« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

あのうどん、ここにも

P1000179 P1000178
時々足を運んでは食べに行く、岩村のうどん屋。
ついに名古屋の繁華街に2号店OPEN!ということで、行ってきました。
(実はこの日に書いた“ビッグニュース”って、このことだったりして)

この日は大将と奥様もいらして、厨房に立っていました。


お昼どき3時間のみの営業。さすがにメニュー数は岩村のままとはいきませんが、今回は定番の“海老おろしうどん”。
実は岩村の店には10年近く通っていながら、海老おろしは初めて食す!・・・というのはナイショ。

今月は土日も営業したけど、諸事情で来週からは平日のみ営業なんだって。
『土日は岩村でのんびりやります。』と奥様。
お盆中は岩村では営業するということなので、また伺いますね。


基本同じうどん。でも場所も店の雰囲気も岩村とは全く違う。
違った気持ちで味わうことができました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

オーバーヒート

P1000168_2
1日中の連続最大20分程度ですが、こういう環境にいますと・・・。
(ちなみにココ、室内です)


それゆえに、昨日の雨はずいぶん助かる。
梅雨が明けてから水曜日まではまったく雨降らず。
完全に夏バテてましたし。週明けて再び体調最悪。
なんか熱っぽかったし、夜もロクに眠れず通勤の地下鉄内がいちばんグッスリ眠れる状態でした(おい)。

でも昨日、雨が降り、気温も30℃を切り(冒頭の写真の場所も同様)、自分自身がいままでかなり“オーバーヒート”してたんだな。物理的に。
天候のおかげで完全に冷却することができました。物理的に。

でも、今日は再び日差しが・・・。
夕方雨は降ったものの、なんか中途半端だったし、かえって暑くなったような。
そして明日から、再び猛暑の予報。


熱暴走してバクハツするかもしれません。
そのときはご容赦願います(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

ちょっと尊敬しちゃった

帰りの地下鉄。
同時に乗り込んで、隣に座った部活帰りと思われる男子高校生。

おもむろにルービックキューブを取り出し、クルクル回している。

横目でチラチラ見ていましたが、
自分の乗車時間(10分強)に間に合わせるかのように、なんと6面全て揃えた!

・・・なんか、尋常じゃない手さばきだったし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

夏なんです〜暑中見舞いにかえて

P1000173
ギンギンギラギラの
太陽なんです
ギンギンギラギラの
夏なんです



P1000174
ホーシーツクツクの
蝉の声です
ホーシーツクツクの
夏なんです



P1000172
モンモンモコモコの
入道雲です
モンモンモコモコの
夏なんです

(ぱっぴぃえんど“夏なんです”より抜粋  詞:松本隆)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暑中お見舞い申し上げます。

さすがの猛暑。夏バテ気味で昨日は完全休養。
今日は体力も回復し、ちょっとばかりの避暑を求めて出かけたはいいが、
・・・コンデジを忘れる失態・・・。

なので、携帯カメラでちょっと趣向を替えて・・・。
(本来はいかにも日々綴文“らしい”記事にするつもりでした)
そこは夏らしい暑さでも、軒下や木陰をすり抜けるそよ風が心地よい場所でした。

まだしばらくこの暑さは続くかと思いますが、
どうか皆様、ご自愛くださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

それはツイッターで

「あづい!」
・・・の一言だけで、ブログ終わらせちゃ、ダメですか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

赤の難しさ

デジカメ黎明期。
当時まだ6ケタの画素数がメインだった時代。
あのころ、お店でサンプル写真を見て、赤の色合いに相当な違和感を感じた事を覚えている。

自身が初めてデジカメを買ったのは10年ちょっと前。
100万画素クラスのモデルがようやく手頃な値段で買えたころでした。
そのころの目では、赤の色合いに違和感なくなったかな?と思えたからだったのだが。


そして、今。
コンデジとはいえ、やっぱり赤は難しいと。

P1010543
それを痛感させているのが、今の愛車、アドちゃん。
昨日の18時。洗車後に撮ってみたのだが、まだ太陽が出ている頃でもどうしてもくすんでしまい、自身の肉眼で見る赤からは、程遠い。
本来はこんな色じゃないんだけど、なぁ。


後方に小さく写っている赤いクルマは、逆に彩度がキツすぎる。
これがデジイチだったら、自身の目のとおりの赤になるのかなぁ??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

クルマな日・三題

今日はヤボ用に終始。
終わってみれば、すべてクルマに関わることでした。


【その1・免許更新】
P1000159
なんかこのために午前の半日がツブれるって、どうなのかなぁ。
証紙の窓口にたどり着くまで30分強、視力検査まで15分。それ以降はそこそこスムーズに行って、講習+待機に1時間以上・・・。

せめて土曜日にも窓口開けてくれるだけで、だいぶ違うと思うんですけどね。
5年ぶりに訪れましたが、ソフト面で変わったと思えるところは何もないですね。皮肉を言えば「20世紀の、まま。」

P1000165
話題の“ベストセラー”も“購入”し(イヤミだなぁ)、無事終了。

P1000166
実は過去に一度やらかしてしまっているため、二回連続のある意味希少な“青5年”。
次こそゴールドとりたいところです(スキーもいつかはそうです・・・ってここで関係ないこと書かない!)。
それより、今は機会がないからいいのですが、履歴書とかには今後“中型限定”って書くべきなのですか?


あと、どうでもいいのですが、
P1000161
夏の日差しを浴びる、教習所内の踏切。
コンデジ持ってくればよかった(何か間違ってる)。
ちなみに教習のないこの日も、時々カンカン鳴っていました。
・・・日曜日くらい電源切っとけよ。


【その2・おとなしいが速い!】。
実はアドちゃん、この夏でついに3万キロ。
オイル交換のために、昼を挟んでディーラーへ作業中の間に・・・、

P1000162
4ドアのSTIに試乗!
スタイルに賛否分かれるところですが、ワイドボディの魔術でそれなりにカッコよくなっている。
でも、これ、初代レガシィ(セダン)よりも寸法デカイんだよね?

現行が出たときも試乗していますが、当時S401に乗っていながら、A型STI(GRB)はサスがかなり硬く感じたけど、今回のC型(GVB)はかなり丸くなっている。
ひさしぶりのMT。クラッチも思った以上につなぎやすかったし、普通に動かす分には普通におとなしく走る。
でも、アクセル踏み込むと、あっという間に3ケタ突入。やっぱり速い・・・。

中もいたって静か。エンジン音よりタイヤノイズが気になったくらい。
このクルマ、ハッキリ言って、怖い。
何が怖いかというと「気がつかずに免許がなくなりそう」だから、怖い。

でも、ハイパワー車。いいなぁ。
そして、MT車。やっぱりいいなぁ。


【その3・洗いたかったけど】
家に帰って、これも久々にアドちゃんの洗車・・・をしたかったけど、
夕暮れを狙っていたものの、それでも暑さで断念。この日は車内清掃のみ。

秋で満2年になるアドちゃん。アイボリー内装はけっこう汚れが目立ちます。
クリーナーを駆使してもそうカンタンに落ちるものではありませんが、言い換えれば黒い内装のクルマでも目立たないだけで、汚れはけっこうスゴイんだろうね。
いつか業者にクリーニングお願いしなきゃ。

で、ここでまたアドちゃん小改造。
室内のある部分がジャマで、「これなくすことできないの?」とパーツをよくみたら、意外にもドライバー1本でカンタンに撤去できることが判明。

P1000164
それが、処置後の写真。
何をしたかわかった方は、相当なレガシィマニアです・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

アケタ!

一気に梅雨が、明けましたね。


これから夏本番!なのですが、
今日はみっちりお仕事、日曜月曜は休みですがヤボ用カーニバルの日々です。

なんでこんな日に仕事なんですか?と思ったものの、
昼休み、ネットの交通情報を見て気を紛らわせていました(やな性格・・・)。

P1000158
帰宅時、18時半の空。
ここしばらくジメっとした天気が続いていたので、日差しはキョーレツだったもののなんか空気は透明度が増しているような、気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

またひとつ

明日、年を取る。
   年が増える。

“取る”という表現を使うと本来年齢は“減る”はずなのに・・・というヘリクツはおいといて、
今年も、結局このブログのようにダラダラとまた1年が過ぎてしまいました。

でも、これからが本番・・・だよね?と思いつつも、
またダラダラと過ごしていくと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

勢い余って〜名古屋場所、初日へ

勢い余って
思わず、並んでしまいまして・・・、

ほとんど勢いで、大相撲名古屋場所、初日を朝から観戦してまいりました。
まぁいろんな騒動よりも、「中継ないのならこの目で見てしまえ。」という意識のほうが大きいです。
事実、同じ事考えてるひとはたくさんいるようで、自由席目当てで7時半に到着したけどもらった整理券の番号はすでに3ケタ目。9時前には早くも自由席券が売り切れたそうです・・・。


過去国技館は何度か足を運んでいるものの、名古屋場所は実に小学生以来20ン年ぶり二度目。
ちょっと懐かしくも感じましたけど・・・。

0473jyonokuchi 500makushita 507nakairi_2
左から9時前(序の口)→14時(幕下)→15時半(十両半ば)の会場の風景。
ついに満員御礼の垂幕は下がりませんでした。でも公式には9割近く入ったらしい。感覚としては東西の枡席が結構空いていましたが、まぁこれくらい入ればいいんじゃないの?


全体を通じて、なのですが、幕下までは今までの観戦経験とさほど変わらない様子でしたが、十両以上は明らかに“違和感”を感じた。
というのは、雰囲気がなんとなく、違う。具体的に挙げると、
「制限時間いっぱいからの盛り上がりが、ほとんどない(さすがに高見盛、魁皇、白鵬の三番は例外)。」
「とにかく懸賞激減の影響で、懸賞の垂幕が出るとそれだけで大声援+拍手が起こる。だって大関戦でせいぜい1本か2本、さすがの結びでも11本。しかもうち5本はマクドナルドだったわけだから。」
「日馬富士vs栃煌山 この日は大関で唯一日馬が負けてしまったけど、普通なら大関の、しかも初日での黒星で座布団が飛んでもおかしくないのに、この一番は栃煌山(日本人力士)の声援のほうが数倍上だった。」
・・・このへん、マスメディアはあげないだろうから、載せておきます。

でも裏を返せば、十両のある取組で東方力士の明らかな立ち会い不十分が二連チャンで起き、それに対しては辛辣なヤジが飛んでいたのも事実。結局西方力士が逆転で勝ってそちらには大きな声援が起きている。
・・・そういう意味で、会場の人たちは厳しい目で見ていると、思いました。


でも、久しぶりすぎる名古屋場所。見るところはそればかりではなく、地方場所の面白いところを、回ってみる。
P1010480
<その1>花道が見られる!
国技館では完全に区切られているので一般客がこんな風景見られるのはゼッタイムリ!
写真は三段目の力士がスタンバイしているところですが、関取〜横綱までまわし姿で間近で見られるのは地方場所の醍醐味。
事実、近くの席の方と会話する機会があり、その方は東京から来たということでしたが、ほとんど席にいなく弓取式が終わったあとに席に戻ってきた。
聞いたらずっと“出待ち”をしていたと。『東京場所ではできませんから。』ともおっしゃっていました。やっぱりね。

P1010494
あと、足場の柱を見ているだけでも萌えます(画像はコントラスト調整しています)。
そりゃ枡席何千人の安全を支えているわけですから、機能美としての価値もありますね。
その安全を支えるため、鳶職の方が随時見回っても、いました。


P1010522 P1010530
<その2>電光版の秘密。
自由席(最後列)だったのですが、すぐ真後ろに電光版があって、間近で見ると迫力ありすぎ!
で、どうやって操作しているのか? 名古屋場所の場合・・・、
P1010519
すぐそばで、世話人が操作していました。
取組後、操作盤を覗かせていただいたのですが、
P1010531_2
このあまりにも“原始的すぎる”装置に琴線振れまくり!この機械そのものが年季入っていて思わず見とれてしまうほど。
名古屋場所がここ(県体育館)で行なうようになったのは1965年と聞いているから、ひょっとしたらそのときから使い続けているのかも、しれませんね。


半分は「生で見たい」。
4分の1は「協会は変われるのか」という見守りと野次馬精神。
残り4分の1はあさっての方向(柱とか・・・)。

やっぱり、相撲は生で見るのがイチバン。
今のいままでなぜ名古屋場所へ足を運ばなかったのか自分でも謎ですが、自由席2800円で1日じゅう楽しめるから、来週も再来週も行っちゃおうかな?なんて思っている自分がいました。

あと、千秋楽。表彰式がどうなるか以上に、名古屋場所だけの面白い儀式(イベント?)があって、それも生で見てみたい野次馬精神もありますから・・・。


【オマケ】
P1010488 P1010538
元北桜(小野川親方・左)と、元千代大海(佐ノ山親方・右)とも握手しました!
大きい手なんだけど、ふたりとも意外にもゴツゴツしていない、やさしい感触でした。
特に小野川親方は現役からそうでしたがサービス精神旺盛! 向こうから『写真とろうか?』とツーショットまで撮影していただきました!
案外こういう草の根的な活動が、今後の相撲界を決めていくのかも、しれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

なんとか皆勤中?

5月のスキーシーズン後から行なっているジムトレ。
土曜または日曜のピラティスレッスン、2ヶ月間なんとか毎週皆勤を続けています。

正直、とりあえずの自分の目標に対してはまだまだもいいところなんだけど、イントラ氏から『少しずつ良くなっていますよ。』と声をかけられるとちょっと、嬉しいかな?
裏を返せば、もともと体育2の運動オンチだった人間が冬のスキーも合わせて定期的に運動を続けている事実がある意味、スゴイことなのかも。

今日はピラティスのあと、いつものブートキャンプもみっちり、シゴかれる。
今回もヴァーム2本完全消費・・・。

秋まではできる限り通う予定。
実際その効果が現れるかどうかは、その後のことだと思っていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

今年も

今年も
晴天にはならなかった七夕…

これ撮った10分前、かなり赤い空でした
天上で夫婦ゲンカでもしたのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

やっぱり中継見たかった

大相撲。
名古屋場所の中継は取りやめですか・・・。

事情が事情なだけに仕方ないとは思うのですが、代替で放送する夕方のダイジェスト番組が20分ってのはなぁ。
・・・というのは深夜に流れているダイジェストは30分でしたから。

初日の取組。やる気のない?北の富士+それをフォローする舞の海と吉田アナのやりとりが面白いんですけどね(興味はそっち?)。

・・・どうするか。
日曜日の朝、当日券売場に並んで自由席券を買って序の口から見てやろうか。
5月、序二段から見ていて、むしろ下位力士の取組のほうが面白いのでは?と思ったくらいですから。


でもね、このネット社会。
NHKが流さないのならと、誰かがUstramで生配信する、というどんでん返しもあり得ますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

3年ごとの想い

2010070522050000
昨日のことですが、所用ついでに期日前投票を済ませてまいりました。
まさか某新聞社の記者が出口調査のアンケートしているなんて思わなかった。
だから当日、午後8時何分でTV局が『当確!』って出してしまうのか。でもその記者からは声がかからなかったのがある意味残念・・・。


3年ごとの参院選なのですが、それも含めて選挙のたびにときどき思うことが。
【そのいち】今回、比例代表では公示後に某政党でひとり名簿から削除されてしまいましたが、これって期日前でこの人の名前を書いてしまった場合、やっぱり政党の得票としても無効になるんですかね?

【そのに】衆院選でもそうなのですが、比例代表で「政党名でも、候補者名でもOK」というのはどうも解せない。特に衆院選の復活当選なんてなおさら。
候補者で投票した=その政党を支持する、なんて必ずしもそうではないでしょ?
超ひねくれ理論で“無能な”タレント議員(タレントだからって全てが政治に無能ではないとわずかながら信じているから)が現行のくだらん比例制度の結果で当選するくらいなら、本当に意志があるのなら選挙区で、かつ無所属で立候補するか、昔存在した全国区制度を復活させてその場で勝負させればいい。
そのほうが、当人にとっても当選後の政治家として少しは自覚すると思うんだけど。

【そのさん】これは今回、気づいたこと。
各党の政策うんぬんはとりあえず置いといて、なんか今の日本の借金はものすごいらしい。
そんな中、選挙権20歳以上というのが、妙に、ひっかかっている。
この10年で300兆円も借金が増えているそうですが、確か10年前、借金600兆円の頃でも確か特別減税とかなんとかいって、給与明細にもその旨記載されていたような、覚えがある。
それが今ではエコカー減税とか、エコポイントとか、高速無料化とか、借金を返すことなど考えてるのかいな?というほどの状態。
増税そのものについては目的と意志がハッキリしているのなら、別に反対するつもりはないけど、現時点はとてもじゃないがその目的が、見えない。

それが現在選挙権のない、10代後半のひとたちが5年後、10年後に社会人になって税金を払う年頃になったとき、日本はどうなっているのか?と気がついてしまった。
5年後の20代前半の世代が「当時の有権者はなにやってたんだ。」と言われてしまうのを思うと、一票という“権利”を持っている我々が、いい加減な気持ちでは投票なんかできないぞと。そう思ったわけ。
さらには、某組織ナントカに所属する人間とか、後援会ナントカという人間が、本当に国の将来、未来を考えて一票を投じているのかどうか。


それでいて、投票率が多くても60%台というのが、どうも・・・。
ふさわしい人がいなければめんどくさくても投票所へ行って白票を投じよ、というのが自論。
昔書いたけど、「投票率40%」より、「投票率90%、うち白票5割」のほうが当選した議員にとっては余計にプレッシャーがかかる。
だって、今回の場合、投票期間は2週間もあるわけだし。


来週の日曜、選挙特番、見るのかな?
ヘタに誤報もありうる速報流すよりは、全票開票まで選管は一切公表せずに、翌朝の朝刊やTVニュースで初めて結果がわかったほうがドキドキ感があっておもしろいのに・・・。


【オマケ】
2010070523040000
いま、ネットでこんなバナー広告がよく流れているのですが、
これって、愛知県民以外でもみられるのですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

阪神ファンになりまし・・・?

先日、仕事が早く終わったので東急ハンズに寄る。
私用の文具を探していたら、あるものを見つける。
「こういうの、あるんだね。」
安かったため思わず購入。
それは・・・、

P1000143
シャチハタの替えカバー。
もちろんシャチハタ自体は会社からの支給ですが、「なんか黒ばかりでつまんないね。」と思っていた矢先に、見つけてしまった。
他にも色がありましたが、意表を突いて、らしからぬ黄色で。

どうみても阪神タイガースの塗り分けにしか見えませんが。
同じ部署のパートさんが大の阪神ファンで、『これほしい!』と恨めしそうに眺めていました。
・・・自腹で買ってください。


わずかばかりでも、仕事のプラスに、なるのなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »