« あくまで、“過程”旅行(3日目その3)~今日は、この道で笑う(BRZレンタカーインプレ) | トップページ | あくまで、“過程”旅行(最終日その2)~帰路、思いを馳せて »

2012年9月17日 (月)

あくまで、“過程”旅行(最終日その1)~ようやく、定番・・・?

(この日記は24日に作成いたしました)


3日目その3)からのつづきです。

いよいよ最終日。
でも、この日も5時過ぎに起きて、

Rimg0694
またまた、海産物の朝食。今回はイカソーメン。
注文する際、店主との攻防により侵略されそうになりましたが、そこはなんとか耐えたでゲソ(謎)。
もっとも、貼り紙にも堂々と書いてあるオススメを、ねじ曲げちゃいけないじゃなイカ!?(もっと謎)。


最終日にして、ようやく、函館市街地を散策。
横浜/神戸/長崎とともに、異国情緒満載の街。予備知識ないけど、行けるところまで、いってみよう。
朝食後の朝7時から、行動、開始!
・・・単に混雑した観光地がイヤなだけ。なんてひねくれているんだ・・・。

Rimg0764 Rimg0703
今回は1日券を使って、市電を有効利用します。
でも、ほとんどの車両、今どき珍しく冷房がない!
この日乗った車両。ついに冷房車には、当たらず・・・。
今日もナゴヤ人でもネをあげるほどのあづさ。走行風を浴びながら電車に乗るのがかえって新鮮でした。

この異国情緒散策の拠点、十字街で降りる。

Rimg0756
・・・つか、これだけで、充分ですわ。
(今は使われていませんが、市電の信号所)

さらに視点をちょっとだけ遠くに向けると、
Rimg0709
今は中身が違いますが、当時は丸井今井という、北海道ではメジャーな百貨店の、建物。
ちょっと小さいけど、百貨店の建物は、こうあるべきだと、思う。

Rimg0712
こういう街並を眺めるだけで、楽し。

Rimg0722
あとは、消火栓ね。
すごく年代ものに見えます。散策した一帯はほとんどこの黄色でした。
景観のことも考えて・・・だとしたら、すごくものをものすごく、大事にしていますよね。

Rimg0754
案外有名なのが、この、電柱。
なにが有名なのかといいますと、

Rimg0751
日本最古ですか!!
今じゃまずないであろう四角柱の電柱。触ってみましたが感触もすごくいいです!
(なにか、間違っている・・・)

異国情緒漂う函館。
教会等も多くあり、それぞれに個性があって見応えがあるのですが、自分が一番琴線に触れたのが・・・。

Rimg0742 Rimg0744
函館の、東本願寺。
「ふつうじゃん」と思うなかれ、これがですねぇ、
Rimg0743
ここにも、“日本最古”が!
函館って、古いものを大切にする風潮が、あるのかなぁと。

Rimg0745 Rimg0746
さすがに本堂の中は撮影を遠慮させていただきましたが(特に何もなかったけど、中は撮影NGの寺院、多いから)、当時のコンクリ建築の先見の明が、垣間見えますね。

でさぁ、この本願寺。
この回りはすべてキリスト教の建物なんですよね。日本なのにキリスト教に囲まれて仏教が存在している。
・・・よくよく考えると、こんな風景、日本ならでは、ですよね。
日本以外のほかの国では、まず考えられない。
外国人観光客にとって、この風景が、どう、映るのか。


このあとの行動ですが、
Rimg0834
五稜郭タワーも、見ました。
“見ました”とあるのは、たどり着いた時点でツアーバスの大群が・・・。
展望台にいくのはあきらめました・・・。

でも、タワーに行く途中の収穫。
Rimg0817
明治生まれの、電車に乗る!
1日に基本2本しか走らないため、実は狙っていました。
ベースは明治ですが、車体は復刻して製造されているので厳密には・・・ですけど、それでも昔の風情を味わうには十分。
ちなみに、車掌さん、すごくかわいかったです。


こんな感じで、函館散策終了。
・・・でも、文章読み返してみたら、やっぱり日々綴文的だなぁと妙に納得。

白状しますと、函館市街地、ものすごく土地勘がつかみにくい。
広いのか狭いのか感覚つかめぬまま、半日が経過してしまった・・・。
まだまだ見たかった建物、多数。
もし次訪れるときがあれば、まる1日を函館市街地にあてないと、ダメだなと。


【オマケ】
“食”に関しては北海道はありとあらゆるものが、存在する。
そんな中、函館でのラストの食事の場所が、

Rimg0846
出ました、ラッキーピエロ!!
いちどいってみたかったのよ。で、頼んでみたのが、

Img_1880
出た! フトッチョバーガー!!
実はほかのメニューに決め手がなく、どちらかというと消去法的に頼んでしまったのですが、予備知識ゼロの自分にとって、ものすごく「恥ずかしかった」(なぞ)。

サイドメニューは注文しなかったのでこれだけなら十分完食のレベルでしたが、ひとりでこれを食すのはものすごいプレッシャーが。

・・・まさに、“鳴り物入り”で出てくるとは・・・。


つづく・・・ようやくこれでラストです)

|

« あくまで、“過程”旅行(3日目その3)~今日は、この道で笑う(BRZレンタカーインプレ) | トップページ | あくまで、“過程”旅行(最終日その2)~帰路、思いを馳せて »

コメント

店主に侵略されなくても、お盆がサービス品に侵略されているでゲソ!?
朝からお腹いっぱいじゃなイカ!?

そして昼が表彰モノですね。

あなた様は類い稀なる胃袋と精神力を持ってフトッチョバーガーを見事に完食されました。
鐘の音と共にお腹と心の幸せが保証されました事を記念しここに表彰いたします。

あと6枚集めましょう(謎)

投稿: 梅・しば・T. | 2012年9月27日 (木) 22:20

梅しばさま>
・・・定食だけにすればよかったでゲソ・・・(もっと謎)。


>昼が表彰モノですね
サイドメニューなしが効果したのか、特に問題なく完食できました(ひょっとして、自分の胃袋がおかしい?)

ただ、この時間、行列できてるほどの繁盛のなか、アレは恥ずかしかった・・・。

>あと6枚集めましょう(謎)
次はカレーにします。

投稿: Hassy | 2012年9月28日 (金) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/55738207

この記事へのトラックバック一覧です: あくまで、“過程”旅行(最終日その1)~ようやく、定番・・・?:

« あくまで、“過程”旅行(3日目その3)~今日は、この道で笑う(BRZレンタカーインプレ) | トップページ | あくまで、“過程”旅行(最終日その2)~帰路、思いを馳せて »