« 大往生のお手本 | トップページ | 冬、再開 »

2012年2月15日 (水)

毎日が綱渡り

引き続き、オシゴトがスゴい状態、継続中。
それどころか、徐々にエスカレート・・・。


毎日、何かしらのトラブルが発生する。
それを収めたと思ったら、また次の・・・てな状態。
常に“綱渡り”な状態。

でも、すごくフシギなことは、
そのトラブル。ほとんが偶然にもギリギリセーフ、手遅れ寸前のところで対処できていること。
「いまのところは」の時点ですが。

いつもいつも、綱から落ちかけるところでなんとかバランス立て直している。
今まで、どんだけその目にあったことか・・・。

今年からの異動の影響があり、というのは以前綴りましたが、
1月半ばで急遽予想外の二部署、三課かけもちというドタバタの中、上司も自分もかなりお疲れ。
(零細企業ってそんなもんよ)

でも、こんな状態の中、気づいたことは、
「どんな些細なことでも、問題が起きたらまず上司に報告!」

・・・至極当たり前のことですが、
昔カラダ壊れたときは、それができなかった。
ひとりで抱え込み、最後でバクハツ・・・を何度やらかしたことか。
(そのときは組織上の問題も、あったんだけど)

上司も自分以上に多忙なのはわかっているけど、百戦錬磨の経験を持っているため、
ヘタに自分で対処するより、上司に判断仰いだほうが早いこともしばしば。
・・・まだまだ未熟者だと、気づく自分。


明日はあの打ち合わせと、あの会議か。
心配事は、あの会議を無事、乗り越えられるか。
それさえ乗り越えられれば、金曜日は週末モードでダラダラ・・・・させてもらえないだろうな。

|

« 大往生のお手本 | トップページ | 冬、再開 »

コメント

つまりエッジ オブ ナイフってことね…
お疲れさまでございます。

いや~僕のコトよく知ってるねぇ(驚)
てな感じしちゃいましたよ
まさに「もぐら叩きゲーム」または
「そこらじゅう穴あきバケツ」状態なのかしら
同じ匂いがしました。

すこしだけ年かさなんで偉そうにひと言ね。
ラッキーな人とアンラッキーな人との差は紙一重
なんだってさ。
アンラッキーだと思ってると"なんで自分ばっかり…"
ラッキーだと思ってると"自分だからこれくらいで済んだ♪ツイてるよ"

同じ事象でも捉え方の違いで全然違ってきちゃうんだってさ☆
頑張れとは言わないよ、やるだけやっとけ!

長々とゴメンね、んじゃ良い週末をsnow

投稿: sato | 2012年2月17日 (金) 19:30

さとさま>
来週は来週でさらなる問題が・・・(以下略)

アドバイス感謝です。
そうなんですよね。
ラッキーとアンラッキーの例も、その他もろもろも、すべてが「紙一重」なんですよね。
トラブルの対処も一歩違えば円満解決かさらにドロ沼か、一瞬の判断ですし。

先日ばあちゃん旅立った日も、お寺の都合と運悪く友引が重なって週末スキーに行けなくなってしまった。
でも、おかげで土曜日はゆっくりできた。
ばあちゃんが「たまには休め」とのお告げかなと今思えばたとえ無理矢理でもプラスへプラスへ。

今は必要以上にがんばりません。
たとえ仕事が残っていても、20時には切り上げる!
その分、勤務時間内はこれでもかというほどフル回転していますが。

週末はまたハジケマス!
あと、お誕生日おめでとうございます〜(ちょっと早いけど)。

投稿: Hassy | 2012年2月17日 (金) 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/53993985

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日が綱渡り:

« 大往生のお手本 | トップページ | 冬、再開 »