« 自然に還る。童心に戻る?? | トップページ | 売り切りなの? »

2010年8月16日 (月)

直径20mの“宇宙”

今日までお盆休みでした。


年に一度か二度しかない平日休み。街へ出ると「金融機関がやっている!」ことに妙な新鮮さと間違った感動を覚える名古屋辺境の地で働く内勤会社員の素直な感想。

せっかくの日なのですが、初日(12日)は寝倒してしまったため貴重な平日休みを満喫するには今日しかない。
こういう日は遠出せず、繁華街へ出ること自体が観光だと思っているくらいですから。
今までは美術館とかなんらかの公的施設を回ったりするのが定番なのですが、月曜日は愛知県や名古屋市の大抵の施設が休館日だからなぁと半分あきらめていたら、ひとつ開いてる施設があった!
しかも、今年の夏でしか体験できない、重大なイベントが。


と、いうわけで、行った先は、
P1010852
名古屋市科学館へ。
なぜここを選んだかというと、今月いっぱいでプラネタリウムがいったん閉館し、来年3月にリニューアルするということで。
写真の手前にあるドーム状の建物が今のプラネタリウム(天文館)。その奥にあるおっきな球体が新しいプラネタリウム。その新しいそれは開館すると直径35m、なんと世界最大!のプラネタリウムになるそうで。
あと、左隣の本館(理工館)も天文館と一緒に取り壊されてしまう。
50年近くも存在していた建物。小学校のときに何度かと社会見学。あとは大学のサークルでちょっとしたイベントを企画して幾度となくお世話になった建物。見納めとして行くなら今しかない!と。

P1010769_2
でも、さすがに夏休み期間中、かつファイナル間近ということで、チケット買うのに30分も並んだし、11時に第一回が始まるプラネタリウムの残席もけっこうヤバかったです。なんとか11時の会をゲット。
この先の土日はもっとスゴイことになるのだろう。この日に行ってよかった。

時間までの間、理工館をざっと回る。
P1010768 P1010777
懐かしい!
小学生のときに見た施設そのまんまのものもかなり存在。結局はその道を全く歩むはことなかったのですが、大人の視線で見ても科学について興味シンシンになってしまう。

そんな中、昔からイチバン気になっていたものも健在。
P1010773
いま見ても不思議な存在。“リサージュ図形”というものだとはこの日知りましたが、かつてここで遊んでいたように、大人気なくこの日も砂を入れて試してみる。おもしれー!


時間になったので、プラネタリウムの列に並ぶ。
P1010812
この期間中はファイナルということで、プラネタリウムそのものの解説も交えて、どちらかといえば平坦な解説だったのですが・・・。

小学生以来、久しぶりに見るプラネタリウム。完全に吸い込まれてしまいました。
現在のそれは直径20mのドーム。その中で学芸員による生の解説によって、完全に星の世界へさまよう。
今日(8月16日)の名古屋の星空を写し出す。今の山の中でも見られないほどの満天の星空。天の川がくっきりと見える。
そして学芸員が『今日いらっしゃった皆さんは運がいいですね。この日は旧暦の七夕にあたりますから。』と織姫と彦星の解説までも。

他に北極から見る星空、オーロラ。10億光年の銀河の先までも。
たかが20mの範囲なのに、宇宙の先までも知りうる感覚。
言い換えれば、自分自身ってなんてちっぽけな存在なんだと気がつく。

50分の予定でしたが時間が押して約60分。
思う存分楽しませていただきました。
こんなに楽しめるのなら、もっと前から、定期的に通えばよかったとかなり後悔・・・。


上映中は当然撮影禁止ですが、開演前と終演後はほとんど撮影タイムとなっていました。
それも今月でここは終わりですから・・・。

なので、これでもかというほど、撮影。
P1010785_2 P1010845 P1010801 P1010818 P1010849 P1010814
なんか、これだけでも神秘のような、気がします。

P1010824 P1010825_2 P1010829 P1010828 P1010832 P1010840_2
アップでも。
解説の中にあったのですが、一見ハイテクのような気がするのですが、その投影の仕方は意外にも“かなり原始的”な構造であることがわかる。
人間の知恵って、かなり宇宙的なんだな。

P1010844
ここが、操作室。
全国のプラネタリウムの中でも評価1位に輝いているここ。学芸員による生の解説が評判で、このときの客層まで読み取って説明を変え、同じ説明は二度とないらしい。
ひとりで手動で操作しながら解説するなんて神業だよなぁ。
新しいプラネタリウムに移っても生解説は続けるということですので、今度こそ定期的に通いたいです。

そして、これを忘れてはいけないでしょう。
P1010792
天井!
星空を映し出すドーム。当然人工物なんだけど、その奥になにかしら宇宙を感じてしまうのは気のせいでしょうか。

P1010807
さらにアップで、どーん!!
この網目が素晴らしすぎます!


貴重な平日休み。この半日だけでも思う存分満喫いたしました。
その後は昼間の繁華街へ。サラリーマンが行き交う風景がすごく新鮮。
その一角で夜は居酒屋のランチをいただき(ご飯おかわりするくらいすごくおいしかった!)、その後ぶらぶらして帰路についたのでした。


夜、近所の公園へ出向き、上を見上げてみる。
この日の解説で聞いたことを復習。都会の夜空ではあったのですが、真上にある織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)。そしてデネブとあわせて“夏の大三角形”は確認できました。
見えた星はそれくらいだったのですが、名古屋では新暦の七夕は晴天の確率がほとんどないらしく、むしろこの日、旧暦の七夕のほうが晴天率が高いらしいです。

P1010894
コントラスト調整すればまだこれくらいは見られるんですね、名古屋でも。
織姫と彦星の一夜限りのロマンス。自身もプラネタリウムのおかげでいろんなことを教わりました。

|

« 自然に還る。童心に戻る?? | トップページ | 売り切りなの? »

コメント

ステキな一日でしたね〜☆

最近では、上映番組もどんどん進化して
本当に美しい世界を見せてくれます!
思わずウットリですよね〜

KAGAYAさんの新しい番組も
完成間近だそうですから、
もうじき見られると思いますよ!

投稿: aoi | 2010年8月17日 (火) 15:07

aoiさま>
プラネタリウム。子供のころの感動とは全く違いました!
本当に、ウットリさせていただきました。
来年完成する新しいプラネタリウムも楽しみ♪
余談ですが、椅子がスゴイらしいですよ。

>KAGAYAさんの新しい番組
それは楽しみですね〜♪
かつて東京へいくため新幹線乗車中、浜松のプラネタリウムでKAGAYA氏の作品が開催中であることを車窓から気がついたことが。
あのとき行っておけばよかったかなぁ?

投稿: Hassy | 2010年8月17日 (火) 22:48

うらやましくて、自分たちも今日行ってきました!
帰ったらベランダから星を見よう!と思ってたけど、
つい飲んでしまい室内でダラダラ・・

投稿: スノーライン | 2010年8月18日 (水) 22:02

スノーラインさま>
こうやって影響を受けていただけますと、ブログアップ(+写真と文章ダラダラ)してよかったと思います!
自身何十年ぶりでしたが、プラネタリウムはやっぱりいいですっ!

ただ、今は半月→満月のころですので、星は見えづらいかと・・・。

投稿: Hassy | 2010年8月18日 (水) 23:19

おおおお〜
アタシ明日行くんだ〜happy01

投稿: ちえっち | 2010年8月19日 (木) 23:37

ちえっちさま>
人すごくなかった?
お目当ての時間のチケット、ちゃんととれた?

さすがにこの先の土日はすごいんだろうなぁ。
いま、リアルな世界では星はなかなか見えないけど、月がキレイだよ♪

投稿: Hassy | 2010年8月21日 (土) 20:14

金曜朝イチに行ったので、11時からの回が取れましたhappy01
思っていたほどは混んでいなかったけど、長男と同じ小学校のクラスメイトとかいて、あ〜皆きているのね、と思ったよ。
だって「なつのせいかつ」に科学館へ行こうってページがあるんだもん。
新しくなるプラネタリウム楽しみだね。
アタシはあの解説好きだな〜shine

投稿: ちえっち | 2010年8月21日 (土) 22:24

さらにちえっちさま>
>「なつのせいかつ」
うわっ、懐かし過ぎるっ!
今もおんなじタイトルなんだねぇ。
特に8月下旬の今頃はすごくイヤなコトバだったなぁ(笑)。

>アタシはあの解説好きだな〜
いいよね〜。アドリブ満載の解説。それでいてちゃんと客のココロつかんでるから。
新しいプラネタリウムも絶対いくぞ。

投稿: Hassy | 2010年8月22日 (日) 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/49165186

この記事へのトラックバック一覧です: 直径20mの“宇宙”:

« 自然に還る。童心に戻る?? | トップページ | 売り切りなの? »