« 意外と使ってます | トップページ | 忘れていますよね? »

2012年8月 6日 (月)

ジャッジ?

ロンドンオリンピックもあと1週間ですか。
なんだかんだいいつつ、深夜の1時までくらいはほぼ毎日、中継見たりしています。


この大会、いくつかの種目で、“審判”の問題が出ていますよね。
柔道の「あの覆り」を代表に、
・柔道の「ジュリー」って何なの?とか
(だったら畳の上の審判いらないじゃん)、
・フェンシングのビデオジャッジでとか
(1試合1回だけ要求できるんだ)、
・レスリングの「チャレンジ」(見てて、ボクシングで言うTKOかと思った)ってなんなの??
(つか、基本の意味間違ってない?)と思いながら・・・。

あくまで一般人??の視点で見ているわけですよ。

普段、あらゆる競技のルールを知らない一般人??も、4年ごとのオリンピックごとに「あー、そういうルールか。」なんて思い出したりするんですが、
今年のオリンピックはいろんな競技でいろいろルールが変わっているようで、正直、何がなんだか、理解できていない。


そう思うと、大相撲の勝負判断はすごくわかりやすいよね。
土俵の俵から出るか、両足以外の部分が土俵に着いたら負けと視覚的に明解だし、仮に物言いがついても土俵下の審判5人の合議制で、かつその場でちゃんと説明しますからね。

あと、余計なことですが、
現時点の日本、金メダルこそ2つと少ないものの、メダル総数では中国、アメリカ、イギリス、ロシアに次ぐ5位じゃないですか!
これは誇りにしてもいいのでは?

うがった見方をすれば、
ヘタに金メダルを量産すれば、欧米諸国は日本に不利なように勝手にルール変えちゃうんだから(水泳背泳ぎのバサロ抑制、スキージャンプの板の長さ変更、柔道の効果の廃止、フィギュアスケートのイナバウアーは採点外・・・など多数!)、
むしろ銀や銅の量産のほうが今後の日本にとっていいのかも、と勝手に思うわけですよ。

そういう意味でも、
長年基本のルールは変わってない相撲は、ある意味、スゴイなと。

でもね。
柔道について、国際的にはスポーツとしての“JUDO”になってしまったと嘆く方々も多いですが、相撲でも大相撲とアマチュア/学生相撲は完全に別物だと思っています。
アマチュア/学生相撲は“スポーツ”ですけど、大相撲はスポーツとは言えないと思いますが・・・。


じゅうどうも、“柔道”と“JUDO”を分ける時代になってきているのかな、と。

|

« 意外と使ってます | トップページ | 忘れていますよね? »

コメント

一流のアスリートになれなかった人が審判になるケースも多いわけで、誤審は仕方ない部分もある気がします。

そこに地域や人種の違いに対する人間の心情も加味されますから、なおさらでしょう。

しかし、JUDOは上着を着たレスリングと大差なくなってきていますから、格闘技という意識が柔道には無さすぎる、と感じました。

夜更かしももう少しで終わりますね。
それにしても日本の女性アスリート達は大したものです。

投稿: yapple-happle | 2012年8月10日 (金) 23:27

yapple-happleさま>
お久しぶりです。残暑お見舞い申し上げます。

人間のすることですから誤審自体は避けられなくとも、その後の対応のマズさが目につく、今回の五輪のような気もします。
サッカー女子決勝も、ハンドの見落としがあったわけですし。

柔道については今後日本がどう道筋をつけるかにかかっているでしょうね。
“JUDO”という名のスポーツに特化するのか、“柔”という我が道を頑なに守るのか。

>日本の女性アスリート達は大したものです
さっきまで、バレーの三決見てました。
ホント、たいしたものです。

投稿: Hassy | 2012年8月11日 (土) 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/55367789

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッジ?:

« 意外と使ってます | トップページ | 忘れていますよね? »