« 続・スポーツの冬のための秋 | トップページ | つづきを書いてみる »

2009年10月14日 (水)

この日にふさわしく?

この日、10月14日に合わせて。
(つか、時間的にギリギリだけど)

昔の写真を載せてみたくて。
Photo352_2
(2005年1月2日 美濃町線・野一色駅にて)

2005年に廃線となった名鉄美濃町線。
この路線は大好きでした。

21世紀になっても昭和のローカルな香りがプンプンして、かつあさっての方向によるこの路線独自のあらゆる考察など、雰囲気がすごくよかったのですが、願いもむなしく廃線になってしまいました。

学生時代から何度と乗りに行きましたが、写真にある「黄色い札」が出ると、すごくワクワクしていました(わかる人だけにわかってくれれば結構)。
ラスト数年に設置された自動信号でも、“Z信号”の点灯に、妙に気が高ぶったものです。


Photo246
(2005年1月2日 美濃町線 競馬場前駅から)
それがその、Z信号。
もう、わかってくれる人だけにわかっていただければ結構です・・・。
(説明が欲しい方はコメントいただければ直メにてわかりやすく?説明いたします・・・自信ないけど)

|

« 続・スポーツの冬のための秋 | トップページ | つづきを書いてみる »

コメント

お気に入りの路線がなくなってしまうのは
とても淋しい事ですね。
けれども、Hassyさんの想い出の中では、
今でもカッコよく走り続けているのですね!

投稿: aoi | 2009年10月15日 (木) 01:55

aoiさま>
いまでも、大好きな、場所です。
この日記では帰宅が23時過ぎになってしまったので大慌てでアップしたためこうなってしまったのですが、過去撮った写真はいつか何らかの形でアップしたいですね。

昭和の香り。
美濃町線でググるといろいろでてきますので、まずはそちらで雰囲気を感じ取れるかと(他力本願・・・笑)。

投稿: Hassy | 2009年10月15日 (木) 23:15

ちょっと個人情報になりますが、岐阜市生まれで18歳まで過ごし、未だ本籍は美濃市にある私にはうれしい話題。

それなのに、あのチンチン電車には小学校時代にしか乗っていなかったため、話題についていけません。

中学になると美濃市の祖父母宅まで新岐阜からバスに乗って行っていた記憶があります。
岐阜育ちには当たり前すぎて、なおかつ車時代とともに不便になり、利用しなくなりました。

私が乗っていたころは、窓から上が緑色で板床の車両でしたね。終点の美濃町駅はまだまだ賑やかでした。ワンマンではなく車掌もいました。
確かすべての駅名を覚えたはずですが、今はすっかり忘れています。

ひょっとしてHassyさんの方が乗った回数は多いかも?

投稿: yapple-happle | 2009年10月16日 (金) 20:13

yapple-happleさま>
うれしい話題を提供したようで、こちらもうれしいです。

ただ、その頃からモータリゼーションは進行していたのですね。
確かに、岐阜〜美濃まで電車で1時間かかるというのは、当時のモータリゼーションの事情を思っても、時間だけで「遅い」と感じることもしばしばでしたから。
(かつては急行運転もあったようですが)

>ワンマンではなく車掌もいました
2005年に廃止されましたが、2000年までは確かに車掌がいました。
写真が残っていますが、車掌がいるいないだけでその路線の雰囲気は格段に違いますね。

西のほうの、揖斐/谷汲線も何回か訪れています。
いずれ、綴りたいと、思っています。

投稿: Hassy | 2009年10月16日 (金) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/46487670

この記事へのトラックバック一覧です: この日にふさわしく?:

« 続・スポーツの冬のための秋 | トップページ | つづきを書いてみる »