« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

(滑走2・3日目)早くも遠征

P1000086
道路が白いよ〜♪♪♪


この週、当初はこの時期恒例となりつつある白馬日帰りを予定していました。
が、この雪不足、白馬もついに11月のオープンはならなかった。

そんな中、ある筋からお誘いを受け、場所的にはかなり遠かったが、せっかくですから参加いたしますと決めたのは実は3日前。


土曜日の朝6時。
大阪府の人間2名と、自分含む愛知県の人間2名が岐阜県某所で合流、そこでクルマ1台にまとめて相乗り。高速を飛ばす。

P1000083
このICを出て、約30分。
9時過ぎに到着。この土日は“遠征”して・・・、


P1000088
志賀高原へ!
自身にとっては初めてのエリア。今回誘っていただいた大阪府のびとくさんは志賀フリークということで、“良かったら来ない?”とお声掛けしてもらい、さらに自身はお初にお目にかかるびとくさんの雪仲間である大阪府のIさんと、愛知県のMさんとご一緒に。
今回は完全に“お供させていただく”ことにいたしました。

ただ、土曜は雪が舞っていた志賀ですが、ここも雪不足は深刻。
数多くあるスキー場の中でも、現在開いているのは熊の湯スキー場の、緩斜面のゲレンデ1本だけ。

P1000089_2 P1000102
土曜の天気はこんな状態。なかなか視界が晴れない。
でも、昼過ぎまでは雪が舞っていたため、雪質は人工+天然のミックス状態。やっぱり天然雪はいいやね。
ゲレンデの密度はかなり濃いですが(赤いウェアの大集団だけでかなりの割合)、自分なんか下からヒトケタでしょうと思うくらいレベル高い方々ばかりでリフト待ちほとんどなし、かつバーンも意外と人を気にすることがないくらい。先週の“雪の廊下”とはえらい違いだ。

でも、密度が濃いだけあってバーンはけっこう荒れていました。

そんな中、びとくさんからの指摘をもとにこの2日は2つのテーマを決めて滑ることに。
午後からはそれぞれ動画+連写撮り合い。

結局、16時半のリフト終了まで。かなり滑りまくりました。


今回はさすがにヤド泊。
リフト乗り場から普通に歩けば徒歩1分だが、スキーブーツなので徒歩2分。Mさんのツテで格安で泊めていただきました。
温泉も硫黄泉のはずだけど変な匂いもなく、よかったです♪

P1000124_2
夜は“反省会”。
この日撮った画像をもとに、いろいろ指摘しあう・・・つか、自分がヘコむばかりの時間。
だって、他の3名、すごくうまいんだもん。ひとりは準指持ってるし。
でも、思ってもみなかったところで褒められたりもして。ちょっとは上達してるのだろうか?


P1000128 P1000129_2
日曜日、朝は快晴!でした(昼前から曇り出したが)。
だが、バーンは昨日以上に硬いし、どうもピステンかけなかった(雪が少なくかけられなかった?)みたいで、かなり荒れ荒れのカチカチ。
でも、1月のマイア1丁目に比べれば斜度はないし、この先こういう場面も練習しなきゃいけないしと前向きに考え、そのようにがんばってみました。

そもそも11月中に3日も滑るとは思わなかったけど、逆にいえばこの時期に今季をどうするか?と探りを入れて、当面の課題をつくるのが11月なのかなぁ、と。
半分レジャー気分ではありましたが、「今までの考え、捨てることも必要なのかな?」とも思うように。
スキーってやればやるだけ、なんか、こう・・・。

Shiga
皆さんやっぱりうまいよなぁ。
なんか1名だけ、変だよなぁと思うんですね。

P1000133 P1000135 P1000136
オマケとして、皆さんが履いている板の試し履きも。
この中で、「おぉ!」と思ったのがひとつありました。
気が早いですが、来季は板を買いたいので、かなり参考になりました。


結局、14時まで滑走。
滑走後は再び温泉につかりストレッチを念入りにして2日間の疲れを癒す。
その後、寄り道/夕食を挟んで、集合場所で解散。家に着いたら白馬とそう変わらない所要時間であることに気がついた。


初めての志賀遠征。
ひょんなことから実現してしまったのですが、こういうのも、いいよなぁと。
お誘いいただいたびとくさん。そしてお初であるにもかかわらずお世話になったIさんMさん。ありがとうございました。
こちらはしばらくホームで修行します。また一緒に滑りましょう♪


【オマケその1】
今回の相乗りはびとくさんの愛車。
P1000082 P1000144
レガシィ3.0R Spec.B しかも6MTというかなりのレア車。交代要員として運転もさせていただきました。
やっぱり3.0lはラクだわ。踏んだ分だけ思い通りに加速する感覚は時にいきなり加速するターボでは味わえない大排気量NAの醍醐味。それも6MTだから楽しさもアップ。
6気筒のボクサーサウンドは4気筒のそれとは明らかに違う耳に心地よい音。同乗者としての立場はとにかく静かでゆったり。
足は6ケタの走行距離のためその点を差し引かないといけませんが、同乗者立場としてはなんら不満はないですね。
アドちゃんではかなり無理な速度でも3.0Rなら口笛吹きながら、です(あれ?)


【オマケその2】
今回は2日間で、ヤド泊ですから、やっぱり食べ物は外せません。

P1000105 Pizza
土曜のお昼は泊まった宿内にあるレストランのピザ。これがうまかった!
お値段高めですが、専用の窯で焼いているからそれも納得。4種類頼んで皆でシェアしました(中には独自トッピングも・・・モゴモゴ)

P1000120 P1000121
夕食はしゃぶしゃぶ。
宿泊費からしてあまり期待していませんでしたが、おいしかったし、かなり満足。
志賀高原の地ビールも美味でした♪

P1000142
日曜日のお昼はスクールの建物内にある食堂でからあげ丼。
個人的に好きな揚げ方、タルタルソースって意外と合うのね。

P1000143
余計なことですが、その天井も秀逸♪
“雪の結晶”をモチーフにしていますね。誰がデザインしたんだろ? 気になるわ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

やっとでたくま

やっとでたくま
もちろん速攻で買ったクマよ

今まで以上に名言が多い気がするクマよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

生意気言わせてもらう

今場所の朝青龍はなんか今までの朝青龍とは違う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

それが所用でも

今日は法事(祖父の二十七回忌)でした。
ただ、お寺とお墓は岐阜県の片田舎のため、それだけで1日仕事。


そこはちょっとした観光地ともなっている場所。今日はかなり客が来ていました。
たぶん○○渓とか紅葉の名所は混雑でどうしようもないから、こういう場所へ来ているのかな?
(実際往復の道中、いかに観光客の渋滞を避けるかがタイヘンだった)

P1000054 P1000056
ここは紅葉の名所とは言われていませんが、道中の県道や、至るところにちゃんと見るべき場所はありました(コンデジ持参していなかったので、携帯カメラで)。
家事所用でありながら、半分は観光気分かもしれませんでしたが・・・。


(ここからオマケ的な内容)

P1000052
今回、2家族を同時移動させるため、8人乗りのレンタカーを採用。

すべて自分が運転しました。
このノアちゃん。エンジンとミッション(2.0l NA+CVT)は思った以上によく走ります。
時にSレンジ多用ではありましたが、シフトをうまく使えば加速に大きな不満はなし。かつCVTらしくエンブレもしっかり効くので、山道の下りはSレンジ+Bレンジ(Lじゃないのね)でブレーキペダル踏むのも最小限で対応できる。
燃費も180km走って12.9km/l(燃費計)は上出来でしょう。このあたりはポイント高し。

ただ、ハンドリングとブレーキが・・・。
高速のレーンチェンジが怖い。カーブで思った通りに曲がってくれない(スバル車ならプラス5km/hは出せるところなのに。それ以上に、同乗者が車酔いしないか心配)ステアリングがダルい(遊びが大きすぎ)、ブレーキが効かない(2度ほど肝を冷やした)。
せっかくエンジンがよくても、これではなぁ・・・。
別の意味で、腕の筋肉が鍛えられるかも!?


ただ、こういうクルマが売れる理由が、わかる気がしました。
でも、たとえコドモがいたとしても、自ら買おうとは思いませんが(すでに子供がいるきょうだいもなぜか同意見だった)。


でもね、
スキーヤーですから、帰宅してからあることを試してみたわけですよ。
P1000057
“宿”として、機能するか。
結論・・・充分機能しそう。シートの段差は気になるものの、やっぱり広いなぁ。
ほんの数十秒の間に「シートの段差はこれで解消させて、板はシートの下に潜らせられて、このスペースはアレに使えるかな?」と考えてしまう時点でもう病気ですね(笑)。
この手のミニバン、あくまで“移動の道具”として割り切れるのなら魅力あるんだけどなぁ・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

(滑走1日目)ウイジン!

P1000055
めざすは、真ん中のちょっとだけ白いところ・・・。


09-10シーズン。始まりました!
なんだかんだで日々綴文のダラダラスキーブログもなんと5シーズン目。
年々ネタが尽きかける中、自身の足前と同じく文章も全く進歩していないですが、今季も懲りずにダラダラ綴ってまいります。自己満足でやっていますから。
果たして、4月にはどうなっていることやら。

例年、白馬がそろそろシーズンインの頃ですが、今季はその白馬がまだオープンできない状態。
まぁこの週は土曜日仕事、月曜日所用のためこの日しか空きがなかったのですが、まぁ近場で行ってしまえということで。どうせ足慣らしだし。


今季の初滑りの場所ですが・・・、
P1000060
奥美濃・ホワイトピアたかす
高速でチンタラ、IC降りて10分程度とアクセス抜群。ただ、この場所は初めて。
さらに奥美濃のスキー場は生涯二度目と中部地区スキーヤーらしくない経歴を持つ人間。アイスクラッシャーは2年前に一度だけ経験しているもののいい思い出がないのだが、ここの“かき氷”はけっこうマトモらしいという話を聞いて、決めました。


P1000062
まぁ、こんなふうです。

P1000063 P1000071
ゲレンデです。見事に“雪の廊下”。
この日、リフト待ち最大20分。上の写真は午前でしてコースの混雑は思ったほど・・・でしたが、午後はコースも混雑。人間ポールレッスンと化す。

で、この日なんですが、「余計なことは、あまり、考えない。」
天気曇りで気温低めとあってかき氷の質はかなりマトモ。さすがに最初の1本は久しぶりなので全然ダメでしたが、2本目で勘を戻すきっかけができました。今までは最低半日は苦労してたんだけど。
まぁ、久しぶりですから、1本1本「こんなんだったかな?」と確かめながら。

今日の滑走はお昼を挟んで合計9本。
勘を戻すというより、勘を戻すために、昨季までに言われていたことをいろいろ思い出すための滑走でした。

あと、
ここ数年、ホーム以外のゲレンデに行っても、なぜかホームや他のスキー場の仲間知り合いと会ってしまうんですが、今日は誰ひとり会わなかった。
これ、珍しいのかな?

ハイシーズンの帰路は渋滞のメッカである東海北陸道ですが、この日は行きも帰りも渋滞なし。
14時半でアップし、休憩したあと15時半にひるがのスマートを入ったのですが、白鳥から雨・・・。
早めにあがってよかったです。
余談として、今回のアドちゃん。往復240kmで燃費14.8km/hの過去最高(燃費計基準)を記録したことも、付け加えておきます。


シーズン30日の、今日はまだ30分の1。
今日は、その、序章。
これから徐々に、というところです。


【オマケ】←これも懲りずに、やってしまいます(不定期になると思いますが)
P10000631_3
本文中の写真をもう一度載せるのですが、このレッスンの講師、スキー界では有名で、かつてオリンピック出場経験もある人でした(!)。
調べたら、11月はここでレッスンキャンプしているみたいですね。
・・・思わず、滑走している姿もコソっと動画で撮ってしまいました。
ただ、権利関係厳しいと思うので、アップしていいのかどうか・・・?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

3年前の、この日

過去のブログを振り返っていたら、
3年前のこの日、“禁断の林檎をかじってしまった日”であることがわかりました。

窓の中に入り浸りだったとき、
それを口にするのにかなりの勇気がいりましたが、
おかげさまで、いまはそれなりに普通に扱うことができるようになりました。
ただ、「それ以上」のレベルになかなか届かないのも事実でして。

そろそろ新しい林檎が気になりますが、
もうちょっと、がんばっていだだきます・・・。


ちなみに、
それに触発されたのか、父上も今年の春、その林檎をかじってしまい・・・、
画面だって自分のよりデカイし、ある意味、自分以上に使いこなしてるような、気が。

戦前生まれ、恐るべし(そういうものなの?)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ゼロの焦点:但し、小説でも映画でもなく

ゼロの焦点”という映画が話題になっているみたいですね。

松本清張、今年が生誕100周年とかで代表作のひとつらしいし、かつては何度もTVドラマ化されたりもしたらしい。
でも、読書はしないし映画もごく稀にしか見ない自分自身なのに、なぜ今回のブログはこれを話題にするのか。
答えは・・・、

00000956075
サントラにあった。
久々に聴く“上野耕路の新譜”という意味でこれは買わなければいけなかった。
(上野氏については3年前に過去ログで綴っていますので、詳しくはそちらを)

最近はジャズ寄りやビッグバンドでのライブが多いようですが、個人的に彼の真骨頂はやはり現代音楽であり、室内楽や管弦楽だったりします(シンセ打ち込みによるオーケストラもありますが)。

久しぶりのフルオーケストラ、しかもほぼ生音。
ただ、サントラという弊害が・・・。

前にも書いたことありますが、サントラの音楽はどうしても映像に溶け込ませること(音楽が勝ってはいけない)と、監督の意向に沿わなければという前提があるため、彼ならではの怪しいメロディーや、自身が一番好きとする“高音と低音の対比/複雑な絡み合い”は所々で感じるものの、やっぱりサントラなんだなという感想。
しかし、最近彼が手がける映画やTVのサントラやCM曲はシンセメインだったから、知る限り彼の手がけるフルオーケストラはゲルニカのラストアルバム以来ではないかしら。そういう意味では価値がありますが。
物語は全く知りませんが、純粋に音楽として聴いた印象として、ね。
(そういえば、監督の犬童氏、メゾン・ド・ヒミコの監督だったんですね。そのときは細野さんがサントラ担当でしたが、なんか細野さんの音楽としての印象があまりなかった。どうも作曲家を引き立てる監督ではないのかも・・・ひとりごと)

ただ、主題歌(中島みゆき)のオーケストレーションによるインストは結構いいです。
人の曲を見事、上野流にアレンジしている。
問題は、本来の主題歌を一度も聞いていない・・・のですが。


これを機に、フルオーケストラのオリジナルを作ってくれませんかねぇ。
80年代のゲルニカ、90年代の彼の音楽は結構インパクトありますから。
それか、「た〜らこ〜」みたいに作曲者は人知れずとも、あのインパクトを再び欲しがっているのかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月16日 (月)

てのひら

P1000019
あちこちから手を振るのも、よし。
集まって握手しあうのも、またよし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

やれるだけ準備

この土日、この時期にやるべきことをやっておきました。
2日間、別にやらなきゃならない所用の合間を縫って・・・。

P1000050 P1000051
“冬の準備”。
チューンに預けていた板を受け取って、スタッドレスタイヤに換えて、あとはウェアや小物を押し入れから出して・・・。

今季、車中泊のアイテムをちょっとでも強化しようかと考えてはいたけれど、結局何もせず。
まぁ、例年なんとかなっているから、なんとかなるか。

キャリアは、まだ。
現在のアドちゃんになってから取り付けが面倒になったし、昨季はほとんど車内積みで使う機会がほとんどなかったし、車泊も早くて12月中旬からになるから今はなくても、いいか。
またやれるときに、やろう。

取り急ぎ、“いつでも行けるように”はなりました。
まだ初日は決めてないけど、次週の1日とその次の週の1日は出撃できるよう“心の準備だけ”はしておきます・・・。


でさ、
ある小物。まだ入荷の連絡がないんですけど・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

そこに、光があるから

P1010383
今年も始まりました、タワーズライツ


13日の金曜日。
少しでも大安の恩恵にあやかりたいがため、ワラをもすがる気持ちで仕事をそこそこに切り上げ、名駅へ(なんか意味深な文章だなぁ)。
この日がイルミ初日。やっぱり人が多かった・・・。

P1010387_2 P1010388_2 P1010393_2 P1010395_2
今年は“四季”をテーマにしているみたいですね。
1サイクルの時間が昨年までより短いような気がしますが、しばしスクリーンを堪能・・・。

・・・ただ、これで終わったらありきたりなブログで終わってしまうため、昨年までは考えていなかった行動に、出る。
完全に、人とは180度違った方向へレンズを向けながら・・・。

P1010414
“シンメトリー”はどうしても気になるし、気にするんです。
視線はやや下げてみる。もっと広角のレンズだったらいいんだけど。

P1010422
しばらくごぶさたでした“天井”。これでマニア心に再び火がつきましたね。
「こんなアングル、あったんだ。」
おかげで、今も首が痛いです・・・。

P1010428_2 P1010445 P1010429_2 P1010436_2
キャンバスは180度違う向きにも、ある。
実際、これらの写真は皆さんとは真逆の方向を向いています。
今のコンデジ(パナTZ-5)、人工物を人工物のようにわざとらしく写すワザを持っているらしい。
そのわざとらしさが逆に不思議な雰囲気を醸し出す。
だから、うまく撮れた時は嬉しいのですが、まだまだだなぁ・・・。


全くもって夢のカケラもない画像と文章になってしまいましたが、こういうのは実際に見ていただくのがいいですしね(言い訳)。

これから全国各地でこういうイルミがある時期。
時世も時世ですから、光ある限り、皆様に小さな安らぎを・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

平日でよかった?

この日は、ひょっとしたら祝日になっていたかもしれない日。


仮に祝日になったとしても、どうせ土曜日が振替出勤になっていたから、平日でよかった。
でも、この日は気分的に全くシゴトはかどらず。祝日のほうがよかった?


・・・どっちになっても、プラスあればマイナスあり、か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

そろそろ遅々と、進む?

11月にもなると、気づいてしまうこと。
「年賀状、つくらなきゃ」


今回は寅年なんですが、絵が描けない(ヘタクソ)な身分としては毎年苦労しているのが年賀状制作。
先月まで、2つの案が浮かんでいたのですが、
ひとつは「ネタはいいけど、これで寅年だとわかってくれるか?」と自分の表現力のなさを憂いてボツ。
もうひとつもアイデアとしてはいいと思ったが、多額の費用となんと法律的な問題があることが発覚し(大げさなようで、案外そうでもない)、さてどうしようか・・・。

と思っていたら、後者の案からあらぬ方向で思わぬ発見があり、まずはこれを使おうかと。
それをベースに、大まかに図案は決まったのですが、下書きをスキャンしてIllustratorで作業しようと思っても、絵心のなさと普段イラレを使っていないため、思うように進まない。

だったら、思い切って路線変更。
「・・・アナログ路線で、いくか。」
というわけで・・・、

2009111021280000
ダイソーで材料を購入。総額315円(やすっ!)。
最終的にはPhotoshopかIllustratorで仕上げますが、これだけの手作業多用はパソコンで年賀状作るようになった過去10年間で初めての試みかも。

でも、これがうまくいくかはどうかは「全く不明」。
万一うまくいったら、毎年のように1月1日へ変わる頃にアップいたしますゆえ・・・。


※過去のどうでもいい年賀状の履歴はマイフォト“年賀状アーカイブ”にてご覧になれます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

じむふるこーす

今日は昼からジム。
3日以来であることと(最近平日の仕事帰りに行けないのが・・・)、昨晩のアレを相殺するため。

メニュー変わって1ヶ月。
まぁなんとか、カラダがついていくようになってきました。
一部のマシンで、当初より1つウェイト増やすことも。

オマケに、日曜ですが今日はいつものトレーナー氏による特別ブートキャンプも。
課題のトレーニングメニュー(1時間強)をこなしたあと、さらにブートキャンプ45分間フルコース!

1ヶ月前、メニューが変わった直後にこの“フルコース”を無謀にやってしまったところ、翌日は完全に死んでいましたが、今日はなんとかもった。
つか、ブートキャンプ、自分でもたぶん今まででいちばんカラダが思い通りに動いた。今までは最後の5分で必ずバテたんだけど・・・。

やっぱり、いまのメニュー、徐々にカラダにプラスになっているのかな。そういうことにしておこう。

ジム通いも長いのですが、今年、ようやく自身のカラダ(というか、意識)に変化が出てきたのかなぁと薄々感じるように。
一朝一夕では成り立たないんですね。こういうことも仕事も普段の生活も。


気がついたら、あと数週間。
白い場所に立ったとき、これが少しでも生かせればいいんだけど・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

さらにさらに

さらに
バターラーメン♪♪

…食べ過ぎだよなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに

さらに
チャーハンもうまい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナゴヤな“飲み”

ナゴヤな“飲み”
手羽先と、どて

これさえあれば何杯でもイケる♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

めずらしい日

昨日、何ヶ月かぶりに「酒を一滴も口にしなかった」です。

毎日、大なり小なり夕食時か、晩酌で酒を飲んでいるわけですが、
(タバコを吸わない反動・・・かなぁ)
昨日は大して疲れていたわけでもなかったのですが、なぜかアルコールに手を出さず・・・。

自分なりに“珍しい”日でした。
おかげで、今日はある意味「不思議な」体調。
これが健康的なんでしょうけど、休肝日なんていつ以来?だったので・・・。

今日ですか?
やっぱり、飲み・・・(以下略)。


はやくスキーシーズンに入らないかと思う日々。
というのは、出発日の前日は自然と休肝日になっていますので・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

ある意味貴重な日

この日、文化の日は“晴れの特異日”で知られるのですが、
今年もキレイに晴れてくれました。

でも、数年前からハッピーマンデーとかなんとかが横行して、週の間の休日はいまとなってはかなり貴重。
三連休連発させるよりも、「2〜3日働いて1日休む」リズムのほうがカラダもリセットできると思うのですが、どうでしょう。

で、この日なんですが、
午前はジムトレでしたが、午後は仕事がらみの所用。
昨日急遽決まってしまった。まぁ仕方ない・・・。


夕方、職場を出たとき、地面から上がったばかりの満月がとても美しかったです。
ケータイカメラじゃうまく撮れないので画像はありませんが、急激に寒くなったこの日、雲ひとつない張りつめた空気の中に地面スレスレに浮かび上がるおおきな姿は月のなかでも大好きなシチュエーションです。


いつかは月の名所、姨捨から眺めてみたいのですが・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

予習の成果

この日、豊橋まで行っておりました。
メインは夜。

P1000034_2
毎年この時期、こういうイベントがあるんですね。知りませんでした。
ですが、目的は映画ではなく、このイベントの中の企画。

P1000036
ライブだったんです。
マイフェバレットの歌姫、湯川潮音と、バックバンドはロンサムストリングス。

・・・実は、先日のブログの“予習”とはこのことだったんです。
潮音ちゃんはほぼデビュー時(しかもインディーズ時代から)からのファンで、このブログでも彼女のことを何度も上げていますが、逆にロンサムはまったく知らなくて。
でも、このライブがあるのを知ったときと、AmazonからのDMの時期がほぼ一致していた。だから。


会場の設備上、決して音響は良くないし、丸椅子並べただけの客席ですが、逆にそれによる“企画の手作り感”があって、音もホールより逆に臨場感があったような。
“Live & Bar”とあって、飲み物(もちアルコールも)や軽食も販売していて、飲み食いしながらライブが聴けるというのも、いい(しかも食べ物は地元のレストランが提供。うまかった〜♪)。

二部構成で、一部はロンサム単独の演奏。二部は潮音ちゃんも交えて。
予習していた甲斐がありました。ロンサムはCD聴いたときもいいなぁと思ったけど、生音となると全然違う。
バンド名からわかるように最小限に出すパーカッション以外は全て弦楽器の構成。ウッドベース以外は滅多に聴くことのない、かつ名前も知らなかった楽器もあって(HP参照してください)、不思議な感覚を味わうことができました。

潮音ちゃんの美しいうたごえをこの耳で接するのは2年半ぶり。やっぱりいいなぁ。
最近レパートリーのジャンルをさらに増やしているみたいで意外なカヴァー曲まで聴かせてくれて、アンコール2回含む2時間半、有意義な時間をいただきました。

明日、がんばれるかな。


【オマケ】
ライブの前に、おやつ+時間つぶし+社交辞令(?)+おつかい(??)のため、一軒立ち寄り。

P1000033
カフェでまったり。
・・・はしたのですが、おかげさまで客足も順調に伸びているようです。
なので、しばらく洗い物手伝っていました(えっ!?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

終わって

終わって
名古屋へ戻っています

|

今日は

今日は
豊橋まで向かっています

|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »