« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月31日 (水)

あぁバブルフルーツ

前回予告しまったので、今日は『バブルフルーツ』のおハナシ。

・・・なんて言ったらいいんでしょうね。昔、小学校の給食で出ていたデザート。桜形の容器に入っていて、ほんのりピンク色していたババロアというかシャーベットというか。たぶんシャーベットという表現は適切じゃないですね。冷凍ミカンよろしく凍った状態で保管されているかと思いましたから。
小学校の給食で、一定の周期で必ず出てきたバブルフルーツ。桜の形をしているということで、ちょうど「花びら」にあたる部分からすくって食べていくと、最後は中心に「五角形」の状態で残る。それをどうやって食べるか・・・というのが小学生にとって(いや、今もかな?)の『永遠の課題』でした。

しかし、これを話しても、名古屋市の小学校出身だった人しか理解してくれないんです。名古屋育ちの会社のある後輩は大いに賛同してくれても、他の出身者からは「なにそれ?」と冷たい返事。実際名古屋市しか採用していなかったんでしょうかねぇ。

最近わかったのですが、製造元は大手冷凍食品の『ニチレイ』。いつの間にか製造が終わっていたのです。『たのみこむ』で「復刻して!」の書き込みがあるのを目にしたのですが、ニチレイからの回答は「今はレシピもないので生産は不可能」らしいのです。

こうやってかつての思い出はひとつ、またひとつ消えていくんですね・・・。

ところで今の小学生は給食のメニューで何が好きなんでしょうかねぇ。そういえば小学生の甥っ子&姪っ子がいたけど給食のハナシはあまりしないなぁ。現代は普段から「おいしいものはいつでもそれなりに食べられる」時代なので、ひょっとしたら給食をあまりおいしくなく思っていて、それよりも外食のほうがいいと思っているのかもしれない。なんかロマンがないですね。

余談ですが、全国には何ヶ所か『学校給食を食べさせてくれるところ』があって、静岡に1軒あるのでたまに行ったりしています。もちろんバブルフルーツはありませんが、当時のイメージとは若干違うものの、当時を思い出しながら『ソフトめん』を先割れスプーンで切りながらカレーが入ったアルマイト容器に入れていたりします。

そして、全国的には定番の『ミルメーク』、実は名古屋はなかったんです(大学くらいのときに初めて存在を知った)。ミルメークの本社、実は名古屋市昭和区なのに・・・。

『牛乳嫌い』の自分にとって、いまさらミルメークを知ってもやってみようという気にはなれません・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

なくなるんだ

図書券、なくなるそうですね。

これからは「図書カード」に移行するそうな。それはともかく、『図書券』という響きがよかったんですけどね。

おそらく、大半の国民は自分で買ったことはないでしょう。大抵は『誰かからもらう』もの。小中学生のころ、どういうルートか不明ですが、父親がよく図書券をもらってくるんですね。それを分けてもらったことはありました。嬉しかったですね。あのころの『図書券』は大人の世界の『アメックス』や『ダイナース』と同じくらいのステータスを持っていたのでは、と勝手に考えてしまうわけです。

まぁ、もっともその図書券はマンガの単行本や雑誌なんかに消えていったわけなのですが・・・。

しかも、店によっては500円に満たない分は現金でお釣りをくれたりする。例えば当時300円台の単行本を2冊買って、図書券2枚を出して、現金でお釣りをもらう(約400円のもうけ)。それで小遣いの足しに、という小学生として非常にあくどいこともやっていたわけです。まぁ店によっては100円券+100円未満の現金で返してくれたりもします。ひどいと100円未満に対しても小切手みたいな用紙があって、それにお釣り分の金額を書き込んで渡してくれるある意味『敵』みたいな店もありましたが・・・。

そういう意味で、小中学生が日本の商法学を学ぶ上で図書券というものは非常に役に立った存在だったんですどねぇ・・・(←何かおかしい)。

なんか、今まで当たり前だったものがなくなっていくとき、自分もトシとったんだなぁとふと思う。平均寿命からするとまだ半分もいっていなのにね(←ハナシが飛躍しすぎ)。

せっかくなので、次回は知るヒトぞしる『バブルフルーツ』についておハナシしましょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

あたり?

よく言いますよね。「洗車した翌日は雨が降る」って。

翌日ではありませんでしたが、明日は雨が降るらしい。

・・・所詮そんなものか。それにしても週間予報って最近当たりませんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

終了〜

キレイになった

でも曇ってきた・・・200508281641.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次は

ボディ200508281610.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗車中

ホイール洗いはタイヘン200508281547.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

必需品だけど

自分は『メガネ』をかけています。

20050827194119の時からかけるようになって、2、3年ごとに新しいのを買うのですが、「そういえばちょっと見えづらいな」と数ヶ月前から思うようになり、そろそろ替えどきかな?と思い、メガネ屋へ・・・。

まぁいつものことなのですが、メガネ選びははっきり言って『迷います』。

今のイメージを崩さずにいくか、それとも思い切って全然違うものに替えるか。そのあたりが非常に迷う。メガネってそれだけで結構イメージ変わりますからね。

本来は矯正用の『必需品』だと自分では思うのですが、お店であれだけ並んでいると『ファッション』とまではいかなくても『身だしなみ』のひとつとしてとらえないと今の世の中やっていけない。

で、今日はお店の人と一時間くらい粘りながらも決定せず。候補となったものを携帯で撮らせていただき、次回に決まれば・・・という状態です。

ちなみに、レンズ込み1万円以下で買える店もありますが、基本的にそういうところでは買わないつもり。まずは『ちゃんと見えること』が大事ですから(別にそういうところが悪いって言うつもりじゃなく)。

ただ、1万円以下の店も最近ちょっと気になっている。安いからいくつか購入して、気分ごとにつけかえることも大事なのかなぁ・・・と。

・・・結局『ファッション』じゃないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

台風の置き土産は・・・

時間が舞い戻ったかのような『うだる暑さ』でした・・・。

台風一過を感じさせない?真夏の気候。湿度も上がりとてもじゃないが耐えられない夏がまたやってきた!(←はっきり言ってヤケクソ)

台風がかすった程度の愛知県だからかな?と思ったら、どうやら直撃した東京でもそんな天気だったらしい。・・・ったく、今回の台風は台風としてわきまえていませんな(意味不明)。

しかし、そのおかけが?週間予報はしばらく晴れが続きます。

これだけ天気がいいと土日が楽しみですな。部屋の片付けと、洗車と・・・・。あ〜あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

かすってもいない

台風。結局この地方では『肩透かし』を食らった感がありました。

ここ数年、愛知県では台風の『直撃』を食らったことがないのでいささかアレなんですが、9月ならともかく、8月の台風は直撃してくれたほうがマシ、と思うこともあるんです。

不謹慎かもしれませんが、『台風一過』というのがありまして、台風が通過すると次の日はカラっと晴れわたる。空気も乾いていて非常に過ごしやすい。前日の波乱のあるので非常にすがすがしい気分になったりするんですね、案外。

で、結局「かすったかな?」という程度でしかなかったので、明日も蒸し暑い日がつづくんだろうなぁ・・・。

現在、部屋の湿度計は70%を超えている・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

そろそろ気配が・・・。

今日、会社へ着いたとき、近くから『ツクツクホウシ』の鳴き声が聞こえてきました。

そういえば、ここ数日は朝晩ちょっとは過ごしやすいなと思ったり。名古屋の夏は全国の誰もが嫌がる暑さで有名?なのですが(はるばる遠方から万博のために来ていらっしゃる方々、名古屋の暑さを堪能していただけましたか?)、気がついたら暦の上では立秋を過ぎているわけで、少しずつながらも秋の気配は近づいているんですね。

夏の生まれなのに(夏の生まれだからか?)夏は大キライ。とにかく暑いのは苦手な自分にとって、これから数ヶ月間が過ごしやすい時なので早く夏が終わんないかなぁと思っているわけです。

・・・でも、本当にスキなのはスキーができる冬!なんですけどね・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

休憩中の職場から

土曜日は飲み会があったので時間的に書けなかったからしょうがないものの、日曜日はどうも「書く気」がしなくてお休みしていました。

別にネタがないとかじゃなくて、本当に書く気分になれなかったということ。

まぁ、たまにはこんな日もありますよね。人間ですからね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

ホリエモン出馬!

・・・は、おいといて・・・。

仕事、まだ片付いてません。ホントに片付くのかいな?

で、結局おいといた話題を改めて持ち込みます・・・。

ホリエモンの件、まぁ言いたいことはわかりますが、昨年からの球団買収、フジテレビ買収といった「古い体質に風穴を開ける」という方針に拍手していた自分からすると、今度の『政治の古い体質に風穴を開ける』ことに当てはまるかどうか、ちょっとギモンなんですね。

というのは、昨年からの一連の行動はあくまで「彼の意志」によると思うのですが、今回は無所属で出馬ながら「小泉の考えに賛同」という考えで出馬を決めた。ということは、「彼の考えで行動した」とは考えにくい。小泉自民党に誘導されて?という魂胆が見え隠れしている気がするんです。あれだけゴタゴタした郵政問題に対し、賛成派も反対派も納得する『第三の案』をひっさげて立候補するのなら迷わず一票投じるんですがねぇ。

それよりもなぜ『広島6区』なのかが非常に気になる。自民公認でならそれなりの意味もあるのでしょうが、無所属で彼の出身地でも居住区でもないところからの立候補は地元住民はどう思うのでしょう? かつて存在した『全国区(これは参議院だけか)』でなら非常に意義があるけれど、小選挙区の場合はあくまで『地方の代表』のハズだし・・・。ま、これ以上言ってもラチが開かないか。

ただ、ひとつ見てみたいのは『選挙公報』で彼はどのような原稿を載せるのか。残念ながら選挙区が違うのでこればかりは広島6区の方々しか見ることができない。なんか非常にもったいない。

広島6区の方、どなたかいらっしゃいましたら公示のあと見せていただけませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

休み明け地獄

あぁ、やっぱり・・・。

お盆休みのあとに待っていたのは『FAXとの戦い』。それも例年と違う方向で。

出社して「FAX機の積雪何センチか」と恐るおそる見てみたら、あれ? いつもの日とさほど変わりない。おかしいと思ってディスプレイを覗いてみたら赤いランプが・・・げ!トナーが切れてるじゃん!!

しかも12日(休みの初日)の朝から切れていたらしい。帰るときは何にも注意メッセージなかったぞ! 普段はメッセージが出てから1週間はもつのに。

大慌てでトナーを交換し、しばらくすると・・・(あまりにも過激なため以下、自主規制)・・・。

そんなわけで、とにかくたまったFAXをさばくだけで1日が終わってしまいました。途中でイヤになって19時半には帰りましたが・・・。

まぁ20日の土曜が仕事だからそれまでに片付けばいいか、と誤った道へ向かおうとしています・・・。トホホ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

ハッスルばあちゃん

お盆休み最終日は『墓参り』です。あー、明日から会社か。行きたくねぇ。

p1010338.jpgお墓へは岐阜の田舎へクルマで二時間、写真のようなちょっとした山の中。ここでクルマを降りて、さらに3分ほど小高い山を登ってようやく到着、てなところに我が家のお墓はございます。なので完全に一日仕事。

しかし、ちょうどそのころ雨が降り出し、傘を全く用意していなかったのでなんかそこそこに終わらせてしまった感じでちょっとご先祖様に申しわけない・・・と。

その時親戚宅へ2軒ほど立ち寄るのですが、そのうち1軒の親戚のおばあちゃん、なんと御年97歳! 今も元気バリバリ。
ボケるどころか記憶力は大したもので、「60年前の今日(8月16日)、戦争が終わったもんだから皆で派手な服を着飾って外を歩いてはしゃいでいた。」とか「(明治)天皇が亡くなったとき4歳だったけど、お参りに連れてってもらったことは覚えている。」ということまで語ってくださいました。
今も朝7時に起きて2時間ほど庭の草むしりをするのが日課。自治体からデイサービスへのお誘いもあるらしいのですが、「あんな幼稚園みたいなとこ行きたくないね。」とバッサリ。それどころか「ボケたり寝たきりになるくらいなら死んだほうがよっぽどいい。ガンで死んでいったヤツらは幸せだわ〜。」と昔から毒舌?は相変わらず。

確かにそうだと思うんです。その筋の業界に勤めている自分でも現在の老人ホームとかデイサービスの業態については時折首をかしげますからね。延命治療ばかり目が行き過ぎて、言葉が悪いですが『昔だったら死んでおかしくない人が(現代医療によって)生かされている』状態に成り下がっている。幸い両親とも元気すぎて介護の必要がないくらいですから息子としてはありがたいのですが、ボケや何かで世話するよりはポックリ死んでくれたほうが本人にとってもいいのではないかと時々思うんです。もし気を悪くされる方がいましたらお詫びします。あくまで自分の家庭に照らし合わせて主観で言っているだけですので。

これから団塊の大量退職を迎え、こういう問題ってますます重要になると思います。だけど昔の老人と違って団塊世代はセンスがいいし、元気だし、「え、このひとが還暦?」という方々もいっぱいいらっしゃる。そうなったら街に『不良老年』が増えて逆に渋谷が老人だらけに・・・。なんか逆にいい意味での高齢化社会になってくれればいいな。それで若者をギャフンと言わせて欲しいですね。

ちなみに先のおばあちゃん。法事とかで和服を着せるとビシっと決まるそうな。さすが昔の女性というか、親戚の一部から「和服を着せるとセクシーだ」と冗談とも本気ともとれる発言がある・・・とか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

お盆

お盆だからといって特に何をすることもなく、ただ単に家でのんびりとするいちにち・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

思いつき

2日間ブログをお休みしていましたが、その12、13日と『思いつき』にクルマを走らせ、とにかく適当に行動していました。

といってもひとつだけ決めていたことはあって、『群馬のバー』に行くこと。それ以外のルートは走らせながら決めていくというなんとも無謀な・・・(しかもカーナビなし)。

初日はほぼ「まっすぐ」でした。(中央道)〜岡谷〜(R142)〜佐久〜(上信越道・関越道)〜前橋。事故渋滞の影響で駒ヶ根通過に一時間かかったのが誤算。あとは大雨。R142(和田峠)はずーっと雨だし、前橋市内は一部道路が冠水していたし。でもそこはさすがレガシィ。大した不安もなく駆け抜けていきました。ただ冠水だけはどうしようもない。そこは恐るおそる・・・。

そんな中19時過ぎにたどりつき、夕食のあとにいつものバーへ。やはりココはいつ行ってもいいです。『隠れ家』ですね、ホント。

ここは2時閉店なのですが、0時過ぎて客は自分ひとり、そしたらマスターが「せっかくだからどこか行きません?」と早々に店を閉め、なんとマスターおすすめの近くの割烹へ「夜食(とういのかなぁ?)」をご馳走になってしまいました。そこも本当にうまい。しかもこの時期に『松茸の土瓶蒸し』が!

割烹のダンナ、おかみさん、マスターと4人でいろいろ会話しながら、夜は更けていったのでした・・・。

翌日、ミスドで簡単に朝食を済ませた後、さぁどこ行こう。最初は『日光』を考えていたが帰りは東北道経由だから首都圏の渋滞があるし、そういえばカメラ持ってないしで、天候を無視してまずはR17で湯沢まで行ってみようか。

また大雨の三国峠を越え、湯沢温泉街を散策し、六日町からR253で上越へ抜けようかと思ったら大雨で通行止め! しょうがないから関越道長岡経由で北陸道のルートで。小千谷付近は地震の影響で標識は曲がっているし道路はうなるうなる。地震のパワーはすごいと実感。

北陸道へ入ってからは走らせながらJCTごとに「どっちにしようかな?」と。結果(北陸道・東海北陸道)〜白川郷〜(R157)〜荘川〜(東海北陸道)のルートを選択。日の入り直後の白川郷をちょっと散策しながら20時ごろ到着。

ここでふと思った。「いったいなにやってんだ?」 カメラなしの理由であえて観光地は避け、とにかく走りまくる。まぁそれもアリだと思うんですがねぇ。ただしこういう行動はひとりでないとなかなか実行できないんですが。

実は親にも行き先を伝えていない。2日目の午後「夜おそくなるから」ととりあえずTELしたら『今ドコにいるの?』とさえ聞こうとしなかった母上。なんだかなー・・・。

(次回予告?)白川郷も昼間でなければ結構空いてるんだ。今度は早朝に着くようにして朝靄の合掌造りを・・・なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

野菜はいつでも

こんな記事を見て思った・・・。

「昔から子供は野菜がキライなんだなぁ。」と思ったと同時に、

『枝豆って野菜か?(たんぱく質だぞ)』

『ジャガイモって野菜か?(炭水化物だぞ)』

ちなみに、自分の嫌いな野菜は「大根」です。でも、きんぴらやたくあんは大好きです・・・。

明日から盆休み。去年はまるっと1週間あったのに今年は5日間だけ。まぁ連休明けのFAX地獄を考えるとお盆休みはこれくらいが適当かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

あぁ

名電負けたか・・・。

それを知ったきっかけがあまりにもひどい。午後、ちょっとした用があって長崎県の取引先にTELしたとき、担当が出てくるや否や「いま自分のPCの画面で高校野球見てました。悪いけど勝たせてもらいました。だから2回戦も応援よろしくね♪」という内容。

「名電負けたの?」『うん。延長戦で入れさせてもらいました。』「え〜っ! 苫小牧(夏の甲子園二連覇?)と名電(春夏二連覇?)の対決見たかったのに〜。」『いやぁ、長崎強いねぇ。』「それはいいけど、なんで高校野球見てるんです? 仕事してるんです?」『パソコンって便利だねぇ。』と本題そっちのけで訳わかんないやり取りをしていました。

取引先の事情はともかく、ヒマ?でいいなぁとちょっとうらやましく思ったり。

しかし、パソコンって便利だねぇと思った瞬間も感じたりしました。これだったら会社のセキュリティも厳しくなるわけだ。

ちなみに自宅のPCは5年前のアスロン700。HDは40GBあるので通常に使うには何ら問題ないのだが、今後を考えると買い替えしなければいけないのかなぁ・・・。そんなお金ないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

名作は受け継がれる

4月に声優陣が変わって装いも新たになった『ドラえもん』。来春の映画のタイトルが決まりましたね。

「1年休みがあって期待してたらこれか。なんだ、ただの焼き直しじゃん。」と考えるのはあまりにも早計すぎる。これを知ったとき、一瞬はそう思いましたが、よく考えると、この『のび太の恐竜』は大長編の中では記念すべき第一作であると同時に『名作』として語り継がれている。映画は見れませんでしたが原作本は何度も読んでいます。何度読んでも飽きないし、何回読んでも面白い。

よく考えてください。小説の名作はかたちを変えて映画やドラマや舞台で何度も公開されている。活字の本を全くといっていいほど読まない自分でも『伊豆の踊子』『二十四の瞳』『ビルマの竪琴』くらいはおぼろげに知っている。

要は、漫画もそういうジャンルに入ったのかな?と。現在の小学生は1980年版の『のび太の恐竜』を知らないほうが多いのかも。かつて小学生だった我々が「本を読むのが苦手(自分は今でも苦手)」と思ったのと同じように、『昔の漫画(もちろんドラえもんも含まれる)は苦手』と思っている現代の小学生がいるかもしれない。現に、今や音楽の教科書にまで載るようになった『ビートルズ』でさえ、「教科書に載っているから嫌い」と言った生徒がいるくらいですから。ビートルズは『クラシック』になってしまったのかも・・・。

しかし、名作は名作であることに変わりはない。だから名作と言われる小説は廃れることがない。しかもそのままではなく誰かが手を加えて色あせないように努力いるから名作として生きている、と感じました。だから、ドラえもんに憧れメディアの世界に入った人間が、自分たちの手でドラえもんの映画が作れる!という幸運にめぐり合ったとき、「あのとき感動した『のび太の恐竜』を自分たちの手で作ってみたい!」と決めたのは決してネタがないとか、過去の栄光にすがりすくといったことではなく、ごくごく普通の自然の流れではないかと思うんです。

なので、来春の公開に非常に『興味』があるんです(期待とはちょっと違う)。スタッフがドラえもんにどれだけの思い入れがあるのか。それを見てみたくて。

ただ心配なのは『名作を受け継ぐ』コンセプトをちゃんとスタッフが持っているかということなんですね。完成して、大人には受け入れられても小学生に受け入れられなければドラえもんも『過去の小説(=読みたくない・興味がない)』となってしまう危惧も持ち合わせているのだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

ふと気がついた

そういえばちょっと前、『タイガー&ドラゴン』なるドラマが話題になっていましたね。

だから今『阪神』と『中日』が優勝争いしているのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

この日からおもったこと

DSCF0359 今日は広島の原爆忌です。

3年前に広島へ旅行をしたことがあり、お好み焼きをたらふく食べたと同時に、原爆のいろいろを学んで何かを思っていました。原爆ドームよりも、その近くにある観光案内所の建物が被爆しながら今も現役で機能していることのほうが衝撃だったり、爆心地(写真)から空を見上げてボーっとしていたことを思い出します。

もちろん戦後生まれの人間ですし、広島とはそれだけの縁でしかないのでこれ以上語ってもなんの効果もないのかもしれません。ただひとついえるのは、日本の学校は近代史を学ぶ機会がぜんぜんないのだなぁ、と。だって日本史や世界史の授業でも20世紀は3学期に「オマケ」としてさっさと教えるだけだし、時間切れ、ってことも珍しくない。中国や韓国みたいな教育方法もどうなのかな?と思いますが、少なくとも事実は事実として教えなければいけないと近代史を学んでいない自分としてはそう思います。

閑話休題。『戦後』ということばができて60年になりますが、この日から15日の終戦記念日までが日本にとって『戦争』というものを考える機会が増えるときです。しかし、今年が特別だと思うのは、60年という節目というより、8月15日を過ぎると『戦後生まれの還暦』が誕生すること。つまり「おじいちゃんもおばあちゃんもせんそうをしらない」ということなんですね。

後世に語り継いで戦争という悲惨さを風化させないのも大事ですが、見方をかえて「戦争?なにそれ?どういうもの?」といい意味で戦争のない世界だってある種の理想かもしれない。ただ危険なのは戦争ということばを使わないまでも現在だって『紛争』だの『自爆テロ』だの違う言葉ではあるが戦争とさほど変わりないことが毎日どこかで起きている。これは人間が存在する限りいつまでも続く事でしょう。

なぜなら人間だけが同じ人間を殺す事ができる唯一無二の存在だから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 5日 (金)

いいことなし

きょうは『やくび』といわんばかりにあれがあったりこれがあったりあれがこうなってしまったりこれになるはずがあれになってしまったりでほんとうにいいことなし。

こういうひはとにかくねるにかぎる。おやすみ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

天使のうたごえ

「8月から、毎週水曜日は『ノー残業デー』にしよう」

・・・と、ウチの部署で始まりました。定時は18時なのですが、18時半までには切り上げよう!と。しかし実際に帰れたのは2・3名でした。

実というと自分がその中のひとり。今日1日は「これは明日でもいいや」ってのは明日にまわし、なんとかやりくりして退社。明日が地獄だなぁ・・・。

それは置いておいて、久しぶりに18時台に帰れたので寄り道してタワーレコードでCDを購入。今日発売の湯川潮音のシングルを1枚。

『メジャー1st』とうたってはいるのですが、実はそれ以前にインディーズでは既に3枚出している。2年前にひょんなところから彼女の存在を知り、(デビュー当時17歳の)あまりにもすばらしい歌声に卒倒してしまったのでした。まさに『天使の歌声』。巷では女性ボーカルといえばかなり『濃ゆい方向』が主流のようですが、その対極をいく繊細な歌声。日本では流行らないんですかねぇ・・・。

今回のシングルもなかなかの出来。「世間はもっと彼女を知るべきだ」「これ以上有名になったら彼女の質が落ちるかも・・・」と妙なジレンマにもあったりして。

・・・そういえば以前「自分の気に入っているアーティストを紹介していく」と書いていたなぁ。全然やってないや。まぁ、気が向いたら不定期にやっていこう・・・(果たして、それはいつなのか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

駅広告

うまいっ!200508022055.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

8月です

ブログはじめてから2ヶ月たったので、テンプレートを替えてみました。なかなか『クール』でしたので。

・・・はいいのだが、今までのが文字の大きさとか細かく設定できたのに対し、今回はそれができないのね。文字がすごく小さくなってる・・・!

というわけで、時間があれば最近のものから直していこうかと思うのですが、たぶん全部は直せません。そのあたりご了承願います。

追伸:昨日のブルーベリー、会社へ持っていったら大好評でした。行ってよかった〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »