« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

今季も、雪山で年越ししますので、年末恒例である日記「、」を今年も30日に。


とにかく、今年は・・・だし、その「負の連鎖」を引きずったまま、それもたくさん抱えたまま来年へ持ち越しとなってしまいました。
畳み掛けるように「これでもか!」というほど、襲いかかってくる。
まさに、前厄高価買い取ります状態!

大病大ケガだけしなかったのが救い・・・としか書きようがない。
(その代わり、ちょっとだけの病が再発してしまいました)

それはオンタイムでの話ですから、これ以上は書かないでおこう。


逆に、オフは「これでもか!」というほど充実。
雪山では林間行ったり、初めて憧れ(というか、通過儀礼)だったニセコに行くことができましたし、新たな出会いもいっぱいありました。
夏〜秋は主にアート! あいちトリエンナーレ2013がありましたし、その流れで直島にも行けましたし、勢いでクルマ買い替えちゃったし。
ほかにもいろいろ書きましたが、いかんせんこの状態がゆえ、ブログにアップできなかったことも、多数。
(実は某SNSでは載せちゃっているんですけどね)

ただ、
逆に上司から「それじゃダメだ。仕事も楽しいほうがいいだろ?」を叱られましたけど(笑)。

そうなんですよね。
今年はあまりにも極端すぎた。

その上司も、来年から変わるし、仕事も180度変わる。
・・・これを機会に、いい方向に行けばいいのですが・・・。


来年、いよいよ大厄。
2013年の後片付けから始まる、いきなり幸先の悪いスタートとなります。
諸先輩方からは「厄の3年間、必ず何か起こる。」と聞かされていますし、自分自身は一発ドカンと大事に至るか、それとも今年のようにずーっと小事が続くのか、注意しないといけない年です。


こんな2013年でしたが、今年もお会いした方には感謝するとともに、なぜか8年半もダラダラ続いています当ブログ、来年もたぶん適当に続いていますので、今後ともぜひご贔屓のほどを。


「あまちゃん感謝祭」をチラ見しつつ、明日からのスキー準備中。
といっても、とりあえず元日までの2日間ですが。

・・・とりあえず、気分だけ真っ白になって年越ししています。
皆様、よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

納まっていません!

世間では今日が仕事納めの職場が大半のようですが、
当方、年末という意識が、例年以上に全くありません!


24日から新天地勤務。
(25日は除く・・・移転といっても、本社機能の一部は現在地に残り、この日は異動のため本社で事務引継ぎ・・・のはずが、結局移転元の片付けだけで1日が過ぎてしまった・・・)


移転先の勤務は今週いっぱいの予定でしたが、今週は片付けだけで1週間が過ぎて、事務仕事いっさいままならず・・・。
だって、社長自らリーチ(立ち乗りリフト)動かして陣頭指揮とるくらい。従う以外ほかないじゃん!
・・・良くも悪くも、零細企業の血が、流れているんだな。
こういう雰囲気、いいときはいいんだけど・・・。


そんな状態ですので、異動元と異動先の関係者に頼んで、引き継ぎ期間として1ヶ月の猶予を頂きました。
なので、1月末までは従来より30分プラスの通勤生活が続きます。


業務は今日までで、明日は大掃除と納会。
(といっても、移転すぐなので掃除するほどでもないですが)

その後、現部署は退職、異動、とどまりと散り散りになるため、これを機会におもいっきり飲みます!!


・・・なので、29日は死亡確定です。
皆様、起こさないでください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

濡れない音符〜chime For Chistmas

音楽ネタが溜まっています。
これも発売から二ヶ月近く経つのですが、ようやくレビュー。

41nxyerlell
湯川潮音“濡れない音符”

3年ぶりのニューアルバムで、その間、ニューヨークへ滞在していたという。
プロデュースはあの鈴木惣一郎御大。御大が潮音ちゃんのプロデュースするの、かなり久しぶりでは、ないのかな?

10年以上前のインディーズ時代から知っているだけに、途中「う〜ん」というものも正直、ありましたが、今回のアルバムはなかなか。
歌の厚みも以前より増している感がしますし、ニューヨーク帰りということで、その名の通りの「ニューヨーク」という曲もある。
それが、いい意味で今までの彼女のイメージを覆していて、なかなか聴き応えが。

このアルバムをもとに、全国ツアーが始まる。
久しぶりに名古屋でも。
2月、スキーシーズン真っ最中ですが、まっ先に申し込みました。

それも、全国どこでもそうですが、会場があまりにも意外すぎる!
「あっち」のマニアでもある自分ですから、歌にも会場にも琴線触れまくり!

どんな響きを聴かせてくれるのか、非常に楽しみです。


・・・実は、もう1枚ありまして。

1525063_620158068058052_524342148_n 1517706_620158104724715_631273498_n
「chime For Christmas」。
今年のクリスマスのために作られたアルバムなのですが、一般ルートの販売はなく、「CAMPFIRE」というクラウドファンディングというシステム(ようは「カンパ」みたいなもの)によってでないと手に入れられない1枚。
(ちなみに、このページ)。
これを知った瞬間、もちろん、申し込み。
無事目標額に達成し、12月上旬には届きました。

メッセージカードとオリジナルのノベルティもついている。
さらに、動画(後述)がついて5500円なら安いかなと。

クリスマスでは当たり前に聴かれる名曲からオリジナルまで全10曲。
アレンジもシンプルで、すごくいい。

・・・クリスマスまでにアップが間に合ってよかった・・・。
もちろん今、これを聴きながらブログ綴っています。

さらに、今日25日に東京でライブがあり、その模様を収録した動画が、ファンディング応募者のみに近日中にデータ配信されます。

そちらも、楽しみです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

(14シーズン滑走・3日目)リハビリのつもりが・・・、ガッツリ!

Img_5023
ようやく“霊峰”が拝めました♪


なんだかんだで、結局1日しか休みがありませんでした。
だったら、この季節だったら、行くしかないでしょ! 雪山へ!!
 

世間では三連休最終日、月曜日。
月曜日=中部地区では、この日が狙い目。
事実、行ったら、平日並み・・・。

早速ゲレンデ立つものの、下半分2本滑ったあとに・・・。
Img_5025
朝9時のスイーツ。
なにこの、やる気の無さ。

・・・実はこの日、食後や午後にはツイーツにありつけないかも?という可能性があって、

Img_5027
レッスンを申し込んだから。

Img_5029
この最高の条件(天気よしバーンよし人混みなし)だし、いったんここでレッスン受けて当面の課題を作っておかないと、今後の方向性が見えてきませんから。

担当はやっぱりのY氏。受講生6名とちょうど程よく。
実はY氏、昨季は見てもらっていないし、ひょっとしたらその前年も?だったので、たぶん2年ぶりに見てもらうことになる。
2級受けるころからの長い付き合いだし、受講生もひとり除いて常連ばかりと、トークも全開!の楽しいレッスンでした♪
ここだけのハナシ、受講生のひとり、今日も覚えられないほどの“迷語録”をたくさん残してくれました(なぞ)。

で、そのレッスン。
バーンがいいので、「せっかくだから午前は大回り、ドンドンいきましょう!」といきなりハイスピード大回りの連続・・・。
普段は上半分2本、多くても3本の二時間、4本も周回。
・・・正直、午前だけで、疲れた。
午後も、持つのか? 自分のカラダ・・・。

午後はちゃんとレッスンでした。
横滑りも、やらされました。
結果、トータル3本半。
・・・もっと、疲れました(笑)。

結果、午前は「キレ」、
    午後は「ズレ」のレッスン。
久しぶりに自分の滑りを見るY氏、「変わりましたね!」とお褒めのコトバが。
さらに言うと、自分のブーツを変えたこと、レッスン途中にようやく気がつく。
曰く、「ふつうブーツを変えると、『あ、変えたかな』とわかるんだけど、Hassyさんそれがなかったから」と。
コーチですらわからなかったことに、してやったり!
ようは、そんだけブーツが合っているということ、にしておきましょう。

・・・その反面、しっかりと“課題”もいただく。
当面は、その課題を克服せねば。

Y氏も、「コドモや学生だったらともかく、我々大人はいくら滑っても少しずつしか上達しませんから。少しずつでいいんです!」と。
まだシーズン始まったばかりだから、少しずつ、ね。


結局、レッスン終わってからもほぼラストまで滑っていました。
だって、この12月では考えられないほど最後まで引き締まったバーン。
例年ならスケートリンクか、荒れ荒れになるはずなのに、今日はずーっとグッドコンディション!
練習として、最適の1日でした♪


【オマケ】
前回は早引きしましたが、ぼちぼち帰路の途中で夕食とって帰宅のパターンが多くなる。
時間的にエリアは中津川はメインになるのですが、そんな中、雪仲間から教えてもらったメニューが。

Img_5033
とりトマ丼?
実は中津川で推している“ご当地グルメ”のよう。きょうはその一店(元は鰻屋)へ。

Img_5032
なにこの、見た目のミスマッチ。
写真の通り、鶏の唐揚げにうな丼のタレがかかって、その上にトマト。
見た目訳わかりませんが、このミスマッチが意外とうまい!

さらにこの店、半分ほど食べたあと、温泉玉子を加えるとまろやかになって二度おいしい!
40店ほど展開していて、これで木曽エリア帰り、当面夕食は困らなくて済みそうです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

引っ越し引っ越し!!

↑・・・って無意味に叫んでいたオバちゃんがいましたよね、その昔(遠い目)。


昨日今日と、職場引っ越し本番。
特に前日20日!!
なんで「年の瀬」「金曜日かつ三連休前」「ゴトウ日」というトリプルパンチがわかっていながら、わざわざ業務を停止してまで引っ越しするのか全くわかりません。

思った通りというか、思った以上というか、2日間でギリギリすべての物品が動かせたのみ。
明日も自分と部下ひとりだけですが、午後は出勤です。
金曜日、業務を止めている以上、少しでも休み明けの影響をすくなくしたいので。


それでいて、このままの中途半端な状態で、来年からは異動でこの場から離れるのにすごく未練タラタラだし、もどかしいし、とても悔しい。
ただ、それも会社の決めたことだから、文句は言えませんが。


来年の1年間は2015年から稼働予定のビッグ?プロジェクトに参入予定。
だからこそ、いまいる職場の人間を楽にさせてあげたいし、今まで超アナログと経験と勘だけが頼りだった業務回転をスムーズにさせたい気持ちは人一倍、ある。
・・・気持ちだけかも、しれないけど。


とにかく、2日間寒空のなかの業務だったので、顔全体がしもやけのように火照っている。
明日も仕事あるから、今日までのことはわすれて、とにかく飲むぞ!
(↑それ間違ってる。早く寝ろよ!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

どこも根は一緒

あさってからが職場引っ越し本番。

言うまでもありませんが、オーバレブから針が下がることはありませんし、通常業務はどんどん後回しになり犠牲となっている。
それでいて年末20日の金曜日に業務を止めるだなんて、いい度胸してるわ。まったく!!


関係ないハナシですが、
いまメディアで盛り上がっている47都道府県で一番の自治体の長、あれこれ言うことが変わっているようですが、そうこと自体はウチでも・・・(以下、自主規制)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

(14シーズン滑走・2日目)足慣らしより、カラダ慣らし

486680_618810871526105_431909883_n
ただいマイア〜!


オープンから1週遅れ。今季もホームゲレンデ(開田高原マイア)に“戻って”まいりました。
以前から何度も書いていますが、今季は滑走日数自体が少なくなりそうな予定の中、なんとかシーズン券のモトはとれるよう通いますので皆様、よろしくお願いいたします。


まぁいつものように4時過ぎに家を出て、だいたい5時半〜6時に中津川か恵那で朝マック(ちゃんと店内で食べます)。7時半までには現地に到着するタイムスケジュールは例年通り。
変わったといえば、クルマがフォレスターになったことと、その楽NAVIが一発でいつも自分の通る道順を示してくれたこと。
推奨はR19から木曽大橋を渡ってR361地蔵峠経由ですが、常連はおんたけスキー場ルートの元橋から県道20号線を使う。そのルートが出ただけでも性能、上がっているんだな(単に最短距離を示しただけかも知れないが、前楽ナビは何度通ってもなかなか学習してくれなかった)。


この日は終始雪。
御嶽や乗鞍は拝めませんでしたが、シーズン始めにしてはここ数年ないいい雪が!
1391439_618811008192758_2078949043_
ゲレンデ下部。まだ幅は人工雪エリアではありますが、先週と比べて幅は倍以上に広がっているという。
雪質もGood! これなら充分大回りできそう。

1507812_618810981526094_446520490_n
そして、前日からオープンした上部。
最初のうちは昨日からの新雪で良さげなバーンでしたが、いかんせん強風が・・・。
この地特有の軽い雪はみるみる飛ばされ、この時期名物のアイスバーンが。

さらに、山麓6℃、山頂は10℃とさっそく「洗礼」を受ける。
寒さには強いはずの自分でも、まだカラダが慣れていない。

・・・なので、昼食後は1本除いて下部だけ滑っていました。
まだシーズンインだし、この時期からケガはしたくないし。
上と下ではかなり気温差というか、その感覚が違い過ぎ・・・。

でも、ブルダイ下部がハイシーズンと変わらないほど、12月にしては珍しく、めいっぱいのゲレンデ幅が確保されていたのには驚き。
あまり何も考えず、めいっぱい大回りさせていただきました♪


この日、普段の常連様はなぜか少なめ。
代わりに、やぶはらがホームのあいみーさんが来てくれた。終始彼とセッション。

やっぱり、あいみーさん。いつ見てもうまいわ。
それもほぼ自己流だというから、天性の素質だね。
自分のような「体育2」の素質だと、レッスン通って10年近く。ようやく人様についていけるようになったくらいですから・・・。


「アイスバーン」「寒い」「どーせズン券だから」というブシツケな理由で、珍しく13時半に早上がり。
でも、下部はけっこう練習になった。
昨シーズンGWの超有意義だった奥志賀レッスン、半年経った今も少なからずカラダには染み付いているようで、数名から『滑りが変わった!』と言われたのは嬉しかった。
・・・ただ、例年、ここから「アラ」が出まくって、シーズン終了までその修正に追われるんですけどね(笑)。

ブーツについては、先週当たりをある程度修正してもらっているので、そこは気にならなかったけど、
いかんせんレース用のブーツ。寒さで足先の感覚が一気になくなる!
ブーツ脱いでからも、感覚が戻るまでかなりの時間を要しました・・・。

前ラングもレース用とはいえ、ジャパンオリジナルのインナーだったから、「冷え」とはほぼ無縁だった。
ブーツの奥深さを、実感。

今季も、いろんな意味で、迷宮をさまようシーズンになりそうです。


【オマケ】
滑走自体はやる気無しのホームゲレンデ初日でしたが、こっちはやる気100%!
それは・・・ゲレ食!

ここマイア、数年前から“鍋”が人気メニューになっていますが、今季も初期から新メニューを出して来た!
1467285_618811064859419_1801531504_
福味鶏の水炊き!
・・・ところで、福味鶏って聞いたことないんだけど。

調べたら、ありました(リンク)。
ちゃんと地産地消まで考えているとは! 恐れ入りました。
なかなか歯応えがあっておいしい!

で、先週これを食した仲間から情報を仕入れて、この先なのですが・・・、
1525310_618811121526080_1913786918_
今までの鍋は“雑炊”にするのですが、これは先に玉子を落とし入れて・・・、

1470156_618811198192739_972945611_n
なんと、“親子丼”がつくれる!
味付けはおろしポン酢で調整。

一粒で二度おいしい、まさにアーモンドグリコのよう!
これで1000円(+玉子50円)だから、ゲレ食の概念を考えなくても、安くてうまい!!
「すみませーん。刻み海苔、欲しいんですけど(笑)。」


さらに、スイーツ!
1511253_618811241526068_989222128_n
本物のパティシエ、☆氏によるラズベリーのチーズケーキ!
ラズベリーの酸っぱさが何ともいえない、至福の味♪♪

実はこれも地産地消の素材を使っている(表立って書いていませんが、ピンと来てわざわざ聞いた)。
たぶん年内には終了している予感。食するなら、今だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

深夜から早朝へ

ある種、「やむなく」なんですけど。

Img_4968
今週一週間、「始発」に乗って早朝業務。
これに乗れば6時過ぎに会社へ着くから3時間弱の早朝業務。
それでも昨日はさらに2時間残業したけど。


だってさぁ。
来週、引っ越しが迫っていて、普段の業務が全くといっていいほど進んどらん。
それだけならまだしも、静岡鉄道みたいに6分感覚で新しい案件がどんどん積み重なっていて(例えがヘン)、完全に処理不能な状態(まだ2両だからいいけど・・・ってますます例えがヘン。11両の山手線だったら今ごろこの世にいないかも??)。
さらに、残業していても、別の部署でも残業していている輩から内戦・・・もとい、20時以降でも内線がひっきりなしにかかってくる(それも仕事のジャマをするような、明日にすればいいというどうでもいいことばかり)から、ますますもって仕事にならないから、苦肉の策として。


早朝の9時まではもっぱらPC業務に集中!
ラジオ片耳に、意識と目は画面以外へはそらさない。
・・・意外と、はかどるんだ。これが。
その間、8時からの「ごちそうさん」休憩は、ちゃんと入れています(なぞ)。


「(会社として)完全に間違っていることやっている。」意識は、充分に、ありますよ。
それでも、この師走の日の出の遅い時。
最初はLEDの懐中電灯でなんとか灯りをとって、7時半頃に「ようやくいいかな?」とやっと職場の電気をつけるほど気をつかっている。
でないと、外野から何が出てくるか、恐ろしい会社だから・・・。


つか、皆、他人のこと、気を使っていなさすぎる。
じゃなくて、自分が、他人の気を使い過ぎているのか・・・。


来年、異動があってよかったのかなぁと、すこし感じるように、なってはいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

LEVEL3 and CAPS LOCK

このブログの四大分野。
ネタがない時に適当に書いている綴文を除けば、「スキー」「クルマ」「アート関係」と、もうひとつ。


・・・忘れていたかのように、ものすごく久しぶりに綴る「音楽」ネタです。

つか、暖めていたネタはたくさんあるんだけど、なかなか書く機会がなくて・・・。
というわけで、あまりにも久々すぎる音楽ネタ。今回は関連性のある2枚を同時に。


まず最初は、もう2ヶ月前になりますが、
41zq87jlcml
Perfume“LEVEL3”!!
彼女らの作品に関しては「シングルは買わない」を貫き通しているので、2年ぶりだったかのアルバムを聴いても、ディープなPerfumeファンにとってはつまらないかもしれませんが、自身にとってはそのブランクが、程よい新鮮度を与えてくれまして。

ダンスとファンタジーがうまい具合に絡み合っていますね。
さらに深化したダンスミュージック。そして映画ドラえもんの主題歌となった「未来のミュージアム」などといったファンシー路線がほぼ交互に混ざり合った曲順で、聞く側としては飽きさせない。

10月下旬、N青年夫婦とドライブに行ったとき、まだしゃべってないのに「Perfumeの新譜買ったでしょ!」と完全に読まれてた・・・。

ドライビングミュージックとしても適度・・・と、勝手に思っています。


で、もう一枚。
Perfumeがあるなら、本家中田ヤスタカのcapsule・・・改め、“CAPSULE”と大文字になったのね。
昔は1年以内にニューアルバムを出していたカプセルですが、今回は1年半ぶり。
それもレーベル移籍して、新たに放つのが、

31octvoufl
“CAPS LOCK”!!

前作までしばらくはキラーチューンバリバリのダンスミュージックばかりで、いまいちついていけなかったのも、事実。
個人的には2005年〜06年の“NEXUS-2060”⇒“L.D.K Lounge Designers Killer”⇒“FRUITS CLiPPER”の三部作がすごくよかった(今もこの3作はヘビロテしているくらい)ので、Perfumeがどんどんダンスチューンしていくなか、本家カプセルはどこへ行くのか、すごく気になっていた。

で、1曲目をかけた瞬間。
「裏切られた!!」

あのキラーチューンはどこへ?というほどの変わりよう。
それでいて、自身の好きなアンビエント路線へ行っている音づくり。
いちおう歌ものもあるけど、以前から歌詞を載せていないcapsuleのアルバム。今作はもう歌詞であることすらも放棄しているようなこしじまとしこの歌声。

現在の砂原良徳や、NYANTORA(元スーパーカー・中村弘二のユニット)のように、無駄を排した無機質でありながら、でも何か心に引っかかる音づくりが、いい!

その「無駄の排除」は、各曲のタイトルにも、現れている。

1. HOME
2. CONTROL
3. DELETE
4. 12345678
5. SHIFT
6. ESC
7. SPACE
8. RETURN

・・・って、すべて、PCのキーボード!!
アルバムタイトルも、そうだし。

そうか、アーティスト名を大文字に変えた(→CAPS LOCK)というのはそういうことで、そのキーを押されたことで、カプセルの違う世界を知って欲しい!という暗示だな、と勝手に感じてしまいました。


同じ2013年10月に発売されたアルバム。
Perfumeは比較的親しみやすい構成にしたのに対し、本家CAPSULEは「わかる人にはわかる」深い構成にしている対比。

中田氏、やっぱり天才だわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

予想通りだった

木曜日の日記の悪夢が当たりました。

金曜日は「明日も仕事だから。」という過度のプレッシャーでなんとか乗り切った。
(それでもお開きは午前1時)

土曜日は3次会まで突入。確か家に戻れたのは3時くらい?
昼まで死人と化してました。

いま、これ書いている時間でも、収まっていません・・・。


職場引っ越しまであと2週間。
通常業務のタスクがオーバーフローしているのに、さらに上に乗っかって、もっとさらに言えば師走なのに、そんな感覚、全くない。


とりあえず、明日からの更なる地獄を待ち受けるため、今日は、もう、寝ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

二連続

12月、忘年会シーズン。


営業職なら百戦錬磨のこの月なんでしょうが、現場職の自分にとって、あすあさっての“2日連続忘年会”は職場勤めして15年以上の歴史の中で、実は初めて。

さらに、金曜日飲んで、たぶんエンドレスと化して、土曜日は通常に勤務があって、その後さらに・・・。

日曜日は死亡フラグが掲揚されることは明らか。


・・・こういうときって、遺書したためたほうが、いいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

<不定期連載>フォレスターをインプレ(6ヶ月経ちましたから、その間いろいろ)

Img_4927
それにしても、走りました!


今日でSJ型フォレスター、納車されてちょうど半年。
前車アドちゃんはスキーシーズン前の納車だったので5ヶ月で1万キロとこれも走ったのですが、今回のフォレは真逆の季節であるにもかかわらず、このペース。

そりゃそうだ。
納車してすぐに志賀高原、その後東京、そして秋には四国へとかなりの遠出も多かった。

いちおう(その6)からの続きになりますか。
その時点では2ヶ月の時点ですから、まだ新車のカドが取れていなかったのも、事実。
これだけ走ればカドもとれるでしょうし、先日の初滑りで雪道も走りましたので、それらも含めたこれまでのインプレをまとめてみました。


<懸念の、脚回り>
「やっぱりレガシィには勝てない!」
これが、物心ついた頃からのスバリストが語る、いまだに拭いきれない感想。

いまだ細かな突き上げは残るし、B型に年改しても脚はほんとうにそのままらしいので、C型で改良されることに期待。
ただ、スタッドレスに変えてから、タイヤそのものが柔らかいせいもあるのか、そういう意味で乗り心地、多少は改善。
(10月に変えたサマータイヤ、レグノにすればよかったかなぁ)
先日、スバル車初めての友人に助手席&ハンドルを握ってもらいましたが、脚については特段不快感はなかったという。
それを聞いて、ちょっと胸を撫で下ろす。

現行フォレスター、レガシィからの乗り換え(自分もそうです)も多ければ、他メーカーからの乗り換えも相当多く、インプと並ぶ売れ筋モデルになっているという。
(だって土日にディーラー行っても、数年前じゃありえない混み方だし・・・)
他メーカーからの乗り換えでは総じて好印象のようですが、長年のスバリストとしては「まだまだ」感が強い。

でも、
悪路に強いフォレスター。
先日の初滑りの雪道ではレガシィを上回る走破性を見せてくれたし、さらにその前、某所で道を間違えて田んぼに侵入するオチ。
しかし、フォレスターの最低地上高を生かして何度も切り返して、泥まみれになりながらも下を擦ることなく無事生還!
(X-MODEは使うほどではなかった)
・・・フォレじゃなかったらぜったい脱出はムリだった。

以前代車で借りた2代目と3代目のフォレはオンロードも抜群だったから、ほんとうにC型でのサス改良を期待しています。
でも、カーブでの粘り強さはスバル伝統の持ち味。
レガシィみたいにほどよくロールを抑える方向ではなく、インプ(not STI)みたいにもうちょっとうまくゆっくりロールしてくれると抜群なんだけど。


<SUV+CVT>
フルチェン前の資料を見せてもらったとき、「大丈夫なの?」と思っていたフォレスター+リニアトロニック(CVT)。
でも、初めてレガシィに搭載されてから3年経つのと、エンジンもEJ→FBに変わっているため、普段走るには特段不満なし。
最初は発進時にちょっとギクシャクしたものの、いまはそれも解消されています。
街中での燃費もまず10km/lは切らないし、遠出では16km/lも余裕になってきた。
あとは凍結路でX-MODEの本領発揮!を期待したいところ(どこでテストしよう?)

ただ、何度も書いていますが、エンブレ効かないのは今後のスキーライフにとって非常に心配のタネ。
3速から下のギア比はもっと低くていいのに・・・。


<アイドリングストップ・有効活用法?>
現行インプレッサから採用されたアイドリングストップ。
以前の代車インプからそうですが、初採用にもかかわらず非常に制御がかしこい!

Img_4928
ただ最近、OKランプがついている状態でも、信号待ちでなかなかストップしてくれない。
「なんで? 故障なの?」としばらく考え込んでいたが、その答えがわかった。

「ブレーキペダルの踏み方」だ!

どういうことかといいますと、ブレーキペダルをしっかり踏めば、アイストがかかる。
自分の信号待ちでの踏み方は、「クルマが動き出すか否かのギリギリ状態」まで浅く踏んでいることがわかった。

そのクセを、逆手にとって、利用する。

信号で止まる。そのとき、対向車線の信号を見て、「時間かかりそうだな」と感じたらしっかり踏み込んでアイストを効かせる
逆に、歩行者信号が点滅していたりなど、「もうすぐこちらが青になりそう。」と判断したら浅く踏んだままでアイストを機能させないというワザを身につけた。

だって、ストップして1秒後に「青になった」で再スタートするのも煩わしいし、同乗者にとっても不快かなと。

でも、長距離メインの使い方なので、あまりアイストの恩恵に預かれないのも事実ですが・・・。
あと、リアデフォッガー作動時は強制的にアイストオフになることもわかりました。

余談だけど、来春発売のレヴォーグ。
1.6DITはターボなのにアイストがつくらしい。
タービンをどう制御するのか、ものすごく興味ありますね。


<細かすぎてわからない“ドレスアップ?”も>
インプベースのフォレスターですので、装備として「レガシィ>フォレスター」ならまだ理解できても、「インプ>フォレスター」となるとやっぱり許せない。

その3)で書きましたが、ドアの内張りがハードパッドだったり、ハンドブレーキレバーのボタンがメッキじゃなかったり、グローブボックスの照明が一切なかったりと憤慨するようなコストダウンは、ねぇ。

そんな中、ふたつほど改良。
一つ目は、
1377415_577952348945291_863319718_n 578683_577952372278622_2100339806_n
左右の写真で完全に“間違い探し”の領域ですが・・・。

アシストグリップの「コートフック」すらないフォレスター(インプはちゃんとついている)。
普段は右リアだけですが、前車アドちゃんでも実施したように、運転席以外のグリップをすべてフックつきに交換。

特に助手席側が重宝するんですよ。
これからの冬場。乗り込んでコートを助手席側に引っ掛ける行動が、すごく便利でして。


二つ目は、本当に、わかる人でないと、わからない。
10月にXVハイブリッド用のホイール+タイヤを換装したとき。
1383203_585009348239591_1925152779_
写真見ても、わかりませんよね。

わからないのも、無理ないです。
だって、スバル車史上、ただ唯一“あの名車”に採用された、“あの”ホイールナットに変えているから(リンク)。
・・・完全に、アホや。


最初は細かな不満がいろいろ出ていたフォレスターですが、さすがに半年も付き合うと、少しずつですが愛着もわいてくるもので。
カッコは二の次ですが、幅が広くてもスバル車らしい取り回しの良さは突筆モノですし、こりゃ売れるのも、わかるわ。


次回はスキーシーズンに入ってから、
いつアップできるか未定ですが、本格的な雪道や、車中泊の感想など、レポしようかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »