« だらっと観てる | トップページ | オリンピック »

2012年7月24日 (火)

今日は朝から晩まで、イチローのヤンキース移籍一色でしたが、

「イチローって、自分の進むべき道が、わかってるんだな。」と感じた。
それと同時に、「人間の進むべき道は、必ずしも、ひとつではない」と。

この時期、メジャーリーガーのトレードや移籍なんてよくあることらしいですが、
移籍先ですぐにプレーして、しかもその対戦相手が古巣。

長年お世話になった古巣に対しての後ろめたさもあるかもしれないのに、過去の道の功績は残しつつも立つ鳥跡を濁さず、すぐさま次の道を開拓する・・・なんて、野球界ではイチローにしかできないことかも、しれない。


・・・それと同時に、ふと思った。

昔から解決できない“いじめ問題”についても、
いじめられている人には「道はひとつではない。」と言ってやりたいし、
ひょっとしたら「道はひとつ」と潜在的に思っているかもしれない自分に対して、この出来事はハッとさせられた。
何を隠そう・・・って隠さなくてもいいけど、イチローと自分、実は同学年だったりするし。
その成功したと思っていた同学年でも、そのときその時で悩みはあるんだな、と。


道は人それぞれ、な、はずなんだけど・・・、

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。
迷わず行けよ。行けばわかる

(アントニオ猪木)

I'm sick and tired of the same old chaos
変わり様の無い混沌はもうウンザリだ!
Must be a way to get out of this cul-de-sac
この袋小路から抜け出す方法はある!
(YMO“CUE”より)


21世紀のベーブ・ルース。
あと半世紀もすれば、必ず伝記の人物に、なるんだろう・・・。
その“歴史”の出来事をリアルタイムで見ることは、ある意味、幸運なのかもしれません。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・でもさぁ、
マジメに綴った後でアレなんだけど、
かつ、前にも同じこと、言ってんだけど・・・、

イチローの選択以上に、MLBのユニフォーム作る業者って、職人技を超えているよね。
いつから彼のユニフォーム、仕立ててたんだ??

|

« だらっと観てる | トップページ | オリンピック »

コメント

トレードって、今日決定して今日実現するものではなく、相手チームと度重なる交渉にて成立するものですから、ユニフォームメーカーも即日仕上げではなく、何日も前から受注していて制作していたはずです。交渉がまとまって公表されて世間が知った日に作られたわけではないですね。

投稿: たにやん | 2012年7月29日 (日) 14:39

たにやんさま>
もちろん1日でできるものではないのはわかっていますが、
「情報は絶対漏らさず」「ギリギリの納期での制作」「イチローのことだからサイズについての細かい指示もあるはず」「確か、バットにも球団ロゴ入っていたような」・・・等々、あらゆることを考えると、MLBの裏方はそういう意味で、プロフェッショナルの集団だなとつくづく思うわけです。

投稿: Hassy | 2012年7月29日 (日) 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/55272756

この記事へのトラックバック一覧です: :

« だらっと観てる | トップページ | オリンピック »