« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

気がつけば

3月がまもなくおわる・・・。


今日の出勤時、開花している桜をみつけました。
が、その後、雨だったり嵐だったりで・・・。

この日、まさにその天気のような1日。
天気の移り変わりになぞらえたようにトラブル多発の、受難の日。
(まぁトラブル多発はここ最近の定番なんだけど)

トドメは定時30分前の・・・。
幸い業者が営業していたからよかった。
ムリ言って来ていただいたまではよかったものの、手間取って終了したのは21時・・・。


じつは、明日も、業務・・・。
まぁ火種起こしたのは自分だから、責任はとります。


4月からも、こんな状態、つづくのかなぁ・・・。
せめて明日は、エイプリルフールでした!!というオチで終わる・・・ムリだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

僕の見た一年後

実をいいますと、
3月10日。ひょんなことがきっかけで、震災の被災地へ、赴いておりました。

この目で見たことはぜひ記録しておかないと!と思っていて、合間を縫って、少しずつ文章を作っていたのですが、ようやく、「公開してもいいかな?」というレベルまで、持っていくことが、できました。


・・・あれから半月以上経ってしまったのですが、ようやく公開。
このブログ本文ではなく、別にページを作って、そこで綴っております。

よろしければ<こちら>からリンクのうえ、ご覧くださいませ。
“その1”から“その3”までございます。
その1の最後にその2へのリンクが、その2を読み終えるとその3のリンクへ・・・というシーケンシャル方式となっていますこと、お断り。


正直、かなり推敲したつもりですが、それでも「まだまだ文章として満足できていない」のが本音では、あります。
それだけ、メディアというフィルターを通した“事実”と、この目で見た“現実”との落差が、あまりにも、大きかった・・・。


たまたま被災とは縁のなかった身分の、ある種身勝手なレポート。
「そう思った」一例として、読み流していただければ、それだけでも幸いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

みんなおやすみ

このCDの存在を知って、手に入れたのは、2月下旬。
でも、発売されたのは昨年の秋。

・・・二作連続で、「しまった!!」


ワールドスタンダードの今回の新譜は、今までの作品の中でもある種“異作”でありながら、今までで最も最高ともいえる作品でした。


Img20111119054112
みんなおやすみ”。

前作“シレンシオ”と基本同じメンバー構成で(参照)、前作と同じく神田智子さんをボーカルに迎えての作品。
・・・なのですが、30年ちかく活動しているワルスタの作品の中で非常に珍しいのが、「日本語詞をメインにしている」こと。
基本、無国籍をイメージしている音楽。それもボーカル曲でもラテン語やポルトガル語などを駆使しているワルスタの音楽のなかで、ここまで日本語詞を意識しているのは1986年のセカンドアルバム“ALLO!”以来ではないかしら。

帯に書いてありましたが、あの3.11を挟んでレコーディングされたそうで、日本語詞の歌を入れるということは、主宰である鈴木惣一郎氏にとっても“変化”が現れたのでしょう。
でも、言われなければわからないくらいの「自然さ」で、聴くものにとってはただ単に、眠りを誘う、たゆたう気分にさせてくれるのが、素晴らしい。

“小さな祈り”という歌が、理屈抜きに、素晴らしい。
↑これは初めてワルスタに触れる人でも、この曲を嫌いと言う人は、いないと思う。

その次の“アンダルシア”はインスト曲ですが、ワルスタ初期からの名刺代わりで代表曲である“Dandelion Wine”が取り入れられているのが、素晴らしい。
↑これは昔からのワルスタファン向けのアピールかな?


アルバムタイトルどおり、フトンに潜ってこのアルバムを流すと、ほぼ100%、最後まで聴けることは、ない。
それだけ、眠りを誘う、たゆたう気分になれる。最高の1枚です。


今週、週初めから、いきなりの超残業。
・・・これをアップしたら、このアルバムを聴きながら、眠りにつくといたしますか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

このひとときが、案外楽しい?

Img_0909
ばん!!
(アンコールの最後の一拍、思わずパシャリ)


今や3月下旬のライフワークになった、気がします。
高校ブラスバンドの定期演奏会。もちろんOBとして、進行上かなり重要なステージマネージャーとして今年もお手伝いさせていただきました。
ステマネは3年連続5回目の出場(なんか甲子園みたい)。
しかも、今回は記念すべき20回目の定演。ヘタな失敗は許されないなぁ。

Img_0895
前日のリハーサルから会場入り。
今回は会場の使い勝手が今までと違い、かつ演出もかなり凝っていたため舞台上の進行に非常に苦労する。
当日、開場前になっても決められないことだらけ・・・。

でも、本番になってしまうと、なんとかなるもんですね。
状況を瞬時に読み取って時間や照明のタイミングを修正しながら、その場の勢いで指示を出す。
演出だって下馬評では・・・だったのですが、思った以上に客席には好評のよう。
さらに3年連続でペアを組む司会者との息もピッタリ。その場でああだこうだ修正を確認したり、いきなりアドリブを多用したり。
アドリブが通じる司会者なので、逆に今回も助けられました。

アンコールの後で思わぬ事態に遭遇しましたが、これは昨年とは違ってうれしい誤算。
指揮者もこういうのは場慣れしているためこちらも安心。見事な機転でその場を乗り越える。

結局、終演は3分巻き。
ここに至る過程は今までで一番疲れましたが、その分結果は今まで一番納得できる進行でした。


Img_0910
その後の打ち上げ。今回初めて参加しました。
現役の高校生も一緒でしたのでアルコールは御法度でしたが、酒がなくても盛り上げられる現役がある意味、うらやましい・・・。
「もうこりごり。来年は誰か別のひとやってよ。」なんて叫んでおりましたが、たぶん来年も、やるんだろうな。


いやだいやだ言っても、当日のこの緊迫感が、なんか、心地いいんですよ。
ここまで思うと、もうライフワークだな。
そして、この定演が、自分にとっての春のお告げになっているかも、しれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

出張は楽しく!? 第三弾(ラスト!)

Img_0883
またまた木金出張。今回は広島県!
(バックに見えるのは福山城(の、櫓)。駅のとなりにあることにビックリ!)


2月下旬から隔週で続いた講習会のサポート出張。今回でラストです。
前の2回は千葉、盛岡と東でしたが、今回初めて西へ。
この降り立った福山からクルマで30分ほどの場所での講習です。

さすがに3回目にもなると、勝手はある程度わかっているもので、上司も時間を読むのが正確になった。
到着してテキパキ段取りし、昼は12時から休憩に入れて、予定の15時かっきりに終了!
今回かなりプラスだったのが、現地の営業がいろいろ動いてくれる。
その営業、「その手の資格を持っている」のがおおいに役立ち、受講側の取引先のメンバーも、前の2回以上に真剣に聞いたり、懸命にメモをとったり。

逆に、合間に会社に連絡とったらトラブル2件発生でそちらの電話指示のほうがタイヘンだった。
・・・あぁ、月曜日が、怖い・・・。

なんか、今回が、一番疲れた気がします。


部署的にあまり関係ない今回の講習サポートですが、
やっぱり現場職の「たまの出張」はいい気分転換になるし、同行の営業と1日じゅう一緒になることはないため、いろいろ情報交換だとか、お互いの立場がわかったりと、なかなかいい勉強になります。

上司からも『Hassyも、(その手の資格)取ってよ。』だと。
それくらい、部署内でのやりくりが、苦しい状態。
大手だったら、自分、いったい何人分の仕事、やってるんだろう・・・。


【で、今回も、主題とオマケが逆転する】
せっかくの出張だし、移動の手段は総務ではなく自分たちで手配するので、それだったらできるだけあさっての方向で楽しまないと面白くないでしょ? なんのための出張なのよ(なんか方向違ってるなぁ)。

今回も新幹線で移動。
目的地の福山までは1時間に1本は博多ゆきのぞみが止まるから乗り換えなしで移動できるはずなのだが、そんなことするわけがない!!

Img_0857
なぜか、きっぷが3枚。
何がしたかったのかというと、

Img_0860 Img_0868
新大阪から九州新幹線!!こうでもないとなかなか乗れないから。
指定席の2列シート。最高ですわ。
室内も本木目を使った内装ですごく落ちつく。さすが水戸岡コンセプトですね。
新大阪から1時間程度ではありましたが、すごくゆったりと移動。
最初「Hassyらしいね。」と呆れていた上司も、乗ったあとはすごく満足そうでした。


帰りは駅に到着してからきっぷを手配したため、いろいろ考えましたが、
(窓口での駅員とのやりとりに、上司が目を丸くしていた)
Img_0882
福山からふた駅先の、岡山乗り換えを選択。
岡山まではまたまた九州新幹線。指定席が取れなかったため自由席でしたが(そこは2+3列)、同じN700系でも内装が違うだけでずいぶん雰囲気が違いますね。
シートも16両のN700よりも柔らかくて座り心地よかったような。

Img_0887
岡山からはふつうにのぞみで帰還。
・・・つか、今や見慣れた内装だけど、やっぱりスーツが似合う車内だなぁ。


で、今回の収穫は、移動よりも、食べ物・・・。

前日の打ち合わせでは、
Img_0875
広島焼。
上司があらかじめ調べていた店。これ、マジでうまい!!
ずいぶん前の広島旅行で食べた本場広島のお好み焼きよりも、うまい!
値段も600円台/枚からと良心的で、大阪在住の現地営業(もちろんお好み焼きは大阪に限る!派)ですら、ウマイと言わしめた一品。
いったい、今回のメンバー4人でどんだけ平らげたことか・・・。


さらに、
取引先の担当からは「せっかくだからぜひ、尾道ラーメンを食べて下さい。」とのオススメで、講習が終わってからは、
Img_0877 Img_0876

Img_0879 Img_0878
福山駅前にある、尾道ラーメンの有名店を二軒ハシゴ!!
正直、どちらもうまいし、甲乙つけがたい。
麺の打ち方とか、スープの濃い薄いとか、食べ比べると明らかに違うんだけど、ここまでくると完全に「好み」のモンダイ。
これで500〜600円ですから、安いわ。

魚介類でとったスープになぜか背脂たっぷりと、見た目はくどそうですが、実際はかなりあっさり。
いままで尾道ラーメンなんて名前を聞いていただけで食べたことなかったので、こんなウマイラーメンがあったんだとすごく新鮮な体験でした。


・・・おかげで、さすがに帰りは胃袋、苦しかった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

(滑走22日目)またまた試練

Img_0853
左に御嶽、右に乗鞍の、本日のパノラマをどうぞ。
(Photosynthによるパノラマ合成)


土曜日欠勤とした代わりに、日曜日コブまくったあと、1日仕事をはさんでマイアへ出勤。
実は、ハッピーマンデーではない祝日は狙い目でして、

この地域特有、この日は「ト○タ系は出勤日」。
その狙いは見事当たり、ゲレンデはガラガラ(スキー場にとっては複雑でしょうが)。
そして、この快晴! 朝の時点でマイナス5℃。
バーンも締まっていて3月後半とは思えない状況。
これが、木曽エリアあって、マイアですっ!!

でも、いつも一緒に滑る常連さまが、今回自分含めてたった4名・・・。
ちょっとさびしい祝日なのでありました。


で、この日。
まずやっておかなければならなかったこと。
Rimg0329
フォトゾーン。
早割のシーズン券購入者には1回、タダで撮ってもらえ、データを頂ける特典がある。
普段は平日のみですが、特定の休日には予約制で行なっていて、かつ今季ラストは24日。それも次の土日は自分はスキー以外の所用が入っているため、参加するには今日しかなかった。

8時にインフォーメーションで受付して、9時に集合。
そしたら、参加者4名・・・。
快晴、ガラガラのゲレンデも手伝って、カメラマンM氏も思う存分撮影。
Rimg0322
・・・しているM氏を、撮ってみる。
M氏も『ぜひ宣伝してくださいっ!』ということですので・・・。

で、午後にデータを入れてもらったメモリを頂き、帰宅してから、見てみる。
20120320
・・・写真は文字通り“真を写す”ということを思い知らされました(なにがいいたい)。


撮影が終わって、10時前。
この日、マイアへ来ていただいているオーバさんを捕まえて、一緒に滑走。
甥っ子ふたり(小学生)を連れて来て、レッスンしている。
自分も一緒になって、下の斜面を滑る。
ちょっとばかり先生役も勤めさせていただきましたが、ホント、コドモは飲み込みが早い。
最初見た時と、昼前で滑り、変わってるし。
あと、自分も強制的に低速になるため、時々コドモ、あるいは初心者と一緒に滑ることは、自分にとってもいい練習になります。

Rimg0331 Rimg0332
下のバーンメインだったので、フリーポールと、マイア自慢のマジックスラロームも普段以上に滑りました。
コドモは規制があるとむしろ、他のバーン以上にスピードも速く上手に滑るという新たな発見と、オーバーさんもSLコースで自由に練習ができるのと、マジックスラロームのコンセプトに共感を持ったようです。
特に今日は硬いバーンだったので掘れることなく、ポール未経験の自分でもGSではできる限り、頑張りました。


4人でお昼ご飯のあと、1本滑ってからオーバーさんたちとはお別れ。
そこから再び上に上がって、練習がてら、検定のギャラリーも。
Rimg0340
今日のブルダイのコブ。2日前にコブまくった成果が活きたのか、硬いバーンでありながらそこそこ余裕もって降りることができましたが、それが70点以上の滑りかどうか、正直、自信が、ない。

と思うのも、この日のジャッジ、すごく辛かったような気がする。
普段は「降りられたら70点」レベルのコブでも、受験者6人中、70点出たのは2人のみ。
自己採点では発射した1名除いて・・・と思っていたのですが、想像以上だった。
整地でも、バーンが良過ぎるうえの厳しさ・・・。
結局、合格者はひとりのみでした。


この日は1日で盛りだくさんな内容でした。
・撮られることの難しさを実感し、
・コドモの飲み込みの早さに驚愕し、
・滑りを見る目だって、まだまだ甘いことを思い知らされる

試練は、まだまだ、続きます。
つか、できることならイチからやり直したい・・・。


硬いバーンばかり滑っていると、とにかく疲れる。
道中眠気を誘うのは危ないので、片付けしてから駐車場で20分ほど仮眠・・・。
その後は特に眠気を感じることなく、無事帰還・・・と思いきや、中津川の落合でトレーラーが事故ったとの報が。
電光板では片交とのみ出てたが、渋滞すごいぞ。

機転を効かせて、南木曽から妻籠〜馬籠回りで迂回。
とんでもない山道ですが、何度か通っているから時間も読める。
離脱してから25分。R19に再び合流してから中津川ICまでは道、ガラガラ。
迂回して正解。オマケにカーナビの到着予想が2分縮まりました。ふぅ。


【オマケ】
スキーに関係なく、この日の三食をアップしてみます。

Img_0852
朝は豚汁
マイアの朝限定、前回も書きましたがなんと100円でいただける。
朝食にと玉こんも頼んだが、先週で終わってしまったとのこと。
・・・なので、朝はこの豚汁のみ。だったらもう一杯頼もうかと思ったけど、やめました。

Rimg0334 Rimg0336
昼は豚鍋
センターハウスにある2つのレストランのうち、マイア亭がこの日で今季の営業、終了。
鍋も今季最後?ということで。
最後はもちろん、雑炊で。

Img_0855
晩は豚骨
二ヶ月に一度は通うお気に入りのお店。昨年スキールートの道中に新店舗ができた。
正直、店員の対応は既存の店に比べるとまだまだですが、やっぱりこのとんこつラーメンが、うまい!
もちろん、替玉も。硬さは最近「なま」以外に考えられなくなりました。


・・・つか、この日の朝昼晩、豚づくしじゃん!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

(滑走21日目)コブレナリン分泌!

Rimg0302
(ほぼ)全員、集合!!


土曜日は休養日にあて、日曜は日帰りスキー、ですが・・・、
(超私信>皆様ごめんなさい。全てはワタシの日程把握の勘違いです)

Rimg0299
この日はおんたけへ。
いえ、浮気じゃ、ないですよ。
でも、前日からリフト券が誰でも2000円ってのは、大きい。

・・・といいますのは、
当ブログ黎明期より、ブログで知り合ったbtcmixsandさまが「せっかくだから、この日、皆でおんたけに集まろーよ!」と声かけしたのがことの始まり。
彼女、昔からおんたけトピという掲示板を立ち上げていて、自分もたまーにですがカキコに参加しており、主にそのトピ本体や関連トピから知り合った皆さんが集まろう!という企画。

それで集まったのが、冒頭の写真。
btcさまはじめ、例年ご一緒するぺんさん、びとくさん、オーバーさん、JUNちゃん、C氏、H氏。
久しぶりに会うS蔵さん、Kさん、Lさん、あいみーさん、スノーラインさん。
そして、おんたけではときどき会う方々や、自身初めて会う方々など、かなりの大所帯に。
その大所帯の中、おんたけで出会って今につながっている方も多い。

・・・そもそも、マイアのズン券持ちになる以前はおんたけへよく行っていたし、
なんだかんだ言っても、自分だって、おんたけとは切れない縁が、あるんです。


それぞれ前日から、朝早く、途中合流、昼からと、思い思いに集まって、思い思いに滑る。
なかなか、楽しいものです。


前日、さすがの御岳エリアも雨が降ってしまったそうで、今日は気温も高めでザクザクか?と思っていたのですが、整地は思いのほかしっかりしていたし、コブは春雪らしく練習にもってこいな状況。
さすがは標高の高い木曽エリア。だから奥○濃には行けませんって。


でも、自分は・・・、
Rimg0306 Rimg0307
午前中はテレ。今季二度目で、通算でも4日目くらい。
この企画が立ち上がった時点から、オーバーさんと練習だと決めていたのですが、今季皆さんもなかなか会えなかったS蔵さんという超強力な存在が現れた!

早くからコブまくっている皆さんから離れて、3人でオーバーさんによる講釈、そしてテレスペシャリストのS蔵さんのお手本をもとに、テレはまだよちよち歩きの自分が、頑張る。
だいたい、足とストックの動きが、連動していない。完全に四肢が、バラバラ。
・・・だから、アルペンでも、特に小回りや不整地が、ヘタなんだ。

でも、午前終わるころ、だいぶ「らしく」は、なったみたい。
やっぱりS蔵さんは、偉大だ。


お昼はもちろん、
Rimg0305
にく!!

ダイヤモンドダストの、今回はトリプル!
ステーキと、共に自家製のハンバーグと、ソーセージ。さらにカレールー追加の完全フルコース!
いやぁ、ふつうに平らげた。ステーキもう1枚入ったかも(おい)。

Rimg0308
この時間でも、団らんつきまじ。
実は、スノーラインさんご夫婦がお子さん(1歳半)を連れてきて、皆それに夢中な図、なのでした。

午後はアルペンに戻す。
先週、滑り方を忘れた自分に対し、びとくさんから修正レッスンを受けてもらい、なんとか感覚を取り戻す。
そして、向かうは、

Rimg0315
7Bの、コブ!!
・・・といっても画像じゃ状態がわからんなぁ。
実はこの日、ガスがひどく、たまにこうやって晴れる時もあるけど、滑り出すとまたガスが・・・てな状態。
それでも、みなさん、コブまくる。

数年前、おんたけでコブ練へ出向いたときは、とにかく7Bに連れ込まれた時点で、「もういやだ〜!」なんて叫んでいた覚えがあるのですが・・・。

今回、どういうわけか、7B巡回が、楽しい。
特にこの日は春雪コブで滑りやすいし、数年前と比べてコブの状態も様変わりしたけど、コブジャンキーな皆さんの雰囲気に飲まれているんだろうなと思いつつも、自分だってそれを楽しんでるような、そんな気が。

「なんかアドレナリンが出まくってるね。」という誰かのコトバを聞いて、ふと気がついた。
いや、これって、“コブレナリン”じゃ、ないかなと。

だいたいコブ苦手・・・つか、敬遠しまくっていた自分でも、皆についていっているし、結局はリフト終了直前まで、コブまくっていた。
1月のシャルマン〜野沢でシゴいてくれたC氏も、今日の自分の滑りを見て、
『あとは気持ちのモンダイでしょ。』と言われて、なんか嬉しかった。


とにかく、今日は、すごく、楽しかった!!
雰囲気に飲まれるってのは、すごく重要だ。
今まで自分になかったコブレナリンが分泌しまくった、充実した1日でした。
・・・あとは、それが、ホームや他のゲレンデで出れば、いいんだけど。

 
この日お会いした皆様、ありがとうございましたっ!!
あと、声かけしてくれたbtcさまには多大なる感謝っ!!
やっぱりコブの師匠。なんだかんだいいつつもあなたのコブは素晴らしい!!

皆様、次回お会いできたときは、もうちょべっとコブを華麗に滑りたいです。皆様のように。


【オマケ】
その“コブジャンキー”ぶりを証明する、動画をとっておきました。
これ
・・・皆、バカだわ(最高の褒めコトバ)。

えっと、ココログでは、アップできるファイルが1MB以内と制限されているので、画像の小ささと、粗さはごカンベンを。

・・・つか、ゲレンデで流れてたBGMが、すごくマッチしすぎ、なんですけど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

STEREO WORXXX

capsuleの新譜、先日ほぼ1年ぶりにリリースされました。


News_large_stereo_worxxx_jk
“STEREO WORXXX”。
昨年の前作はいろいろ避けられぬ事情があってリリースが2ヶ月も遅れたので、今回は順当に発売されてまずはホッとしているのですが・・・。


数回ループしましたが、印象として、
「だいぶ守りに入っている? ひょっとして次作化ける、伏線?」

前作はかなりドギツイ音だったので、それに対してだいぶおとなしい音だなと思うのは自分だけですかね。
capsuleはデビュー以来、前作を捨てるほど音をガラっと変えることが幾度とあったため、中田氏はとりあえずこの音を作っておいて、周囲の反応を伺っているようにも、思えます。


なので、今の時点の感想は、これくらいですかね。
たぶん、もっと聴き込むと良さが出てくるような。


あ、ライアーゲームのサントラ、まだ購入してない。
iTunesで落とせばいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去り行くもの、多し

春は別れの季節。
・・・なんて書くとちょっとセンチになってしまいますね。


とはいっても、結局は現実的なハナシ。
日付変わっちゃいましたが、今回のJRダイヤ改正は去る方があまりにも、多い。

16日をもって終了した車両、列車がたくさんある。

1-1)新幹線300系
→昨年夏が最後の乗車でした。以前も書いたけど乗り心地悪いし、思い入れはない。
 でも、今日、会社から新幹線が見えるので、昼休み中に最後の勇姿を見送りました。

1-2)新幹線100系
→個人的には新幹線のなかでいちばん好きな車両。
 あのシャープな顔は今でも通用するよね。
 大窓から眺める景色もいいし、今から見ればフワフワしたシートもよかったし、食堂車も経験した。
 世代的にはシンデレラエクスプレスのモデル。でも自分は「それ、なに?」な実態ですが。

2)ブルトレ日本海
→乗ったことなし。
 でも、最後のプルマン式A寝台。乗っておきたかった。
 残るブルトレはあけぼのと北斗星か。秋にはどちらか乗っておきたいなぁ。

3)急行きたぐに
→乗ったことなし。
 でも、車両の583系は十数年前、青森へ行くときに昼行の「はつかり」で乗ったことある。
 あのボックスシートはよかったなぁ。今となってはいろんな、良い思い出。

4)特急あさぎり(JR東海371系)
→実は乗ったことがある。
 学生時代、東京から帰るときに三島→浜松のホームライナーという裏技で(当時は金ないしね)。
 隣に座ったスーツ姿が中電の社員。原発について会話していたことを覚えている。
 まさか今になって原発がこんなことになろうとは・・・。
 デザインはかなり好き。新幹線を意識したコンセプトは今でも充分、通用する。
 
5)特急あさぎり(小田急RSE)
→当然乗ったことないが、4)とペアを組んでた。
 バリアフリーがバリアとなった、悲しき一例。

6)(JRと関係ないけど)小田急HiSE
→これも5)と同じ事情
 でも、長野に行けば、会えるか。

7)JR東海119系
→これは意外だったなぁ。
 飯田線の“ヌシ”。何度かお世話になった。
 あのパンダ顔が愛嬌振りまいてよかったんだけど。
 これからは311系がここにも勢力増すのか。いいのかわるいのか。
  
8)ワムハチ
→ごめん。貨物は興味なし。
 でも、裏方に脚光向けた毎日新聞は、えらい。
 (実は当日、毎日のWebで、知った)


こう羅列してみますと、
旅と、音楽と、ファッションって、どんどん“軽い”方向へ向かっていくような、気がします。

この日(16日)。
旅情誘う列車が去る日と同時に、
新しいiPadが発売されたのと、
銀座のユニクロが、オープンしたというのは、
単なる偶然とは、言い切れないなと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

木金近づく

今日は水曜日だったのですが、
なんでも、今日は、木星と金星がもっとも近く見える日なんだとか(参照)。

数日前から、「あれ?一番星がふたつある。」なんて思っていましたが、もう一つは木星だったんですね。
でも、毎度の残業を終わって、「ケータイじゃわかんないけど、撮ってみようかな?」と会社を出る。

見上げたら、上はどんより曇り空・・・。


あぁ、木曜日はヤな会議があるし、金曜日は正直、いつ帰れるかわかんない。
だから、おてんとさん、わざと自分に木曜と金曜を意識させないようにしてくれたな(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

(滑走20日目)出戻り試練

Img_0836
ただいまー!


実に2ヶ月ぶりにホームゲレンデに戻ってまいりました。
到着時、これでもかという快晴と、くっきり御嶽山が「おかえりー!」と言ってくれているような、気がしました。

だいたい2ヶ月も空くなんて、いままでなかった。
その間初めての場所、今までなかったバーンを滑りまくり(遊びまくり、ともいう)、新たな経験もし、少しばかり新たな感触も、得たつもり。
再びホームへ戻って遠征の成果が出れば、いいんだけど・・・。


いつものように準備して、さっそくゲレンデへ。
下の緩斜面で1本慣らして、いざ上へ!!

・・・しかし、冷たかった。
いや、3月にしてはここ御岳エリアはやっぱり寒いし、雪は触れば当然冷たいし、決して久しぶりに会うマイアの常連が冷たかったわけでは、ない。
1丁目の大回り、久しぶりに滑ってみて口についたコトバは、「全然進歩してない!」


・・・どうやら、硬いバーンの滑り方、忘れたようだ・・・。
遠征の成果どころか、遊びまくったツケが、モロに出る。
「とりあえず」という感触を感じ取るまで、けっこうかかった。つか、今日1日でそこまでの感触まで、いったのだろうか?

Img_0838
そういえば、ブルダイ上部。
今季に入ってから初めて滑るなぁ(おい)。
もちろんメインはコブですが、最初のふたコブは練習にならないエゲツさなのでそこはパスして、その下から。
結果、午前は1勝2敗・・・あれ??

それでも数名から「コブはよくなっているね。」と言われて、胸をなで下ろす。
マイア特有のエゲツないコブ。特に2丁目のそれは今回入りもせず。それダメじゃん。

そんなわけで、結局「修行やりなおし」。
スキーって、カンタンには上手にならないのね。試練は続く・・・。


午後ですが、検定がありました。
Img_0842
マイアの問題児?? こ&ちシスターズの片方「こ」が受験するので、皆でギャラリー。
整地バーンは3月でもしっかりしていてほとんど荒れない最高の条件。でもそれゆえにジャッジはそうとう厳しかったような。
逆にコブはマイアらしく最高難易度。今回はブルダイでしたが、なんと午前に自分がパスしたエゲツないふたコブの上がスタート。距離も今まで見た&受験した中で最も長い。
「1級の検定としてあまりにも残酷」「自分が受けたら絶対落ちる」などの声が。ちなみに後者の発言は自分です(おい)。
実は前走者が発射して、コケた。それくらい難易度高すぎ。
それでも、ちゃんと降りてこれる人がいるんだから、スゴイ。

5人中2人合格。
「こ」もオール70点で合格! 皆で祝福。すごく嬉しそうだったわ。
昨季から受験して、トータル3回目で合格だから自分より上達度、早い。
それも、彼女、小学生・・・。コドモ恐るべし。
すでに回りから「Hassy、追い越されてるぞ」と言われる始末。


これからも、試練は、続きます。いろんな意味で。ハァ・・・。


【オマケ】
2ヶ月もホームから遠ざかっていると、プチ浦島太郎な雰囲気です。
その間、新メニューもちらほら。

Img_0837
土日限定ですが、朝に豚汁とマイア名物、玉こんにゃくがあるのがありがたい。ともに各100円と安い!
朝、出撃前に豚汁であったまって、玉こんで力つけて・・・と有り難い存在。

Img_0840
お昼もありました。
グリルチキン(だったっけ?)。800円と手頃で、栄養バランスもよさそう。
あ、右上の唐揚げは単品追加です。理由は1000円の食券の差額調整のため。


・・・つか、今季、食券が100%余る。次回大放出しないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

出張は楽しく!? 第二弾

(この日記は10日に作成いたしました)


Img_0680
二週前に続き、この木金も出張でした。

前回と同じく講習会のサポートのためですが、今回は遠路はるばる盛岡まで!
上司と、取引先の担当営業は名古屋から。そして現地合流で東北にあるウチの支店長とその営業が集まっての行動。

14時前に名古屋駅を出て、18時半に盛岡駅着。
正味4時間半の移動。ツカレタ〜。
現地の2人と合流し、明日の打ち合わせをしたあと、就寝・・・。


Img_0697
当日、岩手山を眺めながら現地へ移動。
そういえば、安比高原というスキー場があったなぁ。
正直、土曜日にこの辺で滑るために道具持って行こうか、マジメに迷いました(しなかったけど)。


前回の千葉の講習の反省点を踏まえながら内容を修正。
自身ちょっとうまくいかないところあったけど、前回のように時間押すことなく、逆に予定よりも早く無事終了!


実は、またまた二週後、最後の講習会が待っている。
こんどは西へ向かいます。
正直、出張明けの月曜日に三途の川が見えてしまうのですが、もともと会社から離れることのない現場職。
たまにする出張は、いいもんです。
(でも、今回は会社の部下からプチトラブルでTEL鳴りまくったけど・・・)


【で、ここから日々綴文的“本題”に入る・・・】
今日の行きはヒヤヒヤしました。
前回のブログで携帯からアップしましたが、昼、行くときにいきなり人身事故でダイヤ乱れ!
名古屋駅に着くと、画面上は列車によって20〜60分と出てる。
「東京からの乗り継ぎどうするべ。」といろいろ思案巡らせましたが、調べてもらったら乗る列車は「京都で5分遅れ」とのこと。
これなら、いける!

事実、名古屋着2〜3分遅れ、東京到着はなんと定時!
・・・ここはスジ屋が腕を見せましたね(なぞ)。

無事東京到着。すぐに乗り換えます。
Img_0685 Img_0687
久しぶりに乗る東北新幹線。どれくらい久しぶりかというとまだ盛岡までだったとき以来。
E2系も(乗ったことない)大窓ならいいんだけど、初期の小窓でした。
シートそのもののできはいいんだけど、N700系に比べると車内狭いし、揺れるし。
・・・技術の進歩って、スゴイ。

Img_0691
最速“はやて”でも東京〜盛岡は2時間半かかる。
あと、全体的に普通車よりもグリーン車が早く満席になるのもわかるなぁ(JR東日本は他よりグリーン料金を安く設定しているのもある)。

ちなみに、喫煙者である上司。東北新幹線は完全禁煙なので、なんとか自分を眠らせまいとトーク攻撃しかけていましたが、そんなの気にせず途中で爆睡する自分・・・。
盛岡到着後、瞬く間に喫煙所へ走っていきました。

前日の打ち合わせですが、地元ならではでした。
Img_0692
やっぱり海産物がうまい!
手前にあるのは「ホヤ」というよくわからん海産物の刺身。
特徴ありすぎて好き嫌い別れるらしいですが、自分は受け付けた。けっこううまい。
なんか「海のパイナップル」と言われているらしいが、何がパイナップルかようわからん。

Img_0693 Img_0694
盛岡三大麺のふたつ。
冷麺とじゃじゃ麺も、もちろん頂く。
じゃじゃ麺初めてだけど、うんまいわ〜。

打ち合わせは日付変わる寸前まで続きました・・・。


で、前回の千葉ではあさっての方向出しまくった帰りですが、今回もやります!
「ある狙い」があって営業には時刻指定のうえ切符を手配させる。
でも、予定より早く終わったため、上司&営業は列車変更して早く帰りましたが、自分だけはその予定の列車に。
なぜなら、
Img_0703 Img_0714
初のE5系! 鼻、ながっ!!
日中の運用がまだ少ないから、今は乗るチャンス、あまりないんですよ。
乗った車両はむしろ「新車の匂い」で酔いそうなくらいピカピカの新車。N700系に比べると「窓小さい」「座席の幅がやや狭い」マイナス面があるものの、座り心地いいし、何より普通車にも枕があるのがうれしい。
これでだいぶ肩の負担が解消されます。
もちろん、乗り心地は今までの新幹線の中で最高でした!!
いつかグランクラスに乗るぞ!


・・・実は今回、これでは終わらないんですよ。
「せっかく盛岡まで来たんだから、このチャンスは逃したらマズイでしょ?」と思った。
上司にお願いして、というか、上司もわかっていて、その自分のワガママな行動を許してくれた。


そのワガママレポート、近日公開!(できるかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

出鼻ポキッと

出鼻ポキッと
いまから出張なんですが、いきなりこれですか

今日は移動だけですか、名駅から4時間半かかる
帰りだけが、楽しみかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

Electronic Music

久しぶりの音楽ネタです。
・・・といっても、いままで万人にオススメできないものばかり、取り上げていますが。


先月から、一気に4枚購入。
うち2枚はすでにあり、もう2枚は新譜のため入荷待ちですが、先の2枚は「いつのまにか出ていた」というもの。
かなり不覚・・・。


まずは、超マニアックな1枚。
61kfvupmkhl_ss500_
上野耕路、“Electronic Music”。
彼の新譜。ほんとうに待っていました。
でも、リリースされたのが昨年11月。今まで情報をキャッチできなかったのが不覚!

それもそのはず、今回は“配信限定”。
先日、ひょんなことから配信されているのをようやく知った。
もっとも数年前から新譜を出すような情報自体はあったのですが・・・。

で、ひとつ質問。
「彼、だれ?」
有名なところでは「た〜らこ〜♪」の作曲をした人です(参照)。
その曲自体もけっこう怪しいメロディなのですが、ソロ名義となるとホントに、怪しい。
最近はジャズセッションや映画やアニメのサントラが多かったので彼の良さがなかなか出なかったのですが、今回、ソロ名義としては10年以上ぶりではないかしら。


アルバムによって生オーケストラとシンセ音源とを使い分けているのですが、
今回はタイトルからわかるように、ほぼ全曲オールシンセ。

もう、久しぶりに耳が震えました。「現代音楽の作曲家」丸出し!
いきなりノイズモンタージュから始まって、音楽にもなっていない。それが終盤に差しかかると交響楽っぽい音源になって、耳が心地よくなってくる。
・・・て、カンタンにはオススメできないんですけどね。心してかからないと。


個人的には“Underworld”が収録されているのがすごくいい。
(このアルバムでは“Underseaworld”に改題されています)
というのは、1998年(だったか)、あるCGムービーのイメージ曲としてつくられ、予告編PVまでは公開されたのですが、諸事情あって結局そのムービーは完成されず、オクラ入りになってしまったのです。
一時期彼の公式HPで音源だけは公開されていたのですが、いかんせん当時は音が悪かった。
それが10数年経って蘇ったのですから、もう感涙モノ。
かなり重厚な交響楽。デジタル配信とはいえ音は非常に良くなった。オクラ入りのままでなくてほんとうによかったです。
(その後の数曲はそのCGムービー用に作られたのでは?という曲ばかりでしたね)


ここしばらく超残業が続いていますが、実はiPod持ち込んでイヤホン当てながら仕事している・・・のはナイショ。
当初はダンスミュージックなんかで気を高めていましたが、これを入れてからはむしろコイツ聞いたほうが仕事はかどるのでは、と思っているくらいです。

客観的に、完全にわけわかんない音楽ですから(自分にとってはそこがすごくいいんだけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

ひさびさに

電源オフのまま1日が終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

矢印

世界でも、国でも、会社でも、地域でも、
「その世界(あるいは国、会社、地域)をよくしたい」という大きな矢印は皆同じなのに、
どうしても些細なイザコザは、起こってしまう。

ほら、
矢印って、その名のとおり、矢のカタチをしているから、時には攻撃したくも、なるのかな。

皆、矢印の方向が一緒であれば、
方向さえ同じなら矢印の長さは自由だし、真っ直ぐでも曲がっていても正直、かまわない。
ある人はこっちから行こうとして、またある人はあっちから回ろうとする。
時には合わないことも、あるよね。

それが、時に、トンデモナイことにも、なりうる。


・・・そこで、まとめる人が、必要になってくる。

でもね、最近。
ピラミッドのてっぺん、あるいはそのすぐ下にいる人って、こう思っているのかな。
「この世界(あるいは国、会社、地域)はこの方向でいく。だから黙って矢印をそろえろ!」と。
「従わないヤツはこの矢印を突き刺してやる!」とでも構えているのか。

いや、そうじゃなく、
その下にはいろんな考え持っているひとがいるんだよ。
時には勝手なことする人もいるんだよ。
一方的に言ったってそんなのまとまるわけないじゃん。

そのいろんな考えをまとめたり、勝手ことする人を説得したりして、
「よくしたい」という気持ちの範囲のなかで、時にガマンしてもらわないこともあるだろうけど、
あっちこっちに散らばっている矢印をちゃんと束ねて、できるだけ同じ方向に向かわせるよう矢印を調整する。
それが指導者であり、組織のまとめ役、ってものではないのかなぁ。


それはむしろ、
てっぺんの人よりも、実はそのてっぺんのすぐ下に位置する人ほど、勝手なことする輩が多いのがモンダイだったりするんだけどね。
自分の中の矢印からちょっとでも違う方角向いた人見つけると、その矢印へし折ることを好む。
そんなことしたって、自分だけはその場だけは得しても、その世界(あるいは国、会社、地域)にとってはマイナスになること、わかってない。
最終的に矢印へし折られるのは、自分なんだよ。


こんな大事なところで個人的な感情なんか、表に出さないでよ。
せめて、同じ矢印、皆が向けられるように努力してよ。

敵は違うところに、あるんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »