« 旧(ふる)きに合わせて | トップページ | 9年目へ突入! »

2013年5月29日 (水)

おうちに帰るまでが

「おうちに帰るまでが遠足です!」って、
小学校のころ、よく言われましたよね。


三浦雄一郎氏、史上最高齢のエベレスト登頂、おめでとうございます!

それ、一週間前の出来事なのに、なぜ今ここで書くのかといいますと、
「今日、無事に日本に帰ってきたから。」
それが達成されるまで、あえて、登頂祝いのことを綴るのを控えていました。


80歳での登頂自体、素晴らしいですし、
(だいたい自身、富士山にすら登ったことないし)
その体力と精神力は並大抵のことではないと重々承知なのですが、登頂してからの、
「生きて帰りたい。」という言葉が、非常に心に響きました。
登山は登りよりも下りが大変だとも、一般的には聞きますし。


目標を達成したあとの虚脱感なのでしょうか。
でも、他の目標。例えば大学に合格したとか、何かの試合に勝ったのなら別にそれでいいのでしょうが、山登りは一度登頂に成功したら、そのあとはその山を降りなければいけない。
そうしないと、おうちには帰れない。
おうちに帰って初めて、登山というミッションが成功する。


マッキンリーで登頂成功直後に消息を絶った植村直己を引き合いに出すまでもなく、
「おうちに帰るまえが、山登り」

・・・それが人間の本心なんだなと、正直に思いました。

85歳になっても、チャレンジするのか?
今のままなら、なんかやってしまいそうな気がして、ある種恐ろしさも感じます。

|

« 旧(ふる)きに合わせて | トップページ | 9年目へ突入! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/57485436

この記事へのトラックバック一覧です: おうちに帰るまでが:

« 旧(ふる)きに合わせて | トップページ | 9年目へ突入! »