« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

(14シーズン滑走・1日目)今季もダラダラ始まりました!

(この日記は12月1日に作成いたしました)


Img_4904
完全に「これ」にまんまと釣られる・・・。


今年、11月になっても別用があったり、気分的にあまり乗り気でなかったのですが、11月の初滑り、ギリギリでエンジンがかかりました!
どうせ初滑りだから場所はどこにしようかと前日までリサーチ。それまでの経緯をたどると、
・当初はおんたけが第一候補だった。が、この日は7Aのみで面白くないからパス
(せめて5Bが滑れれば練習できるのに)
・思い切って白馬も考えた。でも混むだろうなぁ(実際混んだらしい)
・となると奥美濃しかない・・・けど、ここもなぁ。

と思っていたら、冒頭の画像。
先週、とある場所で見つけてしまったのが運の尽き。小さなゲレンデでも実質2200円で1日滑れるなら文句いえないじゃん。
というわけで、場所は初めて行く白鳥高原に決定!

奥美濃なので、7時に出て、2時間かからずに到着と健全な行動。

Img_4903
R156沿い。紅葉と雪のコントラストが最高によかった!
初滑りならではのシチュエーションですね!!


ただ、これからのルートはウイングヒルズとほぼ同じあの急なワインディング。
積雪ありました。時々凍ってもいました。
駐車帯でチェーン付けているのは許すとしても、やっぱりノーマルタイヤでスリップ立ち往生してるバカが1台。それも半車線ふさいだ状態でストップしやがるから迷惑極まりない。
なんとかクルマ1台通れる幅。シーズン中数度はこういう風景に出くわしますが、11月だからって山を甘くみちゃいかん!

で、フォレスターですが、前車の隊列についていくペース。2月のニセコレンタでも感じましたが、雪道はレガシィより強いかも?
IモードDレンジで難なくクリア!


さて、滑走開始!
「ひょっとしたらコース増えるかも?」とHPにはありましたがそれは実現せず。ペアリフト1本分の実質「廊下」での滑走。
だけど、向かいにあるウイングに比べると混み具合は知れたもの(遠目で見ててもウイングの混み具合はひどかった・・・)。

一方、こちらですが、
Img_4909 Img_4908
リフト待ち、終始こんな程度。
(左画像の向こうに見えるのがウイングヒルズ)
脇にパークがあるのでスノボのいち集団が固まっていましたが、彼らが行くタイミングを外せば充分練習できる。

さらに、昨晩そこそこ積もったようで、
Img_4907
初滑りなのに、「プチ」ツリーランも楽しめた♪
この日は値段以上の価値があるぞ。


午前は8本。
最初4本は感覚を思い出しながら流し、いよいよ・・・、
Img_4911
ニューブーツのシェイクダウン!!
(左の青から右の赤へ)
最初足入れしたとき、いかに今までのブーツがヘタっているかを実感。
まず最初2本は素のままでゆっくりアイドリングさせて、その後インソールを付け替えて3本。
この時点では、まだ感触がいまいち・・・。


Img_4913
昼食はロコモコ。
1200円(マイナス食事券800円)。ハンバーグもファミレスレベルはキープしていてけっこうおいしかったです。

その後仮眠して、午後の滑走。
結果、16時まで10数本も滑り倒しました(途中でカウントあきらめた)。

Img_4919
西側斜面にあたるため、午後からバーンは徐々に日影になり、人工雪バーンは氷へと変化。
しかし、例年最初によくやる「ズルっ!」も少なく(といっても、右内脚をひっかけるクセは相変わらずですが)、ブーツも徐々に慣れてきて初滑りにしてはいつもと違う感触が。

15時から客も履けてバーンも空いていく。
最後は可能な限りスピード出してカービングしたり、脇に残ったクラストに敢えて入って遊んでみたり。
それはそうと、クラストが楽しく感じてしまうのは、なぜだ!?

これがブーツの効果だったら、嬉しい。
今季からのパートナーとなるブーツのモデルはアトミックの「レッドスター」。
その名の通り、元阪神の赤星が守備で外野を縦横無尽に駆け回ったように、今季はこの「赤星」で雪の中を自在に操りたい。
もちろん技術やスキーの基本も習いますが、目的は「どんな雪、どんな斜面でも、“たのしい!”と感じる滑りがしたいのが夢ですから。

ただ、予想はしていましたが、「当たり」が2ヶ所。
さすがに痛みが出るほどなので、近いうちに直してもらわないと。


これで、初滑り、終了!
ただ、この先、職場の引っ越しとか、その他諸事情で1月まで滑走日数が稼げないのが予定されているので、それまで滑走できる日は1本1本大事に滑りたいと思っています。


【オマケ】
↑今季も懲りずにやりますよー!
ただでさえ本文がダラダラを過ぎているのに、さらにダラダラ綴るオマケコーナー!

<その1・アフター!>
スキーのあとはフロとメシ!
奥美濃に行ったとき、いつもは白鳥の「美人の湯」でしたが、今回は新規開拓。

Img_4923
ここが、当たり!
キレイ、広い、フロ後のマッサージチェアが不要なほどジャグジー系が充実すぎ。さらに独立した休憩室もあって600円!
さらに滑り台もある(さすがに恥ずかしくてしなかったけど)。

メシは奥美濃帰りの定番と化したとんかつ屋。
ですが、かつ以外の揚げ物も豊富にあり、
Img_4925
今回は海老+野菜肉巻きフライの定食。
海老は「えびっ♡」としていて、肉巻の野菜が「シャキっ!」としている。
この店、外れがないな。
それでも未開拓のメニューまだ多数。次奥美濃へ行けるのはいつ?


<その2・リッター30km/l??>
アップしてからR156までの急なワインディング。
さすがに凍結が残っていたので、ゆっくりめに下りはSモードDレンジ(ときどきマニュアル)で前車についていきながら降りていく。
エンブレ効かないフォレスターですが、速度を落とせばそれなりに降りれるなと当たり前のことを考えながら・・・。

で、R156合流時点。
Img_4922
わずか15分、かつ下りだけとはいえ、この燃費はハイブリッドを越えた!!
こんな数字絶対出ないから、記念として画像に残しました。
この後、もちろん数字は下がっていくのですが・・・。

結果、往復トータルは16.2km/lでした。
それでも充分満足なんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

スイッチちょっとだけ

ようやく、
明日、初滑りの目処が経ちました。

といいつつ、7時出発のやる気無しモードですけど。

初日ですから、
新しく調達したブーツのテストと、
それ以上に、自分自身のテスト。


やっぱり今年は、なにかおかしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

ブログケンタイキ

いや、ネタ自体は溜まりに溜まっているし、書くことはいっぱい、あるんです。


でもなんか、そのネタを書く気にならない、ここ最近のブログ更新。
この夏はあいちトリエンナーレというビッグイベントが終わったあとだからか、今年話題の「あまロス」じゃあないけど、ちょっとばかりロス感があるのも事実。
そんな中、2週前に四国・直島へ行けたのは大きかったけどね。
例年ではスキーモードに入っているはずなんだけど、重い腰が、上がらない。


反対に、
仕事はあらゆる方向から集中砲火。
引っ越し(あと1ヶ月切った)を筆頭に、防空壕やシェルターに隠れていても見つけられて機銃掃射でやられている状態。
生きているほうが、不思議なくらい。


そんな中、自身の職場異動が「ほぼ正式に」決定した。
引っ越しといっても、本社機能はそのまま名古屋に残る。
来年からもその名古屋に残って、別のことをやってくれと。

まぁ干されて飛ばされる訳ではなく、受け入れる側の部署から「Hassyが必要だから」ということなので悪いことではないが、何もこんな時期に・・・というのも、正直ある。
春からマジメに引っ越し、考えていたのに(物件もリサーチしていたころ)・・・。

前厄の今年、あらゆる意味でやっぱり前厄だった。
(大きな怪我がないだけでもよしか。詳しくは話さないけど病がまた再発中)
2014年の本厄は、どうもまさに本厄の年になりそうだ。


そして、後厄にあたる2015年と、会社の長期的にわたる大きな計画の目標年が、ちょうど重なる。

そのときになってからなんだろうか。
本当の自分の人生にとってスタートになるのは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

ほとんど意味無し

今年2013年の祝日の中で、この日ほどもっとも意味がない祝日があっただろうか?

第四土曜日。
土曜日は勤務だったり休業だったりするウチの職場も第四は基本休業日だから意味無し。
さらに、一部コンビニATMの手数料無料も、祝日だから無効。


それが、「勤労感謝の日」だったりするから、余計に腹が立ってきます。
(医療関係者だけですね。メリットになるのは)


さらに、
8月の11日か12日を「山の日」として祝日にしよう!と話題になっているようですが、お盆にかかるからこれも意味ないのでは?
(役所や金融関係者にとって、それがメリットになるかはわかりませんが)


そんな日に作るくらいなら、6月になにか祝日を作って欲しい。
もちろん、ハッピーマンデーとしてではなく!


でも、本音を言えば、もっと有休を取りやすくする制度を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

週の真ん中が、大事

昨日の出来事ですが・・・。


この日、悪魔の「ノー残業デー」。
通常業務自体はめずらしくスムーズに終わった。でも全体としては溜まりたまったまま強制退社でしたが・・・。

ならば、それを逆手に使う方法も、あるだろう。
2日前、ある人にメールして、「空いてます?」と。
職場の位置は全然バラバラですが、ルート上に接点があったので。

Img_4880
水曜飲み!
ハッピーマンデー相変わらず反対派の自分にとっては、この「週の真ん中」の息抜きがいかに大事であるか、なんとなくカラダが染み付いている。
時にレイトショー値段で映画をみたりとか、ね。

そういえば、入社間もないころは、当時の上司が会社近くの居酒屋とか、寿司屋によく連れてってもらったなぁ。
それも、水曜日か木曜日に。
それによって「週の残り、がんばろう!」という一体感もあった。


Img_4883 Img_4881
店自体は何も考えていなく、思いつきで入った店が大ヒット!
部屋は完全個室。「え?」と思わせる装飾もびっくりしたし、料理も高くなく、しっかりしていておいしい。
最初の枝豆で、「この店、いいぞ。」と感じたほど。

金曜日とかは混んでそうだから、また週中に行こう!


あと、直前で半ば無理矢理誘って応じてくれたオッちゃん(仮名)、付き合っていただきありがとうございました!
やっぱりスキーやっててよかったなと思った瞬間。
職場とか立場違えば、職場のグチも笑い話になっちゃうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

月曜日に思う

今年に入ってから・・・なのかなぁ。
一週間が、今まで以上に余計に早く、ではないなぁ。“速く”感じるようになってきている。


月曜日が始まったと思ったら、気がつくと、週末に。
そしてあっという間の土日が過ぎ、再び月曜日が始まる。


どこかで聞いた話ですが、
小学生の1週間はものすごく長く感じるんだとか。
それは、まだ10年も生きていない中での1週間。
棒グラフに置き換えれば、その1週間分のグラフは、長い。

それが、だんだん月日が過ぎ、年をとっていくと、
棒グラフの中の割合は、徐々に狭くなっていく。
だから、1週間が短く、感じるのかなぁ、と。

3年前、105歳でお迎えに応えた親戚のばあちゃん。
晩年、「もう怖いものはないもない」かのような毒舌を最期までふりまいていましたが、
あれは、ひょっとしたら1ヶ月か1年が1日くらいの短さと感じていたのかも、しれない。
だから、1日のささいなことで悔やんだところで意味ないでしょうと、今ごろになって教わっていたのかなと。

人からは、「まだこんな若造が」と思うでしょう。
藤子・F・不二雄の短編“光陰”も、実は似たようなネタを上げていて、最後は月が本当に目に見えて動いているオチで終わっているけど、今の日本は福島の例がそうであるように、ある意味、世界の今後を占う待ったなしの世界が至るところで、刻一刻と迫っているのは、事実。
(職場でも引っ越しが1ヶ月後と刻一刻と迫っていて、焦り始めているのも、あるんだけど)


この先、どれだけ1日1週間が短くなっていくんだろう。
それでも、今日も酒を片手に、ダラダラブログを綴っている自分がいる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

休みらしい休み?

ここ数ヶ月。休みと言えば必ずどこか遠出とか、外出とか、半日以上家にいる、という週がなかった。
なので、この土日は久しぶりにオフ!


午前中は掃除とかなんだとかヤボ用三昧して、昼過ぎから外出。
(結局外出てるじゃん)

まずは、
Img_4834
数年ぶりに、眼鏡を新調。
じつはオフ用の1本(セルフレーム)を折ってしまい、その代替。
さらに、10年以上使っているスキー用のフレーム。そろそろ変えたかった。

条件として、「ゴーグルが難なく入る」。
今までのスキー用眼鏡を持ち込んで、幅をくまなくチェック。
そして、ブランドは初代スキー用から10年以上愛用している「999.9(フォーナインズ)!」

・・・999.9、これで5本目になります。
それだけ、信者と化しているのよ。

で、この時点で、大きな衝撃が(その1)!!
眼鏡購入は10年以上、同じお店でお世話になっています。
視力チェック後、美人の店員さん(←これ重要!)から、「前回と大きな変化はないのですが・・・。」と続けて、この先生きる上で逃れられない問題発言が!

ついに、そういうトシかと、かなりショック。
今回のフレームはオフ用ですが、現在使用している仕事用のフレーム、同時にレンズだけ交換の予定だったので、こちらはやむなく「それに対応したレンズ」に交換することに・・・。

まぁ、早く発覚しただけでも、良しとするか(テンション低し)。


その後、夜は約束があったので、名鉄で某所へ移動。
Img_4841
スキー仲間とカラオケ!
今日スキーへ行った帰りの人と、明日スキーへ行く人と、この土日は部屋の片付けに追われている(自分ともうひとりのことだ!)4名で、3時間歌いまくり!
つか、ネタの出まくりで、歌う以上に笑いまくった!

ここで、大きな衝撃(その2)!
ほうせい線、この3時間でかなり増えたと思う(笑)。

・・・こうやって、トシとっていくんだなぁ。
現実は、見つめないといけないんだなぁ。


結局、終電で帰宅。
でも、久しぶりに余計なこと忘れて、楽しかった!!

それでも、余計なことを書くのが日々綴文。
Img_4840 Img_4848
そのカラオケへの移動。
名鉄でしたが、往復とも、クロスシートに座れた!
名鉄は、クロスシートでこそ、名鉄である(自分勝手な、自論)。
そういう意味でも、いい1日だったなぁ。


【オマケ】
かつて、カラオケは“嫌いな物ワースト3”のひとつでした。
でも、今日の出来事で、こういうのもアリだよね、と。

昔はブ厚い本をめくって、レーザーディスクが動いて・・・の時代でしたが、今は通信端末でカンタンに検索できるんですね(って、いつの人だよ)。

今回のカラオケの、新発見。
Img_4845
端末は、割り箸で操作できる!
かつ、付属のペンより反応がいい!
皆さんも、これからカラオケは割り箸が必須です!(・・・なにかちがう)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

立冬を越え

急に「ふゆ!」になってきましたね。

北国では積雪とか、スキー場では根雪になりそうなほど降ったりして、いよいよ!なのですが、
自分、例年と違い、その気になる度合いがちょっと・・・。


一番の理由は「職場の引っ越し」でして(第二弾がクリスマス三連休・・・って)、その影響からシーズンインから1月くらいまで、滑走日数は例年より少なくなりそうなのは明らか。

さらに、先週、とんでもないことを言い渡された。
まだ内々なので正式に決まったら・・・なのですが、前厄の年、特に職場では年中コロコロ予定や計画が変わりに変わり続け、最後にこういうどんでん返しがあったか!と。

それでも、年始に厄払いしていなかったらどうなっていたんだろうと恐れる今の自分です・・・。
来年は本厄。ますますどうなるんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

四国・アートと食めぐり(2日目)食の高松!さらにアートも!!

(この日記は13日に作成いたしました)


その1からのつづきです)

無事に高松の朝を迎えました。
ホテルは朝食なしとしています。なぜなら・・・。

Dscf2973
いきなり、朝からうどん!
せっかく四国は讃岐に来たのですから、うどん食べなくて、どーする!!
でも、日曜定休の店ばかりで、さらに朝食時からやっている店に限定するとほぼ一店しかない。
事実、たどり着いた8時過ぎ、かなり混んでいました。

昨日ちょっと飲み過ぎたので、目覚ましの意味で梅うどん(冷)。
梅干しが塩辛く、酸っぱくておいしい〜♪

この日、天気予報は全国的な雨。ひょっとしたら荒れる?
直前までいくつか候補はあったものの、この予報なので雨傘プランで高松市内をぷらぷらと・・・できなかった!

実をいうと、数日前にとあることを知ってしまい、同行者に「行ってもいい?」とリクエスト(というより、ほとんどワガママ!)を聞いていただき、午前中行動したのは・・・、

Dscf2976
高松市美術館。
なぜここへ来たのかといいますと・・・、

Dscf2977
こういう企画展があった!
高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.03
これを数日前に知ってしまったばっかりに・・・。

若手アーティストの紹介の場として始めて、今回で3回目ということですが、その中に、音楽カテゴリーでいつも上げている、高木正勝氏の映像作品があることを知ったため!!
しかも今年の新作「Utagaki(うたがき)」の上映もあるという。これは行かねば!

Img_4820
旧作も含め、約30分のループ、すべて鑑賞。
同行者は「曲はいいけど、映像が・・・」と言っていましたが、別にそういう感想でも、いい。
「曲はいいけど。」と言ってくれただけでも。

新作「Utagaki」について、音源自体はiTunesですでに入手していたため、どんな映像か、観てみたかった。
それがまさか、高松で、それも自身がその地にいる時に観られることに感激!!
そういう偶然って、あるんですね!!

他には4組のアーティスト。
3年前のあいちトリエンナーレにも出展していたトーチカ(これもなかなか面白い)以外は、初めて知るアアーティストたち。

そんな中、ポスターアーティストである「スプツニ子!」さんの作品にすごい衝撃!
自称「理系アーティスト」と名乗るゆえ、写真/絵画/映像とフルに使いまくっていて、内容が過激に満ちあふれている!
(この日、高校生らが研修鑑賞に来ていたけど、実際に彼女の作品を見せたのか?というくらい)

見る限り、すごく美人なのにね・・・。


まさかまさかの、2日連続のアート館賞となりまして、自分は超満足。
同行者にはワガママ聞いていただき、ありがとうございました。

そして、
Img_4821
やっぱりお昼もうどんなわけで。
今回は釜玉。行列できてる店もありましたが、本場讃岐うどん初めての身分にとっては、どこ行ってもうまい!のが本音だったり。
うどんマイスターに調べてもらったりもしましたが、結果あまり反映できなくてごめんなさい。
次回行けるときは、本当にうどんめぐりしたい!


そして、最後はおみやげ購入。行く先はもちろん、
Img_4822
イオン!
やっぱり地元のお土産は地元のスーパーに限る!

購入したのは、
・高松一の製麺所と言われている日の出製麺所の麺(半生と、ゆで。ちなみにゆでの賞味期限は翌日!)
・かけ/ぶっかけ用のうどんつゆ。
・早出しみかん(正直、箱で買おうか迷った。帰宅して食べたらあま〜い!)
・醤油豆(これも香川の郷土料理で、両親からのリクエスト。実は朝食のあとに喫茶店に行っていて、詳しい名前を知らなかったのでマスターに聞いたら、マスター夫婦とそこにいた常連客から、『黒川』のがいい!と薦められたので。事実、この黒川のものが安いし、もっとも陳列棚を占領)

限られた時間の中、満足した四国食い倒れアートツアー。
15時にいったん給油して、帰りは淡路島経由で。

Img_4824
鳴門大橋を渡り、いよいよ四国ともお別れ。

Dscf2984
島の北端にある淡路SAで休憩。
今まで本州側からしか見たことなかった明石大橋。今回は逆から見られてはしゃいでいた自分がいたのは内緒です・・・。

同行者を1名降ろす京都通過が18時半。
だったら、ここで夕食にしましょうか。いったん高速、途中下車。

Img_4833
地元で評判のイタリアン。
味は最高!でも、量が多すぎ!
写真には載っていませんが、さらにピザ追加(って、頼んでるの知らなかったぞ!)

なんとか胃袋をがんばらせて、残りの行程も順調に進んで帰宅。


いやー、楽しかった!
初の直島、初の四国。初めてがゆえちょっとしたトラブルもありましたが、限られた時間のなかでは有意義だった。
でも、もっともっといたかったのも事実。
次は瀬戸内の豊島とか、他にもアートしている島がありますので、できることならぜんぶ巡りたいなと思っている今回のメンバーたちでした。
誘っていただき、そしてワガママ聞いていただき、ありがとう♪
近いうちに、また行こうね!


【オマケ】
四国、高松。
アート企画展以外に、これだけはという琴線があったのですが、今回はひとり行動じゃないので、なかなか実現せず。
わずかなスキを突いて、現地へ行って撮ったのが、
Dscf2982
ことでん!
いや、これを見ずに高松へ行った実感は涌かないでしょう!(何か間違ってる)
これは元・京急の電車。この路線は元・京王もいましたし、何より別の路線では地元、元・名古屋市営地下鉄の車両も!
ですが、今回は行程上、お目にかかる事はできませんでした。久しぶりに会いたかったなぁ。

さらに、イオンへ向かう途中、JR四国の車庫があって、そこで立ち止まりたかったのも事実です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

四国・アートと食めぐり(1日目)魅惑の直島!

(この日記は12日に作成いたしました)


プロローグからのつづきです)

Dscf2833
船に乗って20分。いよいよ直島へ接岸!
天気はやや曇り。まぁ今日1日はなんとか持つでしょう。

隣の駐車場にクルマを停めて(しかし1日200円は安い)、まず向かうは・・・、
Dscf2843
自転車を借りに(別の場所で撮ってますが)。
そう。島内を巡るにはバスもありますが、距離も知れてるし、こういう場所はレンタサイクルが一番!
6段変速つきのサイクルが500円/日、別に電動アシストが1500円/日。
「どーする?」と聞いたら、ふたりともふつうのでいい!というので前者を選択。

Dscf2835
まずは「赤かぼちゃ」に近寄って直島へのごあいさつ代わりにじっくり鑑賞。
いよいよ、巡りますか。

Dscf2841
こんなふうに、島内を回りますが、最初の目的地に行くのに一時、急坂が。
毎日自転車通勤、かつ1日仕事+通勤で3万歩歩いている自分と、普段からスポーツや山登りやジム通いしているひとりは平気でしたが、残り約1名が・・・。
「電動アシストにすればよかったー!」といきなり音を上げる。
ごめん。フォローできんわ。

その急坂を登り詰めた場所にあるのが、今日第一の目的。
Dscf2846 Dscf2847
地中美術館!

すみません。このブログ、ダラダラ綴るのが目的の“日々綴文”ですが、ダラダラ綴れない!
門をくぐった時点で撮影不可、というのもありますが、作品数少ないのに、それもすべて恒久展示なのに、さらに入場料2000円もするのに、感動の連続!
年間シーズン券(1万円)が存在するのも、充分にわかる!
ぜひ、もう一度どころか、何度でも行きたい不思議な感覚!

館内のカフェ。外へ出られるので、
Dscf2858
瀬戸内海を眺めながらの、ブランチ。
この日暑くもなく寒くもなくの絶妙な1日。すごく至福なひととき・・・。

さぁ、次のエリアに向かいましょう。
次に向かうのは、本島エリア(フェリーが着いたのは西側の宮浦エリア、その反対の東側)にある、
Dscf2873
“家プロジェクト”という作品群。
6つの旧家を改装したものや、あらたに作られた建物の中に、それぞれ違う作家・コンセプトによる作品が地区内に点在。
Dscf2878 Dscf2890 Dscf2931 Dscf2934 Dscf2945 Dscf2949
回った順から、「石橋」「南寺」「角屋」「護王神社」「碁会所」「はいしゃ」。
これとは別に、別料金の予約制「ぎんざ」があるのですが、前調べ不足でそこは入れず・・・。

どれも素晴らしいのですが、「南寺」がものすごく、衝撃だった!
建物内はジェームス・タレルというアーティストによる作品。地中美術館にも彼の作品があったのですが、どちらも体験型といえばそういう作品なのですが、人間の感覚の“いい加減さ”を著実に表わした作品といってもいいでしょう。
みえないものが見えてくる。今までにない新鮮さを味わいました!

Dscf2892
もうひとつ、「安藤美術館」という建物が。
この直島をアートの島に仕掛けた安藤忠雄が、地中美術館や家プロジェクトを手がけた行程や、その苦悩などを展示している施設。
これを観て、地中美術館のコンセプトの壮大さを知る。
・・・一層、もう一度どころか、何度でも観たい気分にさらされる。


今までアートとか美術といいますと、自分が観た例としては美術館の企画展とか、トリエンナーレ/ビエンナーレといった期間限定の展示ばかり。
しかし、ここ直島は基本的に同じ作品が変わることなく恒久、すなわち半永久に展示されるコンセプトとなっていて、これから先も増やすことはないでしょうと、スタッフの方はおっしゃっていました。
それだけなら「一度行けば満足」なはずが、もう一度行きたいという気にさせてしまうのか。
 
でも、この日に行ってよかったこと。
先週まで「瀬戸内国際美術祭」が開かれていて、会期中は瀬戸内の島内、どうしようもない混雑だったと複数のスタッフから聞いた(レンタサイクルが予約で満杯とか、フェリーに積み残しが出たりとか)。

しかし、その1週間後に我々が訪れたときは、台風一過というか、それくらいがらんとしていて、すごくゆったりして余裕を持って鑑賞できたこと。
別に例えるなら、さっぽろ雪祭りの翌日のような感覚、ですかね。

帰りのフェリーまで賞味8時間の中、島内十分にまわることができた。
でも、ひとつ心残りが。
Dscf2958
じつはこの建物、銭湯。
「愛♡(LOVE)湯」なんてネーミングで、これもアート作品のひとつ。
ここで疲れ、癒したかったけど、時間が押してしまって・・・。


ここからはオマケ的な行程。
この後、高松へ向かい、今日はそこで宿泊。
17時発の船(これが最終)に間に合うように手続きして、乗船を待っていたら、

1392819_600973336643192_169218283_n
目の前に、とても美しい夕日が・・・。
最後の最後に、この上ない芸術に見送られて、フェリーに乗船。

但し、この日の早起きがゆえ、高松までの1時間、完全に爆睡。
起こされても気づかないほどだった・・・らしい。

1003947_600973369976522_589498585_n
そして、いよいよ自身初の四国、上陸!

ホテルチェックインして、夕食。
この日の目的は、
1385797_600973526643173_1772517671_
骨付鶏!
うどんと並ぶ香川の地場料理だというのを初めて知りました。
雛鳥と親鳥がありまして、両方いただきましたが、親鳥は身が締まっていて砂肝に近い食感。そして雛鳥は、やわらか〜い!!
とにかくビールがすすむ進む!!

この骨付鶏、どれだけおいしいかといいますと、
1390753_600973609976498_995313769_n
菅野美穂が薦めるくらいですから!!

・・・こうやって、1日目、四国の夜は更けていくのでありました・・・。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国・アートと食めぐり(プロローグ)

(この日記は11日に作成いたしました)


この土日、自身初となる四国まで行ってまいりました。
しかも、自走で・・・。

事の発端は、3ヶ月ほど前にさかのぼります。
とあるスキー仲間ふたりからのお誘い。
もともとは昨年から今回同行する2人だけで計画に上がっていたらしいのですが、「四国行きたい」→「その名物を食べよう!」までは上がっていた、らしい。
その中で、「だったら途中、瀬戸内海の島行こうか」→「直島という島がある。なんかアートの島らしい」→「だったらアート好きのHassyを誘ったら、きっと喜ぶんじゃない?」ということで、その時点で初めて声がかかったんだと(道中初めてそれを知りました)。
わかってるじゃん!

というわけで、
四国そのものよりも、あの直島へ行けること自体が嬉しくて、もちろん二つ返事でOK。
スケジュール調整して、ルートを決めて、詳細はメッセで詰めて、いよいよ当日!

・・・なのですが、船を使う関係上、到着時間が決まっている。
フェリーに乗るためには遅くとも8時には宇野港に到着する必要が(8時20分発に乗りたいため)。
それを逆算すると、深夜2時に名古屋発か・・・。
特に金曜日は会議で20時までの拘束が決まっていたから、仮眠する時間も充分取れるかどうか。

と考えていた結果、ひとつの手段が浮かんだ。
1452190_600556650018194_387787024_n
24時間営業のスーパー銭湯を探し、そこで「メシ」「フロ」「仮眠」を同時実行。
普段地下鉄通勤ですが、この日は荷物積んでクルマで会社へ。会議も少し早めに終了し、自宅へは戻らずスーパー銭湯へ直行!
しかし便利ですね。手ぶらでも行ける。
タオル完備。館内はアロハシャツで自由に行き来できる。2100円は最初高いと思ったけど、これだけ設備がそろっていればネカフェよりも充分に安いし、何よりフロがあるから疲れも取れるし。
これで、一時帰宅より1時間以上の余裕が生まれました。

仮眠も3時間、充分に寝ることができました。

2時、いよいよ行動開始。
20131111_221121
行きの行程はこんな感じ(NAVITIMEより)。
途中、岐阜と京都の仲間をピックアップして、一路西へ。
一般道へ降りてから時間が厳しい。ファミレスかマックで朝ご飯にしたかったけどそれらも見つからず、コンビニのパンで済ませて・・・。


Dscf2816
ギリギリ8時に宇野港着。なんとか間に合いました。
(つか、NAVITIME検索の時間の正確さにビックリした! 結果5分と差がない!)

Dscf2817
すぐに乗船手続きをして、クルマをスタンバイ。

Dscf2820 Dscf2823
無事クルマを積んで、8時20分、出港!

・・・といっても、直島は目の前に見え、上部のデッキで景色を眺めていたらあっという間の20分。

Dscf2831
港が見えてきました。
草間彌生の「赤かぼちゃ」が出迎えてくれます。

アートの島、直島。
果たして、どんな島なんだろう??


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

りっとう?

明日は立冬。

今日も20℃達したナゴヤ。作業着は相変わらず半袖です。
ほんとうに、これから寒くなるの?


余談ですが、
この週末は珍しく西のほうへ遠出します。
従って「栗東」も通過します。

・・・今日のブログ、それが言いたかっただけです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

代車でGo!(13年秋版)〜ツーリング??コンパクト

(この日記は6日に作成いたしました)


タイトルからわかるように、今回もやります!
日々綴文の恒例迷企画、“代車でGo!”。

今回はフォレスターの新車6ヶ月点検。
まだ事実上5ヶ月なんだけど、7000kmも走っちゃたし、この先スキーシーズンが待っているし、だいたいこのあたりでギア系の油脂類をいったん全交換しています。

となると、やっぱり代車!
毎度のことながらセールス氏のノートPCでリストを眺めて品定め。
そしたら「!」と目についた1台。

これは乗らなきゃ!
たとえBRZやWRXの代車がなくても、それら以上に乗る機会がないであろう、スバルとしてものすごい稀少車が代車リストにあがっている!
迷わず、これを1位指名!

Img_4773 Img_4760
トレジア!
まぁ簡単に説明しますと、インプレッサと軽の穴を埋める、かつインプレッサが3ナンバーなので5ナンバーのコンパクトがスバル車には、ない。
そこで提携元のトヨタが「これどう?」と提示され(元はラクティス)、スバルブランドとして売られているOEM車。
表面上は「共同開発」とはなっていますが、どこまでそうかは・・・?

ただ、脚回りだけはスバル専用チューンだというのは周知の事実。
果たして、その実力は?

<まずは見た目>
OEMなのでエクステリアの具体的な感想ははしょりますが、スバルオリジナルのフロントデザイン、どうも「ラクティスのボツ案」にしか見えないのは自分だけですか?
同時期に出たトヨタの「SAI」がちょうどこういうデザインしているので・・・。
決してカッコ悪いわけではないんだけど・・・。
リアはランプ類のデザインが異なるだけ。

Img_4774 Img_4771
インテリア。
フロントシートは充分な大きさですが、リアが思ったより狭い。
全高1585mmだけあって頭上は充分ですが、足元がちょっと・・・。

それ以上に、内装の安っぽさが目につく。
最近のトヨタの下位モデルはどうもそのような。
現行カローラなんか、あまりの安っぽさにショック受けたくらいだからなぁ。

Img_4757
紹介が遅れましたが、今回の代車は1.3i スポーツパッケージ。
ようは素の1.3iに、アルミホイール、サイドスカート、革巻ステア+セレクトレバーと、見た目はスポーティー仕様。
これに、アイドリングストップパッケージがつきます。

・・・でも、バッテリは専用じゃないんですね。

<で、いよいよ走り!・・・がねぇ>
・・・つか、今までの「代車でGo!」よりも、文章はしょっているなぁ。気のせいか?

街中で、やんわりと走っている分は特段不満はありません。
ですが、ちょっと飛ばそう、ワインディング行こうとすると・・・弱点がどんどん露見。

今回、いつものようにN青年と一緒だったのですが、原因はCVTとみた。
とにかく踏んでもタイムラグが大きい。モサっとした感じで、走りが追いついていかない。
なので、エンジン自体の性能がいいのか悪いのか、わからない。

エンブレはそこそこ効きますし、D→S、さらに→Bへの反応は早い。
でも逆に、Dに戻すとプーリーの回復が遅すぎて、またモッサリと・・・。
ちなみにBレンジフル加速ではレッドの6000rpmまで回りますが、それ以外では5000で頭打ちになる設定。


事実、エンジン音よりも、向かって左側だけがうなり続ける。
その場所は・・・完全にミッションの位置だ!

完全に街乗り専用車・・・ですな。
と思ったら、全高1585mm。立体駐車場にギリギリ入らない。そこも中途半端。

アイドリングストップもついていました(これはOPみたい)。
完全停止でエンジンオフになるのはOK。ただし復帰後、ブレーキペダルがひょこっと動く感触が。
おそらく、ヒルスタートアシストとも連動しているとみた。
これが原因で発進までワンテンポ遅れてしまう。
坂道ならともかく、平地まで働かせなくても・・・。
ちなみにこのアイスト、純正スバルと違ってNでもPでも働きます。


<でも、褒めたい点はある>
脚回り!
スバル専用チューン。正直ホントかどうか疑っていたけど、見事裏切られた。
思いのほか、しっかりしている。これはフォレスターよりも勝っている。

FFで、かつリアは車軸式サスであるにもかかわらず、山道では思うように、面白いように曲がってくれた。
そこは唯一、褒めてもいい。
でも、肝心な動力性能が・・・。

なんだかんだでトータル170kmも走ってしまった。
燃費はメーターで17.1。走りを方を考えれば充分合格点でしょう。
ただ、モード燃費が18.4なのね。イマドキのコンパクトとしてはあまり良くない数値じゃ?


で、総括!
「これなら、FITかNOTEを買います。」
このクラスなら、わざわざスバルに固執する必要もなさそうだし・・・。
それに、元祖である現行ラクティスも見ない。
先代ラクティスはあれだけ売れていたのにね。


しかし、貴重な体験だけは、したわ。
OEMって、こういうものなんだと。

次回はステラかな? プレオプラスかな??
(早くも次回に向けて楽しんでいる自分が・・・)


<オマケ>
この日記のカテゴリーに「旅行・地域」も入れたので、それについても書かねば。
Img_4765
行った場所は結局いつもの岩村。
だって日帰りドライブとして「適度な距離」で「街中/高速/ワインディング」とクルマの性能試すにはこれ以上最適なルートはない。

さらに、
Img_4764
お昼はやっぱり、いつものうどん屋。
ただ、先日TVで紹介されてしまったらしく、混雑が半端なかった。
待ちの人のスキを突いて、入店。
これからはこの「牡蠣入り味噌煮込み」が定番になっていきます。
煮込みは久しぶり。やはりいつ行っても、うまい!

Img_4762_2 Img_4768
紅葉は部分的にはよかったのですが、全体的にはどうも。
この日も袖をまくるほど暖かかったし、今年の紅葉はハズレの部類なのか、これから先なのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

第一波、ひと段落+夕方の用事

職場の引っ越し第一弾。
土曜は9〜18時までのフル。今日は他部署の応援という立場もあり、15時でアップ。
(関連部署のメンバーは明日もあるそうです。ご苦労様)

ただ、来月は自部署の引っ越しが待ち受けている。
予想通り予定通りに進まず、プチトラブルばかり(まぁ毎年そうですが・・・って、ウチの職場、規模の大小はあれど引っ越しは毎年何かしらやっているなぁ)。
来るべき自部署の予行演習と課題出しという意味では、いい勉強に。

今日の午後、自部署の全員で今後の計画についてミーティング。
百戦錬磨の上司の采配もすごいんだけど、この引っ越しを機に現地採用した3人のパート(いまはこちらで研修に来てもらっている)も協力的ですごくありがたいです。
(いまは名古屋からなので通勤に1時間半かかっているのに、残業発生しても進んで受け入れてくれますし)
うち2人(ひとりは女性)はリフト免許持っているため、2日間荷下ろしにリフトフル稼働で大活躍!
休み明け、彼らの左腕が腱鞘炎になっていなきゃいいけど。

明日は我が身。
また休み明けから、通常業務+ISO+引っ越しと、多忙な日々が続きます。


で、
このあとなんですが、自分には予定が入っていまして、

Img_4737
早いもので、スタッドレス交換。
先月サマータイヤ変えた同じ岐阜の店で、純正ホイールからのはめ換え。
ただ、時期がまだ早いため今回はそこまで(互いのスケジュールの調整がつかず、今日の17時になってしまった)。
クルマへの付け替えは後日自分ですることにしましたが、いつできる?

Img_4738
スタッドレスはまたまたミシュラン(信者ですので。ただサマータイヤはそうではなくなりましたが)。
歴代ではBS2セット、ミシュラン4セット目になります。

初のX-ICE3、どんな性能か楽しみ♪
しかも、スタッドレスなのに「Hレンジ(なんとサマータイヤと同じ!)」というおバカな設定!
雪道より、舗装路のほうに期待しちゃうよ!

それにしても、カカクコムって恐ろしいわ。
量販店価格の4割引で買えたなんて、タイヤの流通ってどうなってんだ?

そして、外した純正タイヤは買取店へ売りつけて(安かったけど)。

Img_4750
交換〜買取店までリアはこんな状態。
総数8本、なんとか積めた・・・。

ここでの新たな発見。
この状態(そこそこの人/荷物積載)のほうが、脚回りが安定していてサスの動きもいいことがわかった!
なんか僕のフォレスター、バンみたいなサスの設定みたいだ・・・。

なんか対策、ないかなぁ。


夕食経由して21時半にようやく帰宅。
Img_4752
帰宅の道中、ずーっとナビ画面で日本シリーズ見ていました。
フルセグ画面はキレイだし、楽ナビ+純正スピーカーでもサラウンドとまではいかなくても、かなり臨場感がある音にびっくり!


帰ってから試合の残りを鑑賞。
楽天日本一、おめでとう!
明日も用事があるけど、これを書いている間、勝手にセルフ祝杯しています!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

明日、第一波

いやね、書きたいことはたまっているんですよ。
気分的に、そういう状態じゃなくて、

・・・フェイドアウトだけはしないよう、気は張っているのですが・・・。


実は、
明日からいよいよ職場の引っ越し、第一弾。
自部署との関わりは3、4割くらいなので今回どっちかといえば「応援」の立場ですが、
3日は日曜日ですが、当然休日出勤
(でも所用入れちゃったからご都合主義で16時早退・・・それくらいは許して!)。

自分は4日休みですが、メイン部署の面々は当然4日まで。
さらに休み明けは自部署にも影響喰らうし、さらにISO監査まで。
11月、どうなっちゃうんだろう??

第一弾があるということは、第二弾がある。
むしろメインはそっち。それまでのひと月半で計画進むのか?

さらに!
それをクリスマス前にやるってのが、ウチの職場の大きな特徴だ!

(これでも精一杯ポジティブに書いている、つもりだ!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »