« あしたのために? | トップページ | あと20日ほど! »

2012年5月21日 (月)

The Annular Eclipse Time

Img_1227 Img_1233
まぁ、予想通りと、いいますか・・・。


この日、金環日食。
ちょうど日食中の時間は通勤中で地下鉄の中だったりしますが、ちょうど乗り換えの時刻近辺が金環時間にあたる!
・・・というわけで、乗る列車を調整して、7:15、栄で一旦地上に上がる。


そしたら、冒頭の風景ですわ・・・。
自分自身は「日食グラス、結局買わず」「カメラはiPhoneのみ」という状況の中、どーやって日食見ればいいねん?なんて思っていましたが、

7:25、ちょうど薄雲に隠れた!
推奨はしませんが、肉眼でも欠けている太陽が、見える!

Img_1231
で、撮ったのが、これ。

そして、いよいよ金環の時間なのですが、
タイミングいいのか悪いのか、ちょうど雲が取れる。

グラス持っていないので、皆さんとは逆の方向を向いて、
Img_1236 Img_1221
木漏れ日を撮ってみる。
ちなみに右の画像は数日前に同じ場所で撮ったもの。
(なんだかんだいいつつ、この日のためにちゃんと計算していません?)
そのときは「日食だからといってどう違うの?」と思っていたのですが、こうやって比較してみると全然違う。
都会のなんでもない風景が、すごく幻想的に見える。


そして、何気にiPhone越しに、太陽を見てみたら、「!!」

Img_1238_3 Img_1241_2 Img_1245
一般的に見れば「レンズの反射がジャマ!」なのですが、
その反射した部分が、ちゃんと金環になっている!!
(特に一番左の画像)

さらに拡大してみます。
Img_1238z
ちゃんと輪っかになっていますよね。皆さん認めて!!


7:35、金環が終わったと思うので、再び地下鉄へ。
7:55、会社最寄りの駅へ(普段からこの時間です)。
そして再び空を見てみた。

Img_1248
すでに半分以上が終わっていました。


・・・つか、以前からこの方法を知っていれば、もうちょっと早くから現地に来て一部始終を見ようと思ったのに・・・。
ですが、突発な思いつきとはいえ、思った以上の効果が得られて、最高の日食鑑賞ができました。


さらに余談を上げると、
会社の数名、なんと7時から会社に着いて、ずっと日食見ていたんだって。
さらには仕事で使う「溶接面」越しに見ていたとか(推奨しないんだけど)。
さらにさらに、この方法で実際に見た人もいたとは!!(実は自分の部下。もっと推奨しないんだけど)
→この日のおやつは「オレオ」でした。やったー!


なんだかんだで、皆さん、楽しんでいた、ようですね。
今日は1日、職場ではこのことでずっと持ち切り。
正直、仕事に、なりませんでした・・・。


【オマケ・・・にするにはもったいないが】
Img_8645_2 Img_8659 Img_8668
上の3枚、実は父上の撮影(自宅から)。
ちゃんと一眼レフで、この日のためにフィルターを購入してまで。
(でもごめん。レイアウト考えてトリミングだけはさせてもらった)

本人は「失敗だー。」なんてほざいてましたが、なかなかどうして。
やっぱりいいものを手に入れるためには一定の投資も重要ですね。
(日食グラス、やっぱり買っておけばよかった・・・)

|

« あしたのために? | トップページ | あと20日ほど! »

コメント

名古屋は雲が多かったみたいですが、岐阜市街地の実家では快晴で、分別資源ごみを出しながら日食を堪能しました。

ただ、初めて実際に見た日食グラス越しの太陽は小指の先ほどの大きさで、「ああ、こういうものか」、という感じが強く、その後のTV画像の方が鮮明で、実物に上書きされて記憶になってしまいました。

投稿: yapple-happle | 2012年5月23日 (水) 20:27

yapple-happleさま>
当地ではちょうど金環時間に雲が取れてよかったですが、愛知の一部、三重の一部では逆に金環時間に雲が・・・という場所もあったようです。
そのとき快晴とは、やはり日頃の行いがよかったからでしょう。

本文中に書いたとおり「日食グラスなし」という条件だったため、実際に見る太陽の大きさなんてどうでもよく、結果オーライで、かつ思わぬ発見があって、日々綴文らしく「微妙に違う角度」からレポートできたのに自己満足しています。

なんかかんだで、やはりテレビの画像のほうが良く見えてしまいますよね。
地デジだし、ハイビジョンだし、撮影しているのはプロだし・・・。

投稿: Hassy | 2012年5月23日 (水) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/54768852

この記事へのトラックバック一覧です: The Annular Eclipse Time:

« あしたのために? | トップページ | あと20日ほど! »