« 九州ジグザグ縦断(2日目その1)〜無駄だからこそ、無駄でないもの | トップページ | 九州ジグザグ縦断(2日目その3)〜ようこそ“地獄”へ(但し短縮版) »

2007年9月22日 (土)

九州ジグザグ縦断(2日目その2)〜緑に乗って、東へ向かおう

(この日記は9/25夜作成いたしました)

2日目その1からの続きです)


久留米で下車して待つこと10分。次の列車がやってきました。

P9220084 P9220085
特急「ゆふいんの森」。最近観光地として有名な湯布院を通り、別府まで向かう観光列車。結構人気があってかつ全車指定席なのでチケットが取りにくいことでも有名。
実は最初に取ろうとしたとき(9月初め)は既に満席で、仕方なく2時間後の“普通の特急”の指定席をとっていたのですが、「たぶん旅行会社が押さえているだろうな」との深読みが的中。1週間前になって再度調べたら“空席あり”と。そこで変更しておいたわけで。
これに乗って終点別府まで移動します(余談:指定席が博多からとなっていますが、別に博多乗り換えでもよかったけど少しでも寝台で横になっていたいのと、博多での乗り換えが数分しかなく、かつホームを移動しなければいけないから久留米乗車としました)。

車内はまさに観光列車にふさわしい。本物の木をふんだんに使い、移動中でも飽きさせない工夫が随所に(くわしくはこちら)。

幸い一番前の車両だったので前方の景色も楽しめる。この日は満席。やはり家族連れやグループが多いなぁ。まぁいいけど。

P9220093
途中、こうやって客室乗務員(飛行機みたいな言い方ですが、JR九州ではこう言っているそうです)がスナップ写真をとってくれたり、所々で名所案内など、まさに観光にふさわしいことをしてくれます。

その名所案内、サロンに移動してそこから撮れた2ヶ所をここでもご紹介。

P9220097
慈恩(じおん)の滝”。車窓からかなり近い。しかもこの間列車は最徐行。なかなかニクい演出してくれます。

P9220102
伐株山(きりかぶさん)”。本当に切り株みたい。帰ってから調べたのですがこういう民話があるみたいですね。

この列車、お昼の時間帯をまたぐのですが、昼食だって抜かりはなかった。
実は“ビュッフェ”があって、ここで食事とか飲み物が買えたりします。車内販売がない代わりにちゃんとキッチンがある、ということは・・・。

P9220108_2昼食としてこれらを。皿うどんと、豊後牛の薫製。そして昼間は滅多に飲まないけどせっかくなのでビールも。
「どうせレンジでチン、でしょ。」って言われればそれまででしょうが、よくよく考えてみて下さい。“暖かい食事”と、缶ではなく“サーバーから注がれたビール(しかもヱビス)”を車内でいただけること、最近ありますか?  今となってはものすごく貴重なことなんです。
座席でもよかったが、せっかく存在するフリースペースに陣取って、移り行く車窓を眺めながらのお食事。こういうシチュエーションだからこそ何倍にもおいしく感じられる。ビールだって「今まで飲んだ中でおいしいと感じたベスト3」に間違いなく入ります。

食事が終わった頃、列車は由布院へ到着。そこで客の大半が降りる。やはり観光地なのね。

由布院発車後、満席だった車内はわずか数人に。せっかくだから一番前の席に陣取って、しばし前方の車窓を眺めます。
(mixiに動画をアップしました→こちら


P9220117 P9220116
ついでなので再びビュッフェへ。食後のデザートとして由布院で積み込んだそこの有名店(らしい)抹茶水ようかんを購入。
甘過ぎなく、んまい。

デザートのあと、程なくしてウトウト。気がついたら大分駅を過ぎていた。

P9220122
でも山道を走り抜けた列車は大分を出ると一面の海。間違っていなければこの先に見えるのが別府の市街地。

P9220126
ようやく到着しました。誰もが知っている日本の温泉地。
でも、3時間いても全然飽きなかった「ゆふいんの森」。JR九州は列車での観光についてホントよく考えているなと思ったひとときでした。単なる移動に終わらせない工夫、そういうところに人気があるのでしょうね。


今日はここで泊まりますが、チェックインまで時間があるので、旅行カバンはコインロッカーに入れて、別府のちょっと面白いところに行ってみたい思います。

つづく

|

« 九州ジグザグ縦断(2日目その1)〜無駄だからこそ、無駄でないもの | トップページ | 九州ジグザグ縦断(2日目その3)〜ようこそ“地獄”へ(但し短縮版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111223/16573746

この記事へのトラックバック一覧です: 九州ジグザグ縦断(2日目その2)〜緑に乗って、東へ向かおう:

« 九州ジグザグ縦断(2日目その1)〜無駄だからこそ、無駄でないもの | トップページ | 九州ジグザグ縦断(2日目その3)〜ようこそ“地獄”へ(但し短縮版) »