« (滑走14日目)ハイシーズン志賀! | トップページ | 流行に乗っかりました »

2011年1月30日 (日)

(滑走15日目)ハイシーズンパウダー!

(この日記は2月4日に作成いたしました)


P1040241
けっこう積もってますねぇ・・・。


志賀遠征2日目。
前日は遠足気分でしたが、これだけ積もっているなら、目的は「パウダー!」

朝食→準備の後、またクルマで移動。一の瀬の「あまり知られてない」駐車場へ。
ただ、ゲレンデへ降りるまでがひと苦労。

P1040245
写真でわかりますかねぇ。いきなりの膝パウ!
ピステンかかっているところまでえっちら歩いて、ようやくベースのリフト乗り場へ・・・。


【午前:高天ケ原〜寺子屋。パウダー三昧!】
P1040246
この日は高天ケ原(タカマ)からスタート。
パウダーを求めて、リフト〜コース〜誘導路〜リフトをどういう順番かはややこしすぎて忘れましたが、ついていくままに移動。

P1040248
途中、コイツが気に入った!
東館山の通称“たまゴンドラ”。1976年製でスキー場で動く日本のゴンドラとしてはなんと現役最古参だそうです。
ボードは室内積みなのですが、搬器がちっちゃいためちょうど扉に挟まれるかのようにボードの先が「にょき」っと顔を出す姿がカワイイ。そもそも当時ボードなんかなかったわけだし。
・・・実際、中はかなり狭いですけど・・・。

そして、たどり着いたのは、
P1040252
寺子屋。
視界はギリギリ確保できる程度。脇の雪からかなり期待できます。ピステンバーンで1、2本慣らしたあと、いよいよ、SOPHIAコースへ!

P1040253
10時半頃着いたのですが、それでも粉は充分に入れ食いの状態(コントラスト調整しています)。いつもの倍の大きさにしておきましたので、ちっちゃく写っている人の状況からどれくらいのパウダーか推察していただければ。

N氏とMさんはさっさと向かいのピステンバーンに行ってしまったのですが、びとくさんと自分はリフトを何回回したか覚えていないくらいここばかり巡回。
どのバーンも慣れた滑りをするびとくさんに対し、正直自分はパウダーラン初級者ですが、誰から教わるわけでなく、ああかなこうかな?と考えながらとにかくひたすら。

最後の1、2本で、すこしマトモに滑ることができました。
とにかく板が浮く感覚。こういうことだったのか、と。
この日になってようやくマグちゃん本領発揮! 前日は全般的に硬めのバーンで正直つらかったけど、このバーンに関しては文句ナシ!!
もっと滑りたかったけど、いかんせんフトモモがいくらあっても足りない。売り切れ状態になってしまい、午前は終了。

でも、楽しかった! 今後はフトモモ増産すべく普段のトレーニングからがんばらないと。


【午後:西館山〜ジャイアント〜丸池〜サンバレー】
P1040263
午後は西館山を経由して、ジャイアントへ。
本来は斜度変化の楽しいピステンバーンのハズなのですが、雪のためボコボコ!
このとき、バッチテストもやっていましたが、マトモに滑ることできず・・・。
まだまだ精進が足らないなぁ・・・。

その後、志賀エリアのベースとなる丸池へ。
P1040264
看板のとおり、志賀高原で最初に架けられたリフトの場所という記念すべきコース。リフト自体は今季から最新型に架け替えられているのですが・・・、

P1040265
このAコースが、見事に、死ねる。
超急斜面、ボコボコ、幅狭し。午前中にフトモモ借金しているため、降りるだけで精一杯・・・。
ちなみに、この近くにあるサンバレーの急斜面はもっと死ねます。

サンバレーの他のバーンもボコボコな状態。もう何がなんだかわかりません。

完全に打ちのめされて、戻る途中、
P1040268
初めて、ロープトゥに乗りました。ちょっと怖いけど、けっこう楽しい。


こうして無事?修了した、初のハイシーズン志賀。
絶景あり、パウダーあり、その引き換えにフトモトが・・・と盛りだくさんすぎる2日間でした。
普段、いかに体力がないかということですね。


P1040274
滑走後は小布施の温泉へ。
完全なる硫黄泉。エレベーター昇ってフロントとか、途中何度も階段登り降りとややこしい構造でしたが、お湯はかなりよかったです。

帰路なんですが、夕食の梓川SAから岐阜まで自分が運転。
やっぱり3.0lはラク!(しかも6MTだから楽しい!) ただ伊那〜駒ヶ根までチェーン規制があり、チェーン検問は5分足らずで通過できたが、むしろ規制がないはずの松川→飯田間の雪のほうがすごかった(通過後に規制がかかって、その後伊那の検問はさらにひどくなったらしい)!
いかんせんヒトのクルマでの雪道なのでかなり緊張しましたが、そこはレガシィ。雪のため予測より20分くらいかかったものの、安心して走破!


びとくさん、N氏、Mさん。ありがとうございました。
また誘ってくださいね♪


【オマケ】
この日は何食べたかな〜?

Pizzaul Pizzaur Pizzadl Pizzadr
タカマからのスタートなので、昼食はやっぱりタカマのピザ!
4人なので当然4種類をシェア。右下の春キャベツのピザが意外なうまさ。ピザとキャベツって結構あうのね♪

P1040275
最近、SAのレストランもけっこうおいしいですね。
夕食は梓川SAで。木曽なら名の通る“山賊焼き”。ショーケースのサンプルよりもかなりボリュームがありました。

でも、この日一番「うまい!」と感じたのは、
P1040269 P1040270
東館山のうどん!
“たまゴンドラ”を降りて、外へ出るにはかならずこの売店を通らねばならないうえ、さらにイヤでも漂ってくるダシの香りの中を通過せねばなるまい。昼食後2時間経ってないのに、食べないわけにはいかないでしょう!
かなり濃い色ですが、決して辛くなくほんのり甘いダシがあったまりますわ♪
関東/関西どちらのダシもOKである中京圏の人間でよかったです。

|

« (滑走14日目)ハイシーズン志賀! | トップページ | 流行に乗っかりました »

コメント

この日のルートを書いてみます。
タカマの駐車場に止めた後、タカマのリフトに乗ってから、タカマは滑らず東館山のメインコースを滑走。
そこから、タマゴゴンドラに乗って、東館山の山頂まで行き、そこから寺子屋へ。
寺子屋滑走の後は、東館山の林間コースを滑って、ブナ平から西館山のリフトへ。
西館山のリフトを二本乗り継いだ後、高天ヶ原ホテルでお昼ご飯。
午後は西館山のコースを滑った後は、知る人ぞ知る西館山のコブコースであるFISコースへ。
もう一本西館山を滑って、ジャイアントへ。
ジャイアントを数本滑った後に、蓮池へ。
その後、丸池Aコースを滑った後、丸池とサンバレーの間の急斜面を滑った後、サンバレーを数本滑走。
そして、丸池・蓮池と経由して、ロープトゥでジャイアント経由で、ブナ平クワッド→タマゴゴンドラで山頂へ。
そこから、東館山上部を滑って、高天ヶ原の一番上へ。
そして、タカマのコブ斜面経由で駐車場まで戻ってきたのでした。

投稿: b-talk | 2011年2月 5日 (土) 22:06

びとくさま>
詳細なルート説明、ありがとうございました(さすがマスター!)。
「この文を見ながらコースマップで実際のルートを示せ」と言われてもムリです。
さらに、後日実際にこのルートを再現せよと言われたら迷子になる自身、絶対あります!

投稿: Hassy | 2011年2月 5日 (土) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/50772089

この記事へのトラックバック一覧です: (滑走15日目)ハイシーズンパウダー!:

« (滑走14日目)ハイシーズン志賀! | トップページ | 流行に乗っかりました »