« <不定期連載>フォレスターをインプレ(その5:走りのうち、脚回り編) | トップページ | 漁船を動かしました!? »

2013年7月14日 (日)

2年ぶりの観戦!

(この日記は15日に作成いたしました)


Img_3983
この2週間の間、
通勤時もこの日も、地下鉄の駅では相撲取りの姿が。
これを見ると、名古屋は夏なんだなぁと感じています。


と、いうわけで、
Img_3987
見てきました、名古屋場所!!
2年ぶりでしかも中日観戦。
さすがに当日券はマスのごく一部と、自由席を残すのみでしたので、7時過ぎに着。列に並んで整理券受け取って、8時半の開始までに入場。

Img_3999 Img_4001
開始までの間、いろいろマニアックなことを・・・。
これは場内アナウンス席。実は西花道の、マス席一番前にありまして、行事が交代で実況しています。
決まり手のアナウンスも基本、担当の行事が判断して決定するのですが・・・、

Img_3998
対角線上、東側にはインターホンがひとつ。
実はここに「決まり手役」の親方が座って、時折(アナウンス役の)行事と親方がインターホンでやりとりして決まり手を判断する・・・なんてことも。
しかし、アナウンス役の行事、一切噛むことはない。土俵上の裁き以外でのプロ意識に脱帽。


昼までは前の方にいても別にとがめられないので(念のため呼び出しには確認)、今回は西花道の溜まり席に陣取って下位の力士の取組を観戦。
西方力士はもちろん、審判役の親方が通る姿を間近で見られる。それだけでも、すげぇ。
ただ、東京場所はこれができなくなってしまったんですよね・・・。

昼からは本来の席に戻っての観戦。
あえて、向正面の西側を陣取りました。
距離感は国技館のイス席よりも遠い気はしますが、見下ろす感じがないので、まぁどっちもどっちか。
ただ、本来格上であるイス指定A(東西に陣取られる)は場所によって完全に「ハズレ席」がある。
・・・柱が邪魔しているんですね。
たぶん実際には売られていないと思いますが・・・。

名古屋場所でなら、ひとりだけの「マスD」か、正面/向正面前方の「イス指定B」が穴場かも。
マスDが、意外ととなり同士の間隔が空いていて、ゆっくりひとり観戦できるかも。
しかも昼過ぎまでなら、横になって寝ていた人もいるくらい。

で、
Img_4027
この日、結びで横綱日馬富士が負けて、座布団が舞う波乱で中日は終了。


でも、やっぱり生観戦は序ノ口からですよ!
若い故に「これ相撲か?」というものから、徐々に相撲らしくなっていって、幕下中位〜上位は関取を目指す力士、逆に関取から陥落した力士たちの下克上の位置でもあって、個人的にはこのあたりがすごく面白い。
見てて本気度が違います。


千秋楽も、行こうかな?

|

« <不定期連載>フォレスターをインプレ(その5:走りのうち、脚回り編) | トップページ | 漁船を動かしました!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/57798923

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりの観戦!:

« <不定期連載>フォレスターをインプレ(その5:走りのうち、脚回り編) | トップページ | 漁船を動かしました!? »