« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

(滑走8日目)癒しのスキー

(この日記は1月2日に作成いたしました)


Rimg0086
2011年最後の日の入り、無事見届けました。


さて、この日のゲレンデですが、自分は初めていくところ。
宿からは滑りやすい山道に苦労しながら10分ほど。たどり着いたところは、
Rimg0067
うわー。

山田牧場、略して“ヤマボク”。
パウダー好きにはたまらん場所らしいのですが、まだ12月、雪はまだ充分ではない。
だけど、文句なしの快晴! これだけで、充分だわ。

前日の人工雪と違って、ここは天然雪100%。
ピステンも最小限しかかかっていないく、写真に写っているほとんどが「滑走可」らしい。
・・・自己責任も、多いですが・・・。

さっそくピステンバーンで足慣らし。
・・・なんか、うまくなったような。
まぁ、それが「勘違いバーン」だとわかっての、ハナシですが。

Rimg0044
リフトは3本。うちトップまで上がるのは今時めずらしいシングル。
久しぶりに乗りましたが、けっこう怖い。

でも、
Rimg0052
霧氷の間を縫う景色は、なんともいえません。

Rimg0059
トップからが、絶景。
遠く、北アルプスも、望めます。

Rimg0043
未圧雪エリアも、滑ります。
びとくさんからこういう状況での滑り方をいろいろ教わってもらう。
こういう場所の経験値が少ないので最初は苦労しながら・・・ですが、徐々に感覚が。

新雪がほとんどなく、重めの雪でしたけど、雰囲気味わうには充分。

ただ、午前中は板、なぜか「くろすけ」だったんです。
Rimg0085
昼食後。今季初登場。セミファット「マグちゃん」にチェンジ。
改めて未圧雪を滑ってみる。
「マグちゃん。いいわぁ〜♪」


もちろん滑り方もいろいろ考えてはみますが、ここはそういうのあまり考えずに、クルージングするのがベストですね。
いわゆる「癒しのゲレンデ」
志賀高原の渋峠も癒しの場所ですが、その南側に位置するヤマボク。パウダーシーズンにぜひもう一度!と思いました。
リフト券も3500円と安いし。


Rimg0071
おやつに選んだログハウス風のレストランがすごくよかった。
雰囲気も、このりんごタルトの味も。
宿泊もできるみたいなので、機会があればここで泊まってみたいですね。


【オマケ〜その後は?】
滑走終了後、びとくさんと別れて、自分は再び中央道を南下。
ただし、ひとつ問題が。
「夕食とおフロ、どうする?」
メシは最悪ファミレスでなんとかなっても、おフロは・・・?

この日は大晦日。どこも休業だったり短縮営業ばかりだったので、事前にネットでいろいろ調べてみた。
銭湯の案もあったが、TELしてみてもつながらないし、ハテ・・・、と手詰まり寸前の時点で、通常営業している場所がひとつ。

Img_0493
松本IC降りてすぐ。都市型の立ち寄り湯があった!
いかにも都市型のつくりで、広い湯船につかって今年の疲れをとりまして、

Img_0494
併設の食堂で年越しそばもしっかりと。
食べたら移動と思っていましたが、けっきょく壁のTVで紅白をボーッと眺める。
食堂が閉店する21時までくつろいでいました。

その後、次の日のスキー場へ・・・と走らせるのですが、睡魔に襲われR19沿いの道の駅でギブアップ。そこで車中泊。
年末年始、トラックがいなく、他も10台あるかないか。
静かな環境で眠ることができました・・・。

P1000763
結局、車中でもネットラジオで紅白聞いていましたが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(滑走7.5日目)山奥の湯治場へ

(この日記は1月2日に作成いたしました)

Img_0480
文語体だ・・・。


スキーシーズン中のブログで、たまに「○.5日目」というタイトルで日記を書くことがあるのですが、これはいわゆる「アフタースキー」の出来事を単独で綴ってみるわけで。
・・・つか、「アフタースキー」という言葉自体、ひょっとして、死語??


31日のゲレンデはびとくさんと一緒に滑る事になっていまして、この日は別々に滑っていましたが前日の宿から合流。
宿はいつものようにびとくさんに手配してもらったのですが、これが、なかなかの宿でして、

Img_0487
ココ。
旅館というよりは、“湯治場”。
宿泊はオマケみたいなものでして、内風呂もありますが露天風呂がメインの、山奥の秘湯のようなカンジ。
この場所の数キロ前はちょっとした温泉旅館街があったりもしますが、ナビに従って到着したら、「ここ?」と一瞬目を、疑ったくらい。

Img_0479
宿泊棟から、坂を降りると、けっこう離れた場所に、露天風呂。
この湯が、なかなか、よかったです。
到着すぐ、夕食後、朝と3回も入ってしまいまして・・・。

Img_0472 Img_0473
夕食。これがなかなかおいしかった。
今回は2食つきとしましたが、宿泊棟に台所があって、食材を持ち込めば自炊も可。
実際、ご家族ひと組が調理していました。

ただ、夕食が17時半と早く、部屋はTVもなく、その穴埋めか廊下に本や漫画ががかなりの冊数あるのですが、とくに読みたいものもなく、20時に早々と消灯。
びとくさん曰く「山小屋みたいだな。」


朝食も8時半からとかなり遅め。
「時間だけは誤った」感が強いのですが(ようは早くゲレンデへ行きたい)、それもまたよし。7時に起きてから露天風呂でかなり長い時間、つかっていました。

Img_0484
おまたせしましたの朝食。
前日の夕食〜次の朝食まで、12時間以上も開いたときって、なかったな。
かなり空腹でしたので、ご飯かなりおかわりしていましました。
だって、おいしいんだもん。


夜中、降ったは降ったけど、10センチもいってないなぁ。
朝食後、クルマの雪かきをして、いざ出発。


ハッキリ言いまして、温泉自体にはあまり、興味、ない。
ただ、スキーにハマるようになってから、遠征は温泉宿を選びたいし、立ち寄り湯もいくつか行くように、なった。
泉質だ効能だとかは知らなくても、やっぱり温泉は、いい。

・・・日本人らしいのか、ジジ臭くなったのか・・・。


【オマケ】
Img_0485
びとくさんの3.0R specB 6MT(左)と、自分のアドちゃん。
そういえば、この2台、馬100頭分違うんだよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

(滑走7日目)ぶらり途中下車のスキー

(この日記は1月2日に作成いたしました)


Rimg0028
富士山も望めます。


前年に引き続き年越しスキーです。
が、今回はいろいろ行ってみたいということで半ば放浪のようなカンジで。
実は31日と、その前日のヤド泊だけ場所が決まっていて、その場所がかなり遠いものだから、この日はぶらり観光でもしながら移動だけ、でもよかったんだけど・・・。

でも、やっぱり滑りたい。

その目的地の経路上でアクセスしやすい(+滑りやすい)場所を探したら、ひとつ。
「そういえば、ここがあった!」

早朝4時の高速深夜割に間に合うようICを入って、一路中央道を北へ。
今回は“立ち寄りスキー”ということで、

P1000754
諏訪エリアの、ブランシュたかやまを途中下車スキーの場として。
たかやまといっても、長野県です。

コース構成は興味あり、かつスキーオンリーが魅力なのですが、実はココ、昔むかしに過去2回行ったことがあります(まだスキーにハマる前の時代ね)。
ですが、1回目は同行者のアクシデント、2回目は他者と衝突して脳震盪起こしてしまったというあまり縁起のよくない場所だったりします。
なので、今回は、午前中の、ヂミ練メインで。

P1000755
ちょうど程よい斜度の1枚バーンがあったので、そこで先週のレッスンで教わった事を思い出しながら、ひたすらヂミ練していた(と、自分では思っています)。
何年かぶりのヒトリスト。知ってる人は誰もいないので、逆に練習しやすい環境です。が、結果も自己責任なので、それはそれでプレッシャーが・・・。

ただ、気温は朝でマイナス10℃。
ここも雪不足は深刻でオープン率半分くらいだし、何よりバーンが硬い・・・。
スピード抑えておさえて・・・。


あと、ここのスキー場の、もうひとつ好きなところ。
リフトのトップから板を外して1、2分歩くと、

Img_0491
360°のパノラマが(Photosynthによるパノラマ合成)。
実は、ここから富士山が見えます(冒頭の写真が、それ)。
このパノラマでは太陽光の左下あたりに、見えないくらいちっちゃいですが・・・。


Rimg0033
最後のほうは急斜面。かなり手強い・・・。
ゆっくりゆっくりポジションを確かめながら。
手応え、感じたのかなぁ?

結局、朝8時のオープンから午前券リミットの13時まで目一杯滑ってました。
その後、車中で仮眠して、今回の宿へ向かいます。


【オマケ】
アクセスとしては岡谷ICを降りてからR142をのぼっていくのですが、以前は諏訪大社を横切ったり、その辺は急カーブ、急坂、渋滞ばかりでかなり嫌な道だったのですが、いまは高台にバイパスができてかなり楽になりました。
そのバイパスから諏訪湖の一部が望めるのですが、朝、右手に「!!」と。
これはそのまま放っておけない!

というわけで、諏訪湖の湖畔まで降りる。
そこで見た、絶景。

Rimg0024
遠くに朝富士を望む。
たまたまなのか、三脚カメラマン、ゼロ。
まさに「審微眼」がうまく機能した、至福の一瞬でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

年末恒例のタイトルです。
が、今年も山で年越ししますので、この日に・・・。


今回は誰しもが異口同音で出ることだと思いますが、
「とにかく、いろんなことがありすぎた!」

社会的には世界じゅうで4、5年間に起こるであろう出来事が、僅か1年でこれでもか!というほど起こりすぎました。
自然災害、政変、経済の変化、娯楽面でもいろいろ・・・。
何月に何が起こったかはWiki先生にも載っていますし、ひとつひとつ説明はしませんが、今後、加速度的に今年以上の出来事が起こり続けると、ひとつの心配をしてしまうほど。


その、ひとつの心配。
昨年の同じ日、こんなこと書いていました。

グラフの線が、急上昇で上がっていく、そんな様。
y軸と平行になったとき、どうなるのだろう?

昨年の日記を読んでいたら、結局は似たようなことを今年も書いていた。
「変わってないな。」と気付きつつも、「グラフの線が、急上昇で上がっていく」感覚はあながち間違っていないのでしょうか。
やはり、この先、ちょっと怖いような、気もしています。


で、私的なことですが、
仕事面では夏まではいたって平和でしたが、秋からドタバタの予兆が始まり、いまそれを迎えて、来年の特に前半は正念場に入ります。
昨日も書きましたが、いままでなかった感覚でして、正直不安のほうが大きいのです。
が、1日1日、その不安を少しでも取り除く、1日に5%でも進めていかなければと気を引き締めないと。

あと、プライベートでまだやり残しが、いまだに、ひとつ。
それは昨年も書いたけど、結局何もありませんねぇ・・・。


「毎年なにか違う事を書こう。」と思いつつも、結局は毎年同じようなことしか書いていない自分に気づく。
結局、自分ってなぁんにも進歩してしないことにヘコみながら、来年を迎えることにします。


一歩一歩進歩している皆様方。
来年はもう一歩進んでいますことを祈念して・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

納まったのかなぁ

今日で仕事納め。

でも、今年はなんか違う。
まぁそれは自分が勝手に思っているだけですが、なんか「終わった気が、しない」んですよね。

詳しくはこれから綴る年末恒例の『、』で書けるかどうかですが、大掃除して、納会が終わったあとも、なんか、自分のココロの中がものすごくモヤモヤしていて、何かが、ひっかかっている。

今年の秋から今までかなりドタバタだったし、年明け早々ビッグイベントが待っているし、新しいこともいろいろやらなきゃいけないから、そういう未来に対しての不安なのかなと。

不安って、その時を過ぎれば納まるものではありますが、早くもその不安に対峙しなきゃいけないって、どういうことなんだろう。


会社を上がってから、そんな不安を少しでも打ち消すため、最近行けなかったジムへ。
ランニングはほどほどにして、ストレッチをメインに。気付いたらそれだけで1時間経過していた。

・・・おかげで、サボっていたツケでかなりガチガチだったカラダがほぐれまして。
ココロの中にあるガチガチな気分も、少しはほぐれたかな?


まぁ、なんだかんだ言っても、今年は終わり。
年末年始はハジケないとね!


・・・というわけで、
明日は掃除とかヤボ用満載ですが、30日から1日までまたお山へ。
白い世界で、少しでもココロも白くしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

(滑走4〜6日目)その先の自分探し

(この日記は26日に作成いたしました)


Img_0405
“完全防備”で臨みました。
(つか、なに。このやる気ゼロのポーズ・・・)


Img_0395
三連休。またまた遠征して志賀高原。
それも、奥志賀をメインに。
ですが、今回ばかりは、ちょっと違った。

ここでのスクールレッスンを受けてまいりました。それも3日間集中して。
なんでそうなったかはダラダラ綴ってしまうので割愛しますけど、ひとつあげるとすると「果たして、今の自分の滑り。初対面の人にはどう見られるのだろう?」
あらゆる面で、「今のままでいいのかな?」という疑問も少なからずあったので。


遠征時はほとんどお供させていただいているびとくさんと一緒に入ることになりまして。
というのも、びとくさんは数年前からここにお世話になっていて、初対面のときを思い出しても今はかなり足前が上達している。
やっぱり「上達したい」という気持ちは自分も同じですし・・・。


<1日目>
レッスンは午後から。
志賀高原を目指す途中の坂道がツルツルで10数台立ち往生、1ヶ所事故という極悪な道路状況でしたが、そんな修羅場をなんとかくぐり抜け、9時半には到着したのだが、到着後にプチトラブルがあり、予定より30分以上遅くゲレンデイン。
気温は10℃(もちろんマイナス)。まぁ想定内だな。

リフト券買って、数本慣らして、お昼ご飯のあと、いよいよレッスン。
当然クラス分けはあって、急斜面の小回りを1本。あまり考えずに降りましたが、何を間違ったのか自分、最上級クラスに入れられる。初めてなのに、いいの??
なんか、関取衆の稽古場に放り込まれた新弟子の気分・・・。

そんな不安な気分、見事に的中。
担当は副主任であり、ここでは名物教師のひとりであるそうな。
ここはSIAのスクールでして、教わることは「まずは外脚荷重をしっかりと!」などとSIAのメソッドに忠実ではあるのですが、「さー、行きましょうか!」と急斜面でボッコボコのバーンでハイスピード大回りのトレーン。
当然、先行からは遅れをとる。

・・・ついていくだけで精一杯。レッスンもテンポ早すぎ。
明日からの2日間、脱落しないか??

この日は寝不足とカルチャーショックも相まって、10時過ぎに早々と就寝・・・。


<2日目>
前日は雪雲の曇り空でしたが、この日は、
Img_0408 Img_0417
文句ナシの快晴!
昨晩降ったようですが10センチくらいかな?
朝、ゴンドラ一番乗りで、ファーストトラックは取られましたがセカンドトラックゲット!
一気に滑り降りる奥志賀のダウンヒルコース。最高に気持ちいい!

・・・が、気持ちいいのはそこまで。すぐにレッスンが待っている。
Img_0426
メインは第二の急斜面ボコボコバーン。山回り〜谷回りへつなぐ重心移動がメインでした。

今回の教師、表現がすごくシンプルで、指摘もわかりやすい。例えていうなら「グラビアカメラマン」みたい。
指摘だって1本の滑りに対してひとつしか言わない。本当ならもっと言いたいのだろうけど、言われることは与えた課題に対してちゃんとこなしているか否か。ただそれだけ。
及第点に達していれば「いいね〜。その滑り!」の一言だけでOKだし、到達していなければ「もっとこうしてね。」と簡潔明瞭。

へりのパウダーを選んだりとか、やっぱりハイスピードトレーンとか、内容は自分にとって過酷でしたが・・・。


この日の夕食後はミーティング。
ビデオも撮ってもらっているので、この場で自分のカッコ悪い滑りが披露される・・・。
でも、それを見ていて、「なんで自分の滑りがカッコ悪いのか。」という理由を教わる。
今の今になってようやく気がつくというのも・・・。
でも、この瞬間、今回のレッスンに参加して、よかったと。


<3日目>
最終日のレッスンは午前だけ。
Img_0445
この日もゴンドラ一番乗りで、ダウンヒルコースはちょいと新雪の勘違いバーン。
時間的に2本行けるが、1本だけにしておいて、ゆっくり滑りながら昨日まで教わったことを復習してみる。

さて、レッスン。
この日は小回りメインで、上体や腰のブロックをキープするバリエーションがメインでした。
でも、ボッコボコバーンは相変わらずなので、すごく苦労したんだけど、昨日のミーティングで指摘されたことも踏まえながらなんとかがんばってみた。
最後の1本。「いいね〜。」とグラビアカメラマンのようにお褒めのコトバをいただいたし、下まで降りるトレーンではあまりビビることなくスピードだけはついていくことができた。

最後に参加した皆さんで“シーハイル”をして、終了。

まだ時間はあったので、昼食後、お隣りの焼額山(ヤケビ)を数本滑っておさらい。14時にアップしました。


時には「大海に呑まれる」ことも大事。
今回の集中レッスン。まさにそう感じました。
スキーという世界の中だけでも、まだまだ自分の知らない世界はたくさんあるし、スキー教師の数だけ教え方は数知れずあると思うし、スキーヤーの数だけ世界はある。
正直、レッスン自体はついていくだけで精一杯でしたが、いままで指摘されることのなかった指摘、それもごくごく基本的なことで、それを克服しなければ次へ進むことはできないんだという気づきもいただいた。

その先、スキーにおいて、自分はどう進んでいくのか。
これをきっかけに、新たなスタートラインです。それは決して大げさではなく。


【オマケ】
で、前回の志賀高原でも公開しましたが、この期間の滑走データです。
(上から23日、24日、25日)

111223

111224

111225
・・・やっぱサルですね。

ここで注視してほしいのが、1日目午後、2日目の午前と午後、3日目午前のレッスン時間中。
リフト乗車の間隔(主に奥志賀第二高速ペア)が“ほぼ均等”なんです。
コレ見て「さすが教師はプロなんだ。」と妙な感心をしてしまいました・・・。

あと、2日目の昼に焼額山のリフトがふたつ、あるのですが、
実はこれ、午前のレッスン終わったあとに同じ組だった人と滑っていたのですが、いかんせん志賀のマップがわかっていない自分。途中ではぐれてしまい、こういうことになってしまいましたとさ。

・・・ヤケビから奥志賀に戻るハイクがつらかった・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

三連休は

三連休は
まるっと山籠り


未明に出発。寄り道して会社に取り残された財布を無事保護したあと、一路お山の方へ

今月、今までのハードワークのうっぷんを晴らすことと、新たなきっかけを探しに


…そういえば、世間はクリスマスらしいですね(遠い目)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

落とし穴

昨日までのドタバタ劇がウソのよう。


今日、めずらしく仕事が順調に進み、
18時台には上がれて、スムーズに帰って、
晩ゴハン食べて、さあ明日からのスキーの支度!と意気込んだら。


・・・財布、会社に置き忘れたらしい。

ここで落とし穴があったかー!!(涙)
2日に一度の割合で会社〜駅までの間にコンビニに寄るんだけど、今日は寄らなかったのが仇に。
定期は別の定期入れがあるので、ウチまで財布出すことがなかったし。


なので、明日、未明。
予定より1時間の早起き確定。
お山とは逆の方向の会社へ寄ってから出発です。トホホ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

先取りすぎるぜ!

ヘトヘト残業後、帰りの地下鉄、なんとか座れた・・・。


ひと眠り・・・と思ったが、自分の前に立つオジサンがスマホいじっているのが妙に気になる。
それもそのはず。そのぶら下がっているストラップが、

“新東名高速道路”の看板の、それ。

・・・つか、まだ開通してないのに、なんでもうあるの?
それも、オジサンのスマホからぶら下がっていたのは、“長泉沼津IC”という、ある種マニアックというか・・・。

・・・ただ、
高速道路の看板、順次フォントが変わっているんだよなぁ。
ピラギノ角ゴのW5だったっけ? あの妙に太い文字は今でも全くなじめない。
やっぱり緑の看板にはあの専用フォントに限る!
(↑実際、そのフォントのマニア、多数いるようです)

それより、オジサンの先取りすぎるセンス、なんとなくスゴイと妙な感動。


・・・さらに、もうひとつぶらさがっていた。
それは“オリンパスPEN”のストラップ。
しかも、現代のモデルではなく、半世紀前の初代のアレ。


オジサンのセンス。ある意味スゴイぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

あせっています

12月も3分の2が経過する。
いま、非常にあせっている。


ひとつは稼働日残り5日となった仕事面ですが、もうひとつは、
「年賀状のネタ、いまだ、決定せず!」
辰(龍、または竜)という想像上の動物を最初に考えた人を怨みますぜ。ホントに!

それ以上に、
「干支を何らかの形で入れる」
「逆に、新年のあいさつは極力入れない」という独自のルールを作ってしまった自分をもっと怨んだりもして。


実をいいますと、11月の東京観光で見つけたものをそのまま使おうかとも考えていたけど、ついさっき、晩酌での酔った勢いでネットでいろいろ漁っていたら、トンデモナイネタを発見!

・・・と、いうわけで、
今回はあらゆること度外視で、あまりにも無謀すぎるネタで、挑戦してみることに。
ちなみに、費用面でも、今までで最大のコストを、費やします(げきなぞ)。

・・・にもかかわらず、まだまだ不確定要素がありまして、
・そもそも、自分の狙い通りに作成できるのか?
・その“ネタ”を仕入れるのはどういうわけか1月1日、当日にしかできない
・なので、作成の関係上、ブログでのアップはどんなに早くても1月1日の夜であって、
・ハガキの場合は1日の夜に作成して、2日投函が最短になるから、皆様に届くのはどう考えても3日が最短か?


いまのうちに、年賀状の宛名面だけは、印刷しておくか。


果たして、どんなひねくれた年賀状ができるのか!?
それは神の味噌汁でありまして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

疲れているからこそ

三週連続、日曜日のみの休み。
ハッキリ言って、疲れがとれない!


今日の午前はヤボ用三昧。
朝の9時から片付け、次の三連休のスキーの準備&そこで使う板のワックスがけ、洗車、やっとキャリア取り付けと慌ただしくこなす。
風がなく、気温の割には比較的暖かいのが救いでした。

そして、午後。選択肢が3つ。
1)ひたすら寝る
2)自転車で行ける近場の日帰り湯へ行く
3)ジムへ行く

1)は余計に疲れてしまった経験がある
2)がかなり有力だったが、あえて3)へ。
ようは「アクティブレスト」ってヤツです。
疲れているからこそ、しっかりカラダを動かさなければ。

1時間近く軽く走って、日曜午後にある自力整体のレッスンへ。今回の目当てはそれ。
カラダの硬さは人に自慢できるほどですが(それダメじゃん)、そんな自分でもわかるほど、普段よりもガチガチに固まっていた。
基本器具は使わない自力整体。今日は珍しくチューブを使ったエクササイズがあったのですが、上半身がとにかく鉄のカタマリになっていることにようやく気がつく。
チューブがなくても、タオルでもできますので、時間見つけてやらなければ(と書いていても、まずやらないと、思う)。

多少はカラダ、リセット、できたかな?


いまの時間、ケータイ短歌聴いています。
ジムでカラダほぐした後、仕事で凝り固まった脳ミソもほぐさないと。
毎週聴いているわけではないのですが、31文字に込められた宇宙。ときどき「はっ!」と気づく作品があるんですね。
それも素人の作品ですから、余計にそう感じるわけで。


明日は月曜日。
また、忙しく、なるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

師走、地獄の三週間(その∞)

↑なんで(その3/3)じゃないんだ!?


木曜と、今日は20時前にギブアップしました。
やっぱり連日の長時間残業はするもんじゃないね。
昔は連日午前様・・・という日々もあったけど、トシとったのと、やっぱりそういうのはよくないと学習能力?によってカラダが機能するようになったのかな?

年明け後もしばらくは、こんな状況、続きますが、
ただ、救いがあるのは、昔は「完全なホワイトカラー(内勤)でカラダ動かす機会なんてなかった」ことと、「今は上司に恵まれている」こと。

まぁこの際だから書いちゃいますが、
前部署でカラダ“壊した”ときは今思えば職場環境はかなり悪かった。
本当に「連日午前様」の状態でした。
一度目に壊したときは当時の上司が救ってくれたが、その上司が異動したあとの次の・・・が原因で二度目の破壊。
実をいうと職場で倒れて救急車のお世話にもなりました。

それでも「自分がやらなくちゃ。」という妙な責任感が、そうさせたのかも、しれませんが。


いまの職場の、いまの状況もタイヘンではあるのですが、
「とにかく1日の半分は動き回っている」ため脳ミソだけのオーバーヒートは避けられている事と、今の上司とは部署の目標や悩みも含めて同じ方向を向いていること。
上司ともつきあい長いですし・・・。

何かあるとその場で打ち合わせ。半分(つか、9割以上は)バカ話もしつつあーだーこーだ言い合いながら「次はこうするか。」と当面の方向を決める。
今日はそのおかげで滞留していた案件ふたつがトントン拍子に進んだ。それが救い。


特に今は中途採用者の研修も請け負いながらなので、頭の中は配電盤が詰まっている状態ですね。
分刻みで「いまはどれとどれのスイッチをONにすればいいんだ?」なんて考えています。


今、自分が預かっている部下は問題ないけど、
来年請け負う人たちにはもうちょっと働いてもらわないと。

・・・って、気がついたらそういう立場になっているんだ。
成長しているのか、時の流れがそうさせているのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

どれだけ動いてる?

11月の下旬から新業務の引き継ぎを始めているのですが、それ以来大きく変わったのが、
「残業が徐々に増え・・・」と、
「とにかく歩いてる!」

・・・歩いているのは業務ではなく、会社の立地条件のせいなのですが、とにかく歩かなきゃいけない。
事あるごとにあっちへ行ったりこっちへ走ったり。とにかく毎日運動??しっぱなし。
「で、どんだけ動いてるんだ?」と12月に入った日曜日、歩数計を買おうとビックカメラに寄ったのですが、コーナーへ行くと、「へぇ。最近は各社スゴイの売ってるんだねぇ。」


・・・で、買ってしまいました。
Img_0387
タニタの“カロリズム”。
“活動量計”というそうで、歩数や距離はもちろん、じっとしていても動いていても消費カロリーを測ってくれるんだって。21世紀はそういう時代なんだ。

で、12月5日月曜日に作動開始。10日土曜日までの1週間をまとめてみました。
(この週は土曜日もみっちり出勤)
その一週間の平均を計算したらこんな結果に・・・。

総消費量 2850kcal
活動消費 1310kcal
平均歩数 19540歩
平均移動 14.55km

・・・動きすぎ!!
片道の通勤でだいたい2600歩。それを差し引いても、とにかく1日歩いているだけという印象が強い!
(事実、パソコンワークは18時以降でないとできなくなった・・・泣)
そして平均移動の約15kmって、ウチから会社までの距離とほぼ同じ。考えようによっては怖いわ。


11日はスキーだったのですが、実はその日もカロリズムを身につけていた。
その結果ですが・・・、

総消費量 2295kcal
活動消費  755kcal
歩数     4817歩
移動距離  3.56km

・・・あら?そんなに動いてない。
一部滑走可だったこの日は1コース2000mあるのにもかかわらず、それに対して移動距離が少なすぎるのですが、おそらく「滑っている→単なる(乗り物等による)移動」と判断してしまったのでしょうか。
でも、消費量はこんなものかな?けっこう休憩してたし。


ただ、これだけ動いているとなると、歩き方も工夫したりしてしまう。
昨年のオフトレからはじめたピラティスの傾向なのですが、とにかく「お腹まわり、腰まわりを使うように」意識したりしているんですね。
どうせ消費するなら有効に消費しないと、なんて。

最近残業とかでジムにはなかなか行けないので、ジムトレ中にどのように測定するのかはそのときに試してみます。


おフロのとき以外は就寝中でもずーっと着けておりますが、ただひとつの弱点が。
「水泳のときに、つかえない。」
通っているジムにはプールがないので関係ないものの、水泳こそけっこう消費していると思いますが、防水機能なんかないし・・・。


しかし、これだけ消費しているとは恐れ入った。
だから増えないんだな(ぼそっ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

(滑走3日目)新たなるスタート

Img_0383
ただいまー!


ホームゲレンデ(開田高原マイア)も当初予定より1日遅れはしましたが、今季も無事スタート!
今回は日曜だけの“日帰り出勤”となってしまいましたが、駐車場で、レストランで、ゲレンデで。皆さんやスタッフ、そして今社長と8ヶ月ぶりに再会。

でも、なんだろう。
「久しぶり」というカンジがしないんですよね。「また会えたね!」という気分でしょうか。
確かに8ヶ月開いているものの、それはコトバでは言い表せないフシギな感覚。
自分がどうかは置いといて、どんどん上達し、自分以上に年々成長する皆さんと、また今季ここで滑ることができる。
今季もよろしくお願いいたします。


さて、
日帰りですし、この日は雪不足がたたって(あの白馬が五竜の1コースしかオープンしていない異常事態)、雪を求めてかなりの客が来ていました。チケット売場の列がなかなか途切れない。

Img_0380
奥○濃ほどひどくはないものの、ゲレンデもかなりの混雑。
練習したくてもフラットバーンでバリエーションをかろうじてできた程度で、あとは縦長のターンで流さざるを得ない状態。
まぁ、そんな中でも、1ターン1ターン、慣れたマイアのバーンでも次はどのように・・・なんて確かめながら。

そんな中、前回の課題の復習と、「去年までとは違う感覚」を探し出すために、あるときはできたような(たぶんそれは錯覚)、またあるときは「ダメだ〜。」なんてココロのなかで叫びながら午前4本、午後4本と比較的少なめの1日。

実は腰の状態がイマイチだったのですが、滑るに従って多少はほぐれていき、そして股関節と中臀筋がかなりキテいることがわかる。
この結果は見通しとしてほぼ狙い通り。まだまだ粗いけど、この方向性で、いけるかな?
まだまだ悪弊は残ったままだけど・・・。


早くも14時過ぎに今日の滑走終了。
Img_0381
ケーキでひとやすみ&糖分補給。このひとときが、イイ。
それに、休憩中食事中の会話の時間のほうが滑っているよりも長かったような。
「ロースvsヒレ論争」には笑わせていただきました。


来週は欠勤(残業の影響でヤボ用たまってしまって・・・)。
そしてその次週から、いよいよ本格的に・・・というシーズンスタートです。


【オマケ】
アドちゃん(愛車のレガシィ2.0i・アドバンテージライン)。
この冬も大活躍していただくのですが、この日の燃費がすごかった!
昨年までの場合、日帰りで往復13km/l。うまく行っても半ばだったのですが、今回、いつもはオール下道で行く往路を、あえて中津川まで高速にしてみた。但し90km/h前後の速度で(中央道は制限80km/hなんだけどね)
帰りも同じようにしてみたら、

Img_0385
往復で、14超えた!
山道含むだから、かなり優秀だぞ。コツは高速90km/h近辺を維持することと、人間EyeSightの精度を上げることかな?

もっとトッピツすべきは、
Img_0382
往路(山登り含む)だけで12超え!
今までどうやっても11前半が限界だった。やっぱり早朝とはいえ一般道のゴーストップが影響しているのか。

ただ、燃費だけはすごくても、高速代まで考慮すると総合的にまだ下道のほうがコストは下。
今回燃費1キロ延びたところで、土日割引とはいえ片道千円近く(今のレートで約6l≒70km分)までは取り戻せない。

・・・ランニングコストって、奥が深いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

師走、地獄の三週間(その2/3)

明日(土曜日)も仕事なんですが・・・。


二週目。
思っていた以上にその底は深そうです。


今日は“バルス”状態で21時半に投げ出しました。
(帰宅してからラスト30分、なんとか“バルス”に立ち会いましたが)

いま、“名作ホスピタル”を見ていますが、
“2355”はあえて見ずに、寝ます。


だって、明日も仕事ですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

自分にはできない

お知り合いのブログとか、Twitterとか、マイミクさんの日記を眺めていますと、時折「?」と思うことが。

・・・更新時刻が、日付変わった深夜とか(2時3時もある)。
それも、案外な頻度で。


1日最低6時間は寝ないとHPが低下しまくる自分にとって、オシゴトや普段の生活タイヘンですねと気遣えばいいのか、そんなに寝なくてもいいなんてうらやましいととらえるべきか。
たまにならまだいいとしても、連日午前様だなんて信じられない。


だいたい、静止すれば常に瞬時に眠くなる自分なんか、連日午前様なんて芸当絶対できない。
(もちろん、地下鉄の中や会議中でも・・・zzz。)
過去の経験もあるから、今は絶対、そんなこと、しない。
藤子Fの漫画じゃないけど、1時間寝ただけで一晩寝た効果と同じになるクスリとか、実は市販されているのかなぁなんて勘ぐってしまいます。


せめて“2355”を見たら寝なければ、というグータラな性分です。
あのクマがうらやましい・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

JPN

2年何ヶ月かぶりのアルバムだったんですね。
個人的に「シングルは買わない」アーティストだから、だいぶ長く感じました。


B005la8vyg01
Perfumeですっ!のニューアルバム、“JPN”!
今回のタイトル、すごく思い切った方向に出たなぁ・・・。

今までアルバムもあえて通常盤を買っていたのですが、今回初めて初回盤購入に踏み切りました。
・・・DVD、まだ見てませんが。

毎回そうですが、自分自身は3人のパフォーマンス以上に、中田ヤスタカは今回この3人をどう料理する?という方向にしか向いていませんし、今作は既発のシングル曲多めのようでどうなのかなぁと思っていたのですが、


・・・買った初日から、3回ループしました。


前作“⊿(トライアングル)”では「なんかcapsuleに向かっているか?」と感じたのですが(それはそれでOKなんだけど)、今作はそこから多少逆戻りしたうえで、ちゃんとPerfumeらしい仕上がりになっているのにホッとしました。
・・・ということは、capsuleの次作はどうなるんだ?という楽しみも増えるわけで。

ネットでのあらゆるレビューを見ていますと、2曲目“レーザービーム”から3曲目“GLITTER”につながるmixが秀逸!と自分でも思っています。
特段奇をてらっているわけじゃないのですが、「ストレート」で、「まっすぐ」なアレンジですわ。
あとは“575”ですね。日本語でしかできない、こういう作詞法もあったのかと新たな発見です。

ただ、全14曲は詰めすぎでは?
終盤、ちょっと飽きてきて、ラストの“スパイス”で我に返るイメージでした。
そのへんだけ、ちょっと残念。


・・・しかし中田氏、いろいろ多忙ですな。
最近はきゃりーぱみゅぱみゅもあるわけだし、ハタから見ればcapsule〜Perfume〜ぱみゅぱみゅと「どれも同じ」に見えるかもしれませんが、わかる人にはわかる「微々たる音づくりの差」をつけているのはさすがだなと。
・・・だから自分はぱみゅぱみゅは買わないわけだし(笑)。


となると、capsuleの次作がすごく気になる。
来年の春には、出るかなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

師走、地獄の三週間(その1/3)

あぁ、しんどい・・・。

12月。どういうわけか第一〜第三まで「すべて土曜出勤アリ!」という地獄の三週間。
しかも新業務も引き継ぎが始まり(自分が受ける立場ね)、今までよりも明らかに歩数が増え(明日歩数計買ってこよ)、残業も徐々に増え出し・・・。

それでいて、昨日は忘年会。
Twitterでぶちまけたけど、強制定時の日に限ってトラブル乱発。結局終われずひとり残って残務整理。30分遅刻で会場へ。

・・・そしたら、ビンゴで豪華景品が当たった!
(入社15年でなんと初! もらえる人は何度ももらっているのは不公平だ)
これでトラブルのマイナスはこれでチャラ。その後も二次会突入。終電で帰宅。


今日は会社の総会(毎年そうだけど、忘年会と順番変えない?)。
二日酔いの中、広小路通にある貸ホールへ。
広小路通といえばちょうどドラゴンズの優勝パレード。その歓喜のそばでカンヅメな状態。
当然見られるはずもなく、かすかに聞こえる騒音を耳にウトウト・・・。
最後に会長が「パレード見たかった。」とおっしゃったのには笑った。
17時で帰れるのはありがたいけど・・・。


明日は休み・・・といいたいが、午後に会社がらみの所用が。
その後、しばらく行けなかったジムへ行ってアクティブレストするか。


ようやく第一週目が終わる。
でもまだ二週、土曜日含めた激務が待っている。
なにも自分だけじゃなく土曜勤務はみんなそうだし、激務は上司も関係者も影響受けているから文句は最小限にしておきますが。


昨日飲み過ぎた分、今日は休肝日として早めに寝ます・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

そんなカンジしない

もう12月なんですね。
感覚として1ヶ月は違う。まだ11月になったばかりの気分。

きっかけは東日本大震災からはじまったことなのですが、
・ついこないだまで日本シリーズやってた
・東京モーターショーがこれから
・新卒の就職活動の解禁、2ヶ月遅れて今日からなんだってね
(自分には関係ない、というか、それ自体20世紀から無意味じゃない?)
・12月のクセに暖かい(これが一番の原因か?)

等々あって、「もう師走??」と思っていらっしゃる方、多数と推測します。

でも、紅白は1〜2ヶ月遅れなんてないし、
暦は勝手に進んでいきますから、それについていくしかないのですが。


そんなどうでもいいこと書いていたら、ふとアタマに浮かんだ。
・・・年賀状、どうするべ?
しかも12年の中でいちばんネタにしにくい辰年(想像上の動物だしね)。
絵が描けない自分には最大の鬼門。


・・・誰か、描いて!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »