« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

それはYahoo!知恵袋で

今日も残業からようやく帰宅でき、
つい今しがた、飯を喰い喰い、夕刊やニュースに目をやっていると、

「松井、メジャー昇格!」

前の3Aの試合中に言い渡され、慌ただしくメジャーに合流して、復帰後いきなりホームラン。
すごいですねぇ。


しかし、その「すごいですねぇ。」の視点がですねぇ、
・・・自分、どうしてもあさっての方向に行ってしまうんですよ。

だって、すごいじゃないですか。
どうすれば、そこまで素早い対応できるのか??
どなたか、教えてください。


そこまでの短期間に、新しいユニホームを仕立てる裏方さんが!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

こっちの3ヶ月後は楽しみに

仕事の面では相変わらずでして、
3ヶ月先の状況がまったく見えない・・・。
今日も22時ちかくまで残業して、ようやくというか、あきらめて帰宅・・・。


ですが、先日、
カレンダー見ていたら、9月に三連休があることを発見。
それを見た瞬間、「だったら、いっとく?」

・・・というわけで、三連休の計画を地道に練っています。
久しぶりに大きな国内バカ旅行、やろうかと。

今回のテーマは、
“目的地は二の次。出発から帰宅まで、「今しかできない!」または「あと1〜2年すれば体験できなくなる?」ことを、これを機会に、一気に、やってしまえ!”
・・・どうせ、Hassy視点(一般的に「なに、それ?」)であることをご理解いただいたうえで・・・。

アシだ宿だはこれから徐々に決めていきますが、
まずは日曜日、メインイベントのひとつをネットで予約完了。

そして、次の日(今日)。
予約状況を見てみたら・・・、

Img_1259
ちょうど、自分の申し込みで埋まったみたい。
まずは幸先よい、計画のスタートを切れました。


次は上司へのお伺い・・・(なぞ)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

12シーズン総括:続・迷い道くねくね?

12シーズン
滑走期間:11/11/26〜12/05/05
総滑走日数:28日
うちホームゲレンデ滑走日数:7日

すっかり忘れてた。これ書いとかないと冬は終わらない。
今年もスキーシーズン総括。果たして、どんなことがあったのか?

続きを読む "12シーズン総括:続・迷い道くねくね?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

あと20日ほど!

自宅のメインPC、iMacにしてから5年と半分が経とうとしています。

5年も経過すれば、いろいろありまして、
ついに6月、買い替えするのは、決めました。

・・・といいますのは、以下の理由から。
・普段使いする分には今でも特段問題はないのだが、
・獅子を飼いはじめると、この世代のMacは使い物にならないくらい遅くなるので、飼っているのは白豹のまま。当然次の山獅子も見越しているのだが
・だけど、白豹では雲に手が届かない
・雲の前身であるサービスが6月末で完全終了してしまう

なので、どうしても、6月中に買い替えて、データ移行して、雲に乗っかる必要が、あるのです。


ですが、今すぐに買い替えできないのは、6月11日にコレがあるから。
たぶん、この日に、何らかの発表が、あるはずだが・・・。

買い替えするの「を」、ではなく、買い換えするの「は」と、助詞を使い分けているのは、そのため。

先日からいろいろネットで情報探っていますが、
「それがもし本当だったら、マジメに速攻で、買い替えます!」のところまでは、来ている。
ハードの性能はどーせ上がるから放っておいても、デザインはどうなってもいいから、RetinaディスプレイだけでもiMacに搭載してくれれば、たぶん、飛びつきます。


あと20日もあるじゃん。
待つのに耐えきれるか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

The Annular Eclipse Time

Img_1227 Img_1233
まぁ、予想通りと、いいますか・・・。


この日、金環日食。
ちょうど日食中の時間は通勤中で地下鉄の中だったりしますが、ちょうど乗り換えの時刻近辺が金環時間にあたる!
・・・というわけで、乗る列車を調整して、7:15、栄で一旦地上に上がる。


そしたら、冒頭の風景ですわ・・・。
自分自身は「日食グラス、結局買わず」「カメラはiPhoneのみ」という状況の中、どーやって日食見ればいいねん?なんて思っていましたが、

7:25、ちょうど薄雲に隠れた!
推奨はしませんが、肉眼でも欠けている太陽が、見える!

Img_1231
で、撮ったのが、これ。

そして、いよいよ金環の時間なのですが、
タイミングいいのか悪いのか、ちょうど雲が取れる。

グラス持っていないので、皆さんとは逆の方向を向いて、
Img_1236 Img_1221
木漏れ日を撮ってみる。
ちなみに右の画像は数日前に同じ場所で撮ったもの。
(なんだかんだいいつつ、この日のためにちゃんと計算していません?)
そのときは「日食だからといってどう違うの?」と思っていたのですが、こうやって比較してみると全然違う。
都会のなんでもない風景が、すごく幻想的に見える。


そして、何気にiPhone越しに、太陽を見てみたら、「!!」

Img_1238_3 Img_1241_2 Img_1245
一般的に見れば「レンズの反射がジャマ!」なのですが、
その反射した部分が、ちゃんと金環になっている!!
(特に一番左の画像)

さらに拡大してみます。
Img_1238z
ちゃんと輪っかになっていますよね。皆さん認めて!!


7:35、金環が終わったと思うので、再び地下鉄へ。
7:55、会社最寄りの駅へ(普段からこの時間です)。
そして再び空を見てみた。

Img_1248
すでに半分以上が終わっていました。


・・・つか、以前からこの方法を知っていれば、もうちょっと早くから現地に来て一部始終を見ようと思ったのに・・・。
ですが、突発な思いつきとはいえ、思った以上の効果が得られて、最高の日食鑑賞ができました。


さらに余談を上げると、
会社の数名、なんと7時から会社に着いて、ずっと日食見ていたんだって。
さらには仕事で使う「溶接面」越しに見ていたとか(推奨しないんだけど)。
さらにさらに、この方法で実際に見た人もいたとは!!(実は自分の部下。もっと推奨しないんだけど)
→この日のおやつは「オレオ」でした。やったー!


なんだかんだで、皆さん、楽しんでいた、ようですね。
今日は1日、職場ではこのことでずっと持ち切り。
正直、仕事に、なりませんでした・・・。


【オマケ・・・にするにはもったいないが】
Img_8645_2 Img_8659 Img_8668
上の3枚、実は父上の撮影(自宅から)。
ちゃんと一眼レフで、この日のためにフィルターを購入してまで。
(でもごめん。レイアウト考えてトリミングだけはさせてもらった)

本人は「失敗だー。」なんてほざいてましたが、なかなかどうして。
やっぱりいいものを手に入れるためには一定の投資も重要ですね。
(日食グラス、やっぱり買っておけばよかった・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

あしたのために?

明日は会社の健康診断。
なので、今日の酒は普段の半分で。


・・・て、普段は、いったい、どれだけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

いやそれはスマートとはいえないでしょう

ドコモ、2012年夏モデル、発表


ついにガラケーの新機種は出なかったか。
先月、慌てて購入しておいて、よかったです(参照)。

それより、新しく出た、
らくらくスマートフォン」って、あれコンセプト自体、間違っているのでは?

高齢者って、一般的に視力が落ちている
 ↓
タッチパネルって、画面見ないと操作できない
 ↓
それも、押したかどうかはいちいち画面で確認する必要がある
 ↓
それでも、視力は落ちているので確認に時間がかかる
 ↓
「それって、かえって“らくらく”と言えないのでは?」


人間って、五感の中の「触覚」は意外と重要な部分であって、
その「触覚」の機能を生かせないスマホのタッチパネルの影響で、かえって使えない、ケータイから離れていく高齢者が続出しそう・・・。

自身、パソコンのキーボードは普通にブラインドタッチで打てますし、打つ速度も平均よりは早いと自負していますが、
それも「触覚」という機能があってこそ、だと思うんです。
(あとはキーボードのFとJ、携帯のボタンでは5に突起があるのもそのためですしね)
さらに、自宅のMacと会社にある自分用のPCは問題ないですが、時折他のPC使うと、やっぱりキーボードが違うので、あれ?と感じて思わずキーボードを見たり、タイプミス起こしたりするんですよね。

だから、iPadはいらない、というのが勝手な自論。
だって、タッチパネルのキーボードって、店頭で試してみたけど、ものすごく打ちにくい。


らくらくホンのボタンも、そういう「触覚」も考慮してできていると、思うんですが
(実は母上が使用していて触っているから。但しキャリアが違うけど)


現行のガラのらくらくホンがかなりのロングセラーになりそうな、予感がします。
(根拠ないけど)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

異常気象?

5月も半ばの時期に、ふと気がついた。


・・・ウチノコタツ、マダシマワレテイナイ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

初挑戦!本格すぎるウォーキング(その2)

(この日記は14日に作成いたしました)


その1からのつづきです)


清流ウォーキングの後半です。
無事昼食場所のチェックポイントにたどり着いたとき、ジャックとJUNちゃんはすでに昼食をほぼ終えていました。
ですが、ジャックだけ先に着いていた、らしい。
・・・どんな体力しとんねん。

P1000907 P1000906
昼食場所。ふつうに遠足であれば景色もいいし、ゆっくりできるのですが・・・。
で、「梅干し入りのおにぎりー!」を想像していた昼食は、全く想像から外れていた。
・・・なるほど。食べやすくて、かつ消化のことを考えてなのね。これはこれで、アリ。
あと、量も「ちょっと足りない」くらいだった。これからが本番なので、かえってちょうどいい。

ここまでの到着で、足切りリミット40分前だったので、ここからペース考えないと、本当に足切りを食らう。
15分くらいで昼食と、軽くストレッチを済ませ、次の行程へ。


【チェックポイント4〜5】:ここが本当の難関だった
Seiryuwalk_data_45
Seiryuwalk_map_45
金華山のドライブウェイがヤマ場だと思っていたのだが・・・。
(スタート地点がおかしいのですが、携帯の圏外が影響したか?)

百々ヶ峰のハイキングコース。地図上では東海自然歩道となっている。
すこし先まではちょっと登りの良さげな・・・だったのだが、途中で舗装が途絶え、

P1000911
P1000912
コレ、ウォーキングじゃ、ない。
完全に“登山”。マジメに山靴履いて来ればよかった・・・。
さらに、今回の靴はEASYTONEというバランス系のシューズ。こういう場面では完全に誤った選択。何度つまずきかけたことか。
心拍数も最高潮に達し、この日、初めて、脱落したいと、思った。

それでも、なんとか、最高地点に到達(といっても標高300m程度)。
Img_1218
岐阜の北東部が眺められる景色に、ちょっとホッとする。
遠くには御嶽、乗鞍の姿も。

ホッとするのも束の間、試練は、つづく。
P1000913
金華山のそれとは違って、自動車は通れないし舗装もしっかりしているものの、写真の風景の下りが延々と、つづく・・・。

かなり時間がかかったカンジ。
ようやく次のチェックポイントが見えたときに、目に入ったのは、
Img_1219
なかなか度胸据わった看板かかげてくれるじゃないか!

ちなみに、ジャックはいつの間にか先へ先へ進んでしまっていました・・・。


【チェックポイント5〜6】:まだまだ、先は、遠い
Seiryuwalk_data_56
Seiryuwalk_map_56_3
百々ヶ峰を降り切った場所から、南下して長良橋に戻るルート。

再び、町中を歩くのですが、
P1000916
遠くに見える金華山が、なかなか近づいてくれない・・・。
途中、コンビニにモスバーガーとかたいやきの店だったりマッサージの店やら、いくつもの誘惑に惹かれながらも、狭い歩道に躊躇しながら、足のフトモモや付け根の痛みにガマンしながら、なんとかたどり着く。

最終のチェックポイントは長良橋のたもと。通称“高橋尚子ロード”の起点(終点?)。
P1000919
チェックポイント直前にあった、足形に触らせていただきました。
つか、アスリートといえど意外とデリケートな足なのね、と思ってしまいまして。

P1000920
なんとか到達。用意してあった“ぱりんこ”がうまいっ!!


【チェックポイント6〜ゴール】:最後はスパート!
Seiryuwalk_data_6gl
Seiryuwalk_map_6gl
最後は長良川沿いをたどりながら、出発地点まで戻るルート。
スタート前に長めの休憩。カロリーメイトを補給し、少し念入りにストレッチして、スタート時にもらったエアーサロンパスを足に吹き付け、最後の行程に望む。

P1000922
しばらくは高橋尚子ロードを。
少し早めのナンバ歩きでカラダの負担を最小限にしつつ、ここでスパートをかける。
その途中、ジャックから「ゴールに着きました!」とのメールが。
・・・自分より細身なのに、どんな体力しとんねん。

忠節橋からはふたたび公道へ。
P1000923
久しぶりにこの橋を見ましたが、当時は電車が行き交っていた光景、完全に面影もなくなりましたね。

そういったノスタルジーも感じながら、ゴールまでひたすら歩く。
途中、「ソフト食べたい」とミニストップに入ったはいいものの(たぶん意志ではなく、無意識のままだろう)、レジが混雑していたためあきらめてそのまま店外に、というオマケもつきながら・・・。

チェックポイントで先に出発したJUNちゃんに追いつき、残りは一緒に歩くが、ゴールまで交差点ひとつ曲がるだけの状況が、ものすごく遠い距離に感じる・・・。
37kmコースで参加した自分たちですらこの状況ですから、前日夕方から夜通し歩きつづけた100kmコースの参加者はどんな状況だったのか・・・。


16時20分。ついに、ゴール!!
なんとか、リミットの17時に遅れなくてよかった・・・。
P1000928
↑いちおう、画像いじってあります。
スタッフから祝福を受け、“完歩証”を受け取って、ようやくウォーキングが終了。
ここでもカンタンな食事が出た。盲目のまま平らげ、ストレッチをしてこの日酷使したカラダをほぐす・・・。


何気に参加したウォーキングでしたが、想像以上にハード、でした。
でも、そんな中で、歩いている中で自身のカラダの問題点(自ら感じたり、人から指摘されたり)の気づきをもらったり、やればできるんだなというプラス思考もいただいたり、

だって、ゴール直前の看板が、
P1000929
これですから。

ちなみに、トップは14時半にはゴールしたとか。
(なんちゅうペースやねん)
さらに、自分たちがたどり着いた時点では、参加者の半分くらいのゴール順、だったそうで。
(意外と、上のほうだったのね)


その後、夕食でも・・・と思っていたのですが、あまりの疲労にそんな食欲、いや、気力すら、ない。
というわけで、

Img_1220
コメダでティータイム。
実は人生初の、シロノワールを注文(但し、ミニ)。
ナゴヤ人として何をいまさら?ですが、これ、うまいわ♪

一部ロボットになってしまったカラダを見守って、解散。

たまにはこういうイベントに参加するのも、いいかなと。
でも、他人が設定したからこそできるのであって、自主的にやろうとは、思わんわ。
・・・でも、今まで知らなかった岐阜市街地を知ることができ、そういう意味では、かなり大きな収穫でした。


近いうちに、材木町の街並み巡りだな。


【オマケ】
岐阜までは名鉄を使ったのですが、やっぱり書いておきたいことがあって、
P1000878
行きはポケモンゲット!したり、
(しかも、早朝なので特急ではなく急行なのに注目!)

さらに帰りは、何気に見えてしまった、
P1000930
今や希少価値で絶滅危惧種のコレを見たら乗らないわけにはいかないでしょう!
というわけで、無駄に犬山回りで帰ったり、するのでした。
・・・やっぱり名鉄はこうでないと(謎)。

P1000932
新鵜沼からはミュースカイで爆睡させていただきました・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

初挑戦!本格すぎるウォーキング(その1)

GW明けの快晴の日曜日。
この日、あることに挑戦してまいりました。


P1000881_3 P1000880_2
岐阜にて、民間の主催する清流ウォーキングとやらに参加!


事の発端は3月だったか?のスキーのとき。
そのとき一緒にいたJUNちゃん(岐阜県在住)がチラシを持ってきて『参加しよーよ!』と声がけしたのが始まり。
“参加費ロハ、昼食付”にまんまと乗せられ? オーバーさん、ジャックと自分が参加することに。

当日、7時半に岐阜市西部の集合場所へ。
なんでもこのイベント、今回初めてだそうで、参加する9時間で37km歩くって、意外とハードじゃない?と思いつつ、まぁ主催しているのは医療法人だから万一のことがあっても大丈夫だよね?という安心感??もあり、まぁがんばってみますかと。
自分自身、仕事では毎日15km歩いている身。大丈夫! たぶん・・・。


P1000883
8時、ウォーキングスタート!
初開催にもかかわらず、参加者はなんと200人超え! すげぇ。
ちなみに、別に100kmコースというのもあって(それも参加者なんと100人!)、なんと前日の夕方からスタートして、夜通し歩き続けているとか。
できねぇよ、そんなの。


ここからですが、
前日に思いつきでiPhoneに無料のGPSログアプリを入れ、チェックポイントごとに記録されたログとともに報告いたします。

【スタート〜チェックポイント1】:まずは足慣らし
Seiryuwalk_deta_st1
Seiryuwalk_map_st1
集合場所から、岐阜市街地へ入るルート。

P1000885
いかんせん参加者200人という大所帯のため、しばらくは渋滞状態。
なので、極力最後尾について詰まらないように。
その影響で平均速度は低めだなぁ(5km/h行かないと完歩が難しい)。

渋滞がほぐれる頃、市街地へ突入。
P1000887
やななが出迎えてくれました(垂れ幕だけど)。
どーせなら、実物に会いたかった・・・。
 

【チェックポイント1〜2】:琴線に触れる風景
Seiryuwalk_data_12_2
Seiryuwalk_map_12
いったん通りに戻り、川沿いをちょっと歩いて金華山の入口へ。
材木町を通るのですが、かつては路面電車で、いまはクルマで通る程度だったのですが、

P1000889 P1000891
通りからちょっとそれただけで、琴線に触れる建物が。
その名のとおり、材木問屋がならぶ一帯。左は当時そのままの建物ですし、右は整備されていますが、こんな極上の街並があったんですねぇ。
同じ建物マニアのJUNちゃんと共に、琴線触れまくりでした。


【チェックポイント2〜3】いよいよメインへ
Seiryuwalk_data_23
Seiryuwalk_map_23_2
カンタンにいうと、金華山のドライブウェイを登る。

P1000894
クルマでは幾度と通りましたが、実際に歩くと、けっこうキツイことがわかります。
このあたりからジャックがペースを上げる。JUNちゃんはそれについていくが、自分とオーバーさんはマイペースを貫く作戦に。

参加者と共に、一般のハイキングや、自転車でトレーニングしている方々も見受けられました。
この日は最高24℃でしたが、木陰に入ると涼しくて、気持ちいい。

チェックポイントは展望台の上。
Img_1217
岐阜の南部〜西部をパノラマで撮影。


【チェックポイント3〜4】最初の試練
Seiryuwalk_data_34
Seiryuwalk_map_34_2
今後はドライブウェイを下り、さらに歩き続けて百々ヶ峰(どどがみね)のふもとまで。
この区間がチェックポイント間で一番長距離。
(なんか途中、ログがジグザグしていますが、GPSの反応が悪かったのか? 実際はふつうにまっすぐです)

P1000896
この下りがキツイんだ。
クルマでもキツイけど、ヘアピンだらけのカーブがけっこうキツイ。
さらに、こんなに勾配、キツかったっけ?

知っている道でも立場変えてこそ知る、新たな発見。

さらに坂を降り切っても・・・、
P1000897 P1000902
トンネル2ヶ所を通る。
そのために使い捨てマスクも支給されたのですが、そんなの使う余裕、なし。

ですが、
P1000898 P1000900
こういう“あさっての方向”へ向く自分って・・・。
だって、クルマだったら、絶対じっくり見られないもん!!

トンネル抜けたころ、ドライブウェイの下りの影響か、足の負担を感じるようになる。
次のチェックポイントまででようやく全行程のほぼ半分。
後半大丈夫か?と思いつつ、12時25分、チェックポイントへ到着。

P1000905
最後の1〜2kmはなかなか良さげな散歩道。
ひと月半前は桜が綺麗だったんだろうね。

・・・と、普段はクルマで通り過ぎる岐阜の市街地。
ちょっと道をそれればけっこう良さげなスポットばかりですね。


たどり着いたチェックポイントで、ようやく、お昼ごはん。
でも、ここでの制限が実は13時までなので、けっこうギリギリ。
軽い気持ちで参加したけど、けっこうマジでかからないと完歩できないぞ・・・。


つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

明けはつらいよ

GW明け、いきなり六連勤
しかも土曜日がいちばんハード…

ちなみに来週も六連勤
…ここでは言わないが、こうなったのは総務のチョンボです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

方程式の証明

リアルタイムでは知りませんが、
金八先生で有名なシーンのひとつ(らしい)、

『腐ったミカンの方程式』

・・・あれ、間違いないですわ。現時点の経験上。
その腐ったミカンが存在するゆえ・・・。


まさか、ここまで影響受けるとは・・・。
その腐ったミカン入れたヤツ、でてこいっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

観光は最終日に

(この日記は8日に作成いたしました)


Img_1132
この日は、なぜか、高山に。


5日、白馬にて今季のスキーを終了。
6日も滑る段取りではいたが、天候その他でスキーはこの日までにして、そのまま帰ってもよかったけど、昨年のあることを思い出した。

昨年のGW最終日、本当に思いつきでアルペンルートへ行ってみたら、ガラガラ・・・。
5日までは身動き取れないほど混雑していたらしいのだが、それがウソのよう。

その「ガラガラ」という事実について琴線に触れてしまい、なら、今年も、行っちゃいます?と。
ただ、6日の天気が悪化の予報。
基準としては、
・誰もが知っている、“観光地”で、今回の場合は、
・雨天でもさほど影響を受けない場所。

アルペンルートも行きたかった(特に昨年は断念した雪の大壁見たさに)が、天候が理由で断念。
洗馬で夕食後、思いついてカーナビいじってみたら、そこへは2時間で行けることが判明!!

高山があった!!
というわけで、夜中に安房トンネルを抜け、高山市に入った某所で車泊。
余談ですが、8時間、久しぶりに“ぐっすり”眠れた・・・。
朝6時起床して、市街地へ移動・・・。


高山観光は確か三度目。
でも前回の2回はあまりじっくり回っていないなぁ。

まだ6時台。観光客はほとんどいない。
よしっ!!


Img_1140
まず目についたのが、旧高山市役所庁舎。
明治の建物でして、この頃の木造建築は風格がありますよね。

Img_1141
一見地味に見えますが、この「むくり屋根」。
手が込んでますね〜♪ さすが明治〜昭和初期の建物は造りがちがう!
早朝のためまだ中には入れませんでしたが、いつか中に入ってじっくり観察してやるぞ。

そして、高山の定番。
Img_1143
朝市。
6時台なのでまだガラガラ。聞いてみたらGW中を抜きにしても休日でここまでガラガラはあまりないそう。
(してやったり♪)とココロの中でガッツポーツしている自分が。
思わずここでお土産をしこたま買い込む。

街並散策するだけでも、最高の時間・・・。
Img_1159 Img_1165
この、“誰もいない”という至福のひとときが、いい。
左画像、ポスターやガイドブックで非常に有名な場所(らしい)。
写真を撮っていたら、ちょうどとあるお店のおかみさんが出てきたのでいろいろ話を伺ったら、『普段の土日でも、(この朝7時台に)ここまで人がいないの、ないんだけどね。』だと。
やっぱりGWの観光は最終日だ!!

で、
左画像の右側にちっちゃく藤が咲いているのが、わかります?
この藤が満開時になるとすごく美しいんだそうで、ポスターなんかにも出ているらしいし、これを目当てに多くのカメラマンが訪れるらしい。
来週くらいが、見頃かな?


おもいっきり風情を堪能したあと、あっちも忘れない。
徐々にレベルアップしていく過程がありまして、
Img_1168
まずは、“飛騨牛”コロッケ。
7時半に開いていた店があって、開店直後に入ったためちょうど揚げたてアツアツがほおばれた♪
起床直後にパン1個かじっただけだったから、朝ご飯の足しとしてちょうどいい♪

でも、それだけは終わらずに、
Img_1189
“飛騨牛”の串焼きは外せないでしょう!
あ〜、うんまい♪
店の人いわく『これを一度に10本以上召し上がった方がいらっしゃるんですよ。』との事実が。
・・・確かにうまいんだけど、金額考えるとしっかりした店で飛騨牛ステーキ頂いたほうがいいような・・・。


さらに、トドメとして、
Img_1190
“飛騨牛”の握り!
口に含んだ瞬間、とろける〜〜♪♪

飛騨牛三段活用で、しっかりグルメも楽しませていただきました♪


その時点で、9時半。
Img_1192
早朝は誰もいなかった街並も、ごらんの通り。
さらにギリギリ傘なしで歩けたのですが、この頃から雨足が・・・。

なので、ここで、撤収。

やっぱり観光地は早朝に限るし、GW最終日が穴場であることを、前年のアルペンルートに続き、今年の高山でもそれは証明される結果に。
来年は、どこへ行こう(おいおい)。


せせらぎ街道経由で帰路につく。
道中、豪雨とも言える雨に視界をさえぎられる。
あとで情報知ったんだけど、白馬や新潟では雷雨でリフト停止とか、室堂の山荘で停電したなど、大変だったとか。

郡上の市街地に近づこうとしているとき、突如視界に入ってくるものが。
Img_1211
なに、このピンク色?

思わず立ち寄ってみたら、
Img_1198 Img_1209_2 Img_1204_2
一面の、シバザクラ!!
完全に偶然でした。けっこう見物客がいて、有名な場所なんだなと察知。
驚いたのは、完全に個人宅なんだって。今でこそ保存会が立ち上がって維持に努めているらしいんだけど、ここまで育てたという尽力が、すごい。

郡上の市街地に入って、お昼。
Img_1213
奥美濃カレーとやらを堪能いたしました。
何が“奥美濃カレー基準”かよくわかりませんが、スパイスがけっこう効いていてなかなかおいしかったです。
これで850円なら、充分満足♪

というわけで、道中各務原のイオンに立ち寄ったりしながら、15時には帰宅いたしました。


やっぱりGW最終日は、狙い目だな。二年連続で実感したからそれは間違いない。
来季以降、スキーはスキーで楽しんで、最終日をどこで観光するか、またひとつ、うれしい悩みができてしまいました。
(それを“二兎を追う者は一兎も得ず”って言うんだって!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

(滑走28日目)最後の最後で門前払い

(この日記は6日に作成いたしました)


Img_1116
ぽっかりと、雲が・・・。


後半2日目は白馬!
直前で、ラストを飾るために例年お世話になっている八方に決まりました。

5時過ぎに起床。
Img_1102
毎年、スイス村の前にあるこの菜の花畑を見るのが、好き。
今日はいい天気に、なりそう。

身支度を済ませ、移動。
7時前にいつもの場所へ到着。

Img_1106
8時過ぎにゴンドラ乗り場に入りますが、まぁこの行列はこの時期毎度おなじみの想定内。
でもね、前日のチャオより列が断然長いし、チャオの8人乗りに対してここは6人乗りなんだけど、同じ15分程度で乗れた。いったい、なぜ?

Img_1107
これも毎度おなじみの兎平。
でも、雪がすくない・・・。
前半の高温の影響で一気に融けてしまったらしい。
果たして、今季はどんな試練が待ち受けているか??


黒菱の整地で慣らして、その脇にあるコブを滑ってはみるが、「あれ?」
・・・滑れない。

右ターンが全然できず、常に発射・・・。
せっかく春雪のいいコブなのに、前半の志賀であれだけ滑れたのは、なんだったの??

Img_1121
今季のメインは兎平でも黒菱でもなく、この最上部リーゼングラート。
やっぱり、ヘン。思うように滑れない。

11時までの時点ではマイアのお仲間と滑って、その後はオーバーさんJUNちゃん達と合流しての滑走。
もともとマイアがホームではありますが、ここ数年でそれ以外にもいろいろなお友達やお知り合いが増えた。
それ自体は嬉しいことなんだけど、こうやって「かけもち」する機会が増えたのも嬉しい悩み・・・。
でもね、自分自身にとっては新たな知り合いが増えるほど、いろんなことを知ることができ、それが勉強になるので、見聞はできるだけ広げないと、とも思っています。
事実、今回はJUNちゃんが今季知り合ったというスキーヤー&ボーダーさんもお連れしていました。


で、コブなんですが、
やっぱり、滑れない・・・。
オーバーさんが助け舟出してくれて最後のほうはなんとか・・・の状態にはなったものの、まさかラストの時点でこなるとは、思わなかった。

やっぱりここは八方だった。今季は完全に“門前払い”を喰わされた。
ようは「もっとしっかり練習せい!」ということ。ショック・・・。
でもね、あくまで趣味としてのスキーだし、生きている限り、そして「や〜めた!」と言わない限り今後もスキーは続けるわけだし、そうする以上は上達に終わりはないから、来年のこの時期、ここへ来るまでの宿題としておきます・・・。


15時前には下山。
Img_1123
しばし、ブレイクタイム。
そのボーダーさんが持参したどら焼(鳥取のお店らしい)がんまい♪

翌日も滑るかどうか悩んだが、天気のことと、自分自身がこれ以上滑る気力がなくなってしまったので、今季はここでラストといたしました。
この日お付き合いしていただいたマイアの皆さんと、オーバーさん&JUNちゃんたち。ありがとうございました。
そして、今季お会いした皆様、ありがとうございました。

ここで皆さんとお別れして、予定を1日繰り上げてこの日で帰ろう。と、思ったのだが・・・。


【オマケ】
当然ですが、この日、高速はどこもかしこも大渋滞。
途中、立ち寄り湯、給油を挟みながら、例のルートを使って、R19洗馬までは順調に南下(それでもクルマはけっこう多かった)。
その時点で19時半。ここで、
Img_1124
弥次喜多で夕食したかったのだ!
前日は「にくにく・あぶら」だったので、この日は極力そういうの抜きで・・・ということで、駿河丼とシメ鯖。
いつかは沼津の本店でいただきたいです。


で、そのまま帰る手立てもあったのだが、突然の思いつきで、夕食後突拍子もない行動に出る。
地図開いて、カーナビいじっていたら、「その手があったか!」
まぁ、Hassy的には「またか。」というレベルでしかないのですが・・・。


GW最終日こそ、行動しなければ(??)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

(滑走27日目)コ○練のはずが・・・

(この日記は6日に作成いたしました)


Img_1069
ここまでは、想定の範囲内だった・・・。


連休後半。
3日は休養日(というかなんというか)にあて、この日から再びスキー再開。そして今季最後のスキーです。
悔いがないように、しなければ。

5日の白馬は決定していたが、4日をどうするか、実はぜんぜん決めていなかった。
ただ、思っていたことは、
・どこへ行ってもコブで、それもいいんだけど、1日くらいは基礎練に集中したかった(ようは先日のレッスンの復習がしたい)
・この期間はどこも天気が怪しい。その中で予報を見ながらここならマシか?の消去法
・となると、ある程度の混雑は覚悟したうえで、
・コブばかりではなく、ちゃんと練習できそうな緩斜面があるところ

・・・で、
行った場所は、チャオ御岳。
自身何年かぶりで、かつあまり積極的に行くことはない場所。
でも、練習のためなら・・・。


Img_1067
8時前に到着するが、メインの駐車場へは満車寸前で滑り込む。
仕方ないよな。例年はGWでもやっているおんたけが今年はやっていないし、そうでなければここには来ないし。
てっぺんだけ見える御嶽に期待を込めて・・・。

まぁ、ゴンドラのリフト待ちはわかっていますので、イーストコース(初級者コース)のペアリフトを巡回。
P1000864
人が多いのは別にいいんです。
ただ、雪が少なすぎ・・・。
時折地肌のマットが見えてるし、練習するにしても・・・。
それでもがんばって、練習しました。たぶん・・・。

10時半に早めのお昼を済ませ、ゴンドラの列が少し短くなったので、ようやくトップへ。
乗車まで15分。こんなものか。
・・・上に上がっても、まぁ、同じような、感じでした。

そんな中、
Img_1080
こ&ちシスターズを捕獲(つか、自分が捕獲される)。
滑りは大人顔負けだが、いったん滑り降りると子供に戻る、多重人格満載。
ベースでは一緒に雪玉投げて遊ばれていました。

昼ごろから雨が・・・。
やっぱりここもか。滑った休憩したを繰り返し、それでも15時までは滑りました。

あと、コブ斜面が全くなかったのも誤算。
雪不足自体は自然のことなので仕方ないけれど、地肌見えるくらいだからコブなんてとてもできそうにもない。

・・・でもねぇ。
やっぱりここ、積極的に行くスキー場じゃないですわ。
おんたけ/マイア比でわざわざ30分もプラスして行く価値がない。
途中の長峰峠は野麦峠へ向かう旭峠以上にかなりの難所だし、御岳エリアといってもやっぱり岐阜県のスキー場だし(意味深)、オープン当初に行ったときと比べてリフト係の対応も悪くなってるし、ゲレ食のマズさも昔より大して変わっていない。
なんだかんだ言ってもこの界隈ではマイアのゲレ食は普通においしいし、かつて「最悪のゲレ食」と思っていたおんたけのオリオンもここ数年、だいぶマトモになっているしね。

さらに、
ゴンドラってこの日風もないのにこんなに遅かったっけ?だし、ペアリフトですら常に減速と停止ばかり。
まぁやっぱり岐阜県のスキー場だな(もっと意味深)。
さらに、マイアのズン券持っていたから3000円で滑れましたが、逆に言えば木曽エリアの他なら2000円で滑れるし、12月にあれだけ客寄せパンダ的な割引しておいて春期間は全く割り引きなしなのね。今季はおんたけやっていないからか、すげぇ強気。
白馬や野沢、あの志賀ですら春割引があるのに・・・。

今季で節目を迎えるチャオ(なにが?)。
来季よほどがんばらないと、誰も見向きしなくなりますよ。

それでも、なんとか6割くらいではあるが、復習での感覚は感じた、つもり。
そして、明日、白馬で今季の総仕上げ。本当に悔いのないようにしないと。


【オマケ】
シスターズに捕獲された影響で、その親であるK氏からこの日の夕食に誘われる。
突然のことなのと、夜に白馬へ移動するためお断りしようかとも思いましたが、おコトバに甘えまして・・・。

Img_1092 Img_1099
この日の夕食。
バーベキューに、この日チャオのふもとで奥様が摘んでくださった山菜の天ぷら。
肉は神戸牛でおいしかったし、なんといっても山菜がうまいのなんの!まさに春の味!!
奥様の料理上手にはいつもアタマが下がります。ごちそうさまでした♪


奥様からの「その後のお誘い(なぞ)」を泣く泣く断って、21時に開田を離れ、北東へ。
23時、この日は豊科のスイス村で車泊といたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

だらっ

前日、連休前だからと会社の人間と飲みに行って、戻ったのは2時・・・。

その後、昼まで爆睡。
午後になってようやく動きだし、アドちゃんようやく夏タイヤに戻す。
動いたのはその時だけで、夕方、また・・・zzz。


結局ダラダラしただけの連休後半初日でした。

明日からまたまたスキーです。
といっても、場所が決まっているのは5日だけで、4日と6日は場所どころか、スキーしようかどうかすら考えてない。
まぁ5日以外は天気も怪しいので、なりゆきで後半を満喫?してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

ヤギの日?

なんか、働け働けって感じの“5月1日”でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »