« 印象に残らない強い印象 | トップページ | 直径20mの“宇宙” »

2010年8月13日 (金)

自然に還る。童心に戻る??

(この日記は14日に作成いたしました)


例年、墓参り以外には特に大きな予定を立てないお盆休みですが、この日は久々に楽しみにしていたイベントへ。

P1010649_2
2年ぶり! おんたけ自然湖へカヌーを漕ぎに。
2年前と比べて知名度も増し、特にこの時期は予約も取りづらくなっている昨今、2ヶ月以上前からお誘いがあって有無を言わず参加表明。

今回の参加者はいつもありがとうのbtcさま田○さま夫婦を主催に、お久しぶりのスノーラインさん、そしてbtcさまの弟さんご家族(父親と小六+小五のマセた男の子兄弟)。
それぞれ合流を重ねて、弟さんのアルファードでレッツゴー!
(先代のアルファードって三列目もシートがしっかりしていてすごくラクチン。乗せてもらうのであれば最高ですね。でも現行の三列目は補助席感が増したのが残念だったりもします)

渋滞もさほどなく、無事に到着。
午前中はいろいろ回って(後述)、午後、いよいよカヌーへ。
まずは準備だが・・・、
P1000191
今回も用意したマリンケース。水が澄んでいたら水中撮影しようかと思っていたけど、まさか予想外の場面でこの効果がいかんなく発揮することになるとは・・・。
あと、三脚立ててボートの上に置いてオンボードカメラで動画を撮ろうかとも目論んでいたが、脚が短すぎて景色が見えない。
考えた結果、ライフジャケットにポケットがあって、そこに脚を挿せばちょうど胸元にカメラがくることがわかった。今回はこれで撮影に、挑む。
P8130587
スノーラインさん撮影の自分。右肩あたりにカメラがあるの、わかります?


最初はオールの漕ぎ方とかレクチャーを受けるのですが、インタープリター氏とbtcさま夫婦はすでにお知り合いということで、今回の参加者14人のうち、経験者のスノーラインさんと自分含めて4人はレクチャーは免除していただきいきなりカヌー乗車させていただく。

P1010653 P1010664 P1010673 P1010689 P1010665 P1010676
レクチャーが終わるまでの間、思い思いで漕ぐ4人。
あぁ、このまったり感が、なんともいえません・・・。

レクチャーが終わって皆が乗り込み、ツアー開始。
P1010701 P1010698 P1010712 P1010735 P1010716 P1010717
この日の午後、曇りがちであったものの心配された雨は降らず。
また前日までの雨で上流はけっこう水が澄んでいました。
(詳しくは、2年前に作成したマイフォトがありますので、そちらをご覧いただけると幸いです)


ただ、上流にあがっての休憩時、予想外のことが・・・。
子供がいるとインタープリター氏が水鉄砲を用意してそこで水遊びしたりするのですが、これが思わぬ波紋を呼ぶ。
P1010759
大人も子供も混じって、戦闘状態に。
ある親子がスゴイ。息子さんがお母さんを水に突き落とす暴挙。でも最初は半ベソかいてたお母さんも負けじと応戦する勢いって・・・。
あと、とても「山の服装ではなかった」女の子三人組。最初は嫌がっていたけど水鉄砲与えると自然と戦闘に加わるように・・・。
みんな、大人気ない(褒め言葉)。

その後出発地点まで戻って、時間までは自由に漕いでいいのですが・・・、
P1010761 P1010762
最後まで“戦闘”は続きました・・・。
大人も子供も我を忘れて大乱闘!しかもこの日は4人いたスタッフの3人が橋の上から攻撃を仕掛けるなど、もう何がなんだかわかんない状態。しかも地上スタッフ、バケツで水かけてるし。
みんな、バカだよ(最高の褒め言葉)。

この日、「マリンケース使ってよかった。」と心の底から実感。
必死に逃げまくっていた田○さま、『こんなに死ぬかと思ったの、初めてだ(笑)。』

“危険”を察知し、自分は少し早めに切り上げました。
待機のスタッフに「最後までこんなこと(水鉄砲戦争)、あるんですか?」『子供ばかりのグループの日はあったりしますが、大人も含めて見知らぬ参加者どうしまでこんなことになるまでは、ないです・・・なら、地上部隊という手も、ありますけど。
・・・その後、橋の上から地上部隊の応戦をしてたのは言うまでもありません(笑)。


久しぶりに思い切って“遊んだ”、気がする。
そこは携帯も通じない自然の奥深く。
子供は子供らしく、大人は大人気なく童心に戻って。
終了後、駐車場での片付けの際、最後に見知らぬ家族や女の子グループとあいさつ。
カヌー初参加のある方は『きょうは皆さん一体になりましたね!』と。
・・・それがすべてだと思った。
それに、むしろお父さんお母さんのほうが楽しんでいたような・・・。

我々いいトシした人間も、思う存分楽しみました。
ただ、タオルとシャツの着替えまではあっても、まさかパンツまでびしょ濡れになろうとは・・・。
次はちゃんとパンツの替えか、水着を持参しよう。


次は秋に行きたいですね。
紅葉に囲まれた風景、なんともいえないそうですので。


【オマケ】
日帰り遠出ですから、道中いろんなものを食すわけで。

P1010636 P1010756
最初は開田へ立ち寄り。定番のアイスクリームとチーズケーキ。
チーズケーキは冷凍で販売。これは自然解凍させておいてカヌーの後のおやつとしていただくのが我々の定番となっております。

P1010645
昼食も開田の定番。
ちょっと肌寒いくらいだったのでとうじそばにしたんだけど、食後はかなり暑くなる。
ざるにしとけばよかった・・・。
でも、小五の子が選んだ予想外のメニューに興味シンシン。味見させてもらったけど、「そば屋の○○はうまい」の“定説”に偽りはないと、確信。
次回はぜひ、食べてみよう。

P1010757 P1010758
カヌー後は駒ヶ根へ移動して、夕食はこれまた定番、ソースかつ丼。
味についてはもう一店お気に入りがあるけど、肉のボリュームと“質”は何店舗か行っているなかでここが一番だと思っています。
思い切って「上・260g」を完食! ・・・ウプ。

|

« 印象に残らない強い印象 | トップページ | 直径20mの“宇宙” »

コメント

金曜日はお疲れ様でしたhappy02
今年も楽しかったですね~

ところでおいしい蕎麦屋に連れて行ってくれてありがとう。
今まで開田辺りで食べた蕎麦の中で一番おいしかったかもrestaurant

投稿: スノーライン | 2010年8月15日 (日) 17:57

スノーラインさま>
お疲れさまでした〜♪
しかし、まったりのカヌーのはずなのに、本当に楽しかったです。いろんな意味で。

そば屋もよかったでしょ?
ただ、食べ終わった後のにぎわいもすごかったですねぇ。ほんとタイミングよかった。

来月あたり、吉報が聞けることをお待ちしております♪♪

投稿: Hassy | 2010年8月16日 (月) 00:22

とってもステキな夏休みですね〜

私は、沢山のお写真を拝見しながら
パソコンの前でほっこりと笑顔です(笑)

毎日、とっても暑いけれど、
Hassyさんにとっては、熱〜い夏!
キラキラした夏ですね!!

それから…
ソースかつ丼すごすぎるぅぅぅぅぅ!!!!

投稿: aoi | 2010年8月17日 (火) 15:17

aoiさま>
お盆は墓参り以外は大きな予定を立てず、むしろ単発の依頼があったら単独でというのがここ数年の行動なのですが、16日のプラネタリウムと共に、けっこう充実した夏休みでした♪

>Hassyさんにとっては、熱〜い夏!
水は冷たくとも、ホント熱かったです。
まさかここまでとは。
(mixiに動画アップしましたので、よろしければ、ぜひ!)

>ソースかつ丼すごすぎるぅぅぅぅぅ!!!!
こんなんで驚いちゃあ、いけません。
実はもっとスゴイ店があるんですが、まだ行ったことないのです。
来年の春までにはスキーの帰りにぜひ寄りたいと、思っています。

投稿: Hassy | 2010年8月17日 (火) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/49142637

この記事へのトラックバック一覧です: 自然に還る。童心に戻る??:

« 印象に残らない強い印象 | トップページ | 直径20mの“宇宙” »