« 平成四半世紀 | トップページ | 甘く見てました »

2014年1月 8日 (水)

ヒヤリ!!

新職場は駅から片側1車線のほぼ直線の道を徒歩約15分。
会社は遙か先に見えても、一向に近づく気配がない・・・。

この道。思った以上にクルマの通りは多いし(トラックもビュンビュン行き交う)、歩道なんてあってないようなものなので今日みたいな雨の日はどんだけ水しぶき浴びせられることか・・・。


そんな中、今日の帰り。
駅前の信号交差点。こちらは普通に青信号で渡っていたが、右折で近づいたクルマが自分に気がついていない!!
こちらもそんな気配に気付かず、お互い気づいたときは同時だったと思う。
相手はブレーキをかけるが雨のせいもあって効かない。このままではぶつかる!

・・・すかさず自分。進行方向へ「欽ちゃん走り?」をして約5m。なんとか何を逃れました。
その1コンマ数秒。もしぶつかったらなど、走馬灯がよぎったのは初めてかもしれない。
いや、1年以上続くオンタイムの災難続きを思うと、ここで一発ぶつけられたほうが今後のためにかえってよかったのかもしれない(不謹慎)。
(でも、いまは一時的に本来の申請と違う通勤のため、労災降りるのか?などと余計なこともアタマをよぎったのも、事実)


何事もなくコトは無事に片付きましたが、やっぱり自分が厄年だからか?
それとも、ただ悪運が強いだけなのか・・・??


(その後、乗り換えの地下鉄や、さらにバスなど、いずれもタッチの差で乗り損ねたり、水たまりには何度もお世話になりました。トホホ・・・)


明日は久々に本社勤務。
浦島太郎炸裂なんだろうな、たぶん。

|

« 平成四半世紀 | トップページ | 甘く見てました »

コメント

新年早々災難だったね…
ご無事で何より♪

経路云々より合理性に疑問符は
皆無なので通災的には問題なし(こちらも不謹慎)
しかも第三者行為で、かつ歩行者優先の見地からも
経済的損失はゼロと思われます。

が、痛かったり新車乗れなかったり、シーズン券が
行使出来なかったりする損失に関しての慰謝料とか
見舞金としての治療費や着衣、手荷物などの汚損に対する弁償金の他に請求可能です。

とはいえケガして痛いのは自分持ちだからね

どうせなら初夏のBCでラストランの
最後の制動で運悪く転倒しちゃって、
たまたま利き手じゃない方の小指亀裂骨折とか
利き腕じゃない方の鎖骨骨折みたいなケガで、かつ
第三者行為を若干期待してるから僕もそんなに変わらんな…

投稿: さと | 2014年1月 8日 (水) 23:39

連続ポストごめん

いかんいかん日本語力落ちてるな
読み返してみたら…

>損失に関しての慰謝料とか
>見舞金としての治療費や着衣、手荷物などの
>汚損に対する弁償金の他に請求可能です。

「慰謝料とか見舞金として、」が正解

つまり
実害損失+アルファが世に言う”誠意”ってやつです。
支払われるか否かは相手次第(保険会社または当事者)ですけどね…

そのうちにアクションムービー頭に載せて出勤する時代がきたりして???

投稿: さと | 2014年1月 9日 (木) 06:16

画像だけを斜め見していたら、例年の賀状画像がないので不思議に思い、年の初めにもう一度戻って読み直して理解しました。
12年後を楽しみにしておきます。

あらためて、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお付き合いのほどを(ブログ上ですが)。

さらに、本厄が的の中心を射抜きませんように、心より願っております。
ご自愛ください。

投稿: yapple-happle | 2014年1月10日 (金) 22:23

【お返事です。遅くなりました。。。】
さとさま>
最後の「アクションムービー」に吹いた!

でも、クルマ側もドラレコ付きが増えていますし(特にレンタカー、悪い事できませんね・・・)、街中カメラだらけですし。

・・・ハナシそれました。
これが厄落としでありますように・・・。


yapple-happleさま>
改めまして本年もよろしくお願いいたします。

早くも10日過ぎましたが、とにかく今年は「慎重に」を心がけて・・・いられるか心配です。

年賀状は諸般の事情(といっても作る気と時間がなかっただけ)で未作成に終わってしまいましたが、実はすでに来年未年のネタは暖めています。

来年まで、お待ちください(笑)。

投稿: Hassy | 2014年1月11日 (土) 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/58909249

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヤリ!!:

« 平成四半世紀 | トップページ | 甘く見てました »