« 特に思い入れは、ない | トップページ | ハイ○○シュギ »

2011年10月22日 (土)

研修以外が研修

(この日記は23日に作成いたしました)


この金曜土曜は、会社の半分研修、半分社員旅行。
東京界隈まで行っておりました。

何の研修だったかは会社のことですので割愛しますが、何より考えがひねくれている自分。ヘンなハナシ今回は会社の金で東京へ行けるわけで、拘束外の時間をどう活用するか・・・。

【その1・夢と現実の差】
金曜日、研修だった場所は、
Img_0233
この写真で場所がわかった人はスゴイと思う。
千葉県内の某JR駅。線路を挟んでこんな世界が違うなんて・・・。
ちなみに反対側はまさに「夢の国」です。

で、見たかったのは、
Img_0229 Img_0240 Img_0231
3.11、液状化被害を受けた状況。
遠目に見ると直っているように見えても、かなりの被害だったんだと実感。
夢の国の駐車場もところどころで舗装がまだらになっているのを確認。

東北まではなかなか行けないけど、せめてもの現実を、知りたかった。
現地着から昼食後、研修時間までのわずか30分。「現実」はこういうものだと実感しました。

・・・つか、オレ、どこまでひねくれてるんだよ。


【その2・笑え。そして勉強せずとも、学びは忘れるな】
土曜日の昼は自由時間でした。
自分は当然、東京見物。

ただ今回、見たい場所やイベントが特段なかったので、友人N氏と都合をつけ、
Img_0244 Img_0245
半年ぶり、生まれて2回目の寄席へ。今回は新宿末広亭。
あー、こういう建物を寄席というのか。

半日、思いっきり笑いました(たまに寝たけど・・・)。
落語は知らなくても、ひとりあることをしていた客を演目中にある落語家が高座から本気で叱ったのにはびっくりした。いや、客も実はそこも計算してるかもしれないけど・・・。
そのたびに、客席は笑いの連発。

TVにも出ているロケット団(漫才)も、絶対にTVではできないだろうネタでTVよりも面白かったし、個人的には地元出身の圓丈を見たかったけど名古屋での仕事が入ったらしく代役なのが残念だったけど(代役曰く、金に負けて、とか)。

ただ、その代役が当たり。
N氏も「まさか生で聞けるとは」と驚いていた川柳川柳(かわやなぎ・せんりゅう・・・読み方ややこし!)。
あとで調べたらオリジナルの“ガーコン”という演目。これがすごく琴線に触れた。
(昔笑点で見たことがあるような・・・という遠い記憶はあった)
御年80歳というけど、トシを感じさせない動きや喉に感心。
(ただ、次の落語家が、『あの人はリハビリで落語やってますから。』と茶化してた)

そこで受けた知識、というか、気づき、というか、衝撃。
いずれ自分の知識に昇華させたい・・・。


寄席って面白いですね。
ただ笑っているだけでなく、お題の中にある人間模様、すれ違い、滑稽。そしてラジオやCDでは見られない演者の仕草や表情。そしてTVやDVDでは感じ取れない演者と客のハラの探り合いまで。
そして今日は客を叱った落語家のように、寄席というのは会場の空気まで含んで人間社会のあらゆるものを学べる場所なんだと気がついた。
コドモの頃から笑点を見ていたけど、噺についてわかんなかった。
今になって落語がちょっとわかりはじめて、オトナの社会に気づくんだな、と思う。


金曜の研修より、こっちのほうが研修らしいじゃないか
(ソレ言っちゃダメ!!)


Img_0248
夜はなぜか沖縄料理屋で飲み(ホンモノのオリオンでした)。
いまや国のそれなりの立場にいるN氏、こちらも来年仕事で新展開を迎えるので、彼との会話の中から今後のニッポンはどうなるか、そして自分はどうするか。
土曜日の東京界隈であらゆることを学んだのでした。


やっぱり座学だけじゃダメってことだ。自ら足を運んで経験を積まないと。
この2日間はあくまで「研修旅行」でしたから!

|

« 特に思い入れは、ない | トップページ | ハイ○○シュギ »

コメント

たった30分の空きをも無駄にしない。相変わらず精力的ですなあ。

投稿: たにやん | 2011年10月24日 (月) 08:49

たにやんさま>
いや、上には上がいます。
研修後(15時くらい)、夢の国へ入園というスケジュールだったのですが(あらかじめパスポートが支給されている)、
現地到着後に真っ先に入国して、研修後の時間のファストパスだけゲットして会場へ向かうという“夢の国マニア”がおりました。
さすがに、その猛者にはかないません・・・。

で、某JR駅の反対側へ実際に行ったのは自分だけでした。
・・・結局現実はそうなのね(意味深)。

投稿: Hassy | 2011年10月24日 (月) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/53062226

この記事へのトラックバック一覧です: 研修以外が研修:

« 特に思い入れは、ない | トップページ | ハイ○○シュギ »