« 行動は明日から | トップページ | 旧開智学校へ〜近代教育の礎 »

2008年5月 4日 (日)

国宝四城を巡る(その1)〜松本城:烏のたたずまい

(この日記は6日に作成いたしました)

連休後半。
5日はスキーのために白馬へ行くのですが、まぁ連休ですからちょっくら観光もしてみたい。
その前日の4日、「ルートの途中である」ことを利用して、松本市内を観光してきました。

松本だったら、ぜひ行ってみたい場所がある。
そのために、朝8時には現地に着くように家を出て、予定どおり8時に到着。
いかんせんGWだから、「とにかく混雑を避けたい」一心で。

無料(しかも公設)の駐車場を調べていたので、ちゃっかりそこに止め、歩いて少し。
見えてくるのは・・・、

P1000373
松本城。
何度とこのそばを通ったことはあるのですが、実は中に入ったことまではない。
実はこの松本城を含む“国宝四城”には遠くから眺めたことはあるものの実際に入ったことはなく、ふと「その四城を巡ってみたいな」と今年に入ってからうすうす思っていたわけで。
なので、この日はその第一弾。

P1000391
8時半開門の10分前・・・なのですが、すでに門の前には列が。
入場後、真っ先に天守閣へ入る。

P1000457
・・・中はかなり混んでました。
写真を撮るのにもひと苦労。とにかく皆さんに迷惑かけない程度に(たぶん)、興味あるところはとことん観察。
全国でも珍しい“攻撃型”の城。外壁が黒いことから別名「烏城(からすじょう)」とも言われている。
狭間(さま)と言われる銃口を向けるための小さな穴はその典型。他にも敵から身を守ると同時に、攻めて来る敵を攻撃するための要塞。時折ものものしく感じてしまいますが・・・。

いよいよ天守の最上階(6階)へ。
P1000490
やっぱりエレベーターで上がるのとは違います(地元の城に対する強烈な皮肉)。

P1000476 P1000482
天守から眺めるアルプス(左)は最高。でも、自身にとってはやっぱり天井(右)に興味が。
一見単純に柱を組み合わせたようにも見えますが、組み方が東西/南北と違っていて結構複雑。途中改修されながらもちゃんと500年もこの状態なのですから当時の大工の妙は素晴らしいものだと。
他にもなかなか興味ある天井があり、ずっと上を向いていたため首が疲れました・・・。

とにかく歴史を感じさせる城。その中でちょっと違和感のある部分が・・・。
P1000562
辰巳附櫓(たつみつけやぐら)と、月見櫓(つきみやぐら)。天守閣とちょっとデザインが違いますよね。

P1000545
特に月見櫓は外見も中身も松本城の中ではかなり異質。
説明文から、1630年ごろに政局が安定期に入った頃に増築されたことがわかりましたが、どちらかというと窓の数も少なく閉鎖的な城内に、突如現れるこの開放的な部屋。
今でこそ歴史の建築物として興味がわくのですが、当時からすると一言、「センス悪い!」で片付けられたかもしれない、と考えてしまったわけで。
そりゃそうでしょ。1500年代の建物の一角に、突然西暦3ケタ時代の書院造の建物が増築されるわけですから。こういうのって一歩間違えるととんでもないことになりかねない。いかに現存の建物に溶け込ませるかが大事であって。
そういうセンスの悪い建物、現代にはいくらでもあるのですが、どうでしょう。

そういう意味で、『歴史は繰り返される』と考えてしまったわけです。
まぁ当時は一般庶民は絶対城内に入れなかったわけですので、城主の自己満足の観点からすれば別にどうでもいいのでしょうけど。

・・・なんてことを考えながらも、さすが国宝。快晴この日、午前中めいっぱいを使って城内くまなく回りました。非常に満足いたしました。

天守閣を出たあと、入場待ちの列が延々と・・・。
この日、最大1時間待ちだったらしい。とにかく早めに入っていてよかったです・・・。


P1000638_2
自身、ここ(北西)からの眺めがいちばんいいかな?


あと、2008年秋までに国宝四城全てを巡る予定です。

|

« 行動は明日から | トップページ | 旧開智学校へ〜近代教育の礎 »

コメント

>2008年秋までに国宝四城全てを巡る予定です。

ぜひ、姫路城も見ていらして下さいね。
私は、もともと姫路市出身ではないのですけれど、
姫路城が一番美しいと感じています。
たびたび、時代劇や映画の中で
江戸城として撮影にも使われているようです。

投稿: aoi | 2008年5月 9日 (金) 11:18

aoiさま>
もちろん、姫路城も見に行きます!
実は姫路は過去、一度だけ眺めたことがあります。
新幹線のわずかな停車時間、車窓から・・・。

>江戸城として撮影にも使われているようです。
へ〜。そうなんですね。知りませんでした。
時代劇そのものを見ないので、全く気にも留めていませんでしたが。
それだけ、“King of Japanese Castle”なんでしょうね。

行ける時が楽しみになってきました♪

投稿: Hassy | 2008年5月 9日 (金) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/41109969

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝四城を巡る(その1)〜松本城:烏のたたずまい:

« 行動は明日から | トップページ | 旧開智学校へ〜近代教育の礎 »