« 初挑戦!本格すぎるウォーキング(その1) | トップページ | 異常気象? »

2012年5月13日 (日)

初挑戦!本格すぎるウォーキング(その2)

(この日記は14日に作成いたしました)


その1からのつづきです)


清流ウォーキングの後半です。
無事昼食場所のチェックポイントにたどり着いたとき、ジャックとJUNちゃんはすでに昼食をほぼ終えていました。
ですが、ジャックだけ先に着いていた、らしい。
・・・どんな体力しとんねん。

P1000907 P1000906
昼食場所。ふつうに遠足であれば景色もいいし、ゆっくりできるのですが・・・。
で、「梅干し入りのおにぎりー!」を想像していた昼食は、全く想像から外れていた。
・・・なるほど。食べやすくて、かつ消化のことを考えてなのね。これはこれで、アリ。
あと、量も「ちょっと足りない」くらいだった。これからが本番なので、かえってちょうどいい。

ここまでの到着で、足切りリミット40分前だったので、ここからペース考えないと、本当に足切りを食らう。
15分くらいで昼食と、軽くストレッチを済ませ、次の行程へ。


【チェックポイント4〜5】:ここが本当の難関だった
Seiryuwalk_data_45
Seiryuwalk_map_45
金華山のドライブウェイがヤマ場だと思っていたのだが・・・。
(スタート地点がおかしいのですが、携帯の圏外が影響したか?)

百々ヶ峰のハイキングコース。地図上では東海自然歩道となっている。
すこし先まではちょっと登りの良さげな・・・だったのだが、途中で舗装が途絶え、

P1000911
P1000912
コレ、ウォーキングじゃ、ない。
完全に“登山”。マジメに山靴履いて来ればよかった・・・。
さらに、今回の靴はEASYTONEというバランス系のシューズ。こういう場面では完全に誤った選択。何度つまずきかけたことか。
心拍数も最高潮に達し、この日、初めて、脱落したいと、思った。

それでも、なんとか、最高地点に到達(といっても標高300m程度)。
Img_1218
岐阜の北東部が眺められる景色に、ちょっとホッとする。
遠くには御嶽、乗鞍の姿も。

ホッとするのも束の間、試練は、つづく。
P1000913
金華山のそれとは違って、自動車は通れないし舗装もしっかりしているものの、写真の風景の下りが延々と、つづく・・・。

かなり時間がかかったカンジ。
ようやく次のチェックポイントが見えたときに、目に入ったのは、
Img_1219
なかなか度胸据わった看板かかげてくれるじゃないか!

ちなみに、ジャックはいつの間にか先へ先へ進んでしまっていました・・・。


【チェックポイント5〜6】:まだまだ、先は、遠い
Seiryuwalk_data_56
Seiryuwalk_map_56_3
百々ヶ峰を降り切った場所から、南下して長良橋に戻るルート。

再び、町中を歩くのですが、
P1000916
遠くに見える金華山が、なかなか近づいてくれない・・・。
途中、コンビニにモスバーガーとかたいやきの店だったりマッサージの店やら、いくつもの誘惑に惹かれながらも、狭い歩道に躊躇しながら、足のフトモモや付け根の痛みにガマンしながら、なんとかたどり着く。

最終のチェックポイントは長良橋のたもと。通称“高橋尚子ロード”の起点(終点?)。
P1000919
チェックポイント直前にあった、足形に触らせていただきました。
つか、アスリートといえど意外とデリケートな足なのね、と思ってしまいまして。

P1000920
なんとか到達。用意してあった“ぱりんこ”がうまいっ!!


【チェックポイント6〜ゴール】:最後はスパート!
Seiryuwalk_data_6gl
Seiryuwalk_map_6gl
最後は長良川沿いをたどりながら、出発地点まで戻るルート。
スタート前に長めの休憩。カロリーメイトを補給し、少し念入りにストレッチして、スタート時にもらったエアーサロンパスを足に吹き付け、最後の行程に望む。

P1000922
しばらくは高橋尚子ロードを。
少し早めのナンバ歩きでカラダの負担を最小限にしつつ、ここでスパートをかける。
その途中、ジャックから「ゴールに着きました!」とのメールが。
・・・自分より細身なのに、どんな体力しとんねん。

忠節橋からはふたたび公道へ。
P1000923
久しぶりにこの橋を見ましたが、当時は電車が行き交っていた光景、完全に面影もなくなりましたね。

そういったノスタルジーも感じながら、ゴールまでひたすら歩く。
途中、「ソフト食べたい」とミニストップに入ったはいいものの(たぶん意志ではなく、無意識のままだろう)、レジが混雑していたためあきらめてそのまま店外に、というオマケもつきながら・・・。

チェックポイントで先に出発したJUNちゃんに追いつき、残りは一緒に歩くが、ゴールまで交差点ひとつ曲がるだけの状況が、ものすごく遠い距離に感じる・・・。
37kmコースで参加した自分たちですらこの状況ですから、前日夕方から夜通し歩きつづけた100kmコースの参加者はどんな状況だったのか・・・。


16時20分。ついに、ゴール!!
なんとか、リミットの17時に遅れなくてよかった・・・。
P1000928
↑いちおう、画像いじってあります。
スタッフから祝福を受け、“完歩証”を受け取って、ようやくウォーキングが終了。
ここでもカンタンな食事が出た。盲目のまま平らげ、ストレッチをしてこの日酷使したカラダをほぐす・・・。


何気に参加したウォーキングでしたが、想像以上にハード、でした。
でも、そんな中で、歩いている中で自身のカラダの問題点(自ら感じたり、人から指摘されたり)の気づきをもらったり、やればできるんだなというプラス思考もいただいたり、

だって、ゴール直前の看板が、
P1000929
これですから。

ちなみに、トップは14時半にはゴールしたとか。
(なんちゅうペースやねん)
さらに、自分たちがたどり着いた時点では、参加者の半分くらいのゴール順、だったそうで。
(意外と、上のほうだったのね)


その後、夕食でも・・・と思っていたのですが、あまりの疲労にそんな食欲、いや、気力すら、ない。
というわけで、

Img_1220
コメダでティータイム。
実は人生初の、シロノワールを注文(但し、ミニ)。
ナゴヤ人として何をいまさら?ですが、これ、うまいわ♪

一部ロボットになってしまったカラダを見守って、解散。

たまにはこういうイベントに参加するのも、いいかなと。
でも、他人が設定したからこそできるのであって、自主的にやろうとは、思わんわ。
・・・でも、今まで知らなかった岐阜市街地を知ることができ、そういう意味では、かなり大きな収穫でした。


近いうちに、材木町の街並み巡りだな。


【オマケ】
岐阜までは名鉄を使ったのですが、やっぱり書いておきたいことがあって、
P1000878
行きはポケモンゲット!したり、
(しかも、早朝なので特急ではなく急行なのに注目!)

さらに帰りは、何気に見えてしまった、
P1000930
今や希少価値で絶滅危惧種のコレを見たら乗らないわけにはいかないでしょう!
というわけで、無駄に犬山回りで帰ったり、するのでした。
・・・やっぱり名鉄はこうでないと(謎)。

P1000932
新鵜沼からはミュースカイで爆睡させていただきました・・・。

|

« 初挑戦!本格すぎるウォーキング(その1) | トップページ | 異常気象? »

コメント

結局鵜沼から乗っても良かったのでは?

お疲れ様でした!
かなりまだロボットですが・・・
参加して良かったです♪

材木町かなり気になりましたね~
私も行きたいから秋にしてちょ~!!

投稿: JUN | 2012年5月15日 (火) 12:24

レッツさわやかウォーキング!
↑のJRのほか、名鉄、近鉄、地下鉄主催のもあるんですよね
今季BCで、滑るのはいいんだけど登りに苦しんだので
来季までのオフトレ兼ねて登山…の前にウォーキングを、と思ってて
先週ねぼうして参加しそびれてたっていう…<前記事コメの回答だったりします
自分語りすみません

投稿: やみー | 2012年5月15日 (火) 12:40

【お返事です】
JUNさま>
おつかれさまでした〜。
あと、誘ってくれてありがと♪♪

他人が設定した限界も、時には受け入れないと、と思ったわ。
でないと、自分の限界、わからないままだから。

おかげで、月曜日からカラダは特に問題なし。
今日は雨の中、500kgの荷物を引っ張っていた。

>鵜沼から乗っても良かったのでは?
それはそうなんだけど、「移動の過程でも楽しむ性分」なので、この日はこれで結果オーライ♪

材木町、秋になったらぜひ行こう!


やみーさま>
そういう経緯があったんですね。
鉄道会社のウォーキングには参加したことないのですが、今回はウォーキングとは名ばかりの、かなりハードな行程でした。
本来はもっと立ち止まる時間も作って、景色も堪能したかったのですが・・・。

BC未経験の自分ですが、
BCをためらっている理由が、やっぱり登り・・・。

やはりオフシーズンに鍛えないといけませんね。

投稿: Hassy | 2012年5月15日 (火) 23:10

5/6ネタと5/13ネタは私の縁のある地めぐりなので、ニヤニヤしながら読まさしていただきました。

高山は20年ほど以前に住んでいた町ですし、岐阜は高校時代まで住んでいた町で、今も両親がいます。

チェックポイント4-5・5-6には百百が峰ふもとの出身高校まで載っていて、GPSの画面上に40年ほど昔の風景ですが浮かんできます。

それにしてもシティウォーキングは始まりだけで完全なワンゲル未経験新入生初回トレーニングですね。

Hassyさんが悪戦苦闘している頃、私は岐阜の実家で母の様子を見てカミさんを残し、柳ケ瀬に近い病院で父の見舞い中でした。

ちなみに岐阜市街地とその周辺居住者の感覚では、岐阜はJR線の南側とJRと長良川に挟まれた区域、そして長良川の北側という南北に3分割した地区分けで地理を掴んでいるため、ウォーキングの出発点は岐阜北部の西寄り、という方が感覚的にはピッタリでしょうか。

投稿: yapple-happle | 2012年5月17日 (木) 19:32

おちかれさまでした(^^;;
十二分に歩けましたねぇ!

集合場所の梅田クリニック!
懐かしいです。
結婚して住んでたアパートがすぐ目の前なのです。

さて、20(日)はぎふ清流ハーフマラソン!
高橋尚子ロード見て走ります。
今年は目指せ2時間切りです。

投稿: なにょ | 2012年5月18日 (金) 22:43

yapple-happleさま>
そういえば、岐阜のご出身でしたね。

今回のウォーキング・・・とは名ばかりの、慣れていないものにとっては完全な耐久レースでした。
本当に医療法人の主催なのか?はおいといて・・・。
でも、いい経験をさせていただきました。

岐阜は年齢ヒトケタの頃、金華山にはよく連れて行ってもらいました。
もっとも目当てはリス園でしたが・・・。

材木町界隈も、今は一方通行でルートが分けられていますが、当時はあんな狭い道を路面電車が、しかも複線で通っていたなんて、今となっては信じられないです。

投稿: Hassy | 2012年5月18日 (金) 22:46

なにょさま>
ホント、ここまでとは・・・のルート構成でした。
普段15km歩いている身分でも、かなりハードで。
ただ、翌日の筋肉痛が最小限だったのが救いでした。

>アパートがすぐ目の前
あらまぁ、なんという!
たぶんあの建物・・・だったのかな、と思い出してみる。

来年も開催するか・・・はどうかわかりませんが、その際はぜひ100kmコースに参加してください(爆)。

ハーフマラソン、健闘を祈ります。

投稿: Hassy | 2012年5月18日 (金) 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/54712721

この記事へのトラックバック一覧です: 初挑戦!本格すぎるウォーキング(その2):

« 初挑戦!本格すぎるウォーキング(その1) | トップページ | 異常気象? »