面、いい出会いが待っていたりする。

これからも、そういう審微眼は、大切にしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »