« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

(滑走15日目)The Day・・・を通り越し

(この日記は31日に作成いたしました)


The Day”。
誰が言い出したかわからない。語源も由来も不明。
スキーヤーにおいて、極上のパウダーを当てた日はまさに至福の瞬間。
粉雪とともに浮遊し、粉雪とともに戯れる。
そういう状況を、この言葉を使って表現するらしい・・・。



日曜日。
本当はもっと宿でゆっくりしたかったのですが、この日は時間が決まっており、早起きしてまずはこんもり積もったクルマの雪かきから。
その瞬間から、「今日は“The Day”か?」なんて期待が。
でも、空はどんより。せめて雲がとれてくれれば・・・。

いそいそと準備して、今日の場所へ移動。
その今日のスキーですが、ついに、あの・・・、

Rimg0123
ヤマボクの“CATツアー”に参加!!
バックカントリー初心者でもオフピステが楽しめるツアー。マイア仲間にも参加経験者がいて、かなりいいとの評判でして、自分も参加してみたいなーと思っていた。
この日、ついに、実現!!

今回一緒に参加するオーバーさん&JUNちゃんの“Hassyをパウダー地獄に葬ってやる企画”第二弾!
・・・ですが、第一弾(先週)のシャルマンが不発に終わってしまったため、この日こそ本番だとふたりはやる気満々。
自分(パウダー経験不足)は・・・埋もれなければいいのだが。


受付を済ませ、9時に集合。
参加者は定員の10名。スキー4名、ボード6名の布陣。
これにガイド2名(先導担当のメインガイドと、万一のための後走役)がつきます。

まずはリフトに乗って、整地1本、不整地1本滑って各々のレベルを確認。
つか・・・、
Rimg0131
このボコボコ急斜面、これだけで死ねるわ。
でも、滑ったあとにオーバーさんから「ポジションよかったよ!」とお褒めのコトバをいただく。
先週のシャルマンで悪雪滑り倒した成果かな?

いよいよ、CATエリアへ。
Rimg0134
画像右に柵があるのがわかりますでしょうか。
実はその右側が一般滑走エリア。我々はその外側に立っている。
つまり、一般的に滑走×のエリアを滑るわけでして(でも、スキー場としては管理区域。CATツアー参加者だけに許される特権)。

ただ、視界が悪い・・・。
できるだけ安全なエリアを先導してもらい、たどり着いたのは、

Rimg0135
ここがCATツアーのベースで、ピンクの雪上車で我々を乗せて、オフピステエリアを案内してくれる。

Rimg0147
ここで記念撮影(左からオーバーさん、JUNちゃん。自分)。
休憩後、いよいよツアーが始まります・・・が、

この時点で、午後滑る予定だったタコチコース(全長13km。日本のゲレンデでは最長)のクローズが決定・・・。
今日はあまりにも降り過ぎ。救出ラインの確保ができないのが理由。
自然が相手のスキーですので、致し方なし・・・。

Rimg0152
雪上車(CAT)に乗り込み、進んで行く。
正直、乗り心地は・・・ですが、コレ運転してみたいわ。


ガイドの先導〜参加者〜最後に後走のガイドと滑っていくのですが、1本目からアクシデントが発生。
(参加者のケガとかではないので、ひとまずご安心を)
やむなく後走ガイドはその現場に立ちとどまることになったため、残りは次の滑走。
ガイドがひとりいなくなってしまったので、自分が後走役に指名される。すげぇ責任重大。

今回、ボーダーにとっては緩斜面ではなかなか移動が難しい。
ストック持参のボーダーもいますが、持っていない人もいたので、自分のストックを差し出してボーダーを引っ張ったり、お互い協力しながら、進めていく。


そして、ベースに戻ってお昼ごはん。これもツアー代金に含まれています。
Rimg0162
大きめの鍋に入っているシチュー風のスープ。これがうまかった!
持てないくらいアツアツで、すごくカラダが暖まる・・・。

だけど、テントがものすごくバタバタ。
風が強すぎ。昼でこの状態だから、午後は回復望めない・・・。

それでも、午後のツアー決行。
Rimg0158
画像でわかりますかねぇ。かなり風が強いんですよ。
完全にホワイトアウト状態。

Rimg0169 Rimg0170_2 Rimg0172
ガイドが先導。必死にラインを覚えるが、姿が消えて行く・・・。
さらに、平均膝パウ、最大腰パウと積雪だけなら最高だった状態ですが、この悪天候に緩斜面メインだったこの日のコース。ボーダーにとってはかなりキビシイ状況でした。

さらに、この日、マイナス20℃。
それを知らされて参加者からは「えー!」と溜め息が上がっていましたが、どういうわけか自分だけは「はぁそうですか。」と素知らぬ顔。
・・・というのも、やっぱりマイアをはじめ御岳ふもとのエリアで鍛えられているからかな? 防寒対策もちゃんとしてたし。
御岳エリアは普段からマイナス2ケタ。風が強い日なんかしょっちゅうだし、さらに平均的に空気が乾燥しているから体感としては今日のここよりもっと寒い。
この日は湿気も高いから特段寒いと思わなかったなぁ(あれ??)。


結局、CATで登ったのは午前3本、午後2本。
タコチも滑れない上に、本数少なめでツアーとしては不完全燃焼。ガイドも最後はしきりに謝っていました。
実は午後もアクシデントはありましたが、それでもケガ人が出なかったが何より。

でもね、
山の天気って普段からいいわけがないし、特に冬なんか悪天候の時もあるさ。
初参加の自分ですが、最悪の天候(午後なんか八甲田山の雪中行軍かと思った)の中、雪山の怖さも垣間見え、午後は板が外れて雪に埋もれて救出してもらったり・・・と散々といえば散々だったかもしれませんが、逆に言えばオフピステの経験値が低過ぎる自分にとって、いきなり極悪の状況を体験してしまったので、今後のことを考えればプラスもプラス。非常にいい経験をさせていただきました。

あと、今回の板のマグちゃん。
正直パウダー向けの板じゃないですが(ガイドに見抜かれた)、いやいやどうして、パウダーも充分滑れます。
どのバーンでもオール3レベルで滑れる板なんだと実感。
・・・でも、パウダー板、欲しいなぁ・・・。


そんなわけで、パウダーレベル1から1.25くらいには上がったかな?なんて思っている自分がいたりしました。
このCATツアー、すごく楽しいです。
また参加したくなりました。できることなら天気のいい日に。

・・・来年の予約を強制的に入れられたのはナイショです(え??)。


【オマケ】
ベースで、休憩時と昼食時に「ご自由にどーぞ!」と“エアボード”なるアイテムが用意されていた。
なにかといいますと・・・。、

Rimg0142
こうやって遊びます(乗っているのはオーバーさん)。
自分も試してみましたが、これ、すごく楽しい!
いいトシした大人が、我を忘れて回りがヒクくらいはしゃいでおりました。

・・・今日のCATの最大の収穫、実はコレかも(それ言っちゃダメ!)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

言葉の敗北

(この日記は30日に作成いたしました)


時として、言葉が無意味になることがある。
そうなる場面は様々あれど、今回泊まった宿は
「あらゆる表現を試みても、すべてが無意味になる」ことを悟った。

普段、これでもかというほどダラダラ綴るこのブログでも、
ここだけは、どんな言葉をつかっても、皆様にちゃんとお伝えすることができない。

・・・なので、これ以上、書かない。

・・・あらゆる場面が、言葉にならない至福の連続・・・。


Rimg0114

|

2012年1月28日 (土)

冬だって観光!

(この日記は30日に作成いたしました)


この週末もスキー。
・・・ですが、土曜日は趣向を変えてスキーから離れて観光していました。
といいますのは、日曜日のスキーはある種一大イベントを控えており、土曜日も滑ると日曜日カラダ持つか?・・・というのと、今回の同行者から『○○を見に行きたい!』とリクエストがあり、それに応じる形で。
・・・まぁ、冬真っただ中なのに、スキー以外の予定を受け入れるの、自分くらいだし。
実は、スキー以外にもある共通のマニア度を持っている今回のふたり。自分も興味ある。二つ返事で引き受けた。


高速飛ばしている途中、恵那山TN超えて阿智PAの直前、追越写真でクルマが反対向いて事故ってる!
・・・走行車線飛ばしていたからよかったものの、一歩間違えれば大惨事。
その時間は事故直後だったようで、その後、この区間はかなり長い間“通行止め”。
・・・助かった。

途中、信号待ちでクルマが揺れるのを感じたり(富士五湖で地震があった)、なんだかんだで8時頃到着。
今回の“観光”は、

Rimg0008
松本!
雪の朝の松本城がなんともいえない!
自身、松本をマトモに観光したのは三度目。同行者は初めて。
ともに、スキーしない観光で、興味シンシンなところばかり回っておりました。


<まずは定番。松本城>
Rimg0038
今回、同行者がいちばん行きたかった場所。
8時半の開門を待って、入場。
その時点で、客は自分ら含めてわずか3名。

・・・もう3年前に遡りますが、前回行った時GW中ということもありましたが恐ろしいほどの行列ができていた。
で、なに。この閑散とした(すごく嬉しい)雰囲気。
冬の観光地って、いいわぁ。

Rimg0041
入ろうとしたらいきなり軽トラが出てきたのにはびっくりしましたが・・・。

Rimg0046
いいですねぇ・・・。
うっすらと雪化粧。そして、誰もいない・・・。
天守入口の係員に聞いたけど、『春から秋は確かに多いね。特に去年はNHK朝の連ドラですごかったからねぇ。来るならゆっくり見られる今がいちばんいいと思うんだけどねぇ。今日は雪景色も見られて最高でしょ?』
・・・うん。最高です!!

天守も当然入る。
ですが、中のことについては以前綴っていますのでそちらに譲ります(参照)。
でもねぇ、

Img_0583
誰もいない天守最上階って、すごく至福だと思いません?
(Photosynthによるパノラマ合成)
ずっとここにいたいけど、今日はいろいろ回りたいので、次へ。
あ、その前に、

Rimg0074 Rimg0075
次の場所へ向かう途中で見つけた“四柱神社”でお参りしたあと、隣にあった茶屋に入ってぜんざいでカラダを暖める。
上に乗っている紅白の鳥がなんとも♪ 店内の雰囲気も最高でした!

 
<芸術だって、ぬかりなく>
次は松本市美術館。
特段予定がなかったんだけど、後述するある理由で、通り道になっていたので、

Rimg0083
10年前にできた美術館。日本家屋をモチーフとした建物のつくりもいいのですが、いきなり目にする草間彌生のオブジェ。迫力ありますわ。

入るつもりなかったんだけど、催事案内を見て自分が琴線に触れた。
Rimg0086 Rimg0085
その草間と、田中一光の展示がある!!
田中一光といえば亀倉雄策と並ぶ日本のグラフィックアートの第一人者。美術の教科書にも必ず載っているほど有名。
草間も田中も松本周辺の出身だったんですね。知りませんでした。
亀倉雄策(実はスキーヤーとしても有名)はずいぶん昔に地元で企画展があったので行った覚えがあるのですが、田中一光はいままでなかったなぁ。

ともに中規模のスペースではありましたが、どちらも充分満足な展示。
草間の奇抜さも改めて度肝を抜かれたし、一光だって半世紀前のデザインなのに21世紀の今でもちっとも色あせていない。
同行者も田中一光の名は知らなくても、『あ、これ見たことある!』

・・・思わぬ収穫でした。
他もいろいろあって、これだけ見られて入館料はたったの400円!
大都会じゃ絶対この値段はムリだ。

Rimg0090
いまの期間、松本市内では草間デザインの水玉バスが走っています。


ちょうどお昼。
道中で見つけたお店に入ってみる。
Rimg0087
この定食。見た目揚げ物ばかりですが、実はこの店、動物性タンパクは一切使っていない。
大豆のつみれや、麩からつくられた照り焼きや、すべてが植物性タンパクから。
正直、店内は怪しい雰囲気もありましたが、江戸時代で動物性タンパクといえば魚くらいだったからなぁ。
普段の不摂生に反省・・・。

 
<そして、これも松本の定番>
Rimg0095
旧開智学校。
こちらも過去に行っていますので中身はこちらに譲りますが(参照)、前回はGWでも客はそれなりでしたが、今回はさらに少ない。
これは明治初期の建物ですが、昭和初期までの建物はどこを見ても一切「手を抜いていない」のが素晴らしい。
今は、どうなんでしょ?


なんだかんだで、朝の8時から昼を過ぎて15時まで。
これでもかというくらい松本観光をさせていただきました(若干あさっての視点も、混じる)。

冬の間、スキーに没頭していますが、
冬だからこそ、客の少ない観光地を回らなきゃと実感。
だって、客がすくないんだもん♪
バスツアーも、確認できたのは2組だけ。


でも、スキーもしたいというジレンマが新たにできてしまいました(嬉しい悩み♪)。


【オマケ】
その他、簡潔にササッと。

Rimg0072
これ、スゴイなぁ。
古本屋ですが、明らかに松本城をモチーフとしている。
本来堂々とすべきお城なのに、ビルに挟まれている窮屈感がなんとも。

・・・あと、土蔵を多く見かけました。
いまも現役っぽいもの、改装されてレストランやバーになっているものさまざま。
松本の城下町って、かなり裕福で栄えていたのでしょうね(これ以上歴史にツッコマナイところも日々綴文らしいですが)。


Rimg0082
途中、スキー&山系のお店も。
画像の店は松本城から少し南。もう一つは美術館のとなりにありましたが(だから自然に美術館へ寄った)、前者の店で明日のための小道具を衝動買いしたのはナイショです。

あと、午後に立ち寄った石井スポーツでも小物を買ってしまいました・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

Automatic

↑クルマのハナシじゃないですよ。


今年に入って、仕事が一大事な状態。
といいますのは周辺の異動の影響をモロに食らい、その異動してきた後輩の指導役も事実上引き受ける流れに。
さらに今週起こった大事件が「2日続けて、重大疾病(それも偶然同じ)で2人倒れた。」
うちひとりは直接部署じゃないんだけど、その部署の人間とはウチの部署と常に連携とっているからさあタイヘン!

・・・現在、上司と一緒に常にアタマフル回転状態です。

でも、フシギなことに、
いまのところは、という注釈付きですが、公務員や大手企業なら推定主任か係長クラス3人分くらいの業務をひとりでこなしているにも関わらず、「次はコレ、それが終わったら場所を移動してコレ・・・。」とある程度アタマが自然に動いている自分に気がつく。
肉体労働も、PCワークも、これでもかというほど。
(さらに上司は自分以上に多方面で膨大な業務をこなしています)
イッパイイッパイで、正直最低限の業務しかこなしていませんが。

それも新卒で入社、会社では唯一と言っていいくらい「ブルーカラーとホワイトカラーをほぼ同等に業務していた」経験値だけで動いているような。


経験と慣れって、オソロシイものだ。

そんな状況ですが、どんなに遅くても20時には仕事を上がるようにしています。
もちろん仕事は残すこともありますが、昔から何度と言っていますがかつてカラダを壊した経験がある以上、必要以上のムリはできないし、したくない。
さらに、今週倒れた2人と同じ疾病で自分も倒れるなんて、まっぴらゴメンだ。

久々に仕事ネタで綴ってみました。
もちろん今日は早めにアップ。それは週末が待っているから!


・・・月曜日? そんなのそれが来たときに考えるぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

結局、改善されていない

今季、スキーも14日。
ここまでは例年どおりのペースですが、今後の予定から計算すると3月下旬には例年より滑走日数下回るなぁ。


そんなことはおいといて、
今季のスキーブログ、1日目にこんなこと書いていた。

今季はできるだけ余計なことを控えて、コンパクトに綴らせていただきます。


さっき見返してみたら、
・・・ぜんぜんコンパクトになってないじゃん。
むしろ、今まで以上に余計なこと書きまくって、ダラダラ綴ってるじゃん。

 
皆様のmixi日記やブログを拝見しますと、PC画面を過剰にスクロールさせない程度で、コンパクトにまとめていらっしゃる。
むしろ、どうやったらPC画面をスクロールさせずにまとめられるのか、教えていただきたいくらいですわ。


といいつつ、
結局は今までどおり、これからも際限なく、ダラダラ綴っていると思います(自爆)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

(滑走14日目)じゃんけんの結果オーライ

(この日記は24日に作成いたしました)


Img_0573

Img_0571
雲海が、素敵!
(Photosynthによるパノラマ合成)


日曜日。
新潟の天気が悪く、前日の夜に予定変更。
どういうわけか「じゃんけん大会」で日曜日に滑る場所が決まってしまう。
Twitterやmixiボイスでは当日になって予定変更のようなつぶやきをさせていただきましたが、実は前日に決まっていたりして・・・。

宿から最寄りの北陸道能生ICから、上信越道に入って、ひたすら・・・、
Rimg0152
道中、右手に妙高が見えても、素通り。
なんだかんだで2時間近くの移動。
オーバーさん曰く「自分もここまでの大移動は初めてだ。」


・・・で、今回滑る場所は、
1227392_1501301038_173large
なんと、野沢まで!
JUNちゃんの“庭”であるのだが、この土日の天候を考慮したうえ、最悪の中での最良の選択・・・といえば聞こえはいいが、単に「じゃんけん」の結果に従っただけ。

10時半くらいになったけど、準備して、いざリフトへ。
ちなみにこの日もJUNちゃんは体調芳しくないということで待機。残念でしたが、むしろ重要なのは来週なので・・・。

長坂ゴンドラで一気に上へ。でもねぇ・・・、
Rimg0161
1本目からやまびこBの全面コブって、どうよ??
足慣らしもさせてくれない今回のメンバー。前日はあれだけ楽しく滑れたコブが、この日は玉砕ばかり。
・・・雪が良すぎるから、板が走ってしまう。

で、事件が起きる。
コブバーンを通過後、リフト乗り場まで飛ばしていたら、起伏にやられて大転倒!
なんか、頭(上部)→肩甲骨→頭(左側面)とヒットしたような記憶がある。
見ていた仲間からは「前方に2回転した」との証言も・・・。

結果、「ヘルメットしていて、よかった!
今季からヘルメットをつけることにしていますが、この転倒で、メットのありがたみを身をもって体感。
・・・でなかったら、このブログは予告なく無期限休止状態になっていました(冗談抜き)。

おかげで、昼までは多少頭がボーっとしてはいましたが、問題なし。
ここ野沢、国際的なスキー場なので外国人も多いのですが、外国人(特に欧米系)のほぼ100%が大人子供問わずちゃんとメットをつけている。
その辺が安全意識の違いですね。改めて実感しました。


午前中は曇ったり薄日が射したりの状態。
Rimg0165
こういう風景も見ることができた。
山の表情は、そのとき来てみないと、わからない。


で、野沢に来たからには、もちろん、
Rimg0163
「あっちエリア」の滑走も。
気温高めでどうかと思っていたけど、思った以上にパウダーでした!!
もちろん経験値少ない(+大転倒した直後の)自分ですので安全に、でしたけど、すごく楽しかった!!
・・・じゃんけんの魔力、恐るべし。


お昼はやまびこ上のレストで。
Rimg0167 Rimg0166
昨年の4月に行ったときは震災の痕跡が残っていた建物でしたが、震災前以上にキレイにリニューアルされていました。スタッフの尽力に感謝。
そしていただいたのはガーリックステーキライス。これがうまい!
肉だっておんたけのダイヤモンドダストと比べてもひけをとらない。
・・・ガーリックチップがかなり効いたが、明日? そんなの気にするな。


午後。日曜日なので客足が一気に引く。
密度が少なくなったゲレンデで、結局はやまびこBのコブばかり巡回。
コブ指導していただいたオーバーさんやC氏からは「0.5歩は進んでいる」ということで胸をなで下ろす。
・・・結局、雲海にも見とれながら(冒頭の画像)、結局は15時まで滑走。

その間、日本のスキー界では重鎮中の重鎮に遭遇するハプニングも。
レストハウスで若干ながら会話することができたのが自身にとってものすごい幸運でした。

Rimg0182
最後は雲海を横目にスカイラインをクルージングして終了。

たかがじゃんけん、されどじゃんけん。
今季、当たりまくりの雪女。その魔力はこの日も生きていました(謎)。
・・・でも、その魔力、この日だけは我々だけでもらってしまってゴメンなさい。
おかげで、想像以上に楽しませていただきました。


この土日で、感じたこと。
・予定は未定!
・道はひとつじゃない。いくらでもある!
・何事も結果オーライ!


実は、この日記を書いている24日。職場じゃハプニングの連続だったりするのですが、この三訓を思い出せばどんな困難だって乗り越えられるよね?なんて、都合のいいことばかり解釈しています。


滑りだけじゃなく、あらゆる視野でいろいろな経験をさせていただきました。
この週は次週のための“予行演習”みたいな遠征でした。

次週、その本番で醜い姿をさらけ出さないようにできるかどうか・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

(滑走13.5日目)ロハスなひととき

(この日記は23日に作成いたしました)


Rimg0140
今使っているコンデジ(リコー CX5)。
買って半年経ちますが正直、いまだ使いこなせず。
でも、唯一「いい!」と思うのがこのズームマクロ機能でして。


・・・全然前置きになっておりませんなぁ。

この日の宿泊ですが、シャルマンから少し山麓に降りたところにある、一軒のペンション。
いや、“ロハスなペンション”。

Rimg0148
建物的に、すごくそそる。
事前にHPでチェックしたのですが、なんでも昔は診療所の建物で、30年ほど前に移築、改装してペンションにしたそうです。
残念ながら、診療所時代はいつに建てられたかはわからないそうですが、おそらく昭和初期じゃないかなと。

現在、オーナーは女性ひとりで切り盛りしている。ここがなんともアットホームでして、
Rimg0144 Rimg0128
中もなんか落ち着く。
手入れも行き届いていて、1泊だけじゃなくしばらく暮らしていたいくらい。

宿に入ると、オーナーの明るい出迎えが。
ホント、非常に、明るい。

Rimg0115 P1000800
夕食。特に豪華じゃないんだけど、よりどりみどりでどれもおいしい。
この日、客は我々だけの貸切。オーナーも混じっておいしい食事と楽しい会話・・・。

その中で、「明日、どうする?」
同じシャルマンでは雪の状態がよくないから、別の場所で滑ろうかと。
で、それを決めたのはなんと、「じゃんけん!」
ここから近いところから、非現実的な場所まで候補があがり、いざ!
さて、どこに決まったのか、それは次のブログで・・・。


その後、場所を移しての団らん。
テレビはなくても、全く退屈しない。

Rimg0127
そして、UNOで盛り上がる。
UNOなんて10年以上ぶりだなぁ。かなり盛り上がりました。

気がついたら22時。フトンに潜ったらほどなくして意識が・・・。
おかげで、朝までぐっすり寝ることができました。


朝。目覚ましの前に起き上がる。
Rimg0134
予想通り、降ってない。
それに、暖かい。

Rimg0145
朝食もよかったです! 写真にはないですが手作りのパンがなんとも!
7時からだったのですが、気がつくと8時前。「そろそろ準備しなきゃ。」
・・・楽しい時間は、あっという間に過ぎていく・・・。

自分たちを息子/娘のように接してくれて、そして、自分たちからはお母さんのように見えたオーナー。
すごく面白いお方でした。

最後にお約束というハグで別れて、この宿を後にしました。


・・・なんか、夢のような一晩でした。
また、ここへ訪れて、そのときまでの土産バナシをこしらえておかないと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

(滑走13日目)何事も経験!

(この日記は23日に作成いたしました)


Rimg0100
うわー!!


今季は遠征多めのシーズンですが、この週も遠征。
自身、未知の世界(おおげさ)に足を踏み入れるわけで。

朝5時、岐阜県でもいつもと違う某所に集合。
実は11月の時点でオーバーさん、JUNちゃんから強制拉致誘われ、オーバーさんの職場関係の方であるジャックことH氏、自身はお初のS氏の5人、そしてさらに現地でC氏と合流というアンバイ。
集合場所の関係から東海北陸〜北陸道と進むが、雪が降っていたのは高速道路で最も標高が高いひるがのあたりの一部分のみ。他はだいたい小雨。
今日はどうかなぁ・・・。

9時ごろ(意外と早いんだ)。着いた場所は、シャルマン火打
自身の最北端、そして、初めて行く日本海側、新潟県のスキー場です!
年末に行ったヤマボクのように圧雪バーンは最小限。パウダーだと最高!のスキー場らしい。

だが!
もともとは『Hassyをパウダー地獄に葬ってやる!』というふたりの策略だったのですが・・・、
P1000784
インフォメーションの白板が悲報を告げる。
気温高く、しかも到着しても小雨。今日は“ハズレ”。

それでも、JUNちゃん除く面々は滑ることに。
Rimg0101
自分はもちろんマグちゃん。そして先日、どういうわけかパウダーリングのストックを買ってしまいまして。
ルックスだけは「山っぽい人」ですが、滑りは全く・・・。
まぁ、それでもいい。“スキーは見た目から”だ!!

圧雪バーンは悪くない。
上部は小雪で思った以上に硬めですが、下部は小雨でなんか春雪みたい。
逆に操作しやすいほうかな?

Rimg0103
ギリギリで山が見える。景色はけっこういいです。
晴れると遠くに日本海と、佐渡島が見えるらしい。
・・・こりゃ、もう一度、行かないと(あと、3月はカニの水揚げ時期になるから)。

午後からC氏合流。
Rimg0110
クラストしてて・・・という未圧雪バーンも、気温高めだったので思い切って入りました。
かなりの悪雪ではありましたが、この週は予行演習(謎)ということもあって、かなり頑張りました。
・・・整地では出にくい“悪弊”がかなり出るので、少しでも抑えながら。
午後はそういう場所ばかり入っていたような、気がする。


だが、しかし!!
こんな悪雪ですが、思わぬ副産物が。
P1000794
ケータイカメラじゃよくわかんないですが、“コブ”。
真ん中あたりにできていました(つか、ほとんど我々で掘りました)。
これがすごくいいんですよ。春雪のザクザク。斜度/ピッチ/幅が自分にとってちょうどよく、コブになると殺虫剤かけられたゴキブリみたいにジタバタしている自分でも、面白いくらいスイスイコブれた!!
結局、ここが一番よかったわけで。


パウダーは外したものの、悪雪を滑ることの難しさ(&楽しさ)と、まだスイッチ入れる気分じゃなかった思わぬコブ三昧で、けっこうボルテージが上がってしまいました。
・・・結局、15時過ぎまで、滑ってた。

最終的には、結果オーライか、それ以上。
あと、安全の範囲内で、とにかくいろんなバーンに入って、経験を積む!

それはそれで、結構楽しかったです。
あとは3月〜4月、カニのシーズンに訪れたいなぁ・・・。


【オマケ】
予報からパウダーは期待できなかったのか、ゲレンデはかなりガラガラ。
ゲレンデから見える駐車場でも、100台あるか?という寂しい状態。
・・・みなさん、わかっているんですかねぇ。

そんな寂しい中、大注目を浴びていたのが、
P1000790
コレ!!
ネタとして極上のものを提供していただきました(ライダーさんも狙っていたそうで)。

インパクト超特大のデザインもさることながら、瞳の部分が「ちゃんとカメラマンが撮っている」というのがわかる!
何より、これにカメラ向けたら、ちゃんと“顔認識”が機能するんだぜ!!


・・・ちなみに、この板を見てしまったあと、
リフト上で、「だったらA○Bのメンバー全員のボートを1枚ずつ作ればすごい売り上げ出るだろうし、何割かは実際にゲレンデに持ち出すからそれでスキー場が活性化するんじゃないか?」という冗談とも本音ともとれない会話をしておりました・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

フェイント!

把瑠都が13日目で優勝ですか!
・・・意外な展開でしたが、初優勝おめでとうございます!

 
で、その前日、
「立ち会いの変化」で決まった取組が二番続けてありましたよね。
確かに観客の立場からすれば「あ〜あ・・・」なんですけど(自分も正直、一瞬はそう思います)、スポーツとして考えると別にルール違反でも禁じ手でもないし、勝負のためなら仕方ないでしょう。

・・・でも、なんで相撲だけ、なんでしょうね。そこまで批判されるの。

批判されそうなものとしては野球の敬遠が当てはまりますが、あれも勝つための戦略のひとつですし、サッカーだってバレーボールだって卓球だって剣道だって、その一瞬のプレーの中でフェイントと呼べるものはいくらでもやっている。

それなのに、相撲だけは「変化」という言葉を使って忌み技のように嫌うって、どうなのかなと。

まぁ個人的で勝手な見解ですが、
相撲というのはスポーツという“競技”以上に“興行”という側面が大きいからでしょうね。
だからこそ、一番一番ががっぷり四つの真剣勝負を望んでいる。
でも、15日連続休みなしで真剣勝負を続けるってのも、難しいと思うんだけど・・・。

だからこそ、今までも、これからも、
相撲ってスポーツとは言い切れないがゆえの諸問題がありますし、それだから面白かったりもするのですが。


・・・今日の時点で、大関5人中、二ケタ勝利が4名。
こんな展開、しばらくなかったな。
むしろ今後が、面白くなってきたぞ。


ですので・・・というわけではありませんが、
2月は違った相撲を見に行くことになったわけで(え

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

たまには、“無題”というタイトルで

1920年のこの日、
アメリカで禁酒法が施行されたんだとか。
(但し、日本時間での基準なので、アメリカでは1月16日みたい)


そんなことなど関係なく、今日もやっぱり飲んでます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

(滑走12日目)軽い気持ちでもいい

Img_0549
今日の最大の目的はコレ。以上!


土曜日仕事のため今回は日帰り。でもいろいろ思う事があって、
Img_0557
おんたけへ浮気して・・・いや、“出稽古”と言っておきます。
元日にぺんさんがマイアに来てくれたので、その返礼ということにして、ちょっと・・・と思ったらけっこう遠回りして初の相乗り道中。

Img_0543
日本海側がドカ雪なのに対し、ここ木曽エリアの雪不足はかなり深刻。
それもここおんたけ。諸事情あって今年は最低二度は行ってあげなきゃと思ったのが事のはじめ。でないと本当に今季、なくなってしまうかも、しれない。
そういう事情であるにも関わらず、施設の改修があったり、雪不足の中バーンの整備もしっかりしている。
スタッフの涙ぐましい努力には頭が下がる、と今回来て感じました。
・・・マイアのズン券持っているので2000円で滑れるのですが、それも申し訳ない気持ち。

で、そんな中、救世主が現れた。
それが、冒頭の写真。
例年、ゲレンデ最下部のチャンピオンゲレンデ下で出張営業しているダイヤモンドダスト(元はエリアにあるペンション)。
今季はチャンピオンが営業しないのでもう食べられないと思っていたら、わざわざセンター部に来てやっていることがわかった。
それなら、ぜひ、行かないと!!


なので、今日のメインは、お昼ごはん。これに尽きる。
注文したのは、もちろん・・・、

Img_0548
ダブルステーキ定食!!
昨季はありつけなかったので、たぶん二年ぶり。誰もが「最高レベルのゲレ食」と口を揃えるくらい、ここの食事は、おいしい。
わかる人にはわかる、トレー右上に見慣れない小鉢がありますが、ぺんさんから情報を聞いて、店の人に聞いたらOKと。
・・・看板にない裏メニュー(ってほどでもないですが)。欲張りな自分には願ってもないことでした。


とてもおいしいので、
Img_0547
にく。アップで、どーん!!


これだけでも充分満足ですが、滑らなきゃ。
Img_0551
おんたけ名物、7Bのコブ。
ですが、雪不足がたたってカタすぎ。脇から様子を見ただけで今回は滑らず。
3月、またここへ来たい。そのときはぜひ打ちのめされます!

Img_0553
フリー系のアイテムもがんばっています。
画像は「なんちゃってクロス」。
最後に1本遊びで滑りましたが、コレ、全然ナンチャッテじゃない・・・。


ここ数年、3〜4月のコブ練のために来ているおんたけ。
1月はほんとかなり久しぶりでしたが、10年くらい前のレクリエーションスキーだったころはよくここへ来ていた。
マイアのズン券持ちが言うのもなんですが、やっぱりここ、いいスキー場だわ。
木曽エリアのズン券持ちの方。2000円で滑れますので、一度でもいいからぜひここへ来て欲しいです。
・・・ハッキリ言って、ステーキが目的でも、かまいません。
でないと、ここだけでなく、近い将来、木曽エリアのスキー場全体に影響が出てしまいます。


その証拠に、
Img_0561
行きの途中で、「景色がなにかおかしい」と気がつき、帰りに寄ってみる。
わかる人にはわかると思います。昨季まではあるものが、ありました。
・・・一部は既に、こういう状態なのです。


【オマケ】
今日ここへ来た目的は
1)ステーキが一番!・・・ではあるのですが、それ以外に、
2)来季もおんたけで滑りたいための少しばかりの協力
3)広い緩斜面で練習したかった

1)、2)は本文に書いたとおり。3)は事実そういうバーンが必要で、なぜなら、
Img_0546
テレ板出したから(踵壊した、ともいう)。
カリカリではないと判断し、午前中はこれで生まれたての子鹿を演じてました。

Img_0542
実は、朝の1時間ほど、最下部の4Aが貸切状態!!
思う存分、ひとりコッソリ練習。
もちろんテレもうまくなるに越したことはないのですが、現在は「アルペンでうまくなるため」のテレでもあるため、どうやったら悪弊を治せるかという意味合いのほうが大きいですね(テレは悪弊が露骨に出るし)。

テレ未経験のぺんさんからもいろいろ嫌がらせ助言を受けながら、午後、アルペンに戻す。

ひとつ、ヒントが出た。今後どうなるか?


(・・・つか、今回のブログ、本文とオマケが逆転してるぞ!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

モーションになるか

ねぇ みんなが 言う「普通」ってさ
なん だかんだっで 実際はたぶん
真ん中じゃなく 理想にちかい
だけど 普通じゃ まだもの足りないの

(Perfume“Dream Fighter”より 詞:中田ヤスタカ)


・・・なんでいきなり、歌詞の引用が出てくるのか。
日曜日の出来事について、まさにそうだと、感じたのでありまして。

その日曜日。
夕方、ディーラーへ。

実はアドちゃんが5万キロ到達したので、オイル交換に。
3年3ヶ月でこの距離。父上の代を含めて今までの愛車でいちばん距離が・・・。
スキーシーズン真っただ中。これからもがんばってもらいますよー。


・・・今日のブログは、そうじゃなく、

そのオイル交換を待っている間・・・、

Img_0522
新型インプレッサに試乗!
どちらも同じスポーツ(ハッチバック)で、かつ同じ色。
前後どちらか区別つきにくいですが、手前が2.0i-S EyeSight(+レザーパッケージ)。奥が1.6i-L(FF)。
せめてどちらかG4(セダン)にしてほしかったのですが・・・。

早速、くまなく観察させていただく。

<スタイリング>
かなり「マトモ」。
でも、それは現行レガシィで幻滅した反動のほうが大きいなぁ。
ただ、フォレスターから続くホイールアーチのダブルプレスはいまいち馴染めない。
もっとシンプルなプレスにすればいいのにと思うのは自分だけですか?

G4の現車を見ていないのでなんとも言えませんが、
どちらかというとG4のほうが均整がとれているような。
スポーツはちょっと寸詰まりの印象を受けますね。

あと、どうも「平面で、直線でデザインされた」感が否めない。
面でつくられたデザインじゃないですね。
事実、真正面から見るとかなり平面的に見えます。

個人的には、濃色系のボディカラーのほうが似合うかなと。


<インテリア/パッケージング>
これもだいぶ「マトモ」になりましたね。
メーターやコンソールの配置も自然ですし。
リアシートは4代目(BL/BP)レガシィよりも広い!し、ハッチバックなのでさすがに縦には寝られませんが、ラゲッジスペースも「え?」というくらい充分に、広い。

で、インパネも質感高まっています。真面目に。
「(現行)レガシィを上回る」のは本当かも。
ただ、細部を見ると、格上のレガシィを超えてはならぬというジレンマも垣間見える。
それだけ、BL/BPが金かかっているという事実も、あるのですが。

噂にはあるものの、これのロングボディがあればなぁ。
・・・でも、それ作ったらレガシィが本当に食われるから、ムリかなぁ。


<で、試乗してみる>
1.6と2.0、両方試乗しました。
ですが、所詮街中の数キロですので、その範囲での感想ですが。

Img_0525 Img_0523
その中での目玉。マルチインフォメーションディスプレイ。
スバルもようやく肩を並べたか。ちっちゃな液晶の中にさまざまな情報が。
これ、かなり見やすいです。
だけど、普段はどの画面を出せばいいのか、悩みます・・・。


走らせてみた正直な感想。
「かなり、普通。」
いや、かなりいいですよ。

・レガシィやエクシーガで感じたリニアトロニックでの「発進時のカッタルさ」は感じなかったし、
(どうもエンジン本体が原因らしい。EJはもともと低速トルクがないのが仇だとセールス氏が言っていた。今回のFBはかなりいいかも)
・交差点曲がる感覚も自然だし、
・実は1.6と2.0、街乗りレベルではパワーや足回りの差はほとんど感じない。
 言われなければわからないレベル。それだけ1.6が非常によくできている
・アイドリングストップも相当レスポンスが早い!

おそらく、誰が乗っても「いい。」と言えるんじゃないかなと。

「これなら1.6で充分」と思いきや、重大な欠点があった。
・・・1.6にマニュアルモードが、ない。
先代の1.5にはあったのにね。

CVTのセレクターですが、DとLしかなく、試しに[S]モードのLレンジでエンブレが効くかどうか試したが、かなり期待薄。
山道で使えないな・・・。
(それなら5MTという選択も、ありますが)

価格差も思ったほどないので、現状ではパドルシフトのある2.0がオススメですね。


で、
なんで冒頭でPerfumeの歌の歌詞を取り上げたのかが、ここで明らかに。

正直、普通のクルマですが、その“普通”のレベルがかなり高い。
普通に扱えば、それで「真ん中」ではなく、「理想に近い」レベルに達していると思います。

だからこそ、なんか、「物足りない」と感じてしまうのかもしれない。
特に、父上の代から続く、物心ついた頃からのスバリストにとっては。


・・・やっぱり、スバルは「フルモデルチェンジ直後に買ってはいけない。」ことを今回も実感。
最低限、1.6でマニュアルモードが出ることと、
欧州仕様には設定のある2.0の6MTが出ることを期待して・・・。
(でも、今は買わないけど。やっぱりアドちゃんがあらゆる意味でバランス取れてて最高です)


あとは“代車でGo !”で、燃費等のチェックもしたいなぁ(おいおい)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

(滑走11日目)なやみつきまじ

Img_0534
寒いときはやっぱり鍋ですね!


この週末は日月休みでした。
日曜日を休養日にあて、ヤボ用のあと午後にジムへ行って自力整体のレッスン。
だいぶカラダのガチガチがほぐれたところで、月曜日に日帰りスキー。いつものマイア。

Img_0530
正月明けにけっこう雪が降ったそうで、バーンがよくなっていることを期待はしたのですが、やはりマイアらしい硬めのバーン。
白馬でも例年より雪が少ないと聞く。日本海側だけでなく、もうちょっと雪雲が南下してほしいのだが・・・。
でも昨日ほどではないというが、この日は寒かった。今季初めて「足の感覚がなくなった。」

この日の1本目、1丁目の大回りに挑戦。でも、なんかヘンだ・・・。
それを見ていたT氏。リフト上で『Hassy、悩んでる?』
・・・見抜かれてる。ここは正直に「ハイ、悩んでます。」

T氏のアドバイスを受けながら、この日は中低速メインで。
12月の志賀のレッスンを思い出しながら、ずーっとアイスバーンの中、練習練習。
そしたら、教わったことって結構忘れているんですよね。ここで「あー、こういうことやったなぁ。」と少しずつ思い出しながら、少しずつ感覚を変えていく。

この日も早めに15時アップ。
ラスト1本。自分の中では「なんかヘン」な感触を残しながら切り上げました。
言い換えると、気持ちいい感じだと、逆にクセとかが残ったままになっていると思うから。


・・・今季、なんか、おかしいです。
それはおそらく「次へ進むための関門」に立っているからなのか?
その関門を突破しないと・・・なのですが、その扉はいつ開く?

1月後半から長期ロードに入るため、来週も練習のつもり(次週も土曜出勤だし)。
でも、雪がこのままではどうしようかと、ちょっと気を揉んでいます。


【オマケ】
なので、困ったときは、食べ物ネタ。
冒頭の鍋は定番ですし、おやつもしっかり・・・。

Img_0529
10時のおやつ。
数量限定の「そばシュークリーム」。
なんでも今季はフランスで修行したパティシエがいるそうで、その方の手作りだとか。上にはそばの実もしっかりと。
甘さかなり控えめ。思わずペロリと平らげる。

Img_0539
15時のアップ後もおやつ。
今季もタビタのパンが出張販売にやってきた。
思わずビスケット(実はお気に入り)を2個買って、はちみつもちゃんとつけて糖分補給も忘れずに。


最近、「滑る」と「食べる」が同意語になっているような、そんな気が・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

同じ日、同じ曜日

今日はスキーに行かず休養日中です。


23年前の今日から「平成」に変わったんですね。
当時、高校受験生でした(そんな昔なんだー!)。

昭和天皇崩御が7日の土曜日。
平成になったのが8日の日曜日。
・・・今年は、曜日まで同じかと気がつく。

学生だったので、「ひょっとして冬休み延長?」と淡い期待を抱いていましたが、
結局曜日の配列から、予定どおり9日月曜日が始業式でした・・・。


と、時代の流れを感じながら、どうでもいいことを思い出すのんびり日曜日。

ですが、学生の皆さんにとりましては、
今年はアンハッピーマンデーで9日も休みだったり、
天皇誕生日の移行で冬休みが長くなっているようで、なんかうらやましい。
(当時、土曜日休みもなかったし)


それも、時代の流れか。ハァ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

年明けそうそう

昨日、今日と残業続きです。
明日(土曜日)も、みっちりオシゴト・・・。

来週早々にあるビッグイベントによる追い込みと、
異動の影響による多忙が重なり・・・。

本当はデスクワークしたいのに、勤務時間内は歩きっ放し。
PCに向かえたのは19時過ぎてから。
でも「やっと書類作れる〜!」と息ついたのもつかの間、他部署からTEL・・・。


今日のカロリズム、27000歩。
活動消費量 1680kcal。


歩くのが仕事じゃないんだけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

超難解! ポロック

正月休みもついに最終日。
一週間って、はやてのように早いのね。


最終日、それも1月4日。
いちおう「平日扱い」ということで、他にはお盆しかない「平日休み」を満喫するのが楽しみで。土日は混雑している場所とか行ったり。
それでも栄とかは正月モードで土日以上の混雑でしたけど・・・。


平日休みでよく行くのは、美術館など。
その例に漏れず、今回もひとつ、企画展を。
なんかすごい画家らしいので、行ってみたのですが・・・。

Img_0514
それは、ジャクソン・ポロック展

今年生誕100年。なんかピカソよりもスゴイらしい現代美術の画家としてなのですが、正直彼の存在、今の今まで知りませんでした。
混雑も許容範囲でして、ゆっくり見られたのはよかったですが・・・。


・・・ごめんなさい。自分には理解不能です。
今までも道筋を探そうとして、ブログでできるだけの感想を書いているのですが、彼だけは、どうしても、どう感想を述べればいいのか、わからない。
「興味ない」ではなく、「ひらめくまで、相当の時間が、かかりそう。」という意味で。

あのピカソでさえ、初期はオーソドックスな素描から始まっているのに、彼はそういうのがなく、いきなり現代美術から入っているし、彼を決定づけた「ポーリング」という描画手法が、当時のメディアも論評したそうですが、美術かそうでないかで論争を巻き起こした模様。

そもそも、アルコール依存症だったらしく、その中での作品・・・と言ってしまえばそれまでですが(実際、彼は飲酒運転の事故によって亡くなっている)、現代アートにも食指動かす自分にとって、正直、忸怩たる思いしか、出てこない。

Img_0517
彼のアトリエも再現されていました。
(ここだけ撮影可。Photosynthによるパノラマ合成)
中に入ってみても床にはポーリングによる絵の具の跡だけ。実際に作品を制作中の映像もありましたが、ここでも理解するには程遠い、アタマの硬い自分がいました。

そういう意味で、今後の現代アートを見る上で非常に考えさせられる、展覧会です。
(なので現時点図録は買っていない。気が向いたら会期中にショップだけ訪れるか、否か?)

そういえば、今回のサポーターである石井竜也氏が、ポスターでこう語っていた。
まさに、図星かなと。

ポロックがわかれば日本人は進化したってことじゃないかな


【オマケ】
なんかモヤモヤした気分が抜け出せないまま美術館を出ると、お昼前。
平日休みに絶対に外せない楽しみがありまして、

Img_0521
繁華街はランチスポットがたくさんあってうらやましい・・・。
今回入ったイタリア料理店。ランチは正真正銘の生パスタ。
「この値段でいいの?」というくらいすごくおいしかった♪

食事中、昼休みに入ったサラリーマンがどっと店に押し寄せる。
こういう優越感に浸れるのも、平日休みの醍醐味です。


明日から仕事かぁ。
年明けからいきなりのビッグイベントが控えているから、睡眠時間稼ぐため今日は早めに寝ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

(滑走10日目)たとえ二歩下がっても

(この日記は3日に作成いたしました)


Img_0512
マイアにアルクマキャラバンがやってきた!


滑走10日目。例年に比べると多少早いペースです。よしよし。
で、この日もいつものマイア。
Img_0502
朝8時の写真ですが、到着した30分前は雪が降っていました。
「もっとふれー!」と願ったのですが、なぜか恨めしい青空・・・。

まだまだ雪不足が解消できていない木曽エリア。
中身は1日と同じような感覚でして、さらに青氷がむき出しになる状況。

それでも、今季初めて、1丁目で大回りもやってみる。
正直「流す」だけでしたが、1丁目恐怖症はまだまだ治らんなぁ・・・。


午後はh氏やI氏のモーモーズの先輩からアドバイスを頂きながら、自分の数あまたある悪弊のひとつの矯正について、手伝っていただきました。ありがとうございました。
・・・でも、大事なのは、この先、1本1本集中すること、なんだけど・・・。


なので、今日の日記は、ひとつネタに走る。
Img_0506_2
アルクマ〜!
「おっきなおともだち」も一緒に遊びましたよ〜♪


マイアに戻ってから、なんか、二歩下がったようなカンジですが、
「三歩歩いて二歩下がる」のが人生(なにをいきなり)。
それだけ、マイアのゲレンデは、小さくても、奥が深い。

その二歩下がった状況の中でも、着実にヒントはいただいているので、
そのヒントをものにしなければ・・・。


【オマケ】
今季の新メニュー。
Img_0511 Img_0510
ゲレンデ中間のティーホルンで、ランチ復活!
センターハウス混雑時の救済メニューとしての意味合いもありますが、「赤」「黄」「緑」とメニューのバランスがしっかりしているのが嬉しい。
約二名、ここで根を這ってしまい、午後滑らなかったらしいです。それダメじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

(滑走9日目)戻って気づくこと

(この日記は3日に作成いたしました)


Rimg0091
初日の出を浴びる御嶽山。
今年も、ふもとで滑る、ふもとで暮らす人々の安全と平穏を見守ってくださいますように。


年が明けました。
年越しスキー3日間のラスト。元日は久しぶりにホームに戻って。
・・・といっても、まだ今季二度目・・・。


朝、年賀状ネタ収集のために某所へ寄ってから、現地へ。
ぺんさんがすでに車中泊で待機しておりました(連絡できなくてごめん・・・)。

で、そのぺんさん。
マイアとしてはものすごく極上の「ネタ」をひっさげてやってきた。
内輪ネタになるので詳細は述べませんが、そのおかげで初笑いモードで1日楽しかった!

P1000768
↑そのネタ。
いろいろ問題が起こりかねないので、小さな画像で恐縮です・・・。


さて、久々のマイア滑走。
前日のヤマボクが極上の天然雪だったため、まだ雪不足でカリカリ人工雪のバーンにかなり苦労・・・。
なんか、滑り方忘れてしまった・・・。

午後、いろんな方からちょっとずつアドバイスを頂きながら、今季初めて滑る1丁目は小回りばかり。
なんとか滑り方を思い出した程度(急斜面の大回りは怖くて、まだできない)。


何年もマイアのカリカリ雪を滑っていながら「何をいまさら」ですが、
アイスバーンの滑り方、やっと教わったような、そんな気が。

P1000769
帰路の途中、今年も御嶽神社に立ち寄って、初詣。
正月のためガラガラのR19を飛ばして、けっこう短い所要時間で帰宅。


2日間、他のゲレンデの違う雪質で滑っていたため、
ホームに戻ってようやく気がつく、その感覚。
もっといろんなゲレンデの、いろんなバーンを滑らないと、うまくならないのかなぁ。


・・・今年はいろんな意味で「もっと場数をこなそう」と、誓ったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成二十四年迎春

平成二十四年迎春
いきなりごめんなさい
今年は年賀状ネタがまったく浮かばなかったので、苦肉の策…


こんなことばかりのどうでもいいブログですが、
本年もよろしくお願いいたします


<2日追記>
これを元に、年賀状用のデザインに、いちおう、仕立てました。
年賀状アーカイブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »