« たまには、“無題”というタイトルで | トップページ | (滑走13日目)何事も経験! »

2012年1月20日 (金)

フェイント!

把瑠都が13日目で優勝ですか!
・・・意外な展開でしたが、初優勝おめでとうございます!

 
で、その前日、
「立ち会いの変化」で決まった取組が二番続けてありましたよね。
確かに観客の立場からすれば「あ〜あ・・・」なんですけど(自分も正直、一瞬はそう思います)、スポーツとして考えると別にルール違反でも禁じ手でもないし、勝負のためなら仕方ないでしょう。

・・・でも、なんで相撲だけ、なんでしょうね。そこまで批判されるの。

批判されそうなものとしては野球の敬遠が当てはまりますが、あれも勝つための戦略のひとつですし、サッカーだってバレーボールだって卓球だって剣道だって、その一瞬のプレーの中でフェイントと呼べるものはいくらでもやっている。

それなのに、相撲だけは「変化」という言葉を使って忌み技のように嫌うって、どうなのかなと。

まぁ個人的で勝手な見解ですが、
相撲というのはスポーツという“競技”以上に“興行”という側面が大きいからでしょうね。
だからこそ、一番一番ががっぷり四つの真剣勝負を望んでいる。
でも、15日連続休みなしで真剣勝負を続けるってのも、難しいと思うんだけど・・・。

だからこそ、今までも、これからも、
相撲ってスポーツとは言い切れないがゆえの諸問題がありますし、それだから面白かったりもするのですが。


・・・今日の時点で、大関5人中、二ケタ勝利が4名。
こんな展開、しばらくなかったな。
むしろ今後が、面白くなってきたぞ。


ですので・・・というわけではありませんが、
2月は違った相撲を見に行くことになったわけで(え

|

« たまには、“無題”というタイトルで | トップページ | (滑走13日目)何事も経験! »

コメント

そうでもないんちゃう?
舞の海の「猫だまし」とか「八艘飛び」とか、痛快で、マスコミも喜んでたし。

投稿: たにやん | 2012年1月21日 (土) 20:47

たにやんさま>
このコメント拝見してから、もうひとつ気がつきまして、

「今回の騒動って、外国人力士だから、おこったのかな」と。
そう考えると、ますますスポーツとしてはフェアじゃありませんよね(観る側や揚げ足取るマスコミも)・・・。

投稿: Hassy | 2012年1月22日 (日) 22:26

そういえば、昔、ダイエーホークスの、ラガって助っ人外人が、2アウト満塁で何を思ったかスリーバンドしたのを思い出した。しかも、それがまた失敗で三振チェンジ。一瞬球場全体が静まり返って(あきれかえって)、その後ブーイングの嵐だったことは言うまでもない。

投稿: たにやん | 2012年1月24日 (火) 16:55

さらにたにやんさま>
それは完全にプロとして失格では?

昨季(2011年)も、縦縞の助っ人外国人がチョンボやらかしていましたね・・・。

投稿: Hassy | 2012年1月24日 (火) 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/53782617

この記事へのトラックバック一覧です: フェイント!:

« たまには、“無題”というタイトルで | トップページ | (滑走13日目)何事も経験! »