« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

ちっともうるわない

今年の2月は、たとえ50日あったとしても全然足りない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

(滑走19日目)大きな声では言えませんが

(この日記は27日に作成いたしました)


Img_0671
晴れにはならなかったけど・・・。


今回の遠征、2日目。
6時半に起きて、ひとっ風呂浴びて、朝食。
その後ちょっとぐだぐだして、9時に準備、完了!

この日は志賀高原。東館あたりをメインに滑ることに。
今回泊まった宿。ゲレンデへの徒歩ではちょっとタイヘンなので、送迎させてもらえる。
もちろん我々もそれに乗っかって宿のハイエースに乗って、いざゲレンデへ!なのだが・・・。


大きな声では言えませんが、
「ここで?」という場所で、降ろされる。
運転手曰く『ここからまっすぐ下降りれば、ゲレンデに出られるから。』だと。

・・・さすがJUNちゃんの定宿。
つか、その運転手。前回のブログでも書いたけど、従業員じゃなく、じつは“宿泊客”。
それってアリ!?
Rimg0287
まずはゲレンデへ出るため、降りる。
新雪は多くてもくるぶし上くらいか。


Img_0672
そこからジャイアントの下まで移動。
ちょっとボコボコはしているが、昨日と違って、軽くていい雪だ。さすが志賀高原!!

東館山まで移動。“たまゴンドラ”に乗って、いよいよ滑走、スタート!


大きな声では言えませんが、
いきなり「あっちエリア」へ。
野沢の「あっち」は有名ですが、実は志賀も「あっち」があるそうで。
JUNちゃんの案内でとりあえず2本滑って、タカマへ移動。
そこのコブなのだが、よくわかんない状態でとても楽しめる状態ではない。そのままベースへ。

ここから、C氏と合流。
志賀まで2時間かからない距離に住んでいるうらやましいお方なのだが、そのせいか出だしは非常に遅い。
でもこの日はメットかぶっているから、やる気だな。

上に上がって、今回泊まった宿の常連客たちと合流。
(もちろん、朝の送迎をしてくれた方も含まれる)
ここから皆様で、「あっち」満載の滑走へ。

Rimg0289
大きな声では言えませんが、
パウダー初級者でも、「このエリア、楽しい!!」

いろいろ「あっち」を堪能して、昼、寺子屋へ移動。
2本あるうちの1本がポールバーンになっていて規制されていましたが昼になって規制解除。
「よしっ!」と宿の常連がひとりポールバーンへ突入!・・・と思いきや、すぐさま左へ。
「・・・え、あっち??」
ですが、その「あっち」も楽しい。


1月のシャルマンから「Hassyをパウダー“地獄”へ陥れてやる」企画が始まったのですが、
シャルマンの悪雪→ヤマボクでは極悪のホワイトアウトを経験し、
先週の野沢でその楽しさが垣間見えて、
この日、なんか、“地獄”が“天国”のように、思えた。

この日、パウダー自体はイマイチでした。が、
思うに、天国と地獄って、紙一重なんだなと、感じた。
あと、ヘルメットは必須ね。そうでないとコケなくてもアタマ痛いから(謎)。


楽しみすぎてしまったため、昼食が遅くなってしまった・・・。
Img_0674
たくさん滑ったので、お昼ごはんはガッツリ系を。
そして、
Img_0675
プリンも追加。自家製なんだって。
濃厚なんだけど、甘すぎず、んますぎ♪
これで200円なら超オトク。

午後も「あっち」を滑って、15時くらいにアップ。
そこから宿へ戻るルートが、すごかった(なぞ)。


いちおう、つけ足ししておきますと、
今回はたまゴントラメインに巡回していましたが、そこへの誘導路がかなりキツイ。
完全なアイスバーンで、それなりの急斜面で、ヘアピン多数。
硬いバーン自体は慣れているものの、ここでも練習しなきゃと意識して、いろいろやってみる。

あぁ、今までにあーだこーだ言われたのは、こういうことなのねと実感。
今までの自分の滑りは、ほとんどが(意識としても、滑りとしても)間違っていたんだとようやくカラダで気がつく。
3月4月とだんだん春になっていくけど、逆にこれからが楽しみにもなってくる。


宿に戻って、ひとっ風呂浴びて、ぐだぐだしていたら、17時。
中野まで降りて、なぜかユニクロへ寄ったりと・・・。
その時点では塩尻あたりでけっこうな渋滞ということで、中野で夕食をとることに。

Img_0676
欲張りな自分ですので、こういう欲張りなメニューをチョイス。
どちらも、うまかった♪

ここでC氏とお別れ。中野ICに入ったのは19時。
でも出発が遅くなったのがプラスになり、高速の渋滞は解消されて、スムーズに帰ることができました。


これをもちまして、1月下旬から始まった長期ロード、ひとまず終了。
この間、いろんな経験をさせていただきました。
今後のスキーに生かせるよう、3月からも、楽しまないと、ね。


大きな声では言えませんが、
「やっぱり、スキーは、楽しい!!」
(いや、そこは大きな声で言わないとダメだって!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

(滑走18日目)ぐだぐだスキー

(この日記は26日に作成いたしました)


Img_0664
ゲレンデトップのレストハウスでも、自販機のジュースが“下界価格”ってのはありがたい。


・・・すでにトップの前説から「ネタないでしょ」と突っ込まれそうですが、ホントにネタがない。
なので、ササっと書いてしまいます。

この土日も遠征で、メンバーは引き続きオーバーさん、JUNちゃんと、1月のシャルマン+野沢以来のジャックの4名。
9時に現地に着けるよう5時に集合して向かうものの、中野ICのチェーン検問でかなりの時間渋滞につかまる。
・・・ノーマルタイヤ、結構多いんですね。それも関東ナンバーが目立つ。わかってないのかなぁ。
あとネクスコも、検問場所の追い越し車線でチェーンを着けさせるのって、どうなのかなぁ。

10時前に、ようやく到着。
今回は、自身初のゲレンデ。
Img_0658
赤倉です!
赤倉といっても赤倉観光(アカカン)と赤倉温泉のふたつがあって、共通券があれば双方渡り歩けるのですが、いろいろ理由があって今回はアカカンのみ。
・・・その理由ひとつはコブのため、なんですけどね。

ベースはギリギリ雪の状態、ゴンドラ+リフト1本でトップまで上がって、ホテルAコースというコブ斜面をメインに楽しむぞ!というシナリオだったのですが、

・・・片栗粉。変にカタイ。

先日の雨で締まってしまったのか、コブ達人の(自分除く)3名は「おもしろくなーい!」
なので、

Img_0660
1本降りただけで、早くもお昼ごはん(まだ11時前)。
この野沢菜チャーハン、ゲレ食の典型でした(意味深)。

結局ここで1時間以上ぐだぐだしていましたが、しょうがないから、行くか。

Img_0663
視界も良くない。
昼にはやや開けた状態にはなりましたが、この画像が一番いい状態で、あとはガス!

・・・それでも、コブ、がんばりました。
そんな中、収穫もあった。
こういう硬いコブ、今までどうしても発射してしまう。
どうして発射してしまうのか、考えてみる。
→ひょっとしてコレが原因?
→じゃあどうすれば発射しないのか
→今まで教わったことをいろいろ思い出す
でもそれをストレートに実践するのではなく、ちょっとひねくれた視点で考えよう
→・・・あ。あの(スキーとは全く関係ない)動きがあったなぁ。とりあえず、やってみるか
→あれ? なんかちがうぞ・・・てな具合。

あとはこの日、横方向だけだった動きを、縦方向にも使えるようにすれば、生きるのかな?なんて(激謎)。


結局、13時半には片付けまで終わってしまう。
時間だけならぐだぐだ滑っただけで終わってしまった・・・。
マイアだとシーズン券なのでその日の半分以上滑らずレストハウスで・・・という日はあるけど、一見で行った場所で、かつ1日券レベルではおそらく最短の時間で、本数だと思う。
でも、収穫はあったから、良しとしよう。


やっぱり新潟の雪って、滑りにくい。
標高が高く、乾いた雪で慣れているので、すげぇゼイタクな悩みでは、ありますが。


翌日は志賀で滑るため、泊まる宿まで移動。
志賀におけるJUNちゃんの定宿。いろんな意味で新鮮な発見ばかり。
Img_0665
そのために、道中、中野のイオンでいろいろ買い出し。
宿に到着して、温泉つかって、
Img_0666
夕食、んまかったです。

むしろメインはその後でありまして、ロビーで宿のオーナーや常連客とで晩酌。
・・・後で知ったのですが、宿で働いてる人でしょと思っていた数名が、実は宿泊客だと知る(だって夕食時もふつうに配膳係やってるし)。
民宿やペンションだったらわからないでもないけど、表向き普通にホテルだし。
まだまだ自分、スキーのこと、知らない。
カルチャーショックですわ。ある意味。

結局、日付変わる直前まで飲んだくれる。
気がついたら、飲み会でも「ここまで飲まないでしょ。」というくらい飲んでました・・・。

<教訓:スピ○タスは舌の上だけで楽しめ(謎)>


【オマケ】
その宿のロビー、本棚があったのですが、
Img_0668
映画だけ見ていて、実は原作読んだこと、なかった。
なぜか3巻がなかったので、翌日含めて1、2、4巻を読破。
・・・マジメにハマるわ、コレ。
近いうちに、ブック○フ、行かなきゃ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

出張は楽しく!?

Img_0634
木曜〜金曜と出張でした。

メインは本社が東京にある(かなりでかい)取引先で、場所は千葉の外房に存在するとあるセンターへの商品講習。
・・・こちらが「講習する立場」です。

その認定をとっている上司と営業部長、あと現地の営業支店長らといっしょに、自分はサポート役として初めて同行させていただきました。
今でこそ部署が変わってウチの製品をじかにいじるのはあまりないですが、そこは昔とった杵柄(?)。
説明役の上司が講釈しながら、自分がその実技を担当。
実技も普段はササッとできる内容でも、人前でするのってすごく緊張するわ。
ここだけのハナシ、いきなり工具間違えて持ってしまったのはナイショです。

最後の最後で思わぬトラブル(なぞ)が発生し終了が30分押してしまいましたが、なんとか無事終了。
貴重な経験をさせていただきました。

・・・え、来月も、行くの??


【で、今日のブログはそうじゃなく】
むしろ、【オマケ】のほうがメイン。そこが日々綴文らしい。

木曜、仕事の都合で自分だけ後追いする形で、夕方の新幹線を使いながら千葉へ。
平日の新幹線って、スゴイのね。
16時台の指定席、通路側しか取れず。
結局、今回も富士山、見られず(単に意識が飛んでいただけ)。

Img_0636
東京からは総武線快速。ちょうどラッシュの時間かぁ(18時ごろ)。
ヤダなぁと思いつつも新幹線の車内でiPhone使って時刻チェックしていたら、ちょうどいい時間に「品川始発、千葉ゆき」が存在!
もちろんボックスシートに陣取って、プチトリップさせていただきました。
品川から乗って正解。次の新橋からずーっと超満員でした。

それでも、向かいのボックスではサラリーマンふたりがちゃっかり一杯やってるし!!
・・・東京のサラリーマンの力強さを感じました。

この日は千葉市内で前泊。
そこで先発の上司らと合流して、明日の打ち合わせと称して、飲み・・・。


講習終了後も自分だけ電車で帰路へ。
土日の遠征のため、許可していただきました。

で、降ろされた駅が、
Img_0641
いかにもな、場所。
・・・窓口に駅員いないんだけど・・・。

きっぷどうやって買うの?とさまよっていたら、
Img_0645
この券売機で係員とインターホンで話しながら、切符を買うシステム。
改札抜けたら駅舎に係員がいたんですけど。それだったらふつうに窓口にすればいいじゃん。

Img_0649
この車両を2回乗り継ぐ。ちょっと前までは京浜東北線にいたんだけどね。
これもこういう機会がないと乗らないし(もちろんボックスシートを陣取る)。

Img_0653
また総武線の混雑がイヤなので、急遽蘇我から特急さざなみで京葉線ワープ。
30分ほど。特急券500円だったら、アリだな(もちろんこの分は自腹)。

東京駅についたら、新幹線の指定席が常に満席。
さすが金曜日だと思いました。
で、夕食どうしよう。東京駅の構内(いま駅ナカすごいし)も考えたが、この混雑なので弁当買って車内で食べた方がいいと判断。
2本(20分)先ののぞみに焦点を絞って、ホームに並ぶ。
なんとか、座れました。
発車前からデッキに人が溢れるほどの「帰省ラッシュ」状態。
ほんとうに、通勤電車なのね。

Img_0657
この「ヒモで引っ張るとあったかくなる」弁当をいただいたあと、意識が飛ぶ・・・。
確かにアツアツになって、おいしかったのですが、発熱材の容積が大きすぎ。量はイマイチだった。


出張自体、実は10年くらいぶり。
今後、時々ありそうなので、たまの出張はこういう間違った視点で楽しみたいと思います。

・・・月曜日、マジメに怖い・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

とつぜん

出張が決まった。それも(日付変わったので)今日。


木曜日、昼過ぎまで仕事して、夕方に新幹線で関東へ。
着いた現地では先発で向かっている上司や営業部長と打ち合わせして、金曜日に本番・・・。

業務上、出張とは縁のない仕事やっていますが、
上司はあらかじめ決まっていたものの、同行の「あとひとり」が決定できない。
本来行くべき人間は「抜けたら困る」と。
昨今あまりにも業務が多忙すぎ。。。

そこで、行けそうな数名から、抜けたときのデメリットが一番少ない自分が抜擢された。
・・・つか、自分も脳内メルトダウン寸前の状態なんですが、仕方ない。
マジメに月曜日が、怖い。

決定したのは水曜日の午後。
金曜日の申し送りをそれぞれの関係する人間にカンタンなレジメを作って配布し、木曜日に最終チェックして、昼過ぎに会社を抜けます。

今年になってからタダでさえ廃人になっている状態なのに、来週以降は灰にもなっていないような。
でも、普段会社の外に出られないだけに、たまのこういうことですから、半分息抜きな気分で新幹線で思いっきり寝るようにします(こらこら)。


そういえば、
出張と縁のない仕事でも、いちおう名刺は作っているが、名刺入れがない。
・・・途中、名駅のハンズで買わなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

今日は何の日?

猫の手がいくらあっても足りません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

(滑走16・17日目)ボクの“The Day”

(この日記は20日に作成いたしました)


Rimg0274
え〜、今回は、「ここ」へ来ております。


2週空きのスキー。今回も遠征。
またも野沢です。
先週のスキー欠勤は予想外であり(ばあちゃんの「たまには休め」というお告げだったんだな)、木曜日まではおしごとバタバタで週末のこと考える余裕などなかったのですが、金曜日になるとやっぱり“禁断症状”が出てしまう。
仕事大量に残っていましたがそれなりに早上がり。
久しぶりのスキー。ちゃんと滑れるのかなぁ。


<土曜日>
今回のメンバーはオーバーさんとJUNちゃん。
“Hassyをパウダー地獄に葬ってやる企画”第三弾!ですが、実は前回のヤマボクよりこちらの予定が先でありまして。
果たして、今度こそ“The Day”なるかどうか?


5時半に某所に集合していざ!なのですが、岡谷から雪。みどり湖PAの事故(明らかにスリップが原因)と豊科ICのチェーン検問で見事にひっかかる。さらに飯山ICを降りてからも動きが遅いため予定よりも1時間遅れ・・・。

着いたの10時半だったか。
Rimg0227 Rimg0229
周辺はこんな状態。雪で埋もれたクルマの車種すらわからないくらい。
野沢慣れしている2人ですら「こんな野沢、見たことない。」
・・・それだけ、今年の寒波はスゴイんだな。

着いた時間が中途半端だったため、先にお昼済ませてからにしましょうということで、
Rimg0225
お決まりの新屋。いつも鳥丼ばかりなので今回は親子丼・・・ではもの足りないので、唐揚げ追加。
・・・唐揚げ、実はほとんど自分ひとりでたいらげ・・・(よく食うなぁ)。
しかし、いつ行ってもうまい。
開店直後に入ったが、その後ゾロゾロと客が入ってくる。タイミングよかった〜。


12時半に滑走開始。もちろん目当てはやまびこのパウダー!ではありますが、
Rimg0234
視界が・・・。

それでも「あっちエリア」に入りました。
こういうときに野沢慣れしている人がいるとありがたい。道に迷わなくて済むし。
コース内でも一部膝パウだし、あっちは最大腰パウ!
でも、視界ないため、あっちに入る人はさすがに少なかったみたい。
自分は・・・ですが、2人についていくものの腰パウなんて経験ないから途中止まってしまいラッセル状態。脱出するのに苦労した・・・。
自分にとって、そういう意味でパウダー地獄。
それでも時にオーバーヘッドスプレーを味わう。パウダーの醍醐味って、こういうこと?
視界ゼロなのでついていくので必死でしたが、明日は天気回復するらしい。日曜日に期待かな?

Rimg0235 Rimg0236
視界が視界なので、後半は牛首やシュナイダーのコブに付き合わされる。
結果は・・・聞かないで下さい。


Rimg0239 Rimg0240
宿に戻って、お楽しみの夕食と、温泉街散策。
野沢は温泉街がいいんだよね〜。


<日曜日>
朝、6時に起床して、宿の雪かきを手伝うことに。
実は宿のじいやんが怪我をしてしまい入院中。さらにこの雪ですからということで3人でがんばる。
たまにだからいい運動になるんだけど、地元じゃ雪積もったら毎回雪かき/雪降ろししないといけない。雪国の大変さを思い知らされました。

雪かきそろそろいいかな?という頃、ばあやんから『そろそろ朝ごはんだよ〜。』
Img_0632
見た目はごくごくありふれた朝ご飯が、ものすごくうまい!
さらにこの宿のお米がうまいんだ〜♪ 何杯おかわりしたか、忘れた♪♪

あと、思ったこと。
朝のジョギングとかする人多いですが、あれって健康のためとかダイエット以上に、「おいしく朝ご飯食べられるようにするため」かな?と気がつく。
相撲の朝稽古だってそうかなと。一仕事終えたあとの朝メシって、さらにおいしくするのかな?と。


朝食後、我々はスキーの準備をして、ゲレンデへ。
Rimg0247
昨日とはうって変わって、快晴!
この青空が、いい!!

Rimg0245
1本目はパラダイスの整地で足慣らし。
そういえば今季、整地大回りあまりやってない。
できる限りカッ飛びましたが、2シーズン前に1級合格するぞ!と意気込んでいたときに比べると、明らかにヘタになってるなぁ。

そして、
Rimg0248 Rimg0249
斜度39°のカベにも連れ込まれる(自分初めて)。
上から見ると、見事に死ねる。
でも雪は柔らかいので、起伏など気にせず適当に降りる。これくらいの雪質なら(気合い入れなければ)降りれるのだが。

その後やまびこへ、の予定だったが、ゴンドラは長蛇の列。急遽予定変更して、
Rimg0256
午前中は日影のコブを延々と。推定フタケタ回ったような。

そこで2人からコブの滑り方を延々とシゴかれる。特に「ストックワーク」。
実はストックワークがものすごくヘタでして、昔からいろんな人から異口同音に言われ続けている。何度もダメ出し喰らいながら、必死に頑張る。
午前最後の1本。ストックはだいぶまともになったらしいが、「膝の動きが・・・」と突っ込まれる。

あのねぇ。人間って同時にふたつもみっつも一緒にできないのよ! いまはひとつだけに集中してるから!
食事のときも、食べるのとしゃべるの同時にできないでしょ!!


11時に早めの昼食を済ませ、ゴンドラが空いてきたのを見計らって、やまびこへ。
「あっちエリア」のほどんどは食い荒らされた状態でしたが、さすが野沢慣れしている2人。

あるところにはあるんですねぇ。
まだ喰われていないところは結構ある。頑張ってパウダーラン。
(写真撮る余裕など、ない!)
オール3の性能を持つマグちゃんでも「浮いた」感触がわかるし、自分の中ではパウダー“地獄”から“天国”に変わる瞬間を感じました。
・・・でもその瞬間に埋もれたり・・・。

Rimg0265
パウダーを頂いたあとは、定番のやまびこBのコブ巡回。
そこで、偶然Mさんに会ったりといったサプライズも。

前回は全く歯が立たなかったここのコブですが、今回はピッチ狭くても、モーグルコブでも、なんとかついていっているのが、わかる。

実は、2週間空いた間に、「ひょっとして」とスキーとは全く関係ない、とあるふたつの運動がヒントにならないか、暖めていたんです。
うちひとつはパウダーでそれなりに活かせたかな?と感じたし、もうひとつは実をいうと残業中に聞いていたAMラジオで気づきをもらったという訳わかんないきっかけですが、「当たらずと言えども遠からず」の手応えを感じた。

Rimg0276
最後はシュナイダーのコブ。
ジャガイモ寸前の硬めの片栗粉で、板が走るわけでもないし、かといってブレーキもかからないというかなりテクニカルなバーン。
2年前に初めて野沢に行って初めてここに立ったときは完全に「死んでいた」状態でしたが、この日は「どうやって降りるか」という余力だけはあった。
それだけでも、進歩しているのかな?


そんな感じで、リフト券的に1.5日の滑走、終了。
滑走中は疲れを感じなかったが、ブーツを脱いだ瞬間に疲れがどっと・・・。
外湯で疲れを癒して(野沢はそれができるからいいよね)、宿で甘酒をいただいて帰路に着きました。


今回案内してくれた&特に日曜日にこれでもかというほどシゴいてくれたお二方、ありがとうございました。
正直、今季・・・いや、今までのスキーで一番楽しかったかも、しれない。

これで、パウダーの経験値が1.25から1.3くらいに、上がりました。
(なんで前回より伸びしろが少ない??)
やっぱり、何事も経験、だな。


実は、次週も遠征、続きます。
果たして、どんな試練が待っているやら??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

冬、再開

2週前は東京。先週は弔事があったため2週もスキーから遠ざかっておりましたが、明日からスキー再開。
ちなみに、またもや遠征です。

仕事・・・? そんなもん適当に切り上げてきたわ。
金曜日はキンヨウビ、土日はドニチだ!


・・・ボーゲンから練習しなきゃ。
それ以前に、またもや寒波襲来。無事たどり着けるのか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

毎日が綱渡り

引き続き、オシゴトがスゴい状態、継続中。
それどころか、徐々にエスカレート・・・。


毎日、何かしらのトラブルが発生する。
それを収めたと思ったら、また次の・・・てな状態。
常に“綱渡り”な状態。

でも、すごくフシギなことは、
そのトラブル。ほとんが偶然にもギリギリセーフ、手遅れ寸前のところで対処できていること。
「いまのところは」の時点ですが。

いつもいつも、綱から落ちかけるところでなんとかバランス立て直している。
今まで、どんだけその目にあったことか・・・。

今年からの異動の影響があり、というのは以前綴りましたが、
1月半ばで急遽予想外の二部署、三課かけもちというドタバタの中、上司も自分もかなりお疲れ。
(零細企業ってそんなもんよ)

でも、こんな状態の中、気づいたことは、
「どんな些細なことでも、問題が起きたらまず上司に報告!」

・・・至極当たり前のことですが、
昔カラダ壊れたときは、それができなかった。
ひとりで抱え込み、最後でバクハツ・・・を何度やらかしたことか。
(そのときは組織上の問題も、あったんだけど)

上司も自分以上に多忙なのはわかっているけど、百戦錬磨の経験を持っているため、
ヘタに自分で対処するより、上司に判断仰いだほうが早いこともしばしば。
・・・まだまだ未熟者だと、気づく自分。


明日はあの打ち合わせと、あの会議か。
心配事は、あの会議を無事、乗り越えられるか。
それさえ乗り越えられれば、金曜日は週末モードでダラダラ・・・・させてもらえないだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

大往生のお手本

今日は親類の葬儀。先ほど戻ってまいりました。

このブログで時々日記にしていた親戚のばあちゃん。ついにお迎えがきてしまいました。
数えで105歳。それだけ俗世にいられりゃ充分でしょう。


冥土へ旅立つ時を聞かせてもらいました。
変な表現ですが「すばらしい」の一言。

耳こそかなり遠くなったが、足腰はまだまだ充分。
その日もいつものようにデイサービスへ行き、食事と入浴を済ませ、いつものように送迎バスで自宅へ戻り、夜、床についてそのまま・・・だったそう。

記憶にある限り病気での入院は聞いたことなく(数年前骨折で、というのはあったが)、同室で寝ている家族だってまったく気づかず、夜中目が覚めて様子を見たらすでにだとか。

必要以上に世話をやかせない俗世での最期。
「自分もそのように死にたい。」と思いましたね、正直。


ただ、そのデイサービスのとき、ひとつだけ違っていたことが。
普段は当然1回の入浴ですが、本人の要望で2回入ったそうで。

そのとき、「迎えが来た」と悟ったのでしょうか。
そろそろ逝かなきゃいけないから、せめて身はしっかり清めて・・・と思っていたのなら、なおさら潔い。


今日、棺の中を拝見したときに、
『おまんたぁなんでこんなとこにあつまっとんだ』なんて飛び起きてしまいそうな表情でした。


年に数度ですが、会うたびに自分が毒舌吐きまくられていたばあちゃん。
もうその毒舌が聞けなくなるのは寂しいですが、冥土で先に逝ったご主人やその他親類たちと「ようやくここに来れたわ」「もうやってきたんか?」なんてやり合ってるかもしれませんけどね。


ご冥福をお祈りします・・・だなんて言えんわ。
せめて冥土で笑い続けているのであれば、それで充分です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

そのハナシ、ホントかも??

なんか、「トマトがメタボ予防に効果がある。その成分を発見した!」というニュースが載っていましたよね。


この手のネタって、「どーせマユツバモノでしょ?」とか「あー、いつぞやの納豆みたいにスーパーからトマトが消えるのか。」なんて冷めた目でみているのがいつもの自分ですが(ヤな人間だなぁ)、あることに気がついた。


Img_0621
家には“箱買い”の野菜ジュースが・・・。

実は大学のころから毎朝1杯飲む習慣ができている。
なんかかんだでかれこれ20年近く経つなぁ。
当初は190ml缶でしたが、コストを考えながら現在はこのデルモンテの900mlペットをカインズホームで箱買いするのがいちばんお徳と判断。
1本をだいたい1週間で消費するから、3ヶ月弱に1回箱買いしている計算ですね。


ここから先、書くと攻撃喰らうのを承知で書きますが、
「自分、やせ形・・・つか、なかなか太りたくても太れない」
実際に会っている方からも「なんで太らないの?」なんて言われる始末ですし・・・。


・・・ひょっとして、太っていないのは、この野菜ジュースのせい?
その記事を見ると、「人間の場合、毎食コップ1杯(約200ml)のトマトジュースを飲むことで同様の効果が得られる」とか。
毎食って1日に600mlってこと?かもしれませんが、この記事の内容が本当だとすると、自分がそれを証明しているかも?となんか妙な気分です。

まぁ、野菜ジュースだけ飲んでいればメタボを抑えられる、とは思っていませんけどね。
大事なのは普段の食生活や規則正しい・・・と決まり文句を言ってしまうのですが、他でちゃんとしているのかという自信、全くないですし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

一服

もうハンパじゃない状態に突入しています>仕事。
4月になったら、解消するのかな?


今日も朝イチから夜遅くまでフルブースト。
会社を出たら、夜中なのに空が明るい。


冬の満月って、いいよね。
明るくて、青白くて、くっきりしていて。


タバコ吸わない身分は、一服のタイミングが、わからない。
こうやって、一服を探しに、常にアンテナ立てないといけないわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

興行ですから

(この日記は6日に作成いたしました)


Img_0615
2月なのに、大相撲。
この日、日帰り東京で“大相撲トーナメント”やらを観戦してまいりました。

本場所と違って、11時開場、12時開始、17時半には終わるゆるいスケジュール。
同じく相撲観戦が好きな埼玉の友人N氏から誘われる形で。
この時期スキーのはずなんだけど、これも年に1回のイベントだし、本場所以外の大相撲ってどうなんだろという興味もあって・・・。


いきなり結論からいいますが、
「興行ですね。」
いろんな意味で真剣味が感じられない。土俵以上に、観客とか、館内全体の空気からして、違う。
取組も本場所では見られない立ち合いや決まり手など、普段見られない雰囲気でした。

でも、それもアリだと思います。
それはそれで、楽しめますね。

今回、イス席Bで、ひとり3000円。
ヘタにマス席にするよかはこの位置がちょうどいいですね。値段も手頃だし。

そして、今回も、特等席だった。
Rimg0194
階段通路上の、「ビールがおける」席!
チケット手配してくれたN氏に感謝!!

・・・言うまでもなく、本場所以上に「呑んだくれ」してました。
だって、興行ですから。

興行なので、途中、こういう余興も。
実はこれが一番楽しみだったりして。

Rimg0201 Rimg0202
お約束、ちびっこ相撲。
稽古をつける関取はなんと琴奨菊と稀勢ノ里の両大関!
ふたりとも普段は見られない柔らかい表情でした。

そして、個人的にメインイベント。
Rimg0206 Rimg0208
初っ切り!
もちろん生で見るのは初めて。思いっきり笑わせていただきました。
つか、力士に行司、そうとう“稽古”したんだろうなぁ。3人の息、ぴったり合ってたし。
(静止画では様子がわかりませんので、どういうのか知りたければYouTubeとかで“初っ切り”と検索するといくつも動画が出てきます。すごく面白いですよ)


トーナメントという性格上、本場所では現時点ありえない「横綱白鵬が次の力士に水をつける場面」や、「横綱大関VS平幕下位」といった取組が見られるなど、違った面白さがありました。

あとは巡業の見学だな。


【オマケその1】
午前は僅かですが時間がありましたので、
Rimg0181
新幹線は品川で降りて、京急でひと駅となりの泉岳寺へ参拝。
忠臣蔵の赤穂浪士四十七士の墓がある・・・という程度の知識しかありませんが、思っていたよりは中規模な寺。朝9時台だったので客もいなく、ゆっくりさせていただきました。

・・・で、泉岳寺を選んだ真の理由は、品川から京急を使う。
京急といったら、

Img_0605 Img_0606
出会えました!ドレミファインバーター!
実は品川で数本待っていました。「歌う電車」として有名ですが諸事情あって残り少なく、もうすぐなくなるかもしれないということで。
(わかるひとだけわかってください。これもYouTubeでいっぱい動画があります)

泉岳寺駅は地下なので、ホームじゅうあの“名調子”が響き渡っていました。
わずかひと駅でしたが、いい音でした♪
・・・たまにしか東京に行かない自分には、これが最後になるのかなぁ。


【オマケその2】
Img_0593 Img_0597
日帰り東京の定番。今回ももちろん格安グリーン車。
前日までの仕事がハードだったため乗車後ほどなく寝落ち。富士山は夢の中で見ました(つまり、その間、意識なし)。

Img_0619
帰り、帰宅が遅くなるのがマイナスですが、あえて名古屋止まりのひかりにして正解でした。
でなければ、京都まで乗り過ごしてました(名古屋到着後、清掃のオジちゃんに起こされた)。

・・・それだけ、無意識に疲れていたんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

さすがにブチギレた

今週の六連勤はハードだった。
月曜日からジャブだフックだ食らい続けていましたが、それも最後の最後でアッパーカットを喰らってノックアウト(精神的に)。
・・・来週末、本当の“地獄”を味わうかも。


それはおいといて、
駅〜会社までの徒歩経路に某タクシー会社の営業所があるんです。
道路を挟んで事務所と、車庫である立体駐車場。いつもその前を通っています。

そんな廃人状態でかつ残業上がりの今日の帰り。
その立体駐車場の前を通りかかったら、いきなり自分の目の前にある物体が降ってくる!
あと1秒違いで、自分のアタマに当たるところでした。

で、その“ある物体”を確認した瞬間、正直、ブチギレた。


・・・タバコの吸い殻・・・。


火は消されているが、手に取ってみるとまだ暖かい。
その時そこそこ風は強かったけど、風向きから風で飛んできた可能性はゼロ。
(そもそも吸い殻が自分の目線より高く舞うことなんてないでしょうし)
他に高い建物はないから、どこから降ってきたかは、間違いなく立体駐車場の上から・・・。

まぁ、言いたいことはわかりますよね。
その吸い殻を手に取って、そのタクシー会社の事務所へ直行。
とにかく(冷静に)言わなきゃいけない事、言いまくってやりました。

内心、あれだけブチギレたの、今までにない。
マジメにガマンしきれなかったからなぁ。


自分は吸わないものの、実は嫌煙派ではない。
喫煙者のメリットも、少なからず理解しているつもりだから。


そういうことするバカがいるから、タバコ(喫煙者)は嫌われるんだよ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

白が白を引き立てる

ナゴヤ、かなり降りましたねぇ。

同じナゴヤでも、北西部(自宅)と、南部(会社)では、前者は雪積もっていても後者は「雪がない」という場面もしばしばなのですが、この日は自宅近辺も会社も同じくらい積もってました。
それでも、昼頃には道路の雪はほとんど融け、仕事への影響は最小限に済みましたが。


で、
雪が降ると、どうしてもここへ寄りたくなる。
事あるごとに以前よりアップしていますが、今日の朝、通勤途中にほんのちょっとだけ遠回り。

Img_0588_2 Img_0589_2
この“白に白”がいつ見ても、いい。
建物の白と、雪の白。

地元のオアシスであり、ごくごく普通の存在でもあり、遺産でもある。
年齢ヒトケタ〜中学生のころまで、休日はこの中にいることが多かった。

明日はまた、違う風景になるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

それは結果が決める

プロ野球、キャンプイン!
(・・・単に時事ネタとして言ってみたかっただけ)


今季は監督交代4人に、ユニホーム変更3チームか。
例年以上に少ないのかな?

その、新ユニホーム。
身売りした横浜DeNAは別として、老舗の阪神と中日の変更が興味深い。

ともにイメージカラーである「阪神=黄色」「中日=ブルー」を抑えたどころか、中日にいたっては“ドラゴンズブルー”と言われる長年親しまれている鮮やかなブルーを封印した点。
それに、ビジター用はともに上半身は黒に近い濃色で攻めてきた。
よほど落合色を排除したかったんだな。

地元ですので中日について言えば、
すでに賛否両論別れているようですが、個人的にビジター用はいいなぁと。
回りは敵だらけだから、むしろビジター用は「敵陣を攻めてやる!」というくらいの勢いがないといけない。
ホーム用よりビジター用に力を入れたように見えて、その点はいいですね。

そうは言いつつも、結局は、
「強いチームは、ユニホームがカッコ良く見える」
なんだかんだ言っても巨人のそれが大幅に変わらないのはそういうことだと思いますし、最初は違和感あっても、結果がついてくると、思っています。

勝ち続けること。
そうすれば、自然と「このユニホームがカッコイイ」と感じるようになるから。
そういう意味で、ガンバレ横浜DeNA!(あれ?)


・・・ですが、中日の新ユニホームについて、これだけは言わせていただく。
「あの有袋類には似合ってない!!」
・・・ひょっとしてカラダの色、変わるか??

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »