« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月30日 (木)

格言

居酒屋へ飲みに行って、壁に貼ってあった額縁・・・。

200506302103 自分はさらに『それ未満』だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

書き足りない

昨日はタバコについてダラダラ書きましたが、実は書き足りないことがありまして・・・。

「パッケージの1/3が注意書き」ってヤツ、あれってせっかくデザインされたパッケージを台無しにしてしまっている。キャビンとかキャスターとか、あとは日本で一番吸われている(はず)のマイルドセブンも、最近になってデザインが変わりましたが、せっかくデザイナーが精魂こめて作ったものなのに、あの注意書きのせいで全てが水の泡に、と思うのは言い過ぎでしょうか。

デザインが変わらないハイライトやセブンスターも、いずれはデザインが変わらないまま1/3が占領されるんでしょうね(すでになっているかも。だいたいタバコなんか買わないし)。

そんな中、JTのタバコの中でもっともデザインが優れているのが『ピース』だと思います。

昭和20年代のブランドみたいですが、青をベースとして鳩をイメージしたマークと、『Peace』のロゴは今になっても全然古くならない。当時戦後の混乱期だったかと思うのですが、「いつかはこの鳩のように平和でいたい」というデザイナーの『想い』がよく現れている。

実は、そのピース『缶』が欲しくて欲しくてしょうがない。あのデザインは部屋にずっと置いておきたい。でも、自分が吸わない上に、職場のスモーカーに尋ねても「ピースはキツクて」と敬遠するんですね。やはり中身を捨てるのはもったいないから。だからなかなか買うことができない。

そうこうしていたら、名デザインのピース缶も、1/3は注意書きで占領されて、せっかくのデザインが・・・。となっていくのでしょうね。

早くなんとかしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

余計なお世話

自分はタバコは吸いません。

健康とかどうとか言うより、「スモーカーになるとタバコ代に月○万円かかる」とか、「飲み会か何かの集まりの後、自宅へ帰って脱いだ服についたタバコのニオイが嫌だ」といった、世間一般のタバコ嫌いとはちょっと違う方向に理由があります。逆に、火をつける前のタバコの葉の「甘いニオイ」は大好きです。どういうこっちゃ。

そんなノンスモーカーの身分ですが、はっきり言ってこれは「やりすぎ」では・・・。

200506281935 なんか法律が変わったらしく、今買えるタバコは順次、パッケージの1/3を「タバコはあぶないぞ〜(超要約)」というメッセージを載せて「脅し」をかけているんですね。

はっきり言って「余計なお世話」だと思いません?

タバコの害なんか、ひょっとしたらスモーカーの方々が一番よく知っているのかもしれない。まぁ禁煙運動は世界的潮流なので日本だけどうこうできるわけではありませんが、こういうメッセージを載せようが広告を排除しようが税金が上がろうが吸う人は吸う。それでいて確かに肺ガンとかで死ぬ確率は当然高くなりますが、それが「何歳で死んでいくか?」と問いかけるとはたしてどうなのか。

禁止麻薬みたいにちょっと吸っただけでラリってしまうのは当然問題ですが、60になろうが70になろうが吸い続けて今もピンピンな人、結構いますよね。大半が「吸って数年でバタバタ死んでいく」のなら麻薬になってしまうけど、あくまで『嗜好品』のレベルだと思うんですね。今吸っている方々に対し、ムリして「やめろ!」と命令するほうが大問題。逆にストレスたまってそれこそ大問題でしょ?

だから、スモーカーの方には吸えるときには吸っていただいた方がいい、と「ひねくれノンスモーカー」の身分としては思うわけです。でも、マナーは守らないといけないと思います。食事の席では一言断るとか、ポイ捨てしないとか。最近のJTのマナー広告は秀逸だと思います。ああいうこと気付いていただければいいだけで。

そんな中で、自分のカラダと相談して、減らせられる、辞められるとおもったら少しずつその方向に持っていけばいいだけだ、と思います。

しかし、自分もヒトのこと言えません。だって、タバコは吸わない代わりに『酒』は毎日たらふく飲んでるから。

今日もコレ書いたら飲みます。でもタバコだけぐだぐだ言われて酒についてはあんまし社会的には言われない。タバコよりもかえって肩身が狭いカンジがするのは気のせい、なのかしら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

あぢぃ

とにかく暑い。ほとんど真夏。万博のお客さん、日射病やら熱中症で倒れていないかしら。というわけで、暑いので今日のブログはやる気なし。

・・・ではマズイので、もうちょっと書きます。

今日もブーツ選びに行ってました。今日は別のショップ。そしたら「これは・・・」と勧められたのがなかなかいい!

う〜ん、2つまで絞ったのにまたまた新たな悩みが・・・。『ダークホース現る!』です。

あとはサイフと相談します・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

選ぶ楽しみ

200506252349昨日のブログの「季節を逆行」の意味、実は冬の趣味である「スキー」のことでした。実は来シーズンからの新しい『ブーツ』を選んでいる最中なんです。

「なんで今から?」と思う方もいるかもしれませんが、実はこの時期が一番の狙い目。ショップは「早期受注会」とか銘打ってキャンペーン価格にしたり、いろいろ特典をつけれくれたり。人気のモデルはヘタしたらシーズンを待たずに売り切れってことも。もうブーツも4年たったし(一般的にブーツの寿命は5年といわれている)、板はさらに次のシーズンの買い替え計画なので、そろそろ買わないと、というわけ。

今まではサロモン派だったのですが、「板よりブーツが大事。足に合わなかったらそれこそ不幸に。」という考えで、今回は「メーカーにはこだわらず、とにかく履きまくり、ショップも回りまくって『ブーツも、店も自分に合う』ものを探す」作戦に。現在3店を回り、延べ10足は履いたかしら。とにかく納得いくものが出るまで履きまくり、店員に聞きまくる。

そんな中、最終的に3つにまで絞られてきました。その中から最有力の2つは非常に似たような履き心地、でもそれぞれの「一長一短」をどう決断するか非常に迷っている。カタログや雑誌の記事とにらめっこしながら来週までには決めようと思います。

しかし、モノを選ぶのにこんなに真剣になったの、あんましないなぁ。それだけスキーという『泥沼』にハマってしまったのかも・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

2日ぶり

昨日はお休みしてしまいました。

特に理由があるわけではなく、別に『毎日更新』をめざしていないブログなのに、結果的には毎日更新となっている。このまま『皆勤賞』を続けてもいいけれど、ずーっと続いていてそれが途切れるってことは複雑な思いがする。だったら、ネタがないんだったら別に無理して書かなくてもいいのでは、と思ったんですね。すごくヘリクツになっていますが、たまの休みは必要です(←実体験に基づいた発言)。

まぁ、今日限定ではあるけれど、1日休むとそれをネタにできるわけだし(やっぱりヘリクツだ)。

しかし、今は真夏か?という天気ですね。明日の予想最高気温35度!? 暑いのはイヤなので、明日は季節を逆行したことをしようかと。かといって別に南半球に行くわけではありません。「あの日」のための下準備。う〜ん、迷うなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

カラ梅雨

雨降りませんねぇ・・・。

今日、久しぶりに降ったのですが、結局午前中だけで、夕方は陽がさしていたりしました。
明日も降るは降るらしいのですが、また午前中だけで、その後の週間予報では晴れマークが。

いったい、梅雨はどこへいったのやら。

聞いた話では、カラ梅雨の年は、冬は雪が少ないとか。だとしたら、せっかく楽しみにしているスキーが楽しめなくなってしまうではないか、と早くもいらぬ心配をしているのでありました。

アジサイも心なしか色づきが悪い・・・。200506221923.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

止まらない!

「結果的には」年に1回のお楽しみ。

地元の百貨店で年に1回『山形の物産展』が開催されているとき、母が必ず買ってきます。で、せっかく買ってきたその大半を自分が食べてしまいます・・・。ごめん。

200506212237  『麦工房』のラスク! これがすごくうまい。一口つけたら最後、とにかく止まらない!

『日本一おいしいラスク』です。自信をもってそう言えます。『賞味期限4週間』という短さは、ある種の自信の表れ、と勝手に解釈しています(だって、乾燥剤とか一切入っていないし)。

でも、ネットで通信販売やってるんだよなー。そこで買えばいいだけの話なんだけど、なかなか踏み切れず・・・。

いつ山形に行こうか・・・・(そういう結論か!?)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月20日 (月)

顧客の要望とは?

JR福知山線の運転が再開されました。まぁここではJRの責任がどうとかは語るつもりはありません。

それを踏まえて、今日の会社の朝礼で、上司が興味深いことを話してくれました。

「例の事故でJRの責任が問われているが、じゃあ利用客はどうなのか? 『もっと早く』『もっと便利に』という要望のもとにJRは速度を早くし、本数を増やした。便利になったが、その結果、安全性は二の次になって事故は起こってしまった。原因や過程はどうであれ結局はJRの責任になった。」

「それをウチの会社に当てはめると、『納期を急いで欲しい』と言われそのときは受ける。でも途中でトラブルがあったりして結果的には納期までに納めることができなかった。そうなったら原因はどうであれ、結局は『納期を守れなかった』ウチ(メーカー)の責任になる。顧客の要望はできる限り受け入れることも重要だが、その時の状況を読み、できない場合はそれをうまく説明するのも(メーカーの)責任だ。」という主旨(ちょっと記憶が飛んでいるかもしれませんが)でした。

他の業界は知りませんが、ウチの業界はどうも『納期』というものに敏感。というか、あまりにもワガママすぎる気がします。まぁそれによって他メーカーに流れたり、キャンセルになったりもしたりするのですが、業界の特殊性からか、なかなか(メーカーの)事情を受け入れてくれない。

特殊なモノを作っている以上、急ぎすぎたがため、それが原因で不具合が起きたときのクレームのほうが怖いんですね。でも客によってはそれすら受け入れてくれない。オーダーメイドもあるので、あまりにも乱暴な要求に対しては「作ることはできますが、使用次第では保障はできません。万が一何かあってもクレームとしては受け付けませんよ。」と念を押しています。ただ、それが正しいかどうかは、自分でもわかりません。

コレを作れる人は、ひょっとしたら医師免許を持っている人や、司法試験に合格した人より格段と少ない(かと言って、特殊な資格が必要というわけではないです)。自分ももとは製造畑からスタートして、今は事務職ですが、1日の1/3は今もブルーカラーをしている。「白」と「青」をそれなりの次元で両立できる人なんかいないぞ。でもそれでいて給料は安いんだよねー。

そのつもりはなかったが、最後は『愚痴』になってしまった。反省ハンセイ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

無意義

今日は特に何もせず、1日だらーっとしていました。普段は残業続きで、休みもどこかへ行っているのだから月に一度くらい何もしなくてもバチ当たらないよね?

そりゃ昨日0時くらいまで飲んでりゃ翌日動きたくはないよな。和食→バーと2軒渡り歩き。1軒の時間が非常に長いのが特徴。

2軒目のバー、初めて入ったところだけど結構よかったな。イチゲンであるにもかかわらずいろいろとボトルの説明をしていただき感謝。まさか山崎蒸留所の「モルト原酒」があるなんて(イチゲンにそれを教えてくれるのも)。すごくおいしかったです。これなら話題になった「100万円ボトル」は飲めなくてもいい!?

さて、「笑点」みよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

飲んでます200506181759.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぉ

リボンシトロンだ
でもなぜダイドーの自販機? たしかサッポロのはずだったのだが200506181051.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

おわったおわった

なんとか一週間が終わりました。

ウチの会社、本当だったら第三土曜は出勤のハズなのですが、今月はなぜか休み。たぶん祝日が1日もないから・・・かな?

ここ数ヶ月なかった『休肝日』をつくって、今日はとっとと寝ましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

私ハ死ナナイ

↑なんかスゴイタイトルにしてしまいましたが、内容はいつものダラダラ文です。最初にお断りしておきます。

「ICテレホンカード公衆電話を06年3月をめどに順次廃止する」とNTTが発表されて久しいですが、ついに会社近くのコンビニもIC公衆電話が撤去されてしまいました。

と思ったら、なくなっていないんです。

P1010251なんと緑の公衆電話が再び、しかもデザインが変わっている!

一時期あった「データ通信機能」はなくなったものの、磁気テレカと硬貨が使え、ボタンが見やすく、押しやすくなっている。 一応の「ユニバーサルデザイン」はされている、のかなぁ?

よく考えたら、NTTは「ICテレホンカード対応」がなくなるだけで、公衆電話そのものがなくなるとは何にも言っていない。携帯電話がこれだけ普及しても、公衆電話はなくならなかった、というハナシでした(でもここ数年使ったことがない)。

ちなみに、緊急電話(110番や119番)は今まで赤いボタンがありましたが、それがなくなり、普通にプッシュボタンを押してかける方法に変更されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月15日 (水)

生長力

月・火と当ブログに載せたアサガオ、「なんか日付を一ヶ月間違えてるんじゃないの?」と疑われそうですが、見つけてしまったんだからしょうがない。会社への通勤経路の途中に見つけたのですが、ものすごく生長のスピードがはやい!

月曜のつぼみの写真のとき、まさかすぐそばにさらにつぼみがあるときは全然気がつきませんでした(後で写真を振り返ってみたら、3本あるつぼみの間にそれらしきものがあった。1日でこんなに大きくなったのか!?)。花が咲いて、夜になって残業疲れの帰宅途中、咲き終わった花を撮ろうと携帯を向けると、あれ?ってなカンジでした。たぶんアサガオに夢中になるのはおそらく小学1年生(学校でアサガオ育てましたよね?)以来かと。あの時間だからたぶん徹夜でずーっとそこにいたら咲くまでの一部始終を見られたかも。

まさに「アサガオの生長力」を見せつけられたのでした。「パッと咲いてパッっと散る」精神は桜よりもスゴイぞ!

・・・それはさておき、ブログを始めてからどうも文章がダラダラしすぎ。ちゃんとしたHPならまだしも、日々更新されて(過去の記事が)どんどん下に追いやられるブログ環境において毎日が長文ばかりではアカン、と思い、その反動で2日間は携帯から文章も最小限で送ってみたわけ。しかし今日またこうしてダラダラ綴っているので、三日坊主だー、って言われても仕方がありません。しかし、更新自体は結果的に毎日続いている。「ブログ始めたけど三日坊主でしたー。」よりはいいか。

でも、当ブログのサブタイトルは「日々のなにかを適当にダラダラと綴ってみる」。まぁコンセプトは守っているわけです。ということで勝手に自分を納得させたところで、今日はもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

そして・・・

はかないものです・・・
と思ったらもう次のつぼみが200506142354.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昨日の朝顔

見事に咲いています200506140702.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

早くも

朝顔のつぼみが
梅雨入りして間もないというのにp1010260.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

代車でGo!

普段が事務職なので、休日になるとどうしても外に出たくなってしまいます。そして今日も・・・。

昨日の予告通り、クルマを点検に出したため、1日代車を借りて『ドライブ』。絶対に代車の使い方を間違えてると思いますが、こういうときしか他のクルマには乗れないので。

で、今日やってきた『魅力的な』クルマは・・・。

200506121338.jpgこれです。『サンバーディアスワゴン』!しかもMTという代車としては完全に間違った方向に行っています。点検の予約をしたとき、セールス氏から「代車はコレです」と言われてアゼンとしました。でも個人的には以前から乗ってみたかった。でも1年前に「サンバーバン」を借りたけど音はうるさいわ脚は跳ねるわで「やっぱりバンだ」とあまりいい印象がないのも事実。さて、「5ナンバー(ワゴン)」と「4ナンバー(バン)」はどれだけ違うのか。

結果、「これいい!欲しい!!」と完全に物欲モード。冬はスキーに行くからトランスポーターとしての役割は十二分に果たせる。バンとは違い、エンジン音は静か(というか、防音材の効果)。脚は柔らかく、スバル360の世代ならわかる「スバルクッション」の乗り心地を今も受け継ぐ。それでいてフニャフニャではないんですね。ここぞというときはしっかりと踏ん張る。とても乗り心地がいい。
以前、R2のMT(これも代車。スバルっていったい・・・)も乗ったのですが、同じMTでもサンバーのほうがギヤ比の関係かトルクもあり、クラッチもつなぎやすく非常に運転しやすい。過給器なしのためさすがに上り坂はつらいけど、普段のアシならこれでも充分か。

そして、「小回り」のよさは特筆モノ。他メーカーの軽キャブバンが前輪を前に出して「ミニバン風」にしてしまった中、サンバーだけは本来の「キャブオーバー」を守り通した。とにかくどこへでも入っていける。レガシィではためらいそうな狭い路地でも田んぼの中でも(←本当に入った)堂々と、スイスイと入っていける。

はっきり言って「欲しい」です。今日は友人も連れて行ったのですが、最初「え、これ?」と驚いていたものの、終わってみると「今のプレオをこちらに変えたい」なんて言っていました。レガシィとインプレッサしか知らないアナタ。本当の「スバリスト」になるのなら一度はサンバーの魅力に取りつかれないと、スバリストとは言えませんぞ!?

でも、次回フルモデルチェンジがあるとすると、あくまでウワサですが、どうも同じGM系であるスズキ(エブリィ/キャリィ)のOEM供給になるらしい。赤帽車だけは現行を残すとのことですが、これではサンバーとしての魅力は全くなくなってしまう(サンバー独特のリアエンジン・フルフレーム・四輪独立懸架はレガシィの水平対向よりも歴史が長い)。そういえば、ダイハツは早々とアトレー/ハイゼットをモデルチェンジしましたが、ライバルであるはずのスズキには全く動きがない。となると、このウワサもあながちガセネタではないのかも。
本当だとしたら、今のモデルを買ってしまいますよ。本当に。

で、代車を借りると必ず行ってしまうのが、岐阜県は恵那市岩村。
どんな町か、詳しくはHP見てもらうとして、ここにある「うどん屋」が非常にいい。

結果、月に1回のペースで通っています。それくらいおいしい。
街自体も非常にいいし、名古屋からの日帰り観光にはもってこい。それでいて観光地になりきれていないから、人も少なく非常に落ち着きます。
    
dscf0004.JPGこんな街並み

200506121247.jpgそして、うどん       

さて、明日からまた始まりますね。一週間が。
気が重いですが、そのために『休日』がありますから。がんばりましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

愛車について その3

納車されて2年半経ちますが、特に手を加えたいところがないくらい非常に『完成度の高い』クルマでして、その1で書いたように「後から手を加えるなんてSTIに失礼」だと本当に思うんですね。まぁオーナーになってしまえば何しようが勝手でしょうけど。

でも、フルノーマルだけでも満足できない、もっと向上心をと思ってしまうのが工業製品に対する人間の悲しいサガ。とにかくハンパじゃないチューニングのため見た目には「価格相応」になりきれていないのも事実(まぁこれがスゴイことなんだが)。少しでも適正価格?にするために本当の「コワザ」程度の手は加えていたりして。

モデファイした順番でいくと、「渦巻形ホーン(当時あったRS30の純正。実はフツーに「ペーッ」と鳴る安っぽいホーンだった)」「サイドシルプレート(別名スカッフプレート。STIのステンレス製。ドア開けると下が安っぽかったので)」「現行インプレッサのシフトノブ(これでシフトパターンがちょっと高級になった)」という重箱の隅をつつきながら、「え、これ最初からついているんじゃないの?」と疑われるコワザばかり。しかも全て純正品。

社外品は3つ、いまや必需品になりつつある「ETC」と、非常に迷ったがターボなのでと決断した「ブースト計」。そしてルームランプは全て白色タイプに交換した程度。実は「カーナビ」すらないんですね〜。何をいまどきってカンジがしますがカーナビなんかいらないです。遠出しても地図を片手に『勘ナビ』で行動しています。どうも自分は「土地カン」がけっこうあるようで、大体地図があればどこへでもいけてしまう。それでも迷うときはありますが、そのときは「ま、いいか。」で引き返します。カーナビで変な道に案内されたほうがムカツクでしょ?

とにかく「走り」の究極にたどり着いたクルマ。希少車なので大事に乗っていきたいと思います。

・・・今日はこれで終わりではない。明日、このクルマを点検(オイル交換とか)に出すのですが、ディーラーは非常に『魅力的』な代車を用意してくれました(というか、こんなの代車にするなよ)。はっきり言ってものすごく欲しいです。おサイフが許せばセカンドカーにしたい。ある種の『究極』を極めたクルマ。 明日の試乗次第では買い換えたりして・・・。

P5010066

←2005年5月 群馬県六合(くに)村『小雨林道』にて。実は2001年と2002年に開かれた『日本アルペンラリー』のコースでもありました。ラリーカー気取りで撮ってみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

愛車について その2

P9120036 さて、メーカーHP以外では一切宣伝されなかった(TVCMはもちろん、新聞も、チラシも何もかも)このクルマ、なぜ買うハメになってしまったのか。

完全に『衝動買い』だったからです。

もともと親の代から「スバル一筋」で、すでに2代目(96年式)のレガシィを乗っていたのですが、「買い替えは7年後くらいか」のつもりで別に何ら不満はありませんでした。その満6年を迎えようとしたころに『事件』は起きました。

2002年10月7日、帰宅して「そういえばプレオのマイチェンがあったなぁ」と情報は聞いていたのでスバルのHPを立ち上げたら、「S401・・・? なにこれ」とクリックしてしまったが最後、「いい、これいい!」とクギ付けになってしまったんです。

これだけだったら「いいなぁ、欲しいなぁ。」で終わっていたのですが、最後のスペック表を見てオドロキ。ボディカラーに『グレーオパール』があるじゃないですか!!

このグレーオパール、2代目レガシィの中でもダントツの『不人気色』で、自分としては逆にこれが気に入っていたのです(買ったときは消去法だったけど)。とにかく落ち着いた色で、「結婚式と葬式の両方に通用し、どちらでも違和感がない」ことは有事の際、非常にありがたい存在でした。

で、このS401に「○○グレー」ではなく『グレーオパール』として見つけてしまったため、そこでココロの中は既に決定。後のローン地獄も知らずに・・・。

翌日朝、会社からディーラーに電話して「押さえられますか?」と担当セールスに突然口走ってしまい、「へ?」と驚かれた様子は今も忘れません。ハンコ押しに週末ディーラーへ行ったときも、今までは「そろそろ(新車)買いましょうよ」と冷やかしまくっていたセールスもこの日ばかりは「お待ちしておりました。」とえらく対応がいい。しかもいつもはお茶だけなのに、この日だけはなんとお茶菓子がついてきたというオマケつき。

こうしてハンコを押して2ヵ月後、ついに「憧れのクルマ」が納車されたワケです。DSCF0003

ちなみに前の愛車は2代目レガシィの「セダン」「TS-R(ノンターボ)」「5MT」「グレーオパール」と『不人気』のオンパレードでした。でもこの選択が大正解。2Lで155PSという平凡な数値ながら『NAスポーツ』と呼ぶにふさわしい走りで非常に満足させてくれました。でも当時は市場が全く受け入れられなかった不遇のマシン。3代目の「B4」になってセダンも人気が出ましたが、NAの『RS』に試乗してみたら「ナニコレ?」と全く魅力のないクルマになってしまっていました。ちなみに現行の『2.0R』はなかなかイイですよ。でもMTであるという条件つきですが。

で、今のレガシィ、グレー(アーバングレー)が売れているみたいですね。なんか自分だけ時代を先取りしすぎてる、ってカンジ(おい)。

最後に、自分は『MT派』というわけではありません。もちろんMTは運転できたほうがいいです。2台とも結果的にMTがあったからこうなっただけ。ホントに欲しいクルマがあって、それがATしかないのならそれでもいいです。とにかく楽しく走れればいいわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

愛車について その1

ブログが稼動して1週間経ちました。今までは適当にダラダラ書いていましたが、そろそろ自己紹介も兼ねて、自分の趣味とかなんとかを綴っていこうかな、なんて。

やはり男ですのでクルマには興味あります。最近の若者はミニバンばかりに行ってしまい、というかクルマは『単なる移動のアシ』としか捕らえていないようですね。クルマでも電車でも「旅は目的地より、そこへ至る過程も大事」と考える自分にとって、クルマについては妥協はしたくないんです(だから飛行機はあんまし興味がない)。

自分にとって魅力あるクルマは「そのクルマに開発者の意気込みが感じられるか?」かな?と。 カッコつけすぎ・・・。でも、「モノを運ぶことを追求した」という考えからいくと、『ハイエース』だって立派に魅力あるクルマだと思います。ハイエース、大好きです。

では、今何に乗っているのか・・・。

P8130110

はい、これです。

わかる人だけわかってください。ハッキリ言ってそういうクルマ。誰も振り返らないが、このクルマの魅力がわかる人にとってはまさにヨダレもの(・・・と知り合いが言っていた)のクルマです。

もう2年半経つのですが、買って後悔していません。というより、あのとき買わなかったらもっと後悔していたでしょうね。

「買ってからイジる必要がない」のも魅力でした。とにかく渾身の力作。同じクルマのオーナーの方はさらに手を加えている方もいらっしゃるようですが、それはSTIに対して失礼でしょう。とにかく作り手の意志が感じられる。それはたとえ自分みたいに運転レベルがそうなくても伝わってきます。

明日は、なぜこの車を買うことになったのか、その辺をお話ししましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

敗北宣言?

サッカーW杯、日本勝ちましたね。
サッカー自体より『無観客試合』に興味のあった身分としては帰宅後すぐにTVで見ていたのですが、思ったより違和感なかった気がします。なんかスタジアムの外でサポーターが応援していたようで。
なのに今日のブログ、なんでこんなタイトルにしたのかというと・・・?
P1010250 写真は今日のテレビ欄。フジテレビはなんと、W杯中継の時間帯に通常の番組をすべてなくし、どうでもいい歌番組を入れてしまっていたのです。
『トリビアの泉』を愛好する身分としては「なんで?」と思ったのですが、よく考えると今日わざわざ裏番組をぶつけて視聴率をブン取るよりも、1日くらいは引導を渡そうか、という意思がミエミエなんですけどねぇ。
まぁ、たまにはこういう手もアリ?なのかな。
2月の北朝鮮戦も水曜日でしたが、この日は通常に放送していて、『トリビアの種』で伝説の『カブトムシ勝負』が見られたのは逆に収穫が大きかったのですがねぇ。
TV局もタイヘンだなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

ホッピーでハッピー!

昨日のブログの最後に「ビールがうまい!」なんて書いていましたが、夏場になるとビールより『ホッピー』がうまい!と思うのは絶対名古屋人の発言ではない・・・。

200506072339.jpg首都圏の方ならご存知かと思いますが、一種のノンアルコールビールというのかしら。特に夏の暑い日はビールよりもノドごしがいいので、夏季はこちらを愛用しています(知らない方はHPを参照してください)。

2年前だったか、夏場に寝付けずTVをつけたら偶然やっていた『タモリ倶楽部』でホッピーのことが取り上げられ、とりあえず通販で取り寄せて飲んでみたら一気にトリコに。以来ホッピーの愛飲者になったというわけ。名古屋人なのに・・・。

昔は名古屋で扱っている店が全然なかったのだが、最近は居酒屋等でも飲める店がチラホラ出てきましたので、メニューにホッピーを発見すると、真っ先に「焼酎多めね!」といいながら頼んでしまいます。

自宅用の瓶は近所の酒量販店で調達するのですが、いかんせんダンボール買いしようと思ってもいつも1箱に満たない。しょうがなくレジ袋にあるだけの瓶を詰めて自転車でチャラチャラと瓶の音を立てながらこいでます。もっと在庫おいてくれ〜!

巷では「第三のビール」なんてのが話題ですが、自分としてはそれよりやはりホッピー。安いし、おいしいし、飲みすぎなければビールよりも健康にいい。これが約60年も前から作っていたなんてオドロキ、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

痛いイタイ

昔から『口内炎』に悩まされています。

とにかくここ数ヶ月は常に2箇所はあって、ひとつが治りかけたらまた新しいのがひとつ・・・の繰り返し。とにかくしゃべるときも、何か食べているときもツライのなんのって・・・。

こないだなんかヘントウセンのあたりにできたのにはさすがに参りました。モノが飲み込めないし、1週間してもおさまらないから「これはひょっとしたらガンかもしれない。医者へいかねば(←ちょっと大げさ)。」と思いながら鏡の前で口を開けてみたら、それは見事な口内炎。今はそこにはありませんが、あのときは参りました。

よく調べたことはないのですが、ストレスやら、胃の調子にどうも原因があるらしいですね。まぁ仕事のストレスがないといえばウソだし、そのせいかお酒も最近『休肝日』がないなぁ。自制しなければと思いながらもついついお酒に手が出てしまう・・・。

そして今も・・・、やっぱり飲んでます。最近は暑くなったからビールがうまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

と、いうわけで。

万博に行ってきました。地元に住んでいながら今回が初めてです。

今回は職場の人たちと17時からの『夜間割引』で22時までほぼギリギリの行動。既に行ったことのある人からは「えらい混んでんなぁ。」ということでした。

でも、企業パビリオンとかマンモスとかサツキとメイといった『目玉』にこだわらなければただ適当にまわるだけでも充分楽しめるなぁ。と思います。外国館が中心でしたが、国によって「金かけてるなぁ」とか「この手作り感覚がいい」とか、少ないスペースで一生懸命自国のアピールをしているのはいいですね。

デジカメ持って行っても、皆の写真より、自分流のベクトルで撮りまくっていたのでちょっとヒンシュクかっていましたが・・・。近いうちに『マイフォト』に載せてみようかしら。

当初、大して期待していなかっただけに、意外と収穫は大きかったです。

また行ってみようかな・・・

【おことわり】この文章は昨日の帰宅後に書いたのですが、ココログの調子が悪かったようで、一部修正のうえ実際は6日に送信しています。時刻は当時送ろうとした数字としていますのであしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博その5

まだいます
夜の長久手日本館200506052108.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博その4

やっと夕食
ごちそうさまでした200506051938.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博その3

リニア!200506051755.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博その2

入りました
コモン6です200506051709.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博その1

17時まで待ってます200506051621.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

土曜出勤

今日は土曜日ですが、会社は普通に出勤です。ということは、今この日記は会社の昼休みを利用して書いている、というわけ。結構アマイので・・・。

それはさておき、基本的に事務職の土曜稼動ってのは意外と助かるんです。平日にできなかったことを片付けたり、メチャクチャな机の中を整理したりと、それはそれでやることは結構ある。

あと半日、やる気はないが、がんばるといたしますか・・・。

ちなみに明日の日曜は、今話題の「あの場所」へようやく行くことになりました。初めて携帯から逐一画像を送ってみようと考えています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

今年初めて・・・

200506032318.jpg蚊に刺された・・・・。

風呂からあがったとき、胸の真ん中に『ウルトラマンのカラータイマー』よろしくちょうどいいところに刺され跡を発見。不覚・・・!!

しかし、蚊はいつの間に攻撃してきたんでしょうね。
たぶんアレは蚊そのものではなく、数年前のプレイステーションのソフト『蚊』をプレイしていて、誰かが操っている蚊だったんでしょう。だとしたらあんなうまい位置に来るはずもない。

まぁしょうがないので、ウナコーワ塗ってしのいでいるわけです。

・・・ふと気がついたのですが、虫刺されの薬、うちではずーっと昔から『ウナコーワ』ですが、たぶん全国的には『ムヒ』なんでしょうね。

ムヒははっきり言って使ったことがない。とにかく刺されたらウナコーワ。

たぶんこれは、名古屋に本社があるが故の、名古屋特有の『地元への執着心』なのかしら。

しかし、まだかゆい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

紫陽花の魅力

P1000082 今日の名古屋はほぼ1日中雨でした。梅雨ももうすぐですかねぇ。うっとうしいですねぇ・・・。
ですが、その梅雨時に一時の安らぎを与えてくれるのが『アジサイ』でございます。

満開のアジサイに囲まれて雨の寺院を歩いたり、そこにたたずむカタツムリを発見して・・・なんてのも風情ですが、アジサイの花の咲き方ってすごく面白いんですね。去年初めて知りました。

花というのは気まぐれで、とにかくランダムに咲いていくのですが、アジサイの花は大抵が周辺から咲いていく(らしい)。その姿がなんとも面白いんです。
しかもつぼみの小ささからは想像できないほどの大きな花を咲かせてくれる(あくまで比較級としてですが)。

今年は満開のアジサイより、こうやって「これから咲かすぞ!」と意気込みが垣間見られるアジサイを中心に見られるといいな、なんて思っています。

ちなみに写真は去年写したアジサイ。ある路地裏で見つけて携帯で慌てて撮影したもの。

今度はちゃんとしたデジカメで写したいが、はたしてタイミングは・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

はじめ!

hajime

さて、いよいよ本格的に稼動開始、です。

といっても、実はネタらしいネタがない。しょうがないから時事ネタから始めましょうか・・・(先が思いやら れるなぁ)。ちょうど「衣替え」ということで、一部で話題になっている(らしい)『クールビズ』を取り上げてみましょうか。

『クールビズ』とは・・・・とこのブログではいちいち用語説明はしません。ページの無駄ですし、ヤフーなりニュースのHPから探っていただければ・・・。

しかし、公務員の特に内勤は昔から服装は意外とラフだったりするんですよね。学校の教員なんか最たるものだし、大学のサークル活動で市役所とかにいったことはあるのですが(イベントの後援を取りにいったりとか、合宿のため公営の宿泊施設の手続きとか)、かなりの割合でノーネクタイの職員は多いんですね。そういうのをあらかじめ見ているので「何を今更」てな思いはあります。

でも、これが民間になってくると立場は変わる。官公庁が呼びかけても果たしてそれに答えられるのか? 現実的にはまずムリだと思いますね。確かにネクタイはわずらわしいのですが、仕事着としてのプライドがありますからねぇ。

あと、ファッションセンスの問題もある。「自分はセンスがある!」とは自信を持って言えませんが、スーツだとそれだけでどうにでもなったりする。オジサマ達は意外と大変じゃないのかな? 奥さんに見立ててもらうとか、「接待ゴルフ」になってしまったりとか・・・。ちなみに、自分の私服選びには1つだけ必ず決めているルールがあります。それゆえに選ぶのも大変だったりする。まぁ気が向いたらお話しますが・・・。

自分ですか? 内勤ですので、ネクタイでもいいし、1日中作業着でもいいわけで(プロフィール参照)。それなりに適当にやっています。行きはネクタイをつけていますが、帰りはノータイってのもざらです。

最後に、今日の小泉サン。センスはまぁまともな方だと思いますよ。これが森前首相だったら『ラガーシャツ』で決まり!でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »