« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

↑今年も懲りずに最後はこのタイトルで。


まぁ今年もいろいろあったわけですが、社会的にはつまるところ「何が正しいか」というのがマヒしちゃっているのではないかと思っています。
これまで以上にやれ目先の流行とかマスコミの情報とかに流されていって、「根本に存在する正しさとは何か」というものがだんだんとわからなくなってきている(自分もそうです)。
でも、その「正しい」だって解釈は人それぞれ違うでしょうし、昔はこれが正解だったものがいまは違うというのもある(歴史とか天文学とか)。
従来から一貫して変えてはいけない正しさと、時代に即して臨機応変に変えるべき正しさを見極めていないから昨今の出来事が起こっているのではないかと思っています。

自身ですが、相変わらず適当にダラダラ。
仕事面ではちょっと・・・でしたがプライベートはまずます。ひとつの別れはありましたが何よりブログが縁で実際にお会いできた方がいて、交流の輪が少し広がったのが大きなプラスでしたね。

マイナスがあるということはその穴を埋めるべきプラスもあるはず。むろんその逆も。
来年はそういうところを見極められるよう精進いたします。


・・・で、今年の最後、やり残したことがひとつ。
この日、どうしても「紅白」「ゆく年くる年」だけは見ないと年を越した気にならないんです。
これだけハレとケの区別がつかなくなって、元日もスーパーとかが営業していて、さらに個人的にはスキーシーズン中なので正月の意識がどんどん薄れてきている。なのでそういう意味でこの2つは結構重要だったりします。


なので、これから紅白見ます。
では、佳いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

(滑走6日目)やはりキソは大事

Dvc00164
この日、ゲレンデトップで10℃(もちろんマイナス)。
今日はコレ↑が役に立ちました。

寒波襲来の予報に期待と不安を抱きつつ、いつものようにマイアへ。
しかし・・・、

Dvc00161
リフト開始直前。風強し。これじゃあ滑る気が半減する(写真はセンターハウスの中から)。
フリーだと絶対ヘタレると思い、今日はアカデミーへレッスン申し込み。
あまり期待しないまま上へ上がったらブーツが埋まる程の「パウダー」でした。

Dvc00162_2←わかりにくい写真で申し訳ないです。パウダーは現時点ではあまり好きじゃないのでこの程度でごめんなさい。
でも、一昔前よりは滑れるようにはなっている(らしい)ので、朝の1本、今季初の『2丁目』に挑戦。
モサモサパウダーの中、2番地でとりあえずノンストップでは降りてこられた。でも今日はこれでいいや。


今日のレッスンは“やさしい鬼さんの基礎トレーニング(やさしい、ってところがミソ)”。
だんだんと掘れて不整地になるゲレンデ。鬼さんはターンの基本動作を踏まえたうえで、各種バリエーションを教わりながらその斜面/雪面に応じたスキー操作法を我々に伝授。でも午後のショートターンは鬼の片鱗が見え隠れ。さすがショートターンの鬼。
レッスン後のおさらい滑走、自身、明らかに朝と違う滑りをしているのがわかりました。
今日は結果的にレッスン受けて正解。今季初めてレッスンで受けたショートターンも昨季の勘が少しずつ戻ってきています。
だが、そんな中でも新たな課題がひとつふたつ発生。
・・・つか、やっぱり基本ができていないんだよな・・・。


帰りも寒波の影響を心配したが、雪が降りながらもR19長野県内はウエット。
年末だからトラックもなく案外スムーズに帰ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

やっと入った

今日で本当の仕事納め。
といっても、大掃除して終わりでしたが。

この日だけは普段の定時より早く帰れるため、終了後はジムへ。
普段なら仕事帰りの人たちで結構混むのですが、今日ばかりはメチャクチャ空いていた。
前回、プログラムを変更してスキーシーズン中のコンディショニング重視のメニューにチェンジ。2つの新しいマシンに慣れないのとウェイト設定がまだ決まらない中、今後のためにちゃんとトレーニング。

で、そこで2ヶ月前に予約した商品が「やっと」入荷(過去ログ参照)。

Dvc00160
あのSKINS
スキーに使うのでわざわざ“snow(ウインターモデル)”を取り寄せたが、当初1ヶ月の納期が倍になってしまった。いつもお世話になっているトレーナー氏は平謝りだったが、まぁ輸入品なんてそんなの普通ですから(仕事上いつも・・・だから)。
実はホームゲレンデでもSKINS愛用者はいまして、自分が知る限り最低4人います。それだけ効果は絶大だそうな。今まではCW-Xですがこれはコンセプトそのものが違うのでどちらがいい悪いのレベルではなく違うベクトルでの効果が楽しみです。

で、これから早速つけて寝てみます。
あと明日は家の掃除をしなくちゃいけないからこれつけたままやってみようかな?

ちなみに、“突然の2割引”で買ったのですがこれを買ったときにスタンプカードが一気にたまって結果として事実上3割引+αになりました。
ホント、タイミングよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

“偶然”の至福

事実上、今日で仕事納め。
明日は職場の大掃除で1年終わり・・・って気がしないんですが。

で、今日は職場の打ち上げのあと、ひとりバーへ立ち寄り。
「滅多に入らないレアもの」が入ったという情報を聞きつけ、それを頂いてきました。

Dvc00157
山崎のシングルカスク。それも初めて頂く“ミズナラ樽”。
ある時期、樽にする木が足りなくなり「しょーがねぇからこの木で仕込むか」と“仕方なく”使った材料だったのに、これがものすごくいい味に仕上がっているという。“偶然の産物”とはまさにこのこと。
ラベルでわかる人にはわかりますが、我々庶民にはなかなかありつける機会がございません。

飲んだ感想・・・、なんて書いたらいいのだろう。
口にしてから後をひく数分間の間に、いろんな味があらわれ、消えていく。今まで飲んだモルトとはまったく違う次元の味。
でも、ひとことだけ結論を上げると「うまい。」

年の瀬にこんないいものに巡り会えた幸せ。
帰宅してからもその余韻がおさまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

あがり?

あがり?
名古屋限定ネタで恐縮ですが、「白・黒・抹茶」の次にくるのは「上がり」か「あずき」、どちらで覚えているかでそれなりに世代がわかったりします。

ちなみに自分は「あずき」で認識している少数派?です。


…ところで、上がりってなに?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

christmas full moon

Pc240061_2

Pc240049_2

「どうせ日本は仏教の国だから。」というのは昔の話
そんなことを言っている人だって、来週になれば神道に足を踏み入れるわけだから

特定の宗教のお祝いではあるけれど
その宗教ですら自分なりに解釈し、お祭りにしたのは日本文化のすごいところ

必要以上に間違った方向さえ向かわなければ、これでいいと思う
逆に、ひとつの神しか信じることのできない人たちに、八百万の精神を教えてあげたいくらい

争いはなくそうと思っても、決してなくなるものではないけれど
たとえ争いが起こっても、最後は皆がまるくおさまることができるのなら

あなたが信じている“神”も“預言者”も、きっとそう思っているはず


今日のこの満月のように・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

(滑走4・5日目)ポレポレでいこう

Pc230037_2

Pc230043

ここは標高1000m後半〜2000m。雲の上は気持ちいいものです。
(いずれも23日撮影)

予定どおりこの週末はマイアへ。
土曜は1日中小雪、(マイナス)6℃、ほぼ無風と結構“暖かかった”です。
この日はmaximさんのダンナNと一緒に1日中T氏の指導を受けていました。いま自分が持っている問題点、当面どうすればいいかを徹底的に。いわゆる“Hassy癖”の発生メカニズムがここでだいぶわかってきた。あとはそれをどう克服するか・・・なのだが。

日曜はフリー。
朝起きると、車中泊の駐車場は全く予想外の状態。完全に名古屋で降るシャーベット状の雪。
それにもめげずゲレンデへ向かい、リフトで上がると思ったほど雪質は悪くない。が、ほとんど春の湿雪。午前中は晴れ間が見えていたものの昼頃ベースで「雨」が降っていたのには参りましたが。
昨日と雪質が違うせいかなかなかうまく滑れない。でも、一緒に滑っていた中から、N氏とH氏からそれぞれワンポイントアドバイスをいただく機会を頂きました。
特にH氏のそれは自分にとっての問題で解決方法が見つからなかったところをほんのわずかな説明でそれを解いてみせた。
言うに従うまま滑ってみるとこれがスゴク楽に滑れる。これでHassy癖解決法の糸口が見つかったような気がします


この2日間、天気こそイマイチだったが有意義なことが密集しすぎて教わったことをどうやって整理しようか逆に混乱しているかも。

仲間の回りの人たちはみんなうまい人ばかり。
最終的には追いつきたいけど、現状それを追いかけても無駄なハナシ。
だから、自分で道がそれないよう注意しながら、ゆっくりと、確実に課題を克服し、次へつなげる。


とにかく、今は、ポレポレの精神でひとつずつ課題をこなしていこう。


現状における材料(課題)はすべて頂いた。
あとは、これらをどう料理(克服)していくか、なんですけどね。
うまいカレーが出来上がってもご飯がないと味覚が半減しますから(何がいいたい?)


【オマケ】土曜は終了ギリギリまで滑ったが、日曜は14時にアップ。
普通ならまっすぐ帰るのだが疲れとトシのせいかやまゆり荘へ立ち寄り。
温泉&仮眠したあと、道中での夕食は久しぶりに・・・。

Dvc00150
やっぱりいつものうどん屋。
味噌煮込みはベーシックに玉子入りだけにして、サイドメニューにある一品を頼んだところ、「今日、ワカサギが入ってるけど、そっちにする?」と大将。

Dvc00149
結局つられて、メニュー板にないワカサギの天ぷらを。
非常に美味でした。ごちそうさまでした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

弁慶が泣いた

不覚にも、「脛」を打ってしまった。

仕事中、部屋の書類棚で資料閲覧をしていたとき、「Hassyさん、でんわ!」と声が。
慌てて自席に戻ったとき、机の一番下の引き出しが開いたままだったのに気づかず、おもいっきり・・・(以下、表現自粛)。

しばらく立ち上がることができず。痛みをこらえなんとか立ち上がったけど、肝心な電話は「あとでかけ直すからいないと言っておいて。」と伝えて、しばらく痛みが引かずビッコ引きながら歩いていました。

今は大丈夫ですけど、脛に5cmの切り傷がついていたのに気がついたのは帰宅してからでした。


みなさんも気をつけましょう。
でも、不幸中の幸いといえば、ぶつけたところがスキーブーツの「タング」にかからなかったこと。もうちょっと下だったら踏み込んだときに痛みがでちゃうんだろうな。


というわけで、今週末はスキーです。
ちょうどいい雪が降っていると思うので、次回はひたすら“練習”・・・・するのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

やっつけ年賀状

年賀状、日曜から作り始めてただいま完成!
いまプリントしているところです。元日配達には間に合う・・・と、思います。

ハッキリ言って“年賀状らしくない”という点では今回は自分でもびっくりするくらい、想像異常・・・もとい、想像以上のモノができた。
火曜日、サンプルを職場の企画担当、K氏(→会社で唯一、仕事でのMac使いであり、デザインセンスは尊敬に値する本来業務とは違うところで先生みたいな存在)に見せたところ、「いいじゃない!」と“お墨付き”をいただいて、帰宅後細部を修正して完成しました。

実は「今回はこの小道具だけは使いたい。」と今年始まってから決めてはいたものの、どうやって形にするか直前まで全然決まらなかった。
それが今月のある日、「電車内で向かい合わせに座った女性が持っていた某ブティックの紙袋」「東急ハンズで見つけた工作素材」「部屋にある液晶TV」のおかげで「これだ!」と同時多発的にアイデアが浮かび、画面に向かったらあれあれ?という間に出来上がってしまいました。
“やっつけ仕事”とはまさにこのこと・・・だと思います。


例年のとおり、このブログでは1月1日に切り替わった時点で自動アップするようセッティング。
まぁその日になりましたら適当にご覧になってください。
「これ年賀状と言えないじゃん。」と言われるのがオチですから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

10,11,12

自身の最近の音楽趣味は「生音/電子音のこだわりは特になく、自分の耳を頼りにしてそれがいいと思えばそれがお気に入り」。
だって、電子音には電子音にしかない魅力があるから。「電子音は冷たい」と一辺倒に片付けるのではなく、それを生かすも殺すも音楽家のセンスだと思っています。

でも、やはりこれらを聴くと生音の魅力を感じてしまう。


Pc170030
昨年までに第9集までは揃えていた『無印良品BGM』。いつの間にか10〜12が立て続けに出ていた。時折「次は出ないのかなぁ」とチェックはしていたが、HPにも載ってなかったぞ。
先週、別の買い物のあと、たまたま無印良品に寄ったら見つけてしまったわけで。もちろん即買い。

「アルゼンチンタンゴ」「ハワイアン」「フランスのミュゼット」となかなか痒いトコロをつく選曲。大手のレコード会社や通販会社がよくやるような単なる寄せ集めではなく、このCDのために全ての曲が現地のミュージシャンによる録りおろし、というのに好感がもてます、というのは昔書いたか。

聞けば誰もがわかる“おなじみの曲”もいくつかあります。
現在世界で活躍する数多くのミュージシャンが世界のありとあらゆる音楽を聴き、それを自分流に吸収してアレンジして提供されているわけですが、その“原点”を聴くとやっぱり今の世界になっても残っている、受け継がれている音楽はどれもこれも名曲なんだなぁと。


1枚1050円という安さから、だまされたと思って買ってみても悪くはないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

TOKYO 1945

「企画展を見に行く」
少し前に予告していましたがこの日、実際に行ってきました。

“冬眠中”のS401(クルマ)を起こして1時間弱走らせた先は、

Dvc00145
実は大学へ。
卒業した大学は違いますがサークル活動の一環で何度か訪れたことはあります。
薄れた記憶の範囲ではキャンパスは大きくは変わっていないイメージでした。

Dvc00142_2
そこで行なわれていたのが、この写真展
キャンパス内、ある部屋の一角の申し訳程度のスペースでしたが、元米軍兵士が終戦直後の東京をカメラに収めた歴史的に貴重な写真ばかり。関係者以外の一般が見られるのはこれが初めてなんだそうです。
しかも当初、日曜のこの日は休館の予定だったそうですが、反響が大きく急遽開放していただいたということで。大学関係者に感謝。

しかし、「敗戦のどん底」のはずなのに被写体のひとりひとりが「生き生きとしている」のはなぜだろうと。
しかも撮っているのは“占領”してきた米軍。それなのに、なぜこんなに希望に満ちあふれた表情をしているのか、不思議でなりません。
「もう軍部の統制や空襲警報や焼夷弾におびえることもないから。」も理由のひとつでしょうが、それ以上の理由があるはず。「もう何もなくなってしまったから。」との開き直りもあるかもしれない。ありとあらゆるものが不足している中、他の国なら暴動のひとつやふたつ起きてもおかしくないのに・・・。

全壊した建物から生える鉄骨、残った建物に見られる昭和初期のシンプルながら細部まで手を抜かないデザインセンス、焼け跡ではありあわせの布でつくった衣類と焼け残った着物で着飾る人が行き交い、路上では商いをしている様子、そこの近くで遊ぶ子供達。

これ以上書くと際限なくなるのでやめておきますが、現代ははたして?と考えさせられる時間でした。

【展示写真はこのページでも見ることができます(毎日新聞記事)】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

としのせ

今日は会社の忘年会でした。

もうそんな時期なんですね。1年は早い。
恒例のビンゴ。例年なかなか当たらない。仕事はちゃんとやっている(ハズ)なのに。
景品の中に地デジ対応TVやWiiやDSLiteが含まれていたのですが、残念ながらそれは当たらなかった。
でも、今回は“それなりのもの”が当たり、「まぁ当たればいいか」という気持ちと、「あぁ、今日はこの程度だから今年の運はまだ残っているな(→年末ジャンボ?)」とこういうときの物事はできるだけ前の方へ考えようと。
でも、当たる人は毎回当たってるんだよなぁ。いったい何がまさっているのだろう?

今回は名駅エリアでした。
なので、会が終わったあとはこの時期お約束のイルミネーションを。

Pc140011
恒例のタワーズライツ。今季は“正攻法・直球勝負”ですね。
昨年のあまりの出来のヒドさに(少なくとも自分のまわりでは)物議を醸し出しただけあって、「イルミはこういうものだ」とやっと気がついてくれたようでホッとしました。

あと、隣のミッドランドスクエアも負けてはいない。

Pc140008_2
「何か」に見えます。
自分はすぐに気がつきましたが、もっと遠くからでないとわからないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すっかりふゆ

すっかりふゆ
この間まで黄色だった銀杏の木もこの通り

木々にとってしばらくはじっと我慢の日々ですが、むしろこの時期が忙しかったり、楽しみがあったり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

カミキリ

次の週末はスキーの予定なし。
その代わり、ヤボ用がいっぱいたまっているのでそちらをこなさないといけないのですが・・・。


この日、会社を定時で上がって自宅から最寄りの地下鉄駅から一駅違いにある理容院へ。
普段、散髪は休日に行きますし、当初はその予定だったのですが、昨日何気にネットを漁っていたら県内でぜひとも行ってみたい企画展があるのを見つけた。しかもそれを見られる機会が日曜(16日)しかない(土曜は出勤なので)。
スケジュールの組み直しを余儀なくされ、実は少し前にある人から「理美容院って平日の会社帰りに行くもんじゃないの?」と言われて「そうなん?」と思っていた自分がそのことを思い出し、運良く今日は仕事もうまく片付いたから急遽実行したというわけ。

あぁ、なるほど。
言われてみれば休日の髪切りのため一定の時間を割くって結構もったいないかもしれない。ですが髪切ったあとって結構違和感あるから2、3日の間は結構イヤなんですよね。だから休日に行って少しでも自分が慣れるため・・・というのもあったりするのですが。


でも、これで休日の予定に少し余裕ができたのも事実。
なので、その空いた時間+αはその“貴重な”企画展のためクルマを走らせて見てくる予定です。

HPでそれを見つけたとき、自分自身にとってはあまりにも新鮮なことでしたから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

300 million yen

39年前のこの日、あの“三億円事件”が起こった日なんだそうです。

これだけ多額の現金を奪われながら時効になった点もそうですが、「誰一人傷つけず、損をさせていない」点で犯罪史に永久に残る事件。
もちろんリアルタイムでは知らないのですが、確か中学の社会科でも余興として先生が詳しく教えてくれたし、あのモンタージュ写真はリアルタイムの人間でなくても結構印象に残っています。


・・・で、話を現代に移すと、只今発売中の年末ジャンボ宝くじ。
一等前後賞合わせて「3億円」ということで、一等の当選確率が1000万分の1という天文学的確率なんだから「どーせ当たらねえよ」と思っても「買えば当たる確率はゼロではないし」というのも事実。


ま、大晦日の日まで少しばかりの夢を見させていただきますか。
払ったお金。どーでもいいお役人の給料ではなく、ちゃんと使うべきところに生かしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

(滑走2・3日目)これからはじまる

Pc080003

ただいま!!

ついにホームゲレンデ(開田高原マイア)がオープンいたしました。
朝4時過ぎに家を出て、長野県に入って、向かう先がだんだん白んでいく中クルマを走らせている途中のワクワク感はなんともいえません。が、昨今のガソリン高で今季は昨年までよりペースを落としてしばらくの間は「いちばん燃費のいいところ」を探りながらですが。

シーズン券3年目。オープンの土日、初めて2日間とも滑ることができた。
土曜日滑って、夕食後は温泉につかって、その時々ではありますが夜に仲間とダベって、車中泊して、日曜日また滑って、頃合いのいいころにアップする“日課”がまた始まり、それが4月まで続きます。

まず、この2日間は滑りのカンを取り戻すことと、今するべき課題を受け取ること。

土曜日はレッスン。
先週の五竜が天然雪(かつ不整地)だったため今回の人工雪にとまどいながら、おそらく100歩も200歩も後退している滑りに対してコーチから指導を課題をいただく。
まぁこの時期言われることは一緒なんですけどね。

日曜日。夜中多少ながらも雪が積もったおかげで前日よりはかなり滑りやすい。
この日は前日の復習と、T氏に教えを乞い次なるステップアップのための練習を。
まず、12月の目標としてはそれらの実践と、“Hassy癖(←T氏が命名)”を直すこと。これを直さずして次には進めないと肝に命じ、シーズン初めもあって昼過ぎにはアップしました。今シーズン初めて「マトモに」滑ったから結構疲労がたまっていたし、何よりシーズンはこれからですから


まだまだ先は長い。いつかちゃんとした意味で「これが自分の滑り!」と確信できるよう、精進いたします。

あと、これも“今シーズン初”だった。
Pc090007
雪道。ほとんどは融けていましたが帰り道、日影のところで一部こうやって残っていました。
いかんせん3シーズン目のスタッドレスだからとにかく慎重に。後方にクルマがいないことを確認して直線でブレーキング。ABSの効き具合を確かめ「まだ(タイヤは)生きてるみたい」。
ですが、このBスポは「ブレーキアシスト」が付いているからABS以上にむしろこちらが厄介。昨季アイスバーンで何度も怖い思いをしたため、今季は極力アシストを効かせない(必要以上に強く踏み込まない)ブレーキングが重要です(ABSが効いてしまうと本当に止まれないから)。

・・・ん? なんかスキーと似ているぞ。
板も的確に操作できないと「暴走」になるし、クルマも自分の腕や性能を超えた操作をすると「暴走」してしまうし・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

ヨボウサク

特に風邪をひいている、ってわけではないのですが、今日はマスクをつけていました。

というのも、けっこう前から職場では風邪が大流行!
通勤時だって、特に電車の中では不特定多数の人と接するわけですから、せめてもの予防策として。

仕事中も、電話の向こうで声がおかしかったり、咳き込んでいる人が何人もいらっしゃいました。
それだけ流行っているということですね。

皆様もご自愛なさってください。


で、自分ですが、
たとえ平日は休んでも、これからの土日は絶対休めませんので。
・・・と上司に言ったら「それは違うだろ。」と(笑いながら)突っ込まれました・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

冷えてきた

いよいよ「冬本番!」というほど冷えてきましたね。

さすがに今日はコートも「冬仕様」にチェンジ(でも相変わらずサマースーツ)。駅まで自転車漕いでいると耳に突き刺さるこの寒さ。
でも、地下鉄の駅に潜ってしまえば意外と「暑い」ためそのへんの調整が難しいです。

だから、前にも書いたけど、「そのときの一番暑い状況を想定して服装を決めて」います。
寒い時はカラダ動かせば暖まりますから。


・・・なのですが、事件は帰りに起こった。
帰りの地下鉄、車内も駅もなんと「冷房」がかかっている!
さすがにこれには参りました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

原始的だけど

Dvc00100
湯たんぽを買いました。

東急ハンズとかでさまざまな形や、さまざまな素材のものが売られていますが、やっぱり湯たんぽといえば原始的なこれでしょう。
お湯を入れると相当重いですが・・・。

もともとかなりの暑がりで、真冬でも「時折フトンの冷たい所を探すのが楽しみ?」な自分ですが、これは今後の生活に欠かせないものでして・・・。

この週末からはもっと厳寒の場所で一晩過ごすわけですから、必要だと感じました。
とりあえず今日明日使ってみて、効果のほどを試してみようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

(滑走1日目)異次元な初滑り

Pc020062_3

来てよかった!!




・・・と、唐突にゲレンデ写真から始まってしまいましたが、8ヶ月ぶりのスキーシーズンがいよいよスタートいたしました! この時を待っていた!!
と同時に、07-08シーズンのスキーブログもダラダラと開始いたします。
まぁ適当に読み流してください。どうせ大したこと書いていませんので。


ホーゲレンデのオープンはもう1週後なのですが、やっぱりその前に滑っておきたい。ということで向かったのは・・・、

Pc020110白馬五竜スキー場”。当然ながら『一部滑走可』ではあるのですが、到着して、白いものは何もないふもとからゴンドラで上がるとこの別世界。土曜日仕事片付いてよかったぁ(通常出勤ではありましたが)。


今回ご一緒させていただくのは昨季知り合ったブログ仲間のbtcmixsandさまとそのお仲間のひとり、パンダさま(信南の住人、初対面です)ともうひとり、btcさまのなんと旦那さま!
なんとbtcさま、1週間前に電撃入籍し、関係者をアゼンとさせた。もちろん自分と旦那さまは初対面なのですが、今思えばあのとき彼女のブログで書いていたこと、そういうことだったのかぁ。それがそうか。(便宜上、旦那さまのことを田○さまと言わせていただきます)

現地の駐車場で対面。「おめでとうございま〜す♪」と皆様(といってもパンダさまと自分だけ)から祝福を受けるふたり。いくら新婚ホヤホヤだからといってゲレンデの雪まで溶かしちゃだめですよ!

まぁ今季初ですので、今日は軽〜く脚慣らし・・・と思ったのだったが、それが甘かった。

ご一緒するのはおんたけの住人達。その時点でどこを滑るか自然と決定される。
「あ〜、あるある!」とコブを見つけ、早速コブに入ってるし。
しかもパンダさまも田○さまもうまい! というか、絶対次元が違う!

もともとコブが苦手(というか、滑れない)で、しかも当然ですが今日はコブ連なんかするつもりのない自分は冒頭の写真のコース(グランプリコース)の「浅い所」を狙って初滑りの感触を確かめるために・・・なのだが、やっぱり安定しない踏み込めない。まぁ最初ですからね。

Pc020091
ちなみに、場所によってはここまで「成長してる」し。12月初めのゲレンデとは思えない。

Pc020069 Pc020068_2
混み具合は最大この通り。リフト待ちも最大5分程度。
この日、btcさまの別の仲間が奥美濃の某スキー場に行っているそうで昼食時にメールのやりとり。そしたら「小雨/リフト待ち20分(泣)」だと。遠いけど頑張ってここへ来たかいがあった!

午後も結局ほとんどグランプリコース。深い浅いはあるもののほぼ全面“不整地”。
でも雪が緩んできたためなんとか滑れるようにはなってきた。昨季の滑りや教えてもらったことを思い出しながら滑ってはみるものの、「ひとつ思い出すと、ひとつ忘れる」状態。まぁそれでも午前よりは感触が戻ってきた感じはします。

一方、「コブ馬鹿三人衆」は相変わらず深コブばかり。
しかも田○さまは「コブを滑ると○○が治る」という変わった“特技”をお持ちで、アゼンとしている自分がそこにいました。
おかげでコブの底で一部ブッシュが出てしまっているし(原因は3人ばかりではないですが)。
・・・まったく、あれほど「ゲレンデの雪を溶かしちゃダメ」と言ったのに、別の意味で「熱く」なってしまったのでしょう。


いちおう書いておきますと、ちゃんと「整地コース」もあります。
Pc020098_6
パノラマコース。この日は1日緩むこともなかった。今日はブッシュを考慮して予備の板を使ったのですが、混雑さえなければ大回りが気持ち良さそう。でもずっとこの混雑でしたので中〜小回りメインで。でもフラットバーンは気持ちいい(他の3人「なんで!?」)。
しかし、このバーン、昼食時の移動と、2〜3本しか「滑らせてもらえません」でした。

15時半頃終了。ゴンドラを下って、それぞれ現地で解散して、帰路についたのでした。
btcさま、そして田○さま。3月あたりになったらおんたけでコブの滑り方教えてくださいね。


【今日の収穫:今季滑っていくにあたって、何が課題なのかを自分自身で把握する】
まず真っ先にアレとコレがあります。
それは何年も同じこと。今季こそはできる限りの修正をしたい。
あと、初日なのに“猿のように滑らされた”おかげで普段のジム通いとは違う体力の必要性を感じたことと、このブログを書いている時点で今までとは違う場所の筋肉や間接の違和感がある。
昨季、シーズン中はジムを休会していたが、今季はたとえ週イチでもいいから通い続け、基礎体力の維持と翌日以降の違和感をトレーナー氏に報告して、新たなプログラムをつくる相談をしようかと思います。

さらに、
ここ五竜の標高はゴンドラ降り場で1150m。
来週からはベースでプラス200m、トップではさらに1000m高いところで「暮らす」訳だから、これくらいで息切れしちゃいけないんだけど・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

お昼です

お昼です
通勤途中に買ったデイリーホットの手づくりサンドイッチ
エビカツサンドのエビが「ぷりっ」としていておいしいのであります♪


仕事の『ヤマ』は越えた
もう「あっち」しか考えられない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »