« はじめての山歩き・志賀高原へ(1日目) | トップページ | 消灯 »

2011年6月12日 (日)

はじめての山歩き・志賀高原へ(2日目)

(この日記は14日に作成いたしました)


1日目からのつづきです)

スプリングフェスタ2日目。
P1050630
7時からの朝ごはんも山菜づくしでした。
写真では見えませんが、味噌汁の中にはネマガリダケたっぷり!

朝食後、外へ出てみる。
P1050635
快晴!とまではいかないものの昨日よりは数段いい天気。やっぱり新緑が映える。
聞くと、朝5時から散歩に出かけた人多数。でも我々は結局ギリギリまで寝ていました。

さぁ、2日目の行動、開始。
P1050637
山歩きといっても、装備はいたってカンタン。
1日目はさらに1枚着ていましたが歩いていたら暑かったため、この日は長袖Tシャツ1枚だけ。それで充分でした。

今回は高天ヶ原〜一の瀬エリアを散策。前日とはまた違うそうで。
P1050641
知らなければ「ここ入口?」というところから入っていき、しばらく森の中を歩いて行った先が、今回の目的地その1。

P1050658 P1050657
ニリンソウの群生地を案内していただきました。
辺り一面続く風景に圧倒。でも同じキンポウゲ科の植物であるあの毒性強いトリカブトと間違えやすいことでも有名。事実、摘み取った葉っぱを見せられただけではさすがのガイドでも迷うほど間違えやすいのだそうです。シロウトはうかつに山菜に手を出しちゃいけない、ということですね。

P1050668
水芭蕉にも出会えました。今年は時期が遅く、まだ小さいそうですが。


いったん戻り、昨日とは違っていたって平坦な場所を歩くと、途中、
P1050671_3
一の瀬ダイヤモンドのゲレンデに出る。
つか、ここのムービングベルトってこういう構造だったの? 単に鉄骨の上にのっかってるだけだとは!!
それだけ、冬はかなり積雪があるということか。世の中知らないこと、いっぱいあるなぁ。

ゲレンデを横切り、この日の目的地その2へ。
P1050711
この、シナノキまで。
一の瀬と焼額山の間、ようはゲレンデとゲレンデの間にそれはあるという。
半ば余談ですが、スキー場として志賀高原を切り開く際も、当時いろんなことがあり、今でも維持のためにいろいろあり、そのために周辺にはあらゆる影響が・・・という話もガイドから説明を受ける。
『参加者の中に環境省の方、いませんよね?』なんて前置きしながらでしたから、いかにスキー場の運営が大変なのか、考えさせられる場面でした。
次に志賀高原でスキーをする際、1月に行ったときに「死んだ」、丸池Aコース(参照)を心して滑りたいと思っています(志賀でも自然の形状そのままの数少ないコースなんだそうです。他には未体験だけど奥志賀の通称“熊落とし”など、意外にもそういうコースは数本しかないのだとか)。


・・・閑話休題。その目的地の、
P1050696_2 P1050698 P1050701
シナノキ。昨日のブナの大木同様、癒されます・・・。
全国でも1、2を争うこちらの大木は樹齢なんと800年! 千年以上も育ってきたのですから想像のしようもない。ここでは休憩時間が長めにとられ、ふたたび癒しのひととき・・・。

再びゲレンデへ出て、最後のもうひといき。
P1050717
湿原へ。
途中川があり、何気なく覗き込んで何気なく撮った写真。あとで見たら、
P1050713
画面左、わかります? 天然のイワナです!
(註:この湿原一帯は禁漁区です。なのでイワナもそれをわかっているのか優雅に泳いでおりました)

再びダイヤモンドに戻ったところで、今回のハイキング、終了。
前日の午後2時間、今日の午後2時間(じつはこの日はかなりオーバー)でしたが、山歩き初心者としては充分すぎるほど満足いたしました。


P1050727
この日のお昼は、BBQ。その目玉が、
P1050725 P1050726
てんねんいわな!!
あらかじめスタッフが釣っていただいたものが振る舞われました。
『東京でこれ食べたらかなり高いよ!』なんて脅されながらほおばる。骨もカンタンに食べられちゃうほど美味でした♪


こんな感じで、2日間の日程、終了!!
ふもとに降りて、中野IC入ったあたりから雨がポツポツ。その後はほとんど雨に打たれながらの帰路。
土曜の昼から日曜の昼過ぎまでがほどよい天気。普通そこまでシナリオうまくつくれるか?
・・・なんて日頃の行いがいいんだろうと思ってしまいました。

やっぱり、山って、いいなぁ。
もともとウチの家系が山のふもとであるというのもありますが、今は亡き親戚のおじさんは生前しょっちゅう山登りしていて、自分の子供や孫にまで山にちなんだ名前を命名するくらいでしたから、その血筋がヨミガエッタかな?なんて思ったり。


山歩き自体のブログはこれで終わりですが、日々綴文得意の【オマケ】がありましたよね。
・・・実は、それだけでも充分ダラダラ長文が成立できる自信たっぷりですので(それマズイだろ)、別日記でオマケ集としてまとめる予定でして(しなくていいって)。

|

« はじめての山歩き・志賀高原へ(1日目) | トップページ | 消灯 »

コメント

グリーンシーズンの志賀高原、如何でしたでしょうか?
志賀は季節を通じて楽しめるところ。
今年は秋の紅葉の時期にも是非御一緒しましょう。
ちなみに、熊落としはこの動画を撮影した場所ですよ。
http://youtu.be/6vB-1z5Q5nA
もう一つ説明を受けたスラバンの脇のコースは、もっともっと難しいコースで、僕もまともに滑れません(^^ゞ

投稿: b-talk | 2011年6月14日 (火) 23:42

びとくさま>
今回のアテンド、ありがとうございました!
秋もぜひ行きたいです!紅葉は見事なんでしょうね。今から期待しています。

来季は熊落としもスラバンも滑ってみたいですが、個人的にはまずジャイアントを気持ちよ〜く大回りできるようになりたいです・・・。

投稿: Hassy | 2011年6月15日 (水) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/51946105

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての山歩き・志賀高原へ(2日目):

« はじめての山歩き・志賀高原へ(1日目) | トップページ | 消灯 »