« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

(滑走24〜26日目)ここからがスタート

(この日記は5月1日に作成いたしました)


Img_1060
はるすきー!!


大型連休来たる。といってもカレンダー通りですが・・・。
というわけで、前半の3日間はスキー漬け。奥志賀まで行ってまいりました。

目的は「レッスン」。
12月に初めてお世話になったスクール。今回もお世話になることにいたしました。
といいますのも、例年GWはコブ特訓!ではあるのですが、それ以前に自分自身、さまざまは悪癖を抱えたままここまで来てしまった。今季こそ克服せねば!と思ってはいたものの、結局は遊びすぎて、何一つ進歩していない自分がいた。
ここで3日間集中レッスンすることによって、少しでも悪癖克服のヒントを得たい。そうしなければ絶対次のステップへは進めないとの決心で。
・・・といっても、所詮スキー自体遊びですけど。


<プロローグ>
今回のレッスン、開始が9時半と早いので、前泊で対応。
荷物積み込んだ状態のアドちゃんで会社へ。19時に切り上げて鍵を取り出した瞬間に内勤営業からTEL、そしたらクレーム発生!なんというタイミングの悪さ!!
9回裏二死ランナーなし、勝利は目前!の状態から逆転サヨナラされたピッチャーのような気分を味わう。
なんとか処理して、20時半、会社を出て、すぐさま高速に乗り、常識的な速度でかっ飛ばす。
中野のビジホに着いたのは0時半。すぐさまドボン。

翌朝、TVのニュースで長野市内の最高気温が27℃と出る。
おいおいと思いながら朝食をすませ、春の陽気ただよう快晴のなか坂道登って志賀高原へ。
ベースへ着いて、一緒に受けるびとくさん、Mさん、O氏と合流して準備して、レッスンに望むのでありました。


<1日目。まずは何が問題なのか>
Img_1032
見事な快晴に恵まれました。
ただし、あづい。標高2000m近い奥志賀でも午後には20℃超えました・・・。

まずは班分け。
絶対「初回受けたレッスンのレベル、あまりにも高すぎた。」という自覚を持っていたため、今回は妥当なところに落ち着く。
ちなみに、びとくさん、Mさん、O氏とはかぶらず4人別々の班。完全にバラバラに分かれました。

今回の担当はSIAメダル検定のペースメーカーも勤めるM氏。
自分より若い?と思っていましたが、本人曰く「年齢不詳」だと。なんのこっちゃ。

1本それぞれの滑りを見てから、レッスン開始。
この日は前後左右のバランスと基本ポジションの確認から。
棒立ちで滑ることから始まり、前ならえの状態、左右水平にした状態の姿勢といろいろやってみて、前後左右のバランスと重心移動の大切さを教わる。
基本は正対(せいたい)で。さらに股関節を立てる/寝かせるという表現も実は実感としてあまりわからなかったのですが、ある例えをつかって「なるほど!」と感じた。
・・・今回の講師、引き出しすごく多そうだ。

Img_1036
午後にはコブも入りました。
奥志賀の第4ゲレンデ。今季1〜2月にコブ入りまくったおかげでなんとか滑れてはいるんだけど、それでも様々なダメ出しを喰らう。
レッスン中にも動画を撮ってもらったし、レッスン後にはコブ斜面でびとくさんにも連写で撮ってもらう。

夕食後のミーティング。
レッスン中に撮ってもらった動画を見てヘコむ。
その後、びとくさん撮影の連写を見てさらにヘコむ。

・・・本当に、3日間で滑り、変えられるのかなぁ。


<2日目。レッスンもするけど>
前日に続いて快晴!の2日目。
GWの休日は朝6時から早朝営業をやっている奥志賀。レーシング班は良いバーンを求めて朝練やっていましたが、こんないい天気なら最高の景色求めてフリーでも滑ればよかったかなぁ。

この日のレッスン。
途中、“窃盗団”にもストーカーされて(なぞ)のプレッシャーかかる1日。
前日の確認にプラスして、急斜面でのターンの対応、ストックワーク、コブ/不整地のためのショートターンの伝授。
さらに、最悪なポジションである自分に対して、矯正のためのバリエーションを教えていただいた。
でも、それをもってしても『Hassyさん、もっとリラックス〜!!』

・・・そうとう、余計なところにばかり、力が入りまくっている。
講師からは『よくそれで滑れますね。』と別の意味でお褒めがかかる。

それでも、少しずつ、矯正はされているらしい。
でも、それは、夜のミーティングのビデオ鑑賞でさらにヘコむことになりますが・・・。

で、すこし話を脱線。

この時期の、このスクール。
来季モデルの試乗板が用意されていて、レッスン中に実際に試すことができる。
「あまり乗ったことがないメーカー」「基礎系の板」から自分も試乗させていただく。

悩んだ結果、アトミックを2本試乗することにしました。
Img_1041 Img_1042
午前は基礎系の大回り系(BLUESTAR A)。
・・・つか、大回りという感じがしないんですけど。すごくラク。
けっこうクルンクルン回ってくれる。ロッカーの効果かなぁ。

Img_1046 Img_1047
午後は小回り系(BLUESTAR S)。
・・・つか、小回りという感じがしないんですけど。春雪の荒れたバーンでも意外としっかり。
コブも入りましたが、けっこういけます。
個人的には後者のほうが乗り味としてはいいかなと思いました。
これの170cmあたり、ないですか?


さらに、
Img_1051
この日の夕食はBBQでした。
イントラ/スタッフがココロをこめて肉を焼きまくる。
春の陽気が漂う中、食べ&飲みまくりさせていただきました♪

Img_1053
ミーティング後、講師と同じ班の方と晩酌。
リッチーさんのDVDを見ながらいろいろと会話させていただく。
今回の講師、レッスン中でも感じましたが本当に引き出しが豊富。アフタースキー時でもいろいろ話がでまくる。
「来季はこれにチャレンジしてみるか?」というヒントも出てきた。

さらに、『Hassyさんは、いつからスキー馬鹿になったんですか?』という質問も。
・・・スキーヤーにとって、それ、最高の質問ですわ。


<最終日:ついに、開眼か?>
前日のミーティング中に決まったこと。それは・・・、

Img_1054
早朝スキー!
別途リフト券1500円かかりますが、早朝なのでバーンも荒れていないし、人も少ないからと朝練決行!
5時過ぎに起きて、準備して、6時のリフトオープンと同時にレッスン開始!

Img_1058
薄曇りは残念でしたが、その分気温は若干低め。
見事に、ガラガラでした。第二ゲレンデの急斜面でも心おきなく大回りができる!

でも、レッスンです。
この日は「前後差」がメイン。さらに早朝レッスンではバーンも荒れていないのでハイスピードでの対応の仕方も教わる。
さらには自分にできない○○○ターンの必要性も。そうか、自分のカラダのせいにしてはいけなかったんだ。これは夏場のピスラボで練習しなきゃ。

8時すぎに朝練終了。そのあとの朝ご飯がうまかった〜♪

10時半に最終のレッスン開始。半分はコブ斜面でした。
最後のほうは自主練のような感じで、とにかくコブまくる。
その中で教わったコブでのストックワーク。自分にとってはまさに「目からウロコ」でした。
自分の行なっていることと、人から見ている滑り、実は全く違うことをやっているんだなということを知らされる。
人から見ればストックはついているように見えても、実はついていない。
今まで、自分は、完全に間違ったことをやっていました。

それを聞いて、改めてコブを滑ってみたら、全然違う。
さらに整地でやってみたら、明らかに違う。
昼前にはボッコボコになっているダウンヒルコース。レッスン終了後に実践してみたら、今までとは完全に感触が違う。


あと、講師は幾度もふたつのコトバを口にしていた。
のんびりいきましょう。」と、「(不必要なターンや動作は)やめる!
いかにも自分の性格を見抜かれているようで・・・。


・・・3日間のレッスン、かなり有意義な感触を得て、終了いたしました。
あとはその感触を忘れないように、GW後半で今季の仕上げと、来季へのつながりを持って、終わらせることですね。


いわゆる「スキー馬鹿」になって何年か経ちますが、
このレッスンを得て、ようやくスタートラインに立てたような、気がします。
この先、フライングしないように、自分の進むままの道を進むためのお膳立てをいただいた3日間。

この先、道を踏み外さないよう、がんばります。


【オマケ】
・・・結局、長々書いてしまったなぁ。
今回トッピツすべきなのは、アドちゃんの燃費。
行き(会社〜志賀高原の320km)は13km/l。山道登ってこの数値もすばらしいのですが、驚いたのはむしろ帰り。

坂道の下りの力も借りたとはいえ、
Img_1065
ここまでいくとは完全に予想外!!
(ちなみに、アドちゃんの10.15モード燃費は14.0km/l)
別に高速道路も80km/hキープでチンタラ行ったわけではありません。流れに乗せて常識的に飛ばしてこれです。
現行インプなら20km/h超えの自信、たぶんアリ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

今日から連休

今日から連休
おはようございます
今日から3日間、お山でスキー三昧です

つか、なに。この予想気温…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

ラスト・ガラ?

先の日曜日のヤボ用三昧の日。

Img_1023
ケータイも機種変してしまいました。
といっても、まだFOMAカードは移し替えていません。いま寝る前とかに操作を慣らしているところ。実際に変更するのは連休明けかな?


今回変えたのは、
Img_1024
ハイ、見事にガラケーです。
ドコモのF-09C
「なんでスマホにしないの?」と言われそうですが、いろいろありまして・・・。


といいますのも、
昨今スマホの侵略はものすごく、現在はiPhoneと2台持ちですが、そもそもiPhoneなんて電話とは考えていなく、Macのサブ機として使っているくらいで、番号メルアドは誰ひとり教えていない。むしろiPad用のデータ通信機能だけのSIMが付けられるのならそうしたいくらい(できるの?)。
・・・だったらiPod touchでいいじゃん

で、「携帯電話」として持っているドコモ。
スマホ2台なんて必要ないし、今の機種はもうすぐ3年。
別に今でも充分だからいいものの、過去2回故障したし、今後のことも考えると、ねぇ。

先の土曜日、会社を上がってからビックカメラ内のドコモに立ち寄る。
1年前の機種なので念のため店の人に聞いたら、「在庫1台、色は選べません。」だと。
夜20時過ぎていたためその日は取り置きだけしてもらい、日曜日に手続き。

実際安かったのも、魅力。
1年経っていたのでかなり値が下がっていて、さらにドコモ+ビックのポイントも駆使して、自己負担はわずか2600円!

初めての富士通製のため、操作性はどうかと心配していたが、いまのところ問題はふたつ。
<ひとつ>
タッチパネルもついているのね。慣れないとこれが厄介。
誤って画面に触れると勝手に画面変わっちゃうのがどうも(別に無効に出来もしますが)
<ふたつ>
microSDの出し入れに裏ブタ+バッテリーも外す必要があるの!?
これだけはいただけんなぁ。
Bluetoothとかで通信しろ、ということか?


ここまで衝動替えした理由のひとつに、
あと、某マイミクさんが先日この機種に変えたということも後押しになったのは否めません。
(実は上司が同一機種もっていて、評判も高いことも聞いてるし)
さらに、今後ガラケーでここまでの機能をもった機種が出る保障もないし・・・。
今の自分の使い方ならもっとシンプルな機種で充分でしたが、6月までには諸事情でメインのiMacを変えなきゃいけないということと、夏(遅くとも秋)に向けてちょっとした計画もあって・・・。


あとは、使いこなせるか、ですな。


【オマケ】
正直、黒だけは避けたかったが、もう在庫がないということで仕方がない。
ですが、あきらめも悪いので、別の方法で早速イメチェン。
液晶保護フィルムが店にはなかったので、Amazonで買おうとしたらストア出品で別の商品を見つけてしまい、思わずポチッと。
昨日、それが届く。

Img_1027 Img_1028
最初からデコってみました。
見た目だけは前機種(P-08A・画面右)にずいぶん近くなりました。色合いだけなら充分満足。
ただ、このシート、思ったよりブ厚い。持った感触に違和感があるし、手アカがつきやすそうな表面生地だ・・・。

ま、使ってみてどうか、ですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

ある意味、野生の力強さ

昨日のハナシなのですが、アドちゃんの6ヶ月点検+オイル/エレメント交換のための朝イチにディーラーへ。
予定ではついでにタイヤを戻すつもりでしたが、GW前半に出かけるスキー場が「ひょっとして」の可能性もあるので、今回は見送り。
・・・後半に、変えなきゃ。


で、クルマを預けている間、ヤボ買い物もろもろを遂行。
その途中、“普段は立ち入れない場所”に入ることが出来、ちょっとした散策を。
よく見ると、さまざまな植物が生えている。
間近で見ると、すごく新鮮。

Img_1003 Img_1004 Img_1006 Img_1015 Img_1017 Img_1021
所詮iPhoneのカメラ。
雨、時折風の強い中、さらにマクロモードなんて存在しないので、ピント合わせるのタイヘンでした。


で、これら植物を撮った場所。自分にとっては「してやったり!」
だって、人も多いのに、誰ひとりここに見向きもしない。
自分だけ回りと違って「あさっての方向」ばかりにベクトルが・・・。
回りの人たち、どう思ったのかなぁ。

コンデジ持って来ればよかった・・・。

その場所ですが、わかります?

続きを読む "ある意味、野生の力強さ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

Work does not end.

なぜか、頑なに「休日は年間105日」を守り通している勤務先。
(関連会社は115日なのに・・・ひとりごと)
今日は土曜日勤務ですが、20時前に「あきらめました」。

今週はISO内部監査の週。
(これでも、社内の自分は内部監査員だったりします)
つーことは、先週から自分の仕事、まったくできてません。
滞留業務はたまる一方。ハテ、どうしたものか。

GW明けにはいきなり本監査があるので、5月いっぱいはこんな状態だな。


ですが、
業務はどんどんたまっても、必要以上のムリはしない。
頭の中では華原朋美「あきらめましょう」(なつかしいなぁ)のサビがループ中・・・。

♪パッパパラッパ!♪


【余談】
・・・さっき、歌詞検索したら、作曲ってあの憂歌団の木村さんだったのね!
パチンコ組曲とかおそうじオバちゃん、一時期聞きまくったわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

レタスレタス

今月から0655で流れている「レタスレタス」。
いいですよね〜。

「みんなのうた」で流れてもいいのでは?というほどの親しみやすいメロディーがいいし、
歌っているのが木村カエラというのも、ニクイ!


仕事中でも、思わず口ずさんでいます。
♪レタス〜レタス〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

抵抗勢力

今日はひとことだけ。

「やる気なくすわ、マジで。」

|

2012年4月15日 (日)

(滑走23日目)新たなるスタートへ

(この日記は16日に作成いたしました)


Img_0988
16時40分。最後のリフト搬器を見届けます。


快晴から始まったラストマイア。
昨日滑れなかった分、この日は思う存分滑らせていただきました。

4週間ぶりだったため、リハビリ滑走のつもりでリフトに乗ったものの、
この日はコブの師匠、btcさまがマイアに来てくれた。
結局、全面不整地となった2丁目をメインに、師匠に付いてとにかくコブ!

ラストの緩斜面での復習。あらたなヒントが、ひらめいた。
btcさま、ありがとっ!!
GWは教わったこと忘れないように、がんばりますっ!


今季、マイアでの滑走、わずか7日。
正直、ここでの今季はなんら進歩が、なかったような・・・。
遠征があったり突発の欠勤もあったりでなんとかシーズン券のモトをとれた程度でしたが、
なんだかんだいいつつも、自分にとってのホームゲレンデは、やっぱりここ。


この後、GWまでは滑ります。
夏場はピスラボもありますし、ヘタクソながらも、年中スキーを忘れてはいけない環境になっている。


12月、再びここに立ったとき、少しは進歩している自分をあの御嶽山にお見せしたいです。
その間、他の皆様は、きっときっと、もっともっと自分の数倍も努力することでしょう。
自分も、自分自身を見つめながら、自分の進む方向を、模索し続けるオフシーズンとなることでしょう。


この日から、来季への新たなスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

(滑走23日目・・・ならず)日曜の予定を、前倒し

(この日記は15日に作成いたしました)


Img_0960
雨かぁ・・・。


3週間、スキーが開いてしまいました。
もともと用事がある週もありましたが、行ける日もないわけでは、なかった。
でも、仕事でかなり気が張っていて・・・。


この土日は、マイアのラスト。
なので、絶対行かねば、ならぬ。
でも、土曜日の予報は、おもいっきり、雨・・・。

普段なら朝4時に家を出るのですが、「どうせ雨なら」と7時発に変更。
「午後からだったら、雨止むかな?」との期待もこめて。
高速をつかったものの、いつもよりチンタラ。中津川まで80km/hで流して、そこまではアドちゃんの燃費を14.6km/hまで伸ばしてR19へ。

でも、道中、雨は止まず。
だったら、例年最終日にやっているあの行動を、今日済ませてしまおう。
それも、スキー場にたどり着く前に、一気に実行。
それは・・・、

Img_0954 Img_0957 Img_0955
うま! そば! ぱふぇ!!

Hassy個人が勝手に考える、“開田高原三大おやくそく”。
ぷにぷにした馬の鼻をおもいっきり触り、名物開田そばに舌鼓。そして開田アイス屋の4月メニュー、すぐりのパフェを。

今回、そば屋はたにやん氏夫婦が同行してくださり、彼のお誘いで初めてのお店(旅館嶽見)へ。
ここのそば、ほんとうに、おいしかった!
なんでも冬期は食堂を開けていないらしく、4月にようやくということで、運がよかったです。


で、その間も、雨。
いちおう、ゲレンデには行ってみるが、結果は冒頭の画像・・・。
この日は滑るのをあきらめ、Uターン。

Img_0986
まいどおなじみ、やまゆり荘。温泉&昼寝でぐだぐだ・・・。
でも、よく考えたら、今季、やまゆり荘自体が、初めてだった(おい)。
これだけ今季は、マイア、行ってないんだな。

明日の天気は晴れの予報だから、今日の分も滑り倒すぞ!


この日の夜は、常連の皆様による打ち上げに参加。
開田のとあるレストランを貸し切っていただき・・・、
Img_0970
どの料理も、最高に、よかったです!!
この後、ピザ2種、パスタ2種も出て充分以上の満足!
既に訪れている常連さまから噂には聞いていましたが、スキーでない季節でもわざわざ開田まで足を伸ばして行きたいくらいのお店です。


その後はおやくそくの宴会。
最後の盛り上がりは夜が更けてもつづく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

それでもめでる

仕事のことは・・・なのですが、
それでも、この時期、この目に焼き付けておきたいのが、“桜”。


・・・でも、なかなか愛でる機会が、ない。
先の日曜日は棒に振ったし、あとは会社帰りの夜桜くらい。

幸い、今週。
台風か?という天気があったにもかかわらず、奇跡的に目に見えるほどは散らなかった桜。

それでも、散り初めの桜を目にすると、ちょっとね。
なので、
P1000845 P1000846
あさっての視点で、桜色に染まったマンホールを。
会社の前の道路で発見。朝方はこのように見事!(ただし、自分視点で)だったのですが、昼にはその花びらも舞い散り、どこにでもあるマンホールになっていました。

そして、その日の夜。
Img_0943
日本一の大鳥居と、桜。
実はiPhoneのカメラ。外部の灯りを借りて、なんとかサマになったかな。
でも、電柱がじゃま! なんとか最小限の位置で収めたつもりでは、ありますが。


今日、雨に耐えた桜も、ナゴヤではいよいよ・・・。
この次は、北へ向かったときに、再び愛でることに、いたしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

なにかがとんでる

今日。
いつものように超残業を終え、地下鉄に乗ったのだが、

特段寝落ちしたわけでもないのに、
なぜか、降りる駅を乗り過ごした・・・。


GW明けて5月真ん中まではあらゆるスケジュール目白押し。
今度の土日こそ、しばらくご無沙汰していた“出勤”をしなければ。


それでも、
行きは30分強車内で寝ていても
降りる駅では絶対乗り過ごさない。
アナウンスの「まもなく、○○(降りる駅)〜」で、絶対に眠りから覚める。

・・・条件反射、おそるべし!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

モチベーション

3月、とくに後半の仕事が殺人的だったせいか、ちょっとアレなHassyです。
ある日、三途の川が見えたような・・・。


そのせいで、気付かずブログ更新を3日開けてしまったりとか、
土曜の飲み会のあと、どこかから完全に記憶がなくなったりとか・・・。

意識が戻ったのは日曜の昼前。
気がついたらちゃんと家のフトンの中にいた。どうやって帰ったんだろう??


おかげで日曜日はほとんど1日中、フトンに潜ったまま。
さらには微熱まで出て、いままでがよほどグロッキーだったんだなとようやく気がつく。
・・・いまは平熱に戻っていますんで・・・。

今週来週と、業務ではまたビッグイベントが控えている。
このへんで今一度、体制立て直さないと。


今年に入ってからそんな状況ばかりですので、モチベーションがヘンな方向へ行ってしまっている。
まぁ今までの3ヶ月は切り捨てて、次の3ヶ月へ、ですかねぇ(意味深)。


そういえば、スキーのこと、完全にアタマから離れてる。
次の週末はホームラスト。絶対、行かなきゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

掟、破ってしまいました

「3日以上サボらないブログ」を公言していながら、
今回、サボってしまいました・・・。
こうなるんなら、金曜日に何か上げておけばよかった・・・。


土曜日は会社の飲み会。
なぜ無事に家に帰れたのか、覚えていません(こらっ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

SQUARE ONE

春のCDまとめ買い。最後は、

51cqkjnnscl_ss500_
m-floの新譜、“SQUARE ONE”!


ラップやヒップホップ嫌いを公言するHassyですが、そのジャンルで「好き」と言える唯一の例外がこのm-flo。
LISAとの三人ユニットから、彼女が脱退したあとの「LOVES」を経て、再び!
・・・5年ぶりのオリジナルなんだ。ずいぶん開いたなぁ。


このアルバムの感想の前に、もう1枚紹介する必要がありまして、
81b7zdjql9l
2001年発売の2nd、“EXPO EXPO”。
当時から数えて約10年後、2012年にバーチャル万博が開かれるという設定で構成されたアルバム。1枚を通して全体のストーリーが構築される、練りに練られた秀逸な出来。
これがかなりの名盤で、 今でも時折、聴いているんですね。

・・・そして、今、2012年。
その“EXPO EXPO”の設定である年。このアルバムはその“現実”を知らされるわけで。
実際の2012年はどうなったのか??


・・・トラック1から、やられた!
「こうくるか!」と。
未来はドラえもんの世界ばかりでは、ないなと(しみじみ)。

今回も1枚を通してストーリーが構築される。SFアニメのような展開に、ぶったまげた。
そんな中、曲の出来もなかなかウマイところついています。
斬新だなと思う曲や、80年代〜90年代テクノをホウフツさせる曲とか。

メンバーのふたり、かなり“遊んで”いますね。
正直、うらやましい・・・。


そんな中で1曲、“Sure Shot Ricky”だけが飛び抜けて「ぶっ飛んでる。」(←それも、カヴァー曲!)
今回のアルバム、ゲストヴォーカルは一切シークレットだという理由が、この曲だけでわかりました。
他の曲はヴォーカルわかんなくても、この曲だけは、誰が聴いても、わかる。
・・・実は、今の今まで、元曲を聴いたことがことがないのですが・・・。


ラストトラックで予告された“新番組”を見てみたいです。
でも、このネットの世界、ホントに作っちゃう自称職人が、出てくるんだろうな(期待度薄だけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

好きを続けられるか

ダイハツ・コペンが生産終了ですか。
既に終了が発表されたRX-8や、パジェロミニと並んで、日本においてクルマはもう趣味の範疇としてではなく、いわゆる“白モノ”と同じ領域に入ってしまった・・・、というハナシは以前したかもしれない。


・・・そんな中、昨日。
休日業務のため会社へ行く途中に立ち寄って、

Img_0915
SUBARU BRZを見てきました。

実はその1週前に名駅にあるあのショールームでTOYOTA 86も見ていたりするんですが、エクステリアもインテリアも、完全にBRZのほうが好みですね。
・・・まぁ、自分がスバリストであることをふんだんに考慮した上で、ですが。

双方見たうえで、ひとまず思ったこと。
「これはスバルのクルマである。そう感じて、安心した。」

フロントが「一歩間違えばマツダじゃない?」というのはおいといて、スバルとしては全体的によくがんばっているほうだと、思う。
インテリアも安っぽさはほとんどないし、86はちょっと子供に還って・・・という色遣いですが、BRZは大人のスポーツというイメージですかね。
何より、コーションプレートとか、エンジンルーム内で随所に見られる“SUBARU”の文字(時にホース類などには今はなき“丸フ”マークも)が、86で見ると幻滅し、BRZで見ると興奮したり・・・と、かなりあさってな方向で眺めておりました。

でも、ショールームの展示車はブラックでしたが、
あの塗装の品質、トヨタ的にはアウトだな。


スポーツカーでは設定できない、残価設定ローンやリースなら・・・とマジメにアタマよぎりましたが、
ここはかろうじて自制を働かせて・・・。
だって、こういうのって旬なうちに乗って、3年でスパッと縁を切ったほうがかえって、かしこいでしょ?

苦し紛れにセールスには「年改とかである条件が追加されたら、マジメに買う。」と伝えておきました。
たとえそれが、ムチャ振りだとわかっていても。

それくらい、クルマ好きである以上、最近その興味が薄れている中、久々に「ほしい」と思ったクルマですから。



・・・で、最初に戻る。
生産終了のクルマ。サンバーもついにこの日、OEM供給が発表されてしまいましたが、
スバリストである自分はむしろ、長年スバル・・・いや、富士重工を代表するもうひとつの象徴まで終了してしまうのが、かえって悲しい(→PDFファイル)。
このニュースを知ったとき、2003年以来の衝撃でした。

社名もかわっちゃうのかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »