« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土)

年末ジャンボ、『やはり』当たりませんでした・・・。

ついに12月31日。今日は家で主に普段しない換気扇とか水回りの掃除をして、翌日のスキーに備えて午後は支度&昼寝。たぶん夜更かししてるので深夜寝る時間がないと思うから(結局、今年も紅白を見ます。その辺が典型的な日本人であり、かつひねくれているなぁと感じている)。

いつも除夜の鐘を聞きながら食べる年越しそばは今日の昼食に済ませ、日付が変わって間もなく、初詣喧騒の名古屋市内をすり抜けながらまたも雪山へ向かいます。

年を越す、新年を迎えるという意義が昔ほどはっきりしなくなり、自分にも少なからずその影響を受けています。今回の年賀状もそのイメージが強い。今日のブログのタイトル『、(読点)』も本来なら『。(句点・ピリオド)』にするのでしょうが誰も努力することなく何もしなくても放っておいても年は明けていく。せめてもの“区切り”ということで本年最後のブログはこういうタイトルにしてみました。決してキーボード操作を誤ったわけではありません。

12月が1月に変わるだけですが、それ故に気持ちを切り替えることもこのままいくのも人それぞれ。もうすぐやってくる2006年は皆様もそうですが、まずは自分がより良い1年であることを願いつつ・・・。

--------------------------------------------

わたしがうれしいとあなたがうれしい

あなたがうれしいとみんながうれしい

みんながうれしいとわたしもうれしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

買い出しトラベリング

昨年は諸事情により行いませんでしたが、7、8年前からほぼ毎年、正月食材の買い出しにわざわざ高速で2時間半ほど走らせて『焼津』まで行ったりしています。

なぜそんなムダなコトをするかというと、「マグロの水揚げ基地としては本場で、大トロだなんて贅沢しなければそこそこの部位でもおいしいし、しかも安い」「観光客向けではなく、あくまで地元向けのおいしいところで昼食」「それを教えてくれた大学の友人(埼玉在住)の実家が焼津で、ちょうどこの頃に帰省するので会いに行く」といった意味があります。なのでわざわざ「遠くまで行く」カンジがしないんです(片道200キロあります)。

で、昼前にその友人と待ち合わせして早速昼食。焼津らしく海産物のすごくおいしい定食屋(地元民御用達)があるのだが、さすがに正月休み。そこで予定変更の結果なぜか『とんかつ』になって、これも地元でしか知られていない小さなとんかつ屋へ。「あぁ、あそこね」とメンバーは意気投合。実は過去1、2回行ったことがあったので。

P1000169 見よ!このブ厚いとんかつを! これでいてちゃんと火は通っているし、ものすごく柔らかい。そしてウマイ!! 

数年前にご主人を亡くされたらしく、残された奥さんは店をたたもうとしたが「作れるのなら続けてよ。」という常連のアツイ希望で店は移転して小さくなったものの今は奥さんひとりでやっているらしい。ものすごく気さくでおしゃべりが大好きで自家製の漬物なんかをサービスしてくれたりでなんかとんかつをつまみにビールでグイっと!なんてやりたくなってしまうお店です。こういうところは儲けなんて度外視でしょうしね。ちゃんと味を追求しているのだろうけどそういうゴタクは一切表に出さず、当たり前かのように料理を提供する。なかなか難しいことです。

さて、お腹が満足したところで本題の買い出しへ。焼津で生鮮品が買えるところといえば“焼津さかなセンター”が有名ですが、あんな観光客向けのところは行きません。我々はそこからクルマで10分ほど離れた焼津漁港の一角にある“ヤイヅツナコープ”、いわゆる『漁協』です。

DSCF0920

お客も地元民しかいないのでガラガラ・・・。昼食時に見た地元の新聞によると、昨日(29日)はさかなセンターに5万人、観光バスはなんと120台来たとのこと。

品揃えは豊富、とは言いませんが正月に必要なものはたいがいそろう。マグロはビンナガの冷凍で充分においしいし、あとはカニ、タコ、イクラ、エビフライ用のエビ、甘エビ(以上冷凍)、かまぼこ、伊達巻、マグロの“かま”の煮付けをパックにしたもの、数の子(折れで充分)、そして焼津といったら“黒はんぺん”・・・。もう何回も行っているため買うものはだいたい固まっているからそんなに迷わない。正味10分で買い出し完了。

港には正月らしくこういう風景にも出会うことができました。

DSCF0928

時間があったので焼津の海岸に出る。ここでの気温は11度。ポカポカしていて気持ちがいい。今日はちょっと見づらかったが富士山も眺めることができる。でも写真を見て何かおかしいと思いませんか?

DSCF0935 ・・・山頂に雪がないのがわかります? 今年は寒波が強く、雪が降っても強風で吹き飛ばされてしまい山に積もらないのだそうです。非常に珍しいのだとか。でもそんな中『御来光』を拝みに今頃から登っている登山客もいるのでしょうね(冬はムリか?)。ぜひお気をつけくださいませ。

帰ってからは早速冷蔵庫へ。最近の冷蔵庫は大したもので解凍もラク。今日は冷凍のままにしておき明日になったらパーシャルに切り替えて1日置くと元旦にはちょうどいい具合に解凍されている。あとはチルド状態にしておけば3が日は充分にもちます。

今年も残すところあと1日、といっても全然実感がわかないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

誰になっても・・・

予告どおり日帰りでスキー。今日はとにかく天気がよかった! 早速ご覧いただきましょう。

ontake

今シーズン初めて拝む御嶽山。1日中雲もほとんどなくこの状態でした。

norikura1

こちらは乗鞍岳。ゲレンデ中段で見られます。実は今シーズンでここまで晴れたのは初めてらしく、アカデミーのコーチが「あ、乗鞍いたんだ。」と発言したのもわからなくはないです。

norikura2→ちなみにスキー中はゴーグルをかけるので、ゴーグル越しに見るとこうなる。これもなかなかいいですよ。

ondo 但し、気温はこの状態。しかし今日は晴れで風もさほどないおかげで非常に暖かい。これで「暖かい」なんて言っていては異常ですよね。

で、今日もアカデミーでレッスンでした。

【今日のアカデミー】午後小回りも練習したが、ほぼ1日中大回り重視。ニュートラルポジション(基本姿勢)をみつけることと、前傾・後傾にならないようあえてその滑りをしたうえでニュートラルをキープするように。そしてカービングターン時の外脚荷重と脚の形、上体の向きをスキーが進むようにポジションを捉えるお勉強。

とにかく『後傾』なんですね。アカデミー入門前はカービングスキーでありながら何も考えずに滑っていた。昨シーズンレッスンに参加して滑りにも「ズラす」と「キレる」があることがわかった。で、今は苦手のひとつ「キレるカービングターン」を実践しようとがんばっています。

ただ今日はなかなかうまく行かない。小回りも含め終始「ズレズレよわよわターン」に。これで終わるのも悔しいのでレッスン後はリフト終了ギリギリまで大回りの練習。そしたら、なんかわかったような気がするんですね。脚をちょっとこうして、上体をちょっとこうしてみたらカービングターンの「キレ」がわかってきた(みたい)。これだけでも今日のレッスンの収穫としましょう。でも相変わらず後傾だけど(←昔はこれすら気付いていなかった)。

今日のアカデミーで一番驚いたこと。初めて担当するコーチだったのですが、午後レッスンの最初にこう言われた。

『○○さん(ボクの名前)、ブーツのボルト抜いていますか?』

「マイアのアカデミーはスゴイ。」と感じた瞬間でした。今季ブーツを替え、23日のレッスン担当のコーチから「ブーツのボルトを抜いて柔らかくしたほうがいい。」と言われ、すぐにレンタルコーナーでレンチを借りて抜いたんですね。そのことをちゃんと“カルテ”に記入していたようです。

ここのアカデミーはメンバーになると個々の“カルテ”を作ってくれて、それを基にレベルの向上ができるようちゃんとデータ管理している。決して本人は見せてもらえませんが、その日どのコーチが担当になってもちゃんと個々のレベルに合わせて、前回教えたことと矛盾しないように指導をする。今日のボルトの一言でそれがウソではなかったと。しかも滑りがどうこうだけではなく、マテリアル(道具)のこともしっかりとカルテに載せていることに感動すら覚えました。

他のスキー場でレッスンを受けたことはないですが、そこまでやっているのはなかなかないのでは?

レッスン後、今年最後なのでアカデミーの部屋に立ち寄り「来年もよろしくお願いします。」とごあいさつ。でもこのスキー場はそんなこと言われないとわからない。なので前置きとして「ここで言ってもあまり意味がないですが・・・、」と一言先につけておく必要があったりします。

次回は1月1日。『元旦初日の出スキー!』としゃれたいところですが、そういう気持ちはそんなにない。単にスキーに行きたいから行くだけ、それ以上の意味はありません。もう“泥沼”です。

しかし上には上がいる。3日までとか4日までとかずーっと“車中泊”で暮らすツワモノもいる。こわいコワイ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

またらいね〜ん!

今日で仕事納め。昨日書いたとおり大掃除と納会で1年のシメ! 18時過ぎには帰宅できた奇跡のような日。銀行ATMの「手数料とられない時間帯」にお金がおろせて助かった〜♪

しかし、今月に入ってからいろんな方法で年末年始の休業告知しているにもかかわらず「本日出荷してください。」の注文FAXが何通か。はっきり言って「そんなもの知りません」。休みはやすみなんだから何ともならないしね。仮にそこだけ『特例』を作ってしまったらそれこそ今後漬け込まれるのはわかっているし。

ウチの業界ははっきり言ってしまうと「ルールなんか存在しない」世界。いくらオーダーメイドも作っているからといてカタログ掲載の既製品にちょちょっと改造すればできるでしょ?と平気で言われ、こちらは何としてでも断るが営業がそれを拒みきれずに結局は・・・というのがまかり通っている。

あのね、例えば家電だってクルマだってマンションだってみんなカタログの中の範囲で自分の好みからいちばん近いものをピックアップし、時には妥協して選んでいるでしょ? それがこの業界にはどうも当てはまらない。カタログはカタログ。オーダーはオーダー。一般企業の理念が通じないんですね。それも来年は大幅な法改正の影響でこの業界どうなるか全く先が見えない。零細のディーラーとかはバタバタ潰れるであろう予測の中。はたしてウチはどうなってしまうのか?

・・・なんて心配もありますが、まぁ来年は来年で自分のやれることをコツコツやるしかないのかぁ、なんて思うんです。万が一があっても大多数の方々はそれでもなんとかやっていますからね。

これから寝て、スキーに出かけます。過去3回吹雪で全く見ることのできなかった御嶽山、今度こそ拝めるか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

越年モラトリアム

事実上、今日で仕事納めです。

明日は大掃除と納会(という名の軽い宴会)。1年で唯一17時台に帰ることができる日なのですが、結局今日18時からは22日の大雪で延期になっていた会議を決行。21時過ぎまでかかってしまい結局『年越し』となってしまった仕事は数知れず。明日もちょっと早めに会社に行って少しは片付けるつもりですけどね。

しかし、今年ほど『年末』を感じなかった年はないかもしれない。だってクリスマスはスキー場にいてその気などまったくないし、スキーシーズンは始まったときが「あけましておめでとう」だし、だいいち毎年買うはずの正月用『TVガイド』を買っていない。確かに毎年あの五人組が表紙じゃ飽きるよなぁと別の意味で買わない理由を納得しています。

それでも2005年はあとわずか。まぁ単なる区切りだと思うんですがねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

予想どおり

3時間半の残業でした。まだ片付いていないが帰ります。200512262147.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

結局行ってきた

【23日のアカデミー】午前は大回り、午後は小回り重視。午前は外脚荷重のかけ方と、カービング時の脚の状態を中心に。午後は小回りといっても『ズラす』ことによるターンの方法ならびに総合的には“ズラす”と“キレる(つまりカービング)”にメリハリを持たせることを練習。

【24日のアカデミー】午前大回り、午後小回りは同じ。今回の大回りは体の傾斜でカービングの姿勢を作ることと、エッジで切るターンを中心に。小回りはストックの操作法とショートターンのリズム作り。さらには雪面への踏ん張りをしっかりとつけて雪面に負けないターンを行う。

・・・結局2日間マイアでレッスン漬けでした。

ただ行きはすごかった。周知の大雪で高速が通行止めの中、R19瑞浪で1時間以上足止め。それも道路上で動けなくなった(ひょっとして寝ている?)トラックをようやく抜いたらそれ以降はスムーズに(原因はたったこれ1台。あまりにも迷惑)。ただ恵那までの1車線区間の反対側(名古屋方面)はまさに地獄絵図。あきらめたトラックが列をなしほとんどが『居眠り』。それをすり抜ける大阪方面の高速バスを見たときはまさに執念だと思いましたね。

名古屋市内もすごかったです。深夜に出たもののほとんど雪。橋の上は凍結。結局深夜2時に出て着いたのは9時。普段は休憩挟んでも3時間強で着くのに。ゲレンデもほとんど客がいない。「平日以下では?」というほどのガラガラ。アカデミー(スクール)はほぼ貸切でゲレンデを独占していました。

昼前から関西からのスキーヤーがやっと到着。聞くと15時間とか18時間かかったとか、「名神の道路上で車中泊したのは初めて」とか恐ろしい話ばかり。でももっと恐ろしいのはそれでもここ(マイア)に来てしまう方々のほう。いくらスキーがスキでも自分にはできません。名古屋に住んでてよかったです。

今回初めての『車中泊』に挑戦。昨シーズン知り合った大阪の『車中泊の達人』に教えを乞い、スキー後はクルマで10分のところにある日帰り温泉につかったあと、そこで夕食をとって休憩室でゆっくりとストレッチ。20時に駐車場へ戻り早速寝袋へ。もちろんここでエンジンは切ります。

これが、意外と寝られました。寝付くのに2時間くらいかかったが、途中何度か目が覚めたものの寒さを感じることもほとんどなくぐっすりと。前日の疲れはほとんど残っていません。夜中ずーっと雪だったので湿度が高かったんでしょうね。晴れるとここでも『放射冷却』はあるそうで気温以上に冷えるらしいです。

朝食はスキー場の朝定食。民宿でよくあるごはん・味噌汁・おかず数品のメニュー。あとコーヒーもつけてくれる。これで600円は安いし、ごはんも炊きたてでものすごくおいしい。ゲレ食の概念を打ち破ります。ごはんのおかわりできるかなぁ。今度聞いてみよ。

結局2日間雪、時々吹雪で最悪のコンディション。でも晴れているばかりがスキー場じゃないからこれも『自然と接する』意味では重要でしょうね。とくに関西の方々の場合、奥美濃に行けばラク(なハズ)なのになぜ交通の便の悪いここをあえて選ぶのか。

帰りは行きの地獄絵図がウソかのようなスムーズさ。いつものように帰ってこれました。

あ、そういえば今日は『めりくりの日』でしたね。少なくともマイアでそういう会話は一切なかった。そういうイベントも特になかったし、皆さん普通にスキーを楽しんでいました。これもマイアのいいところ!?

次回予定は29日。30日に正月食材の買出しに行くためさすがに日帰りです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

信じられないでしょうが

これが今の名古屋西部

image.jpg

今日は書くつもりなかったが、こんな天気じゃ書きたくもなる。予定していた会議は延期され、18時に強制退社。地下鉄は普通に動いているので普通に家に帰ったまではよかったが、既に雪はくるぶしと膝の真ん中まで・・・。

隣家で帰ってきた車がスタックして助けるのを手伝ったり、風呂・夕食のあと父上からTEL。「バスが動かんから迎えに来てくれ。」と出動要請。で写したのがコレ(自宅から約2キロ・ちなみに“名古屋市内”です)。反対側は見事に渋滞して全く動きません。

写真の1キロほど先で父上を乗せ、1本裏道はガラガラ。雪道仕込みの運転で何食わぬ顔して帰宅。しかし写真の幹線道路はシャーベット状でスタッドレスでも滑るすべる。これだから名古屋の雪はイヤなんだ。

今日はいろんな意味でいろいろあった。これから寝てスキーに・・・行けるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

お願いです

帰りの地下鉄で向かいに座っていた美容学校の生徒と思われるおねえさま。練習用の「首(正式名称知りません)」を大きな紙バッグの中に堂々と入れておくのはやめてください。時勢が時勢なだけにビックリしますので・・・。

23日のスキーは初めての『車中泊』に挑戦します。でも、前日は18時から会議で遅くなりそう。まぁ22時までに家につけばいいか。

なので、次の書き込みは早ければ24日の夜、たぶん25日までお休みです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

参った!

まぁ周知のとおり、名古屋は『大雪』です。

自宅は名古屋市の西部、多いと膝下まで雪が積もっている。しょうがないので長靴を出動させ、地下鉄の駅までそれで歩いて、駅についたら長靴を脱いでいつもの革靴に履き替える。

会社は名古屋市の南部、地下鉄の駅を出たら足のくるぶしくらい。直線距離で10kmくらい離れているだけなのにこれだけ違うんですね。

自分は地下鉄通勤なので特に影響なし。他の面々も早めに出てきたみたいで運送会社の配達が遅れたのを除けばほぼ影響なし。

しかしモンダイはこれから。会社近辺はほとんど道路も乾いていたが、自宅近辺はまだ雪が残っている。これが明日になると『凍結』でトンデモナイことになるんですね。まぁ雪道を歩くのはスキー場とかで慣れていますが、凍結だけはどうしようもない。実際に今日の帰り、目の前で転んでしまったオジサンがいました。

で、水曜日は雨で、その次はまた雪?の天気予報。いったいどうなっとるんじゃい!?

【追伸】名古屋で記録的大雪と言っていますが、名古屋の地方気象台はちょっとした小高い丘の上にあります。だから23センチってのはかなり名古屋全般からみてもかなり多いほうだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

早くも完了

14時くらいまで部屋の片づけをしたあとは、「あ、そういえば今日やっとかないとそのあとやるときないぞ。」というわけで年賀状作成に割り当て。11/23に撮ってきた画像をもとに、自分のイメージと合わせるべくフォトショップ(といってもエレメンツ、しかも初代のバージョン)でレタッチ。なんだかんだで2時間ほどで納得のいくものに仕上がりました。まぁ欲を言えばまだまだなんですが、別にプロのデザイナーじゃないし、半ば興味半分でやっているからシロウト仕事ではこれで充分かと。

10/31付に書いた我が年賀状の二大掟は今回も守りました。干支の戌が誰もが思いつきそうで、たぶん今まで誰もがやったことがないであろう場面で出ています。はっきり言ってこれが浮かんだとき、「しめた!」と思いましたね。

最初はあーだこーだ思っていて、結局は大幅に方針変更を余儀なくされた2006年の年賀状ですが、最終的にはいいモノを会社で見せてくれた職場の企画担当K氏に感謝。これで一気に全体のイメージが固まりました。本当だったらそれをそのまま使いたかったのですが、自分にはもったいないので・・・。

200512182217 で、最後は筆まめで宛名印刷。せっかくの年賀状ソフトも宛名印刷しか使っていないという非常にもったいない使い方をしています。

いつも結構ギリギリで作るのですが(それでも元旦配達に間に合うようにはしますが)、今回は意外と早く完了。これであとは実稼動6日(+1日の大掃除)となった仕事を終えれば・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます

200512180851

見事に雪が降りました。いまは晴れていますが、1時間前はかなり降っていました。

幹線道路に出れば大丈夫かもしれないが、今日の予定は延期。今日のうちに部屋の片付け等々をやってしまおうかと。

で、昨夜は買ってきた寝袋で寝てみました。しかも窓を開けて。思ったより暖かくこれで充分じゃないかというくらい(ちなみに今日の名古屋の朝はマイナス2度)。でも山の冬は侮ってはいけないので、さらなる防寒対策が必要かな?

では、これから作業にかかります。でも、途中で挫折するかもしれません。いや、たぶん挫折します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

寒くなるぞー

正午前後はけっこう暖かかったのに、15時ごろから急に寒くなってきました。なんか東海地方でも明日は雪らしい。

雪山大好きなのに、明日だけは正直降ってほしくない。ちょっと買い物とかで外出したりするから。雪道の運転にはそこそこ慣れていても、普段雪が降らない地域で雪が降ると絶対運転したくありません。もし積もったら予定どうしようか・・・。

で、実をいうと今会社から。もう仕事は終わったので、これから寒空の中ひとりトボトボと帰ります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

味噌煮込み専門店で『味噌以外の煮込みうどん』を食す

「こんど味噌煮込み食いに行こうや〜。」というウチの部署の上司の掛け声のもと、集まったのは総勢5名。今日は仕事後、味噌煮込みの食事会。行く先は専門店として有名な『山本家総本家』。本来は本店がベストなんですが、会社からクルマで10分足らずのところに店舗があるんですね。知らなかった。

P1000150

そこで「しめた!」と思った自分がいたのでした。

実は先月、とある情報から「山本家で味噌煮込み以外の煮込みうどんが食べられる」と聞き、名古屋人でありながら(名古屋人だから?)こういうところへはなかなか行かない自分がいる。タイミングよろしく、今日はあの「(味噌じゃない)煮込みうどんが食べられる!」

お店のひとに『○○○煮込みの牡蠣入り』とあたかも普通であるかのように注文してみたら「はいはい。」と普通に注文を受けてくれた。意外と多いのかな?

P1000152 ちょっとすると、煮込みより先に伝票が置かれる。見るとただひとつ“すまし”の文字が。果たして、これはいったい・・・?

もうしばらくすると、いよいよ運ばれてきたナゾの煮込みうどん。

それではご覧いただきましょう!

P1000153

味噌じゃない!!

その名も『すまし煮込み』。白醤油と思われる淡白な色。周りが味噌だらけの中、ただひとつ“浮いた”存在。

P1000154

ダシをすくってみても、ほら、ほんのり濁った淡白な色。

P1000155 ちなみにこれは本来の味噌煮込み→

さっそくいただきます。

・・・う〜ん、煮込みうどんだよなぁ。すごくあっさりしている。上司(京都出身)にも食べていただいたが、「これって味噌入れる前の状態だよね。」でもダシは出てるんだよな。今までの(醤油だしの)煮込みうどんともまた違う味。確かに牡蠣とは合うと思うんですが・・・。ただ、本来の味噌煮込みと同じ麺を使っているため、味が麺にしみていない。どっちかというと「カップラーメンはお湯を入れて1分以内にフタを開けた状態がスキ」な自分にとっては問題ないですが、普通じゃ耐えられんよなぁ、あの硬さ。

ちなみに土鍋もおそらく『すまし専用』。比べてみると一目瞭然。

P1000156

P1000157

上は「すまし」で下は「味噌」。色が違うでしょ?確かに味噌用の黒い土鍋ですましを作られても食べる気がしないだろう。

で、ごちそうさま。

P1000158

感想として・・・、

・淡白な味が好きなひとにはいいかもしれないが

・やっぱ麺は一般的に流通している「ゆでめん」のほうがいい

・たぶん「赤味噌がダメ」な人への“救済措置”なのだろう

・でも、唯一牡蠣にあのダシはよく合う

・それでもやはり『積極的に食べるもの』ではない

・味噌煮込みの必需品、“ご飯”は必要ない・・・・という結果に。

おかげでなんか「食べた気がしない」。量は味噌と同じなのにね。

まぁある意味『貴重な体験』をしたということで・・・。こんどはやっぱりちゃんとした味噌煮込みを食べに行こう。

P1000151

お品書きにちゃんと書いてあったのね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

ブラック

黒い・・・200512131549.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

体感温度

10日にいた御岳ふもとの『開田高原』:14時現在の気候は『時々吹雪・気温マイナス6℃』(←リフトのりばの温度計で観測)

今日の『名古屋』:15時現在の気候は『晴れ・気温5℃』(←気象台発表から)

・・・ぜったい名古屋のほうが寒い・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

暴走寸前

心配した筋肉痛とかはなし、のはずだか、脚は問題ないものの、肩から上腕三等筋あたりに違和感が。別にストックを思い切り突いては滑らないし。だが、レッスンで時折上体を低いポジションにしたり、ターン時に肩を下げたりもするから、それの影響? ただ、今までは単に「痛い」で片付けてた筋肉痛もこうやって分析するようになったのはやはりジムの成果か? 今度行ったときにトレーナー氏に伝えてみよう。

で、今日は休養日としました。

とかいいつつも、結局は髪を切りに行ったり、灯油を買いに行ったりとヤボ用オンパレード。初めてセルフで灯油を入れたけど20リットルのポリ缶で3リットルくらいは余分に入るのね。あまりよろしくないけど結局一杯いっぱいまで入れました。

で、ジャスコ内のスポーツオーソリティーでこんなのを購入・・・。

200512111625 「Sleeping Bag」。いわゆる『寝袋』です。何のためかというと、昨日の日記の最後「車中泊をこころみるか」の結論がコレ。3連休はまだ決めていないけどたぶん一度か二度はやっちゃうでしょうということで暴走してしまいました。

すこし前からスキー仲間にメールやら何やらで車中泊のいろいろをお伺いして、この店でもちろん対応温度が一番低いもの(−6℃)を。本当はもっとスゴイのがあるそうですが、値段も高いしこれなら1万円でお釣りが来たので初心者としてはこれくらいかなと。これに加えて、さらに毛布とか布団とかを追加するそうで、そうとうの防寒対策が必要なようです。それだけ御岳の冬は伊達ではありません。

しかしどうしたんでしょうね。まさかここまでスキーに対して自分が暴走するとは思わなかった。でも、万が一地震か何か災害が起こってしまったときでも寝袋は役にたつでしょうから、買っておいてソンはないよね。使わないときはコンパクトにたためるし。

これで間違っていませんか?(←誰に聞いている??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

4ヶ月後への序章

てなわけで、今シーズンの初すべりを無事敢行!

行くところは『開田高原マイア』。今シーズンのほぼ全てをここでお世話になります。その一番の理由が・・・。

PC100073 『メンバーズカード』。要はスクールレッスン(ここでは“アカデミー”といいます)の回数券。昨年ここのレッスンにハマってしまい、結局はメンバーズに入らなかったものの、行くたびにレッスンを受けていたという「隠れメンバー」として君臨?していましたが、晴れて今季より正規メンバーに入ることになりました。

しかしこのスキー場はホントにいい。ゲレンデは決して広いとはいえないものの、それを補って余りあるソフト面の充実さにファンも多い。自分も遅ればせながらそのファンとして、昨シーズン知り合った面々との再会を喜び、今シーズンはもっとうまくなるぞ!の決意を胸に、いよいよその一歩を踏み出します。

【今日のアカデミー】初日ということで基礎的なことの再確認。終日パラレルターンの練習でした。しかし今日はこれがよかった。8ヶ月のブランクを取り戻すことと、基本的なフォーム、重心の取り方。ターン時の荷重のかけ方等を念入りに。忘れてしまったことを思い出したり、勘を取り戻したりということに重視。

今日担当のコーチ曰く「今日はこれくらいの滑りで充分です、常に今日教えたことを忘れずに滑っていれば、2月3月になればきっと上達します」。そうだよね。今日はほとんどの人たちが久しぶりに滑るわけだから、ここでムキになってはいけない、と。

あと、ついにデビュー戦となったニューブーツ。最初の1、2本は足が痛くてキツかったものの、回を重ねるごとに徐々になじんできました。ただ、今までの初中級者用のブーツからいきなり背伸びして上級者用に飛んでしまったため、どれだけ硬くなるか心配したものの、今のところは大丈夫。これで明日筋肉痛にならなければまずOKとしましょう。ジムの成果も確認しないとね。ブーツの直しはいまのところはいいか。あとは回を重ねるごとに徐々にそれは出てくるだろうから。

しかし、今日のマイア、12月なのに気温マイナス6度。時折吹雪もという素晴らしいコンディション。そりゃ風がなくて、晴天で・・・というのがいちばんの理想ですが、自然と相手するわけですからこういう天気もある、というか御岳エリアはこういう日が多い。でも、それもマイアの良さ。自然と相手することの意義も教えてくれます。

次回は23日(来週は仕事+所用のため)。果たして、23・25日の飛び石で行くか、思い切って23・24日に車中泊を試みるか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終了

もうこんなに薄暗い200512101655.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキー場

12月とは思えない。時々吹雪いてますp1000143.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来た!

ユキー!!200512100656.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初陣!

いざ雪山へ200512100452.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

ふぅ

なんとか会議も終わり、いまホッとしている状況です。

そこまで会議コネタを引っ張ってきたのは、今回は自分が『進行役』だったから。月イチに行う社内の委員会みたいなものなんだけど、前回の議事録をもらって今回の進行を進めるためにレジメ作って資料まとめて・・・てなカンジ。まぁギリギリでもなんとかなるのね(←反省してない)。まぁ思ったより、というか、思った以上にスムーズに進み、ちょっとしたツッコミ合戦(いい意味でね)もあったりして無事終了。

さて、明日1日仕事こなせば・・・・です。しかし、明日は実をいうと会社の『忘年会』があったりする。

名駅(名古屋駅のこと。地元民は「めいえき」って言ってるし、住所もちゃんと『名古屋市中村区(と西区、両方ある)名駅』なんです)周辺で。まぁ逆に帰宅するには好都合な場所なのでソコソコに付き合い、1次会が終わったら有無を言わさず家へ向かうバスのりばへ猛ダッシュ!するんですけどね。

さっきスキーの荷造りを終えました。今日が金曜日な気分です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

スキーまであと3日!

会議の資料、なんとか強引にできました。はっきり言ってやっつけ仕事です・・・。


いよいよ今週末にスキーに行くことが決定!スキー場HPでオープン確定を確認し、今日は帰宅後、ウェアに防水スプレーを吹きかけておきました。

しかしその前に、今日も仕事あとにジムへ。シーズン中はがんばっても週1、2回のペースになるので、シーズンイン前の最後の仕上げ、かな? 
よく会話するトレーナー氏からも「(トレーニングの)成果がでるといいですね。」と暖かいお言葉。これで効果がなければ何のために8ヶ月間ジム通いしていたのか? 確かに『見た目』はあんまり変わっていないような気がするけど。

あとは板のワックスがけと荷造りを残すのみ。ちなみに今年のマテリアルは以下の通り。ちなみに◎は今シーズンからの新規です♪
<板>03” サロモン DEMO9 3V
(↑次こそ買い替え。今までお世話になりました?)
<◎ブーツ>06” ノルディカ DOBERMAN Pro130
(↑過去ログでも書きました。はっきり言って自らのウデ以上)
<◎ポール>06”? シナノ FREE−M
(↑長さ調整式・替えるつもりなかったが安かったので思わず購入)
<ゴーグル>05” スワンズ
(↑メガネ対応ってなかなかないのよ。昨シーズンのバーゲンで安く?購入)
<ウェア・グローブ・インナー>03” デサント
(↑なぜかデサント派。とにかく地味ですが、今や時代遅れ?)
ホントなら写真を載せるのだろうけど、そんな時間ないのでこれで失礼。


さぁ、雪山が待っている!!




・・・あ、その前に『会議』という氷山を克服しなければ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

いいのかなぁ

実をいうと、木曜日に行う会議の資料がまだできていない(というか、作っていない)。

もちろん作らないといけないのはわかっているが、なんか副交感神経が足りないなぁと思い、結局は今日の仕事後、ジムに行っていたりします。だって今度の週末にスキーに行っちゃうから、少しでもカラダ動かしてないと。

いつもそうですが、仕事に関してはギリギリになってようやく重い腰を上げて・・・てなカンジ。資料作成なんて正味1時間弱で終わるから、昼休みを使って・・・てのがそもそものマチガイなんだよね。

でも、普段は朝起きるのもめんどくさいのに、休日に何か外出とかあると早起きしてしまうのはなんででしょうね。

皆様、仕事を楽しんでいるのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

今年の名駅

派手さはないが今までで一番凝っている200512052004.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

仕事・・・・?

今日の行動は前にも予告しましたが、事務職としては非常に珍しい『出張』。しかも日曜の日帰り。

職場の企画広報を担当している人から、「オマエも来る・・・?というか、来い。」というわけで、朝6時に会社を出発して営業車を走らせ、行くところはなぜか『富士スピードウェイ』。

PC040001 ←のイベントでブースを出しているA社の担当者と会い、来月某所で展示出品するウチの商品の仕様の打ち合わせ、のはずだが、本来の担当者がどこかへ行っていて、「まぁ、これでいいでしょう。」と事情を飲み込めていない別の担当と我々2人で勝手に打ち合わせ。でもちゃんと『仕事』はしています・・・・よね?

PC040017 →ちゃんと仕事の図、さて、何を測っているんでしょうか?

空き時間もあったので(←意味不明)、クルマ好きなのに実はナマのサーキットは初めてで(レース自体にはあまり興味がない)、デモランや模擬レースなんかを寒空の中、それなりに楽しんでいました。でも音はさすがにスゴイね。耳栓までは必要ないけど、これがサーキットの迫力か。

で、個人的に見たかったのが往年の日産(プリンスも含む)のレースカーがサーキットを走る!今日はあくまで『仕事』なので(くどい)、詳細はリンクから見てください。これはすごかった。なんとこの3台以外に、サプライズでとんでもないクルマも一緒に走行!よくあのメーカーがOK出したな。あ、ひょっとして富士スピードウェイってあの会社の所有だったから?

正午ごろ、なんかぱらついてきたと思ったら、なんと雪! まさか静岡で初雪を拝むとは思わなかった。雪はますますひどくなる一方。なのですでに今日の仕事も終わったのでそのまま帰路に。そういえば午後のイベントはちゃんと決行したのだろうか?

仕様書を会社に置いていき明日からチェックに入って来年早々までに作り、1月中旬のイベントにひっそりと展示される予定。

で、今日の報告。現地まで往復7時間、現地滞在4時間、そして仕事時間は・・・・、10分あったっけ??

おまけ:流し撮りに挑戦したが、いかんせんデジカメのシャッターはずれるずれる。で、唯一撮れた『マトモな』ショットがこちら↓

PC040051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

やっぱり・・・

師走かなぁ、と感じる今日この頃。

今週、帰社時間が平均で21時過ぎ、どちらかというと普段の業務とは別のところで仕事が終わっていない。会議連発だったりとかね。

まぁ冷静に考えてみれば自分よりタイヘンな方はいっぱいいるはずなので、そのへんは割り切らないといけないのかねぇ。

それにしても4日の出張、せっかく富士山が見れるかと思ったのに予報は雨だって・・・(いったいドコ行くんだ?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

年末の風物詩

ついに12月、年末です。

年末というと、なんだかんだいいつつも大晦日の夜は『紅白』を見て、その後『ゆく年くる年』をつけておいて、近所のお寺の除夜の鐘を聞きながらそばをすすって新年を迎える、という自分がいたりします。もう長年このパターン。紅白の存在意義とかどうこう言われても結局はコレ見ないと年が越せない気がして・・・。

で、紅白の出演者が発表されましたが、常に『あさっての方向』の音楽趣味である自分にとって年々ますます判らなくなっているのは事実。でもね、毎年一曲だけは印象に残る歌があったりするのよ。例えば長渕剛とジョイントした森進一『狼の遠吠え』とか、細川たかしが浪曲歌ったりして震えたこともあったっけ。何年か昔、今は亡き河島英伍(←漢字あってます?)が『時代遅れ』を歌ったとき、親父がポツリと「オレみたいな歌だな」とつぶやいたときとかはドキッとしましたね。

個人的には「え、ユーミン出るの?」とか「m−floのTakuがNHKホールでどーやってターンテーブル回すのか?」といった別のところに興味があったりして、あと、この日に初めて聞いた名前もあるし、さぁ、NHKどうするのかというところでしょうね。なんか民放から発生したヒットに頼りすぎている感もあるし。

・・・といいつつも、結局は見ちゃうんでしょうね。

それでも、なんで『ゴリエ』がその名に連ねているかは永遠のナゾでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »