« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

あぁ

あぁ
渋月、延長戦決定…

来週こそ乗りきれば…!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

Lonesome Strings

最近、時々AmazonでCDとかを購入していますが、週に1〜2回「あなたにおすすめの商品です。こんなのどう?」とメールがやってくるんですね。
大抵は素通りしますが、ひとつだけちょっと気になっていたのがある。でも買うまでは・・・。

でも、先日、ある種の必要に迫られ、買ってみました。
(でも、今回Amazonではないのは、ナイショ・・・)


Lonesome Strings(ロンサムストリングス)というインストバンド。

Bblonesome 51w5drxnil_ss500_
5枚出ているアルバムのうち、2000年の1st“new high lonesome sound(左)”と、今年の4th“BLOSSOM(左)”をまずは購入。
初期と現代で音楽性の変化とかも、ありますから、こうしてみました。
(でも9年間でアルバムまだ5枚。相当ユルイ活動なんですね)

これは、ヤミツキになりそう。
『当初1920~30年代の北米のストリング・バンドをヒントに・・・』とあったのでそれに釣られたわけですが(実はこの時代、ジャズ以前のアメリカンは好きなんです。CD何枚も持っているわけではないのですが)、ある種まんまと釣られてしまいました。
・・・といっても、忠実に再現しているわけではなく、あくまで彼らの自由な趣向で演奏している感じ。

MySpaceのページがありまして、そこで視聴もできます。
ハマルか、素通りするかのどちらか、でしょう。


必要に迫られてですが、予習としては最適でした。
・・・で、なにが“必要”であり、“予習”かって?

それは週が明けたらお話いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

代車でGo! 東濃散策(その4)〜すべて山の中の一ヶ所

(この日記は27日に作成いたしました)


その3からの続きです)

今回の代車でGo!のメインにしようかと据えていた場所へようやく向かうのですが、事前情報では当日、なにかイベントがあったらしく、かつ大食いの女性タレントも来るとかで人混みスゴイだろうなと敬遠していたのですが、予定外の美術館があったため「さすがに皆、帰る頃でしょう。」という時間を狙って、R19を長野方面へ。

そしたら、R19の反対方向は予想を遥かに超える渋滞。
スキーシーズンでも、ここまで混んだことないぞ。

で、たどり着いたのは。

P1010304
馬籠宿。
中山道六十九次の43番目の宿場町。隣の妻籠宿と並んで昔から景観保存に力を入れていて、今でも江戸中山道の雰囲気を残す。
・・・と書くと風情がありそうなんですが、実は妻籠も馬籠も、生まれてこの方一度も訪れたことが、ない。
同行ふたりにこのことを告白したら、信じられない目ツキされました・・・。
たぶん、「有名で人混みが・・・」というところで敬遠していたと潜在的にだと、思います。

16時過ぎに入ったものの、やっぱりまだ人混みは残っていた。
でも、1時間近くの滞在、だんだんと人もひいていき・・・、

P1010307 P1010311 P1010330 P1010329 P1010327 P1010318
タイムスリップを堪能させていただきました。
この日、昼過ぎから曇りになってしまいましたが、ちょうどここでも紅葉が始まる頃。霞がかった恵那山(画像右下)もこれはこれでよかった。

しかし、この宿場町、ほとんどが「坂道」。
“木曽路はすべて山の中にある”とはよく言ったもので、当時の旅人は何週間もかけてこの山の中を歩き通したと思うと、いったいどれだけの体力持っていたんだと。

できれば、例えば早朝とか、日が長い梅雨時の夕方に訪れるのが、いいかな。
もちろん天気は良いに越したことがないのですが、朝靄の中とか、雨上がりなんかも、いいなぁ。


これで、この日の行程、終了。
次は何が借りられるか(おい)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

代車でGo! 東濃散策(その3)〜インプ・インプレ

(この日記は26日に作成いたしました)


その2からの続きです)

そういえば、
このブログ開設以来、何度か“代車でGo!”をやっているのですが、いままでは代車そのもののインプレッションはサラっと流していただけだったよなぁ。

たまには、(誰も要望していないけど)それにひとつ費やすか。

今回の代車、インプレッサ1.5i。
代車ですから、AWDではなくFFのいたってなんでもないベースグレード。
インプレッサはひょっとしたらレガシィよりもチカラ入れているかもしれない世界戦略車だし、ライバルは“アクセラからポルシェまで”という幅広い、つか、会社の事情が垣間見える,非常にプレッシャーのかかった車種。

で、さっそくインプレなんですが、
「けっこう走る!」
P1010292
エンジンは1.5ですから性能相応ですが、現時点では1.5専用のEL型エンジンはレッド7000rpm。オドはまだ1000kmだったのに、キレイに回ってくれます。

それ以上にいいのは「脚回り」。
さすが400万円近くするSTIをも視野に入れているだけあって、150万円半ばの1.5にはゼイタクすぎる。
硬くなく柔らかくもなく、標準タイヤのショボさを補って余りあるしっかりとしたサス。何ら腰砕けすることはなく、ワインディングでもけっこう楽しめた。
ヘンなハナシ、「あぁ、タイヤの性能がこんな程度なんだ」とわかるくらいサスがしっかりしている。言い換えればタイヤの性能を教えてくれるサス。だからカーブでもしばらく走れば「これだけハンドル切ればいいかな」とクルマが教えてくれる気がした。
このあたり、スバルの味付け。最近いろいろ言われようとも、ここはスバルの脚回りとして全然ブレていない。
これでタイヤをいいものに換えるか、あの“魔法の杖”をつけるだけでもかなりいい走りになるんじゃないかしら。
(どうでもいいけど、国産自動車メーカーの標準タイヤって総じてショボイ。もうちょっと金かけていいものにすれば、印象変わると思うのにね)

ただ、ATがどうもなぁ。
この日の燃費は11km/h(燃費計)でしたが、「踏まないと結構いい。でも踏むと悪い」というのがあからさまに出てしまう。事実、自宅からA青年の家(すべて街中)に向かうまでエコラン気分で走ったら13km/hをゆうに超えていた。
とくに4速のギアは1.5にしては低過ぎるかも。アクセルオフを多用して燃費を稼げるプラス面もあれば、エンジンブレーキが全く利かないマイナスもある。その辺は昨今のエコ思考ということにしておくか(でもエンブレは利いてもらわないと困る)。

室内。
1.5相応です。でもSTIを考えると安っぽさも否めない。
このあたりはアクセラに向けるか、ポルシェに向けるかの問題でしょうけど。
(でも、アクセラの場合、実車見てないから質感はわからないけど、デザインで得してるよな)

P1010340
当然リアシートにも。過不足なく快適。つか、アドちゃん(先代レガシィ)より広いかも?

このクルマの、最大の不満。これはA青年とも一致した。
P1000031
フロントシート。
ヘッドレストの傾斜がキツイ。シートそのものは大きくて悪くはないものの、このヘッドレストですべて台無し(むち打ち軽減機能とかもあるから仕方ない・・・では通じないぞ)。
リクライニング角を合わせると肩が浮き上がってアタマだけが前に出されてしまうので首がツライ。肩に合わせて角度を倒すと今度はハンドルとの距離が合わない。
かつ、アタマだけ「一点で押されてる」ため、長距離はキツイとの判断。
何度も調整し直すが、結局双方ベストポジションはみつかりませんでした・・・。


でも、フルチェン後に試乗したとき、「ふ〜ん」で終わっていたような思い出がありますが、スバルはやっぱり「フルチェン直後(A型)は買ってはいけない」でしょう。
最低でも1年待ってB型から狙うのがスバルの買い方。
デザインも直後は×でも、徐々に良くなっていく印象ですから、ホント不思議なもので。


で、これは、買いですか?
自身は充分“買い”だと思います。
たぶん、スキーしていなく、レガシィやエクシーガに乗った経験がなければ、このインプレッサ1.5iで充分じゃないかと。
・・・でも、STIは憧れだよなぁ・・・。


【オマケ】
P1000030
帰り、コンビニに寄ったら、思わず。
手前があのSTI。奥が代車の1.5i。
同じインプレッサですが、1.5iを2台買う予算があっても、STIが買えません(笑)。
でも、どちらを買っても、決してハズレではないと、思います。


つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

代車でGo! 東濃散策(その2)〜日本の風景の邂逅

その1からの続きです)


突如、予定変更となった代車でGo!。
同行ふたりにしぶしぶ了解を得て、向かったところは中山道広重美術館。
・・・そう。このブログを昔からご覧になっている方はお気づきかと思いますが、自身の浮世絵好き、また火がついたわけで。

・・・と、書きたいところなんですが、今回は違う。
いちどこの目で見てみたかったものがあって。

P1010302
まさか、ここで川瀬巴水(はすい)の版画が見られるとは!

ほぼちょうど1年前、姫路へ行ったとき、お城のとなりの美術館で氏の展覧会があったんです。
そのときは彼の名前を知らなかったし、時間の都合もあって見ることはなかったのですが(参照)、あれからアタマの片隅で気にはなっていた。
それが1年経って、近所で見られることに一気に琴線に触れてしまって。

日本全国の風景の一部を切り取った巴水の版画。
そこに広重の描いた同じ場所の浮世絵と並べて、江戸と昭和初期のさまざまな違いを感じ取っていただこうというのが今回の企画展の趣旨。
1年前に姫路で購入した図録からも巴水版画の魅力は薄々感じていたのですが、本物を目の当たりにすると、「これは版画?」と思わせる場面が。

「あまりにもリアルすぎる」んです。
江戸の浮世絵。広重が得意とする風景画も素晴らしいのですが、そこから70〜80年経った巴水の版画は時代の流れもあってか「まるでそこにいるような」感覚が増幅されている。
江戸末期の浮世絵では「昼か夜か」まではわかるのですが、巴水の場合は「それは朝か、昼か、夕暮れか、夜中か。それもどこの方角から描いているか」がリアルにわかる魅力がある。
太陽、影、電灯、月の描き方がリアルで、それらはほんとうに光っているようにも、見える。
かつてモネの日の出を見た時も同じような印象を受けましたが(参照)、かつて浮世絵の影響を受けたモネのように、昭和の絵師は印象派の影響を受けたのでしょうか・・・?

意外なところで出会った邂逅。
実は会期中の展示入替えがあって、この日が前期の最後の展示。つまり次からは後期の展示になるということで、そういう意味ではあまりにもタイミングが良すぎた。
おふたりはどう感じたか・・・ですが、前日は・・・だったので(なぞ)、それよりはよかったんじゃないかと勝手に解釈しております。


美術館を出たころ、ちょうど15時。
P1010303
おやつはこの地域ならではの“五平餅”。
このあたりは団子タイプがメインです。店によってはわらじ型もありますが・・・。
この店の五平餅・・・もう、何本でもOKです!


つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

代車でGo! 東濃散策(その1)〜最初はいつもの

日々綴文的不定期、かつどうでもいい企画“代車でGo!”
久しぶりのアップです!(誰も知らないでしょうが)

今回はアドちゃんの1年点検のため(もう1年かぁ)、“敢えて”しばらくクルマを預け、代車でおもいっきり楽しんでしまおうという毎度のことながら間違った企画。
メンバーはやっぱりいつものA青年とこころたん(いつもありがと)。


今回の代車ですが・・・、
P1010293
一番無難なインプレッサ 1.5i。
2007年からの現行型で、“SIシャシー”と名乗るスバル新プラットフォームの第一弾(今回は一部改良後のB型。2009年9月からC型になっています)。
試乗でちょっと乗ったことはありますが、最近のスバル車はスバリストにとってかなり目の肥えた意見が多い。
果たして、スバルらしさはあるのか?


早速今日の行動、なのですが、まずは代車とはあまりカンケイなく、昼食のためにいつもの場所へ。

P1010299 P1010300
ハイ。岐阜県岩村の、いつものうどん屋です。
最近、土日の臨時休業が多いため、わざわざ数日前にTELして営業しているかどうか聞いた念の入りよう。
秋真っ盛りのためそろそろ煮込みのおいしい頃ですが、今回も敢えて天ざる。
今年じゅうに、もう一回行けると、考えてるから。

時々に変わる天ぷらのネタ。
P1010301_2
この“れんこんの挟み揚げ”が最高にウマイ。
一品でも頼めます。あとは夜にここで一杯やりたいなぁ・・・。


昼食後、いつものように街並を散策。
そしたら、あるポスターが目に入って、一気に(自分だけ)ボルテージが上がる。
「悪い。ここ、行っていい?」とふたりに断ったうえ、急遽予定変更。

向かうはここから15分の場所。
ふたりにとっては未知の世界、自分にとってはまたまたいつもの・・・。


つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日の予告

今日の予告
久々にやります。あの迷企画

アップは翌日になるかも…

|

2009年10月23日 (金)

もう?

もう?
おじさん、気がはやいよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

アリガタイ?

渋月、まだまだ続くのですが・・・、


ひょんなことであるブログから、いいことを教わりました。

「ありがたい」を漢字で書くと「有難い」となるのですが、
よくよく考えてみると、「難が有るのに、アリガタイとは、これいかに?」なんですよね。

そのブログでは、
難の無い人生は、無難な人生
難が有る人生は、有難い人生

・・・そう記されていたのです。

どう解釈するかは各々に委ねますが、
自分自身としては、この言葉を知ったのはまさに目からウロコ。

ここで書くのもナンですが、自身、極度なマイナス思考の人間なんです。
これを知ってから、(特に)仕事面で何かあったとき「アリガタイアリガタイ」とつぶやくようにしています。
そうすると、何ら解決になっていませんが、何か解決になるかな?と思って。
かつて、壊れてしまったこともあるので・・・。


プラシーボと言えばそれまでかも、しれませんが、
この「アリガタイ」は、かつて飲んでいたのとほぼ同じ効果があるのかもしれない、今の自身にとってはちょっとしたクスリになっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

あぁひと月前は

沖縄にいたんだよなぁ。

そこで思い出したのがGoogleのストリートビュー。
最近、対応都市が拡大されて、わが町でもそうなったのですが(でも、自宅がハッキリ写ってしまっているのには複雑な心境)、ここではそういう日記ではなく、


2
ちょうどひと月前、古宇利島へ向かう橋もちゃっかりと。
あとで知ったのですが、この橋、無償で通れる道路橋では日本最長なんだって。


あの海、ホント綺麗だったなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

ひっさびさ

昨日の夜は飲み会でした。

P1000024_2
高校(の部活)の同期+ひとつ下で集まって。
皆さんほんとうにひっさびさ。いちばん最近会った人でも3年ぶりだし、高校卒業以来という人も。
変わっちゃった人、変わってないひと様々ですが、話は「あーあー、そういうことあった!」という当時のエピソードが次々と出てくる出てくる。懐かしかった。
人間の記憶力って、スゴイものなんですね。

一次会だけでは飽き足らず、二次会のほうが時間が長くなってしまうほど。充実した集まりでした。

OB会も正式に発足するようで、3月のイベントは表立った参加はできませんが、裏で何らかのお手伝いはしてあげたいのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

つづきを書いてみる

ご希望にお答えしていないけど、前回の続き。

今は既に廃止されてしまったけど、美濃町線の魅力を伝えたいため、もうちょっと写真を加えたい。
日々綴文的にはこれしかないかと。

沿線に、上芥見(かみあくたみ)と名乗る駅がありました。

Photo297 Photo326_2
(2005年1月2日 美濃町線 上芥見駅にて)

まるで時が止まったかのようなたたずまい。この雰囲気が大好きで。
今までで、いや、今も、自身の中ではナンバーワンの駅です。

写真でわかるように、“ホーム〜線路〜車道〜待合室”というレイアウトが現代の目線では度肝を抜きますが、これぞまさしく昭和の香り。
廃止前の乗り納めに行ったとき、待合室からかなりの時間、行き交う電車を眺めていました。


いつか、この魅力を何らかの形でもっと伝えたいとは思っているのですが、
「ひょっとしたら、水戸岡氏の手にかかれば、いくらかはこの香りが薄くなっても、この路線はいまも存続できたのかも。」と悔やんでなりません(実際、遠回り的にそうなりかけたことも、あったから)。


“旅の過程も、旅である”
この路線を思い出すたび、そう、感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

この日にふさわしく?

この日、10月14日に合わせて。
(つか、時間的にギリギリだけど)

昔の写真を載せてみたくて。
Photo352_2
(2005年1月2日 美濃町線・野一色駅にて)

2005年に廃線となった名鉄美濃町線。
この路線は大好きでした。

21世紀になっても昭和のローカルな香りがプンプンして、かつあさっての方向によるこの路線独自のあらゆる考察など、雰囲気がすごくよかったのですが、願いもむなしく廃線になってしまいました。

学生時代から何度と乗りに行きましたが、写真にある「黄色い札」が出ると、すごくワクワクしていました(わかる人だけにわかってくれれば結構)。
ラスト数年に設置された自動信号でも、“Z信号”の点灯に、妙に気が高ぶったものです。


Photo246
(2005年1月2日 美濃町線 競馬場前駅から)
それがその、Z信号。
もう、わかってくれる人だけにわかっていただければ結構です・・・。
(説明が欲しい方はコメントいただければ直メにてわかりやすく?説明いたします・・・自信ないけど)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

続・スポーツの冬のための秋

現在はこの日が体育の日である今日。

午前にジムへ。
2日前のトレーニング後、次の日から筋肉痛がヒドクて・・・。
この日も痛みは残っていましたが、また平日行けるかわからないため超回復もままならないまま強行。

・・・ヤッパリキツイ。
最初、カラダ慣らしをいつもより念入りにして充分にカラダを暖めてからトレを始めたため、最初は・・・だったがなんとかメニューをこなす。
まだウェイトは目標より1〜2ランク軽めではあるが、まぁ徐々にこなして取り戻せばいいか。
それも平日でどこか1日無理してでも行かないといけないんだけど。

P1000021
10種類+αのメニュー(今までで一番多い)。これを1時間強かけてこなすのですが、休日は比較的空いているからいいものの、平日夜(とくに19〜20時台)は結構混んでるからなぁ。
逆に21時に始めるというのも、アリか。

次の土曜日はブーキャンだけにしよう(弱気)・・・。


その後、買い物へ。
秋冬物の服とか、その他必需品購入など市内の店をハシゴしながら。

P1000022
そのうち1店で、ジムの必需品、ヴァームの箱買い。
今年じゅうになくなるように、がんばらなきゃ。
つか、カイ○ズホームで買ったのですが、これドン・○ホーテより安いんですけど・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

スポーツの冬のための秋

以前はこの日が体育の日だった今日。

午後はジムへ。9月は体調不良や旅行でほとんど行けなかったから、この秋に挽回しないと。
今回からトレーニングメニュー変更。いよいよ冬に向けて実戦寄りになりました。

実は今季のオフトレでお世話になっているトレーナー氏が、先月からシフトが変わってしまい直接会える機会が滅多になくなってしまった。なので、アンケートカードでこちらの目標や問題を書いておき、それをもとに作成してもらったメニューをカルテに入れてもらい、それを別のトレーナーに引き継いで指導を受ける。

・・・ハキソウだった。
というのも、今年はトレーニングよりもメンテナンスのメニューで、カラダの基礎以前のモンダイを克服する内容だったので、マシントレーニングは本当に久しぶり。かつシーズンインまで期間がないためかなりハードに仕組んだな。
経験済みのマシンも以前のウェイトでは最後までもたない。とにかく平日も頑張って通うしかないのかなぁ。

しかも、
あるメニュー(これはマシンなし)では目標の3分の1もできない。すぐにダウン。
それを見ていたトレーナーがのたまう。『あー、楽し!』
・・・あのねぇ。

総合的に、『個々のレベルは以前より上がっていると思いますよ。でもカラダ動かすにあたってその部位と部位をリンクさせて全体をつなげることが苦手のようですね。』
(↑あまりにも恥ずかしいからささやいている、つもり)
・・・キツイなぁ。

今日のジムでの最大の失敗が、そのキツイメニューが終わったあと、ひさしぶりだからとブートキャンプに入隊してしまったこと。
カラダ全く動きませんでした。
ブーキャン2ヶ月ぶりだし、担当トレーナー氏も『今日はあまり動いてなかったね』と心配されてしまいました。うぅ・・・。


その後、買い物へ。
今季、板/ブーツ/ウェアの三大アイテムの更新がない代わりに、小物類はいくつか。そのひとつが入荷したので、ショップまで取りに行ったのですが・・・、

2009101022480000
ついでに衝動買い。なぜかウェアのパンツだけ。
実は最古参ウェアのパンツが4月のスキーで破れてしまい、引退させてもよかったけど上はまだまだがんばれるし、何より春スキーに最適な構造をしているから捨てきれなく代わりのパンツを密かに探していたわけ。それが目に入ったから。
もちろん型落ちのアウトレットですが、ヒ○ラヤのおねいさん。値札もそこそこ安かったけどそこからかなりの値引きしてくれてありがと♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

未来への投資?

ノーベル賞って、“該当者なし”という選択はないのでしょうか。


というのは、あの小浜・・・もとい、オバマ大統領が平和賞受賞と聞いたとき「え?」と思いまして。

確かに、プラハのあの発言の内容や核廃絶に対する姿勢は(アメリカ人としては)素晴らしいと思いますよ。
でも、それが本当にそうなるかは、これからの世界にかかっているわけで、まだそれが実現したとも、それに向かっているわけではないわけですから。


宣言や発言だけでノーベル賞がもらえるのなら
ものすごく嫌味な方向で「あの人はどうなるの?」と思うのですが、
それ言うとどこかからヒンシュクや反感買うのでやめておきます。

| | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

明日はアシタの風が吹く

明日はアシタの風が吹く
…なんてノンキになってる場合じゃない

でも、なぜすこしばかりワクワクしてるんだろう(不謹慎)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

かむんとふにゃんふにゃん♪

久々に琴線に触れるCMだわこれ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

まんまる

まんまる
街中にも姿を表しました

今日も残業
見るべきものはいまのうちに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

ダンボー!?

ダンボー!?
昨日職場に入荷したパーツの箱が

もうちょっと大きければかぶれたのたが

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »