« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

決算じゃないんだけど

結局今日も出勤。8時~18時までみっちり。

先週は土曜日片付けた以上に月曜日は怒濤のFAXだったけど、もう法施行前は終わったから来週こそ大丈夫だよね。実際9月1ヶ月間で自分の担当する注文・見積の案件はおおよそではあるが普段の月の3割増しだった。そりゃ普段でもイッパイイッパイなのに追いつくはずないよな。

今日は途中から来た上司と、入れ替わりであと2人が参戦(但し持ち仕事はほとんど別々)。いい意味で「上司らしくない」人のため、こういう時は非常に助かります。しかも自分はiPod持参で音楽聴きながら仕事。こういう日にしかできないし、受験生時代はラジオ聞きながら“ながら族”やっていたからかえって集中しやすいし。

今回こそ95%は片付けたぞ(あと5%は問い合わせの必要があったりで翌週に持ち越し)。10月、ちょっとは落ち着けばいいけど(スキーシーズン前のオフトレも佳境に入るし)。

 

明日は自身にとっては大事なイベントのためかなり遠くへ。そのため5時に起きなきゃいけないのでそろそろ寝ます。明日は久しぶりに『都度ケータイでブログアップ』いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

いちおう地元だから言いますが

やっぱり全国では・・・、

続きを読む "いちおう地元だから言いますが"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

いまさら遅いって

終電より1本前に帰れた・・・。

しかし、一般企業だったら9月末は「中間決算」とかなんとかでタイヘンなのでしょうが、勤めてる会社の決算月はまったく違うし、例年同月はここまで異常に忙しくないぞ。やはり新法施行前の影響があるのかなぁと。

実際この日(27日のことね)、あるところから「実は来月の法施行前に(申請を)出さなきゃいけなくて・・・。」と本当に“駆け込み”が2件もあった。「正直な話、(申請受理に)間に合わなくても知りませんよ。」と念を押した上でその日のうちに見積書を作ってFAXしておいたが、まさかこのときに来るとは思わなかった。相手はどうも「シロウト」っぽいし。しかもこの金額じゃ自己負担が出るだろうな(←わかる人だけわかってください)。

自身が公共交通機関で通勤している以上、たとえどんなに働きたくても勤務時間は“終電限界”を超えられないわけで、今日も計画通り『片付かず』。木曜はシステムメンテがあるからおそらく強制定時になるだろうし、たぶん今度も土曜日は出なきゃいけないな。

 

日曜は大事な用事が入っているんですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

本日の業務は終了いたしました

本日の業務は終了いたしました

やっと仕事ができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

たまにはニュースネタ(ただしフマジメ)

サラリーマンNEO終わっちゃったなぁ・・・。

その1:<総理が変わりました

まぁ政策だなんだってのは「お手並み拝見」というところで持論は終えておきますが、ちょっと興味があるのは『日本初の戦後生まれ』ということ。同じ“初の戦後生まれ”となると、アメリカのクリントン前大統領を思い出すんですね。

日本にいるから言えるかもしれませんが、クリントンはだいぶ良い意味でいいことをやってくれたと思うんです。中東問題もあれだけ柔和なレベルに持ち込んだのも彼の成果が大きい。その後、(戦前生まれの)大統領がブチ壊しにしたのは記憶に新しいところですが・・・。

またキャラ的にも魅力があった。アメリカの大統領は“肖像権が存在しない”そうで、いろんなところでネタにされたが、さほど嫌味を感じなかったのがスゴイ。最も笑ったのが頭痛薬の広告。彼の顔写真の額に話題の不倫相手の写真が貼られて、「頭痛に・・・。」という宣伝。あれはウマイ!と思った。

今の大統領だったらシャレにならないしなぁ。

ハナシを戻すと、正直「戦前生まれと戦後生まれで思考がそんなに変わるのか。」というツッコミはともかく、“団塊の世代(よりちょっと遅いか)”の総理ってどんなんだろ。と思うわけです。だって団塊の世代って我々より非常に「若い」と思うんですね(もちろんいい意味で)。どれだけ団塊のように政界では「あまりにも若い考え」がどれだけ通るのか、そのへんをしばらくは見守って行きたいな、と。

その2:<あの人の判決

最初は「当然でしょ。」と思ったが、記事を読んでいくと法曹界では『画期的な判決』らしい。

「ひとり殺しただけで死刑」というのは今までなかったそうで、法学部卒ながらよくわかっていませんが(だってゼミの専攻は民法だったんだもん、と言って逃げる)、どうも『永山基準』というのがあって、今の殺人犯に対する判決はこれが基になっているらしい。今回はその基準を超えて判決が出された、ということで画期的であると。

でもね、記事やニュースを読んでて、被告がガッツポーズをしていたとか、「公判内容が気に入らない」とかいって控訴してしまったというのはどうなのかと。どーせ被告は死刑になるのがわかってて(というか望んで?)被告人席に立っていただろうし、外野から見るとハッキリ言って彼はもう救いようがないですね。

ただ、ガッツポーズをしていたというのはどうかと。裁判長はそこを「予想していた」のかどうなのか。仮に無期懲役だったら検察はもちろん控訴するでしょうが、弁護側はどう動いたか。たぶん高裁での公判は行うでしょうからそこで被告はどういう行動にでるか、こういうのには目を離しちゃいけないと思うんです。

だって執行されてしまったらこれ以上被告は何も言わないわけですから。

なぜ日本には『終身刑』が存在しないのでしょう? 別に死刑反対派ではないのですが、こういう事件があって、こういう判決が出るたびにそう思ってしまいます。

 

なんか書いててアタマの中がややこしくなってしまった。うーん、やっぱりこういうのはやめとくべきか、ほぼ毎日書いてアタマの中を鍛えないとダメですね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナチュラルハイ

ナチュラルハイ

さぁ、“きょう”もがんばるぞー!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

買い込み

今日は昼から市内の至るところを買い物。

秋物の服と、スキーの小物と、本・・・等々。

服はだいたいユニ●ロです。最近は安いながらも結構丈夫になったし、着こなしとか何だとかに無頓着ですので。でも「上と下の色使い」とかはやっぱり気にしますし、服を選ぶ際にひとつだけ守っている“自らのオキテ”だけは今回も守った。別にどうでもいいコトなのですが。

スキーの小物はシーズン直前には「いいものがなくなってしまう」のでようやく。今回はグローブとニットキャップ。それよりウェアの早期予約でもらった割引券の有効期限が迫っていたから忘れぬうちに。

今までのも充分使えますが、土日連続の滑走が増えたためせめて小物だけでも2着体制でいかないと正直持たない。最近のグローブってほとんど「普通の手袋」なんだねぇ。そんな中、やっぱりドメスティックブランドが一番。Lでも小さく、なんとOサイズを選択。だってマイアは時に寒すぎて、中にもう1枚手袋をすることもありますんで。

P1000041_1

ニットキャップはこれがかなり安かったので、思わず・・・。

あとは本屋。実は本来欲しかった本を探しているときに偶然見つけた2冊(うち1冊は新刊だった)を購入。結局本命はありませんでした・・・。

この人の本(マンガですが)は非常におもしろい、でも1冊1冊のテーマは“深い”です。もう何冊も揃えています。マンガなのでサラっと読めますが、一度終わってもう一回読み直すとだんだんと・・・。てなカンジです。昔の作品もたまに読み返しています。

P1000042_1

左の本は読売新聞の連載をまとめたものなのでご存知の方もいると思いますが、この本は彼の他の作品で出ているネタがさりげなく現れたりします。別に知らないからってストーリーには全く支障がないのですが、知っていたら知っていたで面白みが増す。そういうのもちょっとした楽しみです。

名古屋もだいぶ涼しくなったし、今日は暑すぎず寒すぎずでちょうどいい気候でした。しばらくは夜中に暑さで目が覚める、ってコトがないから助かります。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年9月23日 (土)

リフレッシュ

リフレッシュ

仕事後、ジムへ。

ここ最近の土曜日はボクシングのレッスンにできるだけ入るようにしています。ストレス解消にもなるし。
自分のペースが通じないスタジオレッスンはかなりキツイですが、その分カラダにもキクわけで。

スキーシーズンまであと2ヵ月か。とにかく行けるときに行かないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

返上

返上

結局9時から18時のフル勤だぁ〜い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

今年3回目だそうです

明日は第4土曜だし、祝日の意味ないじゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

アナログを養え

結局家に着いたのは日付が変わった午前1時・・・。

で、そんなに遅くまで何やっていたかというと、仕事が上がってから部署の皆でボードゲーム(しかも上司の家で、というのがなんとも)。初めてだったのですが、これは面白い!

P1000032

スコットランドヤード”。カンタンに言うと「ひとりが怪盗、残りが刑事役になって、すごろくみたいにルールを基にボード上にある街の中を回りながら犯人を追い詰めて、捕まえたら刑事の勝ち。逃げ切れたら犯人の勝ち。」というもの。ルールがすごく単純で、単純がゆえかなりハマってしまいます。

怪盗役が変わりながら4ゲーム。一度怪盗を自ら追い詰めたときはすごく気持ちよかった。また結局なりませんでしたが、「怪盗役が一番面白い」という。

デジタルなゲームが全盛の時代、改めて“アナログゲームの奥深さ”を実感。駆け引きの重要性とか、相手が何を考えているか読めないという意外性、などなど。

普段の仕事だって「相手は何考えているか読めない」から、時々こういうのでアタマの切り替え&思考を養うのも必要かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

仕事後

仕事後

ボードゲームしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

“ロハ”な休日(その3)~いちおう“観光”もしてみる

(その2からの続きです。この日記は18日作成しました)

お腹も満足したところで、N氏が帰るにはまだ時間がある。せっかくだからもう1ヶ所回れるのでどこにしようと作戦会議(実はその後の予定を全く決めていない)。議論の結果、浜名湖畔のあるところへ。

舘山寺。浜名湖の北部に位置する温泉と遊園地がある観光地。なのだが、「ねぇ、舘山寺というくらいだからちゃんと“寺”があるんだよね?」「・・・そりゃあるでしょ。」「どーせなら“寺”へ行きたい。」というワケの判らない会話をしながらクルマは進んでいく。

で、到着。目の前に観覧車とロープウェイ。やっぱり観光地だなぁ。と思いながら我々はこれらに対して180度反対方向を向き、小高い山を登る。

Dscf0389

これが正真正銘“舘山寺”。ちゃんとお寺になっていました。しかし隣には鳥居も建っている。たぶん明治の神仏分離政策でこうなってしまったのだろう(←調べてないから正しいかどうかは不明)。

この一帯はちょっとした山になっていて、1時間もあればぐるっと一周しながら散策することもできます。展望台に立つとちょうど浜名湖の風景が。

Hamana_1_1

↑パノラマ合成してみました。右に見える橋桁は東名高速。真ん中より少し右あたりが浜名湖SAです。

そのほかにもなかなかの景色のところが何ヶ所か。今日は雨が降りそうな曇り空なので見れませんでしたが、天気がいいと夕陽が非常に美しいそうです。

P1000022 山を降りた後はちょっと一服。季節的にそろそろ終わるであろう「かき氷」で。しかし量が多すぎて完食できず。

さらに、maximさんがしつこく「コレ頼もうよ!」と言っていたものも合わせて注文。

P1000023

“うなぎアイスクリーム”! ご丁寧に“さんしょ”までついている。4人で分け合って食べてみましたが、こればかりは食べてみないとわからない。

個人的な感想としては「うまいものではないが、結構食える。積極的に食べようとは思わないが、出されればたぶん全部食べられる」。しかしアイスと山椒ってこんなに合うものなの!?

夕刻。今日は一旦静岡の実家に帰るN氏とはここでお別れ。なぜか東名に乗り、浜名湖SAのバス停から高速バスに乗ってもらうことにして、バスが来るまでの間SAで大相撲を見ながら時間をつぶす。

P1000025_1

中継が終わったころにちょうどバスが入ってきた。おつかれさま~。

 

さて、あとは帰るのですが、maximダンナから夕食のリクエスト。刈谷市にあるパスタ店へ。自身も久しぶりだなぁ。

P1000026_1

おいしいですよ。でも場所がわかりにくく、いつ行っても道に迷うのが難点。だからかどうかは知りませんがいつ行っても必要以上に混んでいないのがありがたいです。

P1000027 で、ドリンクは“ジンジャエール(←ジンジャーエールではない)”。やっぱり瓶ですよ、ビン! こないだ缶を買って失望しただけにココで飲めるとは思わなかった。むせるほどキツイこの味、最高にいいです。

 

・・・というわけで、17日の行動は以上。帰宅して収支計算したら交通費・食費以外に使った「純粋な“教養・娯楽費”」は舘山寺で出した賽銭だけというなんともスゴイ休日でした。でも逆に言えば食べてばっかりでそっちの方に高くついてしまったほうに少しヘコみました・・・(なので18日はジムに行って挽回?してきました)

ちなみに、maximさんの日記はコチラ前編 後編> 

(この場を借りて御礼:この日のプランを立てるにあたって、このHPの中にある『愛知県の無料室内スポット』を参考にさせていただきました。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

“ロハ”な休日(その2)~学びながら遊ぼう!?

(その1からの続きです)

さて、我々がたどり着いたところですが、駐車場に入ったとたん、いきなりこんなものが“お出迎え”。

Dscf0363_1Dscf03642_2

クローラードリル。我々にとって初めて見る機械。しかし“そのスジに詳しい”N氏は「あぁ、クローラードリルね。これねぇ・・・。」と“解説”が入る。よし、彼が琴線に触れ始めたぞ。Dscf0369

で、今回の目的はココ。「タダだったら 別に損はしないだろうし、まぁ15分もあれば充分かな?」というすごくいい加減な目的。しかしそこには意外な楽しみがありました。

Dscf0370 最初、鉱山をイメージした通路を通って建物の地下に入る。

Dscf0372 そこを抜けると鉱石の展示や地下資源の展示、エネルギー問題やら「いかにも公的機関が考えるような」展示物が。しかし我々はそこを見逃さない。それらを逆手にとって展示物にツッコミを入れたり、「違った視点」で物を見たり・・・。

Dscf03812_1Dscf03762_1

Hassy的視点は、とにかく“天井”を見ること。四角と円形を組み合わせた建物。ちょっとこの天井はそそりますね。ダーク系の色でまとめて、パイプの上のエアコンダクトとかをできるだけ目立たせないようにしている。蛍光灯を使っていないのも好感が持てます。

Dscf03792Dscf03802あと、我々が散々議論のお題となったこのコーナー。いろいろな“宝石”が並べられていて、なんと世界最大のダイヤモンド!・・・なんてものもある。

・・・でもちょっと待てよ? もし本当に最大だとしたら一般客はここまで近づくことができないし、ガードマンが最低2人はいるはず。でも説明には「レプリカ」とも書いていないし、かといって「ホンモノ」とも書いていない。実際は・・・とかなり奥の深い議論をしていました。「だったら係のヒトに聞けば?」という意見もありましたが、そこで結論づけては意味がないでしょ。だいたいケースの下はどう見たって“公園にある○○箱”だし。

気がついたら1時間以上も滞在していました。ハッキリ言って“不覚”だった。でもこれだけ楽しめる、こういう施設も悪くないぞ。と“いいトシしたオトナ4人組”はそう感じてしまったのでした。

お昼ですが、せっかくすぐそばが静岡県なので、もうちょっと足を伸ばして浜松へ。やっぱり浜松なので“うなぎ”でしょ。最近は愛知県の三河産がブランドと化していますが

P1000020_2 P1000019

さすがに高いですが、それだけにすごくおいしかった。一般が行くであろう施設の入場料分はこれで相殺してしまったわけで・・・。

(その3へつづく、のですが今日はここでギブアップ。続きは翌日付で・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

“ロハ”な休日(その1)~あさっての日帰り観光・序章

今日はちょっとした日帰り観光へ。

メンバーは今回も懲りずにmaximさんとダンナの「いつもの3人」と、今回は埼玉の友人(N氏:5/28のブログでも登場しました)と合わせて4人で。N氏は仕事の関係で数日間北陸出張していて、帰りのついでだから一緒に遊ぼうということで名古屋にやってきました。なので、今日は最近こちらにはなかなか来れない彼のためにプランを立てようかと。

最初、彼の希望は「白川郷か、高山」でしたが、台風が気になるので大事をとって直前に予定変更。仕方がないので今回は思い切った遠出をせず、できれば愛知県内で面白そうなところはないかネットで調べる。あ、天気も心配だからできれば屋内のスポットがいいなぁ。

というわけでいくつか候補を立てて、前日はmaximさん宅に泊まったN氏と一緒に今日はmaximダンナの車で行動。候補をプリントした用紙をN氏に見せて「ドコがいい?」と選択させ、『・・・なんだこれー!』とチカラが抜けていくN氏が仕方なく指差したところへ。カーナビに目的地を登録して、いざ出発!

えーと、なんでこんな反応をしたかというと、今回のスポットは3つの条件をもとに選定しました。それは“できれば県内”、“屋内の施設で”、“しかもタダ。そしたらいくつか出た候補は「べつにあったらあったで勉強にはなるけど、なくてもいいんじゃない?」という公的(あるいは外郭団体)の資料館のような施設だらけ。しかし今回の我々はそこを逆手にとろうじゃないか、というわけで非常に“楽しみ”にしています。ショッピングモールやアウトレットだけが屋内レジャーじゃないんだよ。

2時間ほど車を走らせて、気がついたら豊橋市。R1からちょっとそれてクルマで数分。さて、我々の目指したところは・・・?

(その2へつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

すすまん!!

2週前に続き、職場からのブログです。

せっかくの「土曜出勤」なのに、今日はまったく仕事ができず。

電話はほとんど鳴らない反面、社内で“質問攻め”の応酬。営業から、現場から、はたまた経理から違算が出たからチェックして~の催促まで来るとは(しかも定時間際になって)。結局自分の仕事はほとんどできませんでした。トホホ・・・。

明日はお出かけするけど、月曜日は出勤確定だな。

これから飲み会に出かけます。でも送別会だし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおやつ

きょうのおやつ

『宮城にある和菓子屋の名物』だそうです。

『なま』とあるのは生クリーム入りだから。甘いのが苦手な人でもお薦めできます。

でもある先輩曰く、「なんか以前食べたコトあるなぁ、・・・あ、スガキヤの“クリぜん”と同じ味だ!」だって。

今度クリぜん食べてみよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

終電限界

そろそろあがらないと帰れなくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

いまごろ・・・。

少し前のブログで、仕事に関して「10月の法改正でどーたらこーたら。」という日記を書いたことがありましたが、今頃(先週末あたり)になって注文やら問い合わせやらが集中・・・。

発注書や見積依頼そのものからは、全てが「その発注(依頼)が“法改正のアレ”に当たるかどうか」は見抜けませんが、実は『9月中(法施行前)に納品が必要』ではなく『9月中に(作ってもいいよという)許可が下りれば有効』だったんですね。

その許可が下りるまでの期間が早くて1週間。なるほど、だから今頃に集中するわけだ。

でも、実際に許可を下ろすのは行政のとある担当者の“サジ加減”にかかっている。2年半前、今は廃止された制度だって駆け込みに対する行政の担当にはさんざん泣かされたしなぁ。

今回、こちらがめいっぱい残業までして見積り出したはいいけど、行政がモタモタしてると時間切れになるわけだし、今はまだないですが「許可下りなかったぞ。どーしてくれる!」なんて苦情言われたってこっちは知ったこっちゃありません。

実際、月・火曜と22時退社。今日は脳ミソがオーバーフローしていたので19時に切り上げてジムでリフレッシュしてきたけど。明日あさってとまた地獄なんだろうな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

よからぬ連鎖

あの福岡の飲酒運転による事故があってから、ここ数日間、異様に「飲酒運転による事故」のニュースが多い。

こういう事件事故とか、不祥事が一旦起こると、まるで連鎖反応かのごとく同じようなことが起こってしまうのはなぜなんでしょうね。

まさか「アイツがやったからオレも」ということはあり得ないし、たぶんこういう出来事はニュースに出てこない範囲では昔から日々常々起こっているんでしょうね。これがある“きっかけ”で今まで表に出なかったのが表に出されて・・・だと思うんですが。

それ以前に飲酒運転は絶対よくない。でもなんであれだけデカデカとニュースになってからも絶えることはないのか。非常に理解しがたいものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

上野耕路

↑「この人誰?」

Photo                          ヒントはこれ⇒

 

 

続きを読む "上野耕路"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セッティング

早くも買ってきました。ますます金欠が・・・。

買って2日後、早くもクルマ用のアダプタを取り付け。ちょっと高いけどこれが一番デザインがよかったし、アップルストアの評判(ユーザーレビュー)もいちばんよさそうだったので。

P1000008_1

このように上にあるカップホルダーも“うまい具合に”によけることができました(もう気持ちアームが短ければ満点だったけど)。

で、FMで飛ばすこのアダプタ。音質なんですが、まだまともにチェックしていません。というのも今日は買い物あとにはクルマを動かさなかったから。来週にドライブの予定が(たぶん)あるので、そのときに評価しようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

遅いっ!

昨日購入したiPod、早速CDからの取り込み作業開始。

しかし、PCが古いためおそらくCPUの限界を超えているんだろうな。iTunesを起動させるのも遅いし、iPodつないだらしばらくフリーズするし・・・で要所要所でさんざん待たされる状態。まぁそういうときは雑誌とか読んだりして“ヒマつぶし”したりしていますが。

でもさすがiTunes。CDを入れるとネットにつないで曲名とかの情報が瞬時に出るのにはオドロイタ。誰も知らないかなりレア(というかそれ以前の問題)のCDを突っ込んでもちゃんと出るんですね。おかげで手作業で曲名を入れたりしなくてすむのには大助かりです。

あと、音がいいのも予想外。付属のイヤホンではなく、いつも使っている3000円程度のヘッドホンではありますが、部屋にある今は亡きサンスイのオーディオよりも音質がいいのは明らか。これだけでも買ったかいがあるってものです。

あとはクルマで聞くためのパーツを買わなきゃ。純正オーディオの都合上、FM飛ばししかできませんが、サードパーティー(←今じゃ死語かな?)ではそれなりに魅力ありげなものを出しているそうですので。

 

ただ、各アーティストのアルバムを「発売日順」に並べたいのだが、いまのところどうしても「アルファベット(または50音順)」にしかならない。誰か教えてください・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

かっちゃった

P1000005

思い切りました。

というのも、、以前から欲しくて欲しくてしょうがなかったのですが、どう考えても60GBは必要だけど値段が・・・と躊躇していたところ、アップルストアで「整備済商品を売っている」ということを会社の方から教えていただき思わず即決。納期4週間かかるところ、実際は2週間で届きました。

そして、ついでに今日の仕事帰り、これも買うハメに。

P1000006_1

後付ハードディスク。今のパソコン(もともと40GB)が残り10GBを切っているし、買って6年も経っているけど買い替えできるほどお金がないのである意味仕方なく。でも某量販店では250GBで12000円だったからよしとするか。

これからしばらくの間、CDから取り込む作業に没頭されそうです。が、500枚はゆうに超えている現在のCDコレクション。終わるのはいつになるのだろう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

すでに始まっている

世間一般では“早々”と、しかしある筋では“遅まきながら”やっと申し込み完了。

P1000001

冬の楽しみ、スキー場シーズン券の申し込み。07シーズンも昨季と同じ開田高原マイア。今季は申し込み開始が昨年より約1ヶ月も早いうえ、さらに『早期割引』で5000円も安くなるので早速用紙をプリントして、写真撮りに行って、お金おろして・・・。

12月まではひたすらカラダづくり。そのためにジムに通っているわけだし。

さらに先日、ジムのトレーナーに「スキーをする上でもっとも致命的な問題点」を打ち明け、教えていただいたトレーニングもサボらないように。今月と来月は“○○○強化月間”! と宣言したはいいがたぶんサボるだろうな(←意志が弱い)。

 

あと、ここのスキー場では来季から自らの滑走データが見られるサポートを開始。実は既に昨シーズンのデータが見られるようになっていて、先日スキー場から送られてきた封筒にあった自分のIDデータを入力して見てみると・・・。

なんと、シーズン中一番滑ったのは『プライベートレッスンを受けた』日。最初「レッスンなのに、なんで?」という意外さはあったが、少し考えると「あの人のレッスンならまぁ自然なことだな。」と妙に納得してしまいました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

妙に的を得ている

妙に的を得ている

確かに『あのとき』はそうだったかも

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

なんかちがう

なんかちがう

缶でもあるんだ。

知る人ぞ知るジンジャーエール。これで作ったシャンディガフがうまいんだ。

思わず買ったはいいものの、はっきり言ってこの缶、最初の一口で『もの足りない』。ほとんどカ○ダ○ライじゃん。

やっぱり瓶でないとダメ。瓶でないとあの味じゃない。

120円損した気分・・・。

【追記】この日の夜、ネットで調べてみたら、どうも今日買った缶の中身と、瓶の中身が違うかもしれない。瓶(リターナル)は基本的に“業務用”として流通しているものであることと、“ジンジャエール”と“ドライジンジャエール”。なんと2種類存在することが判明。そのへんが味の違いを感じたのかも。思い切って酒屋さんに頼んでみるか・・・?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

かなりキタ

ジムから戻ってまいりました。

今日はひさびさにスタジオレッスンに参加。ウェイトトレーニングを終えて有酸素マシンに行こうとしたら、ちょうどあるレッスンが始まる時間だったので、スタッフに誘われるまま何気にスタジオ内へ。

何かというと『リアルボクシング(但し初級クラス)』というもの。基本動作と、実際にグローブをつけてミット叩きもやりました。かつてボクササイズを2、3回ほどやったことがあるので基本動作は思い出しながらやれましたが、実際にミットを叩くのは難しい。でもストレス解消にはもってこいかも。

みっちりと60分。とにかく疲れた、というかそれ以上の疲労感。かなりカラダにキテいる。でもそれ以上に爽快感を味わえた。実は体重も運動前と比べて0.3kg減っていた。意外と全身を動かすのでシェイプアップにもいいらしい。

・・・だから脂肪だらけのボクサーって見ないのか。

土曜の夜という絶妙な時間のため、土曜出勤のある日の仕事帰りはもちろん、休日の日もできるだけ行かないと。

参加者の3分の1はその後の『中級クラス』に引き続き参加。さすがに自分にはムリでした。

 

でも、参加してショックだったことがある。ウォーミングアップに“縄跳び”をするのですが、連続1分持たなかったことにかなり落ち込みました。二重跳びだって1回もできず。小学生のとき、確か300回は連続で飛べたし、二重跳びもそれなりにできたよなぁ。ハァ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更けゆく・・・

大きな声では言えませんが、今職場から書き込んでいます。

この半年から1年くらい、「季節の変わり目」というのがあまりにもハッキリしすぎているような気がします。11月でまだ暖かいなと思ったら急に雪が降ったり、今年はカラ梅雨か?と思っていたら一定期間にまとまりすぎる雨が降ったり。清少納言風にいうと「やうやうと(←“ようようと”かもしれない。ウロ覚えです・・・)」という実感があまり感じられなくなってきている。

今週だってそう。週始めはまだ蒸し暑い日が続くのかと思っていたら、金曜午前の大雨を境に一気に過ごしやすくなった。まるでブレーカーが飛んだかのように。

空気も乾いているしね。何度も書いていますが夏は大のニガテですので。まだ昼間は30度超えるけど、せめてこれくらいでなくては。

1ヶ月前、この時間まだ明るかった空も、すでに暗くなっている。更けゆく秋の夜、これから過ごしやすくなります。カラダには気をつけないといけませんが、これからいい季節。遠くに行かなくったって小さな楽しみが見つけられたら、と。

 

・・・これからジムに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

迷っています

最近、ネタがない・・・。

続きを読む "迷っています"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »