« あゆみ | トップページ | Classroom Projects »

2014年2月16日 (日)

「シュークリーム分」の不足における影響について

先週に続き、というか、先週以上の寒波、ものすごいですね。

そんな中、自分ですが、
この週末は里でおとなしく「せざるを」得ませんでした。


実はですねぇ。
Img_5495 Img_5498
日曜日に、能力試験が、あったから。
土曜日はウチにこもって勉強。日曜日が本番。

雪仲間から流れてくる「とんでもない」情報を片目に、行きたい気持ちも我慢して(おい)、普段勉強なんてなに?という自分が勉強してる。
試験前日に初めてテキスト開きました(こらっ!)

会社から受験を指定されていまして、来年末までに5種目合格が条件。
うちひとつは過去に取得済みですが、あと4つ残っているし、今回含めて試験は2月と10月の2回しかないからちょっと焦りも、感じている。
昨年、別の先約で受けられなかったが余計に・・・。

マークシート四択40問。正答率60%で合格ですから、なんとかなると信じて望んだものの、そうは問屋が卸さない。
試験分野そのものの理解度以上に、日本語の文法表現とか、カタカナ語の氾濫など、別の意味で苦労しました。
(まぁ、運転免許の筆記のような『コトバのアヤ』ってヤツですな)
回答は1週間以内にはHPで発表されるそうですので、どうせダメだと信じて。。。


そんな中。
普段とは違う脳味噌を使いまくったので、とにかく近年にない、疲労が・・・。

午前、1つめ。
試験時間は110分でしたが、そんな長時間集中していられるか!
60分強で切り上げて退出。次の試験まで2時間ちかくのインターバルができた。

会場から地下鉄ひと駅の飲食店でお昼を済ませたが、お腹は満たしてもなんかココロが満たされない。
さらに地下鉄3駅(すべて通勤定期のルート内がありがたい♪)、繁華街のカフェへ飛び込む。

Img_5501
スイーツタイムしてました♪

いや、マジメに「シュークリーム分」が不足していることを実感したから。
(シュークリーム分ってなに?と思われた方。ネットで調べればすぐ出ます。10年以上前に提唱されたコトバですが、今でも超・名言だと思っています)

とりあえず、糖分を満たして、午後の試験へ。

午前以上に、日本語の難しさを感じました・・・。
これも110分のところ、60分で退出。

この冬のスキーで消費する「シュークリーム分」とは違い、どうもこういう時は消費が早いようだ。
幸い、会場近くで喫茶店を見つけた。
先のアップルパイがイマイチだったから、とにかく濃厚な甘さを求めていたら・・・。

Img_5504
直球ストレートの存在が!
ナゴヤ以外では嫌われる、小倉トースト!

ナゴヤ人だからっていつも食べているわけではなく、人生数度目という程度ですが、ここの小倉は甘くて濃厚!ホンモノとみた!
試験で過剰消費した「なにか」を補充するには充分すぎる、満足度でした♪


でさぁ。
結局、試験の事なのか、スイーツのことなのか、どっちを書きたかったかメチャクチャな展開になっていますよね。

ま、それが“日々綴文”の本来の?スタイルでありまして。多めに見ていただければ・・・。

|

« あゆみ | トップページ | Classroom Projects »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/59145881

この記事へのトラックバック一覧です: 「シュークリーム分」の不足における影響について:

« あゆみ | トップページ | Classroom Projects »