« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

(滑走21日目)レクリエーションですから

(この日記は28日に作成いたしました)


P1040398
失礼ながら、またここへ来るとは思っていませんでした。


P1040396
この日は野麦峠スキー場。実に4年ぶり。
当時「そろそろ終わるのでは?」と噂されたころに最後の記念として訪れたのですが、しぶとく今季も営業している。今回は縁がありましてここへ再び訪れる事になりました。

と、いいますのは。
今回ご一緒するのはちえっちさん。高校の同級生(部活も同じ)で2年ほど前に再会してから、お互いスキーもすることを知り「ぜひ行きたいね。」と話して2シーズン目。ようやくご一緒滑りが実現!
そんな彼女も2児の母。今日はご家族でスキーです。
さらに、彼女のお友達のご家族(こちらは子供3人)も集合。

“遠征”というほど遠くはないし、決してHassy定義の“浮気”ではない。
だから、今日は完全に“レクリエーション”です。

今回、この野麦に決めたのはちえっちさん。
道中がしんどいんだけど(境峠というのがかなりの難所)、理由は野麦が好きなのと(自分でもいいゲレンデだとは思っている)、家族だとリフト券安いから(なるほどね)。

だって、
P1040395
このあまりにも不可解な価格設定。
両親+子供ふたりの場合、要注意ですぞ。しかし、なんで??

さて、滑りますか。
P1040387
野麦の恐ろしいところは、下部のメインバーンがかなり急斜面であること。
“立て水の坂”。迂回路はあるらしいんだけど今回ようやく入口を見つけたが、もとは道路であってもいきなり急坂+ヘアピンで全然迂回になっていない!
そして、野麦定説のアイスバーン。もちろん今は難なく降りられるレベルですが、昔はけっこうビビっていました。でも1本降りただけで脚にこたえる。
その坂で恐怖心を覚えて泣き出すコドモ、そんなのもろともせずプルーク直カリで降りていくコドモ。家族スキーっていろんな場面があるんですね。

午前中は適当に。上部も行ったけどコブもありますが今回は入らず。だってレクリエーションですから。

そんな中、お連れ様のダンナさんがすごく面白い!
大学のスキー部で鍛えた足前とあって、ものすごくうまいうえ、さらに速い!
上部の林間コース、ヘアピンもあるのにかなりの速度で駆け降りる。おそらく今まで出会ったスキーヤーでこの人が一番速いと思う。
事実上社会人からスキーを始めた自分。それを知って『短期間でそこまで滑れるんだ。うまいねー。』と褒めていただいたのは嬉しかったのですが、事実上カービングスキーで育ったことを滑りで見抜いてしまった。

昨日コブレッスンをしたことを伝えたら、横滑りの違うバージョンを教えていただきました。
『カービングのひとはコレができないんだよねー。コブには絶対必要なのに。』と言われましたが。確かにできません(自信もって言うな)。
これは後日談になりますが、帰宅してからコブレッスン時の自分の滑り(動画)を見ていたら、確かにそうだと妙に納得。だからその横滑りが必要だと実感。
・・・絶対マスターしないといけないのか。まだまだ先は長いなぁ。


お昼はピクニック気分でちえっちさんにごちそうしていただきました。
といってもインスタントラーメンですが。でもこういう場所のラーメンが、うまい!


そして、午後。アイスバーンは変わらないが、下部は程よいザラメ。
「ガッツリ滑るつもりもないし、上いってもガスだし寒いし。なら、思い切って、やるか!」と一念発起。
今季やろうやろうと思っていたあること。このままではやらずじまいで終わってしまうので、ついに・・・!

P1040394
テレマーク板を出しました!
なんでかって? だって、レクリエーションですから!!

板は今季休養中?のテレマイスターS蔵さんからのもらいもの(お礼に夕食おごった)。ブーツは当然買いましたが昨年6月、大阪の聖地を訪れて「テレマーク始めたいんですけど。」と店員さんに申し出たら、いきなり『これ買って!』と出されたのがレディースのサイズ26cmという日本じゃ絶対売れないブツ。
じゃあなんで仕入れたの?? まぁ何でもよかったわけだし。
実は2年型落ち。これはまさに運命の出会い。かなり安く買うことができました♪

下部ゲレンデのさらにハーフの距離。中〜緩斜面でひたすらフトモモと格闘。

で、滑れたんですか?
正直ネタにもならないのでそこはご想像にお任せしますが、ひとつ収穫があったのは、ふだん滑っている時の視線、かなり近かったんだ、ということ。
とにかく視線はできる限り遠くへ向けなければというのはわかった。
かなり前に体験レッスンをしたことはありますが、事実上初めてのテレマーク。今日はそのことだけでも、大きな収穫。
これから、時折使って、笑われない程度に感覚つかんでいきます。

最後は急斜面(立て水の坂)も挑戦!
・・・フトモモが一気に燃え上がったのはいうまでもありません。


一緒にからむことは少なかったですが、ちえっちさんご家族、お連れ様ご家族。普段あまりない新鮮な体験をさせていただきました。ありがとうございました。また滑ろう♪
ガッツリばかりもいけないのね。時にはこうやってマッタリも、いいかも。


現地で皆さんと別れ、境峠を下っていく途中でぺんさんからメール。
この日おんたけで“チャレンジした”ぺんさんと、明日やぶはらで“チャレンジする”btcさんと一緒に、木曽福島で待ち合わせして突然のらーめん55で夕食。
でも、さすがのぺんさんも今日のHassyが野麦だとは予想外だったみたい。

P1040400
からあげな気分じゃなかったし、福島もけっこう暑かったので、ざるらーめん(小盛)とチャーハン(小盛)という訳わかんない組み合わせ。
でも、この普通のうまさが、いいんだよなぁ・・・。

btcさんにエールを送って解散。帰りの道中はいつもどおりでしたが、ラジオで知った渋滞情報では関越やっぱり30km以上。
ホント中部地方のスキーヤーでよかった・・・。


【オマケ】
どことなく“昭和な香り”の残る野麦峠スキー場。それは駐車場にも。

P1040392 P1040397
この“昭和っぷり”はホンモノとみた。
いすゞ・ピアッツァ。別名マヨネーズ。さらにホイールも含めほぼノーマルなのがイイ!!
デザイナーはあの有名なジウジアーロ。これが30年前のデザインですからね。当時の未来志向は志高かったんだと妙に感心してしまいました。
あと、他にはデリカの初代4×4もありました。どこまで昭和なんだよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

(滑走20日目)目からウロこぶ

(この日記は27日に作成いたしました)


P1040372
今日はここが俺たちの戦場だ!(大げさすぎ)


P1040379
この日もいい天気!
ですが、見慣れた御嶽山もだんだん春の山になりつつあります。気がついたら2月も終わりなんですね。

この日はレッスンなのですが、今回は特別。
それは“コブレッスン”!
コブを滑れるようになりたい人のために、検定員Y氏が企画していただいたその名のとおりコブに特化した内容。先週決行することを知ったとき、真っ先に申し込みしておきました。
やっぱりコブ苦手だし、ちょっとでも「正しく」滑れるようになりたいですから。


P1040378
集合後、トップまで上がっていきなりブルダイのコブ。
1本滑って皆さんの問題点を見てもらってから、整地でバリエーション。そして上がってまたコブ・・・と一般レッスンでは考えられないほどテンポ早め。Y氏の指導も普段みられないほどかなり熱が入っていました。
午後は二丁目の1本も合わせて合計5本。これも普段のレッスンより多い。

今回、「オーソドックスな横滑り的滑り」「いわゆる、バンク的な滑り」と教わったのですが、今回の収穫として、
・今までいろいろコブの滑り方を教わったけど、その今までのことは全て忘れてもいいくらい。まさに目からウロコが出るほどだった
・脚の曲げ伸ばしもいままでの考えが間違っていた。溝は溝だと思わないことと、伸ばすポイントは今まで思っていたのと全然違う場所であったこと
・前者と後者は同じコブなのに滑り方は正反対。バンク滑り自体はともかくとしてそのための整地での練習は意外と今後の滑りの参考になるかも
・・・こんなところですかねぇ。

あと、個人的な指摘が二点。
これは整地でも同じなんだけど、やっぱりポジションが悪いということなのね。整地でできないことはコブでもできない、ということか。

最終的には二丁目のかなりエグイコブで自分でも驚くほどかなりいい評価をいただきました。
ですが、レッスン中にT氏がいつのまにか動画を撮っていて、レッスン後にその動画を見せていただいたのですが、自分のイメージとは程遠いんだよなぁ。もちろん今までや、レッスン前に比べれば滑れてはいるんだけど。
あとはその動画(ちゃんとお手本の滑りも撮っていただいた)を見ながら、何が問題点か、何をすべきかを研究するしかないですね。

次回も、同じように滑れるかはわかりません。
でも、今日教わったことの“意識”を常に持つようにすれば、いつかきっと滑りが変わるはず!と信じて。
・・・実際、レッスン後に整地を滑ったらここ1ヶ月おかしくなっていた滑りの感覚が戻ってきていますし。

P1040382
結局。ほぼラストまで。最後はフリーポール、ウェーブで遊びましたけど。
だんだん日が沈むのも遅くなっていきますね。


今日はほんとに「受けてよかった!」と声に出していえる有意義なレッスンでした。
さすがにコブメインだったので疲れましたけど。

それ(レッスン後の疲れ)を想定していたのと、明日は別の場所で滑ることになっているため、終了後は塩尻へ移動してヤド泊です。ルートインですけど。
でも、部屋いいし朝食タダだし人工温泉ですが大浴場があるのでけっこう気に入ってます。

明日は完全レクリエーションで遊ぶつもり。
練習もいいけど、たまにはね。


【オマケ】
その塩尻へ行く途中で夕食。いちど行きたかったのが、
P1040384
“弥次喜多”!
もとは沼津にある知る人ぞ知る定食屋の分店らしく、海産物はそこから直送しているそうです。
弥次喜多定食1600円ナリ。でもフライはでかく、キャベツはこれでもか!というほど盛られていて、そして何より刺身がうまい!
海なし県でここまで刺身がうまい店は初めてです♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

オボエガキ

誰しも自分の中には“凶器”があるんです。
普段それはさわらないようにしていても、いつか使わなければならないときが来る。
最初は怖くてしょうがないのですが、毎日使い続けていくと“凶器”はいつのまにか自分自身で扱えるようになり、自分のものになっていく過程が楽しいんです。



想像の中ではいろいろと考えられるけど、やってみないとわからないんです。
気が遠くなることでも実際にやってみて、それが表現できる場所を探して、やってみたものを展示してみると、想像していたものを遥かに超えた結果が初めてその場所で現れる。
そこまでして、初めて“やりとげた”と言えると思います。



・・・おそらく、自分なりに脚色している文言多数を失礼。
今日も仕事後に県美術館のアーツチャレンジへ立ち寄り、おふたりのアーティストと会話する機会に。
アーティストって、エを描く人モノを作る人ではなく、ジブンを表現できる人。なのかなと、思った。
それを「チャレンジ」っていうのだろうか。


自分、チャレンジしているのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

止めてくれ!

今日は仕事後にジムへ。

ストレッチしてから、トレッドミルに足を乗せた瞬間・・・、
「うわっ!」と大声をあげてしまう。

なんと、ベルトが動いたまま!
幸いちょっとつまづいただけですみましたが、下手すれば大ケガものですよ!!

ちゃんと止めとけよ!
つか、どうやったら動いたまま降りられるねん!!

トレーナー氏には一言言っておきましたが、ジムにあるマシンって、ヘタすると大事故につながりかねないものが多数あるので、ホントに肝を冷やしました。今回の件・・・。


トレッドミル30分(平日夜は混雑していて時間制限があるので)。
+カーディオウェーブ30分。
いずれもスキーのポジションを意識してはいるのですが、なかなかうまくいかないものです・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

にゃんにゃんにゃん

今日はねこの日!
・・・といっても、ウチでは猫飼っていませんが。

いぬよりは、ねこ。
0655でも「あたし、ねこ」よりは「おれ、ねこ」のほうが好きです。
飼い主に向かって「コレ」とか「コイツ」呼ばわりしているところがなんとも。

あ、
今日は2355でも「ねこのうた」があるんだった。見逃し厳禁!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

アーツチャレンジと、アートの再会

スキーは土曜日の日帰りして、里での日曜日。
ナゴヤはかなりポカポカ陽気でした。

午前はジムへ行って久々のピラティスレッスン。
シーズン後半へ向けてのカラダの調整でしたが、ここまでカラダが動かないものなのかとショックを受ける。
やっぱり何事も定期的に続けないとダメなのね・・・。
他はメガネの修理に出したり、修理の終わった携帯を受け取るなど、ヤボ用をこなす。


そして、今日のメイン。
午後は栄へ出向いて、県美術館へ。

P1040334
アーツチャレンジという企画展を鑑賞いたしました。

知らなかったのですが、県が主体となって数年前から行なわれていて、毎年公募で選ばれた現代美術の若手のアーティストの作品を展示して、もっと活躍の場を広げてもらおうという趣旨らしいです。

昨年、トリエンナーレを何度か鑑賞したことからこういったものに興味を深めていったのも理由のひとつですが、この企画を知ったのが、トリエンナーレの“長者町デキタテ工房”でお会いしたアーティスト、文谷有佳里さんからの縁で(そのときの参照)。
トリエンナーレで芳名録にメールアドレスを記入しておいたので何か展示があるとメールをいただくようになり、今回彼女の作品が出展されるというメールをいただいたのが今回のことを知ったきっかけ。


P1040335 P1040339 P1040342 P1040344 P1040347 P1040351_2
選ばれた13人のアーティスト達。どれもこれも個性いっぱいあふれていて、ありがちな「印象に残らない作品」がなかったほどのできばえに堪能。
それには「いい印象」の他に「よくない印象」も含まれます。それが現代美術だと思うから。“興味ない”という感想がアーティストにとって一番怖いのではないかなと。
それに、普段誰も思いつかない(または、誰もが思いつくであろう)アイデアを、形にして表現する姿勢というか、度胸というか(笑)。そういう実行力があること自体が素晴らしいです。

この日行なわれていたシンポジウムに飛び入りで拝聴してわかったのですが、展示場所がいわゆる美術室(ホワイトキューブというそうです)ではなく、美術館内の「パブリックスペース」を使用している点が面白くもあり、難しくもあるところ。
階段とか、廊下とかも使って、公共の場所でいかに自分の作品を魅せるか。トリエンナーレでもそういった作品が数多くあり、楽しませていただきましたが、素人である自分には想像しなかった苦労もあったようです。勉強になりました。

P1040357
そして、ぶんやさんのスペースですが・・・、

P1040353 P1040354
4ヶ月ぶりにお目にかかったドローイング。
なんか懐かしい感じもします。

ぶんやさんご本人にも久々の再会。
公開製作中でしたが、訪れた時間がちょうどシンポジウムの始まる直前ということでご挨拶のみで慌ただしく終わってしまい、さらに終了後はいろいろ飛び回っていたようでゆっくりお話できなかったのが残念でした。
ですが、彼女もこちらを覚えていてくださったのが嬉しかったです。

シンポジウム終了後に彼女のブースにしばしたたずんでおりました。
なぜかわからないけど、これらの絵に囲まれていることが、飽きないんですよね。
あのときと違って、なんかタッチが柔らかくなったような印象を受けました。
それは場所が違うせいか、それとも・・・。

P1040355
夕方、主を待つデスク。
次の日にはまた違う雰囲気の部屋になっているのでしょうか。
ぶんやさんとはまたお会いできることを願って・・・。


名古屋ではもうすぐゴッホ展が始まるのですが、今でこそ超有名な画家であるゴッホも、生前については全く絵が売れなかったといいます。
おそらく当時の目ではあまりにも突拍子すぎて、今でいう現代美術のようなもの、だったのかもしれません。
だから、機会はできるだけ逃さずに、もうちょっとおおらかな目で現代美術を見ていくようにしていきたい、なんて考えています。


今年は横浜でトリエンナーレがある。行ってみたいなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

(滑走19日目)滑りの調整/意識の調整

P1040325 P1040330
御嶽も、乗鞍も、いーい感じ♪


今日のマイア、見事な晴天に恵まれました。
風もほとんどなく、1丁目こそじゃがいもがゴロゴロしていたもののほぼ全般フラットバーン。先週のボコボコバーンとは雲泥の差。午後も緩まずと終始コンディションは良好でした。

となると、朝イチにハイスピード大回り!をしたくなるのが本当のところですが、先週まででだいぶ自分の滑りがおかしくなっていたようで、金曜日の自分の滑りについてのある方からの感想、日曜日のレッスンでの指摘、そしてその後の平日のある方からのメールのやりとり。そのお三方の言葉自体は全く異なるものでしたが、その3つから、今の問題点について見事につながってしまった。

そこで、
今日はレッスンで言われた指摘の復習をベースに、「カッ飛び禁止。中〜低速でいったん調整する!」とこの日来ていた常連仲間に公言して、滑走スタート。

最初に下で慣らし。普段はそこで上に上がるがもう1本下。そこでバックル外して滑る。
その後は上・上・休憩。上・上〜下・昼食。
午後は下・上・上・休憩。上・上〜下・下と滑っていました。
16時前滑走終了。この日のリフト乗車14本。まぁ適度なレベルです。

1丁目も2丁目も大回りはしたけどスピードは最大限の6〜7割程度に抑え、中〜小回りメインで。
午前にビデオを撮ってもらい昼食時にチェック。そしたら本当に情けない滑りになっていて反省。
その反省をもって午後に課題をひとつ追加。

白状しますが、コブも少しは滑りました。
この1週間に埋まってしまったみたいでリセットされ、適度な浅さになっていたから逆に練習にはちょうどいい。ただそれでもちょっと発射気味。

P1040332
ウェーブも午後イチとラストの2本。
実は午後イチではバランス崩して大転倒。後続に影響なかったけどいかにおかしくなっているかを改めて実感。
ラストの1本は前半は山に合わせて、後半はあえて中回りでターン弧をできるだけ一定に。そうするとターンのどこで山になるかわからない。ヘタな滑りではポジションの悪さが露骨に出ますので。

ちょっとは遊んだけど、できる限りガマンし続けた1日。
まだ調子が戻ったわけではないですが、1日滑走終えて気がついたことは、
「昨年の3月。1級合格するぞ!と意気込んでいたとき、本当にいろんな意識をしてたんだな。それもあの1ヶ月で。」ということ。
事実、あの1ヶ月で自己判断でも滑りが変わっていたよなぁ。ハッキリ言ってその3月のほうが滑れていた。

スキーって、「上達したい」の裏には、技術や経験以上にメンタル面とか、ほんのちょっとした意識の持ち方が左右するんだな、と。
昨年は1級合格の目標があったから意識がうまく働いていたのかなぁ。
今季は特に明確な目標はなく、次の目標を決めるためにいま持っている課題をひとつずつつぶすのが目標といえば目標ですが、気づかぬうちに課題がどんどん増えてしまっていた。
関係諸氏にはシーズン後半に差しかかるところでこの点に気づかせていただいたことに感謝していますし、今季もたぶんGWまでは滑ると思いますので、この先2ヶ月ちょっとの間、来季に影響しないよう、意識付けをしっかり持ってやっていくしか、ないのかな、と。

でも、あくまで趣味の範疇ですから滑って面白くないほどまでは持っていかないように。楽しくたのしく♪


次週ですが、土曜日はスペシャルレッスンを申し込みました。
「なんでマイアでないのかなー。」と思っていた矢先の告知。迷わず参加表明させていただきました。
今日とは違う方向で意識を切り替えて、来週はとにかく次のHassyが「おいでー!」と手招きしてくれるくらいまで歩いていきたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

もう“E”しかないのだろうか

インフルエンザの療養中のとき、あまりにも退屈でしたので午後はずっとTVをつけていましたが、正直あまり面白いと思った番組、ないですね。
(むしろ、AMラジオのほうがよかったくらい)

・・・そんな中、琴線に触れる番組があった。
つか、番組というより、テレビ局か。

それは、“NHK教育”。
今はオシャレになって“Eテレ”なんて言っておりますが。

以前紹介した“0655”“2355”は当然見て、朝は0655のあとの“シャキーン!”なんか面白いなーと思ったし、コアなファンが多い“ピタゴラスイッチ”とか、“クインテット”なんかは大人が観ても充分に楽しめるし、ピタゴラもそうですが“ジャム・ザ・ネイルハウス”は栗コーダーファンにとっては琴線に触れますね。


そんな中、“にほんごであそぼ”はすごくいい番組だなと思いました。
小学生向けの番組ではありますが、むしろ大人こそ見るべきだ、と。
野村萬斎、神田山陽、国本武春といった日本の伝統芸能を担う狂言師、講談師、浪曲師が登場して子役たちと一緒に日本語の面白さを伝えると同時に、忘れかけていた日本語の良さを思い出させてくれる。
日本人でありながら日本に誇りをもっているのか?と考えさせられる番組でもあったりします。
コニタン(元大関・小錦)もいい味だしてるんだよなー。でも彼はハワイの人だけど。

小学校のとき、風邪を引いたときだけは両親の寝室で寝ながらTVを見させてもらえた(14インチのTVがあったから)けど、そのときはだいたい“できるかな”か、各学年の道徳チックな番組だったなぁ。
そのころから比べると、教育テレビ・・・もとい、Eテレも変わったんですね。


ここ最近、TVは以前に比べて見る機会が減りました。
習慣的に見ている朝のニュースくらい。
ゆっくりしゃべる戦場カメラマンとか、“ラブ注入!”の芸人なんかはブラウン管越し・・・もとい、“液晶画面越しに”見たことなんか皆無に等しい。それを知ったのはネットとか、人づたいですし。
さらに「ととのいましたー!」の人、今年に入ってからお目にかかりませんけど・・・。


教育TVだけが、TVとして生き残る数少ない道なのかな。
7月の完全地デジ化以降、いったいどうなるのやら・・・。


“みんなもつくってアラモード♪”
(↑NHKとともにどこか間違った方向に行こうとしております・・・)


おっと。
あとすこしで“2355”が始まる・・・。
今日のトビー、何をつぶやくのかなぁ??

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

まだとれてません

土曜日、滑り過ぎました・・・。

いまだに三連休スキーの疲れが取れず。
どれくらい取れていないかというと、今日、行きの地下鉄でふた駅乗り過ごしました。
まぁ地下鉄ですから本数いっぱいあるし、普段は始業の30分前には会社へ着くようにしていますので、遅刻とか特に影響ありませんでしたが。

疲労回復サプリも摂取していますが、今回ばかりはさすがに体力の限界、超えていたんだろうね。それも自分の知らないところで。
決して、「トシのせいじゃないぞー!」と自分に言い聞かせる。
気がついたら今週あと二日。このまままた週末に突入してしまいそうな。


次のスキーは土曜日のみの日帰り。
コブも少しは入ると思いますが、ペース落として調整滑走かな?
もし、制御できずにテンション暴走しているHassyがいたら、何なりと注意していただければ幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

(滑走18日目)やっぱり辛口がいい

(この日記は15日に作成いたしました)


P1040314
結局、最終日になって天気が良くなる・・・。


三連休最終日。
前日のコブ滑りまくりが影響して疲れが取れていません。
が、この日は前日のとある話の流れでレッスンに入ることに。
滑走終えて帰り間際、捕まってしまったから(なぞ)。

金曜土曜と違って、かなり受講者が多い中、集合して名札をもらう時点でこの日の担当コーチを言い渡される。班分け滑走全くなしで。
・・・そこまでシナリオ作ってたの?と疑いもしたが、まぁそうだよね。

この日の担当はあの辛口、dコーチ。2年ぶりにお世話になります。
最初の口上で『私、時折辛口でキツイ指摘するかもしれませんが、そのときは何なりと指摘してくださいねー!』と言うくらい。
いえ、辛口、逆に大歓迎です(力なし)。
そのためにあなたのレッスン受けておりますから(ヤケクソ)。

そんなこと言っておりますが、内容そのものは毎回そうですがごくごく基本的なこと。
今回は前後左右のポジション矯正がメイン。ここ1ヶ月遠征とかコブとか、正直自身の滑りが乱れ出した頃だったのでそれ自体はこの日レッスン受けて正直よかったです。
それにストックを持つための腕の指摘。今でもストックワークがメチャクチャな自分にとって、この指摘は大変ありがたいです。
元SIAデモだけあって、今では不必要とも言われる“踏み替えターン”の練習も。・・・だって、これができなきゃ次の目標も通過できませんし。
その踏み替えも今までの考え自体が間違っていたことに気がつく。大変助かりました。

この日はどちらかというとピリ辛程度のレッスンだったなぁ。
人数が多いのと、常連率が少ないというのも影響したのか、かなりセーブしているように・・・見えました。
でも、指摘自体は『まだまだー!』『もっとー!』という表現ですから、まだまだやらなきゃいけないことがある、とヘコみましたけどね。
今日はヘコむことが目的だったりもしますが。

『今日教えたことですが、むしろ今はできなくて当然です。次回以降それをしっかり押さえながら練習して、自分のものにしてください!』と。
・・・逆に言えば、ちゃんと練習しないと次回お会いしたとき『ハイ、できてません! 進歩してませんねー!』と言われてしまうので、そういう意味ではやっぱり辛口レッスンだわ。

・・・次回お会いしたとき、『できてません!』と言われてさらにヘコむことを楽しみにしております(それ、ダメじゃん)。


レッスン後、1本おさらいをするが、疲労は最高潮に達しておりました。
仲間から『もうやめとけ。』と言われるくらい。
そういえば3日間フルに滑走したの、初めてだった。
やっぱり土曜日に飛ばしすぎました。これからちゃんと自分の体力と相談しながら滑るのも大事ではありますが、限界を超えることも意識しないと(懲りないなぁ)。

P1040317
ベースへ降りたら、こんな御嶽山が・・・。

普段ならそのまま帰路に着くのですが、さすがに疲労が表に出ていたのでやまゆり荘で温泉につかって、すこし仮眠してから帰りました。
でも、仕事の疲れとは違いますので、逆に素直に受け入れられるんですけどね。


もう、スキーシーズンも後半戦か。
この3ヶ月、少しでも上達したのかなぁ??


【オマケ】
温泉+仮眠で帰宅はやや遅くなってしまったのですが、
P1040322
道中の三岳・白川氷柱群がライトアップされていました。
コンデジで慌てて撮ったのでこの程度の画像で恐縮ですが、実際に見るととても美しいです。
少なくとも昨季よりは氷柱が成長しておりますので、見るなら2月中がよろしいかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

(滑走17日目)凹凸遠回り

(この日記は14日に作成いたしました)


P1040307
マイアではフリーポールが立っています。
GS/SL双方アリ。ご自由にどうぞ。
(といいつつ、この3日間で1本しか入りませんでしたが)


・・・この日写真をあまり撮ってないので、冒頭ネタはムリヤリです。

三連休2日目。
この日はいつもの土曜日のような客の入り。常連客はこの日には来るかな?と思っていましたが、思ったほど増えず・・・。
昨日から降っている雪。ひょっとしたらパウダー?と期待はしたものの、そこまで積もることはありませんでした。

そんな中、先週見事一級合格したじゅんぺー君がマイアに凱旋!
センターハウスで準備中のところを見つけて、まずは祝福。
正直自分よりは上手でして、普段の滑りを見る限りは文句なく合格できるレベルなんだけど、なぜか本番ではなかなかでしたが、今季ついに、です。おめでとー!

午前中は昨日1級合格した常連の弟さん(Kさん)と、一緒に宿泊場所を提供してもらっていますK氏ご家族と一緒に。
ヘリスキーしたり、こ&ちシスターズたちと雪に埋もれながら“遊ばれて”いました。

P1040300
これは前日の画像ですが、こういうこともしてますし。
でも滑りは大人顔負け。「こ」の安定感と、「ち」のバランス感覚の良さは見習いたいですわ。

午後ですが、G氏も見つけて、昨日のブルダイのコブへ。
P1040324
昨日ふと浮かんだヒントを実践するべく、とにかく入りまくりました。
G氏もじゅんぺー君も引きずり回してしまってゴメンナサイ。
おそらく「そんなことするの?」と言われそうですのでここでは書きませんが、コブで必要な吸収動作。今までいろんなこと試しても全くできなかったので完全に発想を変えてみた。
あと、ストックワークも他の方々がやっていることと全く正反対のことをしてみる。見た目どうかは考えずに。

何本か滑っていたら、今まで溝に落ちたときには“発射!”し、二本の板はハチャメチャな動きでしたが、今日は飛ばされることも少なく、スピードコントロールもまぁまぁでき、板も意外と揃っていたみたい。
G氏から『いいんじゃない?』と言われてちょっと嬉しい。

でも、そこで浮かれないこと。
ここでようやく“及第点”と思わなければ。
途中、レッスン班の様子を見ていてコーチから『どーぞ!』と言われたのでレッスン班の見ている前でコブ滑走。
コーチから今の自分にはムチャなアドバイスをされましたが、「そんなのできませーん(笑)!」と叫びながらコブを降りていきました。
ようは、それくらい“気持ちには余裕があった”、ということ。

ようやく吸収動作の大切さがわかった気がします。
でも、それはセオリー通りの正しい動作ではなく、体格上そんなのできないからまずは遠回りで違うアプローチからやってみる。
その遠回りが無意識にできるようになってから、セオリーの方法で練習しても、いいかな? 何年経ってもスキーはできるから、別に急ぐことも、ないよね?
・・・そのためにはオフトレで自分の永遠の弱点を鍛えないといけないけど。

シーズン終わりにはもっと安定した滑りができれば、いいな。

とにかくコブばっかりでしたので、さすがに最後は疲れました。
明日の最終日はとある話の流れで必然的にレッスン決定。

・・・あぁ、どんな攻撃が待っているのか(次回につづく)。


【オマケ】
この三連休、正月と同じようにK氏ご家族のご厚意で泊めていただきました。
食事も提供していただき大変感謝。奥様の料理、すごくおいしいんです。

朝食で出されたあるもの。これには琴線に触れた!
P1000409
丸美屋のすきやきふりかけ。なつかしー!!
小学校のころの大好物でした。当時は白米があまり好きではなかったのでご飯が見えなくなるほどこれをかけて食べていたし、ふりかけだけ手のひらに盛ってそのまま食べてたなぁ。
いつごろからか遠い彼方の記憶に埋もれていましたが、まだ売っていたんだ。見つけてくださったK氏、ありがとうございます!!
もう今は大人ですので“常識の範囲で”かけさせていただきましたが、このすきやきふりかけ、ご飯一膳あれば何袋でもイケちゃいます!
(・・・なんか表現がおかしいぞ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

(滑走16日目)ひさびさマイアはお手伝いとして

(この日記は13日に作成いたしました)


P1040276
カーナビのこの画面出すの、すげぇ久しぶり。


P1040287
久しぶりのマイア。ホームゲレンデなのになんと1ヶ月ぶり!
欠勤〜遠征(八方)〜遠征(志賀)〜欠勤とあったわけですが、シーズン券買うようになってからここまで間隔が空いたのは初めてです。
三連休はここマイアに籠ることにいたしました。金銭面もキビシイし。

初日、金曜日でマイアはリフト券半額!と多いと予想していたが、案の定客足はかなりの入り。
でも、常連がほとんどいない。やはりこの連休だからいろいろな方面へ遠征という方が多い模様・・・。

久しぶりですので、懐かしいバーンの感触を確かめながら。
今日は仕事でいらっしゃったアトミック野郎さんからはさっそくポジションについての指摘が・・・。
この連休のどこかでレッスン入ろうとは思っていますが、今日はひとまず調整ということでふわふわな雪が降り続く中、午前中はまったりフリー。

P1040282
お昼は昨年はなかった鍋焼きうどん、復活!
しかもバージョンアップしていて、セルフ加熱方式になったのはありがたい。冷めることなく最後までアツアツが食べられますから。おいしかった!


P1040323
午後ですが、検定のギャラリーをすることに。お知り合いが受験されてましたから応援も兼ねて。
さらに、全面ボッコボコのバーンだったためデラがけ隊としてお手伝いもさせていただきました。

他のゲレンデのバッジテストはあまり知らないのですが、一般客がこうやって検定のサポートをするのはマイアならではの光景みたいです。
一般客まで混じってみんなでバーンをならして協力する姿勢は素晴らしいと検定員のひとりはおっしゃっていました。
自分自身も、昨年ここで1級合格させていただいたこともあって恩返しの意味もありますし、さらには横滑りやプルーク(ハの字で滑ること)の直滑降なんてこういう時しかしませんので、重心移動の練習としての意味合いもあったりします。

あとは程よい緊張感の中で見学させていただきました。

ただ、今回のバーンはかなり厳しかったようで、9人中合格者ひとり。さらには合格点の率がかなり低かった・・・。
そんな中、合格した方、なんとマイアの常連の弟さんだと知ってビックリ!
点数もダントツ。どうりでうまいなーと思いましたわ。

自分だったら絶対落ちてるな(おいおい)。


まだ土曜も日曜もありますので、この日は検定後、軽く2本流して終了。
でも、その2本が検定で使ったコブというのもなぁ。
だって、マイアにしては珍しくかなりいいコブだったそうですから。
・・・まだまだハチャメチャな滑りだし、飛びまくったけど、ひとつヒントが浮かんだ。
明日はそれを実践してみるか。


【オマケ】
三連休初日といえど、行きのR19はいつものような空き具合でした。
到着してから携帯で交通情報見てみたら・・・、
P1040279_2
つくづく中部地方のスキーヤーでよかったと思います・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

週末なんですから

今日の16時過ぎに超突発の仕事を出さないで下さい。○○さん。

おかげで予定していたことを後回しにして、上司とあーだこーだバタバタしてました。
もっとバタバタしていたのは別の案件も要求されて、ふたつ同時進行でかけもちしていた上司でしたが・・・。

その突発案件、
なんとか19時には終わらせたけど、影響で後回しにした業務は月曜日に持ち越し。

だって、週末は“出勤”ですから!
しかも、土曜日が完全休業ではない会社での貴重な三連休ですし!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

マナカまだか?

P1000398
首都圏や関西圏や札幌や福岡や仙台や新潟やその他先進地方都市の方々からは『今ごろ?』と言われそうですが、この11日から“ようやく”中部圏でもIC乗車券(マナカ)がスタートします。
※今までもJR東海発行のTOICAがありますが、現時点ではJRだけですし、この地方の公共交通がひととおり使えるのに対して「ようやく」という気分です。

自身は地下鉄通勤ですので誰が何と言おうともゆくゆくは磁気券の定期からICカードの定期券に変えることになるのですが、現時点ではギリギリまで“保留”するつもりです。

と、いいますのは、大きく理由がふたつ
ひとつ:通勤時の様子見
→万一のトラブルも考慮して。会社最寄りの地下鉄駅は降車時は事実上改札ゲートがひとつしかなく、朝のラッシュ時は駅員が立って定期券の人は自動改札通らずに駅員に見せてスルーしているのもしばしば
磁気券ならこれでもOKだったがICカードは“降りるときも記録が必要”になるため、切り替え当初は相当の混雑と混乱が予想されるため(実際に先日、改札機が故障したし)
ある程度の対策を講じてからICに切り替えたい

ふたつ:ポイント制が複雑すぎ
→加入交通機関の「乗るほどたまる」ポイント制が厄介すぎる。しかも各社バラバラ。
いまの生活では市バス/地下鉄をもっともよく使うので、今までのプリペイドカードもすんなりICに変えればいいかと思いきや、いまの状態では今までの磁気券プリペイドに比べてレートが悪くなるのは避けられないし

・・・なので、
P1000399_2
直前で、前もってユリカ購入(あと1年は使えるから)。
今までの履歴から、普通のユリカもバス昼間用ユリカもだいたい半年で1枚使い切るタイミング。ひょっとしたらギリギリになって普通のユリカをもう1枚買うかもしれませんが。
さらに、定期券もいつもは1ヶ月ごとに買っていますが、今回これを見越して暮れに3ヶ月を買っている。
有効期限の3月末までじっくり考えてから、最良の手段にてICカードに切り替える予定です。


・・・で、なんでそこまで様子見するのか?
実は、ポイント制について「ある裏技が使えないか?」を調査検討しているから。
通勤に名鉄を使っていれば何ら問題はないのですが、地下鉄だけの通勤で、そのポイント制を有効活用するため関係者が嫌がるであろうひねくれた方法が浮上。可能であればいいんだけど・・・。

だって、このままではいつまで経っても飛行機に乗れないし(なぞ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

SWINGING!!

病み上がりのためスキーは欠勤の変わりに、スキーシーズン真っただ中に開催中の企画展があるのを見つけ、今日はそちらに出向きました。

P1000394
・・・あ、その前にトリプル投票、ちゃんと行ってきました。
いかんせんトリプルなので投票所(ふつうの教室)がかなり窮屈だった・・・。


投票を済ませて、高速ダッシュで1時間、岡崎へ。

P1000396
岡崎市美術博物館。
そういえば2年前もインフルエンザの病み上がりに行ったなぁ(参照)、なんか不思議な巡り合わせ。

P1000395
今回お目当ての企画展は、コレ
1950〜60年代のロンドン。ビートルズやミニを例に出すまでもなく、当時の何もかもが新しかった時代を取り上げようと同時に、ビートルズに関連する貴重な品も展示しているとか。
これは行ってみなければ!

結論から申し上げますと、ビートルズに関する日本初公開の品とか、ジミー・ペイジご本人所蔵のステージ衣装やギターの本物の世界初公開!があったりしますが、そちらは最後のワンコーナーに集められており、特にジミーさんのファンの方がそれらをご覧になってどう判断するかはピンと来ません。
・・・といいますのは、ジミーさんはレッド・ツェッペリンのメンバーと知って「あぁ、そうなんだ。」という程度ですし(ごめんなさい)。
ですので、その頃のロックが好きな方はぜひこの目で拝見されたほうがよろしいかと(無責任だなぁ)。

初期ビートルズの曲が流れ続ける館内。よかったと思うのは当時のインダストリアルデザインについての勉強ができたこと。
ミニだって、展示しているのはオースチンの試作車。なんと世界に現存する最古のミニだといいますし、機能美→サイケデリックに移っていくファッションとか、当時の食器やテキスタイル、そのころ普及していったラジオやテレビなんかは興味深い。

そんな中、数多くのラジオを並んでいて、ふと思った。
「・・・当時でも、ソニーはすごい。」
同時期の欧米他メーカーのラジオと比べても、大きさ(格段に小さい)、デザイン(洗練度が違う)、その他(そのた?)においてソニーの尖端性が際立って見えるんですね。
あとビートルズの最高傑作、サージェントペパーズのジャケット右下に飾られているソニーのTVのエピソード。実はポールが買った物だと昨年にこの美術館の学芸員が突き止めて、それまでジョンの所有説であった定説を根本から覆したという逸話も紹介されていました。


70年代の生まれである自分にとっては当然生まれる前の時代ですが、当時を駆け抜けた方々(いわゆる団塊世代)の時代が序々に“歴史”になっていこうとする。
団塊の方々は『懐かしい』だけの感想で終わるのかなぁ?
あと20年経つと、80〜90年代もこうやって博物館のイベントとして企画されるのかなぁと思うと、なんかこれから進む時の流れってのは今まで以上に早くなるのかなと感じてしまうのでありました。


【オマケ】
岡崎まで行ったのですから、お昼ごはんは・・・、
P1000397
トウゲ餃子! たまに行きますが、やっぱりうまいわ。
デフォルトでは8個の餃子定食。最近行ったら+40円/個で増やすことが可能になっていました。
お腹と相談しながら決められるのがありがたいし、今までの8個ではちょっと物足りなかったから。
今回は12個に挑戦。問題なく完食。15個にすればよかった・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

治ったかな?

自分、ちょうど流行の最先端にいたんだ(うれしくない)。


インフルエンザ、今日には熱は下がりました。
明日は土曜日ですが通常出勤ですので、そこでリハビリ復帰する予定です。
(月曜日からの復帰よりは多少マシだから)

3日連続寝ていても退屈ですし、そろそろカラダ動かしておかないと復帰できませんので、
今日はシーツ洗ってフトン干して、マド開けて、ヤボ用に出かけて、としてました。
・・・立春と同時に暖かくなりましたねぇ。今日はそれで助かったのですが。

あと、滞留していた日曜日の日記もようやくアップできました→こちら

ついでに、先月から携帯の故障(コネクタ破損)があったのでドコモショップへ。
代替品を預かる代わりに、メーカー修理に旅立っていきました・・・。
いまの機種に変えるときに保障サービスに入っていたので、修理代はタダ。まぁ使えるときにつかっておかないと・・・。

それ以外はずーっとフトンの中。
朝と夕方はTV、午前中はラジオ、午後はzzzといちおう病人らしく?してました。

しかし、普段仕事中の時間である平日のTV、すごく面白い番組をみつけたのはかなりの収穫。
快方した今日も見てました。これからずっと録画しておこうかな?


何見てたかは近いうちにアップできれば。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

流行に乗っかりました

やられました。

今日「なんか体がおかしい」と思っていたので、定時で上がって医者へ駆け込んだら、“A型”・・・。

明日から欠勤決定です。土曜日は重要日だからそれまでには治したいですが。
さらに、次の日曜日も“欠勤”を余儀なくされました(悲)。


志賀遠征の2日目がアップできないままとなりますが、
合間合間でボチボチ書いていきたいと・・・。
(註)4日にようやくアップしました・・・

まさかの2年ぶり、ちょっと間隔短いのでは?
かかってしまった自分が言うのもなんですが、皆様、風邪にはお気をつけて。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »