« ネットラジオ | トップページ | なんとなく価値観の崩壊 »

2011年9月 6日 (火)

夏の志賀高原、とか【オマケ集】

すでに1週間ちょっと経ってしまったのですが、8月の終わりの志賀高原散策、天気イマイチながらも山歩き入門者としては充分楽しませていただきました。


が、何か足りないのでは?
そう、オマケ。

やっとこさ、タイトルの「、とか」の部分をピックアップして、志賀高原本体からはやや脱線する出来事をここで一気にダラダラと。

※ちなみに、本編は以下の3つです。念のため。
 (1日目その1
 (1日目その2
 (2日目


【オマケその1〜お尻が黒くなる!?】
1日目の散策後、宿に入るには時間が早すぎてしまい、なら「お気に入りの場所があるから」とびとくさん。
温泉でひとっ風呂浴びる事に。
冬期は通行止めの、細い山道をくねくねと。

途中、
Rimg0287
うし・・・、

Rimg0288
うしー!!

“山田牧場”という場所を突き抜けていきます。
ん、どこかで聞いたことあると思ったら、あのヤマボク。
実は冬はこの牧場もスキー場になり、聞いた噂によるとスキー人口が減り続ける中、客足が伸びている数少ない場所だとか。
知り合いも訪れており、けっこういい場所らしい。
来季こそは行ってみたいなぁ。

さて、ひとっ風呂浴びる場所は、“七味温泉”。
うわ、唐辛子が入っているのか!・・・というのはもちろんマチガイで、

Rimg0292
この、立ち寄り湯へ。
入るときに係のオジサンから入浴上の注意を聞かされる。
乳白色の硫黄泉ですが、微量に鉄分が入っていて、炭化したものが湯船に沈殿しているのだそう(肉眼では見えない)。だから入るとお尻や手のひらが黒くなりますけど、かえってこれがいい成分だから湯上がりでもあまり洗い流さないでね・・・とのこと。

実際、ほんとうにお尻が黒くなってしまいます。
でも、お湯自体はものすごくいい。源泉は60度だったか70度だったかで高いけど、露天のお湯は適度な熱さ。
温泉自体には興味あるほどではないのですが、このお湯は気に入りました。


【オマケその2〜生音の響き】
今回泊まった宿、格安で食事もおいしく、なかなかよかったです。
が、とあるハプニングというか、サプライズが。

どうも、この日、貸し切りだったらしいんです。
それなのに、どういうわけか我々が泊まることができた。よくわかんないけど。

その貸し切りの団体さんが、
Rimg0381
なんか、室内楽のコンサートをここで開いているということで。

実際、チェックインの時間、すでに演奏が行なわれていました。
特に弦楽器の生音は久々に聴くので、理由はともあれいい雰囲気のなか、夕刻を迎える。


朝もちょっとしたハプニング。
朝食は7時半からと聞いて時間に合わせて向かったはいいが、どういうわけかまだ準備中。実際は8時だった。
が、
Rimg0383
団体さんはすでにリハーサルを行なっておりました。
部屋に戻るのもなんだから、ロビーでその音楽を聴きこむ。
高原のふもとの、日曜の朝、とてもゼイタクな時間。そういうことにしておきました。
結果、ちょっとリッチというか、セレブな気分を味わえました♪


【オマケその3:やっぱり・・・】
日曜の散策後、午後はちょっと行ってみようかと訪れた場所。
地図上はそこそこ遠回りですが、なんと、
Rimg0466
軽井沢のアウトレット! 
自身、アウトレットって土岐に1回しか行った事ないのですが、さすが関東圏は規模も人混みも違う。
たどり着くかなり前から渋滞につかまり、10分以上かかってやっと1km進めるほどの大渋滞。やっと到着しても人の多さがマジパネぇ(←死語)。完全に人酔いしてしまうほど。

が、そんなのに負けてはいられない。お目当ては、
Rimg0465
やっぱり山系のショップ!
実は以前よりある物を物色しているのですが、残念ながら今回もお目にかなうもの、見つからず。

ただ、個人的に軽井沢は「関東圏の観光地」の印象しか、ありません。
逆にいうと、関東圏の忍耐強さに脱帽(ヘンな感想だなぁ)。


帰路、小諸から高速に乗ると思ったが、やっぱりR18は半端なく渋滞していたので、佐久〜R142和田峠経由の帰路。
このルートも久しぶりに通るなぁ。特に佐久市街なんか完全に道が変わっていて、迷ってしまったのはナイショです・・・。


特に2日目の渋滞の大半とその他もろもろ耐えていただいたびとくさん、運転お疲れさまでした。
お初のT氏も、ありがとうございました。

|

« ネットラジオ | トップページ | なんとなく価値観の崩壊 »

コメント

かつての山田牧場スキー場がYAMABOKU Wild Snow Parkとなって面白くなりましたね。
私はあらかじめ宿を取るので、コンディションは運任せですが、Hassyさんは新雪を狙ってお出かけ下さい。降った翌日は楽しいと思います。
なんて、まだ降った翌日の経験がありませんけどsweat01

投稿: 雪国生まれ | 2011年9月 7日 (水) 16:12

雪国生まれさま>
そもそもこの場所を知ったのは雪国生まれさまが行かれたから・・・なんですけどね。

CATツアーとかも参加したいですし、何よりパウダー!はさぞかし楽しいでしょうね。

・・・それ以前に、自分にはまだまだパウダーに適応できるほどの足前が足りません(笑)。

投稿: Hassy | 2011年9月 7日 (水) 22:53

Yamabokuの気分だけでも味わって下さい。
http://b-talk.at.webry.info/201003/article_5.html

投稿: b-talk | 2011年9月 7日 (水) 23:12

びとくさま>
リンクありがとうございます!

なんか、冬が待ち遠しいですよね♪

投稿: Hassy | 2011年9月 8日 (木) 21:48

真夏に出掛けても積雪冬の景色が見える慢性スキー腫瘍(良性かな悪性かな?)をお持ちの皆さんに、毎度ながらの微苦笑です。

信州生活をしていたのは35年前ですが、高速もないその当時でも夏の軽井沢は人酔いするほどでした。
最盛期だと一本しかないルートのR18は大渋滞でしたが、現在はもっとすごいのでしょうね。

投稿: yapple-happle | 2011年9月10日 (土) 07:06

yapple-happleさま>
当然、純粋な良性の腫瘍です(笑)。

やはりナゴヤの独特な気候で暮らしていますと、山の気候はありがたいですね。
ただ、軽井沢は例外。
事実アウトレットで人酔いしましたし、高速はできたものの場所が離れていますし、アウトレットができて以降、R18はさらに渋滞に拍車がかかっている気がしました。

投稿: Hassy | 2011年9月10日 (土) 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/52664977

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の志賀高原、とか【オマケ集】:

« ネットラジオ | トップページ | なんとなく価値観の崩壊 »