« オオサカサンザイツアー | トップページ | 1並びの虚構 »

2011年11月 8日 (火)

相撲を知ったころ

元横綱・隆の里 鳴戸親方急死・・・。
これには正直びっくりしました。


自身相撲を知ったときが、このころでしたね。
小学校中学年のころ。当時千代の富士全盛期で、コドモ的な印象では横綱は千代の富士ひとりというイメージでした。確か北の潮は晩年で休場が多かったし。

そんな頃、大関横綱と這い上がってきたのが隆の里。
「おしん横綱」だとか糖尿病患っていたなんて事実はコドモには知ったこっちゃねぇ。つか、わかんない。
あのときの記憶は遙か彼方に行ってしまっているのですが、千代の富士には強かったという印象は成績からも一致していたんですね。

初めて連れてってもらった名古屋場所も、千代の富士は休場していて見られなかったものの、隆の里の横綱土俵入りはなんとなく覚えている。
「あぁ、相撲取りのカラダなんだな。」と。


まぁ世間やマスコミはいろいろ憶測立てているようですが、そんなことは抜きにして、突然すぎますよね。
現役力士の急死も時々ありますが、親方の急死も二十山(元大関・北天祐)の例があるし。
相撲取りのカラダってひょっとしたら命と紙一重の立場にあるのかなぁ。
そういう意味では、相撲取りも他の仕事でも、一流や頂点に立つ苦悩や意義は変わらない。
結局、どんな仕事もどこかに身を削ってこそようやく一流として認められる、ってことかな。


今ごろ、冥土では、
当時の二子山親方(元横綱・初代若乃花)が隆の里に向かって、
『なんでここに来た? まだ早過ぎるぞ!』なんて叱られているかも、しれませんが。


ご冥福をお祈りいたします。

|

« オオサカサンザイツアー | トップページ | 1並びの虚構 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/53196624

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲を知ったころ:

« オオサカサンザイツアー | トップページ | 1並びの虚構 »