« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

月末/金曜日

↑これ以上書く必要、ないか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

⊿(トライアングル)

↑最初の文字(記号?)、Win+IEではちゃんと表示されているでしょうか・・・?


本当はもっと早く書きたかったのですが、発売後3週間でようやく、です。

51meelz82l_ss500_
Perfume“⊿(トライアングル)”。
巷ではテクノアイドルユニットなんて言われていますが、capsuleから入っていった自分としてはPerfumeに対しては中田ヤスタカ氏の音楽が聴きたいということで“シングルは買わない”“アルバムも初回限定版ではなく、通常盤を購入”と自分なりにルールを決めてちょっと距離を置いていますけど(たぶん無意識に、だと思う)。

フルアルバム2作目、やっぱり最初はとまどいました。
TVで見られる3人の『Perfumeですっ♪』のイメージがあまりなかったから。
でも、何度か聞き返すと、やっぱりいいんだよね、コレ。
中田ヤスタカ氏、音楽としては何ひとつ新しいことしてないと思うんだけど・・・。

というのも、capsuleの“L.D.K Lounge Designers Killer”とイメージがダブったから。

L.D.Kがcapsuleのファンシー路線からクラブミュージック路線へ移行した過度期のアルバムだったのに対し、Perfumeの今作もアイドル路線から次の道を模索しようとしている、そう感じたから。
L.D.K収録の“ Lounge Designers Killer”と、今回のPerfume“edge”。そういう意義としてのコンセプトとしてこれら2曲は非常によく似ている。

当初アイドルポップ〜ファンシー路線だったcapsuleがその後、独自のクラブミュージックを確立したように、Perfumeも次作か次々作あたりで路線がガラっと変わってしまうかも。
でも、たぶんそれはファンの期待を絶対裏切らないんだろうな。
そういう意味で、今後が楽しみです。中田氏の采配が(そっちか)。


ここで述べておきたい“余談”。
L.D.Kに収録されている“グライダー”という曲。
これをPerfumeにカヴァーして欲しいというのは自分だけではあるまい。
すごく切ない歌詞もPerfumeのイメージに合っている(と思う)し、3人だったら歌いこなせると思うんだけどなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

やっと

ただいまの室温、26℃
(エアコンとか、一切なしで)

久方ぶりに普通に寝られそう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

今年も遠足

(この日記は26日に作成いたしました)


P1000230
今年も行ってまいりました!

恒例になりつつある職場有志での“遠足”。今年も開田高原ブルーベリー狩り。

P1000232 P1000237 P1000239
今年は例年より天候が良くなく、農園長Y氏によればブルーベリーも例年よりは・・・とのことですが、それでも熟した実は充分にあり、(人並みに)たくさん採らせていただきました。

さらに、
P1000241
自身初のラズベリーも。
例年は既に終わっている時期ですが、これも天候の影響。
初めてなので今回は試食程度。生のラズベリーはもちろん初めて。フシギな食感でした。
ジャムにすると最高らしいです。


P1000229 P1000253 P1000246
“開田高原の三大おやくそく(自薦)”も無事こなしまして、

P1000249
やっぱり“この感触”がたまらんよなぁ・・・。


P1000252_3
この日、一番の心配だったのが“天気”。
メンバーに強力な晴れ男か晴れ女がいたのか、外へ出ている時は止み間かせいぜい小雨、移動中はもっぱら雨。
ギリギリセーフのナイスタイミング。運と日頃の行い(えっ?)に恵まれました。


次は冬ですよ!


【オマケ】
P1000255
帰りはほとんどこんな感じ。大雨。
クルマ変わってここまでの雨は初めての経験。まだ夕方なのに時折リアフォグを付けなければならないほど暗く、視界が悪い状況。
でも、アドちゃん。わだちの水たまりももろともせず何食わぬ顔しながら快適に走ってくれました。フロントタイヤが滅多に浮かない感触は今までの車歴で初めてかも。

・・・やっぱり、アレつけたおかげかなぁ?(わかる人だけわかってください)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

2年後って

地デジ完全移行まで、ちょうどあと2年らしいのですが・・・。

我が家のTVはいまだフルアナログ。
特に不便はないのですが、時折映りが悪い。
住宅環境のカンケイであるのですが、アンテナがどうにかならんのか。
地デジ化にはおそらくケーブルかネットTVにする必要がありそうだし。

と、いうのも。
ケータイを変えたのは以前お話しましたが、ケータイ内蔵のワンセグのアンテナではある1チャンネルが全く映らないことが判明。
こういう家庭への助成金って、ないの?


それはともかく、
ワンセグケータイ、必要かと最初は疑問でしたが、意外とよく使ってます。

と、いうのは。
最近夜中(暑さで)寝られなく、深夜に枕元でワンセグケータイつけっ放しにしていたりするから。
いまは大相撲の取組再現やっているからいいものの(しかも深夜2回も)、この時間の民放は通販番組ばかりでつまらないし、やっとこさ朝の4時前にNEWS24を眺めてるくらい。


気がついたら“おはよう日本”が流れ、意識がなくなる直後に目覚ましが鳴る毎日。

あ〜、はやく涼しくなれ(なんか話がそれたような・・・)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

或る音楽

この日の夜、映画を見てきました。

先月、この日記を書いたとき「映画が公開されたら見に行く」の公約を実現。但し、インディーズ系のちっちゃな映画館で、レイトショー1日1回、わずか1週間しか公開期間がないため、思い切って平日の仕事後に。

2009072223190000
或る音楽”。
昨年行なわれた高木正勝のライブ“Tai Rei Tei Rio”のドキュメンタリー映画、といえばそれだけですが、それだけにとどまらない素晴らしさ、でした。
CDを買ったとき、音楽も素晴らしいと思いましたが、映画を見て「映像を伴うと、音楽ってここまで変わるんだ」というのを初めて感じた。
本来はライブを観るのが一番ですが、映画を観るだけでも改めてこのCDのコンセプト、楽曲の素晴らしさ、演奏者たちの一体感が感じ取れました。

CDで曲を聴くだけでは結構な大編成のように聞こえるのですが、実際は10名。それもヴォーカル/コーラスは最大4名(他楽器との兼用含む)と少ないのにビックリ。いかに“各ミュージシャンどうしが共鳴しあっているか”が映像によって初めてわかる。これは新たな体験。
かつて「歌うのは嫌い」と言っていたはずの高木氏本人もヴォーカルに参加しているのにさらにビックリ。
この経緯は映画を見るとわかっていきます。

たぶん、映画にはならずに同じ内容でDVDが出ていれば勿論買ったとは思いますが、映画ほどの共感は感じられなかったかも。
DVDが出るかどうか、現時点では不明ですが、映画を見てよかったと思っています。


同時上映のPV(プロモーションビデオ)2作品。これは“やられた”。
映像作家しての高木氏の才能が遺憾なく発揮・・・といえばそれまでですが、うち1作品は「曲が全くない」ほとんどサイレント。他の1作品もいろいろ考えさせられるものでした。


映画の中で本人が話していましたが、
「自分のやりたい音楽をやってみたかった。」
・・・思う限り、それは限りなくやり尽くしていると思っています。
事実、わずか40席の映画館なのに、この日、ほぼ満員だったこと。
目に見える範囲ではびこる商業主義の音楽とは違った音楽。


当人が想いをとげれば、それに共感する人がおのずと集まってくるのかな・・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どよ〜ん

どよ〜ん
日食、結局見られませんでした

26年後まで生きているかなぁ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

“オヤ”と思ったから

(この日記は午前ケータイでアップしたあと、夜に追記いたしました)


P1000102
この日、コレを使ってプチトリップしていました。
どこ行っていたのかといいますと・・・、


朝、名古屋から豊橋までは新快速で一気に。
豊橋から、トリップは始まります。

P1000124
この、2両編成の“パンダ号(嘘)”に乗りまして、飯田線というローカル線で揺られまして。

P1000129 P1000139 P1000149 P1000145
愛知県と静岡県の両県境をつたうように、山間の線路をガタゴトと。
かつ、他のローカル線と違い駅間が短いため、足並みは非常にゆっくり・・・。

線路も複雑。
P1000135
わざわざS字にしてまで当時、この路線を作り上げた先人の想いはスゴイ。
(・・・つか、GPSケータイ、凄いぞ)

豊橋から2時間。ここへたどり着く。
P1000207 P1000163
中部天竜駅構内の、ココ
かつて2回ほど訪れたことがありますが、今年秋でいったん閉園。2年後くらいに名古屋港に新しい博物館ができるため、いまファイナルイベント真っ最中。

オープン当初から展示車両自体は大きく変わっていないのですが、今月、今まで入ったことのない、入ることのできなかった車両が特別に内部公開されているということで、それを目当てに。
それは・・・、

P1000169
なんですか、コレ?
この見慣れない変わった車両、“オヤ31”といいまして・・・、

P1000170 P1000172
詳しくはこれらのパネルにて(相変わらず、手抜き)。

ようは、新しい線路ができたとき、この車両を走らせて、「架線とかホームとかで、障害になるものはないか」を調べる車両。最近は各社ハイテク満載の車両によって検査されていますが、当時は非常に原始的な方法で調べていました。

なにが“原始的”かといいますと、そこは特別に公開されている車内に入ればわかりまして。
P1000181_2 P1000195
外観でわかりにくいかもしれませんが、多数ある「トゲ」みたいな棒がたくさん。実際の検測時にはこれがクジャクの羽のように開いてチェック。これが1両に3ヶ所ありまして、仮に障害があって棒がそれに接触すると・・・、
P1000180
車内の机上にあるパネルに、接触した数字のランプが点灯して、どこに障害があるかわかるしくみ。すごく原始的ですね(註:わかりやすいようにランプ部分のみコントラスト調整しています)。

もっとわかりやすく言えば“ネコのヒゲ”と同じようなことを、この車両でやっているわけです。

記憶にある限り、この車両が展示されているのはここだけですし、内部公開されたのは初めてではないかしら。

車内のほかの部分も。
P1000184 P1000200_2 P1000202 P1000185 P1000199_2 P1000198
“特殊な目的”の車両以外にも“昔の車両”という観点で見ても、非常に興味深い。
白熱灯の照明なんて、何年ぶりか・・・。

ただ、この日、山間とはいえ、最高気温トップ5に入る地域。
中に入っていると熱中症になりかねないくらいの温室状態。
“二重の意味で”熱中症になりそうでした・・・。

他にも保存車両があるのですが、今回は画像だけで・・・。
Pict1


せっかくのフリーきっぷなので、そのまま帰るのもなんですから、帰りのルートの途中、途中下車して寄り道。
P1000219_2 P1000221_2
豊川稲荷へ。
初詣シーズンに何度か行ったことはあるのですが、この時期は非常に閑散としていますね。
それはそれで、個人的には好きなのですが。

稲荷といえば・・・、
P1000223
もちろん、おいなりさん。
老舗の店だそうで、甘くもなく辛くもなくの絶妙な味でした♪


このフリー切符、2500円なのですが、今回、普通に切符を買うと片道2520円。
実際は途中下車もしているからかなりオトクなんですね。

次はどこへ使おうか?


【オマケ】
構内にあった、もっと“琴線に触れた”保存?車両。
P1000160_3
コレ、いちど乗ってみたいっ!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

日本の夏が変わる?

P1010013
このコピーを思いついた瞬間、
ライターは「してやったり!」と思ったに違いないでしょう。

さらに、
本家は「してやられた!」と苦笑いしているかもしれません。

パクリとわかるのに、それを思わせない秀逸のパロディ。
本家をおちょくりつつも、裏返すとそれは最大限の“敬意”。


ともに関西の会社か。この発想力と実行力はスゴイよなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

ヨワイ重ねることの意義

放っておいても、必ずやってくるこの日・・・。

この日、またしてもひとつ年を重ねることとなりました。

数ヶ月前、ふと年齢に関するあることを思い出し、
今年のご挨拶は、このことを書いてみようかと。

勿論、『アンタの考え、おかしいでしょ』と言われるのを承知のうえで・・・。

続きを読む "ヨワイ重ねることの意義"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

つづき執筆中

10日金曜の「仕事帰りの一杯」から、12日夕方まで。
関東一円をいろいろめぐっておりました。

それぞれ行った場所の詳細を綴るつもりなのですが、
めんどくさいので、道中ケータイからアップした日記に、軽く文章を追記する手抜き方法とさせていただきました。

(7月13〜14日に追記アップ完了いたしました)。

|

2009年7月12日 (日)

そろそろお時間

そろそろお時間
これで帰ります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

爆発だ!

爆発だ!
岡本太郎作“明日の神話”(本物)
これもデカイ! そして鮮烈!!


これも東京へ行ったら見ておきたかったもののひとつ。
今は渋谷にて見ることができます

かつて、地元名古屋にあった地元資本のデパートの壁画に、岡本太郎のオブジェがあったんです。
30年ちかく前に東京資本(と書いて、ヨソモノという)のデパートに吸収され今は既にありませんが、子供心に鮮烈だったのを覚えています。
入口にあったカンガルー(これは太郎作ではないそうですが)、いまもどこかにあるらしいのですが(あまりにもローカルすぎる記憶・・・いちおう参照をあげておきます)

ただ、これだけの作品なのに、説明がどこにもなかったのが気がかり。
ここを通う人々は、この大壁画に目を向けることなく、足早に通り過ぎていく・・・。


(7月14日に追記いたしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またも“ネタ”〜1分の1

またも“ネタ”
でけえよ!!


時間があったので、せっかくだからこんなところにも。
・・・実は、世代にかぶっているはずなのですが、全くといっていいほど興味がありません。
でも、話題ですから、行ってみたわけでして。

とにかく、デカかった。
ナナちゃんより背高いです(←ローカルすぎる表現)。

職場に大のガンダムファンがいらっしゃるため、おみやげとしてガイドブックを購入。
後日渡したら、すごく喜んでいたようで何よりです。


ただ、高さ18mよりもっと驚いたのは・・・、

P1000091
この人出!
たかが人形一体でこれだけの人を集めるんだから、カリスマ性はスゴイものです。


(7月14日に追記いたしました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほんとうの“メイン”〜写楽が肉筆画!?

ほんとうの“メイン”
これ凄いです。

両国にある江戸東京博物館。
今までも何度か行っていますが、今回はこの企画展

詳細は毎度のようにリンクをご覧いただくとして、その存在自体が謎に包まれている、東洲斎写楽の肉筆画が出てきたこと自体世界的な大発見で、それがこの目で見られるということで迷うことなく計画を立てました。
・・・そのついでに、いろいろな行動を“付属”していったわけで。


正直、内容としては“タイトル負け”していました。
その肉筆画と、写楽の作品は他に数点。あとはそれらを含む、昨年発見されたギリシャの美術館の所蔵物の公開・・・と。
でも、今まで見つからなかった作品も多数、浮世絵の初期から江戸後期まで時系列にまんべんなく展示されていることもあって、今まで知らなかった名の浮世絵師や、初期から後期にいたるまでの色合いの変化などを再認識することに。


やっぱり浮世絵って、奥が深いです。


(7月14日に追記いたしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また移動

また移動
プラス750円。

思わず使ってしまうグリーン車。
実は、二日酔いがヒドクて・・・。


(7月13日に追記いたしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

今日の“飲み”その2

今日の“メイン”その2
リアルタイランド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の“飲み”その1

今日の“メイン”
なぜか、韓国庶民料理。
何気に入ったら今日がオープン日ということにビックリ!
あえて“メニューに焼肉がない”姿勢に、本気を感じた。

値段も手頃で、うまかったです♪


(7月13日に追記いたしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の“癒し”

今日の“癒し”
蓮園へ立ち寄り。

もともと蓮の花は午前中に咲くそうで、夕方近くに寄ったらほとんどが閉じていました。
でも、この空間は、いいですね。

愛知ならもっと普通にあるけど・・・。


(7月13日に追記いたしました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の“ネタ”〜いま、日本一有名?な神社

今日の“ネタ”
聖地らしいのですが・・・。

興味本位だったので、あえてこの場所の詳細は書きませんが、
日々綴文的に考えると、たとえば“二十四の瞳”に影響を受けて小豆島や、“寅さん”に惹かれて柴又帝釈天へ・・・という観点と根っこは全く一緒だと思うんです。
ただ、現在の時点ではベクトルの違いの影響が・・・。

実際、“予習”をしていないため場所ごとにカラダが凍りつきました。
でも、奉納された絵馬を見て、最初はヒキましたが、よくよく見ていると“職人技”を見せつけているのに思わず見入る。

これが、100年後には・・・なのかもしれません。
なので、この状況に目くじら立てる方もいらっしゃるかもしれませんが、こういうことは冷静に考えております。


P1000027
“オフィシャルカー”も・・・。
でも、どうせならやっちまってもよかったのでは。


(7月13日に追記いたしました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

移動

移動
線路は続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝風呂

朝風呂
っていいですね
フルーツ牛乳がよかったけどなかったので…

これから適当に巡ってきます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

週末ですから

週末ですから
仕事帰りの一杯

ただ.、ここまでの道のりが(なぞ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

Dのようだけど、P

P1010003
1枚、試し撮り。
この画質ならいろいろ逆手に使えそう。


というわけで・・・、

続きを読む "Dのようだけど、P"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

5秒でわかるらしい

気になったら、お試しあれ。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

休養日

今日は久々の完全休養。家でまったりしています。
先週の仕事でいろいろあったものですから、とにかく疲れが・・・。
そういえば、最近家を出ない休日ってあったっけ??

せっかくですのでこの日、こんなことを試してみる。

P1010130
初めてドリップでコーヒーを淹れてみました。
ゆっくりと、やってみるのですが、ポタポタと落ちていくのを見ていると心がちょっと落ち着くと同時に、忍耐でもありますね。
教わったとおりにうまく豆が盛り上がらないし・・・。

P1010132
それでも、
自分で淹れたコーヒーは美味しい・・・かもしれない。
まだまだ“違いのわからない男”ですが・・・。


今度はちゃんと教えてもらおう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

間違った残業

いまは自宅なんですが、実は残業中でして・・・。


昨年の夏、(前の)部署で遠足を実行したのですが、「今年もやってくれ!」と期待が多く、今年も幹事をすることに(前の部署での・・・ですが)。

まぁ場所の予約とか、昼食の選定についてはお安いご用なのですが、意外な要望が数名からしつこく言われることに・・・。

『チラシは?』
「・・・つくるんですか?」
『チラシあってこその遠足でしょ? はやくつくってね。楽しみにしてるよ〜♪』

1
・・・ですので、ただいまチラシ作成中。
でも、昨日は日付変わってからもイラレでいじくりまくっていましたが、どういうわけか全然苦にならない。
別に今の職場が・・・というわけではないのですが、やっぱり“本業そっちのけの作業”っていいですね(おい)。

適当に仕上げるつもりが、だんだんと凝ってしまい・・・。
今回は“渾身の駄作”を目指すべく、あとちょっとで完成です。


2
やっぱり“おやくそく”は外せません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

あぁそうなのか

あぁそうなのか
今日から七月だったんだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »